ペアルック

今日は休日。風はあるけど暖かめな1日だった。いつも通りの時間に起きて、お弁当を作り朝ごはんを食べる。いつも通りなのに仕事に出かける朝とは違いゆったり時間が流れるような気がする。気持ちにも、ゆとりがある。

c0352015_17454688.jpg


朝、テレビでペアルック復活の兆しという話題を見た。原宿を歩いている若者、ペアルックのカップルが目につくらしい。
ペアルックと言えば、昭和の愛の証というくだりに思わず吹き出してしまい、70~80年代のカップル(アベックって言ってたな。)の映像が出た。ペアルックはちょっと憧れたけど、主人は男が、ペアルックなんぞ着られるか!派だったので一対も持ってはいなかったが懐かしい響きだった。

今の若い人に、聞き取り調査してみると、まだ付き合いはじめて少しの男の子。
まだまだこれから何枚か持ちたいなあと思ってます。その横で女の子の顔が一瞬ほころんだ。嬉しかっただろうな~こちらまで温かい気持ちになった。


さぁこたつから出よう!
うだうだしてたらあっという間に貴重な休みが終わってしまう。今日やることや買っておかないといけないものを紙に書き出して…こうしないとすぐ忘れてしまうから。

ガスコンロ周りやレンジの中が気になっていた。ふきんで拭いて五徳や受け皿を洗剤ふって水につけた。

壁の目地のゴムの汚れも気になって、ハイターを薄めて拭いた。
買い物から帰って来る頃には白くなっているはずだ。



c0352015_17454707.jpg


おひるごはんは、昨夜の残り物をサラメシの再放送を見ながら食べた。


午後からは、録画していた小さいおうちを観た。去年のこの時期永遠の0と、どちらかを観ようと迷って、永遠の0を映画館で観たのだった。

こちらは静かに軍靴の音がする普段の暮らしの戦前、戦中を描いていた。
黒木華ちゃんが、やっぱり良かったな。
女中さんは賢くなくてはいけない。
気がきかなければならない。
ぴったりそれにはまっていた。

吉岡秀隆と、中嶋朋子が絡みはないにしろ同じ映画に出ていた。

映画を観ながら、パンケーキを食べた。
冷凍のベリー類をふんだんに載せてその上からはちみつをたらしていただいた。

c0352015_17454748.jpg


アップルティーと一緒に。

晴れているけど風がすごい。
散歩に行こうかな。風が気持ちを阻む。


・晩ごはん・
c0352015_19522570.jpg


サーモンサラダとブルスケッタ(バジル、ゴ
ーダチーズ、サーモン)
ワインでいただいた。

カルディで、お手頃ワインをよく買う。
今日はイタリアワインを。


***********

*お弁当*

c0352015_17454750.jpg


玉子焼き、魚肉ハム、鶏肉ハンバーグと豚肉麹炒め(昨夜の残り物)、いかなご







[PR]
# by pass8515 | 2015-03-12 19:56 | 日々の暮らし | Comments(0)

パンケーキ


今朝は、また冷たく歩道が凍っていた。

変わらない暮らしが、何よりありがたい事と気持ちをただす。

c0352015_20175458.jpg



朝刊にコストコ商品を販売するスーパーのチラシが入っていた。
このスーパーには時々、人気商品が来るのだけど去年まで会員だったから、たいていのものは食べた事がある。でもアップルタルトがまだ食べた事がない。
新しいのか、前からあるけど知らなかっただけかもしれないが美味しそうだ。
コストコで買うよりは出張販売だし高い。
また会員になろうか迷いながらほぼ一年経った。楽しい♪美味しい♪おもしろい♪コストコ好きだったんだけどなにしろ量が多い。
うまくシェアできればいいんだけど、3人時々4人で消費するには多い…しばらく同じものにうんざりすることもあったりひとしきり買ったら、しばらくもういいかなと思い会員は更新しなかった。

しかし、アップルタルトは、魅力的だ!
仕事の通り道だし買ってきてと主人に頼んだが残念ながら売り切れだった。
それで、キムラヤのパンケーキを買ってきてくれた。

c0352015_20175408.jpg


メープルとマーガリンをサンドしたふんわりしたパンケーキ

c0352015_20175542.jpg


このあと、レンジでチンしたら中からメープル、マーガリンが溶け出てきた。
ぐちゃぐちゃになるけど!でも美味しい♪


**********


c0352015_20175529.jpg


・晩ごはん・
鶏肉と蓮根のハンバーグ、豚肉もやし藻塩麹炒め

c0352015_20175539.jpg


炊き込みご飯、粕汁

c0352015_20175504.jpg


おかわりした、おこげがまたたまらない。

************

*お弁当*

c0352015_20175642.jpg


玉子焼き、シュウマイ、ウインナー、蓮根のきんぴら



[PR]
# by pass8515 | 2015-03-11 19:38 | 日々の暮らし | Comments(0)

艶やか

今日はとても風が強くて冷たい。雪も真横に一時降っていた。

それでも朝から、ちょっといい事があった。
お客さんにいかなごのくぎ煮をいただいた。
そのお客さんは毎年、バレンタインのチョコ、暮れは大根のお漬物。きっちり人数分をきれいに袋詰めしてくださっている。
また、去り方がさっと置いてさっと帰る…
私たちに気を遣わせないよう、お礼をいう暇も与えずさっと帰っていかれる。

いかなごは、うちはうちの味で、満足してくれてるであろう家族も、このお客さんのいかなごを食べるとまだまだ!と、言うのだ。

つやつやしている。飴色で艶やか!
くぎ煮本来の歯ごたえがある。

c0352015_20552280.jpg



それぞれに、それぞれの味だ。


今日は仕事で、いろいろあって帰宅が遅くなってしまった。早速、いかなごをいただきこんなときに、おかずのひとつになってとても助かった。

せわしなく、夕ごはんの支度をしていると
母からおみやげが届いたよと、電話があった。ちょっと久しぶりの母の声に仕事の愚痴をぽろっと、こぼしそうにもなったけど言っても仕方ない。母はしきりに、旅行は行けるうちにどんどん言っておいで。行けることは本当にありがたいことと、言っていた。

自分のことも含めて、実感していることだろう。

遠出はなかなか無理だけど近場で半日ほどなら出歩けるようになったから、もっと暖かくなったら美味しいものを食べに行こうと、話をした。

c0352015_20552263.jpg



・昨夜の晩ごはん・

氷見で買ってきたひらめの昆布じめと、にしんの麹漬、ほうれん草のおひたし、かきたま汁
氷見のお酒

c0352015_20552354.jpg



風で雨戸がことこと。明日も寒くなりそうだ。




[PR]
# by pass8515 | 2015-03-10 20:56 | おいしいもの | Comments(0)

空間

旅の余韻を残しつつ新しい一週間の始まりだ。

春の雨が、激しく降っている。また、寒くなるらしい。行ったり来たりのこの時期だ。

先日、訪れた山中温泉はその通りの山の中で、雪解け水がごうごうと流れる渓流沿いを散歩した。

なかなか長い遊歩道でまだ花のない殺風景な雑木林を抜け、そのおしまいに素敵なカフェを見つけた。




c0352015_18445885.jpg


営業してるのかな?ちょっとのぞきこんでみる。女の人が誰かと笑いながらおしゃべりしているのが、見えた。やってる!
少し離れて二階を見上げるとランプの灯りが見えた。


c0352015_18445998.jpg


先に歩く主人を呼び止め、お茶にしよう。
入ってみると、中は意外に奥行きがあって3組ほどのお客さんがいた。
遊歩道の終点にこんな素敵な空間が待っていたなんて。のぞきこんでみるもんだなあと思った。

二階に上がってみた。先ほど通ってきた道や神社の鳥居が見えた。

c0352015_13043355.jpg


歩いて少し喉が渇いたから、レモンスカッシュにした。生搾りのレモンで濃厚。レモンもかじった。ガムシロップに写りこんだ風景が
また素敵!と、ひとりで満足していた。

c0352015_13043324.jpg


主人は、オレンジ生搾りジュースにしたのだが私が何枚も写真を撮っている間に一気に飲みほしていた。

c0352015_13043473.jpg


ギャラリーや、輸入雑貨や絵本のショップもあっていい空間に出会えたとひとしきり静かに~はしゃいでしまった♪

c0352015_13043469.jpg



森の中のとっておきの隠れ家を発見した悦び。主人は、気がつかなかったらしい…


c0352015_13043437.jpg



**********

*お弁当*

今朝から新しいお弁当箱で。

c0352015_18213927.jpg



玉子焼き、富山の赤巻きかまぼこ、ひじき豆、ウインナー、いかなご、ほうれん草のおひたし




[PR]
# by pass8515 | 2015-03-09 13:05 | 旅を振り返って | Comments(0)

番傘

朝から、いいお天気でずいぶんと暖かい。
旅先での雨も嫌だけど、帰ってきた翌日の雨もすごく困る。
山のような洗濯をベランダいっぱいに干した。助かった。

午後からは、録画していた2日分のマッサンを見た。一馬の出征に一週間費やすのかとも思ったが、別れはやはり胸がつまった。
蛍の光は、どちらの言葉でも意味でもいい歌だなぁ…

c0352015_18451823.jpg




昨日は、さすがに疲れて荷物もそのままにしていたが、ぼちぼちほどいて片付けたり、実家へのおみやげを送る準備をしたりした。

職場へのおみやげは、旅行にいくたびに買うわけではないけれど、平日の休みをもらっているから、気持ちだけ買うことにした。
なぜか必要以上に職場へのおみやげ選びは迷って悩んでしまう。

永平寺に着く前に立ち寄った胡麻豆腐のお店で、ごまだれ餅があった。適当な数と手頃な値段!即決した!
気が楽になった。迷うであろうものは先に買っておくべし!

家用にも買って味見をした。

c0352015_14591710.jpg


ちっ小さい!二、三個ぺろりといけそうだ。
柔らかいお餅と、黒胡麻だれ。
まぁまぁいけるな…

番傘というミルクまんじゅうも、家用に買った。

c0352015_14591764.jpg



温泉街を歩いていると、ひときわ目立つガラス張りのしゃれたお店があった。
二階はカフェでお茶している人たちがまる見えだった。温泉のおみやげにしてはちょっとお値段高めな、こじゃれたお菓子がいっぱい。

そのなかで和な感じ、温泉のおみやげ的なおまんじゅうがあった。
番傘
加賀らしい。風情があるネーミング
試食してみると美味しい♪加賀棒茶風味、濃厚な白餡に小豆が入っている。
これがいい!試食って大事だなぁ。試食しなかったらたぶん通り過ぎてたと思う。

職場はこれでも良かったな。
先々買うとこういう事もある。まっどっちにしろ悩むんだなあ…


c0352015_14591798.jpg



宿の近くの遊歩道を散策していると、主人が振り返ってやっぱり来るなら花の時期の方が良かったなぁと言った。めずらしい…いつも花なんて関心ないのにな。一月もすればあちらこちら花盛りだろうなあ。確かに花のきれいな時期に越したことはないけど、人もすごい。
ひっそりしたこの時期もゆっくりできていいよと、話をした。


c0352015_15194755.jpg



******

お昼ごはんは、永平寺で買った越前そばにした。山芋も添えて冷たいお蕎麦にした。

c0352015_16414096.jpg











[PR]
# by pass8515 | 2015-03-08 15:05 | 旅を振り返って | Comments(0)

早春の日本海

昨晩は早く床につき、もうずいぶん時間が経ったと思ったのだが、目覚めたのは2時前だった。旅先ではよくあることだ。なんだか目が冴えてしまい、お風呂に入った。

夜中の温泉は、清掃後一番風呂だったようで、風呂桶などきちんと整頓されていてぴかぴかのお湯の気がする。露天風呂も行ってみたが、きーんとした冷たい空気で渓流の音だけが響いていてなかなかスリリングだった。

c0352015_14405219.jpg




新湊
朝、宿を後にして富山の新湊に向かった。
なんといっても日本海の幸、立山連峰の眺めが楽しみだ。


c0352015_14405224.jpg



新湊大橋を臨む遊覧船に乗った。
本当はこの先に立山連峰がそびえているはずなんだけれど、霞んで見えなかった。
高速からは、よく見えていたのだけれど。


c0352015_14405248.jpg



c0352015_14405346.jpg


遊覧船は、貸し切り状態だった。帆船の脇を通り、鴎が追いかけてくる。かっぱえびせんを待っているんだな。小さな港町にかかった小さな橋をいくつもくぐり生活感たっぷりの町を船は進んだ。桜並木がやがてきれいなことだろう。立山連峰の眺めとのセットだからこそ充分値打ちのある遊覧船だなぁと、思った。鴎って間近で見ると本当に可愛い顔をしている。お目目なんて真ん丸だ。

c0352015_14405301.jpg


新湊大橋は、日本海側では、一番の橋らしい。この先に立山連峰が堂々と見えるんだなあ。

c0352015_14405304.jpg


急に曇ってきたのだけれどうっすらと、立山の稜線が見えた。肉眼で見るほど写真ではわかり辛いが、これで我慢することにしよう。


氷見

ひみといい、その前に寄った雨晴・あまはらし海岸といいきれい響きの地名が多いなあ。
来るときに通りすぎた砺波・となみもパッとチューリップが浮かぶ。富山ってなんかいいなぁ♪

氷見の道の駅で、回転寿司を食べた。
ネタの名前が珍しくって、手当たり次第頼んでみた。日本海の幸ならでわの回転寿司と侮ってはいけないお味だった。あら汁も身のいっぱいついたぶりのあら、エビが入って美味しかった。これは頼むべきだ。

c0352015_14405338.jpg



新鮮な生魚を買って帰りたいところだが、帰宅は夜遅くなるから、干物や麹漬けなど、日持ちのするものを買った。そして、氷見の地酒も。
にしんの麹漬け、ひらめの昆布じめなどお酒に合うだろうなあ…


お天気は、下り坂。雨がぽつぽつ降ってきた。来週は寒の戻りらしくまた北陸にも雪が降るのかな。



[PR]
# by pass8515 | 2015-03-07 13:57 | 旅先にて | Comments(0)

永平寺

旅の出発は青空が広がり気持ちが良かった。
北へ北へと走るわけだが、お天気はそれほど変わらなかった。

c0352015_19241382.jpg



三方五湖パーキングでまず休憩した。
ここからは、五湖のうち三方湖だけのぞめた。
三方五湖と言えば苦い思い出がある。ずっと前に家族とドライブに出かけたが、主人から私へ運転を変わり調子よく走っていたらパトカーが、追いかけてきた。スピード違反。
若気のいたり…子どもたちも私がパトカーに乗り込んだものだから心配顔だった。主人は俺なら常にミラーを見てると、ぷんぷん顔だった。そんな事を話ししながら、残雪の山々が見えてきた。トンネルを抜ける毎に道路脇に寄せられた雪が増える。

c0352015_19241395.jpg


今年ほぼ初めて見た雪にやっぱり興奮してしまう。お正月にうっすら屋根に積もったぐらいだったから。新しい高速道路で気持ちよく、日本海、雪山、車窓にはきれいな景色が流れるように飛び込んでくる。白山が見えた。
山頂の白さが他の山とは全く違った。

c0352015_19241332.jpg



永平寺

門前町に近づくにつれお蕎麦屋さんが目立った。越前そば。お昼には少し早いがパーキング横のまだ新しいお店にした。
ざるそば、おろしそばが、お蕎麦本来の味がわかるのだけど、温かいにしんそばにした。
やさしいおつゆと、甘辛いにしん。
あっという間にごちそうさま
お蕎麦屋さんで、ハリソン・フォードのニュースを知った。
c0352015_19241475.jpg


ただ雪の永平寺というイメージがあったが、雪深い山の中のとても広いお寺だった。
凛とする、しんしん冷える、そんな言葉がよく合う。

傘松閣の天井画はとても美しかった。
どれひとつとして同じ絵がない。鮮やかな四季折々の花を楽しんだ。ちょっと首が痛かったけど。季節的に梅に目がいった。

c0352015_19241430.jpg



c0352015_19241447.jpg



渡り廊下を歩いていると、今はガラスがはめてあるけれど、吹きさらしではそれは冷たかったことだろうなあと、主人と話をした。
格子越しに見る外の風景、厳しい世界をちょっとだけ感じた。

c0352015_21113930.jpg


c0352015_21113987.jpg


c0352015_21113915.jpg



パンフレットの雪深い表紙の風景はどこなんだろ?と探していた。

c0352015_21113943.jpg


こちらだった。すっかり雪が溶け雪国にもすこしづつ春の足音なんだな。
永平寺を後にして加賀温泉郷のひとつの宿に向かった。
渓谷沿いの静かな宿で、どっぷりいいお湯に浸かった。

白山のお酒をいただき、ほろ酔い気分だ。
酔いがさめたら、また温泉に行くことにしようと。


c0352015_21113913.jpg



追記

寝る前に、二度目のお風呂に入りに行くときれいな満月が出ていた。
月見露天風呂だった。









[PR]
# by pass8515 | 2015-03-06 18:54 | 旅先にて | Comments(2)

旅のしたく

明日は休暇をとって、北陸に旅をする。
福井・永平寺~加賀の温泉~氷見と、一泊では駈け足かもしれないが、新しい高速道路も、伸びて北陸がまた近くなった。

永平寺は初めて訪れるし、素敵な九谷焼とも出会いたいし、氷見の日本海の新鮮な海の幸も楽しみだ。

c0352015_20002289.jpg


あちらはもっと寒いかな?一枚余分にカーディガンを足して、化粧ポーチの中身を旅行用に必要な分だけ移しかえた。

今夜は仕事が遅くなるのがわかっていたから主人にお惣菜を買って来てと、お願いしていた。
お惣菜屋さんの肉じゃがコロッケとカキフライ。コロッケは、甘い肉じゃがとサクサクパン粉がたまらない。

c0352015_20002203.jpg


白和えと、きんぴらごぼうも、そのお惣菜屋さんで。こんな時の強い味方だ。

c0352015_20002240.jpg



帰り道
月が、ぼんやりしていた。
きなこのような色をしていた。
明日のお天気はどうかな。予報では、晴れマークがでていたけれど。

c0352015_20002285.jpg



晴れたらいいな♪




[PR]
# by pass8515 | 2015-03-05 19:33 | おでかけ | Comments(0)

春霞

このところ、1日おきの晴れ間。
霞んでいるが、穏やかな春の光

週の中日は、気持ちが緩む。
仕事だって、同じ事の繰り返しだし、冷蔵庫の中もだんだん乏しくなってくる。

しかし、晴天が救いだ。
えいっと、気持ちを入れ替えて出かける。

c0352015_13261381.jpg


週の真ん中は、部屋の埃も目立ってくる。
朝、できるだけの事をしようと心に決めてもできる事は限られる。
トイレを簡単にお手入れと、テレビ、パソコン周りの乾拭きだけでもやっておく。


c0352015_13261335.jpg



片づけを、しなくちゃいけないなと思うときに出してくる雑誌。
5年前のものだが、この雑誌を見ては、しばらく見過ごしていた雑然としてきた台所を見つめ直す。

c0352015_13261493.jpg


夕べは、豚肉でしそを巻いてフライにしてみた。しゃぶしゃぶや鍋なら固そうなお肉だったが、揚げるとほくほくでとても柔らかだった。

c0352015_13261435.jpg


*お弁当*
卵焼き、五目豆、かにかまぼこ、いかなご


帰り道

日が沈む時間が少しゆっくりになってきた。
一歩、一歩、春に近づく実感

c0352015_18041711.jpg






[PR]
# by pass8515 | 2015-03-04 13:05 | 日々の暮らし | Comments(0)

冷たい雨



今日みたいな冷たい雨の日は晴れの日に撮っておいた、写真で暖まろう。

散歩の時の白梅
c0352015_18322144.jpg



久しぶりに庭に出てみると、チューリップの芽がにょきにょき。

c0352015_18322251.jpg

いかなごが、高騰しているらしい。
不漁で、日に日に上がってるとお客さんの話。たくさん炊かれる人にすれば切実な問題だ。先週に買っておいて良かったと、思った。

いかなごの匂いをぷんぷんさせて来られるお客さんたち。きっと、ほかのお惣菜なんかも、お上手なんだろうなあ。
あるものでささっと、手際よく。
急な訪問であったとしても、食べていき~と、たちまち2品3品仕上げてしまう。

目指すところだ。憧れる。

そして、季節のもの旬のものに敏感で
四季を感じさせる一品をささっ~と。

きっと今日のおひなまつりはきれいなちらし寿司をささっ~とこしらえるんだろうな。

憧れる。

仕事はやがて終わらせる日が来るけど、暮らしはそのあともずっと続く。家事もずっと際限なく続く。

仕事に言い訳をして、いつの間にか雑になってる。ひとつ削り、ふたつ削り。
一度、やらなくてもいいと思うと次に久しぶりにやってみると、とても大儀に感じる。

自分に少し厳しくいこう!

c0352015_18322259.jpg


晩ごはん
春巻、ポテトサラダ

c0352015_18322226.jpg


酎ハイに、文旦マーマレードを入れてみる。
色合いが、きれいで気に入っている。

c0352015_18322280.jpg


お弁当

春巻、豆苗入り玉子焼き、昆布豆、ポテトサラダ







[PR]
# by pass8515 | 2015-03-03 18:17 | 日々の暮らし | Comments(0)

ふきん

春が来た!花粉もやって来た!

たくさんたまった洗濯ものを一気に干した。

東の空はまだ、厚い雲。それを、押し退けるかのように、眩しい青空。

c0352015_13564038.jpg


二週続きの雨の日曜日は、もったいない気がした。この時期は仕方がないことだけど、晴れると、お出かけしたくなるし、家事も普段できないことをやりたい。

雨は、どちらもやる気を削がれてしまう。
そんな事は言ってられないので、アイロンがけと、ふきんを洗った。

c0352015_13564148.jpg


水色ひまわりの白雪ふきんは、一年使った。
手触りは、まだ滑らかでしっかりしている。2つのふきんをローテーションに、使っているけど、あとからおろしたふきんの方が先に用済みになる。
今回もお正月におろした、桃色うさぎのふきんの方が、そろそろという感じがしている。
使えるものは、使おう!
こういった小さな始末が、大事なんだ。

c0352015_13564142.jpg


c0352015_13564178.jpg


引き出しの中で、出番を待ってる白雪ふきんと、ならまちふきん。

ならまちふきんは、母がまだ今より遠出ができた頃、奈良町に行ったとよく買って来てくれた。ふきんは、軽くてちょっとしたおみやげ、お礼にいいと、余分に買っていた

去年の夏に、初めて私もならまちふきんの吉田蚊帳さんを訪れた。

c0352015_13564161.jpg


ふきんのパレット。
色とりどりのふきんを選ぶのに、迷った。迷った。
母は、黄色やオレンジなどの暖色系を選んでくれていたから、私は寒色系にしてみた。
抹茶色と、ライムグリーン?かな。
レシートの挿し絵の朝顔が、可憐だった。
毎月変わるらしい。

こんなところに、丁寧な暮らしをささえるおもてなしの心を感じる。

たかがふきん。されどふきん。

ふきんとスポンジの乱れは心の乱れ。

ぐらいに、慌ただしい毎日、自分に渇を入れる。

c0352015_13564263.jpg


昨日の晩ごはん
いかの青じそ炒め、れんこんのきんぴら

上の子が2ヶ月ぶりに帰って来て、いつもより、にぎやかな夕食だった。

c0352015_13564211.jpg


四人が揃うと、ダイニングテーブルも手狭に感じる。

私以外、普段無口な三人も誰彼なく話をして、お酒が美味しかった。

c0352015_13564273.jpg


息子の手土産のドーナツ。
ブルックリンのストロベリーは、初めてだった。甘酸っぱくて美味しかった。


c0352015_13564234.jpg


お弁当
ひじき豆、豚肉のしそチーズ巻き、れんこんきんぴら、いかなごなど。



[PR]
# by pass8515 | 2015-03-02 13:14 | 日々の暮らし | Comments(2)

かわいいもの

3月のはじまりは、雨だ。

昨日、やっとお雛様を出した。
3月になる前になる前にと思いながら、2月の最後の日になってしまった。

c0352015_21500769.jpg


50年の時を経て、あちこちほころびはあるものの、色鮮やか。
実家では、三人官女だけ残しており、毎年飾っているらしい。

かわいいものに目がいくね。
そんな年頃?と、友人と話した。

初孫さんが、もうすぐ一才の友人はそれはそれは可愛いと、会うたびに写真を見せてくれる。色白で、歯が2本のぞく♪
きゃきゃっと、全身で笑ってる動画。あー。赤ちゃんってこんなだったなぁ♪

大人ばかりの暮らしの中で、かわいいものから遠ざかっていたところに、天使が降りてくる。そりゃ可愛いだろうなあ♪

赤ちゃんだけじゃない。わんちゃん、にゃんこ、可愛いものに目がいってしまう。
と、友人が言っていた。

本当にそうだ。
日常、旅先、いただきもの。
かわいいものについつい目が行き、シャッターを押している。
主人にはそんなもの撮ってどうする、と言われるが、あとあと見てはほっこりして、ひとりにんやりしているわけだ。

ここ、数年カメラに収まっていた
かわいいもの。蔵出し

バレンタインのいただきもの
c0352015_09054874.jpg

神戸の街角にて
c0352015_09054849.jpg

京都 哲学の道にて
c0352015_09054819.jpg
伊勢にて
c0352015_09054915.jpg
ある日のいただきもの
c0352015_09054950.jpg
クリスマスランチにて
c0352015_09054934.jpg
近くの森にて
c0352015_09054980.jpg
石見銀山にて
c0352015_09054969.jpg
伊勢にて
c0352015_09055080.jpg



散歩で、出会った朝焼けや夕暮れが心を浄化してくれ、かわいいものはそこに温かいホットミルクを注入してくれるような気がする。

日曜日の雨の朝
また、ひとりにやにやしている。

そして、お雛様は元祖かわいいものだなぁ
と思った。

今日はお正月以来に、上の子が帰って来る。
何でも美味しいと食べてくれるから張り合いがある。



[PR]
# by pass8515 | 2015-03-01 09:02 | ハッピー! | Comments(0)

風物詩

海に近いスーパーに、いかなごを買いに行った。
店によってキロあたりの値段がすこしづつ違う。
この辺りでは、ここが一番安いと思う。

いつもより早く家を出たけど、やはりすでに行列だった。昨日は四キロ炊いた、という声が聞こえた。
きのうより50円高いという声も。
毎日買い、毎日炊くんだ。毎年熟練主婦のパワーを感じる。c0352015_17435576.jpg

私は今年は二キロ炊くことにした。
c0352015_17463979.jpg
生姜の味が定番だが、山椒入りも試してみる。
醤油やざらめ、生姜で、それぞれの炊き方、その家のいかなごが仕上がるのだが、この調味料一本で一キロが炊けてとても便利!私は専らこれ一本派で、この味が我が家の味になっている。
c0352015_17515644.jpg
c0352015_17525031.jpg


煮汁が無くなる間際に火をとめる。
このタイミングさえ失敗しなければ簡単。
c0352015_17545033.jpg
c0352015_17575413.jpg

二種仕上がった。あつあつより少し時間をおいてからの方が美味しい。実家も毎年待ってくれている。


春が来た。毎年の恒例。風物詩だ。

早速、お昼にあつあつごはんにのせていただいた。お茶碗何杯でもいける。

午後から、歯医者の時間まで、ウォーキングをした。
c0352015_18035031.jpg

近場で楽しめるお花見スポット。
小さい固い蕾をいっぱいつけてる。もう一月もすれば、ちらほらな頃だろう。
c0352015_18082442.jpg


明日から3月。雨の予報だ。


[PR]
# by pass8515 | 2015-02-28 17:37 | おいしいもの | Comments(0)

王子

毎日、心の痛むニュースばかりだが、ウィリアム王子来日のニュースは久しぶりに心が和んだ。

端正なお顔立ち、爽やかな笑顔。何でも兼ね備えた人だなぁと思う。
ダイアナ妃とよく似ておられる。

初来日のダイアナフィーバーを思い出した。
新緑の頃、美しいダイアナ妃の立ち居振る舞い、ファッション に魅了された。
しかし、私は上の子がお腹におり、慣れない土地で、孤独で、寂しくて、心細くて、ダイアナ妃のこのニュースを見るたびにその頃の気持ちを思い出すのだ。なかなか、馴染まなかった。というか、馴染もうとしなかった。今、この年で新しい土地に暮らす事になったとしたら、いろんな所に行ってみよう!
おいしいお店を見つけよう!そんな気概でいっぱいなんだけどな。

ゆっくり、じっくり馴染んで来て、私もいかなごを炊くおばちゃんに、なった。

人は変わる。変われる。

c0352015_19574719.jpg


もうひとつ、ダイアナ妃で思い出す事は、パリだ。

ダイアナ妃が亡くなったのは衝撃だった。
衝撃で、何度もその当時のワイドショーを見ていたはずなのに、パパラッチという響きから亡くなったのはイタリアだとずっと思い込んでいた。

パリに旅行することになってパリを調べるまでは。

エッフェル塔から歩いていると、その碑があった。
事故現場の真上に立つ聖火をモチーフにした碑があった。たまたま、通りがかったものだから、同行した息子は今回の旅行で一番心に残ったと、興奮していた。
ダイアナ妃も立派に成長された王子をご覧になりたかったことだろう。

c0352015_20083872.jpg
むっちりした玉子がのぞく子持ちカレイが美味しかった。

つみれ、水菜、厚揚げの炊き合わせと。c0352015_20105937.jpg
帰宅後、主人が買って来てくれた回転焼きで一息。
c0352015_20114692.jpg
夕食後は、息子がコンビニで買って来てくれたワッフル。
シナモンと林檎はなんて相性がいいのだろう。
コンビニスウィーツも最近は美味しい。

帰り道は、寒かった。屋内からはぽかぽか陽気に感じた晴天だったが、風が冷たい。
少し春に近づいては、また戻る。

c0352015_20180770.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2015-02-27 19:40 | 思い出ばなし | Comments(0)

春告魚

いかなご漁が、解禁になった。
例年3月上旬だが、一週間ほど早い。

陽光きらめく、瀬戸内海をぴちぴちはねる、きらきらひかるを想像するのだが、今日はあいにく雨だった。
漁獲量は今年は少なく高値らしいとのうわさ。
週末に、炊くつもりだ。
c0352015_13305382.jpg
朝、マッサンの後の15分のお楽しみはグレートトラバーズだ。


c0352015_13321502.jpg
今朝は、乗鞍岳、焼岳、穂高岳を一挙15分で巡った。以前、乗鞍岳はバスで、穂高岳はロープウェイで、焼岳は上高地から望んだ。
とても楽をして、登ったわけだけどそれでも感慨深いものがある。ましてや自分の足だけで頂点を極めるなんて、想像もつかない達成感だろうな。
梅雨時で、乗鞍岳、焼岳は悪天候。その代わり穂高岳は晴天に恵まれ大パノラマだ。今まで来た山を振り返り、これから挑む山をみわたす。あの絶景を見るために、感動が忘れられなくて危険な山にも、魅せられるんだろうなと、こたつに入りながら毎朝共にわくわくさせてもらっている。

昨日は、御嶽山だった。どのように放送するのだろうと主人と話していたが、山頂の神社と碑の静止画のみで神社の庇でかろうじて助かった方がいらっしゃったなあとおもいだした。梅雨時の悪天候で、山頂はひとりだけだったらしいが、紅葉の一番いい季節を狙ったかのように噴火してしまったんだなあと、改めて思った。

入山規制がいつか解けたらまた、チャレンジしてみたいらしい。

アルプスとまではとてもとても行かないけれど去年から再開した身近な山登山。春になったらまた登ろうと思う。



[PR]
# by pass8515 | 2015-02-26 13:24 | おいしいもの | Comments(0)

丹波しめじ

昼間は寒さが緩んだけど、朝は昨日より寒く感じた。
自転車をこいでいると月曜、火曜、水曜と三段階の寒さを感じた。

朝ごはん
c0352015_13344716.jpg
米粉パンを軽くトースト

丹波しめじ
c0352015_18004956.jpg
エリンギを一度手に取ったが、隣の丹波しめじが目についた。
エリンギと、同じ値段。どうもこういうネーミングに弱い。普通のしめじと何かが違うように思わせて、大して変わらない場合も多い。

でも丹波しめじは、しっかりした、歯ごたえで普通のしめじとは違った。
c0352015_18065443.jpg
しめじとじゃがいもサラダ、しめじともやしのお味噌汁、サバのかぶら漬け

ジャケ買いも、多い。
最近では鯖缶をジャケ買いした。
c0352015_18103934.jpg
見た目、高級そうだし八戸工場製造品というロゴにも惹かれた。

普段、ささっと決まったものしか買わないから時々、目新しいものを見つけると、嬉しくなる。
それがたとえ、鯖缶でもしめじでもお値段以上によかったと思えたら、小さな小さな幸せだ♪

c0352015_18172532.jpg
帰宅後、ドーナツで一息。
ミスドも、種類によっては一個を半分ずつでちょうどいい場合もある。しかしフレンチクルーラーの一個はあっという間に食べれてしまう。
それがこのフレンチクルーラーの恐ろしいところだ。


c0352015_18234229.jpg
今日の帰り道は、今にも降りだしそうな夕暮れだった。

昨日の夕暮れ
サーモンピンクに包まれて、畦道を自転車こいで帰った。

今朝のお弁当c0352015_18270854.jpg
海老フライ、鶏肉の甘酢揚げ、桜海老入り卵焼き、トマト、スナップえんどう



[PR]
# by pass8515 | 2015-02-25 17:55 | 日々の暮らし | Comments(0)

マフラー

今朝は、また寒い。
一度暖かくなったそのあとは、またひときわ寒さがこたえる。

いつもの朝。
ごみを出して雨戸をあけて、お弁当、朝食を作る。
c0352015_13582994.jpg


マフラー
今朝は、厚手のマフラーで、出勤する。
このマフラーも年期ものだ。
c0352015_14023197.jpg
ずいぶん前に、手袋と揃えで買った。母が、とても褒めてくれた。
<あんた、それええのしてるやん。>リアル再現で関西弁
いつまでも母に言われると嬉しいものだ。手袋はとっくに穴が空いて捨てたが、マフラーはまだまだ使うつもり。お出かけにはもうくたびれてきたが、ごみだし、お散歩、自転車通勤ならは、OK!

三年くらい前に、母は調子をくずし長い入院生活を経験した。歩行も会話も急に困難になり、寝たきりの状態が続いた。その中でも、私が病院に行くと、<あんた、それええの着てるやん>と、言ってくれた。
帽子もかごバックも目につくと、ええやん♪と言ってくれた。私は、母の一言がほしくて、外の空気や季節の移り変わりを母に感じてほしくてちょっとおしゃれをして、病院に通った。

いつまでも、いつまでも、娘なんだなあと思った。
その後、奇跡的な快復を見せ今は少しずつ散歩や趣味を再開している。

お正月も、しっかりコートを褒めてもらった。
c0352015_14220534.jpg
昔、母が子供たちに買ってくれたペン入れ。
今は通帳ケースとして、私が使っている。



[PR]
# by pass8515 | 2015-02-24 13:55 | 思い出ばなし | Comments(0)

春一番

雨があがりまぶしい青空が広がった。
とても、暖かい1日だった。

一週間のスタートも、お天気がいいと気持ちがよい。
c0352015_18020997.jpg
c0352015_18022759.jpg
マフラーは、今日は必要ないかな。

朝は坂東三津五郎さんの訃報を見ていた。
つい、最近みたなあ…と思う人の訃報を聞く事が本当に多い。闘病しながらも、できる限り仕事をしていたい。それがまた張り合いにも、なるのだろう。
三津五郎さんも、BSの、お城スペシャルの番組で見かけた。つい、先日のこと。
歌舞伎は詳しくはないけれど、この年代の方々の訃報が続いてる事は、残念な事だなあと本当に思う。
伝統芸能を身近に解りやすくカジュアルに。
間違いなく、その立役者のお一人だったから。


昨夜の晩ごはん
c0352015_18172469.jpg
雨だし、一歩も外にでない日だった。夜のワインが午後から楽しみだった。
うにクリームパスタ

c0352015_18201841.jpg



オーガニックトマトソースに、いただいた高知のトマトも入れた。パスタは、可愛くリボン型。
こくがある、美味しいパスタに仕上がった。


c0352015_18235892.jpg
今朝のお弁当

鶏肉の香草焼き、パスタサラダ、切り干し大根、卵焼き、トマト





[PR]
# by pass8515 | 2015-02-23 17:57 | 日々の暮らし | Comments(0)

しばらく習慣

雨の日曜日

ぐんと気温が上がって、とても暖かい。
ホットカーペットのコンセントも抜いた。

友人が、切り干し大根を干したからとたくさんくれた。
大根8本分、スライサーで千切りにして、天日干し。干してるけど、みずみずしい。そんな感じがしたので早速、炊いてみた。
厚揚げ、人参があった。干しエビも入れてみた。c0352015_12455018.jpg
しゃきしゃき、ふんわり。とても美味しく仕上がった。

ここしばらくずっと切り干し大根にかかっていたと、友人が言った。ひとつ夢中になると、そればっかりしてると。
わかるわかる!私も、それがりんごみりんだったり、文旦マーマレードだったよ。
大根をスライスしながら彼女は、何を思っていたのだろう。きっと、家族の事、お孫さんの事、毎日の雑多な事。
文旦や、林檎を切ってた単純作業の時間の私の気持ちと一緒かな。

ひと手間かけた、悦び、愛しさ、充実感。
同じ事の繰り返しの毎日の中で、大切にしていきたいなあと、思った。

そして、箱いっぱいの文旦も終わった。
最後のマーマレードを瓶に詰めた。
大瓶にちょうどぴったり入った。
c0352015_13005356.jpg
土佐文旦が、終わったら入れ替わりの様に、高知のトマトをいただいた。
赤々とした、しっかりとしたトマトだ。
c0352015_13024546.jpg
お昼は、簡単にフレンチトーストにした。
今、パンケーキに替わりブームらしい。
c0352015_13063097.jpg
先日、届いたカタログ雑誌をゆっくり見た。春らしい色合い、花柄ワンピース。あれもこれもと、思ってみるけど、レギンスが新しいのがあってもいいなと思った。何より楽だ!
c0352015_13120054.jpg
c0352015_13121991.jpg
チノンス

去年の夏のこと
チノパンとレギンスの造語。チノンスを注文した。6月の終わり頃だと思う。夏に、はこう!
楽しみに待っていた。ところがとっても人気商品だったらしく、一回目到着したのはお盆過ぎ。
二回目は、9月。三回目は10月半ばだった。七分丈のパンツを10月に送られて来ても~…。
一度もはかずに、しまっていた。

この春夏は、活躍しそうだけど。
少し暖かくなると、コートを脱いで軽やかなおしゃれを想像する。
気分だけが膨らんでくる。



[PR]
# by pass8515 | 2015-02-22 12:35 | 日々の暮らし | Comments(0)

お喋り

週末。
暖かく、上着なしでも充分だった。

c0352015_19450964.jpg
ジャムの瓶を洗って干す。

この瓶に、また新しい文旦マーマレードを詰める。
今日は文旦2つ分、煮た。c0352015_19480093.jpg
布巾や、カップを真っ白に。

お天気がいいので、友人宅まで自転車で出かけた。


c0352015_19502218.jpg
c0352015_19504153.jpg
行きがけの道。

堤防沿い。
遠くから見ると子どもかな?と思った。
追い越すと、かなりのご高齢のご婦人だった。
目立つ配色の、格好いいサイクリストのいでたち。
ヘルメットで、颯爽と。
私が写真を撮っていると抜かれた。

友人宅まで、抜きつ抜かれつデッドヒートだった。
私も、いつまでもペダルをこぎ続けたいなあ…

また、人生の目標ができた。

友人宅にお邪魔すると、愛犬が熱烈なお出迎え。
仔犬からのお付き合いの彼女も老犬に差し掛かり、ひと頃の勢いはなくなった。
おばちゃん3人?春めいた日だまりの部屋でお茶とお菓子で、おしゃべりした。
c0352015_20041071.jpg
帰り道。梅が咲いていた。


明日はお天気崩れるらしい。
[PR]
# by pass8515 | 2015-02-21 19:42 | おでかけ | Comments(0)

そして、金曜

一週間が、終わった。
金曜日
安堵感、解放感で、ウキウキする。

朝。
c0352015_19215638.jpg
脇役のジャムたち。今はカシス、ブルーベリー、文旦マーマレードから選んで。

昨夜のNHK地球イチバンが、良かった。
可愛い、画面全体が赤色だった。

エストニアの島。伝統的なスカートクルト。
赤い縞のスカートで、みんな持ってる、はいている。お出かけ用、普段着用、お仕事用。一見同じ縞に見える。
色の配分、縞の間隔。微妙に違うらしい。
羊の毛を紡ぎ、植物で染色。エコだ。
c0352015_19293082.jpg
c0352015_19300740.jpg
小さい子どもからお年寄りまで、お気に入りのクルトで、おめかし。なんとも愛らしい。
クルト、キルト、ケルト。つながりがあるのかな。
喪の時は、青いクルト。気持ちの喪が明けるまでは、一年でも青いクルトをはきつづける。
素朴な牧歌的な、雰囲気に癒された。

と、同時にウクライナを思った。
エストニアもウクライナも旧ソ連のはず。
ここ最近の、戦闘やおばあさんや、犬が恐怖に怯える映像。停戦合意したのに、なぜ止められないの。
エストニアのおばあさんが、ウクライナのおばあさんと、重なって仕方がなかった。


c0352015_19441534.jpg
職場で、小山ロールをいただく。
最近、エスコヤマづいている。
行列は相変わらずなのかしら。
これだけ街にパティスリーがあるなか、変わらない人気はすごいことだと思う。c0352015_19481155.jpg
金曜日は冷蔵庫の残りもので。

晩ごはん
豚肉ともやし炒め、きゅうりとちくわ、さば水煮の和え物、ちりめんとおろし大根。
c0352015_19505826.jpg
帰り道

綺麗な夕焼けだった。




[PR]
# by pass8515 | 2015-02-20 19:17 | 日々の暮らし | Comments(0)

木曜雑記

今週も、後半になった。

木曜日。
まだ木曜日。今日が金曜日だったらいいのにとよく思う。特筆すべきのない日。

この日を乗り切ったら週末だ。

早朝、朝ごはんのパンがなかったのでコンビニまで出かけた。すぐ近くにも一軒あるけれど、足をのばしてもうひとつ遠くのコンビニまで歩いた。
c0352015_18105405.jpg
行く時の朝焼けc0352015_18122137.jpg
帰り道の空。数分でかなり違う色合いだ。
c0352015_18133326.jpg
c0352015_18140172.jpg
少しトースターで、焼いてからいただく。
エッグマフィンが、結構美味しかった。

今朝も青空が広がった。忙しさの中にも小刻みに空を見ることができて満足した。
c0352015_18172655.jpg
ベランダから見る裏山。やがて青葉が繁り、蝉の大合唱が始まるのだ。大音響だ。
そして、ところどころ紅葉して、今はひっそりと枯れ木の裏山。こんな身近に自然を感じる気持ちが持てたのもこの年代になってからだなあ。

仕事は、早く片付きちょっとだけ遠回りして帰った。自転車で走っても寒くない。
c0352015_18240452.jpg
一度頼むと、ひっきりなしに届くカタログ雑誌。
c0352015_18251198.jpg
ちょっと一服してページをめくる。春を感じる。c0352015_18280523.jpg
息子の飲みかけのドリンクが冷蔵庫に入っていた。一口飲んだ。美味しい!

そういえばまとめ買いしてたな。
グリーンレモネード。
また、春を感じた。



[PR]
# by pass8515 | 2015-02-19 18:04 | 日々の暮らし | Comments(0)

水曜模様

寒さも、緩みカラッと晴れた朝。
洗濯を干していると、久しぶりの青空だなぁと思った。
c0352015_19032590.jpg
c0352015_19164333.jpg
水曜日。朝ごはんの支度の前にごみを出す。いつもの時間なのにすっかり明るい。

極上のクルーズ紀行

大好きなBS番組。
水曜日の夜は船旅に出たような気分になる。
豪華客船で外洋に乗り出す。
しばらく夢見心地にさせてもらう。

昨年の秋
豪華とはいえないけど、初めてカーフェリーで宮崎に行った。神戸港から出発。淡路島を見ながら紀伊水道を通って太平洋に出ると漆黒の闇。満天の星空。流れ星を何度か見た。
c0352015_19310389.jpg
c0352015_19320293.jpg
海上から見る日の出。感動的だった。揺れるかな。眠れるかな。いろいろ不安はあったけどそんな心配以上に、かけがえのない経験ができた。

船旅。4月に大分に行く予定だ。
今度は昼出港で、明石大橋、瀬戸大橋、来島海峡大橋をくぐり春の瀬戸内海をゆったりと航行する。
相部屋から個室にランクアップ!豪華客船とはいかないまでもショーなんかもあるらしい。かなりランクアップだ!

ふらり旅いい酒いい肴

この番組も居酒屋ブームを牽引している。類さんが庶民的な大衆酒場を誘ってくれるとすれば、こちらは通で、粋な割烹屋さんに誘ってくれる。地酒をとても美味しそうに飲んでいる太田和彦さん。素朴で味わい深いお人柄がいい。

c0352015_19535965.jpg
カレー

りんごみりんと文旦マーマレードを少し入れて昨夜から煮込んだ。フルーティーなハワイアンなカレーになった。


[PR]
# by pass8515 | 2015-02-18 18:57 | 旅を振り返って | Comments(0)

火曜あれこれ

春が、来た。そんな暖かい1日だった。

朝は地震のニュースにドキッとした。
注意報と言っても、油断はできないと以前よりも敏感になる。
ニュースが気になりながら出勤した。

火曜日
午前中はお客さんは少なくだいたい暇だ。
それは、近くの大型ショッビングモールの火曜市のせいだと睨んでいる。
今日は朝から静かだなぁ。あっそうか火曜市か!…と毎週、同僚と同じ会話が交わされる。
火曜市。私だって行きたい。
c0352015_20071869.jpg
出勤時に欠かせないのが、手袋。自転車こぐ手。もう四年以上のお付き合いだ。指はでるから極寒の朝は本当にしびれるけど、なかなか手放せない。毛玉、のびのび。でも手放せない。
五年前の秋、息子とパリに行った。ル・ボンマルシェというデパートで、見つけて一目惚れした買った。
去年のお正月、実家に帰った時に一度無くした。何度も何度も実家中探した。その前に立ち寄ったパーキングエリアかも知れない。主人が止めなかったら、探しに行きたいほど未練たらたらだった。
諦めきれない。パリの思い出。

2、3日経って母から電話。手袋あった!久しぶりに掃除機かけたら襖の奥に挟まってた!すぐに郵送してくれ無事に再会できたのだった。

自分の思い入れを再認識。必ずペアで、鞄の中にあることを外出するたびに点検するくせがついてる。
写真にすると一層くたくた感が増すけど、まだまだこれからもよろしく!
c0352015_20262643.jpg
火曜の夜は、特に見たい番組もなく、本を読んだり雑誌を読んだりして過ごしている。マッサージ機もこんな時に出してくる。

手もみやさんに二回行く分、元がとれる。最初は、毎日のようにしていた。ツボに当たると快感。が、音もうるさいし、やっぱり使用頻度は落ちてきた。 c0352015_20341243.jpg
晩ごはん

白和え、しらす干し、春雨サラダ、ハタハタ丸干しなど。

ささっとしながら明日のカレーと肉じゃがを仕込んだ。

雨が降ってきた。一雨毎に暖かく。でも寒の戻りもあるだろう。2月も半分過ぎた。


c0352015_20384388.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2015-02-17 19:49 | 日々の暮らし | Comments(0)

月曜つれづれ

新しい一週間が、スタートした。
毎週、毎週、判で押したような同じサイクルのくりかえしだ。先週、先々週と差し替えても判らないくらいの、ローテーション。

月曜日
週明けは、仕事も一番忙しい。
土日でだらけた頭を立ち上げなければ。

案の定、今日も目の回る忙しさ。くたくたになって帰ったときのために、だいたいおでんを前日焚く。
c0352015_19370354.jpg
朝もう少し煮込んで出かける。c0352015_19382849.jpg
おでんを、純米酒でいただく。

マッサンも週明けは新たな展開だ
いよいよ戦争へ突入。でも皮肉にもウイスキー工場は活気が出てくる。
c0352015_19423549.jpg
ヒゲのウヰスキー誕生す
去年読んだのだが、余市編から戦争を経て戦後のところが一番引き込まれて一気に読めた。順調に行くところは見ていても、読んでいても気持ちがいい。
でも実は、そこにたどり着くまでが長く厳しいんだけど。画面一杯にじみでる琥珀色のドラマだ。

吉田類の酒場放浪記

月曜日のお楽しみは、類さんだ。今日の居酒屋ブームの立役者。毎回、いろんなお店に誘ってくれる。再放送も交え、見たことあるお店も多いのだけど。

サラメシ

たいてい、この番組を見て床に着くのだが、最近は子守唄のように中井貴一の声が聞こえる。だから録画している。
c0352015_19594521.jpg
お弁当

春雨サラダ、おでん、ひじき豆、ちりめん玉子



[PR]
# by pass8515 | 2015-02-16 19:24 | 日々の暮らし | Comments(0)
どんより曇った日曜日。

昨日煮た文旦マーマレードをトーストにのせた。煮詰め過ぎでいいように言えば琥珀色に仕上がった。
コーヒーを入れてゆっくりと朝を過ごす
c0352015_15525286.jpg
c0352015_15531014.jpg
文旦マーマレードとりんごみりんも添えて。

仕上がりに満足出来ずに、もう一度文旦を煮る。
c0352015_15550458.jpg
今度は綺麗な色に仕上がり文旦と一緒に実家に送る事にした。


道はひとつだと思わないこと。

昨日の続き。
婦人公論。3つ目のアドバイス。
これが一番、私には難しいかも。ついつい一つに固執して考えてしまう。どんな場合においても見方を変える。反対側から考える。

それで、思い出したことは、タモリだ。

先週のヨルタモリで、何故タモリさんはヨットが好きなの?と、宮沢りえに尋ねられた。
人と、風の力だけで進むから。強い風が来たら帆を斜めに傾け風をかわす。ジグザグジグザグ進む。
人生ジグザグさあ~。とやっぱり自然体だった。

いいこと聞いた気がした。
真正面から、真一文字に受け止めるんじゃなく、かわすことも必要。

年齢重ねて少しわかって来た事かもしれない。

c0352015_16142805.jpg
いただいたバレンタインチョコで、おやつ。柚子茶のように文旦マーマレードをお湯に溶かした。
c0352015_16164691.jpg
エスコヤマのチョコ。キャラメルのパリパリ感との層がたまらない。やめられない。
c0352015_16181321.jpg
思わず可愛い!と、叫んでしまった。くまちゃんとはりねずみ。

丁寧に袋に詰めてあった。その時の気持ちをおもいながらいただきます。



[PR]
# by pass8515 | 2015-02-15 15:48 | おいしいもの | Comments(0)

文章にすること

寒さも、緩み暖かいひざしがふりそそぐ週末

だいたいの一週間分の買い物に行き文旦のマーマレードを煮ている。
c0352015_14235109.jpg
c0352015_14240632.jpg
メロン大の大きな丸ごと一個の果肉と皮。果肉は酸っぱく少し固め?だけど果汁たっぷり。一個剥くのにも骨が折れた。水分を飛ばし煮込み中。楽しみだ。

お昼前から食のイベントに出かけた。酒蔵で地元の食材イベント。去年より人出は少ないような気がしたがあれこれ目移りして迷う。酒蔵だしお酒ははずせない。熱燗に合うものを選んだ。
c0352015_14291489.jpg
酒粕で煮込んだおでん、ふぐの唐揚げ、海老レンコンのさつま揚げ、穴子寿司など。
c0352015_14314294.jpg


文章にすること

昨日の続きで、婦人公論。
70代の方からのこれからをいきいき生きるためのアドバイス。

その二つ目。文章にすること
日記をつけること、ブログだってそうだし書くことで整理されているな。

昔、10年日記をつけていた
c0352015_14363978.jpg
20代から30代にさしかかり、子供たちも幼児から少年へと成長する、今から思えば変化に富んだ時期。最初の4,5年はこまめに書かれてあった。30代。40歳になって悔いのないように今を生きたいなんて書いてたし、子供たちにうるさく言った、叱った事に対しての後悔と申し訳なさの繰り返しだったり。

ある日は、台所で、○○(上の子)と思いっきり笑った。おかしくておかしくて、すごく笑った。と書いてあった。何がそんなにおかしかったのかもちろん覚えてないけれど、その時の様子と子供の表情を思い浮かべると涙が出た。私が笑う。子供はそれだけで楽しい。子供が笑う。それだけで私は幸せ。そんなことを20年経って気づかせてくれる。書き留めておくことってそういう事なんだな。

でも、やがて仕事に追われ様々な人間関係にささくれだった時期、子供たちも反抗期。対立もしばしば。日記も空白が目立ち、字も荒い。最後までとうとう書かれてはいなかった。そして最後のページ。書かなかった時期はそれはそれでそういう時期!と開きなおった自分の字。
開くのに少々勇気が要った。

しかし30の時に目指した40代は決して悪くはなかった。充実していた。子どもたちも自立した。模索した心配したけどなかなかのもんだよ。とあの頃の自分に教えてあげたい。

今、50代。60代をあの頃ほど思い描いてもないし、危ぶんでもいない。なるようにしかならないな。としか思えない。ただ、この先自分の残した文章を見て、若かった、頑張ってたな、と思えるようにしたいな。
空白も行間もじぶんの過ごした時間。

文旦マーマレード

水分飛ばして煮詰まって来た。


[PR]
# by pass8515 | 2015-02-14 14:20 | 思い出ばなし | Comments(0)

心のうちを話せる友

婦人公論
新聞の見出しで気になったので少し立ち読みをした。
50代、60代、70代を生きること。
そんな感じ、ちょっと気になる特集だった。

ささっと見たけど、70代の方からのアドバイスが心に残った。

心のうちをを話せる友がいること

文章にすること

道はひとつだと思わないこと

どれも、心にひっかかったし、自分を省みた。

心のうちを話せる友。おかげ様で今までこうやって平静に暮らせて来たのは、絶対彼女たちの存在があったから
3人、私にはそう思える友人がいる。
グループではなく、それぞれ共通でもなく一対一のお付き合いだが、何かしら困りごと、悩みごとがあるとうちあけ、三人三様の答え、慰め、激励!をもらっている。とにかく気持ちが広いのだ。優しい。そして可愛い。適切な言葉が見つからないけどいつまでも、素直でやっぱり可愛いというべきか。

c0352015_13591058.jpg
そのうちのひとりの友人が先日ちょうどそして父になるを見ながらお茶を飲んでいたときに、ちょっと出てこれないかなあと、メール。
映画は中断すればいいけれど、二台の車はそれぞれ家族が使っているし、外は結構風が吹いてるし。
彼女がこうやって行ってくるときは、必ずちょっとした困りごとがあって聞いて欲しくてたまらない時なんだ。私だってそんな時が数えきれないほどあった。
ちょっと考えたけど、行くよ!自転車で!とは彼女に気を使わすので言わなかったが、ちょうどお互いの家からの中間地点のいつものショッビングモール内のカフェに急いだ。

風を切って気持ち良かった。
こんな積み重ねのひとつがひとつが、結局自分の人生の糧になるのだと、ペダルをこいで思った。

c0352015_14111814.jpg
土佐文旦

高知から届いた春の便り。箱を開けると爽やかな香り。

春は名のみの今日は吹雪だったが、季節はすすんでる。

c0352015_14141176.jpg


お弁当
ゆで卵、はんぺん、味噌焼売、ウインナーなど。




[PR]
# by pass8515 | 2015-02-13 13:40 | 出会い | Comments(0)

遅めの朝食をとりながら

月に一度の平日のお休み。
ガン検診のために休暇を取った。
朝ごはんは食べなかったから、遅めの朝食を食べた。検診の帰りに大好きな川沿いのパン屋さんに寄ってみた。なんと、諦めていた食パンがあった。
イギリスパン
c0352015_11150761.jpg

厚めに、切ってトースターで焼く。ふんわり。やっぱり美味しいなあ♪

そして父になる

昨日は午後からひとりゆっくり録画していた映画を見た。鑑賞は二度目になるが対照的な子供の表情、血より時間である事に気づく大人たち。いい映画だと思う。

尾野真千子さん
見るきっかけは、この人だ。
ずっと前より奈良出身で山奥でスカウト。そして映画祭に。という話題は関西ローカルの夕方のニュースでも時々取り上げられていたから名前は知っていた。そのあとは、暗い、薄幸な役柄が多い?
そんなイメージを抱いていた。
ところが、朝ドラカーネーションがとても良かった。うまい!
迫力もあるし、テンポもいいし、周りの人々もまるで本当の家族やご近所さんがいるような。
最初は、わたしもながら見だった。やがて8時までにはすべて家事を終え食い入るように視聴。7時半、8時、録画と日に三回は繰り返して見るようになった。友人も、あのドラマは何かが違う正座して時間が来ると見てたと言っていた

そしてながら見の時代をもう一度見たくて全巻DVDまでも買ってしまった。

何度みても、泣く、笑う、震える。
こんな朝ドラ見たことない。正にそんな名作だった。
ぐんと全国区になった尾野真千子さん。
注目していきたい、女優さんだ。
c0352015_11343959.jpg


c0352015_11350886.jpg

菜の花をゆがいた。少し春の便り。

夕ごはん
ローストビーフ、菜の花サラダ




[PR]
# by pass8515 | 2015-02-12 11:11 | 映画の日 | Comments(6)

金継ぎ

休日。寒さの底が今か。いつも通りに目が覚めたが、もう一度布団に潜り、浅い眠り。
いろんな夢を見る。なぜあの人が出てきたのだろうと考えると大体ヒントが思い浮かぶのだけど今朝の夢は手掛かりがない。10歳ほど若いかつての同僚。温泉や旅の話がとてもよく合った。一緒にはいかないけどこの人ならば旅に出ると楽しいだろうと思えた人だ。
最近、東北や温泉の話題を文章にしたから?脳がかってにリンクしたのかな。自分で無意識でも脳や心のひだはちゃんと覚えている。彼女元気でいるかしら
c0352015_11293153.jpg

今朝は、カップ類、ふきんを漂白した。
なかなか、そこまで手がまわらず気にはなっていた。白雪ふきん
もう、一年使っているが色褪せもなし、しなやかな肌触り。まだまだ長持ちしている。

少しだけ良いものを長く使いたい。

器もそうだ。
旅先で見つけた。器、カップ
c0352015_11341154.jpg

母と金沢を旅した時に買った、九谷焼の鉢。
もう、10年近くになるけどとうとう昨年、欠けた。ずっと別に洗ってたに、気が緩んだ。
c0352015_11362001.jpg
伊万里で買ったカップ。5年ほど前 社会人に成り立ての上の息子が旅のお餞別をくれた。私は両親にそんなこともしたことがなかったのに。そのお金で買った大切なカップだ。就寝前のホットミルクに愛用している。が、欠けた。

金継ぎ。その手があったと最近金継ぎ教室に行きたくてむずむずしている。思い入れのある器を気品高く甦らせてくれる。調べると散発的に近くでも開催されている模様。広報、ミニコミ紙はやっぱりまめに見ておかなければいけないな。

c0352015_11433754.jpg
カーディガン。色と風合いが気に入ってアウトレットで買ったのだが、着る旅に襟ぐりがほつれてくる。縫製が悪いのか私の着方が雑なのか。諦め切れずにお直しをしてもらった。4000円。買った時の値段より高い。でも気に入って買ったものは諦められない。少し気を使って着る事にしよう。

風が強い。
午後からはひとり。録画していた、そして父になるを見ようと思う。



[PR]
# by pass8515 | 2015-02-11 11:22 | 日々の暮らし | Comments(0)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass