<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

居酒屋

今日はこの夏一番の暑さだった。
朝、窓を開けても、もわっという空気が入りこみ、お昼に外に出ても熱風を感じた。

お客さんも真っ赤な顔をして入って来られる。今日は昨日までの暑さと違う!
エアコンの中で日中過ごす私でもその熱が感じられた。

帰宅して、せめてもと庭の花を飾った。

c0352015_20591081.jpg


昨夜は主人と居酒屋に行った。
息子が晩ごはんは要らないというので、主人がどっか食べにイコか!と言う。

どっか=あの店!とピンと来た。

近くに、なかなか美味しい人気の店があり昨年の今ごろ大雨が降る中歩いて行った。
水溜まりにはまりながらびしょ濡れになり予約もせずに行った私たちが無謀だった。

満席で断られまた水溜まりにはまりながら帰宅し車で違う店に行ったのだった。
そのお店もなかなかの人気店で、秋田の地酒
を飲み比べたりした。(私だけ)

歩いて行ける居酒屋
主人も一緒に飲めて歩いて行ける居酒屋。
そんなものに憧れていた。
そして昨夜ようやく実現した。


c0352015_20260127.jpg


予約しておいて良かった。
平日なのにほぼ満席。
常連さん、職場のグループ風、とても賑わっていた。

冷酒と肝の焼鳥がとても美味しくて、ほろ酔いでまた歩いて帰った。

c0352015_20591361.jpg


帰り道。
満月だった。(ボケているが、満月だった)

************

7月もこうして終わった。

c0352015_20260417.jpg

[PR]
by pass8515 | 2015-07-31 21:02 | お酒 | Comments(0)

お城の美しさ

最近、夏時間が定着してきた。
今朝は目が覚めるとまだ暗い。
蝉もまだ、鳴いていない。
蝉より早起きになった。

5時にはお寺の鐘が聞こえる。
さぁ起きよう~。

少し前に、姫路城に行った。
大修理のあと、それはすごい人だと聞いていて、落ち着いた頃を見計らってみたけどそれでもすごい人だった。


c0352015_07553950.jpg



天守閣まで上がるのはいつ以来だろうか。
階段が狭くて急だからある程度の人が登れば規制して、てっぺんまでは結構な時間がかかった。

攻められる事を前提に建てられたお城は守るための工夫があちこちに施してあり、そして羽を広げたような優美さも兼ね備えている。

c0352015_07554228.jpg





シニアボランティアのガイドさんの声があちこちで響いている。私はところどころ聞き耳を立てた。
一ヵ所だけ当時の床そのままのところがあり素足でそこに立つとひんやり感が違った。


c0352015_07554590.jpg



なかなかの距離だ。列から離れて窓側に身を寄せると風が気持ちいい。
これはエアコンは要らないな。

曇っていてとても蒸し暑い日だった。
水を持参すればよかった。
城内の売店にはお土産物ものしかなく、自販機もドリンク類もなかった。
飲食禁止だから、ということだな。


c0352015_07554962.jpg



奇跡のお城とよく言われる。
姫路は空襲にも遭っていて、お城だけは残った。焼け野原にお城が佇むその写真が町にも掲げてあった。
本当に奇跡だ。


c0352015_07555263.jpg


ガイドさんに寄れば最初は5月の連休明けには落ち着くと思っていたが、まだまだこの状態。おそらく今年いっぱいはこんな感じだろうと言っていた。

久しぶりに、てっぺんまで登り、隅々まで渡ったけど広い。
見ごたえのある堂々とした、美しいお城。
改めて、そう感じだ。


[PR]
by pass8515 | 2015-07-30 08:07 | おでかけ | Comments(2)

器との出会い

今朝はごみだしをしてから池まで散歩した。
ぎりぎり涼しいと感じる時間帯だろうか。
昨夜の雨で、山は白い靄に包まれていた。

c0352015_08054148.jpg


気持ちがいい。近くの池もまんざらでもないな。

c0352015_08054621.jpg



なすのぬか漬けがいい感じにあがった。

なすを盛るために生まれてきたような器

この器に盛る度に、まな板からなすを移す度に思うことで、本当に本当に小さな小さな幸せを感じる。


c0352015_08055084.jpg


器はひょんな事から出会い、知り、魅了され食器棚には次々と仲間が増えて行った。
このなすの鉢は、10年以上前に愛媛・道後温泉で出会った砥部焼だ。
白磁に可憐な絵付け。何より丈夫だ!
特に梅山窯がお気に入りで、取り寄せや窯元まで直接行ったり、道後温泉に行くまた違う楽しみができたものだった。

もうひとつ、食器棚を占拠してるのは丹波立杭焼だ。
砥部焼の磁器に対して、土もので私にはちょっと取り扱い注意なのだけど。


c0352015_05231455.jpg


丹波立杭焼との出会いは猪鍋だった。
まだ、雪が残る頃に丹波篠山に出かけ帰りにやきものの里で、湯呑みを買った。
人里離れた立杭焼の里は、窯元が建ち並び昔話の風景だった。
こんな世界があるのか~。わずか車で一時間半ほど、日常の喧騒から逃れふと行きたくなる場所にいつしかなっていた。

窯元めぐりは宝探しのようだ。

c0352015_05231736.jpg


いったい何軒あるのだろうか。
何度か通っているうちに自分の好み、入りやすさ、お手頃感。
概ね、立ち寄る窯元が決まって来た。

c0352015_05232171.jpg



最近は若い陶芸家の洒落たショップのような店構えもあったり、少しづつ変わっていくところもあれば、全く変わらない息づかいが感じられたり。
c0352015_05232459.jpg


器は日常に使ってこそと、ある陶芸家が言われていたのを思い出す。
私もそう思う。飾って眺める楽しみもそれはそれだけど、日常にどんどん取り入れ食材との相性を楽しむ。小さな幸せだ。


c0352015_05232786.jpg


旅に出ると、ついつい器を連れて帰る。
服はやがて着なくもなるが、器は自分が壊さない限り一生ものだ。
そう言い聞かせて、服を我慢して器を買う。

c0352015_05233207.jpg


写真は一番最近、去年の秋に行ったときのもの。いつも立ち寄る窯元のおばあさんに会えなかった。行くとお茶を出していただき、買った器を丁寧に新聞紙に包みながら世間話を聞く。窓からの山の風景がとてもいい。
年に一度くらいのことだからあちらは覚えてないとは思うが、おばあさんに会いに行く。そういう思いもあったけど去年は残念だった。
c0352015_05233662.jpg




[PR]
by pass8515 | 2015-07-29 08:05 | 出会い | Comments(2)

百合の花

昨夜はほとんど雨は降らなかったが涼しい夜だった。窓辺りでお風呂上がり、いい夜風が入って来た。

c0352015_08014783.jpg



今朝も少し、涼しかった。
朝晩、涼しいと感じるだけでも気持ちが違うな♪

水やりの加減が難しい。
昨日なんか小雨が降ったり止んだり、土はわりかし潤っているよう。
そう思って、朝しないでおくと昼間はからからになっているし。

縁あって、百合の苗がうちにやって来た。
百合を育てる。
わくわくするけど難しいのかな。

ポリアナ

c0352015_08014953.jpg



ブライトダイヤモンド

c0352015_08015214.jpg




本によると、百合は品種によって日向に強いものもあれば、半日陰を好むものもあるらしい。果たしてこの品種ってどっち?

暑さに弱いが寒さには強い。
越冬が課題の私には向いているのかも知れない。
とりあえず半日陰の玄関先に置いた。

植え替える時、ころっと球根がこぼれそうだった。これが百合根か~!
茶碗蒸しが頭に浮かんだ。

もう少し、大きい鉢がいいかも知れない。

近くの池の散歩の時、その終点に百合の花が見事なお宅がある。
こそっと観察しながら、こつを学びたいな。

先日、庭でまた勝手に生えてすくすく育つ植物を見つけた。
今度はシダ類のようで苔や雪の下と相性が良さそうだ。

c0352015_08015649.jpg


昨日、職場で自転車を止める時に足元を見て
驚いた。あの植物だ。
毎日、見ているはずなのに結び付かなかった!私が、連れて帰っていたのだな。(笑)

c0352015_08020051.jpg



**************

*晩ごはん* 昨夜

万願寺とうがらしと厚揚げの甘辛炒め
にんにくたっぷり

c0352015_08020440.jpg


唐揚げ

昨年、宮崎で買った唐揚げの素がなかなか無くならない。
賞味期限は10月だから、できるだけそれまでに使いきりたい。

c0352015_08020762.jpg


さくさくと、美味しかった。

************

*おべんとう*

c0352015_08021007.jpg



卵焼き、焼豚、厚揚げの炒めもの
なすの味噌合え

梅干し、ごま塩ごはん



[PR]
by pass8515 | 2015-07-28 08:05 | 日々の暮らし | Comments(0)

元気

連日、猛暑日。
最低限の買い物だけをして、週末はずっと家で過ごした。

c0352015_14274279.jpg


実家に電話をすると、暑くて食欲が湧かない。でも、台所にたってごはんの支度をしているとお腹も空いてきたわ~。と、母が言った。

水分をいくら言うてもお父さんはとらへんねん。と、こぼしていた。
最近、スイミングも復活して、夏のプールはやっぱり気持ちええわあ~!
と言っていた。
私も、気になるのは熱中症だが、元気に暮らしている様子。ほっとする。

元気だとついつい、遠のいてしまう。
何かがないと飛んで帰らないゲンキンな私だが、声で判る。元気な声だ。

また、少し暑さが落ち着いた頃にまた訪ねよう!

************

夏バテに気をつけたい。
土用の丑から2日後

昨夜はうなぎ丼にした。
うなぎは年々、高いなあ!
3人では一尾では足りないし、2尾はちょっと多い。

頭2つ、尾がひときれの3切れパックがあったからちょうど良かった。


c0352015_14274623.jpg


やっぱり美味しい。ふわふわして肉厚で元気が出るな。

鱈の冷やしすまし汁
あっさり味に仕上げたら、鰻の後では本当にあっさりで、家族はめんつゆを足していた。
c0352015_14274910.jpg


週末の晩ごはんから

鱧の湯びきをした。
梅ドレッシングをつけていただいた。
ふわふわとした感触。夏バテにもってこいだなぁ。

c0352015_14275237.jpg



************

*おべんとう*

c0352015_14275544.jpg


卵焼き、焼豚、なすと三度豆のゴマ味噌合え、オクラ、からし胡瓜

朝はとても晴れていたのに台風の影響で下り坂だ。

気温も少しは下り坂になって欲しいな。



[PR]
by pass8515 | 2015-07-27 14:20 | おいしいもの | Comments(2)

昼寝

今日もとても暑い。
暑いけど、少しでも快適に過ごせるように床を拭いた。

最近はフローリングシートでささっと済ますだけだったから、熱いお湯で絞った古タオルで一生懸命、床を拭いた。

なんだか気持ちがいい。昔は当たり前のようにこうしてたのになぁ。
省いて省いて、楽な方に自分を慣らしてしまっているなぁ。

気持ちよくなった床で、昼寝をした。
ひんやり、さらさらしている。
30分程のつもりが、気づけば一時間近く眠っていた。

c0352015_16372146.jpg


昨夜のニュースで、18歳選挙権の問題点という話題が気になった。
下宿している学生たちの多くは、住民票を移していないから、地元に帰らないと投票できない。投票率は悪くなるのではないかという懸念だ。

そうだなあ。息子も敢えて住民票を移さなかった。それでも支障はなかったし、就職してから移したなぁ。

突き詰めればいろんな問題はあちこちから出て来るものだけど、18歳選挙権は大きな一歩だと私は思った。街頭の人のインタビューとか、コメンテーターがいい法案はさっと決まるもんですよ。と言っていた事に私も大きくうなずいた。

漠然とした不安
若い人たち、若いお母さんたちが、持っているその漠然とした不安が、私にも、きっとみんなあるのではないかな。
そこで初めて、関心を持ち、自分の意見を持つ。

私などわからない事も多いんだけど、同じ意見をテレビで聞くと、そうそうそれが私も言いたいよと、うなずくばかりだ。

投票率は低くとも、権利を持つと思えるだけでも全然違う。

漠然とした不安
やはりそれは拭えない。

**************

*お昼ごはん*

島原素麺をゆがいた。
夏のお昼はやはりこれだ。

しそ、ミョウガ、からし胡瓜

c0352015_16372444.jpg











[PR]
by pass8515 | 2015-07-26 16:32 | 日々の暮らし | Comments(2)

二つの切り株

今日は、「暮しの手帖」の発売日だ。
雑誌の発売日を楽しみにするのはりぼん以来かなぁ。

c0352015_16303726.jpg


2ヶ月に一度だから急かされずゆっくり読みたい時に読める。何かしら心に残る言葉や人様の生活が、知らず知らずに刻み込まれていく。
広告がないのが、またいいと思う。
お昼から、扇風機をかけて読んだ。

早朝は一週間ぶりに草むしりをした。
日が射さないうちに、無心で時間も忘れて。
庭の半分が日向になって来た。7時前。
ごみだしして、あまちゃん見よう!

庭に、二つの切り株がある。
子どもたちの誕生記念に市からもらう樫の木だ。

c0352015_16304110.jpg


それはそれはすくすく伸びる。だから誕生記念にもって来いなのだろうが、手に余る。
伸びては刈り、伸びては刈り。脚立、高枝ハサミで、刈りはするけど主人も元々こういう事は億劫な方で、知り合いの植木職人さんに二回ほど頼んだ。

c0352015_16304502.jpg


20年以上、わさわさと茂った樫の木は程よい木陰を作り、苔も蔓延り、そこに座って庭を眺めるのが好きだった。

しかし、主人は樫の木を切ってもらおうと言い出した。もう、手に負えない。
植木屋さんに根元から切ってもらおう。
まあ、元々植木屋さんに来てもらう程の庭でもなく、今後の事を考えると仕方ないかも知れない。
でも引っかかるのは子どもたちの誕生記念にもらった木という事だ。
何かあったら嫌だなあ。

主人は、そんなもんいちいち気にしてどうする!

そして、残された切り株だ。どれがどちらかは判らなくなったが、証はちゃんと残されている。

マンリョウの木は小学校の入学記念にもらって来た。

c0352015_16491929.jpg


今年も花が咲いた。よくみると可愛らしい。
しかし、どちらかのは枯らしてしまった。
どちらかはもう、判らなくなってしまった。
枯らしてしまったら同じ事だな。
今にして思えば残念な事だ。

*************
*お昼ごはん*

ドライカレー。
レトルトのカレーはKALDIで買って来た。
卵とオクラ、瓜をトッピング。

c0352015_16492349.jpg


辛口になっていたから、少しドキドキした。
以前、KALDIで買ったタイのグリーンカレー。強烈だった。
辛いは越えて、しびれる。味覚やらなんやらあらゆるものがマヒしたような、これが本場なんだと思った。

しかし、日本のカレーは辛口レベルが一番高いと表示されていてもまだしれてるなぁ。
辛かったけど、美味しかった。






[PR]
by pass8515 | 2015-07-25 16:49 | 日々の暮らし | Comments(5)

遅すぎる!

昨日の朝から足が痛い。
起きてトイレに行こうと階段を下りる時、足の甲から足裏がだるいような、疼くような。

なんでだろう?
節々の痛さ?また風邪がぶり返すしたのか?

ふと、思いついた。
サンダルだ!

先日、新しいサンダルをおろして、田園の中のうどんを食べに行ったんだった。

新しいサンダル。

c0352015_13180212.jpg


そのときはそれほどでもなかった。
まあ、長時間歩く買い物には向かない感じだな、ぐらいに思っていた。

うどんを食べに行った日が、海の日の月曜日で、痛みがでて来たのが木曜日の朝!
遅すぎませんか!

あの時のあの無理な姿勢や無理な動きが何日か後に痛くなる。
よくあることだが、3日後とは恐れ入った。

そのときになんともなくても筋肉は覚えてるんだな。

心の痛みもそんなところがあって何かの拍子でぶり返す。心にはちゃんと刻み込まれているんだな。日頃忘れているだけで。

いつも履くサンダル
ビルケン・シュトック

c0352015_13180637.jpg


もうこれは足の一部。ドイツの介護の視点から生まれた履き物らしく、馴染む。
全く疲れない。
やっぱりこれだ。

ちょっとおしゃれしたい時には、向かないけど、この夏も活躍しそうだ。


瓜のぬか漬けを、あげた。
いい具合に漬かっていた。

c0352015_13181003.jpg


日本酒とも合う♪

c0352015_13181481.jpg


*おべんとう*
c0352015_13181741.jpg


鮭の塩焼き、オムレツ、冬瓜の煮物、トマト

瓜のぬか漬け、ごま塩ご飯








[PR]
by pass8515 | 2015-07-24 13:21 | 日々の暮らし | Comments(2)

夏休みの思い出

今朝もまた、強い雨音で目が覚めた。
そのうち、その音を撃ち破るかのようにセミが鳴き出した。早起きだなぁ…セミたちも。

さぁまた1日が始まる!

c0352015_13342021.jpg


昨夜とその前は、こころ旅 を見ながら夕御飯を、食べた。
朝、火野正平さんの全国を自転車で回るこころ旅 を見ている。
お手紙を元に心に残る風景に、もう一度自転車で会いに行くという番組だが、夜はその
続きのとうちゃこ版というのをやっている。
とうちゃこ=到着。
するまでを詳しく。

今週は北海道で、洞爺湖、支笏湖周辺だった。
子どもたちと昔、夏休みに旅した事を思い出した。初日は千歳空港に着いたあとこの辺りをレンタカーで走り洞爺湖に宿泊した

延々と続く北海道の一本道と等間隔に立つ雪の時に境界線を示す↓表示を、見たのが初めてで北海道に来たと言うわくわく感。
記憶の断片が甦って来た。
久しぶりに一緒に夕御飯を食べた息子とこの辺行ったの覚えてる?と話した。

小学生だった息子は洞爺湖とかは覚えてないけど、バギーに乗ったりクリオネ見たり、阿寒湖のまりも、網走刑務所や車の中でしりとりしたり。そんな事を覚えている。

子供の記憶ってやっぱり子供らしい。(笑)

私もあの北海道の旅はとてもいい思い出だけど今でもひとつ、引っかかる出来事が、あった。

このあと、夕張、富良野、美瑛などを経て、最終日は知床に宿泊した。
思いの外知床は遠く、行けども行けども着かない。夏の夕暮れの空と雲はとても美しく、その中しりとりをしたのだった。
私も思い出した。真っ暗になってようやくホテルにたどり着き、息子たちは半分寝ながらご飯を食べていた。

そして、その翌朝、事件は起きた。
朝、私と息子たちで、おふろに出かけた。
朝が早かったのか誰もいなくて二人ともはしゃいでいた。お風呂から上がってからも調子に乗り、出口でなぜか上の子が、下の子に飛び蹴りしてきたのだ。背中から。
その拍子で下の子は段差から落ちてしまった。いつも兄にはやられているから、当人はけろっとしていたが、私はとてもとても腹が立ち、旅行まで来て怪我したらどうする!
誰も居ないものだから私もヒートアップして怒りが止まらなかった。

部屋に帰っても主人にその状況をまくし立てていた。当人たちはちょっとしゅんとしていたけど、素知らぬ顔だった。

なんだか気まずくわだかまりが残り、知床五湖巡りは上の子とは距離を置き、下の子とばかり歩いていた。

小清水原生花園では、少しわだかまりが融けてオホーツク流氷館、網走刑務所ではすっかり朝の出来事は忘れたかのように、親子仲良く過ごした。

女満別空港から関空へ飛び立ち、雲の上の真っ赤に燃える夕空がなんとも言えず美しかった。
不意に機内食のざるそばを頬張る上の子を見ていると、今朝あんなに叱って可哀想な事をしたなと涙が出てきた。
きっと、はしゃいでいたんだな。
楽しかったんだな。そんな表現がちょっと派手だったんだな。
そんな気持ちが湧いて来て、旅が終わる寂しさとでなんだかとても切なくなった。

こうやって、振り返るとどんどん記憶が甦って来るものだな。

昨夜、息子には「お兄ちゃんに怒った事を、覚えてる?」と聞こうとしたけどやめた。覚えてなかったら幸いと言うわけでもなく、いや、きっと強烈に残っているはずだ。

そんなこんなの遠い夏休み、北海道の思い出だ。


************
*晩ごはん*

冬瓜を冷や汁に浸した。
あっさりして、つるんとのど越しが良かった。
c0352015_13342268.jpg


春雨サラダ
c0352015_13342557.jpg


柿のような黄色い桃太郎は昔のトマトの懐かしい味がした。




[PR]
by pass8515 | 2015-07-23 13:04 | 思い出ばなし | Comments(4)

雨音

明け方、雨音で目が覚めた。
雨の予報だったかなぁ。時計を見るとまだ4時で、もう少し眠れる。朝の水撒きはしなくてよさそうだからゆっくりできるなと思いながらまた、眠りについた。

c0352015_13482949.jpg


ゆっくり休めれば、気持ちがとても開放されて明るくなるのだけど、眠りのリズムが狂う日が続くと、気分が落ち込む。

眠りで気持ちが左右されるなぁとつくづく感じる。
友人も以前、同じような事を言っていた。
その友人が他の友人たちに相談すると、長い間、寝室で寝ていない。寝たい時にその場で寝てしまえばいい。
テレビをつけながらそのまま朝まで寝ているから、リビングが寝室よー。あははと笑って答えた友人が二人も居たらしい。

うたた寝できない性格だからなあ。
友人も私も、昼寝はできても、夜はうたた寝できない性格だねーと、笑った。

しかし、そのくらいアバウトでいいのかも知れない。

気楽に気長に物事を考えよう。
と、思った。

***********
*晩ごはん*
厚揚げとししとうを甘辛く炒めた。

c0352015_13483310.jpg


製麺所の店先でとうもろこしを買った。
最近のとうもろこしはとても甘い。
ゆがかなくても生でかじれるが、さっと湯通しした。甘い!

c0352015_13483679.jpg


デザートは梅の実
食欲の少しないときに、つまむとやめられない。

c0352015_13483914.jpg


うどんのかりんとう
前日の製麺所で買った、かりかりのかりんとう。かなり歯ごたえが、あった。


c0352015_13484280.jpg



*おべんとう*

c0352015_13484509.jpg


卵焼き、鮭の塩焼き、なすの味噌いため、ししとう、オクラ、トマト



[PR]
by pass8515 | 2015-07-22 13:20 | 日々の暮らし | Comments(2)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass