461個

昨日の朝日新聞の朝刊「折々のことば」

「弁当が手紙の代わりをつとめてくれた」
           渡辺俊美

ミュージシャンの父と子の2人家族。
息子が高校生になり、渡した金で好きな
ファストフードを買っても育ち盛りだから
もの足りないだろうと、父は毎日弁当を作る
ことに。
(中略)
ちょっとした工夫に息子は気づき、メールで
感想を送る。思いやりの静かな交換。
「重要な3年間だった」と父は言う。

「461個の弁当は、親父と息子の男の
約束」から

c0352015_19011340.jpg
私は、この本をある方のブログで知った。
毎日、ご主人のおべんとうを工夫して
作っておられて、拝見するのが毎日
楽しみである🎵

早速、本を取り寄せて一気に読んだ。
2年ほど前のことである。
男の人が凝ると言えば、とことん凝る所が
恐れ入るなと思ったし、私だって
長年、お弁当を作っていたけれども、
ここまで心がこもっていたかと言えば
反省点ばっかりだなと、思った。

c0352015_19052363.jpg
息子さんへの、悔恨の思いがお弁当に
入魂されて、その父親の姿に、息子が
応える。おべんとうの写真とともに
各地の弁当箱や、調味料や、食材や。
とても楽しい一冊だった。

で、私はと言えば今まで何個のお弁当を
作ったことだろう。461個では足りない。
中・高、2人分。下の息子には大学・社会人
と、ほぼ毎朝作った。
特に後悔するのは、2人の中・高時代である。
義理か厄介だった。冬場は暗いうちの弁当
づくりがただただ、修行だった。
しかし、冷凍食品は使わなかった。
自分でもそこだけは、こだわった。

数だけは、負けてはないけれど、
渡辺さんの品数多い、色とりどりの
お弁当に、後悔することしきりなのだった。

息子が出て行ってから、自分の分だけを
毎日作る。
ほとんどが、前夜の残り物で、写真に
収めるほどでもないので、撮っていない。
自分の弁当のために調理はしない。
卵焼きもわざわざ作らないから卵も余る。

お弁当はやっぱり、食べてくれる人が
いてくれるからこそなのだと痛切に思う。

*今日の私のおべんとう。

ぶり大根、大根の浅漬け、
昆布の煮物、ハリハリ漬け
(大根づくしです。)
c0352015_19211421.jpg
*晩ごはん
ぶり大根、にんじんと塩昆布のオリーブオイル
和え
もずくと新子の酢の物

久しぶりに芋焼酎で。
(宮崎 木挽)

c0352015_19255000.png


主人は、お通夜と告別式で二夜連続‥
一人の晩ごはんだった。

同年代の人との別れは、特につらいものです。


[PR]
Commented by hanamomo08 at 2017-03-28 20:07
こんばんは。
ご主人と二人の暮らしほほえましいです!

お弁当私もいつまで続くやら・・・・。
もう習慣になっているからそれほど大変だとは思いませんが、一旦やめたら億劫なんでしょうね。
毎日だから、あまり頑張らずに作っていますよ

今お弁当を作ってあげたいのは息子かな。
毎日コンビニのおにぎりや、スーパーのお惣菜三昧のようすなんです。
帰省した時しか食べさせてやれないのはちょっと寂しいです。
来たら来たで大変なんですけどね!
渡辺さん、すごいですよね。
くるくる巻くのがお得意でね!あれきれいですね。
このごろ手軽でいいなあ~と思っているのは『ナムル』にんじんでも青菜でもゆでたりレンジにかけたりしておけば、すぐにあえて入れられます。
冷凍の物尽くしで作っている人が多い中、使わなかったのはお見事です!
私は海老シュウマイだけはときたま入れました。(夫がそれなら食べるので)

ご主人、お別れがあったのですね。
健康に気をつけなくてはと思います。
Commented by pass8515 at 2017-03-28 20:51
> hanamomo08さん
こんばんわ。
折々のことばを読んで、この本の事を思い出し嬉しくなりました。
そして、hanamomoさんの毎日のおべんとうを思いました。
お稲荷さんとか、大きなおむすびとか、きっとご主人は毎日お昼を
楽しみにされているでしょうね。
息子さんへも作ってあげたいでしょうね。どうしても、偏りがちで
気になるところですね。作っているときは面倒もありましたが
作っている頃が張り合いがあったんだなと思いました。
(今、痛切に感じています)
いつも、頭の片隅におべんとうの事がありましたものね。

そうそう、渡辺さんのおべんとうはくるくる巻くのがお好きですよね。
曲げわっぱにも、凝っておられましたよね。もう一度、読み返しています。

ナムル。レンジで手軽にできそうですね。すぐに和えられるのがいいです
冷食は、ひところそのまま入れてお昼に解凍っていうのが流行りましたよね。
画期的だとは思いましたが、味気なくって・・かわいそうな気がしました。
いつも、ワンパターンでしたけれど、朝、火を通したものをと心がけました。
文句も、一通り言われましたけどね・・・(笑)

主人のいとこでした。
51歳。闘病4年ほどでした。
まだまだこれから、働き盛りですよね。
Commented by まる at 2017-03-28 22:43 x
ぱすさんのお弁当の話を聞くと、私なんて反省だらけですよ~(>.<)
冷凍食品だってバンバン使いましたもん。
特に息子の高校時代は朝練で朝6時過ぎには家を出るため、早起きして、大会前はお弁当2つ持たせていました。
息子のリクエストで普通のお弁当と、チャーハンのお弁当。
娘は8時頃、ゆっくり出発でしたが、こちらは量は少なめですが色合い可愛いく。
息子は「色合いなんかどうでも良いから、全部茶色で全部焼き肉にしてくれ」なんて言っていましたね。笑
懐かしいな。

もうお弁当を作らなくてよくなって何年もたち、あんな忙しい朝はもう無理ですね。
戻りたいとも思いません。笑
でも大切な良い思い出(*^^*)

ぱすさんは大学、社会人まで息子さんのを作って、もうじゅうぶん過ぎるほどですね。よく頑張ったよ~

そう言えば娘が大学時代、一人暮らしをしている中で、お弁当を作って大学に持って行ってたのを聞いて嬉しかったですね。
そして今、娘は孫の幼稚園のお弁当をよく写真に撮って送ってくれます。
たまにキャラ弁当も頑張っているようです。
そんな写真や話を聞くと、子育てが繋がっている気がして嬉しいです。
Commented by pass8515 at 2017-03-29 18:56
> まるさん
こんばんわ。
まるさんの息子さんのお弁当作りは、量との勝負だったでしょうね。
運動量が、全然違いますものね。
娘さんのお弁当は、可愛いく。それも、楽しいですね。
女の子のおべんとうはそういえば私は作ったことがないのね。
おばさん向けなら、任せとけだけど・・。苦労しそうです(笑)

息子たちの大学の頃から、お弁当を持っていくのがなんか
流行ってきませんでしたか~?
男子の弁当とか、節約のためとか・・・て、うちは親が作ったんだけどね。

いまどきのキャラ弁は、すごく進化しているようですね。
よく思いつくなって、感心します。おべんとうの写真、可愛いでしょうね。

by pass8515 | 2017-03-28 19:29 | 出会い | Comments(4)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass