<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

1日ご褒美

今日は、1日おまけ、1日ご褒美。
そんな気持ちで、頑張りましょう!
こんな感じの職場の朝礼で、また新しい一週間が始まった。

久しぶりに学生時代の友人からメールやラインをもらった。どうしてるかなと、最近気になっていた二人だったから、同じ日に続けて届くなんて!嬉しかった。

私が、この冬は大根に忙しくて楽しかった!と近況を伝えると彼女も白菜糠漬けに夢中だった。
漬物の話で盛り上がるなんて、あの頃の私達には想像もできないけど、時は流れた~。

もう一人の友人は、去年19年ぶりに再会を果たした。なんでお互いに年賀状だけで済ましていたんだろう。しかし時の隔たりなどまったく感じず、あっという間に会わない時は埋まった。ちゃんと再会の時は用意されていたんだなぁと、ふたりで何回も何回もしみじみ言った。

暖かくなったら会おう!
芽吹くとき。
人とも無性に会いたくなるものですね♪


************

*晩ごはん*
山芋・豆乳グラタン
赤玉ねぎ・にんじんのサラダ

赤玉ねぎが、所々苦かった。
私は運よく当たらなかったけど、家族にはとても不評だった。
さらしが、足りませんでしたかね…
c0352015_22071632.jpg


チョコパイ
ロイヤルミルクティが美味しかった。
パッケージはふしぎな国のアリス。
c0352015_22072044.jpg


*おべんとう*

コロッケ、たまごやき、ハムと下仁田ネギ
大根きんぴら
c0352015_22072521.jpg




[PR]
by pass8515 | 2016-02-29 22:06 | 出会い | Comments(9)

ときをためる暮らし

注文していた本が昨日届きました。

ききがたり
ときをためる暮らし

つばた英子・つばたしゅういち
自然食通信社


c0352015_20254876.jpg



ここ最近毎日のようにつばたさんの番組の録画を見ていて、やはり注文しました。
もっとつばたさんご夫妻の事を知りたいと思いました。

ききがたりなので、番組での口調そのものが本になっていました。
お天気もいいのにどこへも出かけず、1日読みふけりました。

たくさんすてきな言葉がちりばめられていたし、大切な忘れがちだった知恵や、
貫いて来られた思いに満ちていました。

お二人とも、戦争、伊勢湾台風、地震(あまり知られていないけど戦中に愛知で大きな地震があった)など、
それぞれがそのときに経験したことの教訓と言えば、備えと相互の助け合い。
お金ではない、土が身近にあれば、人は生き延びれる。
その思いがずっとおありだったようです。

つばたさんがハイカラで生活に取り入れられていることが、米軍将校のメイド経験からと言うのも、面白かったです。

私事ですが、つばたさんのおうちにあったカップが同じだったのです!
c0352015_20255163.jpg


有田焼の花柄カップが伏せて食卓にありました。
c0352015_20255410.jpg



まだまだ先の事と思っていても、いつかはやって来る、老い、その先のこと。
出来る事を当たり前の日常にしてしまえば、一ミリずつの方向転換でもいいのだなと思いました。

「楽しいのがいいね。楽しい事を考えよう。
そうしたら私の人生そんなに悪いことなんてなかったもの。」

そうして、私も生きていきたい。


**************

今日の晩ごはん

c0352015_20255796.jpg


コロッケ(コーン 下仁田ネギ)
里芋、下仁田ネギマリネ、小松菜・レンズ豆スープ。

まだまだ二月は終わりません。
四年に一度の明日もはりきって行きましょう!







[PR]
by pass8515 | 2016-02-28 20:25 | 出会い | Comments(8)

平和を思う時

春霞。暖かい日であった。
花粉症にとっては、こんな日は最悪なのだけど、マスクをして出かけた。
c0352015_23023068.jpg



週の真ん中辺りに、私は無性にうどんが食べたくなった。
米が、一番!と食育の先生の話に傾倒しながらも食欲にはやはり勝てず、
讃岐うどん直伝のあのうどん店に行った。
お遍路さんのお接待に、家庭で打ったうどんが事の始まりとされる讃岐うどん。

安い!早い!そして美味しい!
その本場のうどんを海を渡らなくても、小一時間で味わう事が出来る。

c0352015_22032268.jpg


若者と行くと、注文するものも違う。
揚げ物のセット(ちくわ天、いも天、とり天、エビ天、卵天!)とさらに7種の野菜のかき揚げも頼んだ。
少しづつシェアしながらといいながも、ぶっかけうどんの底は天かすで一杯になった。

胃もたれしながら、通り道のいつもの酒蔵に行った。

ギャラリーは、お雛様で華やかだった。
徳利に梅もいいですね♪

c0352015_19481621.jpg




********

この酒蔵の、前に立ち寄った場所は、
鶉野飛行場。(うずらの)

旧陸軍の飛行訓練の滑走路がそのまま遺されていた。
戦後、何にも利用されることなく広大な敷地はあの頃のままだという。

主人が、急に行こうと言った。
ずっと前から知っていて近隣では有名な場所だという。

私は、知らなかった…

私が住んで30年。

知らなかった…


c0352015_19481929.jpg



ここで訓練を受けた白鷺隊が鹿児島まで飛んでいき、
そして散って行ったと石碑にあった。

この桜はあの頃からあったのだろうか。
c0352015_19482240.jpg



ただ、風の音だけのする滑走路。

いろんな問題を抱えてはいる日本ではあるけれど、
とにかく平和であるとしみじみ感じる時であった。

************

*晩ごはん*
ロールキャベツ、牡蠣のバター焼き
うどん店で買った山田錦(兵庫酒米)の巻きずし
純米酒

c0352015_19482630.jpg

[PR]
by pass8515 | 2016-02-27 22:13 | おでかけ | Comments(4)

マンマの味


レンズ豆の缶詰を初めて買った。
今まで、このシリーズの缶詰で赤いんげん・ひよこ豆・白いんげんは
買ったことがあるのに、なぜかレンズ豆は手に取ることはなかった。
少し前に、ある方がブログで、使い方にちょっと困ると書かれていて
私も深い意味はなかったけれど、豆らしい可愛さに欠けているから?(笑)
なんだか、通り過ぎていたレンズ豆だった
先日この番組
小さな村の物語 イタリアで、マンマが小さめのパスタと合えて
いたのを思い出して買ってみることにした。

c0352015_22152855.jpg
この番組は、山間の小さなイタリアの村に住む人
の暮らしを紹介している。
雑貨店を営む人、酪農家、ブドウ畑を営む人、墓地を掃除する人、教師。
本当に、普通の人たちのイタリアの日常を見せてくれる。
毎回2家族を焦点に、家族の絆・歴史・仕事への思い・・。
そして、その中心には愛情こもったマンマの味だ。
ワインに合う料理が大好きな私は、この味も楽しみのひとつ。

当たり前にパスタから手作り。ソースも手作り。
本場の味がいとも簡単に、ほかほかに仕上がる。
食卓の真ん中は、白や赤のワインが3本は並ぶ。

*******
さて、私もマンマの味さながら・・・
パスタも豆も、ソースも半分でき合いながら、
レンズ豆とトマトソースのパスタを作った。

レンズ豆は、納豆で言うとひきわり納豆のような
小粒で、あっさりした味だった。
そんなに主張しない?使いやすいお豆だと思った。

c0352015_22153153.jpg

ラナンキュラスは相変わらず寒さに強い。
フリフリパンジーは、少し元気がなく寒そう。
花も人も春を心待ちにしているよう・・です。

c0352015_08070815.jpg


[PR]
by pass8515 | 2016-02-26 22:14 | おいしいもの | Comments(6)

待ち遠しい

さあ、今年もぼちぼち気になって来た。
いかなご漁の解禁日だ。
近所の人とも友人とも、もうそろそろだね。
・・今年、焚く?
今年は、しんどいしやめとこっかな~。
でも、見ると焚きたくなるよ・・。
待ってるよ。うん、待ってるわ・・。
孫も、娘も友達も待ってるわ。

まあ、たいてい交わされるこの季節の会話。
スーパーには、すでにざらめやしょうゆや生姜、
入れて送るパックがスタンバイされている。
いかなご特設売り場は準備万端!
あとは、解禁を待つばかりの秒読み段階なのだ。
去年の記事を見てみると2月26日だったようだ。
そして私が焚いた様子は、こちら風物詩

そして、今年の値段は?気になるところだ。
1キロ当たり、1000円前後でお店によっても様々だ。
800円台なら、お~安い!もう1キロ焚きたくなるのだ。
高い年は2000円くらいの高級な時もあった。

瀬戸内の春告魚。
春が来たと実感するいかなごのくぎ煮だ。

************
同じ時期に、出回る茎わかめ。
寒天のように、なめらかに仕上がった。


c0352015_21532344.jpg

干し大根をもどして、干ししいたけ・高野豆腐・にんじんと焚いた。
主人が「花粉もPM2.5もついてるから、よう洗えよ~。」と
干し大根の事を言った。
せっかく人が楽しんでるのに水をさすような事を言う。
みんな、干してますよ・・。

c0352015_21532678.jpg
**今朝の折々のことばが、また良かった。

「細く 長く 曲がることなく いつも くす くす
くすぶって あまねく 広く 世の中へ」  
              ** 松栄堂 **

c0352015_21533040.jpg
「京都のお香の老舗、その創業家に伝わる家訓。
太くて重い存在感などなくていい。
冴えてなくても輝いてなくてもいい。
目につかないところでちょろちょろくすぶっていればいい。
ただ、曲がったこと、それだけはしてはならない。
調子に乗ってはいけない。
線香のように地味に静かにこれを守っていれば、いつかきっと
人様のお役にたてる・・・・・」

仏さまのそばにはいつも松栄堂のお線香。
こんな形で、ご紹介ができるとは・・・。


c0352015_22240054.jpg




[PR]
by pass8515 | 2016-02-25 22:06 | おいしいもの | Comments(6)

食育の先生

暖かいと思えば一転、寒い・・今日。
食育の先生のお話を聞く機会があった。
「食」にはとても関心があるものの知らない食の「いま」を
聞くことができた。

何から話しましょうか・・・
いっぱい、短時間でお聞きしたので私はメモりながら・・
まとめました。

まずは、学校給食。
米飯給食100パーセントを目指して、その先生たちは奔走して
おられるようだがなかなか実現せず・・
そこで、私はちょっと待って!
「米飯給食って、今や主流ではないんですか?」
「いえいえ、まだまだパンが主流です。米飯の日もありますが
100パーセントはまだまだ少数です。」
「やはり、米飯がいいんですか?」
「そりゃ、日本人ですから。パン食はひざを悪くするんですよ・・
欧米人と日本人の持ってるDNAはそもそも違います。
小麦粉主流ではいけないんです。米主流にできているんです。
いま、ひざが痛いと言われている高齢のかたはほとんど、朝はパン食です。
統計にも出ています。面倒だからついついパン食なんですよ。」
さらに先生は、
「ごはんを食べると自然と15時間後には眠くなるようになるんです。」
15時間後・・・
「7時の朝ごはんにご飯を食べるとすると10時には
眠くなるわけですね・・」
「そうです!」

「夜、2,3時間おきに目が覚めると言われる高齢の方多いでしょう。
それは、動物の本能なのです・・。猫など動物は本来敵から身を守るため
人間のように7時間も8時間も眠りどおしなどあり得ません。
頻繁に目が覚めるものなのです。なのに、人間だけ特別な生き物のように
眠れない・・夜中に目が覚める・・とすぐに薬を処方される。
目が覚めて当然なんです。」
「夜中に、頻繁に目が覚めてトイレに行っていいんですね」

「いいんです!!」

もはや常識のことかも知れないけれど、私は初めて聞くことばかりで、
すっかり引き込まれてしまった。
今はよく眠れるけれど、もし将来夜中に頻繁に目が覚めるとしたら
もう悩まない!それは、動物の本能だから・・・。

食育の先生からすれば、我が家の食生活はどんな評価が下るのだろう。
どんなお点をもらえるかしら。
なんて思いながら、茎わかめを焚いた。


c0352015_20275654.jpg

一度、煮たててざるにあけたら磯の香でいっぱいになった。
海水浴の民宿のにおいがした。
奄美の黒糖としょうゆ・みりんでことこと焚いた。
c0352015_20275921.jpg

山口県産の蓮子鯛
春の色・波間のかがやきですね・・・。
c0352015_20280222.jpg




蓮子鯛はアクアパッツアで。

c0352015_20280661.jpg
食育の先生は、若い人がとても食に関心を持っている、
都会へいくほど若いお母さんで講演会はいっぱいなんです。
と、言われていた。
無添加・自然派・食品偽造・アトピー・・。
とりまく環境は複雑で、興味は尽きないようである。
そうせざるを得ない、状況があるにせよ敏感になってる
という事は、明るい未来だなと私も思ったし、
先生も言っておられた。
そして、橋渡しは私たち(あなた方)世代だとも・・・。

はい!












[PR]
by pass8515 | 2016-02-24 21:27 | おいしいもの | Comments(12)

春が近づく庭


行ったり戻ったりだけれど、確実に近づきつつある春。
庭も少しづつ日なたの割合が増えて来て、植木鉢を
光の場所へ集めた。

アネモネが一輪咲いていた。
根元に大きなつぼみを持ちながら、長らくそのままで
一気にむくっと咲きだした。
c0352015_21462947.jpg


貝母百合(ばいもゆり)がつぼみをつけた。
初めて植えた球根がこんな風になるとほっとする。
あともう少しで・・会えるね。
別名あみがさゆりとも言うらしい。
内側が網目のよう・・(写真によると)



c0352015_21463316.jpg

端切れでパソコンカバーを縫った・・。
小さな花をあしらって・・みました。


c0352015_22062899.jpg
******************
神戸・南京町の老祥記のぶたまん。
「ぶたまん」という呼び名の発祥の店
天津包子と呼ばれる饅頭を日本人に馴染む「ぶたまん」として
販売して、100年。
南京町にいつ行っても、行列で・・。
私は、直接並んだことはなくこのたび初めていただいた。

並ぶだけのことはあります!納得です!
小さいから、いくらでもいけます。
私は、3個。ぺろっといけました。

今度行ったら、並んでみよっかな~。

c0352015_21464231.jpg

この写真は乾いたように見えますが・・・蒸し器で蒸したての湯気と
しっとりした感じが出せてなくて残念至極!

大根の皮のきんぴら
c0352015_21464614.jpg
*******
今夜はきれいな満月でした。




[PR]
by pass8515 | 2016-02-23 21:40 | | Comments(4)

休日の過ごし方

昨日の日曜日は、自分でも次々とやりたかったことが出来て充実した休日だった。
すべては暖かな春を思わす晴天のおかげ。

アイロンをかけ、庭に出て、お雛様を出したまでは、昨日お話しました。

そのあと海を高台から見るために、車を走らせた。
本当は定番の散歩コースでもあるのだけど、
時間短縮のため車で!所要時間5分!

とにかく高い空と、遠くの海を望みたかった。
たったそれだけの事なのに気持ちががらっと変わるのだ。

c0352015_13453045.jpg



こんな冬の晴れた日は、瀬戸内海の島々もきっと見えるはず。
黄砂の季節はまったく霞んでだめ。
今なんだな~。♪
家島が見える。くっきりと見える。
平和だなあ~。とても静かだ。
清々しい気持ちになる。
特に何かがあったわけではないけれど、もたつく気持ちを
ふわっと軽くしてくれる。
c0352015_13453485.jpg

お昼は、グラタンを作りたくなったのでありあわせ材料で、
ベシャメルソースづくりから入った。
にんじん、たまねぎ、豆、ウインナー。
こってりした、こくのあるグラタンに仕上がった。
少し、お昼から残り物の白ワインを開けて・・
c0352015_20360920.jpg
映画を観ようと思った。
気持ちの良い、楽しい映画にしよう!
もう、あれしかない♫
「サウンド・オブ・ミュージック」である。
平均して1年に2度は見る。
本当によくできたミュージカルです。
自然と、体がリズムをとってもう楽しくて楽しくて・・
子どもたちの演技を超えた自然の表情がまたとてもいい。

c0352015_20361412.jpg
そしてまた楽しいだけでもない。
侵攻・亡命。時代の波にもまれていく一家の行く末に
いつの間にか、涙も出るし心が震えるし・・。
何度見ても、まったく見飽きることのない、色あせることのない
マイ・フェイバリット・・シネマです。

c0352015_20361954.jpg
**********************

夜は、ほくほくコロッケを揚げた。
たまに、作りたくなるコロッケ。
家族の評判も上々で・・嬉しかった。

c0352015_20362368.jpg

なんてことはない休日だった。
しかし、こんな休日が私にはスペシャルなのだ。


[PR]
by pass8515 | 2016-02-22 20:32 | 映画の日 | Comments(6)

お雛様

今日は、からっと晴れて気持ちのいいお天気だった。
朝から、アイロンをかけたり、庭の植木鉢を動かしたり・・
晴れたらしようと思っていたことを、順番にやった。
絶好調!
そして、今年もお雛様を晴れた日曜日に出した。

50年の時を経て、髪も乱れ、装束もところどころ
かすれてはいるものの、この春も、無事に出すことができた。
七段飾りだった、私のお雛様はもう今は2人きり。
お供たちは、木の段とともに実家で仕方なく手放された。
三人官女だけ、母は残しこの春も飾ってあることだと思う。

c0352015_22062969.jpg
父方の祖父から贈られたお雛様。
私が小学校にあがる前に亡くなったのでほとんど祖父の事は
記憶にない。ただ、段飾りの木の箱に祖父の名前が書いてあり、
贈ってくれたことだけを、ずっと忘れずにいた。
初孫でもなかった私に、よくこんな立派なものを送ってくれた
と母が毎年のように「感謝してるわ~」
と言っていたことも忘れずにいる。

c0352015_22023344.jpg
唯ひとつ、祖父との思い出がある。
幼稚園のお遊戯会に、一人で見に来てくれた。
当時私は、バレエ体操のようなものを習っていて
その発表会でもあった。
祖父は、ちょっと怖くて頑固なイメージが幼心にあった。
なんか、緊張したのか、でんぐりがえりをしたときに
失敗し、床で頭を打ったのが痛くて恥ずかしくて、
いたたまれずに私は、泣きながらその場から逃げ去った。
壇上から突然消えた園児。
もう、ぶさいく・・。
廊下で見ていた母に、抱きついていつまでもびいびい泣いていた。

近所のおばさんたちが、「頭打って痛かったんやな~」
と慰めてくれたけど、とても恥ずかしくて祖父に合わす顔がないな
と、思った。

c0352015_22023734.jpg

家に帰ると、座敷で祖父はお昼ご飯を食べていた。
母が「おじいちゃんに、あやまっておいで~」と言ったけど
なんか近寄りがたくて、そこでも緊張していた。
謝ったかどうかは、覚えてないけれど、祖父は特に何にも言わずに
ご飯を黙って食べていた。

それから、間もなく亡くなったことになるから、
本当に唯一、祖父との思い出だ。
お雛様とセットで思い出すことだ。
それに対して祖母は三歳の時に亡くなったらしいから、
まったく覚えていない。母から人となりを聞くだけなのだ・・
恥ずかしかった思い出だけにしろ、祖父との思い出がひとつでも
あって、良かったと思う。そして、このお雛様。
その時の祖父母らの年齢に、自分が近づくにつれ贈ってくれた
その気持ちをだんだんにわかってくるものなんだな。


************
屋久島のたんかんが届いた。
皮はまたマーマレードにしようと思い、
むいた皮をためている。台所に柑橘系の香りが漂う

c0352015_22050306.jpg





[PR]
by pass8515 | 2016-02-21 22:01 | 思い出ばなし | Comments(6)

雨の土曜日

暖かな、しかししつこく降り続く雨の土曜日だった。
買い物に行き、家の事をごそごそして、2時過ぎから昼寝。
とにかくだらだらした休日だった。

たまにはよろしい。

花粉症の季節は薬のせいでとにかく眠い。
夜、充分睡眠をとっているにも関わらず、薬を飲まない週末もその余波がある。

目覚めると4時過ぎ。
あ~よく寝た~。

ふきんをおろした。
気分をいささか、替えるためにふきんを二枚も!
おろした。

きのこと四つ葉のクローバー。
c0352015_22040424.jpg



************

息子も雨の休日をもて余していた一人で、
夕方部屋から降りて来るなり、朝ドラの話をした。
「あさが来た」も毎日息子は録画しており、共通の話題として盛り上がる。
(宮崎あおいちゃん効果です。)
暴漢騒動は史実かなぁ?あの頃なら、普通命を落としているはずだろう?
と、言いながら。

話題は春からの新しい朝ドラへ。
「暮しの手帖」の人なん?
と言う。
そやで!もう何回も言うたと思うで~。
と、私は、はははと笑った。

c0352015_21581229.jpg



ヒロインのモデルとなる、大橋鎮子さんの魂のパートナー、
花森安治さんを唐沢寿明が演じるらしい。
長らく気になっていた配役だけど、大物俳優器用ですね。

花森さんは、このカレンダーの絵を描いたひとやで。
台所にかかっている絵を指して言った。
へぇ~。
息子ははじめて聞いたように若干興味をしめしたけど、
この話も2回はしてると思う。

まぁ、人の話なんてこんなもの。
興味がなければ、聞き流し、通り過ぎるだけ。
興味を持ち、そこで初めて記憶の片隅に収まるもの。


余談ですが・・
(新しい、暮しの手帖の編集長は、本上まなみさんの旦那様らしいですね。)



*晩ごはん*
つくね(豚ひき肉で)、牡蠣フライ、
きのこのオープンオムレツ・にんじん・豆・キヌアのサラダ
c0352015_22051044.jpg
♡キヌアの栄養効果は?♡
栄養価が高いというだけで、さかんに取り入れておりますが、
効果を調べようとおもいつつ、まだ調べておりません。
身体によさそうというだけで・・時間のある時に使っています。



[PR]
by pass8515 | 2016-02-20 22:12 | Comments(4)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass