二人の暮らし

夫婦二人の暮らしになって一か月が経った。
めでたく、ケンカは一度もしていない。

どこかで、お互い様子をうかがって、気を
配って、ちょっとだけ言いたいことを我慢
している。特に主人の努力が涙ぐましい。

先週、カーテンを変えた。

c0352015_22104218.jpg
それに合わせて、クッションカバーも
変えた。部屋の雰囲気も徐々に変わり、
「NOケンカ」更新中・・である。
c0352015_22112634.jpg
ところが、夕方久しぶりに主人を怒らせた。
クレジットカードのキャンペーンの事をPCで
入力していたら、うまく行かない。
何度も何度もやり直しても、最後にうまく
行かない。3度目・・。私はいらいらして
主人にあたってしまった。

うるさいな~とPCをのぞき込み、
「ここが抜けてる!ちゃんと見んか!」
と、怒鳴った。
ケンカと言ってもたいていは、こんなこと
ぐらいの事で、私が悪い。

いつもの、あの嫌な雰囲気が漂った。
私が悪いけど悪いと認められない、気まずい。
せっかく、ささっと済ませてブログを
書こうと思っていたのに、つまずいてしまった。

で、この事をブログの記事に変更した。
ケンカというほどでもないから、NOケンカは更新中?
である。

まあ、こんな2人の暮らしの日々である。
*********************
また、カルディに行った。主人は初めてだったから
連れて行きたかった(笑)

キャンベルのスープは主人の希望

c0352015_22252448.jpg
久しぶりにピザ台を買って、
残り野菜をトッピングした。

青豆、玉ねぎ、トマト、もやし
ピーマン、ウインナー

c0352015_22255020.png
c0352015_22260749.png
********************
晩ごはんはお好み焼きにした。
ソースをめぐって、意見が分かれた。
いつか、ブログのお友達が「おたふくソース別格」を
紹介しておられたので、それにしようと思った。
c0352015_22261967.png
しかし、主人は名城ソースがお気に入り。
「兵庫播州の地ソース」である。
結局、別格は次回にして、せめて
天かすだけでも、おたふくにした。


[PR]
# by pass8515 | 2017-03-26 22:37 | 日々の暮らし | Comments(5)

リニューアルオープン

朝から、はっきりとしないお天気で私も動きが
鈍かった。
ごそごそと起き出して、洗濯機を回して、
それでも、なかなかエンジンがかからなかった。

五人囃子を片付けて、簡単に部屋と階段
を掃除して、庭の様子を見に出た。

ムスカリが咲いていた。
職場のムスカリは、それはもう可愛くて♪
とんがり帽子の、三角お屋根。
これぞ、ムスカリ!という形なのに、
うちのムスカリは、やっと咲いたよ・・
というひ弱な感じ。土の栄養が足りてないな・・。


c0352015_16312355.jpg
アネモネは私に似ている。
お天気が悪いと、どうにも不機嫌(笑)
お照りがないと、心を閉じている・・。
c0352015_16314710.jpg
ラベンダーも、いっぱいつぼみを
蓄えて、今か今かと準備万端。
c0352015_16320838.jpg
花を見て、少し元気がわいてきて、
待望の「カルディ」に出かけた。
長らく改装中で、ひと月近く閉まっていた。

何を買うわけでもない。
でも、あそこに行ってコーヒー飲みながら
うろうろしているだけで、気分転換に
なっている。
別に、どうしても要るものでもない。
生活必需品でもない。
カルディで買うものは、二の次のものだけど
その、ちょっとしたゆとりと、あそびが大切。

みんな、待っていたのかな。
レジは長蛇の列だった。でも、レジが3つに
増えて回転も良く、それほどにも待たなかった。

店内は、アイランド形式に陳列されていて、
見やすかった。動きやすかった。
以前とは、まったく陳列場所が違って
いるから、慣れるまでには時間がかかりそう。

待ち焦がれたリニューアルオープンだった。
今日、私が買ったものは・・・
イタリアワイン
蜂蜜、生ハム切り落とし
珈琲の買い足し(半額セール)

c0352015_16325601.jpg
お昼ご飯は、ご飯だけ新しく炊いて、
昨日、作ったお惣菜の色々を添える。

昆布の煮物、ハリハリ漬け、
ちぎり野菜(カネテツ)
大根と青大豆と新子のサラダ

c0352015_16323671.png

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-25 21:29 | | Comments(6)

春大根

お彼岸に、親戚から春大根をもらった。
叔父さんが近年亡くなって、叔母さんは一人
で畑を続けている。

c0352015_22000035.jpg

こちらに来てから30年来、この叔母さん
の畑の野菜をずっと、いただいているような
気がする。
当たり前のように、もらっていたけれど、
有り難さと、大事にいただく心は、ようやく
ここ数年、芽生えて来たように思う。

さあ、この大根たちをどうやっていただこう。
久しぶりにハリハリ漬けを作ろうと思った。
塩をまぶして一晩寝かす。

c0352015_21592854.jpg
あと、きんぴらと、浅漬けにもした。
昆布の佃煮も、久しぶりに作ろう。
昆布と、青大豆をもどして・・・
週末のお惣菜を明日帰ったら作ろう。
c0352015_21591706.jpg
**********************
朝の職場は、お昼の生中継の話題で持ち切り
だった。バクダン発言は飛び出すのか・・。
非常に、興味があると、皆言っていた。
私は、今日がその日と、その時初めて知り、
まあ、見れたら見ようくらいに思っていたら
結構見れた。

誰かが、嘘を言っている。
真相がわかった所で、何がどう動くのだろう。

しばらく、この話題が世間では続くのだろう。
世間の興味の移り変わりが早くって、
一日、ニュースを見なかったら
もう、ついていけていない。

*******************
*晩ごはん
昨夜のカレーの残り
鋳物鍋で作ると、とってもまろやかになる。
同じバーモンドカレー(中辛)でも以前の
味とは、なんだか違う。

c0352015_21594484.jpg
大根のきんぴら、大根のおかか和え
茄子のみそ炒め

ビールが美味しくなってきた。




[PR]
# by pass8515 | 2017-03-23 22:26 | 日々の暮らし | Comments(2)

道具

昨夜から、雨がずっと降っていた。
お昼過ぎにようやくあがって、晴れてきた。

お彼岸のお墓参りの帰りに主人の実家にも
寄った。
一時、片付けに精を出したが、今は小休止。
時々、思い出したように掘り出しものを
探しに行ったりする。

目当ては、すり鉢とすりこぎである。
大きなでん!としたのが欲しかった。
きっとあるはずだ。

納戸の奥から、主人が見つけた。
おそらく、祭りの準備や弔事の手伝いに
大活躍したであろうすり鉢。
よそと、間違わぬように底には
名前が入っていた。
c0352015_21213071.jpg
マジックペンの印は何の分量の目安だろう。
もう、尋ねる人もいない・・・。
熱湯消毒して、洗剤でこすって、縁側に干した。

早速、白和えを作った。
c0352015_21205947.jpg
そして、奇遇にも・・
もうひとつ道具が我が家にやって来た。

東京のお土産
かっぱ橋道具街の銅のざると、築地市場の
利尻昆布。
かっぱ橋道具街は、一度行ってみたい所。
面白いだろうな。

c0352015_21204778.jpg
きらきらした銅のざる。
プラスチックのざるを長年使っていた私
にとって、まぶしすぎる上等なざるである。
ありがとう!本当にありがとう!

ビニール袋に注目!
商店の方たちは、ここまで準備が整っていたのですね。

*******************
*晩ごはん
水菜とにんじんと豚肉のオムレツ
白和え、大根サラダ
もずく

c0352015_21213624.jpg

今から、NHK「東北さくら旅」を見たいと思います。

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-21 21:38 | 日々の暮らし | Comments(10)

二枚の絵

私の、4連休も最後の日になった。
毎日、お天気続きのお彼岸も珍しいのではない?

家の事も片付いた。
冬ものを洗ったり片付けたり・・・。

玄関先に飾る絵葉書を選んだ。
好きな時間・・🎵
春らしい淡い色あいを探すけれど思うような
ものがなくて、一枚はこの絵にした。

児島虎次郎
「睡れる幼きモデル」
大原美術館蔵

服装からしてきっと、春先にちがいない。
と、勝手に思っている。うとうとした
かわいらしさがなんとも言えない。
c0352015_17443341.jpg
もう一枚がなかなか見つからなかった。
ふと、一枚の絵に目がとまる。

エドゥアール・ヴェイヤール
「室内」
プーシキン美術館展にて

c0352015_17460780.jpg
二枚の絵は、同じ部屋ではないかと思う
ほどよく室内の様子が似ていた。
カーテンと、テーブルクロスの柄が似ている。
敷物は同じ柄ではないか・・・。

何度も見比べ、楽しくなった。
どちらも、1900年代初めの頃の作品

水仙をガラスに挿して・・。
飾りました。
c0352015_17450468.jpg
c0352015_17451969.jpg

ブログのお友達のお庭情報を見ていると、
うちの庭ももしかして・・と思って
庭に出たら、アネモネが咲いていました。
たった、一輪大きく開いていました。

c0352015_17444421.jpg


c0352015_17454731.jpg
明日は、久しぶりの雨の予報。
花たちにも、うるおいが大切ですね。


[PR]
# by pass8515 | 2017-03-20 21:44 | 日々の暮らし | Comments(4)

春物

水族館の帰りに行った、アウトレットで
気になって仕方がなかったのが
ガウチョパンツだった。

職場でも、いつか話題になった。
「昔でいう、キュロットが流行ってるね~」
「でも、もうキュロットなんて言っては
いけませんよ~(笑)」

店内でも、通路でも歩いている人が気になった。
しかし、長さ・布の分量で
ともすれば、袴のようになってしまう。
私に、はきこなせるだろうか・・・。

そして、トップスも変わってくる。
丈の短いトップスを持ってこなければ、
バランス悪し。
ここ、数年チュニック一辺倒だった私は
大幅に全体的にワードローブを変えなくては
いけない。

そんなところで、なかなか踏み出せなかった
ガウチョパンツだった。
結局、迷った挙句、若向けのセレクト
ショップでやっぱりチュニックを買った。
(made in france)で、生地もしっかり
していた。半額近かった。
c0352015_21563492.jpg
そして、帰り際・・ふと目が合った。
わりと細身の、これなら履きこなせるかも
と思えるガウチョに出会った!

まずは、こんな感じから始めよう。
手持ちのボーダーシャツに合わせよう。
(ボーダーが好きです)
久しぶりに春物を買った。
c0352015_21584184.jpg
お彼岸の花たち
お墓参りに行った。
お寺への道すがら、あせびが満開だった。
c0352015_16492464.jpg
カメラを持ってくれば良かった。
スマホのカメラで、頑張ろう。

c0352015_16492420.jpg
このお宅のミモザが、もう見ごろだった。

c0352015_16492879.jpg
木蓮のつぼみも無数にあった。

c0352015_16492746.jpg
ツートンカラーのつばき

c0352015_16492954.jpg
お寺の椿はまだつぼみだった。

c0352015_16493094.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-19 16:48 | | Comments(4)

淡路島

いっそう、暖かくなった。
春風に誘われて、散歩に行ったり、庭に出たり
・・そうして、午前中を過ごした。

アネモネのつぼみが、だんだん開いて来た。

c0352015_21550087.jpg

c0352015_21544930.jpg

昨日、お昼も晩ごはんも外食したせいか、
膨満感と、消化不良がハンパなく、
どうも調子が悪かった。

お昼は、水族館で「蛸・たこ定食」を食べた。
たこ焼きが浮かんだうどんと、蛸めしの
セット。

晩ごはんは、鯛の薄造りと、ネギトロ巻きを
ゆずハイボールで流しこむ。
どれも、そうしつこくもなく美味しかったのに、
どうも最近胃腸が弱っているようだ。

温泉の食事処で、男性のお客さんたちが、
大きな声でしゃべっていた。
お風呂上りのいっぱいで、上機嫌の様子。

先日、亡くなった渡瀬恒彦さんの事が
聞こえて来た。
「72歳は、若いわ~」・・で病気の話に
移った。

ふっと、窓の外を見ると、渡瀬さんの生まれ
故郷の淡路島が見えた。
渡哲也さんが淡路島ご出身は有名な話だが
渡瀬さんも当然、同様で今回改めてニュース
で、知った。

渡瀬恒彦さんと言えば、「ちりとてちん」
の落語師匠を思い出す。
「野辺へ出てまいりますと~ひばりがぴーちくぱーちく・・・」

淡路島を眺めながら、72歳は若いなと、
私たちも話をした。
c0352015_22065113.jpg
*******************
*晩ごはん
また、息子が帰って来た。
コロッケを携えて。

サーモンお刺身、あさりのバター蒸し
大根煮物、小松菜煮びたし・・。

調子が悪いといいながら、少しづつ
私も箸がすすんだ。
c0352015_21542266.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-18 22:18 | 日々の暮らし | Comments(2)

水族館

数日前に、主人が「水族館に行こうか」と
急に、言い出した。
たまには魚を、ボケ~っと見るのもいいなあと。

私も大賛成で、この日を楽しみにしていた。

神戸市立須磨海浜水族園
おそらく、子どもの幼稚園の遠足以来だと
思う。
c0352015_22282513.jpg
平日だから、し~んとしているかなと思いきや
保育園の遠足や、高校生カップルがやたらと
目につき、結構な賑わいだった。
世間はもう、春休みなんだな。

c0352015_22263634.jpg
ペンギンに会えるのを楽しみにしていた。
「ペンギン館」に行くと、
鳥インフルエンザの感染予防で、
エリア内立ち入り禁止だった。

遠くからしか見ることはできなかった。
とっても残念・・。
以前は、足元までペンギンが近づいて
来たような記憶があったから・・・。
本当に残念。
c0352015_22291687.jpg
通路に回ると、揃って日光浴をしていた。
c0352015_22285244.jpg
2羽が太陽に向かって同じポーズを
とっているのがユニークで可愛い。
c0352015_22265131.jpg
二モ!にも、会えた。
本当は、カクレクマノミだけれど、
見ている人みんな、大人も、子供も
「わあ🎵二モだ~」と言っていた。
c0352015_22270581.jpg

この後、アウトレットに行き、
その隣の温泉施設にも行った。
明石海峡大橋が見える、温泉が
以前から気になっていた。
c0352015_22274794.jpg
温泉施設で、ついでに食事をして帰り
今日は一日、大人の遠足を楽しんだ。
温泉施設を出て遊歩道を少し歩いた。

散歩する人、ジョギングする人。
こんな光景が毎日見れる、散歩道なんて
うらやましいなと、主人と話をした。

c0352015_22271910.jpg
6時過ぎ。
日がどんどん長くなる。
そういえば、もう春分の日なんだな。






[PR]
# by pass8515 | 2017-03-17 23:04 | おでかけ | Comments(4)

ひととき

春の嵐も去り、今朝はよく晴れた。
早朝、大ごみを持って行き、朝は時間が
たっぷりできて、新聞をゆっくりと読む。

読者の投稿欄「ひととき」を読んだ。
今朝は西宮市69歳・女性からの
「40円足りなかった姉妹」
c0352015_21334281.jpg
かいつまんで話すと、投稿者がスーパーで
並んでいると、前に小学生と、幼稚園児らしき
姉妹の二人が並んでいた。
1040円のところ、二人は1000円しか
持っておらず、40円を貸してあげようと
したけれど、小銭が35円しかなく1000円
を出そうとしたら、後ろに並んだ男性が
「わしが出したるわ、返さんでええで」と
40円出してくれた。

レジの女性は、「おじちゃんにお礼を言ってね」と
促したのに、二人は何も言わずに立ち去った。
世の中、まだまだ優しい人もいるものだ・・
という内容だった。

ふっと似たようなことが私にも
あったと、もうずいぶん前の事を思い出した。

子供たちが小学生の頃、子供会のバス旅行に
参加した。
そこでの出来事。
岡山県の農業体験公園。
(ソーセージを作ったりした)

お土産コーナーで私もレジに並んでいた。
前に並ぶ、同じ子供会の6年生の女の子が
700円くらいの買い物をしたけれど、
お金が足りないと困っていた。

「おばちゃん、立て替えたげるわ。
後で、お母さんに言うてな・・」と、
私も、小銭がなくって、1000円を出した。
6年生の女の子だから、しっかりとしている
だろうと思った私が甘かった。

お釣りを、彼女は自分の財布にしまい、
結局、親には何も言わなかった。
おべんとうを食べて、車座になって何人かの
お母さん同士で私も喋っていたけれど、
気になりながらもとうとう
その親には何も言い出せなかった。

ここが、自分の甘い所で頼りない所だなと
今更思った。
この年になってみると、言いにくいけど
はっきりと「○○ちゃんにお金を立て替えた」
と言えるだろうに。
若かったんだなと、思った。


******************
たまには、カメラも撮ってあげよう。
ずいぶん前の、canon IXY
cath kidston のポーチに入れてます。

c0352015_20425891.jpg

今から、ドキュメンタリー華麗なるミュシャ
見たいなと思います。

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-16 20:42 | 日々の暮らし | Comments(10)

障子に目あり。

久しぶりに、雨が降った。
傘が飛ばされそうな、横なぐりの激しい雨。

少しだけ近くに住む人と話す機会があった。
やはり、最初の質問は「息子さん、結婚した?」
「い~や、まだよ・・・」
そして、次に、
「自転車、まだ続けてるの?」と聞いて来た。

自転車?あ~、ロードバイクの事か・・・
「え?なんで、自転車の事知ってるの?」
と、私はそれが気になり、彼女に聞くと、
「上座に自転車が置いてあったや~ん」
と、言った。

玄関に立つと、ちょこっと見える自転車。
これ見よがしに置いてるかな~と思いながらも
他に置くところがないので、仕方なく・・・。
上座に置いてます。
c0352015_19040194.jpg
そういえば・・
もう2年も3年も前の事、地域の行事の件で1,2回
彼女は訪ねて来た。玄関先で少しだけ立ち話をした。
その時にちらっと見たことを、覚えているんだな~。

ちょっと、怖ろしくなった・・・。

*****************
今年も、他の方からもいかなごを頂戴した。
この方は毎年、毎年くださって、家族はやはりこちらが
美味しいと言う。

私もそう思う。
年季の違いかな・・・。ごまが振りかけてあった。
今年は、ずいぶん近づけたような気が自分では
している。


c0352015_19034629.jpg
IKEAのフリーザーパックがいいんです🎵

口がかっちりとしまって、カラフルで可愛くて・・
特に入れる必要のないものまで、なんだか
入れて保存したくって・・。なんでも入れてます。

酒粕に、干物に、青大豆・・・など。

c0352015_19033138.jpg
*晩ごはん
青大豆の豆ごはん

c0352015_19041269.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-03-15 19:26 | 日々の暮らし | Comments(2)

来客あり

週末に、我が家にはめずらしく来客があった。

我が家からわりと近くの漁港に写真を撮りに
行ってきたと、帰りに寄ってくれた。

大きなカメラを抱えてやって来て、撮った
写真を見せてくれた。
雲と大漁旗と、漁船。
私が撮ったスマホの写真とは比べ物にならない
臨場感あふれる感じだった。

CANON EOS CMなどで、名前は
知っているものの、これが一眼レフカメラ
なのか・・・。初めて持たしてもらった。
とても重い。レンズをいくつか装備しているから
余計に重いと言っていた。
こんな重いものを肩からかけて、皆、風景を
撮影しているのか・・。

ブログのお友達の写真を見てはあこがれて
いたけれど・・・。
もう少し小ぶりで、もう少し安いので
いいから、私も欲しいなと思った。

たまの、来客もいい。
いつもの掃除に加えて、さらに掃除を
するようになる。
すっかり風景になってしまった不要なものが
片付く。
いつの頃か、友人を招くことも遠ざかり
お互いに楽だからと、外でお茶するのが
定着してしまった。

たまには、人をよぼう・・とも思った。

****************

*晩ごはん
長ねぎの豚肉巻き、にんじんしりしり

c0352015_21301337.jpg
*おべんとう


c0352015_21305184.png

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-14 21:31 | 日々の暮らし | Comments(6)

二郎ジャム

今年の3月は雨が少ないと思う。
いつもなら、土日のたびにしとしと雨で
お天気がはっきりとしない日が多いのだが。
そのせいで、庭はカラカラ・・。
チューリップの芽が気になる。

他府県の友人に、ちょっとしたものを手渡す
時に、「二郎ジャム」がいつもパッと浮かぶ。
播磨・神戸の珍しいもの・・と言っても
今はネットで何でも買えるしどこのデパートに
も、神戸の有名菓子店はあるし・・・。

c0352015_18512088.png

10年くらい前に街のパン屋さんでみつけた
「二郎ジャム」
「じろうさん」と思ったら二郎(にろう)
という地名から名付けられたと教えられた。

二郎は神戸北部のいちごの産地。
いちごジャムや、オレンジマーマレード
の二郎ジャムもあるけれど、私は
ブルーベリージャムが一番好き。

果肉がたっぷりで、ちょっとした朝の
お楽しみである。

******************
昨日の朝、息子がいかなごを取りに来た。
前日に作った炒飯の写真を見せてくれた。
彩りよく、なんだか美味しそう~🎵

味覇(ウェイパー)を入れたら、とても
美味しかった。
赤い缶のペースト状万能中華調味料。
(私も、久しく買ってないな)
職場の先輩が引っ越し祝いに
「ウェイパーはひとつ持っとき・・」
と、くれたらしい。

ナイスなアドバイスに私も笑ってしまった。


******************

*晩ごはん
にら・青豆の卵焼き
春菊ときゅうりのみそ和え
いかなご
c0352015_19010794.jpg
*おべんとう
c0352015_19031690.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-13 21:45 | 日々の暮らし | Comments(6)

五人囃子

日に日に春めいて、穏やかな陽射しの日曜日。

昨日、お内裏様を片付けたら
母から、「五人囃子」が届いた。
わらべの丸々としたお顔。
こんなに可愛かったのか・・・🎵

あの頃は自分も子供だったから感じなかった
のかな・・(笑)

c0352015_21535742.jpg
通りすがりに、主人が
「ふふ・・可愛いやん」と言った。
じっくりと見るのって初めてらしい。
そうか・・娘がいない我が家は本格的
おひな様は初めての事だった。

五人囃子だけかと思えば、その他大勢も
箱に入っていた。
「人形だけは、やっぱり捨てられへんかった」
と、ほっとしたように言っていた。

ようこそ、いらっしゃいませ♪

c0352015_21545294.jpg
しばらく日に当てて眺める。
箱も縁側に干して、心落ち着く
ひとときだった。

代表して、五人囃子をもうしばらく
飾っておくことにした。
桜の頃まで、こうしておこう。
c0352015_21541665.jpg
*******************
*晩ごはん

豆腐のグラタン、わけぎのぬた和え

c0352015_21552870.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-12 22:20 | 日々の暮らし | Comments(2)

忘れない

あの日から、6年。
あれだけの、大災害でも時が経てば
報道もめっきりと減って、世間の関心事も
次々と変化していくものだなと、また思う。

ここ数日、出来る限り震災の関連の特集を
見て、今の現状を知りたいと思った。

数字でついつい、その現状を把握しようと
するけれど、そのひとつひとつの気持ちや
立場や事情は、計り知れないものがある。

今夜見た、NHKスペシャルで、仮設住宅に
今も暮らす、75歳の男性が
「東京オリンピックは、期限が決まっていて
その日までに急ピッチで工事が行われる。
しかし、私らの住宅再建には期限が結局
ないようで、いつまでも進まない・・」
と、語っていた。

歯がゆい、口惜しい、辛い、何故自分の
事のように、行政は考えられないのか。
見ていて、そんな思いばかりがめぐった。



*************************
近くの漁港のかますの干物をいただいた。
天日に干せばここまで、スリムになるのだな。

c0352015_22073320.jpg
*晩ごはん
れんこんきんぴら、かますを炙る
青豆塩ゆで、粕汁、いかなご
c0352015_22074813.jpg





[PR]
# by pass8515 | 2017-03-11 22:28 | 大切なこと。 | Comments(8)

風物詩

いかなごのくぎ煮を炊いた。
今年のいかなご漁の解禁はいつもより遅く
その分よく育ち最初からとても大きい。

c0352015_22430755.jpg

小さいと、身がすぐ崩れるからもう少し
大きくなるまで待つ。
と言う人もいれば大きすぎるのは、好みじゃない。
と言う人もいる。

堅いのが好き人がいれば、柔らかくて
ふんわりと炊くのが好きな人もいる。
とにかく、この季節いかなごの話題で
もちきりです。

c0352015_22422462.jpg
こんなに大きくなってから私も炊くのは
初めて。でも崩れにくくて、やりやすかった。
ちょっと、辛めに仕上がったけれど、
やり遂げて、ちょっとほっとした。

もう少しして、また炊いて冷凍保存して
おこうかなと思う。

*晩ごはん
ひじき豆、きんぴらごぼう、肝煮こみ
そして、あつあつのいかなごを・・。

c0352015_22424983.jpg





[PR]
# by pass8515 | 2017-03-10 22:51 | 日々の暮らし | Comments(6)

日曜洋画劇場

日曜洋画劇場が、終わる。

昔、「今日、いい映画やるわ~」と母が新聞を
見て、朝からいそいそとしていた。
そして、私もこの番組で往年の名作の数々を
知り母と一緒に見た。とても、刺激的だった。

「サウンド・オブ・ミュージック」
「駅馬車」
「ジャイアンツ」
「ローマの休日」・・・などなど。

「いい映画」を何故テレビで・・
地上波で・・やらなくなったのだろう。
昔はできたのに、なぜ今できなくなったの
だろう。

「サウンド・オブ・ミュージック」などは、
今の子供たちにも見て欲しいと思う。
充分に楽しめる映画だと思うのに。

洋画。昔の懐かしい洋画。
古きよきものがどんどん無くなる。

この番組と同じテレビ局のホームページで
発見した、新しいお昼のドラマには驚いた。

倉本聰脚本と、豪華俳優陣。
お昼休みにまずは見てみようと思った。

*******************
即席漬け容器を最近買った。
即席漬けは、ビニール袋に塩・たかの爪など
を入れて揉むやり方、一筋だったけれど、
息子のホームセンターでの買い物につき合って
いた時に、衝動買いをした。

c0352015_22211209.jpg
その時は、なんとも思わなかったけど
1600円もして、今になってなんで
そんなに高いのか・・と疑問がわいてきた。
日本製と、ハンドル部分のぐりぐりとした
所のつくりの特許料なのだろうか・・・とか
考えながら・・・フル稼働している。

今夜も大根ときゅうりを漬けたらあっという間に
水が上がって来た。
横幅20センチくらい。
(大きさを知ってもらうために
ワイングラスを横に置いてます)

*晩ごはん

牛すじ煮込み(白みそを入れたらマイルドに)
大根、きゅうりのサラダ、韮とほうれん草の炒り卵
アボガドのわさび醤油和え

丹波のお酒「小鼓」を。
c0352015_22212434.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-03-07 22:58 | 日々の暮らし | Comments(6)

春先の鼻かぜ

昨夜遅く、寝る前に急に鼻が詰まった。
息が出来なくて苦しくて、急に来たから
焦ってしまった。

今年の私の花粉症は軽症と以前にもブログに
書いた。その通り、ここ10年悪化の一途
だったのに、今年はとても軽くてほとんど
症状がない。

年末から飲み始めたR-1のおかげ・・と
一概には言えないけれど、これも
一因であるかなと、思い込んでいる。

c0352015_17585593.jpg
鼻の詰まりは毎年の事だったのに
突然、夜更けにやって来ると不快極まり
なくって、なかなか寝付けなかった。

寝つけない中、寝しなに読んだ本の事を
考えた。
c0352015_17592453.jpg
母から借りた、
佐藤愛子「九十歳。何がめでたい」を昨夜を
もって全部読み終えた。
その中の、「懐旧の春」という章がとても
面白かった。

佐藤さんも、長年の花粉症患者だった。
私の倍以上の年数を苦しんでおられた。
昔は、花粉症なんてものはなかった。
「春先の鼻かぜ」で済まされていて、
そもそも、戦時中の国策で山にたくさん
植えられた杉が原因という説があって、
それより昔はなかったという。

お腹の中に、寄生虫が必ずいた時代には
花粉症というものもなく、その虫たちが
うまい具合に食べてくれていた。
衛生状態がよくなって初めて花粉症というものが
脚光を浴びる・・・。長年苦しまれたからこそ
その辺の情報にとても敏感だったことがうかがえる。

70歳を越えたら自然と花粉症はなくなるよ。
と、誰かに言われて60代後半から心待ちに
していたけれど、70歳になっても80歳に
なっても、症状は変わらず、とうとう90歳に
なった時、体のあちこちの衰えとともに
やっと花粉症から解放された!!と、面白く
書かれていた。

年を重ねるって、こういうことだなと思った。
花粉症ひとつにしても、それはそれは鬱陶しい
けれど、笑いとばす、やり過ごす、付き合っていく。
ほとんどの事に言えるんじゃないかと思った。

そのうち、私の鼻づまりも峠を越えて熟睡
していた。
R-1のおかげか、どうかはわからないけれど、
とにかく飲み続けるしかないと思った。

********************
*おべんとう*
今朝からは、自分のお弁当をアップすることに
します(作ったらね・・)

昨夜の残り物と、ご飯には昆布の煮物と
いりこのピーナッツ和え


c0352015_17590827.jpg
今日は、とても暖かかったけれど、
明日の兵庫県北部は雪だるまのマーク。
また、冷え込みそうです。
三寒四温を繰り返し、ひと月後にはもう桜。

明日は、いかなご漁解禁です。





[PR]
# by pass8515 | 2017-03-06 18:25 | 日々の暮らし | Comments(6)

春はあけぼの

日に日に、暖かくなってきた。
昨日も今日も、コートは要らなかった。

伸びきったビオラを散髪した。
寒い所で咲くには咲いていたけれど、
葉もこげ茶色になっていて、バサッと
切ったら、根元には若葉がちゃんと育って
いた。
c0352015_22032414.jpg
春だな~。春が来るな~。

c0352015_22034836.jpg
昨夜、「アナと雪の女王」を久しぶりに見た。
録画して、後日に見ようと思ったけれど、
主人のお許しが出たので・・
(特に見たいものがなかった模様)
リアルタイムで夜・9時から見れた。
やっぱり良かった♫
CMが多いですけどね・・。

******************
今日のお昼は、主人がご馳走してくれた。
写真がうまく撮れず残念だったのだが
「あけぼの御膳」は春の食材が満載
だった。

あさり、菜の花、筍、木の芽、そら豆
桜海老・・・・文字で並べるだけでも
春があふれていた。

天然素材のだしの、おうどんがまた
美味しかった。

*晩ごはん
息子が帰って来て、久しぶりに3人で。

おでん、豚肉の野菜巻き、ポテトサラダ
白和え(春菊、こんにゃく、にんじん)

「サザエさん」を見ながら7時のニュースを
見ながら・・・
そして日々の話をたくさんした。

c0352015_22025574.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2017-03-05 22:24 | 日々の暮らし | Comments(4)

さといも

夫婦二人の暮らしも、一週間が過ぎた。

とても静かだ。息子が居た時もそれほど
にぎやかでもないけれど、気配がないだけでも
なんだか、静か。

会話は、驚いたことに主人がよく喋る。
息子が居た時は自分の役目ではないかのように
黙ったままの人だったけれど、努めて会話の
糸口をさぐっているようである。

食卓の席も変わって、息子の席に私が座り
テレビも見やすくなった。
だから、ニュースを真剣に見るのだけれど、
そんなときに限って話しかけてくる。

c0352015_23003996.jpg

晩ごはんのメニューは、主人は品数は少なくて
よいと言う。
でも、私は次の日の事も考えて品数は前と
同じくらいを食卓に並べる。

一品を食べきってしまったら次の日は
一品だけを作って足していけばいい。
あ?結局、一品しか作ってない?(笑)

昨日は、さといもといりこを炊いた。
これが、メインディッシュで、前日の
野菜の炒め物にたまごを足して
スペインオムレツ風も一品加えた。
息子がいたら、「これだけ?」と
非難ごうごうの所だけれど、この辺は楽。

今夜の晩ごはんは、お好み焼きにした。
今週、2回目のお好み焼きである。
キャベツも、山芋も豚肉も残るので、
もうお好み焼きしか思いつかず・・
主人が焼いてくれた。
c0352015_23005574.jpg
一度だけ、用事でLINEが来た。
「元気でやってるか?」と聞くと
「いたって、普通でございます」と返って来た。

それぞれの新生活。
こちらもいたって、いたって普通です。

🎎🎎🎎🎎🎎🎎🎎🎎🎎🎎🎎🎎🎎
帰宅してからのおやつ。

c0352015_23002638.jpg
夜は、テレビでthe pianistを見た。
最後は、3組での「黄昏のワルツ」
豪華な連弾だった。

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-03 23:28 | 日々の暮らし | Comments(4)

モーニング

雨の休日・・のはずだったが、日中ぼんやりと
晴れていた。風が強くて目が少ししょぼしょぼ
した。

c0352015_22034836.jpg

久しぶりにモーニングに行った。
モーニングセットのシステムを初めて知った
のは、結婚してこちらに来てからだった。
喫茶店に友人と行って、コーヒーを頼んだのに
トースト・ゆで卵・サラダなどがついて来た。
頼みもしないのに、ついて来た。

私は驚いた。一緒に行った友人は、
もうとっくに知っていて、
「コーヒーの値段でついてくるよ。これが
モーニングセット・・🎵」
知らなかった。もう30年も前の話である。

で、そのモーニングの発祥の地の豆菓子の
喫茶店に行った。

名古屋名物おぐらあん


(画像はHPよりお借りしました)

初めておぐらあんにしてみた。
下地に塗るのをバターにしますか?
ジャムにしますか?と聞かれ、
バターと答えた・・・。

ジャムをチョイスしたら、ジャムの上に
あんを塗るのか?甘×甘である。
友人と笑った。

あんトーストはとても美味しかった。
これから、これにしよう🎵

途中、トイレに立った時に店内を見渡したら
満席だった。
ほとんどが高齢者だった。
ここに、来れる人は元気なお年寄りなんだな。
車を乗り合わせて、そうか自転車で。

そんなことを思った。

***********************
帰宅してから、どうにも眠たくなって横に
なったら、また2時間近く昼寝をしていた。

こうして、休日は終わった。

今日は、特に写真を撮っていないので
去年、酒蔵に行ったときのお雛様。



[PR]
# by pass8515 | 2017-03-02 22:06 | 日々の暮らし | Comments(4)

おひなまつり

3月になって、ようやくお雛様を出した。
先日、病院で母ともお雛様の話をした。
「お雛さん、毎年出してるか~?」
「出してるよ・・」

母は安心した顔をして、
「お雛さん出すと、心がほころぶやろ~」

実家に置いて行った、
お雛様は三人官女だけを残して、処分したと
母は以前に言っていたのに、五人囃子も
あると言った。
「今度、あんた持って帰るか?」と言うので
持って帰るつもりだ。
c0352015_21082654.jpg
子供の頃、母は「おひなまつり」をしてくれた。
近所の子を誘っておいで、クラスの子を
誘っておいで・・・。ごちそうやお菓子を
用意して、お誕生会の代わりのようなものだった。

しかし、友達を誘うのは私の役目でこれがちょっと
憂鬱だった。
この子を呼んで、この子を呼ばない。どうしよう。
あの友達を呼びたいけれど向こうはそれほどの
友達と思ってなかったらどうしよう。
しょうもないことをぐずぐずと考える所は
まったく変わってない。

毎年、5~7人。女の子ばかりの時もあれば
近所の男の子も招待する年もあった。
ゲームをしたり、母の手料理をおすましして
食べたり、プレゼント交換をしたり。

あれは、確か4年生の時だった。
プレゼントをそれぞれ用意してきてもらった。
金額は200~300円くらいと最初に決めた。
くじも作った。

一人の友達が筆箱セットを持って来た。
ファスナーのついたしっかりとした布地の
ペンケースと鉛筆のセット。
ところがそれが当たった別の友達の親が
その晩、文句を言いに来た。

「文房具屋で、値段を見て来ました。
1000円くらいするんですよ。
子供がやり取りする品物にしては高額すぎませんか!」
と、母に詰め寄った。

別に母が悪いわけではないけれど、主催者側としては
平謝りするしかなく、私も階段の中ほどで
隠れてその様子を聞いていた。

母がかわいそうだった。
昔も、今も親もいろいろ・・・。

クラスが変わってからもしばらく招待して
いた幼馴染がいた。
ずいぶんして大人になってから、その子の
お母さんが、母に「PASSちゃん所のお雛祭り
楽しかったとよくうちの子が言ってたわ」と
言ってくれたそうで、母も嬉しそうにしていた。
私も、なんだか嬉しかった。

そんなこんなをずっと見て来たお雛様
みんな、元気にしています。

c0352015_21291028.jpg
*********************
*晩ごはん
豚キムチ、菜の花白和え、菜の花おひたし、
にんじんとヤーコンの炒め物

c0352015_21324293.jpg










[PR]
# by pass8515 | 2017-03-01 21:33 | 思い出ばなし | Comments(10)

「アーティスト」

今夜は、何年かぶりに一人で晩ごはんを
食べた。
主人が出張で、ご飯が要らなかった。
数日前からわくわくしていた・・・。

映画「アーティスト」を見ながら
ワインを飲みながら・・
夢のような時を過ごした。(笑)

c0352015_20505081.jpg
実に、楽しい面白い映画だった。
数年前のアカデミー賞受賞作。
私は、この年を境にアカデミー賞の
授賞式を見なくなった。
それまでは、中継を見たり録画して
時折飛ばしたりしながらも必ず見ていた。

ハリウッド映画界の華やかさと、ショーアップ
と、アメリカンジョークと、皮肉と
笑いと・・。賞を取った作品はやはり
見たいと思ったものだった。

この「アーティスト」も絶賛されていて
見てみたい!と思ったけれど、
私の仕事のなんだか様子が変わり、
ゆっくりと映画を観る余裕も以前ほど
無くなりアカデミー賞の授賞式も、
それ以来見ることはなかった。

ずっと、心に残った「アーティスト」だった。

現代の人のほとんどがおそらく
初めて見る無声映画であろう。
表情、仕草、その細部の表現が生きていて、
映画の原点をはかり知ることができた。
筋書きはいたってシンプルだけれど、
往年の無声映画スターと新進女優の恋。

世に出してくれた、落ちぶれたスターを
ただ思い「あなたのお役に立ちたかったの」
という、ラストシーンは良かった。
あの時も、確か言われていたけれど、
犬にも演技賞を!本当にその通りと思った。

今年のアカデミー賞授賞式はニュースで見た。
人種を越えて、それぞれが
メッセージを発信していた。
これが、本来のアメリカの姿だと思った。

***************
菜の花
c0352015_20455294.jpg
菜の花でペペロンチーノにした。
たっぷりと粉チーズをかけて・・・。

先日の神戸のギリシャ展で買った
ギリシャ産大麦ラスクと一緒に。
(パフパフしている、ぱさぱさしている)

c0352015_20460765.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2017-02-28 21:07 | 映画の日 | Comments(10)

デキャンタ

昨夜は、息子が今までの感謝をこめてと、
食事に誘ってくれた。
たった、一晩しか経ってないのに、息子を
玄関でいそいそと出迎えた。可笑しいな。

洋食屋、ビストロ、仏蘭西風田舎料理店。
どれに属するかわからないけれど、
そんな感じのこじんまりとしたお店。
ランチは何度か来たことがあるけれど、
夜の部の「黒板メニュー」が以前から
気になっていた。

ワインが絶対に合うお品書きの数々。
グラスワインを頼むと、お店の人が
「デキャンタ」の方がいいですよ。
と、教えてくれた。

デキャンタ。
c0352015_13110992.jpg
「デキャンタって何?」
おそらく、どこでも、どのグループでも
わからないことは、素直に聞くタイプの
息子が(知ったかぶりよりずっとよい)
聞いた。

う~ん。形態はすぐに思い浮かんだ。
三角フラスコ?腰がくびれたガラス瓶?
「まあ、来たらわかるわ・・」と説明が
うまくできなかった。

やって来たのは想像のどれでもなく取っ手のついた
デキャンタ。
透明感のあるワインがキラキラしていた。
ベリーの風味がよく聞いて、私の好きな味!
美味しいワインだった。

確かに、2人分のグラスワインをオーダーする
より、たっぷり入ってお得感満載だった。

セル牡蠣のオイル漬け

前菜・サラダ・メインを適当に頼んで、
シェアをする。
c0352015_13111190.jpg
蟹ジュレ・シュリンプのタルタル和え
前菜盛り合わせ

いつもあんまりしゃべらない主人もよく
話した。
「昨夜は寝られたか?」
「火災保険は入ったんか」
c0352015_13111568.jpg
サラダ
「野菜をたっぷり摂れよ~」

IKEAの組み立て家具に苦労したらしい。
英語、スゥエーデン語・中国語・・
の説明があるのに、なんと日本語がない。
簡単な絵だけの説明。

もう、4時間かかった・・・。
本棚はまた今度。
出来上がった室内の写真を見せてもらう。

c0352015_13111594.jpg

スペアリブのガーリックソテー

ほろほろと肉がはずれた。

「お兄ちゃんは、すごいな。
高校出てから、ずっとひとり暮らしやろ~」
と、早くも弱音っぽい本音を漏らす。


c0352015_13111816.jpg
薄焼きピッツア
しつこくない上質のチーズでとても
美味しかった。

静かな音楽が流れてとても落ち着いた。
酔いがまわって来た。


c0352015_13112087.jpg
苺のムースのデザート。

美味しかった。お料理もワインも
おしゃべりも。
今度は、4人で集おう!

ごちそうさまでした。
c0352015_13112352.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-02-27 13:10 | おいしいもの | Comments(4)

ひとりの時間

2月はやっぱり逃げる。
あっという間に過ぎ去りもう最後の週末。

日曜日はようやく家でゆっくりと過ごせた。
・・花も、少々ほったらかしで。
オレガノがいい感じのドライになっていたので、
切ってそのまま飾ってみた。

c0352015_16241012.jpg
久しぶりに庭に出るとあちこち芽吹いて
いた。窓を開けるたびに
部屋からも確認できたけれど、
スリッパを履いておもてに出ること
そのものが億劫で、見て見ぬふりだった。

その間に、ずいぶん芽も伸びていた。

チューリップ
70球、植えたから春には咲き乱れる!
の予定である。
c0352015_16232450.jpg
貝母(あみがさゆり)
名前そのものの、あみがさぶりに感激したものだった。

c0352015_16235780.jpg
津和野のつわぶきも新しい葉が出ていた。
c0352015_16231121.jpg
秋の主役のほととぎすも、もうこの秋に備えている。

すごいな~すごいな~。
吹きすさぶ寒風と、霜と、そして私の無関心
も、全然平気。
立派に芽吹いている。

c0352015_16244595.jpg
*******************
足りないものだけを買いにショッピングモール
へ行った。
本屋に寄って、桐島カレンさんの表紙の
雑誌を立ち読みする。

「ひとりの時間」をいかに過ごすか。
いかに大切にするか、巻頭特集を
さあ~っと読んだ。

50代は、家族のこと、仕事のこと、親のこと
そして、自分の体のメンテナンス。
考えることがいっぱいで・・。
こんな時期だからこそ、
自分だけの時間を手に入れられたらどんなに
楽しいことか。

行きたい場所にいく。おいしいものを
食べに行く。
目的も決めずに散歩する。

あ~。本当にそうだな。
ひとりの時間ってあるようでなかなか
取れないな。
その時間、気を休めることが
大切なんだな~と思いながら読み進める。

主人と別れて(ショッピングモール内で)
行動して、集合時間までの1時間半余りの
この本屋での時間も、「ひとりの時間」
たっぷりと立ち読みができた。

ひとりの時間は、やがて来る老後の
おひとりさまの練習、心の準備にもなるのです。
と、上野千鶴子さんの提言も合わせて読む。

******************
お昼ごはんは、昨日の残り物に
キムチと納豆を加えて。

2人分の分量調整を試行錯誤。
2日分と私のおべんとう用にすれば
今までの量で、いけるかな・・。

そして、録画していた今森光彦さんの
番組「オーレリアンの庭・冬編」を見る。
教えていただけなければ、見逃すところだった。

c0352015_16585390.png

「ひとりの時間」をもっと充実させる
ために、空いた息子の部屋を私の
PCの部屋にしようと、計画中。
うっしし・・・・。


[PR]
# by pass8515 | 2017-02-26 21:21 | 日々の暮らし | Comments(4)

ワイン専門店

いいお天気になった。
引っ越しの手伝いの日は、どの日も晴れて
助かった。

今日は、主人も来て電灯の取り付けや
ベランダのそうじなどをしてくれた。

「わりに広いな~新婚さんでもいけそうやな」
と、まったく一言多い人である。
しかし、男手があるとやっぱり助かる。

c0352015_22095712.jpg

私は、食器などを洗った。
気になる排水溝も掃除した。
ここの汚れは、もうどうしようもなく・・。
毎日してもいいくらい。
すぐに、げとげとになるよ~と
何度も言っておいた。

******************
さてと。気にはなるけどキリがないので、
私たちは帰った。あとは、本人が気の済むまで
やることでしょう・・。

行きに通った「ワイン専門店」がとても
気になっていた。
帰りに寄ってみた。こんなお店があるのか🎵
店内、びっしりと世界のワインでいっぱい
だった。
お店のご夫婦もとても気さくで話やすく
私の好みを伝えた。

ミディアムで、ほのかな甘さもあって飲みやすい。
好きな味を伝えるのってとても難しい。
なら、値段も手頃でこちらから試されませんか
とイタリアのワインを紹介してくれた。

私の買ったワインの履歴も登録されて、
次に選ぶ参考にもなる。

早速開けて、「ヨーロッパ鉄道の旅
(イギリス編)」の録画を見ながら飲んだ。

c0352015_22363260.jpg

飲みやすかったけれど、やっぱり味を
伝えるのって難しい。

久しぶりにJAの野菜販売所にも行った。
めずらしい野菜がいろいろあった。
スイスチャードとヤーコンを初めて
買った。
スイスチャードはこちらでいう「とっちゃ」
という、菜っぱに似ている。
茎も葉もしっかりとしていて、ホウレンソウの
感覚で炒めたらかなり時間がかかるように
感じる。なかなかしなっとならない。


c0352015_22101132.jpg
スイスチャードは、卵と炒めて
ヤーコンはきんぴらにした。
あとは、冷蔵庫の残り物で週末の
晩ごはんにした。

c0352015_22104190.jpg








[PR]
# by pass8515 | 2017-02-25 22:33 | 出会い | Comments(2)

donut

帰宅すると、「ドーナツ」があった。
一人2個ずつで、箱に6個。

次の日になるとどうしても硬くなるので、
帰宅後すぐと、食後の2回に分けてドーナツを
食べた。
美味しい~🎵

c0352015_23072675.jpg
昔、昔、学生時代にここでバイトをしていた。
ちょうど1年間。学生ばかりのバイトだったにも
かかわらず、シフトがぐるぐる入れ替わって
特に誰とも仲良くならなかった・・(笑)
ことで、なんだか印象に残っている。

マニュアルという言葉もこのバイトで初めて
知った。
まさにマニュアルにつぐマニュアル。
それさえ、守ればもう完璧!という淡々と
したものだった。

あの頃は、レジスターも旧式で、電卓も
なかった。
たいていのドーナツは70円で、少し上等なのは
80円。
10個のドーナツを買ったとして、まず70円×個数
で計算して700円。
うち80円が3個ならば30円足せばよい・・。
とマニュアルで習い、なるほど!と思った。
消費税もなかったあの時代だから暗算で簡単だった。

ふきんを消毒液に浸して、鋏を拭く。
その鋏で、ドリンクの口を切る。
シェイクも作った。ぶるぶる~っと飛ばしながら作った。

シナモンロールやコーヒーロールという
ものが確かあったな~と思った。
復刻してくれないかな・・.

そんなことを思い出しながら、
ほっとひと息ついた。

*******************

donutはdoughnutとも表記するようで、
ドラマ「カルテット」のカルテットの名前は
難しい方のDoughnuts holeだったと気づいた。
毎週が短編映画のような仕上がりで、楽しみだ。

先ほど見終えた
「お母さん、娘をやめていいですか?」
も、面白いし、
「就活家族」もなんだか見てしまう。

家族を題材にしたホームドラマが今、興味がわいて
ついつい見ている。

*晩ごはん
お惣菜屋さんのコロッケ、
ひじき、白和え、煮豆。

実質、3人での食事は今夜で最後。
特にごちそうというのも考えつかず
息子が好きな、ここのコロッケで。
c0352015_23343321.jpg
*おべんとう

おべんとうもこれで、区切りがつけられそう。
弁当箱は、持っていくらしい・・・。
本当に作るのかな~。(笑)
c0352015_23363821.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2017-02-24 23:38 | 思い出ばなし | Comments(6)

語らい

今日は、またとても暖かかった。
お風呂上りも暖房が要らない。

c0352015_21345619.jpg
昨日の夕方、母が退院してきていると思って、
電話をした。出ない。
退院の予定が変更したかな。と思い、
また、次の日にでもしようと思った。

ふと、何か胸騒ぎがした。
先日病院で別れ際にベッドで手を振る母の
姿が浮かんだ。
私がカーテンを閉めるまでずっと手を振っていた。

不吉な想像だが、あの姿がもし最後だったら
どうしよう。とてもドキドキして胸が
詰まりそうになって、時間をおいて
8時頃にもう一度電話をした。

少ししんどそうな声で母は電話に出た。
「インフルエンザにかかってな~。
病院を追い出されたんや。もう病院という
所は薄情なもんやで・・・」とプンプン
していた。

母によると、術後の発熱はよくあることなので
大丈夫でしょうと、看護師さんは言ったけれど
咳も出るし、くしゃみも出るし風邪の症状と
違いますかと訴えたら、ようやく検査してくれて
インフルエンザとわかったらしい。
それで、一日早い退院となったらしい。

家の近くのかかりつけの病院に行ったら
熱も下がり、今週いっぱいは安静にしとくわ。
歩く練習は、ぼちぼちに・・・。
と、またよく喋る母だった。

良かった。インフルエンザは可哀想だけれど、
良かった。良かった。
なんで、あんな要らぬ想像をしてしまったのだろう。

春になったら食事に行こうと言っていた。
いつもよりも、うんと楽しみである。

***************
そんな、母の近況を息子に話ながら
揚げ物の指導をした。

「揚げ物を教えてほしい・・」
今日は、息子は休日だったので、
衣つけからやってもらった。
なかなかうまかった。
「子供の頃、時々やってたやん。」
と、息子は言う。
そんなこと、私はとっくに忘れていた。
料理をもっとさせておけばよかったと、
子育ての反省点の一つでもあったのだけど
やらせていたんだな・・。

カラッと揚がったチキンカツ。

c0352015_21353042.jpg

手前のたまご料理も息子が作る。
玉ねぎ入りの炒りたまご。

今頃になってこんな時間ができた。
料理をしながら、語らう時間。
今までだって、いくらでも取れたのにな。

c0352015_21351599.jpg









[PR]
# by pass8515 | 2017-02-23 22:04 | 日々の暮らし | Comments(8)

ふたりからひとり

今日は、とても寒かった。
徐々に冬へ向かう寒さはそれはそれで寒い
けれど、一度春のような暖かさを経験した
あとの寒さは、ひときわ厳しい。
この冬一番寒いと、私は感じた。
がちがち震えながら、自転車で帰った。

帰宅して温かいお茶を淹れて、少しの間、
本を読んだ。
昨日、注文していた本がようやく届いた。

つばた英子・つばたしゅういち
「ふたりからひとり」


c0352015_21495958.jpg


去年の今頃ときをためる暮らしで、つばたさんご夫婦の
暮らしに触れた。
「ふたりからひとり」は
ご主人のしゅういちさんが他界された後のつばたさんの
暮らしと気持ち。
表紙には、つばたさんがおひとり。
それだけで胸がぐっと詰まった。

今まで、ご主人のことをずっとやって来た。
そのご本人がもういないのだから・・・
どうやって生きていけばいいのだろう。
つばたさんは、とても不安になったけど、
「誰かのために、何かやれることをさがし、
人のためになることをやる以外、私の生きる道は
ない。」

「いままでどおり、ジャムや佃煮、いろいろなものを
つくってみんなに配ろう。同じように毎日をやって
いくよりしょうがないわ・・。」

つばたさんは、娘さん方にしばらく一人で
やっていきたい。そうでないと、何もできなく
なってしまう。3~4年はしばらくこのままで


しゅういちさんとの思い出の中で、これまで通り
、今まで通り・・・。

まだ、1冊の何分の1かの途中だけれど、
その中だけでも胸に刻みたい言葉がたくさん
あった。


c0352015_22170127.jpg
*晩ごはん
ローストビーフの残り。
豆腐の甘辛煮、韮たまご

c0352015_22173215.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2017-02-21 22:21 | 出会い | Comments(2)

カーテン

とても暖かな一日だった。
青空が広がって、引っ越し日和。

初めて息子の部屋を訪れた。
まだ、家具も家電も運び入れていない空間は
とても広々。がらんとしている。

窓を開けて、カーテンをかけると不思議と
生活感が出た。

c0352015_22084735.jpg
カーテンの取り付けに少し苦労した。
窓がとても高くて、届かない。
お風呂の椅子にのって、取り付けた(笑)

それでも、うんと背筋を伸ばして
やっとこさ、取り付けた。
カーテンで思い出したことは、上の息子の
引っ越しの時の事だった。

あの頃。10数年前の春。
高校卒業したてだったからほとんど親まかせで
私も自分の部屋づくりをするように
通販でカーテンを決めた。

いざ、息子の部屋に取り付けようと思ったら
丈が全然足りなかった!
窓の3分の1くらい、短くてとても不細工だった。

「朝は早くから眩しいぞ~」と主人が言って。
息子の部屋を訪ねた友達はほぼみんな
「カーテン短いね~」と笑ったらしい。

懐かしい、思い出である。
あれ以来の引っ越しの手伝い。
帰宅してから、2時間くらい昼寝をした。

****************
引っ越しそば?
というわけでもないけれど、近くに美味しい
お蕎麦屋さんがあった。

私は、かきめしとかけそばのセット。

砥部焼の湯呑とそば猪口が嬉しかった。

c0352015_21331320.jpg

引っ越し第1弾は無事終了。
第2弾は、また来週。


[PR]
# by pass8515 | 2017-02-19 21:32 | 日々の暮らし | Comments(10)

梅ほろほろ

冬の京都に行った。
例年は、お正月に訪れるから春先までは
行くことはないのだけれど・・・。
2月の京都は、久しぶりかもしれないと思った。

c0352015_21565341.jpg
母が入院をした。
気になる症状があって、思い切って手術。
術後の経過もよく、いつものように明るかった。
「お父さんをショートステイに預け、
日々の家事から解放されて、避暑にでも行くような
気分で(そのくらいバカンス気分という事だろう)
病院に入ったんや~。のんびりできるわ~って思ったんや。」
と、この天真爛漫さには私はいつも救われる。

ところが・・手術の後はやっぱり痛くて
患部を固定する器具がガチャガチャして、
寝られんかった・・。やっと昨夜あたりから
熟睡できるようになったらしい。
やっと、元気が出て来た。食欲も出て来た。

早速、他の病室の人とともおしゃべりを
していて、そのあと私ともよく喋った。
3時間ぐらい、いろんな話をした。

バカンス気分で入院したものだから本も
この際、読もうと持って来たけれど、
その気分までには、なれないらしく
「あんた、先読むか?」
と、貸してくれたのが・・・

佐藤愛子
「九十歳、何がめでたい」

c0352015_22122645.jpg
新聞の宣伝で気にはなっていた。
活字が大きく帰りの電車の中だけでも
結構、読めた。
加齢を楽しもう、笑い飛ばそう・・・。

両親と会うのも、病院で・・・という事が
本当に増えて来たけれど、こうした日々を
懐かしく思う日がやがては来るのだろうな。

そんなことを思いながら、そのうち
居眠りをしていた。

*********************
病院の帰りに、「東福寺」に行った。
最寄りの古刹。
この際、一度行ってみようと思った。

紅葉の名所である東福寺。
今の季節、母も
「何にもないで~」と言っていたが、
季節はずれのしーんとした、名所を訪れるのも
私は好きなのです。

梅がほろほろと咲いていた。
こぼれ落ちそうに咲いていた。

c0352015_22240622.jpg
c0352015_22254338.jpg
方丈・八相の庭
c0352015_22270090.jpg
バームロール
c0352015_22272251.jpg
抹茶ショコラ
なんだかお菓子に見えたのです。
c0352015_22274067.jpg
c0352015_22281189.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2017-02-18 22:33 | おでかけ | Comments(10)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass