たっぷり休む

また草との、競争が始まった。
庭で、ごそごそしていたらあっという間に
時間が過ぎる。くたびれて家に入ったら
10時前だった。(1時間半くらい経過)

晴れていたかと思えば、空がごうごうと
鳴り出して、雨がぽとぽと落ちて来た。
気になる花を見に行こうと思ったけれど断念。
今日は、ゆっくりと家で過ごした。

c0352015_23112439.jpg
昼寝もたっぷりとした。
明日、息子が帰って来るからお惣菜も
用意した。
いつもより、品数が増えるから、明日はこれで
少し楽ちん。

お風呂から上がり、
夕方録画していたにっぽん紀行を見る。
北海道・留萌の本屋さんの物語だった。
人口が減り続ける街でとうとう、本屋が
なくなった。住民の働きかけで一軒の本屋が
復活。
インターネットで本も買えるけれど、
手に取って見たい。本屋は文化の発信地。
本屋のにおいがいい・・・など、続々と
街の人が本屋を利用するようになった。

無くなってみてその存在価値がわかったのだろう。
私も本屋にはほとんど、毎週ふらっと立ち寄る。
買う時もあるし、ただ眺めるだけの時もある。
手軽さから、ネットで注文するときもある。
しかし、本屋が地元から無くなるなんて
想像したこともない。

明日、また本屋さんへ行こうと思った。

******************
新しいお菓子を、もう一つ開けた。
c0352015_23105403.jpg
*晩ごはん
あじのお刺身、生ひじきの煮物
野菜サラダ
c0352015_23110921.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-04-15 23:35 | 日々の暮らし | Comments(6)

ひよっこ

絶好のお花見日和だった。
この週末も雨の予報なので、まだまだ盛りの
桜が各地できれいな事でしょう。

職場の人が、吉野の「一目千本桜」の写真を
見せてくれた。上中下の三段階の山。
今は下の山が満開で、徐々に上まで咲き進む
らしい。山全体が桜の玉手箱。桜の花束。
なんて、表現したらいいのだろう。
写真でさえ見事なんだから・・。
実際に見たらどうだろう。まさに桃源郷だった。

桜のエッセンスをふりかけられたのか、
その人は、とてもいきいきとしていた。
また、日々をはりきろうと思ったことだろう。
共に、頑張ろう!ね。

4月からの朝ドラ「ひよっこ」が面白い。
そして、じんと胸に来る。

c0352015_18521875.jpg
あの実直なお父さんが出稼ぎ先で
消息を絶った。どうしたのだろう。
出した手紙が名宛人不明で帰って来て、
荷物を置いて宿舎から消えた。
そんなことを告げられたら、どれだけ
不安なことだろう。

子供たちに心配はかけまいと、
気丈にふるまう大人たちと、
その気配をどこか感じ取る
子供たち。
末っ子の男の子がジェスチャーで
雰囲気を盛り上げていた。

生まれた頃の話なのに、覚えている
はずもないのに、そこかしこに
懐かしさを感じる。
今朝は、炊飯器の内釜を木村佳乃が
セットするところ。
あの内釜のアルミの質感を思い出した。
私が物心ついたころでも、あのアルミの
内釜だった。細い持ち手がついて
いたと思う。
ごはん粒がすごくこびりついた。
母が水を張って、浮いたご飯で
お茶漬けをしていた。
軽く、一膳分はあった。

つつましく、懸命だったあの頃を
思い起こさせるドラマだなと朝が
楽しみになって来た。

c0352015_18523162.jpg
十二単も咲き出しました。

c0352015_18525588.jpg

*******************
*晩ごはん
あじの開き、小松菜の煮びたし、
にんじんソテー

青菜が瑞々しいですね♪
c0352015_18531815.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2017-04-13 22:08 | 日々の暮らし | Comments(8)

枝垂れ桜

やっと、今日は青空が見えた。
少し、風が冷たかったけれど、久しぶりに
光を浴びたような気がした。

帰りに土手の桜を見に行ったが、ぼちぼち
散り始め・・。
今年の桜は、先日の雨の枝垂れ桜で充分満足
した。

c0352015_23084499.jpg

先週、急に私は仕事を休んだ。
湿疹が出たのが理由だったけれど、半分は
仕事にどうしても行けなかった。
足が、気持ちが向かなかった。
c0352015_23080313.jpg
こんなことは、初めてだった。
前日の、何気ないあの人の(時々ここに
登場するあの人)一言がずっと頭に
残っていた。
あの人の一言なんて、最近はもう慣れて、
流せて、屁でもないと思っていたのに、
自分の気持ちが弱っているときに浴びせられた
一言は、ぐさりと来るものである。

一年、またこれが続くのか・・・。
あの人の気性の波に、また振り回されるのか。
ほとほと、うんざりした。
早朝、布団をはねのけ、「休もう!」と
決めた。皮膚科にも行きたい。
仕事のために、病院にも行けないなんて
そんな情けない・・。
無理はもう、やめよう。

土日を含めて、4日の休養で少し心が
落ち着いた。
降るような枝垂れが出迎えてくれた。
c0352015_23073932.jpg
世の中にはいろんな人がいて、同じことを
言ったとしても、言い方ひとつなのである。
深みを帯びた言葉が言える人と、相手を
ねぎらう言葉が言える人と、勘に障ることしか
言えない人と、人それぞれである。

受け取る私にも、波がある。
平気な時と、もうはらわたが煮えくり返る
時と。その波が収まるのをただ待つのみで
ある。ただ静かに待つ。微笑みながらも
待つ。

c0352015_23081707.jpg
この場では、仕事の話は極力避けようと
いつの頃からか思った。
働くことは、大変に決まっているから、
そんなことをグチグチ書くのは自分としても
不本意で、楽しいことを書こう!
自分の反省点を書こう!なんて、思うのだけど
たまに、書いてみたらとてもすっきりとしました。

c0352015_23072664.jpg
今年の桜。ありがとう。





[PR]
# by pass8515 | 2017-04-12 23:53 | 日々の暮らし | Comments(12)

花散らしの雨

花散らしの雨。一日、降っていた。
まだ持ちこたえている桜だが、もうそろそろ
見頃も終盤を迎えた。

ここ数日、両親の事をいろいろと考えた。
先日、花見に行った時の出来事や会話や、
二人の気持ちを考えた。

c0352015_21263954.jpg
父がとても、小さくなっていた。
お正月に会って以来、3か月ほど会わない
うちに、顔も肩幅も驚くほど小さく
なっていた。元々がっしりとした体つき
で、年齢の割には若く見えると
私も母も思っていた。
しかし、去年の入退院のくりかえし、
車いすとベッドの上での日常。
おじいさんになったなあとしみじみ
思った。

母は、毎日会っているからそうは、
気づいてないと思うので何も言わなかった。
食欲はあるし、写真も俳句も今まで通りに
意欲的だったし、それでいいと思う事にした。
思う事にしたけれど、向かい側に座って
黙々と食べる父を見ていると、いつもより私は
言葉数が少なかったと思う。

母は、母で「だいぶん、世馴れをしてきた」と
自分の近況を母、独特の表現をしていた。
世馴れ・・・。
2月の入院以降。倦怠感と寒いのとで、
ほとんど外に出なかった。
3月。まだまだ、本調子ではなく身の回りの
ことで、精一杯。世間と隔絶した生活を
していた・・・。暖かくなったら出かけよう。
相次いで、お誘いがあったのが嬉しくて、
それを楽しみにしていた。人と会う。少し
おしゃれをする。
そのことが刺激になるのだろう。
しかし、最初駅に向かう道が怖かった。
切符を買うのが、ふとわからなかった。
駅に降りて、通り慣れた構内なのに方向が
ふとわからなかった。徐々に徐々に、思い出し
これが、リハビリなのだと思ったと言っていた。

不安・苛立ち・・・不自由な中で感じることが
それはそれは、いっぱいあるのだろうな・・。

*********************
母が持たしてくれた、お菓子を少しづつ
お茶の時間にいただく。

俵屋吉富の「春爛漫」

c0352015_21175292.jpg
阿闍梨餅と、関東に暮らす叔母の
お土産のおすそ分け
きれいな包み紙の雷おこし

c0352015_21183777.jpg
チューリップがだんだん出揃って来ました♩

c0352015_21192181.jpg
*晩ごはん
ハンバーグ、昆布の煮物
先日、開拓したスーパーの牛挽き肉で・・。
挽き肉が美味しいお店はお肉も美味しいはず!
まずは、挽き肉を試した。

ふんわり、ジューシーなハンバーグに
仕上がりました。

c0352015_21190154.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-04-11 22:23 | 日々の暮らし | Comments(6)

スーパーの開拓

週末の夜、友人と会った。
この友人とは、おかずの話、お漬物の話、
好きなパン屋さんの話、もらった野菜の活用法
・・・・・
とっても身の回りのこじんまりとした話題で
盛り上がり、ざっと30分が過ぎる。

それが私にとってビタミン・刺激になっている。
小さなことを、幸せに感じられる。
色々と人生あるけれど、
そう、心掛けようという気持ちが彼女から
感じられ、私もそうしようといつも思う。

(写真は、植物園の利休梅)
c0352015_18184630.jpg


この夜、彼女が目を輝かせたのは、
今、はまっているスーパーの事だった。
私は、人がハマっていることを聞くのが好き。
身を乗り出した。何、何??

ちょっとめずらしいものがたくさんあって、
ちょっとした、贅沢と思って、最近そこに
行くのが楽しみ🎵
いちごでも、直送野菜でも、そんなに高く
なくていいのよ。
彼女とは、スーパーの好みがとても似ている。
スーパーはもちろん、支店まで気が合う。
それを、聞いた時はお互いヒートアップした。

支店・・・同じスーパーでも、なんか違うんだな。
肌ざわり・・居心地・・雰囲気・・・。
そこまで、気が合うんだから彼女がハマっている
そのスーパーがとっても気になる。
行ってみようと思った。

生活圏ではないけれど少しだけ足を
伸ばして、新しいスーパーを開拓。
宝探しのようである。

c0352015_18233790.jpg

ちょっとでいいから、美味しいものを。
良質のものを、そういう志向がすっかり
定着した層に、とても人気があるスーパー
だった。めずらしいものがずらり。
目移りしたけれど、とりあえず私は普段づかい
できるもので、初めて見るものを
いろいろと買った。

ヨーグルトや、乾燥カットわかめや、
グラニュー糖。
缶詰のリリーのカットわかめは、
私は初めて見た。

てんさいのグラニュー糖が珍しかった。
そして、店頭のいちごが手頃だったので、
小粒いちごで、ジャムを煮ようと思った。

北海道春まき小麦を使用、岸和田のタマヤパン。
最近、時々見かけるので買ってみることに
した。

c0352015_18231037.jpg
雨上がりの休日。
いい気晴らしになった。
友人も、こういう気持ちで買い物に向かう
のだろうと思った。

**************
日曜日のお昼
野菜(にら・菜の花・ほうれん草)
ちりめん雑魚の炒飯

c0352015_18240879.jpg
晩ごはん
鯛めし、菜の花のおひたし、
きんぴらごぼう、冷ややっこ
トマト

c0352015_18225716.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2017-04-10 18:43 | 日々の暮らし | Comments(6)

さくら広場

植物園で、降るような桜を堪能したけれど
路地・辻・川べり・・そこかしこの
桜がまた美しくて、立派で
車窓からの眺めをまた、楽しんだ。
飽きない。

鴨川の桜。延々と続く桜並木。
信号待ちの間、窓を降ろして撮影した。
後部座席で、父も同じように撮影していた。
なんだか、嬉しかった。
c0352015_22024163.jpg

室町小学校の近くの小さな公園の
桜がまた、すごかった。
母が鬱蒼とした桜・・・桜で薄暗いな~と
表現したけれど、まさにその通りだった。

「さくら広場」と名付けられたその小さな
公園は、樹木の8割ほどが桜の木。
咲き乱れる桜におおわれていた。
桜密度というべきか・・その密度がとても
高かった。

c0352015_22050283.jpg
ここの、枝垂れもとても美しかった。

c0352015_22052485.jpg

c0352015_22044854.jpg
この先で、母たちと別れて一人で
私は相国寺内の承天閣美術館で、開催
されている「伊藤若冲展」に行った。

c0352015_23380774.jpg


せっかく近くに来ているから、初めての
若冲を私も、体験してみたい。
色鮮やかな、作風が多いのかと思ったら
落ち着いた墨絵の掛け軸・襖絵も多かった。

雨がまた落ちて来て、雨宿りがてらに
入ったカフェで、コーヒーとアップルタルトを。

カウンター席で、この日撮った写真を
見ながら、両親と過ごした一日を振り返った。
母は、出歩けるからよしとして、
父は、雨のお花見を楽しめただろうか。
滅多に出かけられないのに・・・・。
切なくなった。

カフェに昭和33年の「暮しの手帖」が
置いてあり、ページをめくりながら
小一時間の時を静かに過ごした。

c0352015_22053933.jpg








[PR]
# by pass8515 | 2017-04-09 20:15 | 出会い | Comments(8)

雨の桜

雨降る、お花見となった。
両親たちと、京都の植物園で落ち合って、
満開の桜の下を歩いた。

植物園についたら、小雨が降っていて、
傘をさした車いすの父と、杖をついた母が
遠くから手を振っていた。すぐにわかった。

植物園は広くて段差も比較的に少なくて、
車いすでも移動がしやすい。
父は、カメラを持ちながら適当な所で
「ストップ」と言う。
そして、止まる。「もうちょっと、前。」
「後ろ」と、いいポイントを定めて
好きな、写真をたくさん撮っていた。

c0352015_22032728.jpg


車いすからの父の目線は、おそらくこんな感じ。

c0352015_22031183.jpg

雨であっても、満開の桜を愛でる気持ちを
大切にしたい。
もうひとつ、希望があるという。
「確か、大きな枝垂れ桜があったはず」

言う通りに行ってみると、堂々とした
見事な枝垂れ桜が迎えてくれた。
メインストリートから奥に入って
いるから、あまり知られてない様子。


c0352015_22035088.jpg


しばらく、皆で佇んでいた。

c0352015_22040114.jpg

雨もやんで、続々と人が増えて来た。
真っ赤なチューリップと桜の色合わせが
きれいだった。
c0352015_22025824.jpg
桜は、いい。本当にいい。
雨の桜も、滴るしずくがきれい。
散り際の花びらがまたきれい。
そんなことを、母と話しながら歩いた。

c0352015_22062895.jpg

お昼は、ごちそうになった。
彩りの良かったものをいくつか・・。


c0352015_22042870.jpg


c0352015_22041705.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2017-04-08 22:32 | おでかけ | Comments(0)

待ちわびる

桜がようやく、満開を迎えた。
昨日よりも、今日。さらに明日。
お天気はいまひとつだけれど華やかな週末
が待っている。

近くの、主だった桜ポイントに出かけた。
毎年、順番に車で廻って満開を確認すると、
それで満足している。

c0352015_17071787.jpg
今日は、この辺りの小学校の入学式だった。
先日、ラジオで最近は入学式に間に合わずに
満開になって、散ってしまうと言っていたが、
今年は、合わせたかのように満開になった。

c0352015_17082839.jpg
公園では、入学式の帰りの親子が
記念撮影をしていた。

桜を背景にした、ゆきやなぎもきれいだった。

c0352015_15273348.jpg
桜の「南限」が、危ないことになっていると
数日前の天気予報で言っていた。
沖縄は桜は咲かなくて、桜の南限は
種子島らしい。しかし、ここ数年種子島でも
咲かない桜の木が、確認されて、鹿児島市内
でも、今年はずいぶん開花が遅れた。

これも、温暖化のせいらしい。
日本が亜熱帯化すれば、どんどん南限が
北上するという・・・。
なんということ。

桜をまちわびる心。これは、いつの世も
変わらないものだなと思う。

c0352015_15273546.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-04-07 22:27 | 日々の暮らし | Comments(4)

ぼん

西から天気は下り坂。低気圧接近中の予報
どおりのどんよりとした曇り空だった。
皮膚科に行った。

やっぱり、年にいっぺんはお世話になる。
決まってこの春先である。
手先も人目に触れるからなんだか億劫で、
思い切って休みをとって、病院に行った。

今日、休ませてください。急に申し出るのは
なかなか勇気が要る事だけれど、病院に
行く時がない。私、一人欠けたとしても
どうにか一日まわるから・・・。
無理は、もうやめようと思った。

先生は、あっさりとたまねぎの汁やね。
(私にとっての)この時期、たまねぎ半分も!
それは、あかん~!という表情だった。

*******************
少しだけお花見
病院の帰り、近くの桜の名所とパン屋さんに
行った。
今にも雨が降りそうだったが、ずいぶんと
咲いていた。

c0352015_17470729.jpg
シートを敷いて、お花見をしている人が
ちらほら。雨が降りそうだったから仕舞って
帰りかけようとしていた人もいた。

近くの高校のコーラス部がライブを
していた。
若い歌声が、響いてとても良かった。
「365日の紙飛行機」「若者たち」
「明日はきっといい日になる」など。

せっかく咲いた桜なのに、風が強くて
可哀想だったけれど、この歌声が
元気づけてくれているようだった。
私もその一人だった。

c0352015_17471851.jpg

****************
ぼん
ベニシアさんの番組「15年目の春」の録画
を見た。京都・大原に住み始めた頃に出会った
うのおばあちゃんと語らう。
96歳のうのさんは、今も大原の食事処の
看板おばあちゃん。
「ひじき見たら、ぼんを思い出すなあ」
と、うのさんが言った。
ベニシアさんの息子の事をぼんと言ったことが
とても懐かしい響きに聞こえた。
昔の人って、ぼんって言ったなあ~。
c0352015_17462957.jpg
「ぼんは、今でもひじき好き~?」
うのさんが、とても可愛かった。

注射のせいで、とても眠たくて
このあと、ぐっすりと昼寝をした。

*****************
いつも、よく行くパン屋さんだが
気分転換で、普段は買わないパンを買った。

レーズンパン・さくらパン・コーヒー
クリームパン・タンドリーチキンパン
(レンコン入り)

c0352015_17473330.png
コーヒークリームパンが一番おいしかった。

夕方から、雨が降って来て強風になった。
桜よ、頑張れ!



[PR]
# by pass8515 | 2017-04-06 20:41 | 日々の暮らし | Comments(4)

連続ドラマ

新年度がスタートして、新しい連続ドラマ
が始まった。
お昼の「やすらぎの郷」は、台詞に耳を傾けて
いたら、あっという間に20分が過ぎてしまう。

ゆっくりと物語はすすむ。
「テレビに貢献した人が無料で入れる
老人ホーム・やすらぎの郷」
厳しい高齢者問題を敢えて夢物語
を交えながらも、現実を描いていくようだ。

同じ日に始まった「ひよっこ」も素朴で
優しくて、なかなかいい感じ。
夜道を出稼ぎの父の安否が気になって電話を
借りに行く母子。
「みねこだよん。」父の声をただ聞いた
だけで、あとは言葉もなくって・・。
なんだか、じーんときてしまった。

******************
こんな、新年度のスタートを切ったの
だったが、ちょっとしたトラブルに見舞われた。
原因は、ポテトサラダ?
c0352015_22022098.png
昨夜、晩ごはん食べてくつろいでいたら、
両手に湿疹が出ていることに気がついた。
手の甲から、手首にかけて。
何が原因だろう?(不思議と痒くはない)
いろいろ、考えてもアレルゲンがわからない。
ただ、このポテトサラダはいつもよりも、手が
かかっている。(私にとっては・・)

「暮しの手帖」に載っていたポテトサラダ研究会
の、レシピを元に作った。
きゅうりと、玉ねぎを塩もみして、水気をよく
絞って、1センチ角のハムとマヨネーズで合える。

塩もみして、水気をよく絞るというひと手間が
一味も二味も違うポテトサラダに仕上がった。
美味しかった。
週末に作って、また作りたくなって昨夜も作った。

この、きゅうりと玉ねぎを塩もみして、素手で
絞る・・・野菜の汁がかぶれの原因ではないか?
と、主人が言った。

確かに、絞った野菜の汁が垂れる箇所が
きれいに?かぶれている。ぴったりと合う。
きゅうりか?たまねぎか?

今までは、大丈夫だったとしても疲れ・ストレス
がたまっているときに、症状が出る時もある。
このポテトサラダはまた作りたくなるけれど、
今度はゴム手袋をしよう・・。

2日目の今夜。まだ、湿疹がひかず・・・。
皮膚トラブルは私にとって一番のダメージ
なんだなあ。
c0352015_22024424.png
先日、フラワーセンターで
おだまきを買いました。
初めての花を育てるのは、とても新鮮な
気持ちがします。

c0352015_22012909.jpg
横顔も・・・どうぞ。
c0352015_22015171.jpg







[PR]
# by pass8515 | 2017-04-05 22:27 | 日々の暮らし | Comments(8)

椿がぽとり・・・

日曜日、一番に花を見に行ったのは、
県立フラワーセンターだった。

フラワーセンターも隣の加西市にあり、
久しぶりに訪れた。
息子が産まれて、初めてのおでかけが
このフラワーセンターだった。

秋生まれ、首が座ったら、暖かくなったら・・。
4月のおでかけを私は心待ちにしていた。
こちらの土地勘にまだ疎く主人が
連れて行ってくれた。

ベビーカーで、連れまわるにも適度な
敷地と勾配と、込み具合。
あの時は、チューリップが盛りだった。

当時の写真を引っ張り出そうと思ったけれど
時間もなく、泣きそうになるのとでやめときます。

実に30年ぶりのフラワーセンター。
チューリップは、地植えはまだまだ小さくて、
おそらくGWに照準を当てて植え付けしたと
思われる。

c0352015_20424213.jpg
温室のチューリップがとても華やかだった。
温室の暖かさに救われた。
桜も咲かないはずである。
寒い・・・。寒い・・・。

c0352015_20425091.jpg

池のほとりを歩きながら「つばき園」
についた。

c0352015_20404633.jpg

写真を撮っていたら、ぽとん、ぽとんと
音がした。椿が丸ごと落ちる音だ。

c0352015_20403739.png
花びらがひらひらでもなく、それごと
ぽとんと落ちる椿。
精根尽き果てたけれど、美しい姿のまま
生涯を終える・・・。椿の潔さを思った。
c0352015_20411733.jpg

あちこちで、ぽとん、ぽとん・・・。

c0352015_20405919.jpg
c0352015_20410260.jpg

フラワーセンターは、なかなか広い。
かなり歩いた。
これからかき入れ時のお客様
を迎える花壇の準備が今まさに、始まった
というところだった。

c0352015_20420349.jpg
最後の主役は、白木蓮。
遠目からも、ひときわ目立ち、ここに
たどり着くのが楽しみだった。

c0352015_20413037.jpg
白木蓮を撮っている時、老夫婦の
会話が良かった。
ピンク色の木蓮が、木蓮というのに対し
この白い木蓮を白木蓮という。
とご主人が言った。
「白蓮?・・あ、違うかしら・・」
と奥さんが言った。たぶんあの白蓮を思って
奥さんは言ったのだろう。私も仲間由紀恵が
出てきたれど、とんだ勘違いだった。

「あ、あんまり花に顔を近づけたら
あかんで、蜂がおるかもしれんで・・」と
ご主人がさりげなく、注意されていた。
とても、微笑ましかった。
c0352015_20392192.jpg





[PR]
# by pass8515 | 2017-04-03 20:54 | おでかけ | Comments(10)

ミモザに誘われて

隣の加西市に、さぬきうどんを食べに行った。
本場讃岐で修業をした人が、開業している
製麺所がある。

ここに行く前に、「北条鉄道」というローカル
鉄道の踏切を渡る。
「法華口駅」駅舎の前の、ミモザが見事だった。
ミモザシャワー!
帰りに寄ろうと、先にうどんを食べに行った。

c0352015_22220397.jpg
うどんを食べてから、
駅舎に立ち寄るとものすごい人だった。
小さな、小さな駅に人と車がいっぱいだった。

みんなあのミモザを見に来ているのか?
駐車を案内する人に聞いてみると、
「いえいえ違います(笑)
金曜日にテレビで取り上げられたんですよ
この駅が・・・・」

c0352015_22210346.jpg
その人によると、関西ローカル・午後からの
情報番組「ちちんぷいぷい」で、パン屋さん
の人が(兼女性駅長さん)
電車が見えなくなるまで
見送るシーンが話題になったらしい。

その見送りシーンを皆見に来ているらしいのだ。

もう一つ、ピンと来なかったので、私は
やっぱりミモザが気になった。

小さな駅舎内にあるパン屋さんも大盛況。

c0352015_22231900.jpg
c0352015_22212012.jpg
電車が来るまでの20分ほど。
ホームの向い側に廻ってミモザを
たくさん撮影した。

ミモザは青空がとても似合う。

c0352015_22223672.jpg

ミモザのシャワーを浴びてとても幸せな
気持ちになった。
c0352015_22222436.jpg
桜はまったくだったけれど、ミモザに
会えてよかった。
c0352015_22223474.jpg
桜が満開ならば、桜色と黄色が
とてもきれいだろうなと思った。
c0352015_22222041.jpg
さて・・・。電車が来た。
至近距離での「撮り鉄」は初めてだから、緊張した。
失敗は許されない・・・。
c0352015_22242428.jpg
あっという間に通り過ぎ、
そしてあの場面を見た。

電車が見えなくなるまで、腕をまっすぐ
ピンと上げて手を振っていた。
背筋がピンと伸びて気持ちが良かった。
c0352015_22234035.jpg

余談ですが、「サザエさん」のオープニングで
この駅が出て来ました。びっくりしました。
女の人が、同じように手を振っています。
こちらは、全国放送なので良かったらどうぞ。
(4月~6月は、兵庫県編)

うどんから、ミモザ。思いもかけない出会いだった。

今日は、この前にもたくさん花を見ました。
そのことは、また明日に。

c0352015_22205034.jpg






[PR]
# by pass8515 | 2017-04-02 23:00 | おでかけ | Comments(6)

花を見つけに

4月になっても、桜がつぼみのままなんて、
こんな事、今まであっただろうか・・・。
満開ではないにしても、ちらほらしても
いい頃なのに・・・・。

土手の桜のつぼみは、いくらか開きかけて
いた。
あと、もう少し・・みんな待ってるよ。
c0352015_17551000.jpg

土手で写真を撮っていたら、小鳥が前を
ちょんちょんと、歩いていた。
c0352015_17544909.jpg
まるで、花案内をしてくれるように、私の
前をはねて行った。
c0352015_17545801.jpg
桜が、全然ですね~と、話をしていたら
そちらの山(私の家の裏山の事)の山桜
咲いてますね~と、情報を得た。
ベランダから、見える山なのに、まったく
気がつかなかった。ばたばたしてると
いけないな・・。

早速、見に出かけた。
わあ~咲いてる🎵咲いてる🎵
c0352015_17554284.jpg
c0352015_17553163.jpg

桜を追いかけるが、なかなかじっくりと
向き合える時間があるようでない。
今年は、お花見できるのかな~。

その代わり、群生している花を見つけた。
畳一畳分くらい・・・
群生と呼ばせていただきましょう。


c0352015_17555653.jpg
c0352015_17543830.jpg

*****************
今日は、午前と午後、2回花を見つけに
散歩に出かけた。

晩ごはんは、ほたるいかのかき揚げに
することにした。

c0352015_17540534.jpg
4月
カレンダーをめくると、花盛りでした。
c0352015_17534654.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-04-01 22:53 | 日々の暮らし | Comments(4)

団塊スタイル

年度末は、少し帰りが遅くなった。
一日降っていた雨はあがって、帰り道は
寒かった。風が冷たかった。

果たして、桜は、咲くのだろうか・・。
来週は、20℃を越える日もあると言うから
一気に咲くのだろう・・。
兵庫県は、まだひとつも咲いているところが
ないと、今テレビで言っていた。

「団塊スタイル」が今夜最終回だった。
今夜だけは録画ではなく、リアルタイムで
見ようと頑張って、片付けた。

数年前に不眠症で悩んでいた時に、主人が
「こんなん(不眠症の事)やってるで」
と、テレビ欄を見せてくれたことがこの
番組との出会いだった。
(以前にもブログで書きましたが・・)

それから、欠かさず録画して見ていた。
ちょっと先の高齢者の話かと思えば、
そうでもなく、今の自分にも当てはまることが
たくさんあるし、高齢者の話でも、この先に
待ち受けている事への覚悟にもなった。
老いることは、誰しも不安な事だけれど、
その不安を少しでも軽減されたような
番組だった。こんな風に歳を取りたいと
何度も思った。

次の番組は人生レシピ50代を中心とした
内容のようだ・・・・。
現在進行形より、ちょっと先の方が私には
興味があるのだが・・・・。

3月が終わった。
4月からも、また頑張ろう!

今日は、そういう事でお弁当しか
写真を撮ってないので・・・・。
いつもの感じですが。

c0352015_22383617.png
どうぞ、よい週末を!


[PR]
# by pass8515 | 2017-03-31 22:41 | 日々の暮らし | Comments(2)

春の四国

朝。イギリスの電車旅から自転車旅に変わった。
春の「こころ旅」は高知県からスタートした。

春がずいぶんすすんだ高知県、太平洋側。
海がとってもきれいだった。
春の光いっぱいの菜の花畑を自転車は快走。
カエルがもう、ケロケロ鳴いているし、
ふきのとうが成長しきっていた。

「四国に初めて行ったのは、いつ?」
夫婦でそんな話題になった。
関西からは、距離的には近いはず。
近畿の天気予報には、香川や徳島がよく
含まれている。なのに、昔から
近くて遠い四国というイメージだった。

主人は、慰安旅行で道後温泉に行った時。
私は、家族で徳島の祖谷渓とかづら橋に行った時。
瀬戸大橋が開通してからの四国初上陸だった。
やっぱり、橋の力は大きいね~と話をした。

しまなみ海道も、一本で結ばれてさらにアクセス
がよくなり、大好きな砥部焼を買い求めに行ったり、
ただ、讃岐うどんを食べに行ったり、
阪神のキャンプ見学に行ったり。
(高知は遠かった!)


一番、最近に行った愛媛の道後と内子の写真。

c0352015_21253875.jpg

c0352015_21250850.jpg
c0352015_21261407.jpg
*******************

*晩ごはん
豚肉の生姜焼き、トマトとアボガドサラダ
豆腐のおかか焼き、にんじんしりしり
c0352015_21451875.jpg
🌸ビールも春らしく🌸
一番搾り 若葉香るホップには、素敵な
詩が書いてありました。

春がひそんでいます
花に雲にせせらぎに
春にココロをゆだねて カラダをゆだねて
冬には言えなかったひとことを 言ってみる
思いきってあのヒトに

詩 谷川俊太郎


*********************
トップページがガラッと変わりびっくりしました。
春。ブログも一新ですね!


[PR]
# by pass8515 | 2017-03-30 21:54 | 思い出ばなし | Comments(4)

自治会費

3月もあと3日。
今年度もあともう少しである。

昨日、近所の人と話した。
今年、一年班長さんで、自治会費を毎月集金
してくださっていた。

「一年間、ご苦労様でした。お疲れ様でした」
と言うと、
「あ~大変やった、3月が一番大変やったよ
まだ、集金が終わってないんよ」
・・・・・
夜、遅くに再度廻っても留守。
お釣りはある。忘れてたと言う人たち。
・・・・・
「まだ、集金し切れてないんよ」
・・・・・
もう、お察しします。
私も、数年前にしたときに骨身にしみた。

会費を入れる袋は事前にポストに
入れておく。集金は月末の決められた日。
20軒ほどの集金は、やってみればその苦労も
わかるはず。
自慢じゃないけど、
私は、下駄箱の上にスタンバイさせている。
渡すまでに5秒とかからない。

インターホンを押して、会費お願いします。
と告げる。
家の奥~に、お金と袋を取りに戻る。
玄関先で数分待たされる。
一万円出す人もいる。
釣銭があればいいけど、なかったら
数軒、集金した後に再度その家を訪ねる。

もう!!
言わせていただきますけどね。
何年、ここに住んでるんですか。
毎月の事でしょう!
ぴっちり、袋に入れてその日の準備が
できないものでしょうか!
とは、近所だからよう言えないけれど・・。

もう、わかります。わかります。
自分が今年、班長をやったかのように苦労が
思い出され、
「本当に、お疲れ様でした」
と労をねぎらった。
🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸
桜の開花状況が気になった。
少しだけ、膨らんだものがちらほら程度。
今年は、ずいぶん遅い桜です。
c0352015_18181706.jpg

庭のチューリップは、いくつかつぼみが
顔を出していた。
こちらも遅咲き・・・・。
ゆっくりと、大きくなあれ。

c0352015_18181986.jpg
*おべんとう
金柑の甘露煮、ハリハリ漬け、にんじんと
新子の和え物、昆布の煮物

塩昆布と、梅干し
c0352015_18353181.jpg
今夜は、不定期に放送される「にっぽん紀行」が
あります。
昨夜は、見逃してしまって残念でした。
また、ピアノの音色と人間模様に
癒されたいと思います。


[PR]
# by pass8515 | 2017-03-29 18:38 | 日々の暮らし | Comments(10)

461個

昨日の朝日新聞の朝刊「折々のことば」

「弁当が手紙の代わりをつとめてくれた」
           渡辺俊美

ミュージシャンの父と子の2人家族。
息子が高校生になり、渡した金で好きな
ファストフードを買っても育ち盛りだから
もの足りないだろうと、父は毎日弁当を作る
ことに。
(中略)
ちょっとした工夫に息子は気づき、メールで
感想を送る。思いやりの静かな交換。
「重要な3年間だった」と父は言う。

「461個の弁当は、親父と息子の男の
約束」から

c0352015_19011340.jpg
私は、この本をある方のブログで知った。
毎日、ご主人のおべんとうを工夫して
作っておられて、拝見するのが毎日
楽しみである🎵

早速、本を取り寄せて一気に読んだ。
2年ほど前のことである。
男の人が凝ると言えば、とことん凝る所が
恐れ入るなと思ったし、私だって
長年、お弁当を作っていたけれども、
ここまで心がこもっていたかと言えば
反省点ばっかりだなと、思った。

c0352015_19052363.jpg
息子さんへの、悔恨の思いがお弁当に
入魂されて、その父親の姿に、息子が
応える。おべんとうの写真とともに
各地の弁当箱や、調味料や、食材や。
とても楽しい一冊だった。

で、私はと言えば今まで何個のお弁当を
作ったことだろう。461個では足りない。
中・高、2人分。下の息子には大学・社会人
と、ほぼ毎朝作った。
特に後悔するのは、2人の中・高時代である。
義理か厄介だった。冬場は暗いうちの弁当
づくりがただただ、修行だった。
しかし、冷凍食品は使わなかった。
自分でもそこだけは、こだわった。

数だけは、負けてはないけれど、
渡辺さんの品数多い、色とりどりの
お弁当に、後悔することしきりなのだった。

息子が出て行ってから、自分の分だけを
毎日作る。
ほとんどが、前夜の残り物で、写真に
収めるほどでもないので、撮っていない。
自分の弁当のために調理はしない。
卵焼きもわざわざ作らないから卵も余る。

お弁当はやっぱり、食べてくれる人が
いてくれるからこそなのだと痛切に思う。

*今日の私のおべんとう。

ぶり大根、大根の浅漬け、
昆布の煮物、ハリハリ漬け
(大根づくしです。)
c0352015_19211421.jpg
*晩ごはん
ぶり大根、にんじんと塩昆布のオリーブオイル
和え
もずくと新子の酢の物

久しぶりに芋焼酎で。
(宮崎 木挽)

c0352015_19255000.png


主人は、お通夜と告別式で二夜連続‥
一人の晩ごはんだった。

同年代の人との別れは、特につらいものです。


[PR]
# by pass8515 | 2017-03-28 19:29 | 出会い | Comments(4)

二人の暮らし

夫婦二人の暮らしになって一か月が経った。
めでたく、ケンカは一度もしていない。

どこかで、お互い様子をうかがって、気を
配って、ちょっとだけ言いたいことを我慢
している。特に主人の努力が涙ぐましい。

先週、カーテンを変えた。

c0352015_22104218.jpg
それに合わせて、クッションカバーも
変えた。部屋の雰囲気も徐々に変わり、
「NOケンカ」更新中・・である。
c0352015_22112634.jpg
ところが、夕方久しぶりに主人を怒らせた。
クレジットカードのキャンペーンの事をPCで
入力していたら、うまく行かない。
何度も何度もやり直しても、最後にうまく
行かない。3度目・・。私はいらいらして
主人にあたってしまった。

うるさいな~とPCをのぞき込み、
「ここが抜けてる!ちゃんと見んか!」
と、怒鳴った。
ケンカと言ってもたいていは、こんなこと
ぐらいの事で、私が悪い。

いつもの、あの嫌な雰囲気が漂った。
私が悪いけど悪いと認められない、気まずい。
せっかく、ささっと済ませてブログを
書こうと思っていたのに、つまずいてしまった。

で、この事をブログの記事に変更した。
ケンカというほどでもないから、NOケンカは更新中?
である。

まあ、こんな2人の暮らしの日々である。
*********************
また、カルディに行った。主人は初めてだったから
連れて行きたかった(笑)

キャンベルのスープは主人の希望

c0352015_22252448.jpg
久しぶりにピザ台を買って、
残り野菜をトッピングした。

青豆、玉ねぎ、トマト、もやし
ピーマン、ウインナー

c0352015_22255020.png
c0352015_22260749.png
********************
晩ごはんはお好み焼きにした。
ソースをめぐって、意見が分かれた。
いつか、ブログのお友達が「おたふくソース別格」を
紹介しておられたので、それにしようと思った。
c0352015_22261967.png
しかし、主人は名城ソースがお気に入り。
「兵庫播州の地ソース」である。
結局、別格は次回にして、せめて
天かすだけでも、おたふくにした。


[PR]
# by pass8515 | 2017-03-26 22:37 | 日々の暮らし | Comments(10)

リニューアルオープン

朝から、はっきりとしないお天気で私も動きが
鈍かった。
ごそごそと起き出して、洗濯機を回して、
それでも、なかなかエンジンがかからなかった。

五人囃子を片付けて、簡単に部屋と階段
を掃除して、庭の様子を見に出た。

ムスカリが咲いていた。
職場のムスカリは、それはもう可愛くて♪
とんがり帽子の、三角お屋根。
これぞ、ムスカリ!という形なのに、
うちのムスカリは、やっと咲いたよ・・
というひ弱な感じ。土の栄養が足りてないな・・。


c0352015_16312355.jpg
アネモネは私に似ている。
お天気が悪いと、どうにも不機嫌(笑)
お照りがないと、心を閉じている・・。
c0352015_16314710.jpg
ラベンダーも、いっぱいつぼみを
蓄えて、今か今かと準備万端。
c0352015_16320838.jpg
花を見て、少し元気がわいてきて、
待望の「カルディ」に出かけた。
長らく改装中で、ひと月近く閉まっていた。

何を買うわけでもない。
でも、あそこに行ってコーヒー飲みながら
うろうろしているだけで、気分転換に
なっている。
別に、どうしても要るものでもない。
生活必需品でもない。
カルディで買うものは、二の次のものだけど
その、ちょっとしたゆとりと、あそびが大切。

みんな、待っていたのかな。
レジは長蛇の列だった。でも、レジが3つに
増えて回転も良く、それほどにも待たなかった。

店内は、アイランド形式に陳列されていて、
見やすかった。動きやすかった。
以前とは、まったく陳列場所が違って
いるから、慣れるまでには時間がかかりそう。

待ち焦がれたリニューアルオープンだった。
今日、私が買ったものは・・・
イタリアワイン
蜂蜜、生ハム切り落とし
珈琲の買い足し(半額セール)

c0352015_16325601.jpg
お昼ご飯は、ご飯だけ新しく炊いて、
昨日、作ったお惣菜の色々を添える。

昆布の煮物、ハリハリ漬け、
ちぎり野菜(カネテツ)
大根と青大豆と新子のサラダ

c0352015_16323671.png

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-25 21:29 | | Comments(6)

春大根

お彼岸に、親戚から春大根をもらった。
叔父さんが近年亡くなって、叔母さんは一人
で畑を続けている。

c0352015_22000035.jpg

こちらに来てから30年来、この叔母さん
の畑の野菜をずっと、いただいているような
気がする。
当たり前のように、もらっていたけれど、
有り難さと、大事にいただく心は、ようやく
ここ数年、芽生えて来たように思う。

さあ、この大根たちをどうやっていただこう。
久しぶりにハリハリ漬けを作ろうと思った。
塩をまぶして一晩寝かす。

c0352015_21592854.jpg
あと、きんぴらと、浅漬けにもした。
昆布の佃煮も、久しぶりに作ろう。
昆布と、青大豆をもどして・・・
週末のお惣菜を明日帰ったら作ろう。
c0352015_21591706.jpg
**********************
朝の職場は、お昼の生中継の話題で持ち切り
だった。バクダン発言は飛び出すのか・・。
非常に、興味があると、皆言っていた。
私は、今日がその日と、その時初めて知り、
まあ、見れたら見ようくらいに思っていたら
結構見れた。

誰かが、嘘を言っている。
真相がわかった所で、何がどう動くのだろう。

しばらく、この話題が世間では続くのだろう。
世間の興味の移り変わりが早くって、
一日、ニュースを見なかったら
もう、ついていけていない。

*******************
*晩ごはん
昨夜のカレーの残り
鋳物鍋で作ると、とってもまろやかになる。
同じバーモンドカレー(中辛)でも以前の
味とは、なんだか違う。

c0352015_21594484.jpg
大根のきんぴら、大根のおかか和え
茄子のみそ炒め

ビールが美味しくなってきた。




[PR]
# by pass8515 | 2017-03-23 22:26 | 日々の暮らし | Comments(2)

道具

昨夜から、雨がずっと降っていた。
お昼過ぎにようやくあがって、晴れてきた。

お彼岸のお墓参りの帰りに主人の実家にも
寄った。
一時、片付けに精を出したが、今は小休止。
時々、思い出したように掘り出しものを
探しに行ったりする。

目当ては、すり鉢とすりこぎである。
大きなでん!としたのが欲しかった。
きっとあるはずだ。

納戸の奥から、主人が見つけた。
おそらく、祭りの準備や弔事の手伝いに
大活躍したであろうすり鉢。
よそと、間違わぬように底には
名前が入っていた。
c0352015_21213071.jpg
マジックペンの印は何の分量の目安だろう。
もう、尋ねる人もいない・・・。
熱湯消毒して、洗剤でこすって、縁側に干した。

早速、白和えを作った。
c0352015_21205947.jpg
そして、奇遇にも・・
もうひとつ道具が我が家にやって来た。

東京のお土産
かっぱ橋道具街の銅のざると、築地市場の
利尻昆布。
かっぱ橋道具街は、一度行ってみたい所。
面白いだろうな。

c0352015_21204778.jpg
きらきらした銅のざる。
プラスチックのざるを長年使っていた私
にとって、まぶしすぎる上等なざるである。
ありがとう!本当にありがとう!

ビニール袋に注目!
商店の方たちは、ここまで準備が整っていたのですね。

*******************
*晩ごはん
水菜とにんじんと豚肉のオムレツ
白和え、大根サラダ
もずく

c0352015_21213624.jpg

今から、NHK「東北さくら旅」を見たいと思います。

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-21 21:38 | 日々の暮らし | Comments(10)

二枚の絵

私の、4連休も最後の日になった。
毎日、お天気続きのお彼岸も珍しいのではない?

家の事も片付いた。
冬ものを洗ったり片付けたり・・・。

玄関先に飾る絵葉書を選んだ。
好きな時間・・🎵
春らしい淡い色あいを探すけれど思うような
ものがなくて、一枚はこの絵にした。

児島虎次郎
「睡れる幼きモデル」
大原美術館蔵

服装からしてきっと、春先にちがいない。
と、勝手に思っている。うとうとした
かわいらしさがなんとも言えない。
c0352015_17443341.jpg
もう一枚がなかなか見つからなかった。
ふと、一枚の絵に目がとまる。

エドゥアール・ヴェイヤール
「室内」
プーシキン美術館展にて

c0352015_17460780.jpg
二枚の絵は、同じ部屋ではないかと思う
ほどよく室内の様子が似ていた。
カーテンと、テーブルクロスの柄が似ている。
敷物は同じ柄ではないか・・・。

何度も見比べ、楽しくなった。
どちらも、1900年代初めの頃の作品

水仙をガラスに挿して・・。
飾りました。
c0352015_17450468.jpg
c0352015_17451969.jpg

ブログのお友達のお庭情報を見ていると、
うちの庭ももしかして・・と思って
庭に出たら、アネモネが咲いていました。
たった、一輪大きく開いていました。

c0352015_17444421.jpg


c0352015_17454731.jpg
明日は、久しぶりの雨の予報。
花たちにも、うるおいが大切ですね。


[PR]
# by pass8515 | 2017-03-20 21:44 | 日々の暮らし | Comments(4)

春物

水族館の帰りに行った、アウトレットで
気になって仕方がなかったのが
ガウチョパンツだった。

職場でも、いつか話題になった。
「昔でいう、キュロットが流行ってるね~」
「でも、もうキュロットなんて言っては
いけませんよ~(笑)」

店内でも、通路でも歩いている人が気になった。
しかし、長さ・布の分量で
ともすれば、袴のようになってしまう。
私に、はきこなせるだろうか・・・。

そして、トップスも変わってくる。
丈の短いトップスを持ってこなければ、
バランス悪し。
ここ、数年チュニック一辺倒だった私は
大幅に全体的にワードローブを変えなくては
いけない。

そんなところで、なかなか踏み出せなかった
ガウチョパンツだった。
結局、迷った挙句、若向けのセレクト
ショップでやっぱりチュニックを買った。
(made in france)で、生地もしっかり
していた。半額近かった。
c0352015_21563492.jpg
そして、帰り際・・ふと目が合った。
わりと細身の、これなら履きこなせるかも
と思えるガウチョに出会った!

まずは、こんな感じから始めよう。
手持ちのボーダーシャツに合わせよう。
(ボーダーが好きです)
久しぶりに春物を買った。
c0352015_21584184.jpg
お彼岸の花たち
お墓参りに行った。
お寺への道すがら、あせびが満開だった。
c0352015_16492464.jpg
カメラを持ってくれば良かった。
スマホのカメラで、頑張ろう。

c0352015_16492420.jpg
このお宅のミモザが、もう見ごろだった。

c0352015_16492879.jpg
木蓮のつぼみも無数にあった。

c0352015_16492746.jpg
ツートンカラーのつばき

c0352015_16492954.jpg
お寺の椿はまだつぼみだった。

c0352015_16493094.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-19 16:48 | | Comments(4)

淡路島

いっそう、暖かくなった。
春風に誘われて、散歩に行ったり、庭に出たり
・・そうして、午前中を過ごした。

アネモネのつぼみが、だんだん開いて来た。

c0352015_21550087.jpg

c0352015_21544930.jpg

昨日、お昼も晩ごはんも外食したせいか、
膨満感と、消化不良がハンパなく、
どうも調子が悪かった。

お昼は、水族館で「蛸・たこ定食」を食べた。
たこ焼きが浮かんだうどんと、蛸めしの
セット。

晩ごはんは、鯛の薄造りと、ネギトロ巻きを
ゆずハイボールで流しこむ。
どれも、そうしつこくもなく美味しかったのに、
どうも最近胃腸が弱っているようだ。

温泉の食事処で、男性のお客さんたちが、
大きな声でしゃべっていた。
お風呂上りのいっぱいで、上機嫌の様子。

先日、亡くなった渡瀬恒彦さんの事が
聞こえて来た。
「72歳は、若いわ~」・・で病気の話に
移った。

ふっと、窓の外を見ると、渡瀬さんの生まれ
故郷の淡路島が見えた。
渡哲也さんが淡路島ご出身は有名な話だが
渡瀬さんも当然、同様で今回改めてニュース
で、知った。

渡瀬恒彦さんと言えば、「ちりとてちん」
の落語師匠を思い出す。
「野辺へ出てまいりますと~ひばりがぴーちくぱーちく・・・」

淡路島を眺めながら、72歳は若いなと、
私たちも話をした。
c0352015_22065113.jpg
*******************
*晩ごはん
また、息子が帰って来た。
コロッケを携えて。

サーモンお刺身、あさりのバター蒸し
大根煮物、小松菜煮びたし・・。

調子が悪いといいながら、少しづつ
私も箸がすすんだ。
c0352015_21542266.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-18 22:18 | 日々の暮らし | Comments(2)

水族館

数日前に、主人が「水族館に行こうか」と
急に、言い出した。
たまには魚を、ボケ~っと見るのもいいなあと。

私も大賛成で、この日を楽しみにしていた。

神戸市立須磨海浜水族園
おそらく、子どもの幼稚園の遠足以来だと
思う。
c0352015_22282513.jpg
平日だから、し~んとしているかなと思いきや
保育園の遠足や、高校生カップルがやたらと
目につき、結構な賑わいだった。
世間はもう、春休みなんだな。

c0352015_22263634.jpg
ペンギンに会えるのを楽しみにしていた。
「ペンギン館」に行くと、
鳥インフルエンザの感染予防で、
エリア内立ち入り禁止だった。

遠くからしか見ることはできなかった。
とっても残念・・。
以前は、足元までペンギンが近づいて
来たような記憶があったから・・・。
本当に残念。
c0352015_22291687.jpg
通路に回ると、揃って日光浴をしていた。
c0352015_22285244.jpg
2羽が太陽に向かって同じポーズを
とっているのがユニークで可愛い。
c0352015_22265131.jpg
二モ!にも、会えた。
本当は、カクレクマノミだけれど、
見ている人みんな、大人も、子供も
「わあ🎵二モだ~」と言っていた。
c0352015_22270581.jpg

この後、アウトレットに行き、
その隣の温泉施設にも行った。
明石海峡大橋が見える、温泉が
以前から気になっていた。
c0352015_22274794.jpg
温泉施設で、ついでに食事をして帰り
今日は一日、大人の遠足を楽しんだ。
温泉施設を出て遊歩道を少し歩いた。

散歩する人、ジョギングする人。
こんな光景が毎日見れる、散歩道なんて
うらやましいなと、主人と話をした。

c0352015_22271910.jpg
6時過ぎ。
日がどんどん長くなる。
そういえば、もう春分の日なんだな。






[PR]
# by pass8515 | 2017-03-17 23:04 | おでかけ | Comments(4)

ひととき

春の嵐も去り、今朝はよく晴れた。
早朝、大ごみを持って行き、朝は時間が
たっぷりできて、新聞をゆっくりと読む。

読者の投稿欄「ひととき」を読んだ。
今朝は西宮市69歳・女性からの
「40円足りなかった姉妹」
c0352015_21334281.jpg
かいつまんで話すと、投稿者がスーパーで
並んでいると、前に小学生と、幼稚園児らしき
姉妹の二人が並んでいた。
1040円のところ、二人は1000円しか
持っておらず、40円を貸してあげようと
したけれど、小銭が35円しかなく1000円
を出そうとしたら、後ろに並んだ男性が
「わしが出したるわ、返さんでええで」と
40円出してくれた。

レジの女性は、「おじちゃんにお礼を言ってね」と
促したのに、二人は何も言わずに立ち去った。
世の中、まだまだ優しい人もいるものだ・・
という内容だった。

ふっと似たようなことが私にも
あったと、もうずいぶん前の事を思い出した。

子供たちが小学生の頃、子供会のバス旅行に
参加した。
そこでの出来事。
岡山県の農業体験公園。
(ソーセージを作ったりした)

お土産コーナーで私もレジに並んでいた。
前に並ぶ、同じ子供会の6年生の女の子が
700円くらいの買い物をしたけれど、
お金が足りないと困っていた。

「おばちゃん、立て替えたげるわ。
後で、お母さんに言うてな・・」と、
私も、小銭がなくって、1000円を出した。
6年生の女の子だから、しっかりとしている
だろうと思った私が甘かった。

お釣りを、彼女は自分の財布にしまい、
結局、親には何も言わなかった。
おべんとうを食べて、車座になって何人かの
お母さん同士で私も喋っていたけれど、
気になりながらもとうとう
その親には何も言い出せなかった。

ここが、自分の甘い所で頼りない所だなと
今更思った。
この年になってみると、言いにくいけど
はっきりと「○○ちゃんにお金を立て替えた」
と言えるだろうに。
若かったんだなと、思った。


******************
たまには、カメラも撮ってあげよう。
ずいぶん前の、canon IXY
cath kidston のポーチに入れてます。

c0352015_20425891.jpg

今から、ドキュメンタリー華麗なるミュシャ
見たいなと思います。

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-16 20:42 | 日々の暮らし | Comments(10)

障子に目あり。

久しぶりに、雨が降った。
傘が飛ばされそうな、横なぐりの激しい雨。

少しだけ近くに住む人と話す機会があった。
やはり、最初の質問は「息子さん、結婚した?」
「い~や、まだよ・・・」
そして、次に、
「自転車、まだ続けてるの?」と聞いて来た。

自転車?あ~、ロードバイクの事か・・・
「え?なんで、自転車の事知ってるの?」
と、私はそれが気になり、彼女に聞くと、
「上座に自転車が置いてあったや~ん」
と、言った。

玄関に立つと、ちょこっと見える自転車。
これ見よがしに置いてるかな~と思いながらも
他に置くところがないので、仕方なく・・・。
上座に置いてます。
c0352015_19040194.jpg
そういえば・・
もう2年も3年も前の事、地域の行事の件で1,2回
彼女は訪ねて来た。玄関先で少しだけ立ち話をした。
その時にちらっと見たことを、覚えているんだな~。

ちょっと、怖ろしくなった・・・。

*****************
今年も、他の方からもいかなごを頂戴した。
この方は毎年、毎年くださって、家族はやはりこちらが
美味しいと言う。

私もそう思う。
年季の違いかな・・・。ごまが振りかけてあった。
今年は、ずいぶん近づけたような気が自分では
している。


c0352015_19034629.jpg
IKEAのフリーザーパックがいいんです🎵

口がかっちりとしまって、カラフルで可愛くて・・
特に入れる必要のないものまで、なんだか
入れて保存したくって・・。なんでも入れてます。

酒粕に、干物に、青大豆・・・など。

c0352015_19033138.jpg
*晩ごはん
青大豆の豆ごはん

c0352015_19041269.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2017-03-15 19:26 | 日々の暮らし | Comments(2)

来客あり

週末に、我が家にはめずらしく来客があった。

我が家からわりと近くの漁港に写真を撮りに
行ってきたと、帰りに寄ってくれた。

大きなカメラを抱えてやって来て、撮った
写真を見せてくれた。
雲と大漁旗と、漁船。
私が撮ったスマホの写真とは比べ物にならない
臨場感あふれる感じだった。

CANON EOS CMなどで、名前は
知っているものの、これが一眼レフカメラ
なのか・・・。初めて持たしてもらった。
とても重い。レンズをいくつか装備しているから
余計に重いと言っていた。
こんな重いものを肩からかけて、皆、風景を
撮影しているのか・・。

ブログのお友達の写真を見てはあこがれて
いたけれど・・・。
もう少し小ぶりで、もう少し安いので
いいから、私も欲しいなと思った。

たまの、来客もいい。
いつもの掃除に加えて、さらに掃除を
するようになる。
すっかり風景になってしまった不要なものが
片付く。
いつの頃か、友人を招くことも遠ざかり
お互いに楽だからと、外でお茶するのが
定着してしまった。

たまには、人をよぼう・・とも思った。

****************

*晩ごはん
長ねぎの豚肉巻き、にんじんしりしり

c0352015_21301337.jpg
*おべんとう


c0352015_21305184.png

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-14 21:31 | 日々の暮らし | Comments(6)

二郎ジャム

今年の3月は雨が少ないと思う。
いつもなら、土日のたびにしとしと雨で
お天気がはっきりとしない日が多いのだが。
そのせいで、庭はカラカラ・・。
チューリップの芽が気になる。

他府県の友人に、ちょっとしたものを手渡す
時に、「二郎ジャム」がいつもパッと浮かぶ。
播磨・神戸の珍しいもの・・と言っても
今はネットで何でも買えるしどこのデパートに
も、神戸の有名菓子店はあるし・・・。

c0352015_18512088.png

10年くらい前に街のパン屋さんでみつけた
「二郎ジャム」
「じろうさん」と思ったら二郎(にろう)
という地名から名付けられたと教えられた。

二郎は神戸北部のいちごの産地。
いちごジャムや、オレンジマーマレード
の二郎ジャムもあるけれど、私は
ブルーベリージャムが一番好き。

果肉がたっぷりで、ちょっとした朝の
お楽しみである。

******************
昨日の朝、息子がいかなごを取りに来た。
前日に作った炒飯の写真を見せてくれた。
彩りよく、なんだか美味しそう~🎵

味覇(ウェイパー)を入れたら、とても
美味しかった。
赤い缶のペースト状万能中華調味料。
(私も、久しく買ってないな)
職場の先輩が引っ越し祝いに
「ウェイパーはひとつ持っとき・・」
と、くれたらしい。

ナイスなアドバイスに私も笑ってしまった。


******************

*晩ごはん
にら・青豆の卵焼き
春菊ときゅうりのみそ和え
いかなご
c0352015_19010794.jpg
*おべんとう
c0352015_19031690.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-13 21:45 | 日々の暮らし | Comments(6)

五人囃子

日に日に春めいて、穏やかな陽射しの日曜日。

昨日、お内裏様を片付けたら
母から、「五人囃子」が届いた。
わらべの丸々としたお顔。
こんなに可愛かったのか・・・🎵

あの頃は自分も子供だったから感じなかった
のかな・・(笑)

c0352015_21535742.jpg
通りすがりに、主人が
「ふふ・・可愛いやん」と言った。
じっくりと見るのって初めてらしい。
そうか・・娘がいない我が家は本格的
おひな様は初めての事だった。

五人囃子だけかと思えば、その他大勢も
箱に入っていた。
「人形だけは、やっぱり捨てられへんかった」
と、ほっとしたように言っていた。

ようこそ、いらっしゃいませ♪

c0352015_21545294.jpg
しばらく日に当てて眺める。
箱も縁側に干して、心落ち着く
ひとときだった。

代表して、五人囃子をもうしばらく
飾っておくことにした。
桜の頃まで、こうしておこう。
c0352015_21541665.jpg
*******************
*晩ごはん

豆腐のグラタン、わけぎのぬた和え

c0352015_21552870.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2017-03-12 22:20 | 日々の暮らし | Comments(2)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass