<   2017年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ふたりときどき・・3人

「いつも、優しかったらそんでええやん!」
と、先週末帰って来た下の息子が言った。

※ここで、少し整理をしておきますと・・。
昨日チーズケーキを持って帰って来た上の息子
ひとり暮らし通算13年目
電車で1時間ちょっとのところに暮らしています。


c0352015_18342533.jpg

そして、下の息子
ずっと、一緒に暮らしていましたが、今年の春先のこと。
急にひとり暮らしが、したくって、出て行きました。
車で20分くらいのところに暮らしていて、隔週ぐらい帰って来ます。

で・・その下の息子が帰って来ると、なぜか夫が私に偉そうに言う。
いつも、口調が柔らかいのに、息子が帰って来るとなんだか威張って、嫌な口調になる。

「お父さんな、あんたが帰って来ると、お母さんになんかきつい言い方するねん。いつもは、そうでもないのにな・・・いつもは優しいねんで」

「じゃあ、いつも優しかったらそんでええやん!」
ごもっとも・・・・。
息子はもう、あきれたように言った。

あれは、どういう現象、心境、心理なんだろうな。
息子の前では、威厳を保ちたいのかな。
夫婦二人、なるべく摩擦を避けたいという努力の表れなのかな。

せっかく、息子が帰って来ても、ぶすっとして・・。
もう少し、話せばいいのに。
私に対しても、そんなことも知らんのか!と、いつもより厳しく言うし。

わからない。

ふたり暮らしも、当初、懸念したよりもスムーズにわりと楽しくやっている。
ときどき3人。替わるがわる帰って来て、4人がなかなか揃わないけれど。

うちは、この先これ以上家族の人数って増えないのかなと、最近特に思う。
増えたら、増えたでいいし、増えなかったら、それはそれでいいし・・。
自然のなりゆき、風まかせと行きましょう。

おべんとう
昨日の残り物を詰めて・・。
「サラメシ」を見ながら、食べました。
c0352015_18541162.jpg




[PR]
by pass8515 | 2017-11-30 18:56 | おいしいもの | Comments(6)

おかえり

雨の水曜日。
上の息子が休日で、パブロのチーズケーキとエッグタルトを持って帰って来た。
いつも、ふらっと気まぐれだけど、平日に帰って来るのは実に稀なこと。

c0352015_21375869.jpg


何か、あったか?と身構えたけど、パスポートの申請のためだった。
週の中日であり合わせで済まそうと思っていたのに、3人だとそうもいかない。
急きょ、から揚げやコロッケを買って来て、野菜を炒めて、韮玉子を焼いて、もずくを出した。
そうそう、豆腐と揚げでお味噌汁も作った。

c0352015_21374761.jpg


とにかく息子は「家の味噌汁がほんま、美味しい!」といつも言う。
私もわかっているから、いそいそと作る。
今夜は、「出汁が美味しいなあ。味噌を上回って出汁の味が引き立ってるなあ~」なんて、食レポのようなコメントをくれた。

私の友人の台湾のお土産のパインビールと、新酒を呑んで楽しいひと時だった。
滞在時間約2時間半。
ガッテンとJリーグを少し見て、電車の時間を調べて、帰って行った。
いつでも、また帰っておいで。

**********************

友人の台湾のお土産はほかにも・・・。
いろんなものを少しづつも楽しいな。
四角い箱の牛乳糖が美味しかった。
ヌガーのようなもの。
ヌガーって最近見ないな~と思った。
c0352015_21413464.jpg




[PR]
by pass8515 | 2017-11-29 22:16 | 日々の暮らし | Comments(4)

書くこと・読むこと

今日は、とても暖かい日だった。
こんな日を小春日和っていうんだろうな。

「書くこと」は、とても有効な気持ちを鎮める手段。
時間をみつけては簡単なメモに書き留める習慣がある。
日記でもない、ただメモ。
それでも、続くときと、数日空くときがある。

今朝は、朝ごはんのあとメモを書いた。
最近の体調、思い、出来事、体重、・・。実に箇条書き。
ムーミンの手帖に記す、自分のこと。
誰に見られても、いや誰かが見てもおそらくわからない暗号のような、メモ書き。
しかし、書くととても安心する。
後で、見るととても参考になる。特に、体重の推移はとてもドラマチック!
気にしている時は、さして減らないのに、気にしないときは、増減なし。
過去の悩みを見ると、本当にとるに足らないことで悩んでいる。
「書くこと」は、とてもいい。自分を客観視できる。
ずっとずっと、チラシでもなんでもいいから、時々の思いを綴っておきたいなと思う。
おばあちゃんになっても。

c0352015_18214146.jpg

「読むこと」
書く人がいて、それを読む人がいる。
週末、「暮しの手帖」の発売日だった。
実は、前回号がそれほど読めていなかった。
発売日にいそいそと買ったはずなのに、手が痛い!
右手でページをめくる、左手で支える。
それが、出来なくて、文章もそうそう目に、心に、入らなくて、ほとんど読めていなかった。

で・・週末一気に読んだ。
読んで良かった。
土井善晴さんの料理は「触らんでよろしい」は、そう気張らんでよろしい。しかし手を抜くとは違う。
今の私にうってつけの、教訓だった。
美味しいものを食べたい!何も凝った料理でなくてもよい。
手を加えなくてもこの季節、旬の食材で、からだを温めるもの。
料理が出来る喜びを再確認した私にとって、願ってもない「読みもの」だった。

前回を読んでから、しばらくして今回の号を買おうと思ったけれど益田ミリさんが随筆を寄せていると知り、早速買った。
私の大好きなミリさんと、また大好きな「暮しの手帖」のコラボ!
これは、買わねば!
そして、昨日の日曜日。今回号を読みふけった。

「書くこと」「読むこと」をただ書きたくて、帰宅してから一気にこのブログを書いた。
日中から、とっても楽しみだった。
この二つのことは、いつだって、簡単に出来ること。
簡単なようで、気持ちに大いに左右されるけれど、出来る時は、とても心静かな時。
安らかな時と実感したのだった。

昨日のうちにクリームシチューを作っておいて良かった。
さあ、これから鍋を温めよう。


[PR]
by pass8515 | 2017-11-27 18:52 | 日々の暮らし | Comments(4)

れんこん

今日は、一歩も外に出なかった。
せめてその代わりに一階と二階を行ったり来たりして、掃除を頑張った。
あ~年末の掃除の季節なのだなあと思い、暖かいうちに、気が向くときにやろうと思った。

昨夜は、息子がお肉をもらったと帰って来た。
一人では、食べきれないけど三人だとちょっと控えめ・・(笑)
でも、とても美味しいお肉だった。
ごちそうさま。ありがとう♪
c0352015_21503936.jpg


れんこんステーキの美味しさに息子が驚いていた。

「え?これ焼いただけ?」
「そう、味付け何にもしてないよ。」
「え~俺が買ってくる、いつものれんこんってあれ何?」

甘い、ほくほく、味が濃い!絶賛していた。
c0352015_21505763.jpg

先週行った、もみじ山の軽トラ市で買って来た一本のれんこん。
スーパーの時にしてかすかすの、れんこんとはまるで違う。
ちなみに、ステーキもれんこんも「焼きの名人!」夫が焼きました。

息子は、珍しくお風呂に入って帰った。
節約のために、いつもシャワーで済ましているらしい。
「やっぱり、湯船は違うな~気持ちよかった」と言う。
この季節に、お湯をはらないなんて・・・・。
私たちには考えられずに久々の小言になった。

一人暮らしを始めてから、初めて迎える冬。
少し、寂しさを感じているのかなと、私は感じた。
また、いつでも帰っておいで。

*********************

今夜は土鍋いっぱいの粕汁にした。
白菜と、鰤のあらだけのシンプルな粕汁。


c0352015_21512055.jpg


柚子胡椒を入れて、お猪口一杯のお酒も一緒に。
もみじ山のれんこんも最後になった。
やっぱりきんぴらで・・。ちりめんじゃことかつお節と七味唐辛子と一緒に炒めた。
c0352015_21510824.jpg

からだを温める、れんこん、白菜、そしてお酒。
実に、ゆったりした休日だった。

さあ、また新しい一週間を頑張ろう!





[PR]
by pass8515 | 2017-11-26 22:21 | おいしいもの | Comments(4)

手袋を買いに

昨日の天気予報では、土曜日はもみじ日和になるでしょう🎵
と伝えていた。
もう見頃最後の週末になるのだなあ。
でも、私は京都でも紅葉を見たし、もみじ山でも山いっぱい、人いっぱいのもみじを見たし、本年の紅葉見物はおしまい!と自分に言い聞かせた。

そのもみじ日和の土曜日を、家で心穏やかに過ごした。
なんだか、とても気持ちが軽かった。
なんだろう。何故だろう。
家の事にやる気が出て来たからだろうか。
両親に会ったからだろうか。

何にしても、朝から綿手袋と使い捨てゴム手袋をはめて、水仕事に励んだ。
台所、窓のサン、お風呂、トイレ、ゴミの分別、1時間と決めて立ち働いた。
窓から差す光が眩しかった。

朝9時過ぎ。
このくらいで、ちょうどひと息つきたくなる。
温かい紅茶を淹れて、ドラマ「この声をきみに」の最終回の録画を見た。

いいドラマだった。
優しくて、暖かくて、忘れていた童話や詩や、知らなかった小説の一節を私に語りかけてくれた。

新見南吉の「手袋を買いに」
好きな童話だった。
子供たちに読み聞かせるたびに読んでるこっちが、泣きそうになった。
もう一度、読みたくなった。

*******************

で・・。
少しこじつけのようだけど、一昨日私も手袋を買った。
両親に会って、そのまま電車に乗らずに京都駅の伊勢丹に寄って、手袋を買おう!と決めていた。

むくんだままの指に手持ちの手袋が入らず、ゆとりのある手袋とを思ったら、売り場はもうどれも細身の手袋ばっかり!
手タレか~と思うくらいのそれは、しゅっとしたスタイリッシュな手袋ばっかりだった。
やっぱりな~。デパートは、こんな感じか~と諦めかけていたら、目に飛び込んで来たのは、帽子付き手袋だった。

指が出せる。そして、出たままの冷たい指に帽子をかぶせる。
可愛い~🎵と心がはずんだ。
さすが、デパート!(笑)
色、価格帯、素材、デザイン・・このタイプが結構あった。
迷うほどあった。
肌ざわりのふわふわした、モヘアにした。

c0352015_17120756.jpg
親指だけが、可哀想に寒いけど・・。
夕方の散歩にもはめて行った。

c0352015_17121611.jpg

母の病院の近くの商店街で「100円市」がにぎやかだった。
いつも通るとき、さびれた感じの商店街だけど、この日はものすごい人だった。
お惣菜なんでも5つで500円!という、市を見つけた。
お漬物や、佃煮や、おかずやら。

「これ、全部自家製ですか?」
「うちの93歳のおじいさんが漬けてます。さあ、マスクなんか取って、おねえさん味見してってや~」
と威勢が良かった。

迷って、迷って・・・・。
べったら、大根昆布漬け、生姜の甘酢づけ、丹波の黒豆煮、茎わかめの煮物
どれも、とても美味しかった。

れんこんだけ、自家製。
醤油でれんこんステーキに。


c0352015_17123913.jpg

さあ、今夜の晩ごはんの支度をしよう!


[PR]
by pass8515 | 2017-11-25 17:42 | 日々の暮らし | Comments(8)

雨あがりの紅葉

朝には雨も止んで、お天気になった。
母が、目の事で入院している。
今までいろいろな人に体験を聞いていたけれど、軽く思ってた。
しかし、その日が近づいて来ると今までの手術の中で一番、怖くて不安だったと言っていた。
そんな母が心配だった。

両目の手術を終えて、保護カバーをした母は、晴れ晴れとした表情だった。
眼鏡がかけられないから、字が読めないので、とても退屈。
仲良くなったお隣のベッドの人も、前日退院していったし・・・。
だから、たくさん喋った。
気晴らしになったことだろう。
それは、私だって・・🎵

*****************

病院に行く前に、東福寺近くを少し歩いた。
紅葉が今真っ盛りだった。
そして、ものすごい人!
c0352015_16072646.jpg


駅のホームから出るのに、まず時間がかかった。
道すがらの塔頭からのぞく、かわいらしい仏像。


c0352015_16073478.jpg


今日は、雨だと思っていたから、晴れて来て嬉しかった。
より一層、色づきがきれいに見えた。


c0352015_16074017.jpg


しかし、東福寺ってこんなに人気だったのか?と、驚いた。

c0352015_21582196.jpg


一番の見どころの通天橋からの眺めもきれいだろうなあ~。
しかし、私はそこまで行かずに反対側の小さな橋から写真を撮った。
立ち止まらないでください!写真を撮らないでください!と言われていながらも、撮影する人はする。
私も、ごめんなさい!撮りました。

c0352015_21582859.jpg


母はこの秋は紅葉どころではなかったが、週末には退院出来て、また日常に戻る。
手術の不安から解放されたのが、本当に良かったと言っていた。
また、新しく生き返ったつもりで、頑張るわと言っていた。

父もショートステイ先で、元気にしていた。
父なりの楽しみを見つけて、なんだか生き生きとしていた。

置かれた状況で、現実を受け入れて、出来ることを楽しむ。
親を見て、学ぶことはまだまだあるものだな~と思った。
少々、ハードスケジュールだったけれど、会えて良かった。
帰りの電車の中で、二人の言葉を繰り返し思い出していた。

さあ、私も頑張ろう!

c0352015_21582388.jpg



[PR]
by pass8515 | 2017-11-23 22:52 | おでかけ | Comments(2)

お惣菜トリオ

予報より、ずいぶん早く冷たい雨になった。
もう紅葉の美しい時期は、終わりか?
なんだか、消化不良のまま晩秋を迎え、冬に突入するような気がする。

休日に、お惣菜トリオを作った。
私がひそかにトリオと呼んでいる三品。
ひじき、切干大根、れんこんきんぴら

具も味付けも同じもので揃えられるし作り置きしておくと、アレンジ出来て便利。
今夜は、オムレツにひじきを入れた。
かぶの酢漬けと・・・。
これも、初秋に漬けておいて良かった。

c0352015_18462318.jpg

今朝は、身支度が少し早く済んだので朝から「世界ふれあい街歩き」を見た。
イギリスのある街で、ナレーションが中嶋朋子さん。
この番組で、この人のナレーションが一番好き。
本当にのぞき込むように、ポンと肩をたたくように、語りかけていて、とても自然。

お昼は、お昼で、少し早い休憩時間。
久しぶりに「きょうの料理」と、「趣味ドキッ!」が見れた。
もう、どのチャンネルもお相撲の話ばっかりで、もういいです。

「きょうの料理」は菊乃井の村田先生。
手軽な家庭料理も、柚子やみかんの皮を千切りにして乗せれば、割烹風に。
今夜のお惣菜トリオにも、乗せてみれば、一味違うだろうなと思った。

*********************

先日、友人と会った時に、「指やろ・・ええやん。誰も、指なんか見てないよ」
と言われた。
「私、職場の人のあの人の指がどうとか・・・見てないわ」と言った。
励ましのつもりだったと思う。悪気はないのは、よくわかっている。
そのぐらいのことどんまい!という事だと思う。

でも、違う!違うよ!と、私は心の中で叫んでいた。
見かけを別に気にしているわけではない。
そんなことを気に病んでいるわけではない、と説明しようと思ったけれどやめた。

相手の本当の痛みや辛さはそれはわからないけれど、でも自分のそれらと重ね合わせて、辛いだろうな、苛立たしい思いだろうなと察することは、年を重ねるごとにわかるようになって来たつもり。
暗闇から、抜けるまでの果てしない時間。
しかし、いつの日か、あ~抜けたなと思える事。
そういう時が、いつか来ること。
辛さに大も小もなく、人それぞれに違う辛さを抱えて、日々送っている。

指くらいええやん。という言葉がずっと残っている。


おべんとうもトリオを!
私がこういう写真を撮り出したら、あ~心が回復した証だなあと思った。
c0352015_21161075.jpg

今から、トレッキング東北秋紅葉
「八甲田山と奥入瀬」を見たいと思います。

そして、明日は両親に会いに行こうと思います。




[PR]
by pass8515 | 2017-11-22 21:26 | 日々の暮らし | Comments(4)

冷えます

今朝は本当に寒かった。
冬が来たと、実感した。

昨日、紅葉を見に出かけたそのもう少し北は雪になったそう。

c0352015_18414305.jpg


朝から手足がもう…冷たくて。
毎年の事だけど、さぁこの冬はどうして乗り越えようかと、朝ごはんを食べながら考えた。

なんせ、寒くなるのが急だから、冬じたくが全然間に合っていない。

手足用のカイロを買おう。
靴下を2枚履こう。
ゆとりのある手袋を見つけよう。
生姜湯を飲もう。
血行マッサージをしよう。

とまずは温かいカップで手を温めた。
昨夜、使った器はもう少し乾かそう。

c0352015_18431203.jpg

********************
もみじ山の軽トラ市で柚子、にんにく、れんこんを買った。
体をぬくめる根菜を摂ろう。

c0352015_18443098.jpg


晩ごはん
厚揚げポトフ

c0352015_18435804.jpg



ぶりの照り焼き、ほうれん草のおひたし、切干大根、ひじきに煮もの
ほうれん草には柚子を絞って・・・・。
新酒をほんの少しいただきました。
c0352015_18425932.jpg

保湿には、ワセリンを!
プレミアムだそうだけど、チューブは出すのに、かなり力が要ります。
c0352015_18423339.jpg



今日は、腰の病院に行こうと思っていたけれど寒いので、やめてPCに向かった。
そうと決めたら、どかっと座って、生姜湯を飲んだ。
とてもぽかぽかしてきて、手も暖かになった。
休んだその分、腰痛体操を頑張ろう!

また、新しい一週間をはりきっていこうと思う。



[PR]
by pass8515 | 2017-11-20 21:04 | 日々の暮らし | Comments(12)

もみじと新酒

少しだけ我が家より北に位置する宍粟の通称・もみじ山に出かけた。
宍粟は難読地名を誇っているらしく・・。

何度も、ブログに書いてみましたが。
答えは、最後に・・🎵

さて、肝心の紅葉は。
少し、遅かった感がある。
急な冷え込みと、昨日の雨でピークは過ぎて、ややボリュームに欠けていると、私なりに感じた。
去年の感激は少々薄れた。
c0352015_17135242.jpg

それでも、すごい人!
人を避けて映すのにとっても苦労した。
c0352015_17140642.jpg


去年は、てっぺんの展望台まで歩いたけれど、今年は時間の都合で、カットした。

c0352015_17144823.jpg


たらこの色!に包まれる。
と、去年は思ったこの辺り。
ずいぶん散りもみじになっていた。

c0352015_17150191.jpg

曇ったり、晴れ間が出たりのめまぐるしい空模様だった。
青空が出たので、空と一緒に映した。
去年は、プリズムが映せたけれど。
残念!
c0352015_17151840.jpg


次々と、たくさんの人が上がってくる。
階段もそう多くなく、少しだけ頑張れば、きれいな紅葉に出会えるもみじ山。
杖をついた高齢者も、ゆっくり、ゆっくり歩を進めていた。

c0352015_17153187.jpg


大賑わいのもみじ山では、もみじ祭も開催されていて、多くの市が立っていた。

c0352015_17133829.jpg



リコーダーの本格的なライブを聞きながら、鯛めしとお稲荷さんを。
ずいぶん前の朝ドラ「あすか」のテーマソングが聞こえて来た。
オーボエ奏者の宮本文昭の名曲。
大好きな曲です。

c0352015_16585643.jpg

山から降りると、酒蔵通り。
播州の酒蔵も新酒の季節。
樽から、柄杓で瓶に入れる新酒が飛ぶように売れていた。
吸い寄せられるように、私だけ試飲して、一本買いました。


c0352015_16585347.jpg

※宍粟はしそうと読みます。
あなぐりではありません。

播州も晩秋を迎えます。


[PR]
by pass8515 | 2017-11-19 21:58 | おでかけ | Comments(2)

ゴム手袋

昨夜は、友人と会った。
スタバのソファで、温かいソイラテとともに、我が家のリビングのような感覚で、非常にまったりした。

昨夜のおでかけ着
c0352015_17294120.jpg


友人とは今月初めに会う約束をしていた。
しかし、当日になって彼女が体調不良のため、昨夜になった。
入院していたと聞いて、びっくり!

不規則な勤務がやはりこたえる・・と笑っていたけれど、それは、しんどかっただろうなと思った。
完全復活の昨夜の彼女は、いつもどおりに、面白い人だった。

私なんかの秋口の小さな患いの数々についても実に親身に耳を傾けてくれた。
そこで、注意を受けたのは「ゴム手袋」だった。

私は、よくブログに肌が弱いとか書いているけれど、なぜか手肌は強かった。
極寒の季節でも手荒れで困ったことはなく、ハンドクリームもここ数年、いただいたらつけていたけれど、敢えて自分では買わなかった。
よく彼女に「きれいな手やな~。主婦の手とは思えない・・・」と言われていた。
わたしなんか!ゴム手袋をしてずっと炊事をするよと、かねがね彼女は言っていた。

そこに来て、最近の私の手の患いである。
おごり、侮りというしかなく、余計にぺしゃんと来たのかな。
「ゴム手袋」歴30ん年の彼女に、ゴム手袋の極意を聞こうと、思っていた。

c0352015_17284847.jpg


「ゴム手袋」を直接してはだめよ!
ゴム手袋の先は自分の汗や皮脂で細菌がたくさん。
それがキズに入ったら、また大変よ。
綿の手袋をしてから、ゴム手袋よ!と教えてくれた。

寝る時の保護のために、買っていた白十字の綿手袋。
用途を見ると、ゴム手袋の内履きにとちゃんと書いてある。
知らなかった。こんなこと、本当に知らなかった。
ためになることばっかりです。

早速、今朝はゴム手袋in綿手袋でめいっぱい掃除をした。
コンロまわり、洗面所・・・。

ゴム手袋、使っていますか?
知恵を貸してください・・🎵

*******************

今夜の晩ごはんは、土鍋でポトフ
白菜、小松菜、ロインレタス(しっかりしたレタスです)
をぐたぐた煮ました。

c0352015_17295225.jpg

あとは、ひじきと切干大根を作り、パスタを茹でるだけ。

やっぱり、気になるのでボジョレーヌーヴォーを。
やや甘口にしました。

c0352015_17292107.jpg

寒くなりました。
明日は、ほんの少しだけ遠出をして紅葉を見に行く予定です。
今日、雨だった分、とてもにぎわうことでしょう。
楽しみです🎵


[PR]
by pass8515 | 2017-11-18 18:06 | 日々の暮らし | Comments(4)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass