雑巾

晩ごはんのあと、「美の壺」を見た。
箒や雑巾、収納の極意。
掃除のやる気を、かき立てられた。

ちょうど、ここ最近週末の掃除で使う「雑巾」の事を考えていたから、興味深く見た。
古くなった、布巾たち。
食器ふきんや、お膳ふきんや、洗ったものを干すときに使っていた布巾たち。
あれも、そうそうあれも、雑巾におろそう。
仕事中、そんなことを考えた(笑)(笑)

番組に登場したあるお寺では、雑巾を「雑巾」「中巾」「浄巾」に分けて活用する。
「雑巾」は汚いほこりをぬぐうとき、「中巾」はそのあと、からぶきをするとき「浄巾」は、貴重な仏具を磨くとき。

こうした決め事って億劫な掃除も楽しくなりそう。

そして、選ばれた明日雑巾になる我が家の布巾たち。
もう、とことん使ったから惜しげない。
c0352015_22281765.jpg
真ん中の、お茶碗の柄の布巾は番組にちょうど登場した石見銀山で買ったもの。
もう、何年使っただろう。
今では、もう骨董品のようになった赤ちゃんのおむつの布地で作られたふきん。
おむつと同じ輪っかに縫われ、廃れたおむつの布地を有効活用しようという取組みで生まれたふきんとのことだった。
あ~懐かしいおむつ。手を真っ赤にして洗ったな。
と思って買ったものだから、なかなか思い切れなかったけど、端がほつれて、ここまで使ったらもういいでしょう。
明日、これらで窓を拭きます。

家にあるもので保存食を作った。
酢玉ねぎ
かんたん酢に、ローリエ・黒粒こしょう・かぼすの汁を絞って・・・・。
野菜が少ない時に、とても重宝。
c0352015_22283624.jpg
晩ごはん
残り野菜で野菜いため。
あとは、昨夜のカレーの残りを。

c0352015_22290823.jpg

お風呂から上がって「新日本風土記」を見た。
今夜は淡路島
日本で神様が、一番最初に作った島が淡路島だったなんて・・・知らなかった。

さあ、今から少し夜更かししょう。



[PR]
# by pass8515 | 2017-12-15 23:03 | 日々の暮らし | Comments(2)

民藝と縁結び

水曜日の休憩時間。
この時間にちょうど当たるとラッキー!と思う。

殺風景な寒い休憩室でひとり見る「猫のしっぽとカエルの手」
あ~別世界、至福の時。

初冬、ベニシアさんは島根の出雲地方を旅した。
民藝運動が盛んだった出雲。ベニシアさんはある窯元を訪れた。
ごつごつした、鮮やかな藍色、琥珀色、濃茶の色合いの器たち。
私は、沖縄のやちむんを連想したが、ベニシアさんは懐かしい故郷・イギリスの陶器を思い出すと言っていた。
それもそのはず、イギリスの陶芸家・バーナード・リーチが昭和初期に指導に訪れたこの地。
その作風が代々受け継がれて今に至る。

何代目かを数える窯元のご主人はゆっくりとした日本語でベニシアさんに説明していたのが、なんだかおかしかった。
相手は、ベニシアさん。
もう、日本人以上に日本人なのになと、思った。

そのあと、ベニシアさんは出雲大社に詣でた。
言わずと知れた縁結びの神様。
春先のこと。
二人の友人に「出雲大社行きな、絶対行きな」とやいやい言われたことを思い出した。
二人とも、行ったおかげで娘さんも息子さんも良縁があったと、確信していた。
それは、とても良かったんだけど、縁結びの神様にお参りに行くのは、本人でいいと思う。
女子旅でわいわい行くのもいい。
でも・・私は・・行かないな。

そんなことを思った休憩時間だった。

********************

昨夜も夜中にトイレに2回行った。
1度目は、1時過ぎで、そのあと考え事をしたら30分くらい寝付けなかった。
やっと寝て、新聞配達のバイクの音が聞こえる頃。2回目に起きる。
仕事中、「疲れてるな~」と言われ、夜中のトイレの事を言う。
若い人たちは、ケラケラ笑う。
「可笑しいやろ~」と私も笑うが、これが毎晩となると結構深刻になって来るかも。

で・・・一階に寝ることにしました。
トイレのすぐ横の和室に寝床を移して、今夜から生活スタイルがほんの少し変わります。
c0352015_22300213.jpg

明日はこの辺も雪になるのだろうか。
昔からこちらでは義士祭の日は、とても寒くなると言う。
明日は、赤穂浪士の討ち入りの日。





[PR]
# by pass8515 | 2017-12-13 22:38 | 日々の暮らし | Comments(6)

幻影

今夜、不可解なことが起きた。
晩ごはんを終えて、お風呂にお湯を入れに行った。
その前に、浴槽をそうじして、洗面器も洗って、シャワーで流した。
そして、浴槽の栓を確かにしてお湯を張った。

そのあと、着替えを取りに上がったり、新聞を読んだりして、その間「お風呂の栓したかな?」と2度ほど自分に問いかけた。
そして、2度とも栓の状態が脳裏に浮かぶのだった。
うちの場合浴槽の左端上部に栓の元がありそれを押して平になると、浴槽の底の栓が閉まるという仕組み。
2度、その平らな状態が浮かんだ。栓は閉めた!と確信した。
お風呂場を去る時も、確かに確認した。

しかし、しかし、結果的に栓はしていなかった!!

あまりに時間がかかるから、夫がお風呂場に確認に行くと「栓をしてない!!」と怒った。
私は、確かに見たと食い下がったが、お湯が張れてないのだからどうしようもない。

おかしいなあ~。
「お風呂の栓したかな?」と思った時に確認しにいけば良かった。
思い込みがいけなかった。
あの脳裏に浮かんだ平らな元栓は幻影か?

*********************

この冬一番の寒波の夜は暖かいシチューで。
じゃがいも、金時にんじん、玉ねぎ、白菜を入れて。
c0352015_21202639.jpg


クリスマス仕様の素敵なビールをいただきました。
c0352015_21201777.jpg

すったもんだの末、お風呂に入り、ゆっくりと温まり私の好きな時間。
今日もおつかれさま。
そして、おやすみなさい。






[PR]
# by pass8515 | 2017-12-12 21:29 | 日々の暮らし | Comments(8)

寒波到来

週明け、とても寒くなった。
明日は、今日以上にこの冬一番の寒波到来というから、今日のうちに腰の治療と手のリハビリに行った。

腰と骨盤は、自分ではほとんど痛くなく、もうそろそろかなと思うけど、先生はまだ歪んでるよ・・。
施術後ぐらいの、バランスならちょうどいいんだけどなと言われる。
そんなにすぐに治り、そしてすぐに歪むのか・・・。
マッサージも含む、仕事の後の癒しの時間。
まあ、しばらくは通おう。

そして、腰に加えて指にもベルトを巻いて、リハビリが始まった。
関節にピリピリと刺激を与え、またマッサージ。

家では、直径が微妙に違う蜂蜜や薬を握って、リハビリをしている。
一番、太い蜂蜜は楽に握れる。

c0352015_22312162.jpg

一週間前はとても痛かったけれど、次に細い、ピンクの蓋の薬も、割と楽に握れるようになった。

c0352015_22314212.jpg

そして、一番細いスプレーの薬
まだ、ぎゅっと握れない。
指の付け根が痛い。

c0352015_22302230.jpg
五本の指でグーができるまで、手のひらに人差し指の指先がつくまで、頑張らないと!

***************

夕べは、夜中に2回もトイレに起きた。
我が家は、一階にしかトイレがないので、もう一大決心!
寒い階段を用心して降りて・・・あ~2階にトイレがあればなあ~。

しかし、2回はきつい。
今夜はもっと冷えそうなので、あんまりよくないけど、ズボンを2枚履いて、靴下も2枚履いて、朝までぐっすり眠りたい。


[PR]
# by pass8515 | 2017-12-11 22:45 | 日々の暮らし | Comments(4)

きのう、きょう、あした


午前中だけ、少し家の事をして、午後からは、昨日買った新しいつばたさんの本「きのう、きょう、あした」を読んだ。
c0352015_18113562.jpg

映画も上映され反響があると同時に取材の訪問者も増え、かつての暮らしがままならないことが増えたという。
小松菜ひとつも、有機野菜のお店にバスに乗って買いに行っていたのに、近くのスーパーで済ませたり、市販のお菓子やおかずで済ませていたら、蕁麻疹が出たりと体調に異変が起こり、「食は命」という事を改めて感じたという。

一人でもきちんと食べること。
ご主人の朝の「陰膳」に手をかけて、それをお昼に食べる。
しっかり三食食べる。

夜は、明日の段どりの事を考えて眠る。
どうしても忘れっぽくなるから、ある程度次の日にすることを、頭の中でまとめておく。
その日にどうしてもやらないといけないことはない。
出来なければ次の日にまわしたらいいし、ノルマは決めても無理はしない。

つばたさんは、俗に言う、家事のプロとか、料理研究家とか、そういう人ではない。
実に普通の主婦である。
ずっとずっと、やって来たことを、ただ繰り返し、繰り返し、やっているだけ。
なのに、こうも心に響くのは何故だろう。


c0352015_18114742.jpg

ご主人を亡くされた当初は、途方に暮れた。
大好きだった編み物だって、やる気が起きず、ようやく編み棒を持つ気になった。
時がそうさせてくれた。
しかし、老いは駆け足で追っかけてくる。
そのためにも、からだを動かし、しっかりと食べないと・・・。

年が明けたらすぐに、90歳になられるつばたさん。
ますます、お元気なようで、良かったと思った。
c0352015_18115341.jpg


本を読んだ後、紅茶を淹れて久しぶりにつばたさんを初めて知るきっかけとなった「きょうの料理・つばたさんのキッチンガーデン」を見た。

c0352015_18130526.jpg


つばたさんの食卓にも登場する数々の砥部焼。
このお皿の絵柄のカップをお持ちです。嬉しいな。
c0352015_18141131.jpg
晩ごはん

鰤大根、ひじきの煮物、切干大根、ヤリイカのオリーブオイル焼き
ヤリイカがとても柔らかかった。
c0352015_18135161.jpg


週明けからは、とても寒くなるようです。
最高気温がひとケタって、こちらではかなりこたえる寒さです。
暖かくしておやすみなさい。




[PR]
# by pass8515 | 2017-12-10 22:56 | 日々の暮らし | Comments(4)

カラス除けネット

お天気のいい一日だったけれど、寒かった。
今朝はゴミの日。
空気がとても、冷たいけれど、ゴミを出した。

最近ゴミを出す時に新しい習慣が加わった。
それは、先日病院で母と会った時に話した「カラス除けネット」のこと。

ネットをめくる時、ゴム手袋してるか?
と、母が言う。
ずっと、雨ざらし。
汚いで・・・。

目からうろこだった。
私は、素手でゴミを持ち、何のためらいもなく素手でネットをめくっていた。
帰って来たら、簡単に水道で手を洗うものの、そこまで考えたこともなかった。

母は、そう言えばそうだった。
おおらかで、呑気でポジティブだけど、潔癖症の一面も持ち合わせている。

「病院のスリッパ、素足で履いたらあかんで。誰が履いてるかわからん。」
と真夏でも靴下持参で、帰り際、直ちにその靴下を脱ぐ。冬場なら靴下を帰宅後、履き替える。

「エスカレーターのベルト部分。触ったらあかんで。誰が触ってるかわからん。」

私もずっと聞かされていて、病院での玄関で、エスカレーターに乗るシーンで、毎度思い出すことだった。
守ってるところもありながらもひそかに、反発心もあった。
おそらく、誰が○○してるかわからん・・・。
という部分かもしれない。

しかし、カラス除けネットの一件は気づかせてくれた。
私は何年、あのネットを素手でつまんでいたのだろう。
今更だけど、使い捨てゴム手袋を右手だけして、(両手はもったいないので・・(笑))ゴミ出しに行っている。

******************

今日も、お掃除日和!
さあ、何しよう。
先日の食器棚の続きをした。

今日は、力強い助っ人登場!
椅子に乗り上段の棚の器を取って、椅子から降りて、また乗って器を取って・・・・。
この動作を繰り返し、腰が痛くなったと昨年のブログに書いていたので、これは大変!
夫婦連係プレーで、取り出すことにした。
早い、早い!
c0352015_21291188.jpg
防虫シートの寸法も測ってカットしてくれ、(私はこういう緻密な作業が嫌い)
買い物に行く前の数十分で、仕上がった。
ありがとう。

*******************

久しぶりに、ゆっくりショッピングモールをうろうろした。
つばたさんの新刊を買いました。

89歳、初めてのひとり暮らし。
大変なことなんて、私の人生にはなかった。

あんまり悲観しないし、落ち込むこともない。
だって、何がある?
たいていのことはどうにかなっちゃうものなのよ。

~帯より抜粋
c0352015_21280990.jpg
週末の晩ごはんから・・。
ワインをいただきました。

冷蔵庫の整理のための、いろいろカレー
いただいていた雑穀米が一回分残っていた。

c0352015_21273904.jpg


次の夜は、
雑穀米でリゾット風。

c0352015_21275624.jpg


日曜日は、つばたさんの本を読んで、年賀状の準備をして・・・・。
そうじは、ちょっと小休止のつもり。



[PR]
# by pass8515 | 2017-12-09 21:47 | 日々の暮らし | Comments(6)

初氷

今年最後の平日の休日だった。
きりっとした冷たい朝だったけれど、お天気がいい。
さあ、何しよう!
柔らかい光が射しこみ、8時からスタート!

お風呂の足ふきマットや、テーブルクロスを干す。
寒いはず、水甕に氷が張っていた。

c0352015_14190316.jpg
初氷
休日だからこそ、こんなところに目が届く。

c0352015_14193138.jpg


しばらく手を留めて、庭を眺めた。
はあ、長らくスリッパ履いて、庭に出てないな。
これから、静かになる庭。ゆっくりとおやすみ。
また、春にむくむく私のやる気が起きたら、遊びにいくね。

c0352015_14361984.jpg

今は、家の事で手いっぱい!
さあ、どこから手をつけようと、洗濯を干す時分まで迷う。
いつもの掃除は、ウタマロで台所、お風呂、トイレの3点を入念に磨いた。
この年末は、ウタマロでいこうと思う。

c0352015_14220135.jpg
このあと、冷蔵庫に着手した。
この前やったような気持ちになるが、それはもう真夏のこと。
その間に賞味期限切れの調味料が必ずあるはず。
あった、あった!!

なんと、生パン粉が未開封のまま、賞味期限が切れていた。
息子が居なくなって、揚げ物をしなくなった。
なのにパン粉を買うなんて。

スパイス類も案外、期限が短くて、ローリエが一袋あるのに、また新しく買ってあったり。
開封済みのものは、あっさりと処分することにした。

その時は、使おうと思うけど、使いこなせるものとそうでないものと、いい加減自分で区別しようと思うのだけど、買ってしまう。

むしろ、保存のきく食材の方が回転が早くて、食品棚はすっきりとしていた。
処分するものは何もなかった。

c0352015_14264006.jpg

そして、大好きな作業。
包装紙と紙袋の整理。

今年も、様々なお土産をいただき、いろいろな所に出かけ、美味しいものを連れて帰って来たな。
六花亭の紙袋はやっぱり可愛いな~と改めて思った。

c0352015_14203214.jpg
11時が来た。
そろそろ、疲れて来た。
ある手続きのために電話をして、レシートの整理もした。
は~すっきりした。達成感、充実感!
なんということはないのだけれど、着々とやれば、身の回りがすっきりして、気持ちもすっきりする。

お昼ごはん
冷凍庫の整理のため、初夏にお寺でもらったお餅を焼いた。
チーズとピザソース(これも消費のため)で、ピザ風おもち
生姜湯を入れて。

c0352015_14212360.jpg

生姜は、奥津温泉の前に立ち寄った養蜂場で詰め放題だった。
となかいの角みたいな生姜をたくさん詰めて100円。
あと残りはこれだけ・・。

c0352015_14204220.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-12-06 20:31 | 日々の暮らし | Comments(6)

今日、言われたこと・・

1月中旬の寒さだった。
朝は、南からの風が強く冷たくて、自転車を必死にこいだ。

「リハビリ行きな。行かな、治らへんよ」
と、今日、ある人に言われた。

包帯が取れて、一か月と少し。
自分では少しづつ関節が曲がって来たように思う。
まだグーはほかの指と、同じようにはできないけれど、ぼちぼちと思っていた。
そのうち、そのうちとまた心のどこかで思っていた。

「私も、以前手首を骨折した。しばらくリハビリに通ったけれど、途中であきらめた。」
とその人は手首をねじって見せてくれた。私も普通にやってみた。
「ほら、私はここまでしかねじれへんねん。」
「自然には、絶対治らへんから、お風呂で動かして、どこかリハビリに行きな~」
と、言ってくれた。

指に関しては、ずっと心にあるけれど、あまり考えたくなくて、いつか自然と元通りになるだろうと思っていた。
でも、努力をしないと、治そうという強い気持ちがないと(治って欲しいという気持ちばっかりだった)そのままだと言う現実を突きつけられたような気がした。
いつまでも、包丁怖い~なんて、言ってられない。

「リハビリ」
また、一つ課題が出来た。
ちょうど、腰の治療に行っているから、そこでもっと詳しく聞こう。
今夜のお風呂は、目いっぱい、お湯の中でグッパを繰り返し、そして今日から、キーボードも人差し指を意識して、使うようにした。

**********************

もう一つ、今日言われたこと。

「髪、染められないのね?私よりだいぶん若いのに・・・・」

別に、この人に染めない理由をグダグダ言っても始まらないので、笑って済ませた。
取り合わなかった。スルーするしかない。
さんざん、自分の中で自問自答、試行錯誤を繰り返した末、とっくにケリがついていたのに。

何か、理由あってでしょうね・・・って、なんで思えないのかな。
その時は、す~っと流せたのに、今こうして書いたら、またもやもやしてきた。

受け止める柔軟さと、寛容さを持ち合わせたいとは思うけど・・・。
しかし・・もう少し、考えてから発言できないものでしょうかね。


*****************
生姜を煮ました。
梅酒の実の梅ジャムと一緒に。

生姜の話は、また明日に。
c0352015_23174195.jpg

粕汁で温まろう!
岡山地酒「雄町」と共に。

c0352015_23172983.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2017-12-05 23:20 | 日々の暮らし | Comments(4)

奥津へ

岡山の奥座敷、奥津温泉に行った。
ぬくもりたい。
岡山の北だからだいぶん寒いかなあと、思ったけどぽかぽかとした暖かい冬の日だった。

c0352015_13352799.jpg



早く着いたので、おなじみの養蜂場に立ち寄る。
アカシア、百花、ローズマリー…そばの蜂蜜まで試食した。
味が一番芳醇な気がしたので百花蜂蜜を買った。

c0352015_13353075.jpg


奥津湖畔の休憩所で、津山の地酒「雄町」を買う。
c0352015_13353338.jpg


今年の大根はやっぱりどこも、痩せてるなあ。

c0352015_13353771.jpg



奥津温泉に到着。
先に、道の駅にある「おばあちゃんの田舎バイキング」でお昼ごはん。

囲炉裏で暖められた具沢山のお味噌汁が美味しかった。
c0352015_13354184.jpg


多種を少しづつ。
このあと、奥津地野菜、根菜カレーも盛った。満腹、満腹!
c0352015_13354566.jpg



先ほど買った「雄町」がこの道の駅では、100円安かった!
なんてこと。

桜が少しだけ芽吹き。
c0352015_13354885.jpg


木蓮も芽吹き。
でもこれから、このあたりも雪がたくさん積もるだろう。
c0352015_13355329.jpg


やわらかいお湯だった。
営業している旅館も数軒で、こじんまりとした実に鄙びた温泉街だけれど、前からなぜか奥津が好き。
人がそれほど、多くないのがまたいい。
湯あがり、身体中がぽかぽかして、ダウンジャケットも脱いで少しだけ歩いた。

c0352015_17243699.jpg


河原に、足湯があったけれど、誰もいない。
この鄙びた感がまたいい。
c0352015_17243123.jpg
有馬温泉か城崎温泉か。はたまた湯村温泉か。
ぎりぎりまで、日帰り温泉の行き先を迷ったが・・。
ビッグな温泉地だけに、人出も相当なものだろう。

奥津に来て良かった。実にゆっくりできた。
あ~さっぱりした。今年の疲れを洗い流した。
さあ、帰ろう!
今夜は粕汁を作って、「雄町」で、ちびちびやろう!

c0352015_17243503.jpg





[PR]
# by pass8515 | 2017-12-03 17:14 | おでかけ | Comments(2)

食器棚

寒さがまた戻って来たけれど、お天気のいい週末になった。
さあ、何からしよう!

まずは、洗濯。
厚物も今日なら乾きそうなので、あれもこれも洗濯機に放り込む。
そうそう、ベランダから山の橙や黄色を撮りたかったんだ!

写真に撮ると、逆光で暗いけど燃えるような山。
先週とはまた違う色合い。
この辺りの山々は、12月の初めが一番美しい。

c0352015_21360305.jpg

洗濯を終えて、お風呂とトイレの掃除をいつもより念入りに。
トイレのノズルの調子がどうもおかしい。。
何度も、スイッチを切り替えたけど、伸びにキレがない。
ちょうど7年。そろそろ寿命??

そして、今日のメインの掃除。
食器棚の掃除に取り掛かった。
こうして、棚から器を出して並べるのが好き。
ルンルン気分🎵

c0352015_21385319.jpg

1段目、2段目、3段目。
最初はとても、調子がいい。
しかし、上の段になるにつれ疲れてくる。
椅子に上がって取り出すから段々疲れてくる。

もうひと頑張り!薬を入れている扉と、ジャムの空き瓶を入れている扉を整理した。
下に敷いていたコープのチラシは去年のクリスマス特集だった。
ついこの前やったような気がしたけれど・・・。
今日は、この辺にしておこう。

**************

買い物に行ってから、歯医者に行く。
この際、徹底的に気になるところを、メンテナンス。
麻酔が効いた変な感覚のまま友人とお茶に行く。
なかなか日程が合わず、私の歯医者もあって、実質これが忘年会になってしまった。

ケーキはそれほどでもないのだが、コーヒーが非常に飲みにくい。
水飲み鳥みたいに、ついばむように飲む。

c0352015_22074602.jpg

「不調は、気づきよ・・」と友人がいい事を言ってくれた。
本当に、そうだ。患ったおかげで、様々なことに、気づかされた。
いっぱい話をしているうちに、感覚も戻って来た。お冷もスムーズに飲めた。

*******************

充実した休日だった。
晩ごはんは、鮭のアラがたっぷり入ったお鍋。
柚子胡椒を入れて、新酒を一杯。

c0352015_21364393.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-12-02 22:25 | 日々の暮らし | Comments(2)

あと、ひと月・・。

もう、12月。
カレンダーも、あと一枚になった。
最後の一枚は、モダンなこんな感じ。

早い、早過ぎる。
この秋は、季節の移ろいに心奪われる暇もなく、なんだか怒涛のように過ぎてしまい、気がつけば師走の声。
章が変わるような、印象深い年になった。

あと、ひと月。
なんとかやっぱり、笑っていい年だったと言えるように過ごしたいな。

c0352015_22431466.jpg


お風呂に入って、寝る前の数時間は、大切な時間。
そして、とても好きな時間。
今夜は、夫婦二人ソファに並んで「新日本風土記」を見る。
利根川水域の今と昔。江戸に通じる、重要な水路は、悠久の流れを思わせる、大河のようだった。
でも、江戸時代に洪水を繰り返すから、徳川家康が川の流れを途中から人工的に変えたなんて知らなかった。
群馬のみなかみ温泉、宝川温泉の秋の風景も素敵だった。
宝川温泉は半分が海外からの、泊り客。行きたい日本ベスト20にランクインもしたらしい。
日本各地のまだまだ知らなかった事ばかりで、いつもへ~の連続の「新日本風土記」である。

そして、寝る前に、布団の上で腰痛体操。
以前にガッテンでやっていた4つの体操プラス、病院で教えてもらった体操プラス
腹筋、背筋も取り入れて、ひと運動しています。
腹筋も10回から20回に増えた!できた!嬉しい!
そして、手に保湿クリーム、ワセリンを塗っておやすみなさい。

この時間がとても落ち着く。ほっとする。

さあ、今から腰痛体操の前に「コウノドリ」の録画を見たいと思います。
このドラマを見ると本当に優しい気持ちになる。

でわ、皆さんよい週末を!
暖かくして、おやすみなさい。

c0352015_22433111.jpg

今日は、カレンダーしか撮ってないので、しつこいですが載せてみました。



[PR]
# by pass8515 | 2017-12-01 23:07 | 日々の暮らし | Comments(2)

ふたりときどき・・3人

「いつも、優しかったらそんでええやん!」
と、先週末帰って来た下の息子が言った。

※ここで、少し整理をしておきますと・・。
昨日チーズケーキを持って帰って来た上の息子
ひとり暮らし通算13年目
電車で1時間ちょっとのところに暮らしています。


c0352015_18342533.jpg

そして、下の息子
ずっと、一緒に暮らしていましたが、今年の春先のこと。
急にひとり暮らしが、したくって、出て行きました。
車で20分くらいのところに暮らしていて、隔週ぐらい帰って来ます。

で・・その下の息子が帰って来ると、なぜか夫が私に偉そうに言う。
いつも、口調が柔らかいのに、息子が帰って来るとなんだか威張って、嫌な口調になる。

「お父さんな、あんたが帰って来ると、お母さんになんかきつい言い方するねん。いつもは、そうでもないのにな・・・いつもは優しいねんで」

「じゃあ、いつも優しかったらそんでええやん!」
ごもっとも・・・・。
息子はもう、あきれたように言った。

あれは、どういう現象、心境、心理なんだろうな。
息子の前では、威厳を保ちたいのかな。
夫婦二人、なるべく摩擦を避けたいという努力の表れなのかな。

せっかく、息子が帰って来ても、ぶすっとして・・。
もう少し、話せばいいのに。
私に対しても、そんなことも知らんのか!と、いつもより厳しく言うし。

わからない。

ふたり暮らしも、当初、懸念したよりもスムーズにわりと楽しくやっている。
ときどき3人。替わるがわる帰って来て、4人がなかなか揃わないけれど。

うちは、この先これ以上家族の人数って増えないのかなと、最近特に思う。
増えたら、増えたでいいし、増えなかったら、それはそれでいいし・・。
自然のなりゆき、風まかせと行きましょう。

おべんとう
昨日の残り物を詰めて・・。
「サラメシ」を見ながら、食べました。
c0352015_18541162.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-11-30 18:56 | おいしいもの | Comments(6)

おかえり

雨の水曜日。
上の息子が休日で、パブロのチーズケーキとエッグタルトを持って帰って来た。
いつも、ふらっと気まぐれだけど、平日に帰って来るのは実に稀なこと。

c0352015_21375869.jpg


何か、あったか?と身構えたけど、パスポートの申請のためだった。
週の中日であり合わせで済まそうと思っていたのに、3人だとそうもいかない。
急きょ、から揚げやコロッケを買って来て、野菜を炒めて、韮玉子を焼いて、もずくを出した。
そうそう、豆腐と揚げでお味噌汁も作った。

c0352015_21374761.jpg


とにかく息子は「家の味噌汁がほんま、美味しい!」といつも言う。
私もわかっているから、いそいそと作る。
今夜は、「出汁が美味しいなあ。味噌を上回って出汁の味が引き立ってるなあ~」なんて、食レポのようなコメントをくれた。

私の友人の台湾のお土産のパインビールと、新酒を呑んで楽しいひと時だった。
滞在時間約2時間半。
ガッテンとJリーグを少し見て、電車の時間を調べて、帰って行った。
いつでも、また帰っておいで。

**********************

友人の台湾のお土産はほかにも・・・。
いろんなものを少しづつも楽しいな。
四角い箱の牛乳糖が美味しかった。
ヌガーのようなもの。
ヌガーって最近見ないな~と思った。
c0352015_21413464.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-11-29 22:16 | 日々の暮らし | Comments(4)

書くこと・読むこと

今日は、とても暖かい日だった。
こんな日を小春日和っていうんだろうな。

「書くこと」は、とても有効な気持ちを鎮める手段。
時間をみつけては簡単なメモに書き留める習慣がある。
日記でもない、ただメモ。
それでも、続くときと、数日空くときがある。

今朝は、朝ごはんのあとメモを書いた。
最近の体調、思い、出来事、体重、・・。実に箇条書き。
ムーミンの手帖に記す、自分のこと。
誰に見られても、いや誰かが見てもおそらくわからない暗号のような、メモ書き。
しかし、書くととても安心する。
後で、見るととても参考になる。特に、体重の推移はとてもドラマチック!
気にしている時は、さして減らないのに、気にしないときは、増減なし。
過去の悩みを見ると、本当にとるに足らないことで悩んでいる。
「書くこと」は、とてもいい。自分を客観視できる。
ずっとずっと、チラシでもなんでもいいから、時々の思いを綴っておきたいなと思う。
おばあちゃんになっても。

c0352015_18214146.jpg

「読むこと」
書く人がいて、それを読む人がいる。
週末、「暮しの手帖」の発売日だった。
実は、前回号がそれほど読めていなかった。
発売日にいそいそと買ったはずなのに、手が痛い!
右手でページをめくる、左手で支える。
それが、出来なくて、文章もそうそう目に、心に、入らなくて、ほとんど読めていなかった。

で・・週末一気に読んだ。
読んで良かった。
土井善晴さんの料理は「触らんでよろしい」は、そう気張らんでよろしい。しかし手を抜くとは違う。
今の私にうってつけの、教訓だった。
美味しいものを食べたい!何も凝った料理でなくてもよい。
手を加えなくてもこの季節、旬の食材で、からだを温めるもの。
料理が出来る喜びを再確認した私にとって、願ってもない「読みもの」だった。

前回を読んでから、しばらくして今回の号を買おうと思ったけれど益田ミリさんが随筆を寄せていると知り、早速買った。
私の大好きなミリさんと、また大好きな「暮しの手帖」のコラボ!
これは、買わねば!
そして、昨日の日曜日。今回号を読みふけった。

「書くこと」「読むこと」をただ書きたくて、帰宅してから一気にこのブログを書いた。
日中から、とっても楽しみだった。
この二つのことは、いつだって、簡単に出来ること。
簡単なようで、気持ちに大いに左右されるけれど、出来る時は、とても心静かな時。
安らかな時と実感したのだった。

昨日のうちにクリームシチューを作っておいて良かった。
さあ、これから鍋を温めよう。


[PR]
# by pass8515 | 2017-11-27 18:52 | 日々の暮らし | Comments(4)

れんこん

今日は、一歩も外に出なかった。
せめてその代わりに一階と二階を行ったり来たりして、掃除を頑張った。
あ~年末の掃除の季節なのだなあと思い、暖かいうちに、気が向くときにやろうと思った。

昨夜は、息子がお肉をもらったと帰って来た。
一人では、食べきれないけど三人だとちょっと控えめ・・(笑)
でも、とても美味しいお肉だった。
ごちそうさま。ありがとう♪
c0352015_21503936.jpg


れんこんステーキの美味しさに息子が驚いていた。

「え?これ焼いただけ?」
「そう、味付け何にもしてないよ。」
「え~俺が買ってくる、いつものれんこんってあれ何?」

甘い、ほくほく、味が濃い!絶賛していた。
c0352015_21505763.jpg

先週行った、もみじ山の軽トラ市で買って来た一本のれんこん。
スーパーの時にしてかすかすの、れんこんとはまるで違う。
ちなみに、ステーキもれんこんも「焼きの名人!」夫が焼きました。

息子は、珍しくお風呂に入って帰った。
節約のために、いつもシャワーで済ましているらしい。
「やっぱり、湯船は違うな~気持ちよかった」と言う。
この季節に、お湯をはらないなんて・・・・。
私たちには考えられずに久々の小言になった。

一人暮らしを始めてから、初めて迎える冬。
少し、寂しさを感じているのかなと、私は感じた。
また、いつでも帰っておいで。

*********************

今夜は土鍋いっぱいの粕汁にした。
白菜と、鰤のあらだけのシンプルな粕汁。


c0352015_21512055.jpg


柚子胡椒を入れて、お猪口一杯のお酒も一緒に。
もみじ山のれんこんも最後になった。
やっぱりきんぴらで・・。ちりめんじゃことかつお節と七味唐辛子と一緒に炒めた。
c0352015_21510824.jpg

からだを温める、れんこん、白菜、そしてお酒。
実に、ゆったりした休日だった。

さあ、また新しい一週間を頑張ろう!





[PR]
# by pass8515 | 2017-11-26 22:21 | おいしいもの | Comments(4)

手袋を買いに

昨日の天気予報では、土曜日はもみじ日和になるでしょう🎵
と伝えていた。
もう見頃最後の週末になるのだなあ。
でも、私は京都でも紅葉を見たし、もみじ山でも山いっぱい、人いっぱいのもみじを見たし、本年の紅葉見物はおしまい!と自分に言い聞かせた。

そのもみじ日和の土曜日を、家で心穏やかに過ごした。
なんだか、とても気持ちが軽かった。
なんだろう。何故だろう。
家の事にやる気が出て来たからだろうか。
両親に会ったからだろうか。

何にしても、朝から綿手袋と使い捨てゴム手袋をはめて、水仕事に励んだ。
台所、窓のサン、お風呂、トイレ、ゴミの分別、1時間と決めて立ち働いた。
窓から差す光が眩しかった。

朝9時過ぎ。
このくらいで、ちょうどひと息つきたくなる。
温かい紅茶を淹れて、ドラマ「この声をきみに」の最終回の録画を見た。

いいドラマだった。
優しくて、暖かくて、忘れていた童話や詩や、知らなかった小説の一節を私に語りかけてくれた。

新見南吉の「手袋を買いに」
好きな童話だった。
子供たちに読み聞かせるたびに読んでるこっちが、泣きそうになった。
もう一度、読みたくなった。

*******************

で・・。
少しこじつけのようだけど、一昨日私も手袋を買った。
両親に会って、そのまま電車に乗らずに京都駅の伊勢丹に寄って、手袋を買おう!と決めていた。

むくんだままの指に手持ちの手袋が入らず、ゆとりのある手袋とを思ったら、売り場はもうどれも細身の手袋ばっかり!
手タレか~と思うくらいのそれは、しゅっとしたスタイリッシュな手袋ばっかりだった。
やっぱりな~。デパートは、こんな感じか~と諦めかけていたら、目に飛び込んで来たのは、帽子付き手袋だった。

指が出せる。そして、出たままの冷たい指に帽子をかぶせる。
可愛い~🎵と心がはずんだ。
さすが、デパート!(笑)
色、価格帯、素材、デザイン・・このタイプが結構あった。
迷うほどあった。
肌ざわりのふわふわした、モヘアにした。

c0352015_17120756.jpg
親指だけが、可哀想に寒いけど・・。
夕方の散歩にもはめて行った。

c0352015_17121611.jpg

母の病院の近くの商店街で「100円市」がにぎやかだった。
いつも通るとき、さびれた感じの商店街だけど、この日はものすごい人だった。
お惣菜なんでも5つで500円!という、市を見つけた。
お漬物や、佃煮や、おかずやら。

「これ、全部自家製ですか?」
「うちの93歳のおじいさんが漬けてます。さあ、マスクなんか取って、おねえさん味見してってや~」
と威勢が良かった。

迷って、迷って・・・・。
べったら、大根昆布漬け、生姜の甘酢づけ、丹波の黒豆煮、茎わかめの煮物
どれも、とても美味しかった。

れんこんだけ、自家製。
醤油でれんこんステーキに。


c0352015_17123913.jpg

さあ、今夜の晩ごはんの支度をしよう!


[PR]
# by pass8515 | 2017-11-25 17:42 | 日々の暮らし | Comments(8)

雨あがりの紅葉

朝には雨も止んで、お天気になった。
母が、目の事で入院している。
今までいろいろな人に体験を聞いていたけれど、軽く思ってた。
しかし、その日が近づいて来ると今までの手術の中で一番、怖くて不安だったと言っていた。
そんな母が心配だった。

両目の手術を終えて、保護カバーをした母は、晴れ晴れとした表情だった。
眼鏡がかけられないから、字が読めないので、とても退屈。
仲良くなったお隣のベッドの人も、前日退院していったし・・・。
だから、たくさん喋った。
気晴らしになったことだろう。
それは、私だって・・🎵

*****************

病院に行く前に、東福寺近くを少し歩いた。
紅葉が今真っ盛りだった。
そして、ものすごい人!
c0352015_16072646.jpg


駅のホームから出るのに、まず時間がかかった。
道すがらの塔頭からのぞく、かわいらしい仏像。


c0352015_16073478.jpg


今日は、雨だと思っていたから、晴れて来て嬉しかった。
より一層、色づきがきれいに見えた。


c0352015_16074017.jpg


しかし、東福寺ってこんなに人気だったのか?と、驚いた。

c0352015_21582196.jpg


一番の見どころの通天橋からの眺めもきれいだろうなあ~。
しかし、私はそこまで行かずに反対側の小さな橋から写真を撮った。
立ち止まらないでください!写真を撮らないでください!と言われていながらも、撮影する人はする。
私も、ごめんなさい!撮りました。

c0352015_21582859.jpg


母はこの秋は紅葉どころではなかったが、週末には退院出来て、また日常に戻る。
手術の不安から解放されたのが、本当に良かったと言っていた。
また、新しく生き返ったつもりで、頑張るわと言っていた。

父もショートステイ先で、元気にしていた。
父なりの楽しみを見つけて、なんだか生き生きとしていた。

置かれた状況で、現実を受け入れて、出来ることを楽しむ。
親を見て、学ぶことはまだまだあるものだな~と思った。
少々、ハードスケジュールだったけれど、会えて良かった。
帰りの電車の中で、二人の言葉を繰り返し思い出していた。

さあ、私も頑張ろう!

c0352015_21582388.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2017-11-23 22:52 | おでかけ | Comments(2)

お惣菜トリオ

予報より、ずいぶん早く冷たい雨になった。
もう紅葉の美しい時期は、終わりか?
なんだか、消化不良のまま晩秋を迎え、冬に突入するような気がする。

休日に、お惣菜トリオを作った。
私がひそかにトリオと呼んでいる三品。
ひじき、切干大根、れんこんきんぴら

具も味付けも同じもので揃えられるし作り置きしておくと、アレンジ出来て便利。
今夜は、オムレツにひじきを入れた。
かぶの酢漬けと・・・。
これも、初秋に漬けておいて良かった。

c0352015_18462318.jpg

今朝は、身支度が少し早く済んだので朝から「世界ふれあい街歩き」を見た。
イギリスのある街で、ナレーションが中嶋朋子さん。
この番組で、この人のナレーションが一番好き。
本当にのぞき込むように、ポンと肩をたたくように、語りかけていて、とても自然。

お昼は、お昼で、少し早い休憩時間。
久しぶりに「きょうの料理」と、「趣味ドキッ!」が見れた。
もう、どのチャンネルもお相撲の話ばっかりで、もういいです。

「きょうの料理」は菊乃井の村田先生。
手軽な家庭料理も、柚子やみかんの皮を千切りにして乗せれば、割烹風に。
今夜のお惣菜トリオにも、乗せてみれば、一味違うだろうなと思った。

*********************

先日、友人と会った時に、「指やろ・・ええやん。誰も、指なんか見てないよ」
と言われた。
「私、職場の人のあの人の指がどうとか・・・見てないわ」と言った。
励ましのつもりだったと思う。悪気はないのは、よくわかっている。
そのぐらいのことどんまい!という事だと思う。

でも、違う!違うよ!と、私は心の中で叫んでいた。
見かけを別に気にしているわけではない。
そんなことを気に病んでいるわけではない、と説明しようと思ったけれどやめた。

相手の本当の痛みや辛さはそれはわからないけれど、でも自分のそれらと重ね合わせて、辛いだろうな、苛立たしい思いだろうなと察することは、年を重ねるごとにわかるようになって来たつもり。
暗闇から、抜けるまでの果てしない時間。
しかし、いつの日か、あ~抜けたなと思える事。
そういう時が、いつか来ること。
辛さに大も小もなく、人それぞれに違う辛さを抱えて、日々送っている。

指くらいええやん。という言葉がずっと残っている。


おべんとうもトリオを!
私がこういう写真を撮り出したら、あ~心が回復した証だなあと思った。
c0352015_21161075.jpg

今から、トレッキング東北秋紅葉
「八甲田山と奥入瀬」を見たいと思います。

そして、明日は両親に会いに行こうと思います。




[PR]
# by pass8515 | 2017-11-22 21:26 | 日々の暮らし | Comments(4)

冷えます

今朝は本当に寒かった。
冬が来たと、実感した。

昨日、紅葉を見に出かけたそのもう少し北は雪になったそう。

c0352015_18414305.jpg


朝から手足がもう…冷たくて。
毎年の事だけど、さぁこの冬はどうして乗り越えようかと、朝ごはんを食べながら考えた。

なんせ、寒くなるのが急だから、冬じたくが全然間に合っていない。

手足用のカイロを買おう。
靴下を2枚履こう。
ゆとりのある手袋を見つけよう。
生姜湯を飲もう。
血行マッサージをしよう。

とまずは温かいカップで手を温めた。
昨夜、使った器はもう少し乾かそう。

c0352015_18431203.jpg

********************
もみじ山の軽トラ市で柚子、にんにく、れんこんを買った。
体をぬくめる根菜を摂ろう。

c0352015_18443098.jpg


晩ごはん
厚揚げポトフ

c0352015_18435804.jpg



ぶりの照り焼き、ほうれん草のおひたし、切干大根、ひじきに煮もの
ほうれん草には柚子を絞って・・・・。
新酒をほんの少しいただきました。
c0352015_18425932.jpg

保湿には、ワセリンを!
プレミアムだそうだけど、チューブは出すのに、かなり力が要ります。
c0352015_18423339.jpg



今日は、腰の病院に行こうと思っていたけれど寒いので、やめてPCに向かった。
そうと決めたら、どかっと座って、生姜湯を飲んだ。
とてもぽかぽかしてきて、手も暖かになった。
休んだその分、腰痛体操を頑張ろう!

また、新しい一週間をはりきっていこうと思う。



[PR]
# by pass8515 | 2017-11-20 21:04 | 日々の暮らし | Comments(12)

もみじと新酒

少しだけ我が家より北に位置する宍粟の通称・もみじ山に出かけた。
宍粟は難読地名を誇っているらしく・・。

何度も、ブログに書いてみましたが。
答えは、最後に・・🎵

さて、肝心の紅葉は。
少し、遅かった感がある。
急な冷え込みと、昨日の雨でピークは過ぎて、ややボリュームに欠けていると、私なりに感じた。
去年の感激は少々薄れた。
c0352015_17135242.jpg

それでも、すごい人!
人を避けて映すのにとっても苦労した。
c0352015_17140642.jpg


去年は、てっぺんの展望台まで歩いたけれど、今年は時間の都合で、カットした。

c0352015_17144823.jpg


たらこの色!に包まれる。
と、去年は思ったこの辺り。
ずいぶん散りもみじになっていた。

c0352015_17150191.jpg

曇ったり、晴れ間が出たりのめまぐるしい空模様だった。
青空が出たので、空と一緒に映した。
去年は、プリズムが映せたけれど。
残念!
c0352015_17151840.jpg


次々と、たくさんの人が上がってくる。
階段もそう多くなく、少しだけ頑張れば、きれいな紅葉に出会えるもみじ山。
杖をついた高齢者も、ゆっくり、ゆっくり歩を進めていた。

c0352015_17153187.jpg


大賑わいのもみじ山では、もみじ祭も開催されていて、多くの市が立っていた。

c0352015_17133829.jpg



リコーダーの本格的なライブを聞きながら、鯛めしとお稲荷さんを。
ずいぶん前の朝ドラ「あすか」のテーマソングが聞こえて来た。
オーボエ奏者の宮本文昭の名曲。
大好きな曲です。

c0352015_16585643.jpg

山から降りると、酒蔵通り。
播州の酒蔵も新酒の季節。
樽から、柄杓で瓶に入れる新酒が飛ぶように売れていた。
吸い寄せられるように、私だけ試飲して、一本買いました。


c0352015_16585347.jpg

※宍粟はしそうと読みます。
あなぐりではありません。

播州も晩秋を迎えます。


[PR]
# by pass8515 | 2017-11-19 21:58 | おでかけ | Comments(2)

ゴム手袋

昨夜は、友人と会った。
スタバのソファで、温かいソイラテとともに、我が家のリビングのような感覚で、非常にまったりした。

昨夜のおでかけ着
c0352015_17294120.jpg


友人とは今月初めに会う約束をしていた。
しかし、当日になって彼女が体調不良のため、昨夜になった。
入院していたと聞いて、びっくり!

不規則な勤務がやはりこたえる・・と笑っていたけれど、それは、しんどかっただろうなと思った。
完全復活の昨夜の彼女は、いつもどおりに、面白い人だった。

私なんかの秋口の小さな患いの数々についても実に親身に耳を傾けてくれた。
そこで、注意を受けたのは「ゴム手袋」だった。

私は、よくブログに肌が弱いとか書いているけれど、なぜか手肌は強かった。
極寒の季節でも手荒れで困ったことはなく、ハンドクリームもここ数年、いただいたらつけていたけれど、敢えて自分では買わなかった。
よく彼女に「きれいな手やな~。主婦の手とは思えない・・・」と言われていた。
わたしなんか!ゴム手袋をしてずっと炊事をするよと、かねがね彼女は言っていた。

そこに来て、最近の私の手の患いである。
おごり、侮りというしかなく、余計にぺしゃんと来たのかな。
「ゴム手袋」歴30ん年の彼女に、ゴム手袋の極意を聞こうと、思っていた。

c0352015_17284847.jpg


「ゴム手袋」を直接してはだめよ!
ゴム手袋の先は自分の汗や皮脂で細菌がたくさん。
それがキズに入ったら、また大変よ。
綿の手袋をしてから、ゴム手袋よ!と教えてくれた。

寝る時の保護のために、買っていた白十字の綿手袋。
用途を見ると、ゴム手袋の内履きにとちゃんと書いてある。
知らなかった。こんなこと、本当に知らなかった。
ためになることばっかりです。

早速、今朝はゴム手袋in綿手袋でめいっぱい掃除をした。
コンロまわり、洗面所・・・。

ゴム手袋、使っていますか?
知恵を貸してください・・🎵

*******************

今夜の晩ごはんは、土鍋でポトフ
白菜、小松菜、ロインレタス(しっかりしたレタスです)
をぐたぐた煮ました。

c0352015_17295225.jpg

あとは、ひじきと切干大根を作り、パスタを茹でるだけ。

やっぱり、気になるのでボジョレーヌーヴォーを。
やや甘口にしました。

c0352015_17292107.jpg

寒くなりました。
明日は、ほんの少しだけ遠出をして紅葉を見に行く予定です。
今日、雨だった分、とてもにぎわうことでしょう。
楽しみです🎵


[PR]
# by pass8515 | 2017-11-18 18:06 | 日々の暮らし | Comments(4)

おばあちゃん

夕方6時ごろ。
帰宅する頃はもう真っ暗で、昨日あたりから冬場のように寒くて、腰の病院に行くのも少し億劫になって来た。
でも、ここでへこたれてはいけません。

週2回はしばらく通う!
と決めたので、近いところだし、踏ん張って出かけている。

先生は、とても理論派。
一つ聞いたら、10も20も答えてくれて、まったく今まで知らなかった身体のメカニズムをご自分の体を使って教えてくれる。

「先生、指先が時々なんとなく凝る?というか、軽く痛い時があるんです。これはまたどこかとつながっているのですか?」
この際、私は小さな疑問も何でも聞こうと欲張る。

「ちょっと、首見せて・・。やっぱり、首の骨曲がってるよ・・肩も左右の位置が違うし、本来首のこのぐりぐりはここにないとあかん!」

私の体はとにかく、ほとんどずれていたということになる。
証明された。

そして、仰向けに寝かされて首をがくんと伸ばした。
がくん!とものすごい音がして、もうびっくりしてしまい、笑ってしまった。
あの音は、忘れられない。

耳のすぐ下だから、とんでもない音に聞こえただけで、大したことはなく、これでとりあえずまっすぐになったよと言われた。

「このまま行くと、おばあちゃんになってから大変よ」
が、この先生の口癖で、毎回行くたびに言われている。

帰り際にも、「背筋をピンと伸ばすイメージを忘れずに。早くおばあちゃんになっちゃうよ」とくぎを刺された。

ズキンと来るけど、今の私にはよい薬。
何もないまっすぐな壁に立って、頭の後ろとお尻とかかとをつける。
それが背筋が伸びているということ・・と教えてもらい。
今日は、壁を見つけては、実践していた。

これが意外に難しくて、太ももなどがズキズキする。

メンテナンスの道は険しいけど、実にためになる。


***********************

包丁が怖い。
まだ、指で支えにくいので、包丁が怖い。
出来るだけ使いたくない。料理をするのが億劫になる。
でも、いつまでもそんなことを言っていてはいけません。

白菜をちぎるという方法を、教えていただきました。
今の私には光が射したよう!

早速、ポトフを。
白菜をちぎり、にんじん・たまねぎはスライサーで・・
ローリエを入れて、できあがり。

玉ねぎと、きゅうりとあおさのサラダも一緒に。
今、シーザードレッシングがお気に入り。
ポトフには、オリーブオイルを垂らしましょ。

c0352015_19021733.jpg

いかに、包丁を使わずに料理をするか・・・。
考えるのが楽しくなって来た🎵
出来ないことから、知恵は生まれるのですね~🎵








[PR]
# by pass8515 | 2017-11-15 21:37 | 日々の暮らし | Comments(8)

受け入れられたこと

朝から冷たい雨がずっと降っていた。
これで、一気に寒くなるらしい。
明日から12月上旬ぐらいの気温になると、ベッドに横たわりながら夕方のテレビを聞いていた。

腰の施術を受けながら、固執していた「毛染め」について、受け入れられたと最近感じるなと思った。

肌トラブルは、20代の頃からあった。
人に言わせれば、それほど悩むほどでもないんじゃない?程度らしいが・・
きれいな肌の人が心底羨ましかった。

あの頃、薬師丸ひろ子が徹子の部屋で、「私、にきびが出たことないんです」と言っていたのを、世の中にはこんな人もいるのだ・・と羨ましかった。

30代、40代。
顔の造作や、性格が人ぞれぞれ違うように、肌だって人それぞれであることが、ようやく受け入れられ、それほどにも悩まなくなった。
20代の悩みや固執はもう忘れていて、化粧も、毛染めも普通にしていた。

しかし、50代。
からだが急激に変わる。
えびや、毛染めに反応し出した。
2回、顔が腫れて、皮膚科でアレルギー注射。
もう、あの恐怖感と情けなさと言ったら・・・。

びくびくして美容院に行って、顔が腫れたら、病院に行って・・。
もう、こんなバカげたことはやめよう!と決心した。

ブログにも時々書いたが、最初はとても葛藤があった。
このまま、染めなかったらどうなるのだろう。

染めなくなって1年半。
ブログのお友達に教えていただいた、コープの「椿木堂」という低刺激のトリートメントで10日に一度くらいお風呂で、お手入れ。
全体的にふわっと染まった感じがする。

そして、帽子のレパートリーも増えた。
先日、友人と神戸で会った時は、ベレー帽をかぶって行った。
三ノ宮駅で再会した友人は「わあ、ベレー帽可愛い🎵」と言ってくれた。
「きのこみたいやろ~(笑)」と私は、なんだか得意気でとても嬉しかった。

受け入れられた。
帽子も、今の髪の様子ももうすっかり自分の一部。
白髪、混じっててもいいんじゃな~い。
ぐらいの、気持ちで日々を過ごしている。

友人のお土産「たねや」のミニリーフパイ
紅葉と黄葉
秋らしいパッケージだなあ。
やめられない美味しさでした。

c0352015_21302886.jpg

週末、息子が帰って来た時の晩ごはん
手巻き寿司

大好きなイタリアの「ふくろうのワイン」がカルディにあった!
やっぱり、美味しい。
c0352015_21300843.jpg

スマホケースがようやく届いた。
息子が注文してくれたまでは良かったけれど、実家(私の家)の住所で登録したら転送サービスのせいで息子のハイツに行ってしまっていた。

c0352015_21290576.jpg

ようやく、巾着からスマホケースに衣替え
c0352015_21294539.jpg


今から、「2度目のベトナム・ダナン&ホイアン」を見たいと思います。




[PR]
# by pass8515 | 2017-11-14 21:40 | 日々の暮らし | Comments(2)

友と

新緑の頃、井伊家ゆかりの彦根城を旅した友人と、秋は神戸で会おうね。
と、約束していた。

先の約束は心の何処かにいつもあり、何処か励みでもあった。

その約束の日が今日だった。
先日、台風の日に訪れた街とは大違いの秋の澄んだ空。
もう、ルミナリエの準備が施され、初めて見る友人は感激していた。
c0352015_16013699.jpg



神戸っ子でもないけれど、段取りは任せて!みたいに私は密かに張り切っていた。

ランチ、カフェ、雑貨店、街歩き…
遠くから来てくれる友人にあまりうろうろ歩かせてはいけないなとか、手頃で洒落たお店をリサーチできるのだろうかなど。

それはそれで楽しい悩みだった。

ランチ探しは事前に、息子の力を借りた。
東遊園地の近くのフレンチ。
何度となく通っていたのに、知らなかった。
こんな素敵なお店。

ヒラメ、シマアジのオードブル
c0352015_16013860.jpg


体調の話はやめようかなぁとも思った。
しかし、ワインを傾け、乾杯の後に…
友人が最近、腰が〜と話を切り出し、私も待ってましたとばかり一連の出来事を話した。 
お互い、そんな年頃なんだなあ。

ランプ肉のワインソース

c0352015_16014184.jpg


そして、そして、私がしばらく心のよりどころにしていた、あの「ラ・ラ・ランド」を友人はスクリーンで見ており、もううらやましい限りだった。
私がDVDもサントラも買ったよ🎵と言うと、すごいハマりっぷり!友人も、もう一回見よう!と言っていた。
場面ごとの話で大盛り上がり。
遠巻きに見ると、あのおばちゃんたち、何がそんなに面白いのかという・・・私たちだったと思う。

2時間たっぷりランチに使い、早送りのように、旧居留地の雑貨店めぐりをする。

c0352015_16014348.jpg


大混雑の南京町を横切り、神戸と言えば・・のチーズケーキのお店に行く。
私も、久しぶりだった。


c0352015_16014875.jpg


糸を引くチーズがたっぷりの暖かいチーズケーキ。
豆乳ロイヤルミルクティと一緒にいただいた。


c0352015_16014555.jpg


笑って、食べて、少しほろ酔い。
たくさん、たくさん、話をした。
とても、いい気分転換になった。

いつの間にか、クリスマスの飾りつけの街。
来春に、再会の約束をして、西へ東へ・・それぞれの暮らしに帰って行った。

[PR]
# by pass8515 | 2017-11-12 21:39 | Comments(4)

弱き心

雨上がりの土曜日。朝から晴れて、風が強い。
落ち葉が舞い散る風景を見て、深まりゆく秋を思った。

つくづく私は弱いなと思う。
打たれ弱いなと思う。
今週は一度しかブログが書けなかった。
c0352015_14474662.jpg

11月6日 月曜日
仕事から帰り、骨盤・腰の病院に行く。

11月7日 火曜日
仕事から帰り、いぼ取りに皮膚科に行く。
先週もその前もそれほどに待たなかったのに、この日は1時間半も待たされた。
同じ曜日なのに、すごい違いだなと思った。
帰宅すると8時前だった。

11月8日 水曜日
休日 友人と会う
夕方、骨盤・腰の病院に行く。

11月9日 木曜日
立ち仕事が多くて、帰って来ると腰がグッと痛んだ。

11月10日 金曜日
半日は、座ってする仕事を心がけたので、この日は楽になった。

・・・まあ、ざっとこんな一週間だった。

日々のこの暮らしのなかで、季節の移ろいに目を向ける機会がなく、気持ちの余裕がなく。
でも季節はきちんと移ろいで、私を急かすように装いを変えている。
山もぼちぼちと色づき、ところどころ赤く染まっている。

庭のほととぎすがあと一輪
残っていて良かった。
今朝、写真に収められて良かった。
c0352015_14560953.jpg
雨のボストン展を振り返り、絵葉書を飾った。
明日は、また神戸へ出かける。
東から来てくれる高校時代の友人と会うために・・・。
ずっと楽しみにしていた。
c0352015_14564812.jpg

スーパーに「シベリア」があった。
青森の菓子パンのようで・・・。
珍しかったので、買いました。
c0352015_14563162.jpg
一か月
なんでも、一か月経つとその状況に少し慣らされていくものだな~と思う。
人それぞれ、時と場合かも知れないけれど、私はそんな気が今している。

きついぐるぐる巻きの包帯で過ごしていた日々約40日。
なんだかもう体の一部になっていた。

骨盤の歪み・腰から来る足の痛み
・・も、発症して一か月。
まだちくちく痛い時があるけど、これも慣れて来た。
腰を治すしかないから、今、頑張っている。

そして、今向き合っているのが、包帯が取れた指
むくんで、しびれて、半分しか曲がらない。
常に指を立てて行動するので、方々に当たる。また痛い!
包帯が、取れて2週間。
目にすると、いろんな人にいろんな事を言われる。
気にする。悩む。大丈夫か?と不安になる。

でも、先生は大丈夫と言う。特に処置することはないと言う。
包帯をしていた分以上はかかると私も覚悟はしているけれど、慣れるまでの時間がもうなんとも言えない。

こんなことぐらいでぺしゃんとなる私の心は実に弱い。
本当に弱い。

************************

昨夜の「コウノドリ」はとても辛い回だった。
こんなつらいことがあるのかと、震えた。

「先生、私の何がいけなかったのですか。
ちゃんと、入院していました。痛い点滴もガマンしました。なのになんで・・・」

「僕たちにもわかりません。本当に申し訳ありません・・」

原因もわからない、理由もわからない。

無事に産まれて来て、当たり前とは思ってはなかったけれど、こんな現実があるのかと、私はほとほと無知だったなと思った。


昨日、友人にお孫さんが産まれたと嬉しい知らせが!
そして、またもう一人の友人も🎵・・・もうそろそろかな?
おめでとう。本当に、おめでとう。


[PR]
# by pass8515 | 2017-11-11 15:27 | 日々の暮らし | Comments(12)

雨の休日

せっかくの休日なのに、雨だった。
お布団も干そう、庭に少し出ようと思っていたのに、すべて変更。
午前中は、録画していた番組などを見て過ごす。

そして、午後からは久しぶりに友人とお茶をした。
夏以来会っていなかったので、お互いの近況報告がいっぱいだった。
私は、ここ数か月の「患い」について、聞いて欲しかった。
と、言うのも以前その友人も、症状は違うものの同じ手や足の悩みを抱えていたから・・・。

その時も、話は聞いていたつもりだった。
でも、それほど深くは聞けていなかったかも知れない。
心底、気持ちを理解出来ていたかと言えばそうではないな。

どうやって、乗り越えたのか、受け入れたのか。
今の症状はどうなのか、日常生活で不便はないのか。
これから、どうやって向き合っていくのか。

友人は、実に親身に私の今の状況を聞いてくれた。
そして、夏に会った時に私がえらくしんどそうだった・・と打ち明けてくれた。
カフェのレジでお金を払う後姿が腰や背中が曲がっていて、もっと背が高いイメージだったのに、小さく思えた・・と。

あ~そうか。そうだったのか。
自分ではわからなかったけれど、じびじびと現れていたのだなと、思い知らされた。
そして、私は何事もまじめに受け取るから、余計にしんどいかもしれないよ・・と言った。
そうなんだ・・それなんだ・・。

少し、気持ちも軽くなった。

*********************

夕方、骨盤と腰の治療に行く。
ずいぶんと、寝返りが早くなった。動作が機敏になったと言われた。
自分でも、ずいぶんと楽になったと感じた。

指の包帯は取れても、まだむくんで、痺れたりする。
関節もしっかりと曲がらない。
1か月、ぎゅうぎゅうの包帯を巻くという事は、こういう事なんだなと思うしかない。
そして、骨盤の先生が言うには、血行は問題ない。
体内に流れているのは、血液だけではなく、リンパ液とか様々な体液が流れているので、それらがうまく流れて初めてむくみも取れる。
気長に、気長に・・・。

また一つ、気持ちが軽くなった。

*********************

晩ごはん
上野焼のお皿で・・。
c0352015_22044688.jpg

晩ごはんの後は、「ちょい住みinリスボン」を観る。
今、ブレイク中の竹内涼真君と、格闘家の小川さん・・。
干しだらへの情熱と、サングリアの完成度と、パテが美味しそうだったのと・・。
陽光きらめくリスボンの街並みを見ているだけでも明るい気持ちになった。


余談ですが・・・。
今日、お昼のニュースを見ていたら、ベトナム・ダナンでAPECの会議が開かれているという話題をやっていました。

あ!
4月にダナンを訪れた時に撮っていた看板。
c0352015_22050632.jpg


11月なんてまだまだ先だなと、思いながら撮った写真。
特に最近、写真を撮ってなかったので、載せてみました。
c0352015_22052405.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2017-11-08 22:29 | 日々の暮らし | Comments(2)

森を歩く

今日も、いいお天気。どこかに行きたい。
でも「ガソリンがあんまり無い」と言う、消極的な夫の返事。

それなら、それなら、あの森に行こう!
家にあるパンとみかんと熱いコーヒーをポットに入れて、通り道のコンビニでおにぎりだけ買って!


この赤い実の木のところに一時間後に集合!
今は、歩く速さも歩ける距離も違う2人は別行動にした。
c0352015_13425685.jpg

夫は、斜面をさっさと登っていき、私は湖が見える遊歩道を歩いた。
アップダウンもそれほどなく、ほぼ平坦な道。
落ち葉を踏みしめ、自分のペースで歩いた。
c0352015_13432063.jpg

こんな低い山でも熊が出る?鈴を提げた人と、時折すれ違う。
以前、鹿は見た。
c0352015_13432911.jpg
あ~気持ちがいい。
あ~静か・・時々、湖に浮かんでいる鴨の声がする。

自分と自分で会話する。
自然の中を一人きり歩いている時って、そんな時間。
いろんな事を考えた。そして思い出した。
c0352015_13424755.jpg

不安はいっぱいあるけれど、一瞬でも楽しい、しあわせと思えたら・・・。
そのために、また頑張れると思ったのであった。

c0352015_13423864.jpg
さて、お待ちかね。
青空の下で、ランチタイム🎵
「生たらこ」のおにぎり最高!
オーソドックスな「あんぱん」が美味しい!
c0352015_13441087.jpg

森の近くの広い公園は、子供たちでいっぱいだった。
子供の声は、本当にいいなあ🎵
自転車を積んで来て、練習してる子たちが目立った。
平日は、ゲートボールで、にぎわうらしい。

万歩計アプリを確認する。
4500歩
結構歩いているんだな~🎵
c0352015_14072357.jpg
いい休日だった。
3日間、お天気が続いたのもまた嬉しかった。
身の回りの季節の入れ替えがあまりすすんでなくて・・。
とりあえずクッションカバーは冬用に変えた。
c0352015_14121275.jpg
朝ごはんは、野菜と生ハムのオープンサンド
c0352015_13451810.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-11-05 14:15 | おでかけ | Comments(8)

冬型

昨日は、とても陽射しが強くて半袖の人もいたのに、今日は「冬型」
風がとても強かった。街路樹の落ち葉が舞っていた。

久しぶりに庭に出た。
c0352015_16160048.jpg


気になっていたのは、フウセンカズラの種採り。
絡まった蔦を、整理して、風船を収穫した。
まだ、青い実が多くて、このまま乾燥させることにした。

咲き終わった、ホトトギスや弁慶草や千日紅や水引を整理した。
長雨や台風に耐えたみんな。
おつかれさま。
窓越しにずっと見ていたよ。
どんなに心癒してくれたことでしょう。
ありがとう。

******************

雑貨店で少しだけ買い物したら素敵な紙袋に入れてくれた。
わあ🎵クリスマスカレンダー。
c0352015_16154465.jpg
来週会う約束の友人に少しだけ地元のお土産を買った。
「ベタ」な地元のお土産だけど、この紙袋に入れて渡そうっと🎵

c0352015_16153786.jpg

昨日の陶器市に、試し履きをして行った新しい靴。
最初は調子が良かったけれど、「4500歩」歩いたあたりで(お昼ごはん時)
締め付けられそうな感覚になって、これはいけないと思った。
帰りに駅前のこの靴メーカーの支店に寄ったら、とても親切で、皮を伸ばしてくれた。
そうしたら、足先にゆとりが出来て、驚くほど楽になった。

足は、違う。
あの日と、昨日とではまた違う。

c0352015_22105264.jpg

柿のデザート
c0352015_16155133.jpg

今日はワインを開けよう!
さて、どんなワインでしょう🎵
c0352015_16162844.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-11-04 21:12 | | Comments(8)

出会えた!

文化の日
やっぱり、お天気になった。
青空の休日って、いつぶり?清々しい秋晴れだった。

陶器市に出かけた。
c0352015_19470275.jpg


全国の名だたる焼き物が一堂に集まり、もう見て回るだけで気分が上がる。
「イッピン」効果はすごいと思う。あの番組で紹介された、波佐見焼・小石原焼・丹波焼・・・・・・。
そのブースは、とてもいっぱいだった。

私のお目当ては、去年出会った福岡・上野焼の中皿。
もう一つ欲しいなあ~と一年越しの思いが叶った。
c0352015_19471240.jpg
「もう、毎日のように使っています。飽きません。今年もいらっしゃるかなと思って」

「毎年来ています。そう言っていただくと嬉しいです」

そして、新しいお皿が我が家に仲間入りした(左側)
同じ大きさと思っていたら、一回り大きかった。
でも嬉しい。とっても嬉しい。
出会えて良かった。
来年も会えたらいいな。
ひとつ、ひとつ増やせたら・・と思う。

他にも欲しい器はあったけど、最近自分のメンテナンスに出費がかさみ、ガマン、ガマン。

知らぬ間に、季節はすすんでいた。
公園の木々も色づき・・。

c0352015_19481185.jpg


澄み渡った空の下、とても心地よかった。
c0352015_19474891.jpg


お昼は、老舗とんかつ店でソースかつ丼
キャベツとご飯に浸みこんだソース。
とても、美味しかった。
赤出しも、いい味してた。
c0352015_19484799.jpg


お皿の裏は、こんな感じ。

c0352015_19473816.jpg
このあと、美容院に行って髪を切った。
そして、ナノスチームの、トリートメントもしてもらい、髪がとても軽くなった。
さらさら、ツルツルになった。





[PR]
# by pass8515 | 2017-11-03 20:12 | おでかけ | Comments(4)

柿を煮る

11月の最初の日は、朝は寒かったけれど、日中は、ぽかぽか陽気。
時折、外に出てみると空が高くて、気持ちのいいお天気だった。

柿をいただいた。
庭先で生ってた柿だろう。
でも、職場の人達はだ~れも要らないという。
半ば押し付けられた形で、私が全部いただくことになった。
せっかくの秋の恵み。
さて、どうしよう。

帰り道。
自転車で、横断歩道を渡る頃、「そうだ!ジャムを作ろう」とひらめいた。
柿のジャム。
初めて作るけれど、ジャムを作りたいという気持ちがむくむくと湧いて来た。

まだ包丁が怖いけれど、いつまでもそんなこと言ってられない。
ゴム手袋をして、慎重に、大きめにざくざくと切った。

柿と同量より、心持ち少なめのきび砂糖と一緒にことことと煮た。
お風呂上りにつまんでみた。
お代わりしたいほど、美味しかった!

c0352015_22411280.jpg

作ってみたいと言う気持ちが沸き上がること。
復活の兆しだと思った。


c0352015_23205587.jpg


柿を煮ながら、母に電話をした。
兄弟に不調をちょろっと話したら、もう母の耳に入っていて、心配してくれていた。
いけませんな~。80の母に心配をかけては・・。

「そういう時やな。でも、思い切って外に出かけなあかんで。いつもと違う事、なんかしてみるんや」

母の今日の一日は、懐かしい友人たちに会いに行ったらしい。
私が嫁に出て、寂しい気持ちの時に始めた趣味の仲間たち。
そんな気持ちで始めたなんて、私も初めて聞く話だった。
お互いにずいぶん高齢になったけれど、本当に懐かしかった。
行く前は、不安だったけど言ってよかった。楽しかった。
話すことを色々考えるから、気持ちの張りにもなる。
そんなことを、話してくれた。

実は、もう母は私の悩みを聞く余裕など、ないかもなと思っていた。
いつの頃からか、電話をしても、私はずっと聞き役だった。
いつまでも終わりそうにない、母の話をたいていは20~30分と決めて、そういう役割と思って聞いていた。
それで、いいと思っていた。
私の愚痴や悩みは母には封印していたところがあった。
母も、自分の事や父の事で精一杯だろうと。

しかし、私の最近の思いに対して、母は一生懸命、考えてくれた。
いつの間にか逆転したかのように思っていたのは、私の思い上がりで・・・。
母は、やはりいつまでも母だった。とても、心強かった。

「心配せんでいいよ。眠れてるし、食欲もあるし、仕事に行ってたら気も紛れてるし・・・今も柿のジャムを作ってんねん」

「へえそうか🎵食欲は、あるんか。それは、心配ないわ。」と笑っていた。

ただ、ここ最近新聞を読んでない。読む気がしない。
なんか、ろくな出来事がないから読む気がしない。
ここ2週間くらい、ゆっくり読んでないと言うと、
「新聞は、読まなあかんで!!」
と、それはもってのほか!という口調で言っていた。(笑)

ありがとう。とても、力になりました。
ありがとう。



[PR]
# by pass8515 | 2017-11-01 23:34 | おいしいもの | Comments(6)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass