お墓参り

秋晴れが続く、お彼岸。お墓参りに行きました。

義父母には、それぞれ何人か兄弟がいるけれど、今はもう、仏壇に参ってくれるのは、義母の妹である叔母だけになってしまった。
お供えを何らかの形で、用意してくれている。代が変わるってこういうことなのかなと思う。
c0352015_10312772.jpg


線路沿いに紫苑が咲いていました。
お墓にもお供えしている家が、多かった。
紫苑は、秋の花の中で好きな花です。
c0352015_21345491.jpg


庭の、草もひきたかったけれど、手の都合で勘弁してくださいね。
秋まつりまでには、きれいにしますからね。
c0352015_10314394.jpg

手はまだ、疼き昨夜も寝付けず、1時半ごろまで、音楽などを聞きながら気を紛らわしました。
眠ろうとするとき、指に神経が集中して、余計に痛く感じ、また週明け病院に行ったら痛い思いをするのかと思うと、もう怖ろしくて・・・・・。
つくづく小心者だな~。

で・・・。
気分を変えたかったので、ずっと見たかった「ラ・ラ・ランド」がレンタル出来たので、途中まで見ました。
(また、感想などは全部見た後で・・・・)

そして、音符と星座の刺繍が気に入って、秋物を2着、衝動買いしました。
カーディガンと組み合わせると、いいかなあ~と思って買いました。
c0352015_22063708.jpg

晩ごはん
こんな時は、スライサーが便利!
きゅうりと、にんじんとオクラのサラダ。
ざっくり切った、小松菜の煮びたし。
さばの西京漬け

たまねぎのピクルス・昆布煮
常備菜はこんな時、重宝します。

c0352015_22070739.jpg

明日は、病院の帰りに「暮しの手帖」を買おう!
それを励みに、嫌なことを乗り切ろうと思いました。



[PR]
# by pass8515 | 2017-09-24 22:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

お彼岸

気がつけば、お彼岸。
この時期になると、ちゃんとそれなりに涼しくなるから不思議です。

家の中で靴下を履く。ちょっと長袖を羽織りたくなる。暖かい紅茶を淹れたくなる。
そんなことに、自然と季節の変わり目を感じる。

お昼ごはんの後に、パン屋さんで買ってきたレモンパイをいただく。やかんでお湯を沸かす間に、記念撮影を🎵丁寧に煮詰められたレモンのコンフィチュールの酸味がほどよくとても美味しかった。
c0352015_17080519.jpg

近所の人に「手、どうしたん?」と聞かれた。「不便やろ~。ぱすさんちはちゃんとご主人、手伝ってくれるんやろ~。」と言われ、なんか嬉しかった。そのお宅は、うちは、とても手伝ってはくれないわ。というニュアンスが、込められていたように感じた。

実際、すごく助かっている。水回りのことは、全面おまかせで、食事も焼いて終わり。簡単に切って終わりのもので、我慢してもらっている。
この一週間ほど、実は排水溝(台所・洗面所)など、気にするゆとりがなかった。男の人はそこまでは、なかなか気が回らなくても仕方がない。

今日、久しぶりに洗面所の排水溝をのぞく。ぎょっとした!一週間のほったらかしで、こんなに汚れているのか・・・。歯ブラシとスポンジで掃除した。

買い物に行くと、林檎がたくさん並んでいた。主人が食べたいというけれど、「私、今うまく、剥けないよ。」というと、「皮のままでもいいから・・」
と言う。

そんなに食べたいのならと、2つ買った。
主人は、林檎の皮を剥いたことがないと言う。
この機会に、教えてあげましょう。やってみましょう。

*********************

庭が気になりつつ、今はそっと見てまわるだけ。
ホトトギスがぷちんとした蕾をいっぱいつけていた。

シュウメイギクの蕾も、可愛かった。(うまく、写真で撮れませんでした。残念・・)
c0352015_17082507.jpg
七変化が、まだまだ次から次へと、花をつけていた。
c0352015_17081817.jpg
今日の、テレビ欄を見て今夜、「スマ・ステーション」が最終回と知った。かつて、中学生・高校生の頃の息子たちと週末の夜によく見ていた番組。
二階に上がっていても、なんだかあの時間になるとリビングに降りて来て、牛乳なんか飲みながら見ていたなあ~。

私は、「ツキイチゴロー」が好きだった。稲垣吾郎さんが、チョイスしたおすすめ映画を批評するコーナー。寸評が的を得ていて、とても参考になった。
16年も続いたのですね。ここ数年は、見ていなかったのに、いざ終わると知ると、そんなことを思い出した。


[PR]
# by pass8515 | 2017-09-23 22:04 | 日々の暮らし | Comments(2)

愛子さん

昨夜は、痛みで夜中に目が覚めてしまった。
そのせいで、寝坊して気がつけば8時前。びっくり!

仕事から帰って、病院に行った。傷口を消毒するぐらいかと思って、気楽にしていたら、まだ腫れて、膿も残っているという。

また、押されて、押されて、痛かった。しばらく通ってくださいね・・と言われ、またこんな痛い思いをしなくてはいけないのかと、がくんと来た。

看護師さんも色々で、この前の人は励まし、励まし、激痛に耐える私に言葉を精一杯かけてくれた。「もうちょっと、もうちょっと、頑張って!」
「痛かったね。痛かったね・・は~い、もう少しで終わりますよ」もう、子供みたいだけれど、こう言われると幾分、気持ちも落ち着く。

今日の人は、包帯を外す時も、荒っぽく、手をさっと引っ張る。この前の今日だから、こちらはまた何をされるか、ドキドキするわけである。

今夜は、買ってきたお惣菜で済ませました。
あと、とんかつとミンチかつを、温めて。
c0352015_20060521.jpg

**皆さま、お見舞いのコメントをいただいて、どうもありがとうございます**

*************************
そして、愛子さんです。
寝坊はしてもひよっこは、しっかり見ました。
ひよっこ談義

昨日から、何回「好き、好き、大好き🎵」という言葉を聞いたでしょう。
若い人の恋って、本当にいいものだなあ。
みねこ、おめでとう!・・・。

しかし、そのあとの、愛子さんの告白が、もうたまらなくて久しぶりに泣いてしまった。最近のひよっこは、コメディ路線をひた走っていただけに、今朝は、もう涙が止まらなかった。

「私に、こんな感情が残っていたなんて・・・もう嬉しくって」

絶望・悲しみ・孤独感・・・いろんな思いでただひたすら、戦後を一人きりで、生きて来て。だからどんな人をも暖かい陽だまりのように包み込む、愛子さんなのだな。そう思ったら、涙が止まらなかった。

もうすぐそこに、幸せが・・・愛子さん🎵



[PR]
# by pass8515 | 2017-09-22 22:59 | 日々の暮らし | Comments(2)

痛かった!

朝から、秋晴れの一日。
c0352015_20041714.jpg


昨日、小さな小さな手術をした。指先にバイ菌が入ったようで、連休前から皮膚の色が少し変わり疼き始めた。そのうち治るかなぁと、様子を見ていたら、みるみるうちに膿がたまり、ぶくぶくに腫れて来た。

これは、大変!
先生に「うわ~。ちょっと痛いよ~。」と、言われて麻酔をして、押さえて膿を出す。

覚悟はしたけど麻酔注射がまず、激痛!そのあと先生が指先を押す、押す、押す。注射の痛みよりはまだましだけど、なかなか痛い。

「痛ないやろ、痛ないやろ」と、繰り返すけど、そのうち、「押したら、そら痛いですよ!」と言ってしまった。

汗が吹き出て、久しぶりの激痛体験で、放心状態。しばらくベッドで休ませてもらった。

出血もかなりあって、血管がぴくぴく、どくどくして活発になっているのがわかる。またそれが恐ろしかった。

こんな痛い思いはもうたくさん!小さな、小さな手術だけれど、なんかもうくたくたになって、心がぺしゃんとなった。

E.T.
c0352015_20082994.jpg

なぜか、曲がったまま包帯をぐるぐる巻きにされて、病院から帰ったら主人が「E.T.みたいになっとるな~」と、ゲラゲラ笑った。私もほんの少し、心がほぐれた。

痛みと麻酔注射のせいか、すぐに眠たくなって10時前にはもう寝てしまった。


今夜は、玉ねぎだけを炒めて、カレーをどうにか作りました。
c0352015_20040101.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-09-21 12:36 | 日々の暮らし | Comments(14)

嵐が去って・・・

昨夜は、10時ごろまで強風と大雨で、家がガタガタと揺れるほどだった。直撃は、久しぶりのこと。

一人で暮らす、息子たちの事が急に心配になる。
「物干し竿は下して、雨戸は閉めて・・・・」と、一応ラインをしておく。

一人は、しばらくしてから「わかった!」
もう一人は、嵐がおさまった頃に「ありがとう!」と一言づつ、返事が来た。

まあ、私の気は済んだ。


台風一過
写真では、わかりづらいが飛行機が西の方へ飛んでいた。

c0352015_16461386.jpg


秋草花
台風にも耐えた、庭の花を生けた。
気がつけば、犬蓼がそこら中にいっぱい咲いていた。
ホトトギスが、小さなつぼみをつけていた。
c0352015_16495982.jpg


三日分の洗濯をして、掃除をして、主人がマウスを買いに行きたいからと、電気店に一緒に行った。ここ、数か月私のマウスをずっと使っていたらしい。
別にいいのだけれど、「え~。無断で・・・」と冗談っぽく言ったら、「前に、言った!」と返って来た。私は、使っていいよとその時、言ったらしい。すっかりと忘れているものだなと思った。

真っ赤に染まった甲子園の試合を見ながら、ブログを書いている。もう、秒読み態勢です・・。


[PR]
# by pass8515 | 2017-09-18 17:10 | 日々の暮らし | Comments(10)

レバー

午前中は、晴れてもいたのに、だんだん薄暗くなって来て、家が揺れるほど風が強くなって来た。
いよいよ台風が近づいて来た。

やはり昨日のうちに、買い物に出てよかった。しかし、スーパーはものすごい人だった。雨も激しくて、立体駐車場も渋滞していた。
もうすぐ出そうな車の前でハザードつけて待っている車もある。だから、よけいに後ろがつかえる。

ぐるぐると回っているうちに、ちょうど上手い具合にひとつ空いているところを見つけた。それも、カート置き場やエレベーターのすぐ近く、長年このスーパーに通っているのに、こんな好条件の場所があったのか!と、嬉しくなった。ついている。最近、こんな小さな幸運が続いている🎵

食品レジも長蛇の列だった。こんな時、空いたレジに、日頃レジには入らない、男性社員風の人が助っ人でやってくる。こんな場合、少々不慣れな感じが多い中、昨日のその人は非常に手際がよかった。愛想もよかった。

しかし!
私が買った、はまちのお刺身と牛レバーをひとつのビニール袋に入れたのだった。ちょっと!ちょっと!

血の滴るようなレバーと、お刺身を一緒に入れないで!と心の中で叫びながら、会計が終わるや否や、その場でレバーを袋から出した。
嫌味な事は重々承知で、一刻も早く、二つを引き離したかった。

嫌な人。そのレジの男性も思っただろう。次に並んでいる人も思っただろう。しかし、これは許せなかった。


今夜は、主人の大好物。ニラレバ炒め。中華に行ったら必ず頼みます。
久しぶりに家で作った。
c0352015_17290081.jpg


他には、めかぶとピクルス
c0352015_17294177.jpg
台風は、列島を直撃しそうなコースを辿っているので・・
皆さん、どうぞお気をつけて。

[PR]
# by pass8515 | 2017-09-17 17:33 | 日々の暮らし | Comments(6)

ピッコロ

オーケストラの魅力に憑りつかれたあの日以来「久石譲inパリ」の録画を毎日のように見ている。音楽にこれほど夢中になったのは、いつ以来だろう。

若い時、擦りきれるほど聞いたカセットテープ。台詞を覚えるぐらいに何度も見たドラマのように・・。そのうち、冷める熱と自分でも知りながらも、そんなことがあることって幸せ🎵と思う毎日だ。もやっとした一日も、ダイナミックな演奏を聞くと、吹っ飛んでしまう。

なかなか、ぶっ通しで見れる時間が持てず、帰宅してから晩ごはんの用意をして、主人が帰って来るまでのわずかな時間に・・そして、夜更けに・・。
早く主人には、寝に上がってほしかったのもそれ由縁でした。

久石さんの音楽性もさることながら、オーケストラやコーラスのハーモニーが、とても良かった。

何度も見ているうちに、全く別次元の話だけれど、中学の時の吹奏楽部のことを思い出す。様々な楽器で、一つの曲を作り上げていく点では共通している。もう一度、やってみたいな~と思うこともある。

あの頃、私はピッコロという楽器を担当していた。フルートの半分以下ほどの長さの横笛で、決して目立つ楽器ではないけれど、小鳥のさえずりのような、高音のアクセントにはなくてはならないパートだった。部活自体はとても楽しかった。演奏も大好きだった。けど、私はピッコロに関しては、実は不本意だった。吹奏楽やってると言ってもあんまり楽器の事は聞かれたくなかった。

本当は、フルートがしたかった。でも、人気のパートで、ジャンケンで負けて、もう一人の友達とピッコロになった。フルートに決まった友達は皆、自分用のフルートを買い、マイフルート持参で部活に来ていた。うらやましかったけれど、私はピッコロをわざわざ買って貰うという所までは、情熱が持てず、学校のピッコロで3年間通した。

大人になって、様々な演奏場面でピッコロが目に留まる。自分がそうだったように、この人本当にピッコロをしたかったのだろうか・・・と余計はお世話だけど、卑屈な考えが頭に浮かぶ。しかし、だんだんと、どの楽器も、決してなくてはならない存在。どの楽器が欠けたとしても、その曲は成り立たない。というように考えられるようになった。

久石さんが指揮する、今回のオーケストラでもピッコロが随所でアクセントになっていた。たいてい、大柄な男性が手のひらサイズほどの、ピッコロを吹いていて、そのアンバランスさがまたユニークなのだけれど・・・。

そんなことを、考えながら音楽を聴くひと時は、今、私の癒しです。
そして、そこから波及して音楽が良くて、筋をはっきりと覚えていない、ジブリ映画をもう一度見ようと昨夜、久しぶりにDVDをレンタルしに行った。

紅の豚
c0352015_15033988.jpg

もう一つ、「魔女の宅急便」をと思ったら、全部貸出中だった。ジブリってやっぱり永遠に人気ですね。

**********************

「紅の豚」を見てから、買い物に行った。台風への備えと、雨と、三連休とで、ものすごい人だった。

その時の話は、また明日にとっておきます。


私も、たまねぎピクルスを漬けました。ついでに、パプリカ(オランダ産)も・・・・。
c0352015_15040625.jpg

若狭の、笹漬けをいただきました。
小鯛とのどぐろと・・。
c0352015_15042649.jpg





[PR]
# by pass8515 | 2017-09-16 15:16 | 思い出ばなし | Comments(9)

おやすみ

二日ぶりに、青空が見えました。

すっかり、秋の空。
ゴミ捨ての時の6時の空。このあと、みるみるうちに青空になりました。
c0352015_22292122.jpg

聞いてください。

昨夜、主人が「おやすみ」も言わずに、ムス~っとして、二階に上がった。二人暮らしになってから、二度目の険悪なムード。
一度目の、発端など、とうに忘れているけれど、二度目であることは、覚えている。

我が家のテレビのチャンネル権は、主人で、私が見たい番組はたいてい録画をしている。

彼は、晩ごはんを食べてから、この時期は野球を見て、阪神が負けかけていたら、さして見たいと、きっと思っていないような番組に変えて、あっちこっちを、さまよっている。

昨夜も、そんな夜だった。
最初は、鉄道の旅。そして、阪神。三宅裕司の青森の旅。阪神。ニュースウオッチ9。阪神。てな具合だった。巨人と延長戦になったもんだから、内心とっても、気にしながらも、さまよっていた。私は、片付けやお風呂を済ませて、自分の用事を色々しながら、番組をちらちらのぞいた。
このあと、眠たそうな顔をして、少々退屈気味ながらも、「2度目の○○、キューバ編」を見出す。私も、ちらちら見る。

しかし、本当はもういい加減、私が見たい録画した番組を見たい!としびれが切れてきた。眠たいなら、寝てくればいいのに、それほど見たい!と思うものが無ければ、無理に見なくてもいいのに・・・といつも思ってしまう。

「寝ないの?」と言ってみた。「まだ、寝えへん」という。
10時半まで、待とう。しかし、今にも寝そうな顔をして、また新聞を広げて、番組を探そうとしている。

「はあ~寝て来たら?」と私がまたしつこく、言ったものだから、気分を害して新聞をバン!とたたんで、「おやすみ」も言わずにとうとう寝に上がったというわけです。

後味の悪い夜だった。
まあ、私も・・いや、私が悪いのですけれど。

今朝の「おはよう」はお互いに、ちょっととげがあったけれど、何事もなかったようだった。

晩ごはんを作っていたら、窓に夕焼けが映ったので、二階に上がって写真を撮った。網戸越しなので、ぼやけてますが・・。

c0352015_22291244.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2017-09-13 23:04 | 日々の暮らし | Comments(6)

思いやり

夜中は、すごい雨で何度か目が覚めた。そして蒸し暑い。まだまだ片付けられない扇風機を回して、ヒヤッとしたらまた消して、ムッとして来たら、
またつけてを繰り返し朝を迎えた。寝るには、寝たけれど、なんだか疲れた。

ここのところ、昨日も、今日も仕事中、急な発汗に襲われる。ハンカチでぬぐい、そこら辺のもので風を起こして急場をしのぐ。

猛暑の頃は、2台あるエアコンはフル稼働だった。しかし、最近は時々2台のうちの、1台が切ってある。自分がちょっと寒く感じると、エアコンを黙って切る人がいて困る。皆に断りもなく、切る人とは・・・・そうあの人しかいない。

なんか、暑いな~。急な汗に戸惑って後方上を見上げると、エアコン通風孔が閉まっている。暗澹たる気持ちになる。
閉めきった職場は、いくら9月の中旬とは言っても、まだまだムッとする。

今日のこと
一度、切られたエアコンをお昼前に私は点けた。1時間くらいして、彼女が午後から外出するときに、また黙って切って出かけたのだった。残された私たちの事を何と思っているのだろう。自分は今から、その部屋にはいない。暑いも寒いも、関係ないはずなのに、何故切る!今日という今日は、私も頭に来た。

エアコン攻防戦。本格的な戦いはこれからです。

********************

おべんとう

c0352015_20025701.jpg


ブルーベリーと、プルーンをたっぷりと。
c0352015_20074753.jpg








[PR]
# by pass8515 | 2017-09-12 20:08 | 日々の暮らし | Comments(6)

受け継ぐ

早朝、コーヒーを沸かしながら、新聞を取りにいく。今朝の一面は、「桐生 9秒98」

明るいニュース、快挙のニュースで、一面トップを飾ることは、ここ最近ほとんどなく、そんなことが、また嬉しくて、気持ちのよい朝だった。

ニュースで、走りを何度も見たけれど、やっぱり早いな~!「ジェット桐生」というあだ名だったらしいですね・・。うまい!と家族で話をした。

************************
昨日も今日も秋晴れ。午前中は、少しだけ買い物に行った。

いつものカルディで買ったもの。
オレゴン産のブルーベリーソースが気になった。
ヨーグルトにたっぷりとかけよう。
c0352015_21440241.jpg

午後からは、録画していたターシャ・テューダーの森から~ひ孫たちの夏日記~を見た。あの輝きの庭は孫やその子たちに引き継がれ、季節の花でまた彩られていた。7歳のひ孫の女の子は、ターシャとは、入れ替わりのように生まれてきたけれど、しっかりとその遺伝子を受け継いでいた。
ターシャが育てた花たちの子孫が、友人の種苗店で、販売されているなんて・・・。すごいことだな~と思った。
私も、欲しいわ。

**********************

息子が高知に行ったお土産を持って、昨夜帰って来た。
土佐日記(お菓子は土左日記となっています)
c0352015_21445280.jpg

本の見開きのような箱が特徴的な、土佐日記
どうもありがとう
c0352015_21443908.jpg
晩ごはん
今夜は、しめ鯖だから冷酒を。
c0352015_21441455.jpg





[PR]
# by pass8515 | 2017-09-10 22:08 | 日々の暮らし | Comments(6)

花のあいさつ

昨日から、秋晴れが続いている。晴れわたる青空と、カラッとした空気。ますます、秋らしくなってきた。

雨降りで、この前の休日にできなかった、庭のそうじをした。特に変わり映えのしない庭。まだ秋の花も本格的ではなく、じっくりためてためて・・・
咲いてくれるであろうと、期待している。


ただ、水引きだけは勢いよく、伸びていた。先週見た時よりも、明らかに威勢よく、四方八方に伸びていた。赤い、プチプチした花もたくさんついていて、もっとこれから赤くなるのだろうか・・・・。
c0352015_10110916.jpg


この水引きは、去年散歩をしていた時に、いただいたもの。「水引き、きれいですね~」と声をかけたら、そのお宅の人がお豆腐のパックを持って来て
そのなかに、小さな苗を、いくらか入れてくださった。とっても嬉しくて、今年の秋が待ち遠しかった。

~たくさん、咲きましたよ🎵ありがとうございます。~

半日陰がいいと、その方から言われた通りに、紫陽花の陰、ラベンダーの陰に植えてみると、たくさん芽が出て見事に開花した。

また、違う散歩のとき。たくさんの花畑のお花を抱えきれないほどいただいたこともある。全然知らない人だけど、畑の主がおられたら、あまりの美しさに、自然と声をかけてしまう。「持って帰って、持って帰って🎵切ってあげますよ~」こちらが恐縮するほどに、持たせてくれた。

しかし、こんな時、ある言葉がふっと頭をよぎる。
ずいぶん前のこと、あるご近所さんが、あるご近所さんの事を「あの人は、物欲しそうに、庭の花をきれいやな~という・・・・」
と、違うあるご近所さんから「また聞き」したことがある。

何も、欲しくて言ってるのではないと思う。自然発生的に、ほんのご挨拶のつもりで、言っていることだと思うけれど、そんな風に取る人は取るのだなと思った。恐ろしいなあと思った。花をきれいというのも考えなくてはならないのか・・・。と身構えてしまった。

花や種のやりとりって、素敵なことだと思うのだけれど。

今、ふうせんかずらのことをほめてくれる人が、もしあれば「ふうせんあげるよ~。中に可愛い種が入っているよ~🎵」と言いたいくらいだけれど、日中は誰にも会いません。

**************************

小葉のランタナと千日紅
c0352015_10104297.jpg



c0352015_10105243.jpg


昨夜の晩ごはん
初物の二十世紀梨をいただきました。

c0352015_10112837.jpg



昨夜、このドラマを見ていたら、緊急地震速報が入った。一瞬、身構えたが、遠い秋田で震度5強の揺れだった。先月、訪れたばかりの秋田。
ブログのお友達の事も、さっと浮かんだ。
それほどの大事にも、至らずに本当に良かったと思った。

中断したドラマは、また来週、仕切り直しのようです。




[PR]
# by pass8515 | 2017-09-09 10:53 | 日々の暮らし | Comments(4)

秋雨の休日

昨夜は、早めに後片付けをして、お風呂に入って久石譲inパリを観た。かつて、幼い子供たちと見たジブリ映画の数々。映像ととも流れる音楽、パリで開かれたコンサートの模様を、ソファに腰かけて、ステレオに切り替えて、鑑賞した。

オーケストラにめったに、触れる機会などない私にとって、極上のひとときだった。

意外にも、海外でのコンサートは初めてらしく、初めての地にパリが選ばれたことに、納得できるほど、良質の音楽と一流のオーケストラと、観衆のまなざしと。すっかり、ひきこまれてしまった。

子供たちと映画館で観た「もののけ姫」
少々、哲学的で小学生のあの子たちには難解だっただろうか(私にとっては難しかったから・・(笑))と危惧したけれど、今でも一番良かったと息子などは言う。

この曲はどこかにスイッチがあるのだろうか。「天空の城ラピュタ」の「君をのせて」を聞くと、いつだって、涙があふれる。フランスの少女たちが日本語で歌い上げるあの曲にまたしても、やられてしまう。涙が止まらなかった・・。

地球はまわる。君をのせて。
~同じ地球にのかっている仲間なのに、なぜ争い事が絶えないのでしょうか。というメッセージだと私は思うから。涙が出るのかな。

「紅の豚」のおしゃれなこと。「ポニョ」はフランス語にぴったり!であるということ。

「となりのトトロ」私たち親子が初めて触れた作品だった。「さんぽ」は演奏のないフランスの楽団の人が口ずさんでいた。それほど、定着した誰もが歌える歌なのかと思った。

これは、永久保存版だな🎵
ワインでも飲みながら、力ない時にまた見よう。音楽の力はすごいと、また再認識したのでした。

************************

つくおき
c0352015_18391955.jpg



秋雨も三日目。今日は、小雨程度かなと思ったら、一番強く降り続いた。

昨日掲げた、休日にすることは、庭の草ひきとパン屋さんが雨のために断念。傘要らずのショッピングモールに買い物に行った。

群馬産のパプリカは初めて!

c0352015_18390193.jpg
そして、午後から10年ほど前に録画した大好きな映画、「リトル・ミス・サンシャイン」を観た。

何度、観たことだろう。ロードムービーの真骨頂!家族とは、結局こういうことなのだろうな。最終的には最大の味方なのです。


昨夜の余韻に浸りながら、「久石譲inパリ」の録画を見て、雨の休日はとても、有意義でした。


晩ごはん
c0352015_18385155.jpg







[PR]
# by pass8515 | 2017-09-07 18:47 | 出会い | Comments(6)

クヨクヨしない主義

昨夜は、11時前に床についたが、ふと目が覚めて胃が痛くて、そのあとなかなか寝つけなかった。暗闇、胃痛、孤独感、またまた悪い方へと負の方向へと、思考をめぐらせる。

だめだめ!

「アラハン」の方々の本を手に取る機会が最近増えた。なんだか引き付けられるものがある。一番最近に読んだ、料理家・桧山タミさんの本で「クヨクヨしない主義」という言葉が心に残った。クヨクヨしないで!何気ない、シンプルな言葉だけれど、そう、私は何事においてもかなりクヨクヨする。

人に言われたこと、失敗したこと、後悔したこと、そんな過ぎたことをいつまでも、クヨクヨ考えたって仕方がないのに・・・・・。
積もりに積もってしんどくなって来た。

雑巾がけでもして、からだを動かして、くたびれたら寝たらよかよ。と、若い人に相談されると言うのよ。とタミさん。それでもぐずぐず言うわからんちんは知りません!(タミさんは九州の人)

これだ!これなんだな!

過ぎたことだけではなく、これから先のこと、子供たちのこと、健康のこと・・・・・・。考えだしたらキリがない。カラッと考えよう。あっさりと考えよう。なるようにしかならないから・・・。とこの夏は、この言葉で乗り切りました。

「クヨクヨしない!・・・主義」

*********************

明日は休日。日頃できないことをやろうと、メモに書こうと思う。それを一部ご紹介。

*朝、涼しいうちに草ひき
*ひよっこ見てから、掃除を丁寧に
*パンがないので、久々にパン屋さんに行こう。
*PC内の写真の整理
*昔、何度も見た好きな映画をまた見よう。

こんな感じで、一日はあっという間に過ぎるでしょう。

**************************
おべんとう
c0352015_18455723.jpg










[PR]
# by pass8515 | 2017-09-06 18:56 | 日々の暮らし | Comments(4)

yogurt

久しぶりに、雨が降る。秋らしい静かな雨。これで、また涼しくなるのかな。

カスピ海ヨーグルトの種菌をもらった。少しだけ容器に移して、牛乳を入れるとどんどん増える。とろりと粘り気がトルコアイスみたい!
c0352015_21171054.jpg


発酵食品を何かしら摂る事を心がける。豆類と昆布も、毎日どこかで。免疫力アップと、血流促進を。
c0352015_21172139.jpg



夏の疲れが出るころだけれど、食欲だけは失せることがありません。もう最後のゴーヤかな。
c0352015_21193926.jpg

今夜の「イッピン」は丹波焼でした。秋深まる頃、山間の窯元にまた、行きたくなりました。

***********************

青森で買ってきた「山ぶどう羊かん」
今日は少し蒸し暑かったので水出しのお茶でいただきました。
c0352015_21180538.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-09-05 18:06 | 日々の暮らし | Comments(8)

木のスプーン

毎日、使うもの。使い勝手がよいもの。手に取るたびに、気持ちが安らぐもの。そんなものに、時々出会うと、とても満ち足りた気持ちになる。去年であった木のスプーンは、そんな身の回り品のひとつだった。サラダの取り分けに、食材を混ぜるとき、豆をすくうとき、ヨーグルトを食べるとき。

c0352015_16514472.jpg
毎日、毎日重宝している、木のスプーンは去年こちらで求めたもの。また、欲しいなあとずっと思っていたら、ネットで同じギャラリーで展示会があると知り、初日にお邪魔した。

木の用具に囲まれながら、やはり気になったのは木のスプーン。栗、樫、山桜、ホウの木・・・。手触り、持ちやすさ、口に含んだ時の滑らかさ、いろんなことが頭に渦巻いて、作家さんにも、相談して、一緒に選んでもらった。持ち手が山型になっているのが、ひとつの特徴で、おもて側と裏側にあるのも、それぞれに使いやすさがあることを教えてもらった。


迷って、迷って、連れて帰ったスプーンたち。
c0352015_16512967.jpg

一番上から、樫の木(黒)、樫の木(去年買ったもの)、山桜、栗の木
さあ、今日はどれにしようかな🎵ささやかな楽しみが週明けから待っている🎵

**********************
アイスコーヒーで一服した。
c0352015_16364506.jpg

椅子の横に「美の壺」の単行本がびっちり!興味惹かれるものを手に取って、時を過ごした。
c0352015_16364920.jpg


星耕硝子のグラスたちにも、うっとり。(暗くて、スマホの写真で、画像がはっきりしませんでした。)
c0352015_16365607.jpg


ほんの少し、暑さが落ち着くと、出かけたくなるものだなあ、小さな暮らしのささやかな事を、見直せるものだなあと思った。

そんな、初秋の休日だった。


*************************

晩ごはん
サーモンのたたき、さんまのお刺身、もずく、サラダ(アスパラ・トマト・きゅうり・太陽プラム・カマンベールチーズ)
c0352015_16515639.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-09-03 20:36 | 出会い | Comments(6)

久しぶりに庭へ。

約1か月ぶりに、庭に出た。水やりだけに、ちょこちょこっと通りかかったことはあるけれど、草も、咲き終わった花がらも見て見ぬふり。暑さがおさまるのを待っていた。

朝、6時半。私同様、夏にくたびれた花たちと対面する。今年も、バッタが大発生!あじさいも、ミントも、ノウゼンカズラも葉っぱは穴だらけになっていた。秋の気配は・・・?と、期待して、探したけれど、夏の名残の千日紅と、フウセンカズラがまだまだ勢いよく咲いていた。

c0352015_17262627.jpg



こぼれ種からの、フウセンカズラ。添え木を立てる暇もなく、地を這い、どくだみに交じって、いっぱい風船をつけていた。この植物は、強いし、虫がつかないし、花も風船も可愛いし・・・とても地味ではあるけれど、私にとっては、希望をくれる(私でも種から育てられる!)存在なのだ。
c0352015_17304932.jpg

黄色い薔薇も、ひっそりと猛暑の中、たくさん咲いてくれていた。部屋からちゃんと見ていたよ。
c0352015_17321879.jpg

そして、秋の雰囲気を唯一、わずかに醸し出している水引きを見つけた。
c0352015_17352125.jpg


水引きは、先月の旅で訪れた青森の奥入瀬で群生していた。苔と、シダと、水引きと・・・。芳醇な水を蓄えて、イキイキとしていた。そんな光景をまた思い出した。今夜のこの奥入瀬・十和田湖の番組が楽しみです。


[PR]
# by pass8515 | 2017-09-02 17:48 | | Comments(0)

涼しい……♪

朝から、「涼しい~」「これだけ涼しいと、楽やなあ」と、私は連発している。朝、窓を開けると、すぅ~とした風が入って来て、床も冷たい。自転車をこぐサンダルの素足が、ひんやりする。とんでもなく暑かったこの夏。秋の気配を肌で感じる事が、大袈裟だけど、いちいち幸せ。
c0352015_22173738.jpg

近くに住む人と、話をしたら「まあ~今まで、何回も夏したけれど、今年が一番きつい気ぃがしたわ~」と言っていた。「夏した」という表現がとても良くって、なんかわかるわ~。乗り切った。乗り越えたという思いがずんずん伝わって来た。

今日から、9月。だんだんカレンダーが痩せてくる。めくるとランプが出て来た!また、夏の旅を思い返した。
c0352015_22165250.jpg

猛暑に耐えた風船が、しわしわになって来て、中からまたハートの種が現れた。
c0352015_22172205.jpg

気持ちよい夜風の中、今夜は久しぶりに友人と会った。お互いの、夏の出来事を報告し合い、また頑張りましょう!と別れた。

特に、ファンでもないけれど、へえ~というビッグカップルのニュースに、友人とびっくりした。そうなんですね~。そうだったんですね~。友人によると、噂はあったらしい。私は、その噂すらも知らなかった。だから、余計にびっくりした。



[PR]
# by pass8515 | 2017-09-01 22:06 | 日々の暮らし | Comments(0)

夏の終わりに

猛暑が続いた毎日も、昨日あたりから、夕方が違うなあと感じました。夕方、二階に上がると畳がひんやりとしている。あの嫌な、夕暮れ時の蒸れた感じがない。さすがにもう、9月です。

ようやく暑い、暑い夏から解放されるのかな。


c0352015_18521294.jpg



最近、私はすごく汗をかきます。
この夏はその症状を、ようやく実感しました。友人たちが、口々に言っていた、ひどい汗。遅ればせながら私も、実感しています。

エアコンがよく効いているのに、何分おきかに、暑くなって額に汗がにじんでます。ふぅ~ともなります。今、家にいてブログを書いてるこの時は、落ち着いています。

皆さんはいかがでしたか?


*************

ひよっこ談義

昨日の放送での、お米屋さんでの言い争いはまあ、さておき。お米屋さんで販売しているオイッシーに、とても懐かしさを感じました。

プラッシーという名のジュースを幼い頃、お米と一緒に配達してもらっていました。

日曜日と、親戚の誰かが来た時だけ許されたプラッシー!
ささやかな、贅沢。ジュースの箱を置いている小屋から、ジュースを取って来るのが、何とも言えず、嬉しかった事を思い出しました。


最近、主人も一緒に麦酒を飲むことが多くなりました。麦酒はやっぱり多少高くとも、美味しい方がいい!と。(主人は発泡酒は飲みません)
そんなことで、やっぱりエビスかな~と、いつもより大きな缶を開けました。
c0352015_18534521.jpg



おべんとう
c0352015_18574858.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-08-31 19:42 | Comments(8)

本の注文

書店のない自治体が、増えているという記事を先日目にした。兵庫県は2つの自治体に書店がない(全体の4%)多いのか、少ないのかわからないけれど、存続していたとしても、経営はなかなか厳しいと想像できる。

こういう事態になったのは、やはりネット注文。私も時々ネットで注文する一人なので、身につまされてしまった。

街の書店。
我が家の近くに2つあるにもかかわらず、ついついネットで注文してしまう。
すぐにでも欲しい。あるのかないのかわからないのに、探しに行く手間と時間を考えてしまう。

しかし!
ネット注文で私はミスをした。
同じ本が2冊送られて来たのだ。数量「2」となっていたのに、気が付き「1」と直したはずが、直ってなかった。最終チェックの甘さ!痛恨のミスだ!

返品・返金手続きを取ったけれど、あれから一か月。いまだ、返金されていない。近くの書店で買っていたら、取り寄せてもらっていたら、こんな無駄なお金を使わずに済んだのに・・・・・。

便利さだけを追求したら、こういうこともあるという、教訓だった。

**************************

夏のおもいでを時々振り返りながら、秋の訪れを待ち焦がれながら、もう8月も終わりです。
田沢湖
c0352015_21380680.jpg
八幡平で出会った花
c0352015_21382434.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-08-30 19:04 | 日々の暮らし | Comments(4)

涼しくなったら

涼しくなったら会おうね。
今、友人たちと交わされている合言葉のような挨拶。週末に、ご無沙汰している友人たちにメールを打った。

それぞれに、仕事を持つ友人たち。私同様、いや私以上にお盆も土日もない(私はまだある方)いつもと変わらぬ毎日であるだろうなと想像はできるけれど、夜もまだまだ暑いので、会おうとはお互い言えずにいることは心得ている。

いろいろあったよ~と、ひとりの友人。
9月のシフトが決まったら連絡するね~とまたひとりの友人。

この夏、LINEデビューしたまたひとりの友人は、LINEが楽しくてたまらないらしく、13の吹き出しをいっぺんに送って近況報告してくれた。今までで最高記録!彼女らしさに大笑いした夏の夜だった。

さて、私は楽しかった夏の旅のあれこれを聞いてもらおうかしら。

お気に入りの写真
(鶴の湯のストーブ
c0352015_22010892.jpg


オリーブオイルが復活!
以前、母が日野原先生が言うてはった・・・とちょっと値の張るオリーブオイルを送ってくれたことがあった。
オリーブオイルが、とても体にいいらしい。ヨーグルトに、冷ややっこに、なんでもかけるといいよ。と教えてくれた。
しばらく、私も実践していたけれど、そのうちその習慣も遠ざかり、パスタや魚を焼くときに使うにとどまっていた。
c0352015_17001653.jpg

最新「クロワッサン」で見た腸のこと。
オリーブオイルを納豆にかけるといいという文章が目に飛び込み、早速実践しています。

****************
晩ごはん

なすと胡瓜と冷しゃぶ豚
かぼちゃと大豆とゴーヤサラダ
山椒昆布ちりめん(自家製)

c0352015_18593080.jpg

c0352015_21123991.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2017-08-29 21:50 | 日々の暮らし | Comments(0)

晩夏

週末辺りから、ようやく猛暑も落ち着いた。自転車の帰り道の風が違う。日暮れの光が違う。

晩夏
この時期に、思い出す歌がある。自転車こぎなから自然とハミングしてます!

荒井由実の晩夏~ひとりの季節~


ゆく夏に 名残る暑さは
夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭
秋風の心細さはコスモス

何もか捨てたい恋があったのに
不安な夢があったのに
いつかしら 時のどこかへ置き去り

空色は水色に 茜は紅に
やがて来る淋しい季節が恋人なの

~中略

藍色は群青に 薄暮は紫に
ふるさとは深いしじまに輝きだす
輝きだす

メロディーもさることながら、詩も叙情あふれる秀作だと思う。

葉鶏頭、薄暮。
この歌で知った言葉もありました。

確か、ドラマの主題歌だったなぁと遠い記憶にあり、調べてみると、山田太一脚本、竹下景子主演の銀河テレビ小説ふるさとシリーズ「夏の故郷 」でした。

1976年の8月放送

中学生の私はどんな気持ちでこのドラマを見ていたのだろう。ドラマの筋は全く忘れているけど、40年経っても音楽はちゃんと心に刻まれている。

音楽の力をまた思った。

*********************

*晩ごはん
サーモンのバジルソース焼き、ししとうの甘辛焼き、大豆・胡瓜・ゴーヤのサラダ
c0352015_21391270.jpg


いちじくは、白ワインと相性バッチリ!
c0352015_21392463.jpg

****************************
おべんとう
c0352015_18563110.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2017-08-28 21:52 | 日々の暮らし | Comments(4)

ソファー

新しいソファーが来ました。
c0352015_16591900.jpg

古くなった、ソファーを処分してから数年間、ソファーなしの暮らしでした。なかったら、なかったで・・・まあいいかと。でも座ることの体に対する大切さが身に沁みて来たので、また我が家にやってきました。
しかし、予想通り、主人が独占!(笑)

昨日の買い物の続きです。
ちりめん雑魚、めかぶ、納豆、豆腐、いわしの甘露煮、三角あげ、
あと、豚しゃぶ肉と、サーモン、そして奮発してうなぎを!(昨夜、美味しくいただきました)
これで、夫婦二人一週間分。
c0352015_16594526.jpg

初めてのワインを買ってみました。
どちらもイタリアの白ワインを。
最近、カルディでよく「どんなワインがいいですか?人に贈りたいのですが・・・・」と店の人に尋ねている人に遭遇します。私も、聞き耳を立てて、その人が薦めたワインを、買ってみます。なかなかよろしいんですよ🎵
c0352015_17001653.jpg

東北の旅で買ったお菓子をいろいろ。週末の楽しみで少しづついただいています。

八幡平の山頂レストハウスで、買った林檎ようかん
c0352015_16590847.jpg


ラグノオささきのパティシエのりんごスティック
冷すとまた美味しい🎵
c0352015_16593061.jpg
ラグノオって、酪農のことなんだなあ~って、気がつきました。

今日は、カラッとしてずいぶんしのぎやすくなりました。お昼もエアコンなしで過ごせました。


[PR]
# by pass8515 | 2017-08-27 21:56 | 日々の暮らし | Comments(4)

残暑の休日

8月最後の週末は、夜中に降った雨のせいか少しだけ涼しくなった。本当に少しだけ。庭の草が、気になっていたので、早朝からはりきろうと思ったけど、また汗をかくなあと思ったら、気も失せてしまった。

別に、絶対やらなければいけないという事もないし、9月になったら庭に出よう!


今日やりたかったことは、明日新しいソファーが来るので部屋のかたづけと本棚の整理を・・・・。
c0352015_16252226.jpg


そして、一週間分の買い物へ。
野菜が高騰!かと思ったら、生産者直送の野菜はいつも通りに安かった。ふぞろいのきゅうりや、なすも、あったけれど、そろそろ夏野菜も終わりかな。
c0352015_16271747.jpg


地元ブランドの太子いちぢく
前日摘み取り&少々、訳ありで、まあまあお手頃価格だった。
c0352015_16263889.jpg

**********************
「おんな城主・直虎」
ブログのお友達のところで、教えていただいた20日夜の大河ドラマ「おんな城主・直虎」の再放送を午後から観た。敬愛するライター・島崎今日子さんもコラムで絶賛されていたので、必ず観ようと思っていた。

小野政次という人は、いったいいくつの顔を持っているのだろう。父から小野家を託された時、今川に忠誠を誓う時、亡弟嫁とともに過ごす時、そして
直虎と囲碁を打つ時。謀り、謀られ、欺き、欺かれ。とても複雑に糸が絡まり合って、時々、見ている方も、何が本意かわからなくなる。
それだけに、「辞世の句」には、ぐっとくるものがあった。直虎と碁盤を囲むそのひと時が、唯一心安らぐ時だったのだなと。

最期は衝撃的だった。この場面は、見た人の心にずっと焼き付くだろう。

しかし、腹が立つのは家康だった。
文のやりとりだけで期待を持たせて結局、見捨てた。

それだけに、徳川家と井伊家の関わりがこれから生きてくるのでしょうか・・・。

新緑の頃に、友人と彦根城に上がったことを思い出す。あの彦根城が出てくるのは、いったいいつなのだろう・・・と期待しながらまた見ようと思う。


[PR]
# by pass8515 | 2017-08-26 16:54 | 日々の暮らし | Comments(4)

一雨くれば

昨日も、今日も夕方の空がだんだん黒くなって来たのに、一滴も降らなかった。少しざ~っとくれば、ずいぶんと違うだろうに。

今朝の6時台はまだいくらか涼しかった。ほんの少しだけ、秋めいて来たかな?と感じた。雲も、ほんの少し秋を思わせた。
c0352015_18480009.jpg

帰宅すると、郵便受けにタオルが入っていた。ご近所さんのリフォームのご挨拶のようで、工務店がやって来た様子。以前に、ブログのお友達のところでも話題になっていたのだが、いつの頃からか、この形式が定着したようだ。いつの頃からだろう、施主さんが直にあいさつに来なくなったのは・・・・。
いつも、違和感をいだいて、不思議に思うのである。・・・・・何かおかしい。

*******************
高校野球の決勝戦。
職場でも話題になっていて、テレビ見ながら仕事したいな~なんて皆、言っていた。私もそして、職場の大半の人が応援していた広陵は、残念だった。
高校野球が終わるとともに、夏がゆく。何故かさみしい気持ちにもなったものだけれども、今年の夏は本当に暑い!まだ終わる気がしない。

*おべんとう
最近、主人が自分用のふりかけを買って来て、ご飯のときにふりかけるのです。おかずはたくさんあるのに・・・お漬物もあるのに・・・。
そのふりかけをちょっと拝借。今日の私のおべんとうにふりかけました。
c0352015_18565916.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-08-23 20:40 | 日々の暮らし | Comments(4)

おみやげ

Oー157は怖いなあと、改めて思った。臓器をことごとく破壊する菌だと、ニュースで伝えていて、心配になったので気をつけるべきことを息子にLINEした。「生肉と野菜は分けて切ってな。まな板は一度洗ってください。加熱したら、大丈夫!」そうしたら「了解」とだけ返って来た。

三角コーナーを撤去しました。
c0352015_22225290.jpg

あのスペースが空いただけで、シンク全体が広々した感じがした。野菜を切る時だけ、袋を置いて、今のところ不便は特に感じてない。こういう袋がすぐにたまって来るので、利用価値も上がって良かったなと思う。

私が東北へ旅をしていた同じ時期に、北海道へ行った人からおみやげをもらった。小樽の「北一硝子」の醤油差し。キラキラと輝いて、お醤油を入れるのがもったいないくらい。
また一生ものが増えました。どうもありがとう🎵
c0352015_22220447.jpg

*晩ごはん
チーズソーセージ、野菜と大豆のサラダ、もやしのナムル

北海道の生ワイン・ロゼがとても美味しかった。
ごちそうさまでした🎵
c0352015_22223129.jpg

*おべんとう
週明けから、曲げわっぱのおべんとうを持っていく。
昨夜の残り物のおかずでも、何かが違うのです。
c0352015_22221876.jpg
おべんとうを開けるのが、にわかに楽しくなった。

[PR]
# by pass8515 | 2017-08-22 22:50 | 日々の暮らし | Comments(4)

秘湯

秘湯には、混浴露天風呂というものがつきものである・・・。ということを、知ったのはここ10年くらいの事だった。最初は、とても驚いた!このテクノロジーの現代で、こんな世界があるのか~。

恥ずかしい、勇気が要る。そんな思いもありながら、でもいい温泉に浸かりたい!という欲望もあり、そのあたりの葛藤もまた、面白いと言えば面白い。
c0352015_23300714.jpg

温泉によって、バスタオル着用可のところと、不可のところがある。しかし、それぞれに、女性も気軽に楽しんでもらえるようにという配慮が、なされているように感じる。

この東北の旅で、岩手県藤七温泉(八幡平への記事に掲出済)は、必ずバスタオルを巻いてくださいというルールがあった。わざわざ私は売店にバスタオルを買いに行って、山肌に掘られた白濁の温泉に浸かって満喫したのだった。

次の日に訪れた、乳頭温泉・鶴の湯は、バスタオル不可だった。あ~、私は何度も旅番組で見たあの有名な露天風呂には入れないのか~。といったんは、諦めた。
c0352015_23294881.jpg
温泉成分を保ちたいから、禁止せざるを得ないのですよ~と料金を払う時に、鶴の湯の人が申し訳なさそうに言ってくれたが、「中の湯から、水路になっていて露天風呂へつながっています。肩まで浸かったら、白く濁ったお湯だから全然大丈夫ですよ~🎵」と教えてくれた。

あ~あのパターンだ!混浴初体験の別府・明礬温泉での、肩まで浸かると、全然見えない。あのパターンだ!
c0352015_23313707.jpg


すると、後ろに並んでいた人が、「私、混浴ってまったく初めてなんです・・・。一緒に、行ってもらっていいですか?」と声をかけて来た。
行きましょう!行きましょう!
こんな時の女性同士って、ものすごい同志感というか、連帯感というか。とっても強い、絆で結ばれたような気がする。
c0352015_23305121.jpg

青森にお墓参りに行った帰りだと言うその女性と世間話をしながらまずは、中の湯に浸かった。私とほとんど同年代の人だった。ここは女性ばっかりだから、気が抜けるエリアだ。一呼吸おいて、「さあ、行きましょか~」「行きましょう~」

ジャングルの探検隊みたいに、身を潜めて、体を沈めて、水路を伝って、大きな中央のあの有名な露天風呂まで、行く。大冒険だった。
20人くらい老若様々な男性、奥までびっちりだった。その中に、主人を見つけた。柱にもたれて、とても気持ちよさそうだった。女性は先客一人、そして、私ら二人。ぬるめの白いお湯に浸かった。しばらく、無言で浸かった。どちらからともなく、「戻りましょか~」「そうしましょうか~」と、安心エリアの中の湯に戻った。
c0352015_23310229.jpg

「ついて行かせてもらって、どうもありがとうございました。ごめんなさいね~」と、丁寧にお礼を言ってくれた。気がつけば、一緒に3つのお湯をまわっていて、私はちょっとのぼせて来たので、4つ目のお湯にもチャレンジするという彼女とそこで別れた。緊張もするけれど、やっぱり、楽しかった~。

************************

田沢湖で見た、天然記念物の秋田犬
c0352015_23320938.jpg

お漬物を、いろいろ買いました。
秋田のいぶりがっこ
岩手の金婚漬
あんずの紫蘇漬け
c0352015_23322198.jpg






[PR]
# by pass8515 | 2017-08-20 18:10 | 旅先にて | Comments(6)

lamp

お盆が過ぎて、ほんの少し朝晩がしのぎやすくなった。でもお昼は33℃・・・。残暑が厳しい。午後からはエアコンをつけて過ごす。

青森で宿泊した「青荷温泉ランプの宿」は実は、第一候補ではなかった。
c0352015_21541571.jpg

十和田湖畔宿泊を希望したけれど、キャンセル待ちの状態で、「ランプの宿」も有名だし、いいなあと思ったけれど、とにかく山奥、灯りはランプだけ、テレビなし、携帯電話圏外、トイレ・洗面所共同。せっかくの旅行なのに、そういうサバイバル生活(想像)ってどうなのかと不安にもなった。口コミを見ると、夜間はかばんの中をさぐるのも困難になるぐらい暗いということ。

c0352015_21432272.jpg

結局、ぎりぎりまでわずかな、期待もあったけれど十和田湖畔のホテルはキャンセルが出ず、「ランプの宿」に泊まることにになった。
どこまで行くのかというぐらいの、山奥だった。途中、青森弁(津軽弁?)の看板が随所に立てかけられて、「もうすぐだ!」「がんばれ!」の意味だろうと解釈して、車内は笑いも出て、とてもリラックスできた。

お風呂に入って、大広間でランプの下で、食事をした。日がだんだん暮れて来て、ずいぶんと暗くなって来た。
私のカメラではもう限界!(上の写真と同じ場所)
c0352015_21482536.jpg

まだ行っていない、別のお風呂に行ってみたり、売店をのぞいたり・・・。そのうち、廊下を歩く人がめっきり減って、宿全体が静寂に包まれて来た。まだ、9時。でもこの宿ではもう寝る時間のような空気が漂っていた。川のせせらぎと、虫の声と、ランプの火が燃えるチリチリという音だけ・・・。
夜、窓を閉めても、肌寒いくらいだった。

知らぬ間に眠っていた。
c0352015_21532806.jpg

ランプをこの際、撮っておこうといっぱい撮った。でも、意外にランプを撮るのって難しいものだなと思った。バランスと背景。
c0352015_21524963.jpg

c0352015_21533915.jpg
これらのランプを管理するランプ小屋。毎日、ここから宿中のランプを運ぶらしいです。
c0352015_21535249.jpg
夜明けとともに、目が覚めて、清々しい朝だった。
結果的に、この「ランプの宿」で、良かったな~と思った。
c0352015_22381104.jpg


c0352015_21525956.jpg
***************************

ようやく、旅の荷物を片付けた。角館で求めた、おべんとう箱とお箸も洗って干した。
c0352015_22270025.jpg
それぞれ、きれいな箱に入っていた。
c0352015_22271926.jpg
山ぶどうのゼリー羊かん「さなづら」
甘酢っぱくて、とても美味しかった。
一つ一つにピックがついていて、八等分に切り分けて、味わっている。
c0352015_22273014.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2017-08-19 22:40 | 旅先にて | Comments(10)

角館へ

盛岡・つなぎ温泉を出る頃は、小雨がぱらぱらしていたが、秋田へ向かうにつれて、だんだん明るくなって来て、長いトンネルを抜けると、明るい日差しが降り注いだ。
緑の深い森と、谷間を見下ろして、かなり高いところを走っているのだなあと思う。

この旅で私が一番行きたかった角館が、旅の締めくくり。

その前に、乳頭温泉に行った。
何度も旅番組で見た鶴の湯の入り口。
c0352015_19021214.jpg

関所のようだとずっと思っていて旅籠のような宿泊エリアの前を通って、立ち寄り湯を。さすがの人気の温泉で気がつけば、10時からの入浴時間めがけた人たちの長蛇の列が出来ていた。
その一番先頭にいた私だった(笑)

※この乳頭温泉も面白かったので、詳しくは後日また、お伝えします。

少し、先を急ぎます。
田沢湖が見えた。遠くからでも水色の湖面がひときわ輝いているようだった。
c0352015_19033882.jpg

青い湖、空、山々を背景にたたずむたつこ像
これほどに美しいとは、見とれてしまった。
ゆっくり見たかったけど、すごい人。
岩を伝って台座の下で写真を撮る人が続出し、人がいないたつこ像を撮すのは至難の技だった。しかし、負けない!さまざまな角度から試みて十数枚。
そのうち、この記事に採用したのが、結局一番始めに映した一枚だった。
今までで見た湖で、一番美しい湖だった。

そして、角館へ。
道中、田んぼが、本当にきれい。杉の森がとてもきれい。自然豊かな風景が流れるように目に飛び込んで来た。

紫陽花がまだきれいに咲いている。
タチアオイ、むくげ、ひまわり、夏の花たちに加えてコスモスがもう揺れている。季節ごとのお花が一度に見れた。


角館に到着すると、この旅で初めて、暑いなとは感じたけれど、ほとんど木陰の武家屋敷通りは風が抜けて、気持ちよかった。
桜のシーズンは、それは見事だと聞く。それは、きれいなことだろうなと思いを馳せた。お昼に、「比内地鶏どんぶり」を食べてから、家族とはそれぞれ、別行動にした。
それぞれが、行きたいところ、見たいところを見ようと、武家屋敷「石黒家」に集合と決めて、別れた。
c0352015_20275850.jpg


この日は、ささら舞の日だった。
ちょうど、民芸店に立ち寄っていて音が聞こえたので通りに出た。この先の広場で舞うらしい。こんな郷土色豊かな行事に出会えるなんて・・♬
いい日に来たなと思った。
c0352015_20293398.jpg


民芸店では、曲げわっぱを買った。ショーケースに、陳列された様々な形やサイズの曲げわっぱ。お店のおばあさんも一緒に選んでくれた。
一番小さな、小判の形のおべんとう箱。秋から、心機一転!最近、手抜きの、自分のおべんとうを盛り上げていこうと、思い切った。
おばあさんにささら舞のことを教えてもらった。
「毎年、お盆のこの日にあるんですよ」

丁寧に包まれた、曲げわっぱを帰宅してから開けると杉のいい香りがした。大切に使おう。
c0352015_20282040.jpg


老舗のお醤油のお店に入ったり、骨とう品のお店兼カフェで、一服したり・・・。木陰がとにかく、気持ちがいいので何度も行ったり来たり、武家屋敷通りを散策した。
c0352015_20282916.jpg


そして、集合時間が来て皆揃って武家屋敷「石黒家」を見学させてもらう。主人が見てみたかったという亀の欄間。光が射すと、反対側の壁に亀の陰が映り出される。遊び心がとても粋だなと思った。
c0352015_20300021.jpg


受け継ぎ、守ることの大切さを、しみじみと感じた。
c0352015_20244361.jpg


もうひとつ入った、武家屋敷「青柳家」で、お茶をよばれた。暑い時に熱いお茶がいい。「生もろこし」がとても美味しかった。
それぞれが、どこに行ったかを、話し合う。
主人は「樺細工」の夫婦箸を買ってくれていた。
ありがとう。
息子は「新潮社記念文学館」に行ったらしい。それぞれの好みや、視点が違う場合、別行動もいいものだと思った。これからの旅にも取り入れようと
思った。
c0352015_20300952.jpg


息子が調べてくれた「比内地鶏どんぶり」の人気のお店は、それほどにも待たなくて、たまごがふわふわ、柔らかい地鶏の美味しいどんぶりだった。
地ビールも一緒に・・・。
c0352015_20292043.jpg

飛行機の時間が決められていると、どうしても気が焦ってしまう。最後の方は、少し急ぎ足の角館散策だったが、やっぱりとてもいいところだった。
空港には、少し早めに着いて、またお土産などを見た。秋田空港のお土産売り場はとても充実していた。今ままで見たことないお土産もいっぱいで、
な~んだ、ここで買えば良かったのか・・・(息子はそうしていた)と、思った。
秋田杉の森と、大平山が見えた(売店の人に聞きました)。素晴らしい風景を最後の最後まで、見せてくれた。
c0352015_20301883.jpg

************************

もうすっかり日常に戻りましたが、毎日思い返すのは、森の深さと、広がる田んぼでした。日本の原風景を見せていただきました。
珍しくて、たくさん買った東北各地のお土産。ぼちぼちいただき、また風景が蘇ってくるのです。



[PR]
# by pass8515 | 2017-08-18 20:05 | おでかけ | Comments(6)

八幡平へ


ランプの火だけの、ほの暗い一夜が明けた。

青荷温泉を後にして、八幡平にむかう。
展望台からは、ただ真っ白の世界が広がっていた。沼地にむかう足元の高山植物の美しさがせめてもの救いと思っていたら、私たちの熱意が通じたのか、みるみるうちに晴れて来た。

c0352015_22025917.jpg


晴れると、沼に映る雲や空が美しかった。
こんなに広大な湿原を歩くのは初めてだった。
c0352015_22050333.jpg

c0352015_22053661.jpg
c0352015_22045347.jpg

風に揺れる花たちが、よりいっそうきれいだった。

c0352015_22081155.jpg

c0352015_22083177.jpg
c0352015_22084497.jpg

そしてまた霧に包まれ視界が悪くなったりまた晴れたりの、目まぐるしいお天気だった。

c0352015_22041363.jpg

八幡平は岩手県ばかりだと思っていたら、ちょうど県境でとっくに秋田県を私は通っていたようだった。県境の標識で家族連れが次々と記念撮影をしていた。
私も、撮ろうと思ったけれど、なかなか順番が回って来なかった(笑)県境って、人気です。そうこうしているうちに、また晴れて来た。

c0352015_22055021.jpg


八幡平からニキロほど下りると、野趣あふれる藤七温泉はあった。車道からも露天風呂の様子がよく見える。実に開放的だった。
c0352015_22153102.jpg


混浴露天風呂。別府温泉で、経験済みなので、もう抵抗はない!バスタオルを巻いて、底に沈む滑らかな泥をすくい、全身泥パックを楽しんだ。
沸き上がる湯煙、岩肌に掘られた簡易的ないくつかの湯船。
カップル、おじさん、そして、私。ひとつの湯船をそれぞれが独り占め!なんて、贅沢🎵
硫黄の匂いをぷんぷんさせながら、次は小岩井農場に向かった。
c0352015_22185293.jpg

小岩井農場の、チーズや瓶詰めのバター。
どこか高級品の雰囲気がしたもんだね~。と、主人と話す。しかし、小岩井農場はイメージと違った。歴史ある牛舎がメインであるはずなのに、芝生の広場と、遊具やアトラクションやショップが前面に押し出され、お盆休みの家族連れでいっぱい。それはそれは広大で、チーズケーキとコーヒーで一休みしたあと、牛舎へ行こうとすると、とても遠い事に気づく。

徒歩で行って、見学してまた戻って来ると、とても時間がかかりそうなので、諦めた。でも諦め切れなかったので、車から降りて車道から見えた牛舎の写真だけを撮った。
c0352015_22200970.jpg
遠巻きに見た所では、先ほどの賑わいとはうって変わって静寂に包まれていた。まったく違う時代の、ゆったりとした時間が流れているかのようだった。

ずっと前の、岩手の旅館を舞台にした朝ドラによく出ていた、一本桜は小岩井農場だったのかと初めて知った。岩木山は、残念ながら見えなかった。

c0352015_22230033.jpg
宿は、盛岡・つなぎ温泉
繋(つなぎ)初めて見た漢字だった。
c0352015_22241434.jpg

部屋に通され、前夜は手にしなかった(できなかった)スマホの充電をまずしてしまう私だった。

旅は、まだ続きます。







[PR]
# by pass8515 | 2017-08-17 19:02 | おでかけ | Comments(9)

青森へ

お盆休みは、東北に行った。家族、皆初めての東北だ。とても楽しみにしていた。一日目。青森空港に到着すると一同、涼しい~!と感激する。
機内アナウンスでは19度との事だった。


c0352015_18262594.jpg

レンタカーで、八甲田山にむかう。緑が濃くて、山々の稜線が美しく、雲が切れて青空が見えた。八甲田山は、健さんの映画、新田次郎の小説、それくらいの知識しかなかったけれど、ロープウェイののり口は、その映画のパネルでいっぱいだった。

c0352015_18261711.jpg


c0352015_18265473.jpg


あいにくの雨と、覚悟していたから雲が切れて青空が見えた瞬間は嬉しかった。霧に包まれてなかなか神秘的。ミストを浴びたような、気持ちよさ。
そして、何回もいうけどめちゃくちゃ涼しい!

c0352015_18274629.jpg




紅葉、樹氷、八甲田山の魅力は四季通してあるだろうけど、この涼しさは猛暑の関西からやって来た私たちにとってはありがたい事だった。

c0352015_18272805.jpg

ブナの森の中を車を走らせ、奥入瀬渓流に行く。ザアザアと清流や滝の音が聞こえる。シダや苔やふきや、山野草の群生。緑と水しぶきしか目にするものはないというくらいの、光景だった。

c0352015_18305898.jpg


c0352015_18314983.jpg




とにかく長い、どこまでも続く渓流沿いをニキロばかり散策した。
聞きしに勝る、圧巻の渓流。

c0352015_18322172.jpg

そして、十和田湖へ。

c0352015_18330311.jpg

遊覧船に乗る。大きさは日本で12番目。深さでは3番目。透明度はカルデラ湖では5番目。長いアナウンスの中、この箇所だけはおさえた。


c0352015_18333230.jpg


道中、たくさんのりんごの畑があった。まだ、青かったけど、たわわに実ったりんごはこれからどんどん赤くなるのだろうな。

夕暮れ。先を急ぐ。
明るいうちに、ぜひとも着いておきたい山奥の秘湯
「青荷温泉ランプの宿」
電気のない、ランプの火だけが頼りの宿。
またとない、夜だった。

c0352015_18420755.jpg

この宿については、面白かったので後日また・・

****************

ブログを通じて自然豊かな東北に触れさせていただき、いつか行ってみたいという気持ちをずっと持っていました。

青森、秋田、岩手…
足早でしたが、願いがかないました。
旅の様子をしばらく綴ります。
読んでいただければ嬉しく思います。






[PR]
# by pass8515 | 2017-08-16 18:45 | おでかけ | Comments(4)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass