「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:日々の暮らし( 300 )

ひとりの時間

2月はやっぱり逃げる。
あっという間に過ぎ去りもう最後の週末。

日曜日はようやく家でゆっくりと過ごせた。
・・花も、少々ほったらかしで。
オレガノがいい感じのドライになっていたので、
切ってそのまま飾ってみた。

c0352015_16241012.jpg
久しぶりに庭に出るとあちこち芽吹いて
いた。窓を開けるたびに
部屋からも確認できたけれど、
スリッパを履いておもてに出ること
そのものが億劫で、見て見ぬふりだった。

その間に、ずいぶん芽も伸びていた。

チューリップ
70球、植えたから春には咲き乱れる!
の予定である。
c0352015_16232450.jpg
貝母(あみがさゆり)
名前そのものの、あみがさぶりに感激したものだった。

c0352015_16235780.jpg
津和野のつわぶきも新しい葉が出ていた。
c0352015_16231121.jpg
秋の主役のほととぎすも、もうこの秋に備えている。

すごいな~すごいな~。
吹きすさぶ寒風と、霜と、そして私の無関心
も、全然平気。
立派に芽吹いている。

c0352015_16244595.jpg
*******************
足りないものだけを買いにショッピングモール
へ行った。
本屋に寄って、桐島カレンさんの表紙の
雑誌を立ち読みする。

「ひとりの時間」をいかに過ごすか。
いかに大切にするか、巻頭特集を
さあ~っと読んだ。

50代は、家族のこと、仕事のこと、親のこと
そして、自分の体のメンテナンス。
考えることがいっぱいで・・。
こんな時期だからこそ、
自分だけの時間を手に入れられたらどんなに
楽しいことか。

行きたい場所にいく。おいしいものを
食べに行く。
目的も決めずに散歩する。

あ~。本当にそうだな。
ひとりの時間ってあるようでなかなか
取れないな。
その時間、気を休めることが
大切なんだな~と思いながら読み進める。

主人と別れて(ショッピングモール内で)
行動して、集合時間までの1時間半余りの
この本屋での時間も、「ひとりの時間」
たっぷりと立ち読みができた。

ひとりの時間は、やがて来る老後の
おひとりさまの練習、心の準備にもなるのです。
と、上野千鶴子さんの提言も合わせて読む。

******************
お昼ごはんは、昨日の残り物に
キムチと納豆を加えて。

2人分の分量調整を試行錯誤。
2日分と私のおべんとう用にすれば
今までの量で、いけるかな・・。

そして、録画していた今森光彦さんの
番組「オーレリアンの庭・冬編」を見る。
教えていただけなければ、見逃すところだった。

c0352015_16585390.png

「ひとりの時間」をもっと充実させる
ために、空いた息子の部屋を私の
PCの部屋にしようと、計画中。
うっしし・・・・。


[PR]
by pass8515 | 2017-02-26 21:21 | 日々の暮らし | Comments(4)

語らい

今日は、またとても暖かかった。
お風呂上りも暖房が要らない。

c0352015_21345619.jpg
昨日の夕方、母が退院してきていると思って、
電話をした。出ない。
退院の予定が変更したかな。と思い、
また、次の日にでもしようと思った。

ふと、何か胸騒ぎがした。
先日病院で別れ際にベッドで手を振る母の
姿が浮かんだ。
私がカーテンを閉めるまでずっと手を振っていた。

不吉な想像だが、あの姿がもし最後だったら
どうしよう。とてもドキドキして胸が
詰まりそうになって、時間をおいて
8時頃にもう一度電話をした。

少ししんどそうな声で母は電話に出た。
「インフルエンザにかかってな~。
病院を追い出されたんや。もう病院という
所は薄情なもんやで・・・」とプンプン
していた。

母によると、術後の発熱はよくあることなので
大丈夫でしょうと、看護師さんは言ったけれど
咳も出るし、くしゃみも出るし風邪の症状と
違いますかと訴えたら、ようやく検査してくれて
インフルエンザとわかったらしい。
それで、一日早い退院となったらしい。

家の近くのかかりつけの病院に行ったら
熱も下がり、今週いっぱいは安静にしとくわ。
歩く練習は、ぼちぼちに・・・。
と、またよく喋る母だった。

良かった。インフルエンザは可哀想だけれど、
良かった。良かった。
なんで、あんな要らぬ想像をしてしまったのだろう。

春になったら食事に行こうと言っていた。
いつもよりも、うんと楽しみである。

***************
そんな、母の近況を息子に話ながら
揚げ物の指導をした。

「揚げ物を教えてほしい・・」
今日は、息子は休日だったので、
衣つけからやってもらった。
なかなかうまかった。
「子供の頃、時々やってたやん。」
と、息子は言う。
そんなこと、私はとっくに忘れていた。
料理をもっとさせておけばよかったと、
子育ての反省点の一つでもあったのだけど
やらせていたんだな・・。

カラッと揚がったチキンカツ。

c0352015_21353042.jpg

手前のたまご料理も息子が作る。
玉ねぎ入りの炒りたまご。

今頃になってこんな時間ができた。
料理をしながら、語らう時間。
今までだって、いくらでも取れたのにな。

c0352015_21351599.jpg









[PR]
by pass8515 | 2017-02-23 22:04 | 日々の暮らし | Comments(8)

カーテン

とても暖かな一日だった。
青空が広がって、引っ越し日和。

初めて息子の部屋を訪れた。
まだ、家具も家電も運び入れていない空間は
とても広々。がらんとしている。

窓を開けて、カーテンをかけると不思議と
生活感が出た。

c0352015_22084735.jpg
カーテンの取り付けに少し苦労した。
窓がとても高くて、届かない。
お風呂の椅子にのって、取り付けた(笑)

それでも、うんと背筋を伸ばして
やっとこさ、取り付けた。
カーテンで思い出したことは、上の息子の
引っ越しの時の事だった。

あの頃。10数年前の春。
高校卒業したてだったからほとんど親まかせで
私も自分の部屋づくりをするように
通販でカーテンを決めた。

いざ、息子の部屋に取り付けようと思ったら
丈が全然足りなかった!
窓の3分の1くらい、短くてとても不細工だった。

「朝は早くから眩しいぞ~」と主人が言って。
息子の部屋を訪ねた友達はほぼみんな
「カーテン短いね~」と笑ったらしい。

懐かしい、思い出である。
あれ以来の引っ越しの手伝い。
帰宅してから、2時間くらい昼寝をした。

****************
引っ越しそば?
というわけでもないけれど、近くに美味しい
お蕎麦屋さんがあった。

私は、かきめしとかけそばのセット。

砥部焼の湯呑とそば猪口が嬉しかった。

c0352015_21331320.jpg

引っ越し第1弾は無事終了。
第2弾は、また来週。


[PR]
by pass8515 | 2017-02-19 21:32 | 日々の暮らし | Comments(10)

旅の本

金曜日の朝刊。
隔週連載のコラムが楽しみである。
こよなく愛する益田ミリのエッセイ
「オトナになった女子たちへ」

プロフィールにも書いているとおり益田ミリ
のエッセイは、ほとんど持っていてそれにも
飽きたらず、コミック本も各種持っている。
コミックを読むのは高校以来の事である。

人物観察、心理描写、誰でも持ってる言う
ほどでもないけれど、何か気になること。
・・を鋭くついて、そしてくすっと笑えて
好きなのである。

さて、朝刊の連載に話をもどして。
今日は、年明けのミリさんとお母様の姫路の
旅路についてであった。5年ぶりの再訪。
姫路おでん、姫路城登頂、喫茶店でアーモンドバタートースト。
これぞ、姫路見物というコースだった。
姫路城をてっぺんまで登ることはなかなか
ハードで、体力、脚力が要ることである。
(私も、一昨年骨身にしみた)

ミリさんのお母様も後日足腰が痛くなったという
事を聞いて、あの時楽しそうにしていた母は
結構、無理をしていたのではないか・・・
5年前と同じペースではいけないこと・・など
老いて行く親を思うほのぼのとしたエッセイだった。

年は少し違うけれどほぼ同世代。
同じ関西出身。文章を読むにつけ
なんだか親近感がわくのである。

***************
そもそも益田ミリの本の出会いは
なんと、母である。
数年前に旅の本2冊を母から譲られた。
「結構、面白かった持って帰るか?」

一冊は
角田光代「いつも旅のなか」
正統派の旅の本である。
c0352015_20431966.jpg
そして、もう一冊が
益田ミリ
「47都道府県女ひとりで行ってみよう」
である。
雑誌の企画で毎月一度旅に出る。
ひと月、一県、47都道府県を女ひとり
で旅をする。
ミリさん独自の視点で、観光名所もあれば
穴場的なところもあり、最初は企画だから
少々、投げやり的でありながらも、だんだん
この旅の企画に注ぐ情熱が変化していくのが
面白かった。

c0352015_20433834.jpg

何度も読んだ。たちまちファンになった。
そして、旅に出たくなった。
ガイドブックでもない。
これぞ旅の本であると思った。

家族でも回し読みをして、新聞のエッセイの
話題も金曜日の常にもなった。
*********************

晩ごはんは、
残り物でオムライスなど。
c0352015_20430305.jpg




[PR]
by pass8515 | 2017-02-17 20:51 | 日々の暮らし | Comments(6)

お昼休み

朝、自転車のサドルの表面は凍っていたのに
お昼間はどんどん気温が上がってとても
暖かだった。暖房も要らなかった。

お昼休みにテレビをつけると、
「スタジオパーク」に関口知宏さんが出ていた。
ヨーロッパ鉄道の旅で、毎朝見る人だ。

日本の鉄道を乗りつくした後、
世界の鉄道旅へ。地球2周分。
いい仕事だな~といつも、主人と言っている。

関口さんは、ヨーロッパってひとくくりに
考えがちだった・・。
EUという事もあるけれど。
しかし、国ごとにはっきりと違うことが
わかったと言っていた。

ヨーロッパの鉄道旅を見て思うことは、
母国語ではなくたいていの人々が関口さんと
英語で話すことだ。電車で出会う人、
街かどで出会う人、若い人も、高齢の人も、
だいたいが話せる。

教育の根本が違うのかなといつも思う。

そして、「スタジオパーク」が3月で、
終了することを朝刊で知った。
お昼休みは、ゲストにもよるが国会中継で
よく中止にもなるけれどだいたい見ていた。
関口さんも、かつて司会をしていたなと
思い出した。

私のお昼休みも春から様変わりする。

夕焼け空がきれいだった。
青、赤、白の層になって振り返り振り返り
何度も見た。
c0352015_20004000.jpg

こんなにきれいな夕焼けなのに明日は雨。
今日は暖かいはずだった。

c0352015_20004300.jpg

IKEAで買って来たワインは、よく見ると
ワイン風飲料だった。癖がある甘さだった。
ワインに香料などが入っていて、ホットワインに
した方がいい感じだ。

c0352015_20004953.jpg

[PR]
by pass8515 | 2017-02-16 20:00 | 日々の暮らし | Comments(3)

スケジュール

2月も、もう半分過ぎた。
短い2月の土・日のスケジュールが珍しく
埋まった。忙しい。

しかし、私は本当に忘れっぽくなった。
すっかり、きれいに忘れてしまっている
ことがとても増えた。

息子とIKEAに行った時、家具搬入の日にちを
確かに聞いたのに、すっかりと頭から消えて
いた。
さらに、勝手に次の日の日曜日が引っ越しの日
と思い込んでいた。

「日曜日は、ゴルフって何回も言うた!」
と、普段は穏やかな息子もいらだちを
隠さなかった。

言い訳だけど、外出先で聞いたりしたら
書き留めて置かないから、そのまま抜けて
しまうのだろう。
聞いた事をすぐに忘れていることが
最近、本当に増えた。

以前からスケジュールは頭に入っていると
いう妙な自信があった。
スケジュール帳を買っても、書き入れるだけで
見返すことがないから、ここ数年買わなくなった。

書き入れる?
あ、そうか。その段階で頭に残っているから
今まで、何とかなっていたのだな。
やっぱり、書こう。書き留めよう。
すぐに、書こう。

花森さんのカレンダーをあまり汚したく
ないのだけれど、2月はびっしりと
スケジュールを書き入れた。
これで、安心。

************
日光の金谷ホテルの食パンを
いただいた。
明日の朝食が楽しみだ。

c0352015_20344079.jpg
帰宅後のティータイム。
チョコ、今はより取り見取り。
どれにしようかな。
c0352015_21571034.jpg
*晩ごはん

塩鯖焼き、もめん豆腐のソテー
れんこんきんぴら、粕汁

c0352015_21573651.jpg



[PR]
by pass8515 | 2017-02-15 20:34 | 日々の暮らし | Comments(2)

春を待つ

春が近づいたサインのひとつ。
私の場合は、花粉が来たかな?という気配。
今週からマスクで、完全遮断の準備をした。

R-1のおかげかな?
まだ、それほどでもなく予防という段階で
このまま終わればいいのになと思う。

そして、いかなごの話題が始まるのもこの頃。
漁の解禁はいつかな?値段は?
今年は何キロ炊きますか?
私も、楽しみにしています。

****************
お昼休みに休憩室に入ると、かごに
たくさんチョコレートが盛ってあった。
お花のように、色とりどりが盛ってあった。

バレンタイン。
誰もがつまめるように、ごく自然にこの形
が定着した。ごくごく自然に・・・。

******************
家族がいただいて来たバレンタインチョコ
第2弾。

c0352015_21312060.jpg

*晩ごはん
おでん(昨夜の残り)、大根、にんじんサラダ
蕪とニンジンのスープ、煮豆


c0352015_21314156.png






[PR]
by pass8515 | 2017-02-14 21:35 | 日々の暮らし | Comments(4)

先日、神戸に行ったときに「古代ギリシャ展」
にも行った。
それほど、興味があるわけでもないけれど、
チケットがあったので、期日もせまるから
急いで行った。

古代。紀元前2~3000年前のこと。
途方もない、大昔だけれどその時代にも
人々の暮らしがあって、文学やおしゃれや
独自の文化があった。

特に、興味がひかれたのは古代オリンピック。
4年に一度、紀元前700年から
1000年にわたって行われたらしい。

今の、オリンピックの原型であり、
槍投げ、円盤投げ、
幅跳びなんかはこの時代からもあったのは
ちょっとびっくり。
その用具も、ちゃんと残されていた。
これらを含む五種競技の勝者が最も強い
勇者とされたらしい。

別に、今ほど複雑で利権はなくても競技は
出来るのになあ~なんて思った。
c0352015_19064560.jpg
博物館を出ると、青空が出ていたけれど
ビルを吹き抜ける風がもう冷たくて
凍えるような寒さだった。

c0352015_19064981.jpg
今日、お昼休みにテレビをつけると
スタジオパークに、
「べっぴんさん」の坂東家を長年支える
喜代さんが出ていた。

ドラマは、最近「ながら見」だけど、
喜代さんを演じる人はどんな人なのだろう。
気にはなっていた。
物腰柔らかで、穏やかな笑顔。
宮田圭子さん、どんな役者さんなのだろう。
気になっていた。知りたい。
が・・・・

そこに行きつくまでがとっても長かった。
最近の、スタジオパークは番宣に
力が入りすぎ、その人の横顔に迫るまでが
あまりにも長い。
視聴者は、その人の経歴、出演作、どうして
この世界に入ったのか・・・なんていうことを
知りたいのだと思うのだけれど。
今日だって、役作りはまあ良しとして
すみれちゃん、永山絢斗さん、何回も
出て来て、名場面集、これからの展開が
長い、長い・・・。

早くして、宮田圭子さんってどんな方?
お昼休みが終わってしまう・・・。

そのあたりのことはWikipediaでも調べられる
でしょう・・てな事なのだろうか。
喜代さんの事はそれくらいにして、ご本人の事に
迫ろうよ~・・・・・・
40分の番宣の後にようやく、横顔に迫った。

宮田圭子さんは神戸のご出身だった。
もうすぐ、70歳。
朝ドラにも何作か出てるけれど、私は
ほとんど見てない作品ばかりだった。
でもどこかでは見ている人だと思った。
きっと、どこかでは見てるはずだと思った。

そう思いながら、ばたばたと化粧直しをして
お昼休みを終えた。

c0352015_19065365.jpg

***************
晩ごはんの後は、「鶴瓶の家族に乾杯!」が
兵庫県・赤穂だったので、片づけは後回しにして見た。
大石神社・赤穂城址・花岳寺・・・何度行ったか
わからないくらいよく行った場所である。
人があんまりいないところが、またいい所である。

ぼちぼちと、息子が相次いでいただいたバレンタイン。
ご相伴にあずかれるのも、今年限りか・・。
c0352015_22142115.jpg
*おべんとう
レンコン入りハンバーグ
煮豆、鮭のムニエル、ヒラタケの炒めもの

c0352015_22131168.png




[PR]
by pass8515 | 2017-02-13 19:03 | 日々の暮らし | Comments(2)

人づきあい・その後

夕方から、風がとても強くて、戸や窓が
ガタガタ鳴った。余計に寒そうである。
明日の朝は、雪が積もるのかな・・・。

人づきあいが自分でも閉鎖的になって来たな
と思っていたら、案の定友人から
「最近、人づきあいが悪いと思っていた。」
と、言われた。案の定である。

その友人は、お互い他府県から来た者同士
とても頼れる存在だった。
社交的で、人が集まる人徳そして家だった。
たいてい、その輪に私も入れてもらい
親子ともども、楽しい頃だった。
まあ、若い時はそれでも良かった。

彼女は、「今も広く浅く友達関係を広げて
行く方だけれど、果たして本音で付き合える
人がいるのかどうか」と自分で思うと言った。
私しか、見渡してもいないような気がする
とも言ってくれた。(嬉しかった。)

心のうちを話せる人が数人いるだけで
私はそれでいい。
すっかりスリム化した人間関係、
特に寂しいとは思わないよ。と
私も本音を言った。

(こうして、ブログでもお話ができますものね・・)

性格の違いはこれはどうしようもなく、
尊重しながらこの先付き合っていけたらなと
思うのである。

******************
うどんだしに、酒粕を入れて
残り野菜と、ふわふわのお豆腐を入れて
酒粕鍋にした。

これだけで、体の芯から温まった。
c0352015_22072317.jpg



[PR]
by pass8515 | 2017-02-09 22:09 | 日々の暮らし | Comments(4)

あるリスト

引っ越し準備に大忙しの息子はとても
いきいきとしている。
昨夜は仕事の帰りに家電量販店に寄って来た。
「冷蔵庫は170リットルでいいと思う?」

急に、170リットルなんて言われても
ピンと来ない。
今使っている冷蔵庫を覗いて見ると
400リットルと書いてあった。
一人だったら、そのくらいでいいんじゃないか。
と、だいたいの見当をつけた。

朝は、引っ越しリストを作ったから、
ご意見頂戴と、出かけて行った。
家電・日用品・食器類・家具類に
分類して、事細かくリストアップしていた。

c0352015_22020663.jpg
朝ごはんを食べながら、拝見。
計量カップ、計量スプーン・・・
使うのか~?
ふとんたたき・・・!!
布団も干したことないのに、要るのか~?
もう、可笑しくなってきた。

c0352015_22021795.jpg
こうして、準備をする時が
きっと一番いい時なんだろうな。

食後に、紅茶フィナンシェを切り分けて
皆で食べた。
しっかりしてこくがあって、食べごたえ
があった。
c0352015_22015416.jpg
ちょうどその頃、荷物を送った息子から
「今、着いた。ありがとう」とメールが
あった。
「このケーキ(うなぎの寝床)美味しいな!」
と、追加で、また来た。
嬉しかった。送ってよかった。




[PR]
by pass8515 | 2017-02-08 22:24 | 日々の暮らし | Comments(4)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass