履きだおれ

今日から、半袖を着た。
綿チェック短めチュニックと、ガウチョパンツ。
半袖を着ても、アームカバーをつけて
自転車をこぐけれど、長袖とは違う清涼感が
ある。
朝の木陰は涼しいし、とても心地よい。

と、同時に今年も、エアコン攻防の
口火が切られた!負けるもんか!


c0352015_21193575.jpg

******************

今朝の「ひよっこ」は夏全開だった。
乙女たちは、水着を買いに行く。
今までの人生で一番高い買い物。
田舎の家族へのうしろめたさ。
自分たちだけ海で楽しむ申し訳なさ。

そんな思いが15分にぎっしり詰まっていた。

そして、私も初めて自分で買った水着の事を
思い出した。
学生時代の友人4人で水着を買いに行ったのは
神戸だった。その当時、4人のうちの誰ひとり
神戸在住でもないのに、なぜか神戸に買いに
行こうという事になった。

神戸プランタンの水着売り場。
誰かがみんなでお揃いにしよう!
と言った。女子はいつの時代もおそろ好き。
4人中、3人(私含む)が同じタイプの水着を選び
色違いにした。でも一人だけ「私はいいわ」
とまったく違うタイプの水着を選んだ。
あの年ごろに、自分の意見を貫き通した友人って
偉いなあと、今にして思う。

水着を買って、三宮センター街に初めて行った。
アーケード街には靴屋さんが何軒かおきにあった。
そして、安くて、おしゃれで、履きやすくて。
たちまち4人とも夢中になって選んだ。
私は、茶色のサンダルにした。
その夏は、そのサンダルばっかり履いていた。

家に帰って、神戸の靴屋さんについて話すと
父が「神戸は靴の街や。履きだおれや」
と教えてくれた。
「着だおれ」「くいだおれ」までは、
知っていたあの頃だったが
「履きだおれ」という言葉があるなんて
驚きだった。

そしてこの後、神戸の少し先に暮らすことに
なろうとは、思いもしなかったのであった。

***********************

薔薇が咲いた。
背景には、いちめんのどくだみ。
ひとつ、ふたつ、どくだみも咲いていた。


c0352015_21202085.jpg
どくだみの近くに薔薇の鉢を持って
来たのは、虫が来ないのではないかと
思ったから・・・。

目論み通り、確実に虫が少ない。

c0352015_21195742.jpg

苧環がまた咲いた。
終わったかと思ったら、またつぼみを付け出して、
今日、一輪咲いた。

c0352015_21193575.jpg
********************
*晩ごはん

にらたまご
ひじきと大豆のサラダ
鮭ほぐし

芋焼酎「黒伊佐錦」で。

c0352015_21201290.png

この時間が一日で、一番落ち着く。
ほっとする。


[PR]
# by pass8515 | 2017-05-23 21:29 | 思い出ばなし | Comments(2)

新しい本と長靴

午前中、欲しかった本と長靴を買いに行った。


c0352015_21561223.jpg
長靴を買うのはもう30年ぶりぐらいだろうか。
嫁入りに赤い長靴を持って来た。
それほど雨の日に履くこともなく、主に庭用に
履いていた。
最初は、その度にちゃんとしまっていたのに、
そのうち、洗って干して、軒先にそのままに
していたら、ゴムが劣化して、表面が裂けて、
もうどうしようもなくなって、処分した。

長靴って割に高い・・・。
なんて、もったいないことをしたのだろうと、
後悔をずっとしていた。
春先に主人が洗車用に長靴を買った。
うらやましくなったので、私も同じ
メーカーのものを買った。

カーキとネイビー2色あったけど、
今までの私なら地味なカーキの方を選んでいた
だろうけど、明るい色にした。

c0352015_22010203.jpg
わざわざ拡大することもないけれど、
赤の水玉も入っている、トリコロールです。
今度はちゃんと、その度に片付けよう。
大切に履こうと思う。

********************

うっかり忘れていた暮しの手帖・別冊を買った。
「家事じょうずの暮らし」

家事の達人の工夫や知恵を見ると、
雑然とした毎日や気持ちに少しの張りが出る。
豊かになる。

c0352015_22062882.png
映画の大ヒットの影響のようで・・。
つばたさんの本が各種、こちらの書店にも
平積みされている。

「キラリと、おしゃれ」は持っていなかった
ので、迷わず手に取りレジへ。

寝る前に、少しずつ読もうと思う。

c0352015_22085162.png

午後からは、録画していた「レナードの朝」
を見た。ずっと前に観たことがあったけれど、
何かの都合で、結末を観ることができなくて、
ようやく最後まで観た。

納得が出来なかったけれど、実話だから余計
にせつない。

珈琲を淹れて、夏のマカロンをつまむ。
c0352015_22054221.jpg


今夜の晩ごはんは
鯵の南蛮漬けと、もやしのナムルと

ペッパーのきいた、薄いスライスチーズを
サラダに混ぜた。
このチーズがやめられない。
c0352015_22064610.png

さあ、たっぷりと休んだので、
明日から、また頑張ろう。


[PR]
# by pass8515 | 2017-05-21 22:33 | 日々の暮らし | Comments(8)

夏仕様

日本全国、夏日のところが多かったようですね。

8時から、庭仕事開始!と庭に出たけれど
すっかり夏の日差しで、もう少し早くから
始めればよかったと後悔した。

c0352015_22054115.jpg

今日、やりたかったことはお隣にほんの少し
はみ出した植木を切ること。
ビオラと、ラベンダーの散髪と、
白いブラシのようになった十二単の刈り取り。
そして、ハートの種・フウセンカズラの
種まきを。

もう、蚊もいて虫よけスプレーをさっとひとふり。

十二単と入れ替わりのようにユキノシタが
咲き出した。

c0352015_22051671.jpg

ムラサキツユクサをガラスに生けて、
これで、今日はおしまい!

ちょうど、2時間。ぐったりした。

c0352015_22053308.jpg
ムラサキツユクサの長い葉は、いつも
人の手が伸びたようだなと思う。

夕方には一度、しぼむ花びら。
まだまだ、たくさんつぼみがついている。
順番に咲いて、くれるのかな🎵
c0352015_22052381.jpg
********************

午後から、昼寝をしていたら宅配便が届く。
母からだった。
すっかり夏仕様の、お菓子の詰め合わせ。
北山通「マールブランシュ」のマカロンと
パイナップルのケーキ。

マカロンに「夏」って書いてある!(笑)
色鮮やかで、いっぺんに目が覚めた。
c0352015_22050773.png
「だいぶん、遅れたバースデー菓子です。
皆さんで、召し上がってください」と
メッセージが添えられていた。

嬉しいと言うより、なんだか申し訳ない
思いで、いっぱいになる。

というのは・・・・。
私の誕生日の夕方、私から電話をした。
GW中に一度して、それからしよう、しようと
思いながら、ちょうどその日になった。

いつものように、世間話。近況報告。
私はひそかに「誕生日」の事を母が
言うかなと思った。
「あんた、そういえば今日誕生日やな!」
と、言うかな、言うかなと思ったけれど、
結局、言わずに、電話は終わった。
自分から、言うのもなんだか変だし・・・。

母は、その晩か、翌朝か・・・。
思い出したにちがいない。
で、出かけたついでにデパートに寄って
送ってくれたと思う。

親はずっと親。娘はずっと娘。

夕方、かけたら忙しそうだったから、
また、明日の朝ゆっくりと電話をしようと思う。

********************
*晩ごはん
サーモンのカルパッチョ
いかとなすのにんにく炒め

c0352015_22045812.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2017-05-20 22:44 | 日々の暮らし | Comments(0)

種まき


五月晴れ。
暑くなったけれど、青空がまた気持ちのよい
一日だった。
今週は、小さな旅に出かけることができて、穏やかな日々が
過ごせたので、いい一週間だった。

ムラサキツユクサをもらう。
たくさんつぼみをつけて、紫の花が
いっぱい咲くのが楽しみである。

c0352015_20414607.jpg

甕に入れて、水あげをした。
c0352015_20414872.jpg

週末は、ふうせんカズラの種を蒔こうと
思う。
ハートの種。去年もいっぱい取れて、
物置に入れていた。
チューリップの後に蒔こうと思う。
c0352015_20415041.jpg

明日もお天気がいいので、やりたいことが
いっぱい。
こたつの中掛け布団を洗って、ひざ掛けも
洗って、先日のお出かけ着のアイロンをかけて。

昆布をもどして、ひじきをもどして。
昆布煮と、ひじきサラダなんかを作ろう!

2日の休みなんてあっという間だ。
やりたいことをメモにまとめて・・・。

今から「ツバキ文具店」を見たいと思います。

******************
*晩ごはん
スナップえんどうをたくさん入れたカレー
ポテトサラダ

c0352015_20534971.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-05-19 21:40 | 日々の暮らし | Comments(8)

爽やかな毎日


とても爽やかで穏やかな日和が続いている。
今日は、特に青空が広がって緑がまぶしくて
爽やかで、静かで、何度も外を見た。
実に平和だ。

広島で、お土産をたくさん買った。
まずは宮島口でひじきと音戸ちりめんを見つけた。


c0352015_18491171.jpg
旅先で、ひじきを見つけると必ず買う。
スーパーで、国産ひじきをまあ見ることが
ない。
見たとしても、ちょろ~っとしか入って
なくて結構高い。

宮島沖のひじき。こんなのここでしか買えない!
そして広島菜と、おたふく広島限定ソース!
限定に弱い。ここでしか買えないという
思いに駆られて、もうメロメロ。

c0352015_18492911.jpg
もみじまんじゅうのお店がいっぱいの
宮島で生もみじを探していた。
「やまだや」という大きなお店に行くと
「生もみじは当店の商品ではございません」
と言われた。こんなことを聞く人‥私だけ?


c0352015_18485129.jpg
広島駅で「にしき堂」の生もみじを見つける。
あった!あった!

c0352015_18490259.jpg
生もみじと、駅弁を買ったら主人は、もう
せわしなく駅待合室へと向かった。
新幹線の時間まで、まだ50分くらいある。
「ニュースを見とく。一人で行ってこい・・」

せっかく駅ナカが充実しているのに、
私はまだまだ見たくて、ひとりでまた買い物を
した。楽しかった🎵

銘酒・獺祭も見つけて、次の日は早速
ひじきをたいて、ちりめんじゃこのきゅうり揉み
をした。


c0352015_18492191.jpg
旅のお土産を味わいながら、爽やかな時を
過ごしている。


****************
コメントについて。

ここ数日、コメントを送れないことが多いのです。
夜は特に混雑するのか、不具合でせっかく
コメントを書いたのに、送信できない。

私に、コメントを書いてくださった方も
送れなかったと、連絡をくださいました。

コメントはとても大切なツールだと思うのです。
記事を見て、どなたもお忙しい中、心のこもった
メッセージを下さる。
有り難い事だと思います。

エキサイトさん。改善をどうぞよろしくお願いします。
以前からでしたが、最近特にひどいです。
(昨夜はスマホからもできませんでした)

ここで、訴えても仕方のない事かも知れませんが、
私は訴える術を知らない・・。ブログは更新できるのに
おかしいことですね。





[PR]
# by pass8515 | 2017-05-18 21:51 | 日々の暮らし | Comments(6)

宮島へ

昨日の旅の続きです。

#################

広島駅に戻り、在来線で宮島に行った。
「宮島口」まで30分。

10分間、フェリーに乗り
海に浮かぶ厳島神社の鳥居が見えた。
c0352015_22005162.jpg


厳島神社は、以前に行ったことがあるので、
弥山へ行くロープウェイに乗ることにする。

ロープウェイ乗り場への道すがら、
鹿がのたりのたりと歩いていた。
時折、店の中へ入ろうとして叱られている鹿を見かける。
おばさんは竹の棒で追い払い、
鹿も慣れているのか一線は越えないけど立ち去る気配はなかった。
その表情が愛らしく、可笑しかった。

c0352015_22010456.jpg


弥山・獅子岩展望台に到着。
瀬戸内海の島々を望み、江田島も見えた。

c0352015_22043417.jpg

本当は呉の大和ミュージアムに主人は
行きたがったのだけど、火曜日休館で残念だった。
さっきまでいた広島の街、反対側は四国も見えた。

帰り道、ロープウェイを降りてもみじ谷を歩く。
c0352015_22021522.jpg

青もみじがもうまぶしくて、
これは秋は見事だろうなあと、思った。

先日、大阪で会った広島に暮らす友人に
「宮島の裏通りの古民家カフェがいいよ」
と教えてもらっていた。
平和記念公園の案内所でもらった
広島・宮島マップでカフェをピックアップ!

主人が選んだカフェを探した。
この狭い路地が気になった。
迷宮への入り口のようだった。
人にも聞いて、登ってみるとその目的のカフェ
があった。
c0352015_22012514.jpg


明治の文化人の別荘か?
そんな風情を思わせる、新緑に囲まれた
木造家屋が現れた。

c0352015_22000262.jpg


私たちだけしかおらず、まさに隠れ家。
風が気持ちのよい、テラスに出た。
喉がカラカラ。
広島レモンソーダを一気飲み。
c0352015_22015581.jpg

とても広くて、木の椅子とテーブルの
配置が素敵だったので店内を写そうと思ったら、
目の前に広がっていた、
厳島神社の遠浅の海も(ちょうど引き潮)
五重塔も映り込んでいた。
ついでに、私たちも映り込んでいた。

c0352015_22025385.jpg

人も少ない、裏通りを通ってフェリー
乗り場へ向かった。
ここまで、鹿が来ていた。
ちゃんと停止線で立ち止まっている。
左・右と確認していた。
c0352015_22292470.jpg
帰りの新幹線では久しぶりに駅弁を
食べた。たこめしは、たこのてんぷらが
ふわふわで、とても美味しかった。

c0352015_22023063.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-05-17 22:41 | おでかけ | Comments(4)

広島へ

「新幹線でどこかへ行こう!」と
主人が突然言い出したのがきっかけで、
広島に行った。

こだまは、のんびり各駅停車。
9時過ぎに広島に着いて、路面電車で
平和記念公園に向かった。

c0352015_22112992.jpg
中学の修学旅行以来だった。
路面電車「原爆ドーム前」駅に降り立つと、
青葉の向こうに、旅館が見えた。
「あ!ここ。。ここ。。」と主人を呼ぶ。
「あいおい」という旅館の名前が遠い記憶に
あって、間違いない。泊まった旅館だ。
原爆ドームの、真ん前だったから
忘れられなかった。

c0352015_22114726.jpg

広島へのあの旅は、とても衝撃的だった。
「平和記念資料館」のパネル写真も
あまりにも悲惨で、まともに見れなくて
友達に「私、もう見れない・・出て行っていい?」
というと、友達も「私も、見れない」
と言って2人で急ぎ足で出口へ行った。

c0352015_22094297.jpg

旅館に戻っても、なんだか気持ちが
ざわざわして、部屋で友達と喋って
いてもカーテンの向こうに光に照らされた
ドームがあると思うと、怖くて、怖くて。

あんな恐ろしいことが実際にあったのだと
思うと、何とも言えない気持ちになった。

c0352015_22100140.jpg

主人は、初めて来たらしい。
祈りを捧げて、深呼吸した。

怖ろしくて見ることができなかった
「平和記念資料館」にも行った。

去年の新聞のある記事が心に残っていた。

『「平和記念公園」は最初から公園だったと
思っている人がとても多い。
実際に、この広い敷地に家があり店があり、
人々が生活していたのです。
それを忘れないでいて欲しいのです。』

資料館に入り、エスカレーターで
上がると、まず「以前の広島のまち」の
大きな写真があった。
今の平和記念公園の以前の姿である。

川べりまでぎっしりと家が建ち、
人々の息遣いまでも聞こえそうだ。


c0352015_22085993.jpg
立ち止まって、無言で見ている人が
とても多かった。

c0352015_22092819.jpg
「そして、1945・8・6」
という、展示室へと入る。
・・・様々な遺品や写真やデーターを、
今度は、なるべく目をそむけないように
した・・・・。

今日も、修学旅行の中学生がいっぱい
来ていた。
そして、外国人観光客がとても、とても
多かった。
以前から?やはり去年のオバマ大統領訪問
の効果が続いているのか?

多くの、世界中の人が見て、知って、感じて
欲しい。
平和の尊さを、感じて欲しい。
あらためて、そう思った。

********************

八丁堀という繁華街へ向かうために
路面電車を待つ。

広島の路面電車に京都でかつて走っていた
市電が現役というので、以前から見てみたかった。

わあ、来た、来た。
懐かしい、市電である。
乗ることは叶わなかったけれど、
ばっちり撮影できて満足、満足。

c0352015_22091771.jpg

八丁堀でのお目当ては、
本場の「広島お好み焼き」
見事な手さばきを見ながら、焼き上がりを
待つ。

ねぎたっぷりの、「いか天ねぎかけ」
お昼の生ビールが、また最高!
c0352015_22095253.jpg
午後からの旅路は、また明日に・・・。












[PR]
# by pass8515 | 2017-05-16 23:13 | おでかけ | Comments(2)

ビストロで乾杯!

昨夜、彦根から帰ってから、息子たちと
食事にでかけた。
母の日のご馳走をしてくれるというので
私がリクエストしたビストロ。

ビストロはちょっと洒落た雰囲気だけど、
なかなかオーダーに慣れない。
黒板メニューを見て、自分なりにフルコースを
仕上げるのだと主人は言うけど、あれも
食べたい、これも食べたい・・・。
で、結局いろいろ頼んで、シェアする方法。
居酒屋方式とさして変わらない。

前菜盛り合わせ
ホタテのタルタル
牛肉たたき
いかとサーモン・カルパッチョ
c0352015_18564297.jpg

他にもいろいろオーダーしたけど、
会話に夢中とワインのほろ酔いで、それほど
写真を撮らなかった。

c0352015_18564610.jpg

久しぶりに家族が集い、ほっとした。
上の息子は今年初めて顔を見せた。
なしのつぶてで、少々、不安にもなった。
親は、哀れなもので、こんな時
悪い方へ、悪い方へと考えが飛躍する。

寝る前にわざわざ、考えなくていいものを
どうしても考えてしまい寝付けない時も、
何度かあった。

特に、変わった様子もなく、よく喋り
よく笑い、よく食べて、遠慮なく
ごちそうになった。

そして、今日は私の誕生日。
重ねて、昨夜お祝いしてくれました。
とてもいい日でした。

下の息子からは芋焼酎「伊佐錦」
なんだか、父の日みたいなプレゼント(笑)

c0352015_19142589.jpg
********************

昨日彦根城に一緒にでかけた友人から
プレゼントされた「クラブハリエ」の
クッキーの詰め合わせ

さくさく・しっとりで、とても美味しかった。
どうもありがとう!

c0352015_19170217.jpg

今夜は、あじのパン粉焼きなど
で、家でささやかな晩ごはんを。

c0352015_19171766.jpg

気を楽に、朗らかに、健康に!
また、この一年、やっていけたらな・・・。
と思います。










[PR]
# by pass8515 | 2017-05-15 21:37 | うれしいこと | Comments(14)

彦根へ

琵琶湖からひいた水が張られて、いっせいに
田植えが行われていた。
車窓からは、ぴっかぴかの水鏡が広がっていた。

滋賀に暮らす友人と彦根で合流して、
彦根城に行った。


c0352015_16480845.jpg

大河ドラマ「おんな城主直虎」の井伊家
縁の彦根城。

大老・井伊直弼=彦根城というイメージが
ずっとあったのだけれど、井伊直弼が
歴史上に登場するのは、ずっとずっと後の事で
その礎は、その祖先が築いたのだということが
開国記念館を見てよくわかった。
c0352015_16481299.jpg
彦根城は桜の名所でも有名で、
以前から一度行きたいと思っていた。

少し、上がるともう琵琶湖が見えた。

c0352015_22103203.jpg

葉桜並木の石段を登って、息があがる。
これから、天守閣へいざ!
子供たちの写生大会で、ものすごい人だった。

c0352015_22110390.jpg

お城は、どこも険しい。
難攻不落のお城は、それはそれは急階段で
手すりを頼りに、集中して登った。

そして、天守閣のてっぺんからは
海のような琵琶湖が見えた。


c0352015_22111658.jpg

天守閣から見えた、庭園・玄宮園。

その玄宮園から天守閣を望む。
たんぽぽ・シロツメクサなどの自然の草花を
そのまま生かした庭園がきれいだった。

c0352015_22112786.jpg

国宝のお城
姫路城・松本城・犬山城・彦根城・松江城
これで、4つのお城に行けた。
残るは犬山城。
いつか行きたいな。

ゆるキャラ代表格のひこにゃん人気も健在!
撮影会は、大賑わいだった。


c0352015_23051309.jpg


琵琶湖の恵みの水郷や水田が美しかった。
友人と過ごした、この一日を忘れることは
ないでしょう。
c0352015_16481634.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2017-05-14 15:59 | おでかけ | Comments(6)

雨あがりのつぼみ

ひと晩降り続いた雨は、朝には小雨になって、
花にはちょうどいい雨だった。

お昼前には、明るくなってきて、カーテンを
開けて庭を見ると庭全体が輝いているような
気がした。
黄砂も洗い流されたようで、庭のしずくと
緑が美しかった。

初夏の花のつぼみが次々と・・・。
もう、咲いているお家もあるけれど、
うちの薔薇はとてものんびり。

c0352015_22165671.jpg

どくだみのつぼみはこんなにも小さいのだな。
わさわさの中に、小さくかくれんぼ。
c0352015_22164391.png

紫陽花も、むくむくと膨れだした。
c0352015_22154424.jpg
こちらは、隅田の花火
今年も咲いてくれそうで嬉しい。


c0352015_22160275.png
一株が増殖して、庭を埋め尽くしている
初雪かづら


c0352015_22152747.jpg
雨あがりのしずくを楽しみ、その反面また
草が伸びるなと思いながらも庭仕事は
来週にしようと思った。
今日は、ゆっくりとしよう。

午後から主人は出かけ、晩ごはんは久しぶりに
ひとりだった。
スナップえんどうをゆがき、
長崎産のいかをゆでただけの
超簡単スピーディー料理。
いかは、わさび醤油で、シンプルに。

たまには、米焼酎で・・・
糖分ゼロという焼酎を見直そうと思った。

c0352015_22174661.png

新ドラマ「みをつくし料理帖」を見ながら
ちびちびとやりました。幸せ~🎵
ごはん時に、ちょうどいい美味しそうな~
ドラマでした。

明日は、少し遠出の小旅行です。
旅先で会う友人へのお土産も用意して。

c0352015_22162836.png

[PR]
# by pass8515 | 2017-05-13 22:51 | | Comments(6)

ありがたさ

今週はもう、このドラマについては
書かないでおこうと思ったけれど語らずには
いられない、今朝の「ひよっこ」だった。

同僚から包みを渡され、お母ちゃんからだと、
そして中身はブラウスだなと、読めたけど
リボン付きのチェックのブラウスを見たら、
もう泣けてきた。

みねこが欲しかった950円の花柄の
ブラウスの華やかさとは違うけど、
仕立てのよいかっちりとした、
清楚なブラウス。
お母ちゃんが一針、一針、丁寧に縫い上げて、
これをこしらえる時のお母ちゃんの気持ちを
ずっと、みねこは思うのだろうな。

「ありがたさ」

どれをとっても、ひとつひとつに
「ありがたさ」をしみじみと感じさせる。
忘れかけていることを振り返らせてくれる。

昨日の舎監の愛子さんの言葉もとても良かった。
「苦労した分、平等に幸せはやって来ると
私は思っている。
これからの私、もう大変なことになるわよ~」
なんて、ポジティブなんだ。

これから先、この言葉をたびたび思い出すかも
知れない・・と思った。
この調子で、人生を乗り越えなくてはいけないな
とも思った。

*********************

晩ごはんを食べ終わった頃、友人が
スナップえんどうを持ってきてくれた。
ぷりぷりしてお豆の香りがぷんぷん。

お風呂が沸く間、へた取りをする。
明日、ゆがいて息子たちにも持たせよう。

c0352015_20353000.jpg

晩ごはんは、「あてなよる」の粉もんとの
マリアージュを参考にして、にんじんと、ネギ
と玉ねぎがあったので、ありもの野菜で作った。
お好み焼きと言えるのかな・・・。
バクダンたまごと、たっぷり神戸のソースと
天かすを・・・・・。

c0352015_20351751.jpg

オタフクソースの天かすで🎵
c0352015_20580480.jpg
「気をつかう」というのは、一番疲れる。
粉もんをたくさんいただいたのに気をつかった
せいか、体重が減っていた。
気をつかうというのは、カロリーを意外にも
消費するのだなと思った。

嬉しいこともあったり、気疲れすることも
あったりの、そんな一週間が終わる。
大雨警報が出るかもしれない週末。

どうぞよい週末を!




[PR]
# by pass8515 | 2017-05-12 21:05 | 日々の暮らし | Comments(6)

さくら貝

午前中はとても爽やかだった。
五月晴。
職場でも「爽やかやな~」と言い合って
快適で心地よい季節を感じた。
昼過ぎまでは・・・。

c0352015_21465843.jpg

今朝の、「こころ旅」の舞台は丹後の峰山だった。
丹後は同じ京都でも言葉も違うし気候も
違う。
峰山と聞いて、いつも思い浮かぶ人がいる。

小学校の時の担任の先生である。
峰山出身と言っていた。
それで峰山という地名を覚えた。
あの頃の「今風」のファッションの先生だった。
スレンダーで、栗色の髪で、そしてさばさば
としていた。男子とよくプロレスをしていた
光景を思い出す。

ある時、私は親戚の結婚式で東京に行くため
学校を3日ばかり休んだ。
休み明けの久しぶりの算数の授業。
分数の計算がさっぱりわからなかった。
どうしよう。まったくわからない。不安で不安で
授業の終わりごろに、涙があふれて来て、
絶望的になった。

その様子に先生が気づいてくれて、
「ぱすさん、そんなことぐらいで泣いたらあかん。
一緒に、頑張ろう。大丈夫やから」と肩をたたいて
その休み時間、つきっきりで分数を教えてくれた。
なんとか、取り戻せた。良かった。

そして先生はやがて結婚して、今度は先生が
一週間ほど休んだ。
クラス全員にお土産を・・という約束をして。
そのお土産は、故郷の砂浜の白砂と貝殻
だった。ひとつひとつ、ちり紙に包まれ、
私が選んだ包みを開けると、薄紅色の可愛い
貝殻が入っていた。
「だんなさん」と一緒に拾ったと言っていた。

嬉しくて、母に見せると「わあ、さくら貝やな~」
と、3センチ四方くらいのプラスチックの
箱を見つけてきて、綿を敷きその上に
さらさらの砂とさくら貝を入れてくれた。

長らく、私の机にあったプラスチックの箱。
色々なことを、次々と思い出すものだなと思う。
そして、可笑しいくらい文章にしたくなるのである。

***********************

主人があんこが食べたいと買って来た
「御座候」
白あんが好きです。
c0352015_21443335.png






[PR]
# by pass8515 | 2017-05-11 22:33 | 思い出ばなし | Comments(2)

ともしび

今朝の「ひよっこ」では乙女寮の若い歌声が
響いていた。

ロシア民謡の「トロイカ」
激しく、迫力があって馬そり(トロイカのことらしい)
を走らせる様子がよく出ているなと思った。
静かなフレーズもあるなんて、知らなかった。

c0352015_21525246.png

そして、ロシア民謡があの当時若者の間で
流行っていたことや、シベリアからの引揚者
が日本に持ち込んだ曲も多いということも
初めて知った。自分が生まれた頃の話って
知らないことがいっぱい。

増田明美さんのナレーションの中で、代表的な
ロシア民謡の紹介で、今朝の「トロイカ」
「カチューシャ」そして「ともしび」が出て来た。

「あ!ともしび!」と聞いて、またまた私は
中学生の頃の事を思い出した(笑)

昨日の続編ではありませんが・・・・(笑)
良かったら思い出話におつきあいを。

ともしび」(ダークダックスがまたいい)
中学校の頃の校内合唱コンクールの課題曲
だった。
あの頃の私たちには、なんだか暗くて、重くて
難しい歌だった。
それに対抗するように自由曲は「かぐや姫」の
とてもポップなユーモラスな曲になった。
(題名は忘れました・・・が歌えます。)

少し冷めた感じのクラスだったのに、
、練習して練習して、なんと優勝!
重厚な課題曲と、ポップで笑いも起こった
自由曲とのギャップが良かったのかも知れない。

卒業式の後の教室で、歌おうという事になって
クラス全員でもう一度歌った。
昨日のようなキュンとした思い出とはまた
違って、最後に一つになったクラスのことが
思い出された。

~夜霧のかなたへ 別れを告げ
雄々しきますらお、いでてゆく~
今、聞くとじ~んと来てとてもいい曲だなと
思った。
(ダークダックスだからなおさら)

おおしきますらおって、何?
今朝のみねこではないけれど、ずっと思っていた。
歌詞を改めて見て、ようやくわかった。
雄々しき、ますらお(男の人)ってことなんだな。
戦場へ恋人を送る、哀しい別れの歌なのだなと
ようやくわかった。


********************

夕方、雨あがりの庭に出た。

ハーブが今年も咲き出していた。
レモンゼラニューム
c0352015_21525246.png
オレガノケントビューティー
芽がたくさん出ました。
花はもう少ししてからです。

c0352015_21522884.png

晩ごはんは焼きそばを。
家で漬けた紅ショウガ。
紅ショウガを漬けると焼きそばを食べたくなる。
あると、ないとでは、もう大違いだな。

c0352015_22224890.png




[PR]
# by pass8515 | 2017-05-10 22:31 | 思い出ばなし | Comments(6)

こころの風景

平常通りの日々が戻って来た。
夜になっても、雨が激しく降り続く。

毎朝、毎夜見ている、火野正平の「こころ旅」
先週は、兵庫県で今週は京都府。
電車で行き来すると大阪が間にあるのだけれど
隣同士でもあるのだなと改めて思った。

京都の初日は、宇治市から。
宇治川の小さな中の島・塔の島で偶然
出会った船の上からのお手紙だった。

わあ、塔の島~。私の「こころの風景」
と言っていいかも!と今朝思った。

石の塔が立つ、小さな島・塔の島。
吹奏楽をやっていた中学の頃、ここで
「オープンエアコンサート」をした。
何校かの中学と高校の屋外合同演奏会である。

中学生の私らから見れば高校の先輩なんて、
大人も、大人。ものすごく先を行く人に
思えた。企画も仕切りも高校生!
かっこいい~!
何度か合同練習をしているうちに、私にも
友人たちにも憧れの男子の先輩が出来た。
会えば、みんなでその話だった。

友人は、最終日にその先輩に手紙を書いて
来て一緒に写真を撮る!と積極的だった。
みんなで一緒に撮った写真は長らく私の
机の引きだしにあった。
それと、一緒に紙切れもあった。

私も憧れの先輩の思い出が何か欲しい。
とっさに思いついてメモ帳を一枚破って
「名前を書いてください」とお願いした。
サインでもなく、電話番号でもなく
ただ名前を・・・・と言った。
それが精一杯だった。

その時のどきどき感をリアルに思い出して
来た。そして、さっきその先輩の苗字も
思い出した!すごいですね。
青春の力は。

特にだ~れもカップルにもならず、
ただあの日々がずっと、淡い思い出で残って
いるのがまさに「こころの風景」というべきか。

****************
そういうことは思い出して来たのに、
コンサートの曲目って・・・・。
思い出せない。
あの頃全盛だったのは「宇宙戦艦ヤマト」
「ポールモーリア曲集」
「ビートルズの曲」も、吹奏楽で知った。
その辺はやったように思う・・・けど。


********************
時は流れた。

*晩ごはん
急に所帯じみた写真だけれど、時は流れた。
「はなこさん」で炊いた、いわしと蕗。


c0352015_21220292.jpg

あとは、れんこんのきんぴらと
冷ややっこ、チーズの蒲鉾
c0352015_21214883.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2017-05-09 21:41 | 思い出ばなし | Comments(6)

十二単

5連休も最終日。
風の強い日で、黄砂も飛んで埃っぽい感じが
した。

主人の実家の草刈りに行った。
もし自分の隣家が草ぼうぼうの空き家だった
ら、やっぱりいやでしょう~。
と、腰の重い主人に声をかけて連れ出す。

お墓の管理や家の風通しは、頻繁に行って
くれる主人だけれど、どうも庭の草刈りは
面倒がってしまう。

とても気になっていた。


c0352015_16303720.jpg

十二単がまたいっそう、広がっていた。
私の実家→うちの庭→そして、主人の実家
とほんの少しづつの株分けが増殖していた。

今は、きれいな青紫もやがては白い
ブラシのようになり、それが見苦しいので
今のうちに刈り取ろうかとも思ったけれど、
まだまだきれいなので、そのままにした。

十二単とよく言うけれど、本当は
白い花の事を言うらしい。
青紫は西洋十二単で、園芸用がアジュガ。
ややこしいんですけど、母が30年も前に
「十二単」と言って株分けしてくれたから、
その通りに、今もそう呼ぶことにしている。

*******************

草刈りをしていたら、おじさんのグループが通った。
今日は、3人のグループです。

「9対1を見とったんや~」

それだけで、昨日の野球の事と察しがついた。
昨日の広島対阪神戦を私も途中まで見ていた。
4対0・・そして、6対0・・・・。
と負ける一方で
もうこれはあかんと主人はテレビを消して
所用で出かけた。私も、首位攻防戦。
そうは、簡単ではないよな~と思った。

しかし、主人が外出先から機嫌よく帰って来た。
「あれから、勝ったぞ~」
9点をひっくり返した。
私は、思った。見てなくて良かった。
私が見ると負けるから・・・・(笑)

勝手な勝手なファンだけれど、調子が
よくなってくると見出して、大騒ぎする
ファンだけれど、休日の我が家の定番が
また戻ってきたような気がした。

********************

久しぶりに時刻表を主人が買った。
旅への入り口。
見ているだけでも楽しい。
旅に行ったような気分になったと満足そう。

c0352015_17083434.png

お昼ごはんは、パンを買って
オリーブのパテといっしょに。

パテはカルディで手頃だったので、
買ってみたのだけれど、なかなか美味しかった。

塩パンにとてもよく合った。

c0352015_17091553.jpg
初がつお
たまねぎが多すぎて、かつおが見えない・・!

c0352015_17100577.jpg






[PR]
# by pass8515 | 2017-05-07 22:30 | 日々の暮らし | Comments(6)

すずらん

休みが続くと曜日の感覚もなくなり、
思わず今朝は生ごみを出し忘れかけた。

一日、飛んでいるからえらいこと!
危なかった・・・。
しかし、二日まだ休みがあるという解放感
でいっぱいだった。

一日雨だという予報が一週間ほど前から出て
いた。
しかし、結果的に夕方まで一滴も降らなかった。
昨日、水やりをしていて良かった。

すずらんが、何年ぶりかに咲いた!

c0352015_17464212.jpg

北海道でしか咲かないと、思い込んでいた
すずらんを古い友人からもらったのは
ここに引っ越しをして来て間もない頃。

しばらくずっと、咲いていた。
実家にも株分けして、実家では今も毎年
咲いている。
アジュガの紫とのコントラストがきれいだった。

増えて、増えて間引き過ぎたのか・・・。
いつしか、芽は出るけれど花が咲かなくなった。

代わりにすずらんに似たあまどころで
すずらんの幻影を思った・・・・。

c0352015_17474004.jpg
願いが届いたのか、スズランが咲いた!
やっぱり、可愛いな~。

c0352015_17464212.jpg

紫陽花の赤ちゃんもたくさん生まれた。

c0352015_17471455.jpg

春から、初夏へ。
5月に入るとあっという間に庭は初夏に
模様替え。


c0352015_17585461.jpg


*******************

蕗は冷やすとまた美味しい。
冷たい蕗と、筍がなんか好きです。

少し、汗ばむころのこの頃に
冷蔵庫でタッパに冷やした蕗と筍を
母がよく出してくれた。

私も、冷やした蕗がいつの頃か
好きになった。
先日、友人がお土産にくれた「はなこさん」で
おかか和え。
味がぐっとしまった。


c0352015_17480703.jpg

*お昼ごはん

車麩と蕗の炊き合わせ
納豆
れんこんきんぴら
こんぶの煮物
ちりめん山椒をふりかけて・・。


c0352015_17482997.png

今日は、撮りためた番組をまとめて見た。

☆星野源の「おげんさんといっしょ」

☆Eテレ・ドキュランド
「エリザベス女王VSダイアナ王妃」

☆新にっぽん紀行
広島・神石高原の紙飛行機タワー

☆つばき文具店 第4話

ジャンルはいろいろだが、それぞれに、良かった。





[PR]
# by pass8515 | 2017-05-06 18:11 | 日々の暮らし | Comments(4)

山つつじ

ふもとからも、山つつじが真っ盛りなのがよく
見える。
お天気がいいので、主人を連れ出して山歩きを
した。

山道の両側には、山つつじがたくさん。
c0352015_20582294.jpg

蜂も、忙しそう。
c0352015_20583535.jpg
少々、かすんではいたけれど
小豆島がくっきりと見えた。

c0352015_20594964.jpg

淡路島も見えた。
かすかに明石海峡大橋の鉄塔も見えた。

c0352015_20573442.jpg
山に行くと、必ずと言っていいほどその山に
精通した人と一人は出会う。
今日は、その精通した人の5人グループの
おじさんたちが山頂にいた。

私が写真を撮っていると、
「どんなん、撮ったん?空ばっかりやん!」
一人のおじさんが言って来た。

もっと、広いところから写せるところがある。
今日は、視界がもひとつや!(今一つということ)
と、おじさん達は言いたい放題で、下山していった。
ご親切にありがとう。

小豆島・淡路島・そして、かすかに四国も望めて
今まで登った中では私にしたら視界良好だったん
だけど・・・。

しかし、心地よい汗をかいた。
山歩きはやっぱりいいなあ。

c0352015_20585480.jpg
***********************

昨日、友人と会う前にデパ地下に行った。
阪急うめだ本店に行くのは、何十年ぶり
だろうか・・・・。
前は何度も通っているのに、通り過ぎる
だけで。。
あまりの人の多さに圧倒されるのか。

待ち合わせのビルに隣接しているので、
ひっさしぶりに足を運んだ。

阪急のデパ地下は夢の世界だった。
知らない、お菓子でいっぱい。
見たこともない、聞いた事もない。
全国からのスゥイーツであふれていた。
神戸大丸にもない、京都伊勢丹にもない
ましてや、山陽なんて・・ないない。
そんなお菓子がいっぱいだった。

全国銘菓のコーナーがあった。
催事場の期間限定ではなさそう。
しっかり常設コーナーで、美味しいと
評判のご当地銘菓がもうたくさん!
その土地に行かなくとも、ネットでなくても
手に取って選ぶことができる。

いつか、ある方のブログで見かけた
鎌倉の「クルミっこ」見つけました!
そして、その隣にあった千葉の「ぴーなっつ饅頭」も
気になったので買ってみました。
c0352015_22285819.jpg

ヨックモックが好きな主人に、限定商品を
買った。
「さくさくキャラメリング」

c0352015_22284500.jpg


迷う、迷う、迷いすぎる~と興奮の時を過ごし
二人暮らしで、こんなにたくさんどうする!
と主人に怒られそうなので、泣く泣く売り場を
後にした。

午後から、コーヒーを淹れて
「クルミっこ」とさくさくキャラメリング。
クルミっこがとても美味しかった。
蜂蜜が濃厚で、しっかりとした味だった。

あ~幸せ🎵


c0352015_22505030.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2017-05-05 22:57 | 日々の暮らし | Comments(8)

空庭で、乾杯!

大阪で10年来の友人たちと1年ぶりに会った。
そもそも、どうやって知り合ったのだろうと
思うくらい、ずっと前から知り合いだった
ような気がする。

まずは、乾杯!
手前左が、私の手。
あ!しみが・・・。
c0352015_20053463.jpg

27階の窓から見えるのは、澄み渡る
青空と赤い観覧車。
そして、ひっきりなしに飛んでいく飛行機。
話の途中も視界に入り、なんか気になる。


c0352015_20053892.jpg

何回も、チャレンジしてやっと確認できる
ぐらいに撮影に成功!

手が届きそうなくらい空をとても近く感じる。

c0352015_20054232.jpg

27階のイタリアンレストランは
友人の一人が予約をしてくれた。
思いがけずに窓際の席が用意され、
この眺望と、お料理も充実していて
大混雑の大阪駅近くにいるとは思えないほどの
ゆったり感と、解放感で、ワインをいただく。
この上ない幸せ~🎵

c0352015_20054728.jpg
メインのパスタは、黒トリュフときのこの
クリームソースで・・・。
そして、2杯目のワインに突入。



c0352015_20110576.jpg

デザートが来た頃に、恒例のお土産交換。

広島の友人は今季も絶好調のカープ三笠と
もみじまんじゅう

お隣同士(住む街が・・)の友人は
埼玉の人気のかつおだし「はなこさん」と
かわいらしい文房具

私は、ベトナムの高級?チョコレートを
持参した。

デザートそっちのけで、歓喜の交換会と撮影会。
どうも、ありがとう♪

c0352015_20110892.jpg

そして、30階の珈琲店に場所を移して
また、おしゃべり。話は尽きない・・。
空がまた一段と近くなった。

珈琲はおかわり一杯までOK
そして、シフォンケーキもふんわりして
美味しかった。

このカップはやっぱりいいなあ。
c0352015_22294970.jpg

今日は、半日ずっと空を眺めながらおしゃべりした。

ずっと、青空だったけれど、帰る頃には
雲が垂れこめて来た。
このプラットホームからそれぞれの帰路へ。


c0352015_20111129.jpg

この日の友人たちの名言

**「40代後半が、一番(体が)しんどかった。
でも、今はずいぶんと楽になった」

「体がそれに、慣れて来たんやね~」
なるほど・・・・一同納得。


**映画「この世界の片隅で」
を3人とも見ていた。

「ずっとずっと、伝えないかんね。
孫の代まで、伝えないかんね・・」

ここのところの不穏な空気を皆感じ取っている
ようで、そういう話も自然にできた。

ありがとう。また会いましょう。

********************

家に帰って、改めてお土産を眺める。

「はなこさん」で昨夜茹でた蕗を仕上げました。
車麩と一緒に煮含めました。
c0352015_22194292.jpg

もみじまんじゅうは、どちらも食べたいと
主人と取り合いに!(笑)なったので、
半分づついただきました。

生もみじは、やっぱり美味しいです。
チーズもはじめての味でした。


c0352015_22192661.jpg







[PR]
# by pass8515 | 2017-05-04 20:03 | おでかけ | Comments(8)

新緑の頃

今日から、5連休。
さあ、どうして過ごそうかな~。

と、朝いろいろと考えた。
そうそう、まずはアイロンがけをしよう。
旅のかたづけは終わったけれど、持って
行った服たちのアイロンがけがまだだった。
いざ、着ようと思ったら慌てるところ。
まとまった休みの間に、アイロンをかけたい。

大判ストール。
こんな早くに出番が来るとは思わなかった。
首に巻き付け、後ろからの紫外線を遮断!
主人には「よけい、暑いやろ」と言われるけれど
これがないと、首回りが不安・・・。


c0352015_21420876.jpg

ガウチョパンツ
あれだけ、履きこなせるか不安だったのに
大活躍!
素材も3種類そろえました。(全部同色)
コーデュロイと、チノと、綿麻の生地。
旅には、チノを持っていたけれど、もう
暑かった。汗で、湿って重くなっていた。
c0352015_21423799.jpg

これらと合わせて、旅をしました。
汗で、びっしょりになったけれど洗って
しわを整えて、ようやく旅を終えたような気がした。

c0352015_21422386.jpg

アイロンをかけながら、昆布を煮た。
夜に、息子が帰って来るから持たせようと
思った。しらすを入れて。
c0352015_21432951.jpg

蕗もゆがいた。きれいな緑色。
c0352015_21434365.jpg
午後からは、旅の写真を整理した。
時をおいて見るとまた、空気感や音や
においを思い出す。
小さな出来事も思い出す。

たまった、ドラマや映画を観ようと
思ったけれど、これまでの写真も整理して
いたらあっという間に夕方になっていた。

息子が帰って来て焼き肉をした。
いろんな会話が飛び出して、私が知らない
今、世間で起こっている話題が新鮮だった。

新聞やネットやテレビでニュースを
見ているようで案外見ていない私。

ちょっと驚いたのがハワイのホノルル空港の
呼び名が「イノウエ空港」に変わったという
ことだった。
へえ~知らなかった・・・。

c0352015_21425445.jpg

庭のアジュガと、ユキノシタの若葉の色が
きれいだった。
もうすぐ、白い妖精のような花が咲く。

今日撮った写真は、緑色が多かったなと
編集してみて気がついた。


c0352015_21431166.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2017-05-03 22:11 | 日々の暮らし | Comments(4)

車麩

世間は連休だが、我が家は平常通りで5月を
迎えた。

新緑、若葉。
このひと月をまた楽しもう。
そして、張り切ろう!

c0352015_18455403.jpg

昨日、ランチをした酒蔵で石川県の車麩を
買った。

c0352015_18511544.jpg
自社の酒だけではなく、各地の調味料や
食材のショップ・器やガラス製品の
ギャラリーも併設されている。
そして、そこのお料理にも使われている。
(器も)


昨日は、車麩は蕗と炊き合わせてあったけど、
冷蔵庫にあった、しめじと炊き合わせた。
生姜をすりおろしたら、隠し味になると、
袋に書いてあった。
あ~残念。土生姜は切らしていたので、
次回試してみようと思います。

*晩ごはん
ほたるいかと胡瓜の酢味噌和え
車麩としめじの炊き合わせ

酢味噌和えの時にと、ひと掬いの柚子ジャムを
残していた。それこそ、隠し味に使おう!と。

これで、冬のジャムは使い切った。



c0352015_18523815.jpg
*************
「ひよっこ」談義

毎朝、毎休憩時に楽しみにしている「ひよっこ」
ドラマが良いと、出てくる人、出てくる人が
皆、いいように思える。
適材適所の役者の起用で、そこも楽しみの一つである。

まずは、今日は出てこなかったけれど宗男叔父である。
いいな~。ビートルズへの憧れと姪っ子へのエールを
絡めて・・・・とっても良かった。

そして、同郷の幼馴染・三男の母。
いつも仏頂面の柴田理恵の母が
とても良かった。泣いてしまった。
「やがては、出ていく三男坊。
敢えて嫌われようと、突き放していた・・・」

男の子はこのくらいにして良かったのか。
私は手を、目を、心を、かけ過ぎたのか・・。
で、今寂しいのか・・・と思ってしまった。
しかし、どの親も子への愛情は何ら変わりなく、
集団就職列車で、開けた三男の弁当の
うさぎのりんごにまた、泣けてしまった・・。

そして、今朝の「ひよっこ」
東京に着いて初めての食事。
カレーとマヨネーズへのときめきで、
一人一人の性格、気質まで表してしまった。

さあ、東京での新生活。
ますます楽しみです!





[PR]
# by pass8515 | 2017-05-01 19:07 | 日々の暮らし | Comments(6)

藤棚と木の芽

清々しい青空が広がった休日。
出かけた先では、白と薄紫の藤の花が
出迎えてくれた。

c0352015_21265383.jpg

これより、時間を巻き戻して・・・・。
日曜日にしては、早くから目が覚めて6時半から
庭仕事をした。

連休のうちにしたかったラベンダーの剪定。
もう、おばけのように伸びて伸びて・・、
むさくるしくなっていたので、ずいぶん
カットした。

香りやお茶やら、色々と加工できるのだろうが、
もったいないけど、山と積む。


c0352015_21271218.jpg

ラベンダーの下で、ひっそりと咲いて
いた花たちにもこれで、お日様が当たる。

c0352015_21275498.jpg

c0352015_21282751.jpg


c0352015_21284457.jpg


ひと段落して、まだ8時過ぎ。
もう一つしたいことがあった。

友人が、子供たちの小さい時の
アルバムが見当たらないと先日言っていた。
お孫さんが、息子さんの小さい頃とそっくりと
皆が言うけれど、(私もそう思う)
もう一つ、ピンと来ず、確かめたいけど
アルバムが見当たらない。
数年前の、建て替えの時に何処かに紛れたらしい。

うちにある、息子さんと一緒に写っている
写真を見つけて何枚か写メで送信した。

c0352015_21290330.jpg

やっぱり、そっくり!
子供たちの小さい頃の写真は、見出したら
キリがなく、涙が出そうになるので、
長らく開けることがなかった。

おかげで、懐かしい思い出を振り返る時間を
持つことができた。

********************
早起きは三文の徳!たくさんやりたかったことが
できて・・・。
ようやく約束の時間が来て友人と酒蔵ランチに
出かけた。

c0352015_21272829.jpg
酒蔵の駐車場の藤棚。
熊ん蜂がたくさん、飛んでいた。


c0352015_21260733.jpg

名荷ごはんと、粕汁と季節のおべんとう。

車麩と蕗の炊き合わせも美味しかったし、
和牛ローストビーフもあなごだし巻きも
美味しかった。
ローストビーフに隠れた、れんこんと
スナップエンドウのサラダも美味しかった。



c0352015_21263451.jpg
いたるところに、木の芽が添えて
あった。
あるのとないのとでは、まったく違う。
淡泊な車麩だって、木の芽の
おかげで、味がしまっていた。

本日の木の芽に名荷に、和製ハーブは、
先日ベトナムで私が苦手とした香草と
同じ役割なんだなと、はたと気づいた。

食べ慣れない木の芽を外国人は
ウエッと思うかもしれない。
いや思うだろう。

味覚と風土と習慣とは、奥深いものだなと
思った。

デザートは、豆かんと珈琲で。
麹アイスと、小豆、中には
蜜に浸された、赤豆と寒天がいっぱい。

c0352015_21262174.jpg

新緑の中をおなか一杯になって、帰った。

[PR]
# by pass8515 | 2017-04-30 22:04 | おでかけ | Comments(4)

連休の予定

美容院に行った。
いつもなら、10時予約で大丈夫だったのに
いっぱいで、10時半でお願いしますと
言われた。
10時半より早めに行ったけれど、少し
待たされた。

連休の出かける予定の前の空いた時間に
集中したようで、「ごめんなさいね」と
先生が言っていた。

誰しも考えることは同じだな。
私も、連休中に久しぶり会う友人とランチの
予定があるので、その前にさっぱりしようと
美容院に行ったのだった。

さて、服はどうしよう。
だいたい決まっていたけれど、ちょい足しで、
地元初上陸のこのお店をのぞいた。
c0352015_21445308.jpg
プチプチプライス。3桁ですよ!
色も豊富で、迷ってしまった。
着回しやすいアイスブルーに決定🎵

帰り際。とても暗くなり、雷が鳴って
雨が降って来た。
全国的に、お天気が急変したようだった。

庭の、チューリップは白が主役になって来た。
ピンクはもう散りゆく寸前。

c0352015_21450804.jpg

菫もあちこちに、たくさん芽吹いた。

c0352015_21442405.jpg

何事もない、普段の休日。
平和だ。とっても平和だ。
しばらく庭を眺めた。

そのあと、たっぷりと昼寝をした。

*******************
*晩ごはん

シマアジなどのお刺身盛り合わせ
揚げだし豆腐、玉ねぎ・きゅうり・トマトの
塩昆布サラダ
筍の佃煮(いただきもの)

久しぶりに日本酒で・・・。
c0352015_21452649.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-04-29 22:55 | 日々の暮らし | Comments(4)

夢から醒めて

やっと金曜日。
一週間が終わった。日常の生活を送りながらも、
ブログでは旅を振り返り二層構造のような楽しさがあった。
疲れもいつしか、取れていた。
ただ、料理は手抜きで貫いた!(笑)
単に炒めたり、単にすき焼き風にしたり
レトルトカレーの日もあった。

この週だけは自分に許そう。
そして今夜は、外に食べに行った。
広島風お好み焼き。あーやっぱり美味しい!
本場はどれだけ美味しいんだろう。

c0352015_07162839.jpg



昨日、旅行社から電話があった。
先日、乗り継ぎで降り立ったダナン空港での
ガイド・ドライバーの出迎えが遅れて
大変申し訳ありませんでしたという
丁寧なお詫びの電話だった。

あの日
出口に立っているはずのガイドさんがいなかった。
15分・・20分くらい経ってから
小柄なかわいらしいベトナムの女性が来てくれた。
ほっとした。とっても謝ってくれた。

そして、ホテルに着いてから現地旅行社デスク
からもお詫びの電話があった。
交通渋滞と、私たちの飛行機が予定よりも
早く着いたためらしかった。
迎えに来てくれさえすればそれでいいし、
恐縮してしまった。もうそれで私らは
すっかり忘れてしまっていた。
で・・・さらに帰国してからのお詫びの
電話であった。

主人に言わすと、「クレームが出る前に
ちゃんと言うとかなあかんのやろ・・」

現在はなんでも、口コミ・・口コミ・・。
一度いい思いをしたら、またその旅行社で
という気持ちになるし、反対なら二度と
使うか!となる。
大変だなと思った。

そして、思い出したことがあった。
そのダナンでのお迎えの時に、車がついて
荷物を運ぼうとしたとき、耳をつんざくばかりの
爆音がした。飛行機?戦闘機だった。
キーン!ドドーン!すごい音で怖かった。
基地の近くに住んでる人は、いつもこんな状態
なのか・・・私は初めて経験したことだった。

体験してみて初めてわかること。
沖縄の人が「東京の政治家、一度
沖縄に来てみてください」と言われていたことが
このことからだけでも、言葉の重さがよくわかった。

*******************

さて、あっという間に、GW!
また、どこもものすごい人でしょう。
関空もとてもにぎわっていることでしょう。

追記
関空に行く時、いつも神戸空港に車を
おいて、船で行きます。(30分)
飛行機の旅は、まず船旅から始まります。

c0352015_09004389.jpg


ベトナム航空の機体のデザインが好きです。
蓮・・ロータスマークがいいなと思うのです。

c0352015_09010241.jpg

特に最近写真を撮らなかったので、しつこく
載せてみました。




[PR]
# by pass8515 | 2017-04-28 23:50 | 日々の暮らし | Comments(2)

コーヒー豆とカカオ豆

昨日は一日雨だった。
ずっと降り続き、旅を振り返るのにゆとりの
時間があった。

ホイアンの船着き場

c0352015_18305413.jpg
「職場のお土産選び」について
旅の途中、気を抜くとそのことを考えた。
どうしよう。
と、言うのも・・・。お土産バトルが以前から
あったからだ。

その人はある人が嫌で、
旅のお土産を受け取りたくない。
断固として、拒否をする。
ある時から、とても頑なになって、私たちが
いくら説得しても、応じようとしなかった。

「○○さんの気持ちやで。持って帰り・・」
と言っても、「ぱすさんにあげる・・」という
子供じみた返答が帰って来て、ますます偏屈になって
どの人のお土産も口にせず、皆と一緒にお茶を
入れていただこうと誘っても、「結構です!」
の一点張りだった。

そんな、そんな人がいる、
職場に誰が旅のお土産を買いたいだろう!

でも、買っていかないわけにはいかない。
お休みももらっているし、ベトナム旅行は
宣伝したし・・・。

もう、帰りの空港で輸入チョコでも買おうか。
ハーシーズとか、キッスとか、リンツとか・・。
でも、カルディにも売ってるし・・・。

口を開けばお土産どうしようと、主人に
愚痴った。「なんでもいいやん」とやる気の
ない返事が返ってくるけど、そうもいかない。

ところが・・・。
フエからダナンへ戻って来た時の事。
ガイドさんがコーヒーの試飲のお店と
向い側にある、チョコレートのお店に
連れて行ってくれた。


c0352015_18311515.jpg
Pheva フェヴァ
ダナン発信の、今注目のチョコレートのお店で
旅の前に見ていた旅行記投稿サイトで、
ダナンを訪れた誰もが立ち寄っているお店だった。

行けたらいいけど、場所もわからないし、
ツアーだし・・と半ばあきらめていた。
そこに、ガイドさんが案内してくれた。

18種類のフレーバーを、好きな色の箱に
自分で詰める。
スタイリッシュで小粋な手法だった。

職場用と、自宅用と、大切な友人用と・・。
その人の雰囲気で箱の色も選んだ。
c0352015_18301889.jpg
これなら・・・・。
自分でも満足したお土産といえるだろう。
もう、感激して何度もガイドさんにお礼を
言った。

ベトナムは、コーヒー豆生産もさかんな上に
(ブラジルに次いで世界第2位)
カカオ豆生産もさかんだという事を
初めて今回の旅で知った。

チョコレート
ベトナムのもってこいのお土産ではないか・・🎵

今、休憩室にある私のお土産。
悩みましたが、ガイドさんには本当に感謝です。

ホイアンの福建会館


c0352015_18303923.jpg





[PR]
# by pass8515 | 2017-04-27 21:58 | 旅を振り返って | Comments(8)

お米の国

日本と同じ、お米の国。
この旅で様々な形でお米をいただいた。
c0352015_20022735.jpg


*****************

フエのランチ
フエの名物。米粉の麺・フンボーフエ
街にも、フンボーフエと書かれた看板が
あちこちにかかっていた。
ベトナム語は基本ローマ字表記らしいので
意味はわからずとも、判読はしやすかった。

c0352015_20264355.jpg
ビールをよく飲んだ。日に3本は飲んだ。
水が出てこないから、ビールを頼むほか
ないのである・・・。
c0352015_20262113.jpg

ベトナムのビールは飲みやすい。
さらっとしていて、飲みやすい。

オープンな店構えが良かった。
小林聡美主演の映画「プール」を
なんだか思い出した。

c0352015_20260435.jpg

デザートは、ココナッツと米粉のお餅
中の餡はとうもろこしをつぶした感じ。

くずもちのようだった。
c0352015_20254927.jpg

ダナンでのディナー
ここでも米粉の麺だった。
麺が隠れるくらいに野菜・香草をトッピングして
魚醤・ヌクマムを入れてかき混ぜる。
きしめんのような平たい麺だった。

c0352015_20253585.jpg

すいかの、切り方が斬新だった。
赤いのは、塩です。

c0352015_20252303.jpg

ホイアンでのディナー
米粉の海老入りワンタン
ホワイトローズ
c0352015_20251076.jpg

レストランを出て、少しだけ
ホイアン名物の夕景に立ち会えた。

c0352015_20245120.jpg


メコン川クルーズの時の
ライスボールは美味しかった。

ミトーという街で食べたライスボール
かきもちのように、油で揚げると
不思議・不思議・・・・
円型に膨らんでいくのです。

せっかく膨らんだボールを、店の人が
はさみでチョキチョキ切ってリザーブ。
甘くて、薄いお餅になる。
お代わりしたいくらい、この旅で
一番おいしかった。

c0352015_20242334.jpg

そして、ベトナムはパンが美味しい。
これもフランス統治時代の名残か、
朝のパンが美味しかった。

ダナンの朝食
c0352015_20270231.jpg

ホーチミンの朝食
c0352015_20243742.jpg
暑い国では香辛料や香草がきつく、
口に合うかと言えば、そうでない場合もあり
無理はせずに、残すものもあった。
旅先で体調を崩しては、楽しくない。
量も調整して、気をつかった・・。
絶好調だった。

しかし、最後の最後で私は失敗した。
ホーチミンのホテルでチェックアウトした
後、少し時間があった。
ドン紙幣も使い切りたかったし
、ホテルのカフェでコーヒーを飲んだ。
c0352015_20272411.jpg
ショーケースに並ぶ、カラフルなスウィーツ。
小腹も空いたし、ケーキをセットした。
ケーキセット、110,000ドン(550円)

ティラミスは、それほど甘くもなく美味しかった。
ただ、底の底まで生クリームがびっしり詰まって
いて、その生クリームがスプレークリームというのか
スプレー缶からぷしゅ~と出てくるあのタイプだった。

別腹のはずの、いつもなら何でもない
スウィーツが仇になった。
後になってむかむかしてきて胃もたれ、胸やけが
ひどくて飛行機を待つ空港のロビーと、機内でも
ずっと寝ていた。

旅の疲れと暑さで、弱った胃に無理をさせて
しまった。反省・・反省・・。
ようやく、今日あたりから食欲が出てきた次第です。




[PR]
# by pass8515 | 2017-04-26 21:00 | 旅を振り返って | Comments(4)

メコン川

爽やかな季節になった。
桜はすっかり若葉になって、代わって
ハナミズキが満開に。

5日ほどばかり留守をするだけで、花も
すっかり変わっていた。

********************

旅の最終日
この夜の深夜便で帰国するので、長い
一日になるのである。

慣れない暑さで、この最終日は
疲れが見え始めた。
憧れの街・ホイアンにも行ったし、
ダナンではリゾート気分に少し浸ったし・・・。
そこにきての、メコン川クルーズである。

c0352015_22421133.jpg

メコン川と聞いて、思うのはサバイバルな
ジャングルのような、そんな雰囲気を想像していた。
足場は?虫は?ドロドロにならないのだろうか。

長袖と、この時だけのためにスニーカーを
持参していた。
ガイドさんに聞くと「雨が降るとドロドロに
なるでしょう」という答えだった。

まあ日本でも雨ならぬかるみ、ドロドロに
なるか・・・。

私の不安もまったくの杞憂に終わり、
現地の民謡を聴きながらフルーツを
いただいた。


c0352015_22424615.jpg
手漕ぎボート体験も面白かった。
(私たちは漕ぎません。
傘をかぶって、乗ってるだけです。)

c0352015_22422724.jpg

悠久の流れ、メコン川。
遠くチベットの雪解けを源流として、
雄大なる大河。
こんな経験、もうそうそうないでしょう。

c0352015_22415652.jpg

***花
レストランの花がきれいだった。
お庭がまるで、楽園のようだった。

c0352015_22414049.jpg


c0352015_22412584.jpg


c0352015_22410054.jpg
ずっと、車窓から
気になっていた花があった。
名前がわからない。
日本ではまず見ない。
藤にとてもよく似た黄色い花。
舞妓さんのかんざしのように、
ゆらゆらとしていた。

ようやく、写真を撮ることが
できた。


c0352015_23065593.jpg


*****************

ホーチミンに戻って来た。
以前はサイゴンと呼ばれ、今でも
サイゴンという言葉はホテルやお店や
ビールの名前でいたる所で見ることができた。

フランスの建築様式の名残があちこちにある。

郵便局

c0352015_22403081.jpg

大聖堂

c0352015_22401394.jpg

開発はめざましく、高層ビルが立ち並び
ホーチミンは大都会だった。
今は、地下鉄建設中らしい。

そして、バイク。

c0352015_22395607.jpg

ベトナムで見る最後の夕日
さあ、帰ります。



c0352015_22392873.jpg

********************

これで、旅の日記はおしまいです。
足早に振り返りましたが、こうして写真を
並べるだけでも、楽しいひと時でした。

また、小さなエピソードなど・・・
追々、綴りたいと思います。




[PR]
# by pass8515 | 2017-04-25 21:35 | 旅を振り返って | Comments(6)

憧れの街・ホイアン

旅から帰り、撮りためていた「ひよっこ」を
見た。そして、ようやく月曜日に追いついた。
今日も、とても良かった。

爽やかな週明けで、旅のお土産とともに、
久しぶりに仕事に行った。
「職場へのお土産選び」は、なかなか重苦しい
もので・・・・。今回も、苦慮した。
お土産の話は、後日特集します。

******************
さて、旅の続きを・・・。
翌日は、ダナンで半日自由時間を過ごす。
タクシーで、ミーケービーチに向かう。
広くて、長いどこまでも続く白浜
c0352015_18352253.jpg
朝早くから、泳ぎに来ている人もいたけれど
少しだけ、砂浜を歩いて、カフェを探した。
スムージーが美味しかった。

c0352015_18403787.jpg
c0352015_18302216.jpg
昼食後、いよいよこの旅で一番楽しみに
していた街、ホイアンへ向かった。

c0352015_18333871.jpg

ホイアンは、古くから貿易で栄え
中国・日本・インドなどの
物流や人が行き交った街。
ベトナム戦争でもほとんど無傷で
その風情ある街並みに憧れていた。

江戸時代、日本人も住んでいて、
日本人が設計し、建設した
日本橋(来遠橋・ライオン橋ともいう)


c0352015_18355766.jpg
とにかく、すごい人でいったい何か国の
人が訪れているのだろう。
欧米人に特に人気で、体験型を好む
欧米の人は自転車やバイクを借りて、
街巡りをするらしい。(ガイドさんによると)

c0352015_18342504.jpg
偶然に街を撮った写真にきれいな人が
それぞれ写っていて、自転車もよく似合い、
私のつたない写真に色を添えていただき
ました。ありがとう。使わせていただきます。

c0352015_18324857.jpg
***花
ブーゲンビリアが、真っ盛りできれいだった。
薄い花びらがゆらゆらと風に揺れて黄色の
壁とのコントラストが美しかった。


c0352015_18340986.jpg


c0352015_18315887.jpg



c0352015_18345936.jpg
時間には限りがあって、もう少しこの街で
ゆっくりできたらよかったなと思った。
夜が本当の見どころで、
ランタンに火が灯るのがきっと美しいと思う。

c0352015_18330382.jpg
東洋のベネチア・・・というべきか。
蒸し暑い中、川を抜ける風が心地よかった。

c0352015_18305883.jpg
ほんの一瞬、人影がなくなった。
奇跡的に閑散としたように見える街並みが撮れた。


c0352015_18344003.jpg




c0352015_18331968.jpg



c0352015_18321219.jpg


ガイドさんに置いて行かれながらも、
たくさん、たくさん写真を撮った。
だって、このホイアンに行きたくて
ベトナムをリピートしたのだから・・。

ガイドさんとの待ち合わせの時間まで
残り25分。カフェを探す。
絶対に「カフェでまったり」は外せない。
探さなくても、雰囲気のよいカフェ、
アンニュイでレトロなカフェが満載だ!
すぐに見つかった。



c0352015_18335301.jpg
あ~幸せ🎵アイスコーヒー
70000ドン(350円)
主人に言わすと、「高いな~」
観光地価格というけれど、
この景観と雰囲気込みのお値段ですよ。

汗が一瞬だけひいた。
行き交う人々を眺めながら、まったりできた。


c0352015_18304382.jpg
ダナン・ホイアン38℃
この日も、汗だくでした。
**************
まだまだ、旅は続きます。









[PR]
# by pass8515 | 2017-04-24 20:56 | 旅を振り返って | Comments(8)

古都フエ

旅から帰って来ました。
ベトナム南部は、37~8℃の高温多湿。
今朝、関空に降り立つと11℃。
気温差に戸惑いながら、どっさりと洗濯をして
身体を休めて、ようやく落ち着きました。

ブログに向かうと、むくむくと元気が
湧いて来て、よ~し日常に還るぞ🎵という
気持ちです。
しばらく、旅日記が続きますが読んで
いただければ嬉しいです。

*******************
大都市ホーチミンのタンソンニャット空港に
降り立つと、35℃。
喧騒と、熱気と、迷いながらも、国内線
を乗り継いで、ダナンに向かった。

ダナンはベトナムでも人気のビーチリゾート
ダナン空港に降り立つと夕陽が出迎えて
くれた。

初日は乗り継ぎで終わる。
c0352015_19563275.jpg
******************
翌朝、ダナンの街を染める朝日
海に映る朝焼けと川に映る朝焼け。
c0352015_20084722.jpg


この日は、古都フエへ
フランス統治前の王朝の都であったフエ
当時の遺跡があちこちに点在している。
いろいろと行ったが、当時のまま現存していて
一番印象に残ったものをご紹介します。

カイディン帝陵
皇帝カイディン帝のお墓

c0352015_20012840.jpg
圧倒されたのは、内部の装飾である。
中国の陶器と、ガラス瓶の欠片をはめて
タイル・モザイク調にしてあった。
全部、欠片なのです。
c0352015_20011405.jpg
とりわけ、当時珍しかった日本製の
ビール瓶が使われていたことに、
興味を引かれた。
c0352015_20014464.jpg

ガイドさんは、息子と同年代の爽やかな
青年だった。
日本語を学んで7年。日本にはいつか
行ってみたいけど、まだ決めていないらしい。
いつも、外国語を話せる人に接すると
ある種、尊敬の念をいだく。
すごい!すごい!
彼も決して流暢ではないけれどその語彙の量。
こちらが言ったことに対しての切り返し。

こんなことがあった。
車窓に広がる田園風景。
ぼ~っと見ていたら、お米がずいぶん育っている。
稲穂が垂れかかっているものもある。
「もう、お米が出来てるんですね・・」

「ベトナムは二期作なんです」
二期作!わあ~社会科で習ったなあ。
二期作という言葉が、パッと出るなんて・・。
「もうすぐ刈り取り、また田植えをします。」
感心してしまった一コマでした。


c0352015_20022735.jpg
***花
プルメリアが、満開で至るところに
咲いていた。
ガイドさんが散った花を差し出してくれた。
いい香りがした。
c0352015_20021161.jpg
c0352015_20015746.jpg
フエの気温37℃
汗をたっぷりかきました。
・・・・・
まだまだ、旅は続きます。


[PR]
# by pass8515 | 2017-04-23 20:26 | 旅を振り返って | Comments(8)

ふたたび

しばらく、旅に出ます。
一昨年の、ベトナムの旅は北部が中心でした。
今回は、中部から南部の街をめぐります。
亜熱帯気候で、夏服と虫よけも準備しました。

*北部・ハノイの中心地*


c0352015_22482278.jpg
以前、ベトナムに行って感じたことは
人々の活力、誠実さ、朗らかさ。
日本人の持っている固定観念が覆されて、
とっても面白かったのです。

もう一度、行ってみたくなりました。
また、帰って来ましたらご報告
いたしますね。

*****************
旅行から帰って来たら、咲き終わっているかもと
お天気がいいうちに、花が元気なうちに
写真をたくさん撮りました。

c0352015_22203453.png

c0352015_22281887.png

c0352015_22202430.jpg

c0352015_22280500.png

c0352015_22201109.jpg
ベトナムではどんな花に出会うでしょう。
どんな人たちに出会うでしょう。

それでわ、行ってきます🎵






[PR]
# by pass8515 | 2017-04-18 12:27 | おでかけ | Comments(10)

はらはらと。

久しぶりにお天気のよい日曜日だった。
ゴールデンウィーク時期の陽気になった。

少しだけ足を伸ばして、瀬戸内の漁港を散策した。
桜の花は少しは残っているのだろうか。
車を止めて歩き出すと、花びらの絨毯。

c0352015_17135300.png
朝の静けさの中、船が出る音、
釣りの用意をする人。
近所の人と立ち話。お散歩する人。
一日の始動、朝の風景だ。
私も、歩き出す。
c0352015_17151930.png
はらはらと、花びらが舞い散った。
その昔、平清盛も詣でたという神社
では、雪のように花びらが積もっていた。

c0352015_17150802.png

c0352015_17301079.jpg
神社で会った人は、またこの掃除が大変です。
雨で、ひっついたら取れなくて・・と言っていた。

舞い散る花びらと、光を浴びて、
しばらく佇んでいた。

c0352015_17145024.png
神社の階段を降りて、海沿いの高台に抜ける。
去年、5月に同じ道を歩いた時にさくらんぼ
に出会った。
今度は、是非に花を見に行こうと思い今日に
なってしまった。
海を見渡す、この辺りと見当をつけて行った
けれど、花も実もなくわからなかった。

よ~く見ると、小さな小さなさくらんぼの
赤ちゃんが・・・。
青空に向かってすくすくと成長していた。
c0352015_17143863.jpg
そして、花は・・・。
すっかりと散ってしまっていたけれど、
遅咲きさんが・・待っていてくれました。
c0352015_17171310.jpg
来年こそ、満開のさくらんぼの花を見に行こう!

春の海のようだけれど、すっかりと
初夏の陽気。汗がじわりと出て来た。
c0352015_17142410.png
c0352015_17155338.jpg
沿道の山々は薄桃色の山桜に代わり、
山つつじの濃い色が映えていた。
季節が一気にすすんだよう。
4月も半分過ぎました。
c0352015_17141394.png
週明け、はりきっていきましょう!



[PR]
# by pass8515 | 2017-04-16 23:37 | おでかけ | Comments(4)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass