「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ゆうびんきょく

昨日の帰り道。2日間、通らなかったうちに桜が咲いていた。
夕日に照らされて、可愛く咲いていた。

c0352015_08282852.jpg



c0352015_08282814.jpg


今朝は昨夜録画していた、SMAP×SMAPを見ながら朝ごはんを食べた。
ビストロSMAPに、マッサンのエリーが出ていたからだ。ほとんど日本語でユーモアたっぷりの会話をして、切り返しも上手く頭のとてもいい人だなと思う。

ゆうびんきょくの日本語の響きが可愛いと思うらしい。きょ!がなんとも可愛いんだって。面白いなあ。
試食コーナーでも出されたきゅうりが、可愛い♪きゅうり!と発音していた。

日本人が思っても見ないことに外国の人が興味を持ったり、感心したり、そんな発見がおもしろいと思う。

ただ、その逆もエリーは語っていた。
レストランで、店員を呼ぶお客さんの声が大きすぎてびっくりした。アメリカではアイコンタクト。すみません~は、NGらしい。

新幹線で荷物を上に上げるとき、うしろに6人も男性がいるのに誰も手伝ってはくれなかった。レディファーストの精神が当たり前だから、びっくりしたと。

身につまされます。

ありのまま、日本についてのあれこれをユーモアたっぷりに話していた。


***********

・昨夜の晩ごはん・

カルディで買った野菜カレーにブロッコリー、新たまねぎ、豆類、わさび菜を炒めてプラスした。

c0352015_13330014.jpg


野菜カレー、新子と豆サラダ

今日は、年度末で帰りが遅くなるから昨夜のうちに今夜の晩ごはんを仕込んだ。
お弁当にも入れた。

c0352015_13330044.jpg


肉じゃが、さといもとちくわの煮物、大根菜っ葉と揚げの煮びたし


*お弁当*

c0352015_13330071.jpg


卵焼き、肉じゃが、大根菜っ葉の煮びたし、ブロッコリーのごま和え、わさび菜の甘辛炒め


[PR]
by pass8515 | 2015-03-31 13:23 | 日々の暮らし | Comments(0)

俵もなか

各地で次々と開花のニュース。満開のニュース。
桜の時期は心躍る半面、心がついていかない自分がいる。昨日の外出はとても疲れて、早くに床についてしまった。

c0352015_08241758.jpg


桜も見たし、美味しいものもいただいたのに、心はなんだか浮かない感じだ。
お天気のせいだったのかな。


c0352015_08241897.jpg


きっとそうだ。しとしと雨のせいだ。


昨日、お抹茶セットで一服したお店ではお干菓子のばら売りがあった。
そのショーウィンドウが綺麗で、見てるだけでも楽しくなったのだが撮影するのは遠慮してしまった。お茶席やお茶の教室が近くに点在しているから、ニーズに合わせてという感じかな。

お手洗いの入り口にオブジェとして壁にかかっていたお干菓子の形。


c0352015_14014594.jpg



お干菓子を選んではみたが、主人や息子はしっかり食べれるお菓子がいいというに決まっているから、俵もなかにした。

俵もなか

c0352015_14014550.jpg


屋号から来たその俵もなかも、しっかり食べれるほどでもなく、一口サイズで、やはり上品な甘さのしっとりした餡だった。
五色のうちの桜を食べた。

春は曙

c0352015_14014596.jpg


俵もなかがあまりにも一口だったから、2つ目の和菓子・春は曙に手が伸びた。
こちらは本当に普通の羊羮と、洋風ケーキのコラボで、失敗したなと思った。
これなら、お干菓子が2つは買えたわと、後悔した。


お弁当づくり

夜早くに寝ると、朝は早くに目が覚め早朝のお弁当づくりも時間にゆとりがある。
この時間が好きになってきた。

ブロッコリーをゆがいて、ごま和えを仕込んだ(明日の朝用)

c0352015_14014557.jpg



わさび菜をごま油で炒めて甘辛く味付けした。(明日の朝用)

c0352015_14014500.jpg


パセリを刻んで卵焼きに入れた。
道の駅で買った山盛りの野菜を余すことなく使いきることに、今週は徹しよう。

c0352015_14014592.jpg





*お弁当*

昨日は1日出かけていたから前の日からおでんを炊いていた。疲れてはいたがおなかだけはちゃんとすく。おでんに頼る季節もそろそろ終わりかな。

c0352015_14014536.jpg



おでん、卯の花、ほうれん草のごま和え、ブロッコリー、パセリ入り卵焼き


[PR]
by pass8515 | 2015-03-30 08:18 | おでかけ | Comments(0)

咲き始めの雨

雨の京都に出かけた。
春の特に桜の時期はものすごい人出だが、朝からぼつぽつ降り始め、春の賑わいも中休みと言った京都だった。

昼食までの時間、上賀茂神社に行った。
桜が少しでも咲いているとしたら、幸運だ。


c0352015_19290153.jpg


なん組かの結婚式、お宮参り、晴れの日に雨模様で気の毒だったが、花嫁さんはこちらまで幸せな気分になる。


大の字を額に赤く書かれた、赤ちゃんも。
小雨の中、すやすや眠っていた。



御所桜。
しだれ桜が咲いていた。

c0352015_19290213.jpg


思っていたよりもずっと、きれいに咲いていた。


静かな雨でひっそりした風情もまたいいものだと、思った。


お昼ごはん
桜を随所に散りばめてあり旬の食材を目でも味わった。
つきだしは桜のうつわで。(暗くてわかりにくいが)
こごみや、ほたてや、赤貝など


c0352015_19290255.jpg


桜の葉で巻いたお寿司は紅しょうがが桜の花びらだ。

c0352015_19290298.jpg


筍もこれから美味しくなる季節。
桜の餅麩に隠れながらも存在感を、出していた。

c0352015_19290249.jpg


筍ごはん
〆にふさわしい、あっさりしたお味。
おかわりできそう。

c0352015_19290279.jpg


庭に出てみると、白玉椿が満開だった。

c0352015_19290386.jpg


c0352015_19290394.jpg



お店を出ると雨はやみ、そぞろ歩きをした。
この界隈は千利休のゆかりの地で、茶器のお店が目についた。



c0352015_19290316.jpg





抹茶と上生菓子・桜きんとん
楊枝を入れるのがためらわれるほど、綺麗な桜だった。


c0352015_19290338.jpg



老舗菓子店のティールームは穴場のようで、ゆっくりとお茶を一服いただいた。

帰りの電車に乗ると、日が差し明るくなって来た。
沿線の桜もちらほら、マッサンたちが築いたサントリー・山崎蒸留所を過ぎる頃には、ぐっすり眠っていた。













[PR]
by pass8515 | 2015-03-29 19:23 | おでかけ | Comments(0)

野菜かご

土曜日の朝。
マッサンは最終回を迎えた。

c0352015_20463698.jpg


エリーの最期の手紙を読むマッサン。
マッサンの夢はウイスキー。私の夢はマッサンでした。
こんなに愛され、愛せる人がいる。
素晴らしい人生だな。

ライフ イズ アドベンチャー

肌身離さずにいた、指ぬきをモチーフにした、スーパーエリーウイスキーにちょっと感動した。

c0352015_20482185.jpg



海辺の道の駅に野菜を買いに行った。
ここは野菜も豊富だし、海の幸も充実している。バイクや自転車ロードとしても人気で大勢の人で、賑わっていた。

c0352015_20463601.jpg


一度、自転車で来た事があるが急な坂の繰り返しでなかなか厳しいロード。
坂を上って海が開けるその瞬間は最高!
元気があれば今年、また頑張ってみるかな♪


c0352015_20463634.jpg



旬の野菜をたくさん買った。
空っぽだった野菜かごに入りきらないほど。
幸せだ♪

時計まわりに、ブロッコリー、わさび菜
新たまねぎ、にんじん

c0352015_20463708.jpg


九条ねぎ、わけぎ、春大根、パセリ、さといも、キャベツ



c0352015_20463780.jpg



家族はみんな出かけていて一人でお昼にした。

c0352015_20463733.jpg



卯の花、新子とわさび菜の合えもの、おむすび


晩ごはんは、道の駅で買ってきたほたるいかとわけぎの酢味噌あえにした。

c0352015_20463864.jpg


ほうれん草のごま和え

c0352015_20500195.jpg


新子をポン酢で。


c0352015_20463816.jpg



お天気続きだったけど3月最後の日曜日は雨の予報。



[PR]
by pass8515 | 2015-03-28 20:18 | おいしいもの | Comments(0)

花がら摘み

今朝は出かける前に時間にゆとりがあったから庭に出た。

毎日のように晴れ渡った青空で気持ちがいい。週末はお天気くずれるらしいから花がら摘みをした。

花がらも集めてみると、あざやか。


c0352015_13484857.jpg



ムスカリはむくむく成長中。


c0352015_13484803.jpg



さぁ出かけよう!

c0352015_13484859.jpg



ランタン

昨夜はBSの世界で一番美しい瞬間(とき)を見た。台湾、十分のランタン祭り。幻想的な風景がとても美しかった。

c0352015_14100766.jpg


かつては炭鉱で栄えた町も閉山後はすっかり寂れた十分。昔から家単位でランタンを飛ばす風習があったが町おこしとして飛ばし始めたところ口コミで、今では世界中から訪れるほどの観光地になった。

それぞれの願いを書いて思いをこめてランタンを夜空へ放つ。どこまでもどこまでも、会いたい人に届きそうな気がする。

c0352015_14100768.jpg



十分の手前の九分は言ったことがある。
台湾の思い出は尽きず、次回に行くときは平渓線に乗って十分へと思っているけどなかなか、実現できないな。

空の旅。また、とんでもない事が起こってしまった。事故はどんな場合でもあってはならないことだけど、作為的、意図的だとしたら本当にやりきれない。


帰り道

c0352015_18272181.jpg



ようやく1週間が終わり、解放された気持ちで、家路に着く。

c0352015_18272160.jpg


桜はといえば、また少し開きかけている。
この界隈でこんなにこの土手を撮っている人もいないだろうな。桜の番人になった気分♪

お疲れさまの気持ちだろうか。
主人がどっさりパンを買って来てくれていた。

c0352015_18272148.jpg


アップルデニッシュをホットミルクでいただいた。

c0352015_18272288.jpg















[PR]
by pass8515 | 2015-03-27 18:23 | おいしいもの | Comments(0)

さきの楽しみ

雲ひとつない、晴れ渡った青空。
いよいよ春到来だ。

c0352015_20310987.jpg



たっての願いの金継ぎ教室を申し込んだ。ずいぶん先の6月の事だ。定員を越えたら抽選らしく、追って結果をお知らせしますとのこと。かなり人気と察した。
持ち込み陶器は2つまで。もうそれは決まってるんだ。楽しみに結果を待つことにしよう。さきに楽しみがあることはそれまで何か気持ちの支えになっている。


お弁当づくり

週末に近づくにつれ冷蔵庫の在庫が乏しくなってくる。あるものでのお弁当づくりは困るんだけどいろんな発想も生まれる。
起きる前に布団の中で在庫はあれとこれと思いを巡らす。今朝はズッキーニを思い出した。そしてかにかまも安価で強い味方だ。

c0352015_20310972.jpg


かにかまぼこは関西ならではの<かにちゃいまっせ>というものを時々買う。
蟹のむき身か?と思うほどの食感で、ちょっとしたごちそうのサラダの彩りに使う。値段はさすがに三倍はする。
蟹?いや、かにちゃいまっせということだ。

今朝のかにかまはいつも買う普通のそこそこのかにかま。スナップえんどうとオムレツにした。

ズッキーニの肉巻きも初めてした。
この際何でも巻こう!

***********

*お弁当*

c0352015_20310997.jpg


オムレツ、れんこんのきんぴら、ズッキーニの肉巻き(焼き肉のたれでからめる)

*晩ごはん*

c0352015_20311028.jpg



3色どんぶり

c0352015_20311096.jpg


れんこんのきんぴら

c0352015_20311081.jpg



空色のビール、初めて見たから買ってみた。
ビールがおいしい季節になってきた。


帰り道

c0352015_20311060.jpg


c0352015_20311144.jpg



寂しかった土手沿いもなかなか、華やかになってきた。
むくむくむくむく、芽生えの季節。


c0352015_20311161.jpg





[PR]
by pass8515 | 2015-03-26 20:02 | おいしいもの | Comments(0)

餅撒き

春祭りの紅白餅は、昨夜はとても助かった。
昨夜のようにおかずを作る暇がないときにオーブントースターでふっくら焼けたお餅。


c0352015_13394054.jpg




今の家に越して来てから伝統行事が多いのには、驚いた。その行事のたびにお餅をもらう。

春の祭り、秋の祭り、そして、桜の頃のビッグイベントは餅撒きだ。

小さい神社の広場に足場を組んでお菓子やお餅を撒く。お年寄りから子どもたちまでたくさん集い、きゃっきゃっ言って拾って盛り上がる。
一件当たり負担金もあり、そうまでしてなぜ餅を撒くのかと、若い頃は思ったものだ。

しかし、その餅撒きが今年からなくなった。
詳しくはわからないがどこかで事故があったらしく警察から中止の要請があったらしい。
最近は何かあると、廃止、中止だな。

満開の桜の下で行われる餅撒き。ないと思えば寂しいものだと、初めて思った。

だが負担金は相変わらずあった。お餅は撒かずに袋に入れて配られるらしい。
そうまでして!と思ってもみるが、伝統は引き継がれなければならないという事も年を重ねてわかってきたことだ。


お弁当づくり

昨夜は料理らしい料理をしていないし、常備菜もないし、お弁当はどうしようと思った。

c0352015_13394067.jpg


スナップえんどうをゆがいて、春キャベツと豚肉を炒め、かさを増やすためにしらすと、かにかまを入れたオムレツにした。
残しておいたカツを入れるとがっつり弁当になった。


*********
*お弁当*

c0352015_13394121.jpg



オムレツ、カツ2種、豚肉と春キャベツ炒め、スナップえんどう


帰り道

c0352015_18164395.jpg



c0352015_18164360.jpg



つぼみも、ぼちぼちほころんでいた。
土手沿いの桜並木を自転車で帰る日も近い。






[PR]
by pass8515 | 2015-03-25 18:15 | 日々の暮らし | Comments(2)

親として

快晴の朝。風はとても冷たい。
あちらこちらで桜の便りが聞こえてもまたまた寒くなるのは毎年のことだな。

c0352015_12560005.jpg


この日曜日のこと。少し親として嬉しいことがあった。嬉しいというか願いというか。

息子がJリーグの観戦に一緒に行くはずだった友人が急に都合が悪くなり途方にくれていた。一人でもいいじゃないと私は言ったが、サッカーを一人で見ても面白くない!
相手を探してはいたが、なにせ急すぎる。

しばらくしてバタバタと階段を下りて来た。
お兄ちゃんを誘った!と。
面倒くさそうにしてたけど、行くと言ってくれたらしく、私までほっとして嬉しかった。

決して仲の悪い兄弟ではない。
上の子が学生時代から一人暮らしをしいてかれこれ10年が経ち、すっかり三人の暮らしに慣れてしまった。たまに帰ってくるとついついご馳走作ってお客さん扱いしてしまう。
私たちとは話すが兄弟同士で、年々会話が少なくなるのが気がかりで私は寂しかった。

お兄ちゃんともっと話をしたら。と言っても喋る事がないもんと言う。せっかく帰って来ても兄は兄で弟に気を使っているのがよくわかる。よそよそしい。他人行儀。

サッカーだけは二人共通の話題、趣味で何らかの形で今も関わっている。

最高の本日のパートナーを見つけたね。

私は嬉しくなって、帰りにご飯でもとお金を渡しかけたが主人が二人とも社会人!そんな事しなくていいと一喝した。

子どもたちが小さい頃は何かしら楽しいこと、嬉しいことを届けてくれた。
春は、がっかりしたかと思えば歓喜に湧いたり。子どもたちがもたらした悲喜こもごも。それも少し遠くなってしまった。

健康でそれぞれ職に就き何より結構なことではないか。

さて二人のサッカー観戦はなかなか楽しかった様子。ブラジルのシュラスコを兄にご馳走になったらしく、ちょっとご機嫌だった。

親として、思うこと願うことには際限がない。このまま一年一年が、過ぎ去るのかと思うこともある。家族が一人二人と増える日がいつかは来るのかな。

晩ごはん

c0352015_20285109.jpg



今夜は仕事で遅くなり主人にまたお惣菜を頼んだ。チューハイで串カツがなかなかいけた。

カツ2種、春キャベツ炒め、しらすとキムチ

c0352015_20285101.jpg


春祭りの紅白餅を焼いた。
お醤油をかけて海苔を巻いていただいた。

帰宅したらにっぽん紀行をやっていた。
ビアノの音色のテーマソングが好きだ。
いつも涙がぽろっと出そうになる。

***********

お弁当

c0352015_20285201.jpg


卵焼き、きんぴらごぼう、豚しゃぶサラダ、
もやしとかにかまサラダ


[PR]
by pass8515 | 2015-03-24 20:26 | うれしいこと | Comments(0)

ふろく

新しい一週間がまた、始まった。
月曜日はやっぱり苦手だ。気が重い。
風も昨日までと違ってずいぶん冷たい。

c0352015_13435441.jpg


気分一新で、仕事のかばんを春らしいものに変えた。見た目小ぶりだが結構いろいろ入るというか財布もポーチも筆入れも縦に突っ込むと言う感じ。
自転車のかごにすっぽり入って、なかなか使いやすい。

このかばんは、昨年買った雑誌の付録。
ついつい付録に惹かれ?釣られ?て雑誌を買ってしまう。

c0352015_13435405.jpg



こうして、通勤に使って陽の目を見るかばんもあるけれど棚の奥で眠ったり古い化粧品入れにしてみたり、やっぱり付録は付録なのだ。愛着が湧かないから大切には使わない。

そしてその本と言えば、写真ばかりで二回ほどパラパラと見たらもう見ない。
時々、こういう無駄な買い物をしてしまう。

空き家になった主人の実家の片付けで、ものは必要以上に増やさない、ため込まない。学習したはずなのに、またまた緩くなっている。
自分にとって永久保存版級の雑誌がある反面まず目を通さないものもある。もう付録つき雑誌はやめよう。この花柄かばんを最後にやめよう。


**********

*お弁当*

c0352015_19595438.jpg



卵焼き、アスパラの肉巻き、れんこんのきんぴら、マカロニサラダ、魚肉ハム









[PR]
by pass8515 | 2015-03-23 19:53 | 日々の暮らし | Comments(0)

彼岸桜

お彼岸。穏やかな日和でお墓参りに行った。

c0352015_13192440.jpg


ひっそりとした境内は小鳥のさえずりだけ。


c0352015_13192558.jpg


c0352015_13192573.jpg



お寺から歩いてすぐの今は誰も住まない空き家となった主人の実家に行く。

玄関に入るときは今でもこんにちわと、私は言う。主人は笑うが、奥からはーいと義母の声が聞こえるような気がする。

家中の窓という窓を開け放ち、風を通す。
仏壇に手を合わせ、義父と義母の写真を見上げる。一連の動作になった。

そして、庭そうじだ。義母が丹精込めた庭。
土は今でも柔らかくふわっとしていて草もひきやすく私は家の庭仕事より、ずっと好きだ。だからはりきってやる。

空き家は静かにご近所さんの迷惑になっていないか気を配らなくてはいけない。
お隣との境界線の草はどうするべきか。
そのままという事はうちかしら?と、主人に頼んだ。二人とも手が土まみれになった。

義母が逝ってしまってすぐに電話とガスは止めた。そしてこの度、長い間思案していた水道も止めた。井戸があるからポンプで汲み上げバケツに入れて手を洗った。トイレもバケツの水持参だ。こういう事が面倒で踏み切れずにいたが、なかったらなかったで乗り切るしかない。


c0352015_13192582.jpg



昭和初期のまさに古民家。私もこの年になってそのよさがしみじみわかってきた。

仏間の仕切り窓の四隅は何気にハートだ。

c0352015_13192571.jpg




良さはよくわかるが現実のところ、この家をこの先どうするのか。

c0352015_13192643.jpg


玄関を出ると布袋様。なんとかなるさあと言われているような気がする。



[PR]
by pass8515 | 2015-03-22 12:56 | 日々の暮らし | Comments(0)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass