ハナちゃん

先日の旅のお宿は山奥の温泉郷。
全室離れで、各部屋露天風呂付きだが、お値段は手頃で以前から一度と思っていた。

c0352015_20513823.jpg


お料理も良し、温泉も良し、部屋も広く、静かでおもてなしの行き届いた宿だった。

ただ、シャワーがなかなか熱くならず、主人はぶつぶつ言っていた。

*ハナちゃん*

c0352015_20514328.jpg


朝の散歩に出ると、犬が突然現れて私の足元にさっと座った。

なぜ名前がわかったかと言うと、フロント前のくつろぎスペースにハナちゃんの写真集やカレンダーが置いてあったから。

人に慣れてるのか、じーと座ってわたしを見て、カリカリ体をかいて、あくびして、いたってマイペース。
写真をいっぱい撮らせてもらった。

c0352015_20514768.jpg


散歩から帰ると、玄関にこんな感じで座っていた。

朝ごはんの時、この宿についてりピもありね、と、わたしが言うと、主人はいや~シャワーが…と、ただその一点がとにかく気に入らなかったようだ。

c0352015_20515042.jpg



そして、チェックアウト
精算を済ませたあとに、シャワーなんですけどとご主人にクレームをつけた出した。

もう、いいではないか。これから帰るのに。

ご主人はさすがにおもてなしの精神で、構造上どうしても仕方ないことなんですが、業者にまた見てもらいますと、丁寧に言われた。けど、いい気はしないだろうな。

ちょっと気まずい雰囲気の中、玄関を出た。くるっと振り返ると、何秒か前はそこにいなかったはずなのにハナちゃんが玄関のカサブランカの横に座っていた。

まさにこんな感じで。(朝さんぽの時の写真)

c0352015_20515498.jpg


ハナちゃんって言うんですよね。

ご主人は、11歳でして山からの動物よけにとおいてるんですが、もう追いかけられません。
写真集はお泊まりのお客様が送って下さったんです。と、言われた。

動物を追いかけるハナちゃんをとても想像できないが、気まずい空気を救ってくれた。
看板犬のハナちゃん。
わざわざ見送りに出てくれたかな。
ありがとう。ハナちゃん。

**********

大分の山の野菜販売所で買った野菜を使ったおかず

c0352015_20515783.jpg


いんげんのごま和え

c0352015_20520239.jpg


蕗の煮物

************

*お弁当*
久しぶりに作った。

c0352015_20520590.jpg


豚ロースかつ、卵焼き、いんげんとにんじんのソテー、蕗、蓮根のきんぴら

************

夕食後に柚子羊羮を切り分けた。

どーんと丸ごとの柚子羊羮

c0352015_20520950.jpg


八等分に切り分けてちょうどいいくらい。

c0352015_20521251.jpg


柔らかい柚子の皮が美味しかった。











[PR]
# by pass8515 | 2015-04-30 20:46 | 旅を振り返って | Comments(0)

瀬戸内の夕景

早朝、デッキに出るともう淡路島が真横に。そして、朝焼けを背に明石海峡大橋が迫って来た。

c0352015_16461201.jpg


帰って来た。とうとう旅も終わってしまった。

出勤する息子と入れ違うように帰宅。
とりあえず洗濯だけして、コーヒーを入れて旅の事をいろいろ振り返った。

c0352015_16461577.jpg


今回の船旅は、おひとりで来られてる方が多かった。特に中高年の方で、女の方も目立った。一眼レフのカメラで、連写する人も多くて、スマホでちまちま撮ってるわたしなど恥ずかしくなるけれど、この絶景は一生の思い出だ。

気を抜くとデッキの柵がどうしでも映ってしまう。
あちこちで、バシャバシャと連写する音がする。望遠レンズで、それは見事な光景を残されてるんだろうな。

c0352015_16461703.jpg


まさに、沈みかける夕日を見ていると私の左側にお年をめしたご婦人が立たれた。
その、向こう側の白髪のおじさんと会話されてる。

おじさんはわたし昭和ひとけたですねん。
同じくらいと違いますか?とご婦人に聞かれると、私たぶん、もうちょっとお姉さん…
ひとけたの前半だった。

え~!といつの間にか私も会話に交じり、おひとりで来られてるらしい。
見知らぬ同士の三人、沈みゆく夕日を見ていた。
島で、見え隠れする夕日。
何度も何度も沈んだかと思えば顔を出し、堪能した。
c0352015_16462000.jpg


朝日はぱっと出たら終わりだけど夕日はずっと楽しめると、おじさんはおっしゃった。

そして、旅に出るともうこれが最後かなぁという思いですなあ、とお二人で話されていた。

深い。人生は旅。まだまだ楽しめると教えられた。

ちなみに、おじさんの奥様も、わたしの主人もあまりの寒さに船内に入りガラス越しに夕景を見ていた。

わたしも体温が奪われたような手先の感覚がなかったけど、それでもそれ以上の大切な経験をさせてもらった。

*********

おみやげ

大分は、椎茸、柚子、かぼす
この三点が中心だ。

c0352015_16462424.jpg


干し椎茸、九重ブルーベリージャム、杵築のあわせみそ、柚子ごしょう、柚子羊羮

c0352015_16462793.jpg



杵築の餡のお菓子
酢屋の坂はこういう撮り方も良かったんだなあ。

わりと近い感じの写真があった。

c0352015_16463154.jpg


杵築の花たち

c0352015_16463413.jpg



c0352015_16463831.jpg



c0352015_16464207.jpg
















[PR]
# by pass8515 | 2015-04-29 16:47 | 旅を振り返って | Comments(0)

邪馬渓

やばけい


奇岩が隆起した山々が次々と現れ、めずらしい光景だった。
中国の水墨画を連想した。

一目八景という場所から見た山

c0352015_18480537.jpg


青の洞門

洞窟の中を歩道を歩く。 車もびゅんびゅん通って行く。

c0352015_18480507.jpg


1日曇り空だったが輝く新緑がとてもきれいだった。

新緑のトンネルをくぐって、由布院に向かう。


c0352015_18480671.jpg



************

お昼ごはん

由布院で、大分名物とり天定食を食べた。

由布院は10年以上前に一度来たことがあるがお店も増えて、以前にも増してざわざわした感じが、居心地悪かった。

でも一歩、道や小川を隔てるとのどかな原風景が、広がりまったく別の場所のよう。
とても静かでこれが本来の由布院の良さだなぁと思った。

人ともすれ違わない。普段の地元の人の暮らしが、そこにはある。

c0352015_19014158.jpg


以前、朝の散歩をした川縁だ。

c0352015_18480689.jpg


微動だにしない鳥。
獲物を狙っている最中のよう。

c0352015_18480613.jpg


この近くの宿に泊まった記憶がある。
点と点が次第に繋がってきた。
しかし、残念ながらその宿は違うお店に変わっていた。

c0352015_20194569.jpg


実は由布院は、当初の予定に入れてなかった。先週の「旅サラダ」で、渡辺いっけいさんが訪れており、通り道なら由布院に行こうと急にわたしが言い出したのだった。
c0352015_18480716.jpg


ざわざわした由布院は、あっ失敗したかなと思ったが、自然な風景に触れるにつれやっぱり再訪して良かったと思ったのだった。

************

ティータイム

天井桟敷で、コーヒーとMout.・yufu (モン・ユフ)をいただく。
由布岳をモチーフにしたクリームチーズデザート

あいにく今日の由布岳の山頂は雲がかかっていた。

c0352015_18480752.jpg


天井桟敷は造り酒屋をリユースしたカフェ。
旅の最後にこの空間が待っていた。

c0352015_18480762.jpg



夜、大分港を出航し、目覚めるともう神戸だ。

旅はもうちょっとだけ続く。

[PR]
# by pass8515 | 2015-04-28 20:26 | 旅先にて | Comments(0)

杵築

ずっと行ってみたかった武家屋敷と坂の町。

大分県 杵築

到着したのは8時過ぎで人はほとんどいなくて写真撮影には、良かった。

酢屋の坂
シンボル的な坂で、ここをまず見たかった。

c0352015_07534233.jpg


しかし朝の光ですぐお隣のお味噌屋さんの影になりどうしても坂がうまく写らなかった。
残念だけどしっかり目に焼き付けて、お味噌屋さんであわせみそを買った。


ここから酢屋の坂を下る。

c0352015_17534704.jpg


番屋の坂

c0352015_17534720.jpg


坂をのぼりきると、藤の花が美しかった。

c0352015_20023282.jpg


北台武家屋敷

c0352015_20023345.jpg


藩校の門

かつての藩校は今は杵築小学校
子供たちの元気な歌声が静かな武家屋敷に響き渡っていた。

c0352015_20023366.jpg



**************

お昼ごはん

別府の鉄輪温泉の地獄蒸し
食材によって蒸される時間が違う。
半熟卵ととうもろこしは七分

c0352015_20023314.jpg


海鮮となす、きのこは15分

c0352015_20023467.jpg


そして、最後は30分蒸された紅はるか
甘くてとろけるようで、美味しかった♪


c0352015_20023440.jpg


別府の町を歩くと次々と温泉に行き当たる
今はここだけという無料の市営共同浴場 熱の湯温泉に入った。 無料でなくてもたいてい100円というのがありがたい。

熱の湯温泉

毎日入りに来る地元の人の中をお邪魔しますと湯に浸かった。
ウェルカムの雰囲気がまた嬉しい。

************

おやつ
別府・明礬温泉の地獄蒸しプリン

c0352015_20023479.jpg


別府は何にでも地獄がつくところが可笑しい。
お代わりしたいくらいの濃厚な美味しいプリンだった。

旅は続く




[PR]
# by pass8515 | 2015-04-27 19:43 | 旅先にて | Comments(0)

海は静か、島は麗は志

朝、神戸を出港した船は春の瀬戸内航路を滑るようにすすんだ。

案内所でもらった海図は、本格的で島々を通過する時間も正確に書いてあり、旅の雰囲気を盛り上げた。
c0352015_00500621.jpg


海は静か、島は麗は志
うみはしずか しまはうるわし

その通りに穏やかな海、雲ひとつない晴天で海図片手に、デッキに出ると海風が心地よい。

明石大橋が見えて来た。
見慣れた橋もくぐることは、初めて。
感動した。

c0352015_00500657.jpg


にぎわったデッキもほとんどの人は船内に引き上げたが、これからが私たちにとってのお楽しみ。備え付けの双眼鏡で、見慣れた街を見ること。主人とふたりであーでもないこーでもないと盛り上がった。

瀬戸大橋ではちょうど電車が通りその真下を通過した。

c0352015_07204616.jpg


右舷側、左舷側、次々と島が現れた。
一番可愛かった島。
ちょこんとモンブランケーキ?

c0352015_00500650.jpg


大槌島だ。
半分香川県、半分岡山県らしい。

島のある風景も見慣れた頃、第3の大橋、来島海峡大橋が見えて来た。

c0352015_00500736.jpg


自転車で、走ってる。おーいと呼んでみたくなる。私も以前、必死で自転車で渡った事がある。船を見る余裕もなかったが…

そして、沈みゆく夕陽

c0352015_00500716.jpg


静かに落ちて行くのを見届けた。

c0352015_00500796.jpg



夜、大分港に到着した。
旅は続く。



[PR]
# by pass8515 | 2015-04-26 22:41 | 旅先にて | Comments(0)

船旅

この週末は半年前から予約していた船旅に出る。
神戸を朝出て瀬戸内海をゆっくりと航行。
夜に大分港に着き、停泊した船内で、朝を迎える。

去年の秋。カーフェリーで宮崎に行った。
淡路島を見ながら紀伊水道を経て外洋に出る。太平洋。見渡す限り海。他には何も見えない。
漆黒の闇のなか見上げると満天の星空で流れ星をいくつか見た。
c0352015_20391629.jpg


船旅いいなあ。
時間はかかる。関西からも乗り換えなしで鹿児島まで新幹線で行ける。とても早くなった。
でも敢えて船旅。
すっかり魅せられてしまった。

c0352015_20391712.jpg


帰って来るとすぐに、瀬戸内海の橋と島々を見ながら九州へ行くクルーズを見つけた。

いつも見慣れた街を、海側から見るのもいいものだろうな。
明石大橋、瀬戸大橋、しまなみ海道の来島大橋をくぐるのも楽しみだ。
地図を見ると瀬戸内海の無数の島々をかいくぐるように進むかのように見える。

明日の今頃はこの辺りと思いを馳せながら1日を過ごした。

しかし、主婦は留守をするからにはしなければいけないことが山ほどある。
暑いくらいになって来たからこたつふとんも片付け、庭の水撒き、アイロンかけ、買い出し、そして留守を任す息子の食事だ。
コンビニ弁当ばっかりも、気がひける。


c0352015_20391752.jpg


煮豚、肉じゃが、れんこんのきんぴら、水菜とアスパラのサラダ

夏日になるらしいから食べ残したら必ず冷蔵庫にしまってね。と念を押した。


**********

晩ごはん

久しぶりに家族が揃った食卓だった。

c0352015_20391754.jpg


中トロと鯛のお刺身、わさび菜の煮浸し、れんこんのきんぴら




[PR]
# by pass8515 | 2015-04-25 19:26 | おでかけ | Comments(0)

輝きの季節

かつて、ターシャ・テューダーの庭にあこがれて毎日毎日暇さえあれば庭に出ていた時期があった。
録画したDVDを何回も見た。当時90歳のターシャが愛情をそそいだアメリカ・バーモンド州の広大な庭。季節折々の見事な花たち、そしてその暮らしぶりにすっかり魅了された。斉藤由貴の優しい語りにも癒された。

c0352015_21295457.jpg


まったく足元にも及ばないけど木陰に座り、苔のふとんを撫でながら自分の庭を眺めるのが好きだった。
あーしよう。こーしよう。庭づくりの構想はきりがないけど、考える時間も楽しかった。イメージはあくまでもターシャの萌えるような庭だ。
c0352015_08250105.jpg


しかし、職場の環境ががらっと変わり毎日仕事に出るようになり、疲弊しきってしまった。庭に出る時間もなく、というよりその心のゆとりがまずなく庭も荒れた。

c0352015_08250181.jpg


気がつけはその頃に手入れしていた、ハーブや山野草やアイビーがジャングルのようになっていた。強いものは、手をつけられないぐらい群生し、その勢いに負けたものは枯れ果ててしまっていた。

c0352015_08250247.jpg


環境は変わらないがそんなゴタゴタにも慣れて来て、去年ぐらいから気持ちの余裕が出てきた。
わずかな場所を見つけ球根も植えようという気持ちにもなった。

c0352015_08250221.jpg


ターシャは6月を輝きの季節と表現していた。
長い厳しい冬が過ぎ雪がとけて一斉に花が咲き乱れる季節。こちらでは少し早い4月が輝きの季節かな。

c0352015_20414088.jpg



連休はジャングルを少しでも解消して、以前の庭を取り戻そうと主人にも手伝ってもらおうと思っている。もう開墾の域で力仕事になりそうだから。

c0352015_20414041.jpg






[PR]
# by pass8515 | 2015-04-24 20:40 | 日々の暮らし | Comments(0)

カーディガン

晴天続きの毎日で気持ちがいい。
シーツなんかもどっさり洗濯したくなる。

実家に帰るたび母はよく、「あんた、これ着るか?」と言って着ていない洋服を出してくる。
買ったものの顔映りがよくなかったり、細身だったり少し袖を通してはわたしにまわってくる。やはり親子。好みの色はだいたい似ているから、着れるものは仕事用とかに着ている。

今年のお正月に出して来たのはピンクのカーディガンだった。

c0352015_13323601.jpg


うわっ。
まったく着ていない様子。気分的に明るい色を着てみようと、思いきったけれどやっぱり変。ユ○クロでは母も同じく買わずには店を出られないようだ。その気持ちはよくわかる。とりあえず買って似合わなかったらわたしにでも、という気持ちが見え見えだ。

引き出しにしまっていた。
春になれば着てみようと思いながら、とても勇気がいった。

今朝、ほんの五分足らずの自転車通勤道。
今の季節しか着ていけないから、思いきって引っ掛けていった。
薄いグレイのボーダーシャツとジーンズで。
なんてことはなかったけど似合わない。
着たことがない色は思い込みだけで気苦労だ。(笑)

気分転換で、ちょっとイメージ変えてみよっかなと思うことがある。
母も長かった入院生活のあと、気分を明るく変えてみたかったのかな。

**********

朝の庭

c0352015_21185428.jpg


用事が早くに片付いたから庭に出た。
朝の光を浴びた庭の花たちはいつになく、いきいきしているように思う。

c0352015_21185441.jpg




c0352015_21185485.jpg


**********

*お弁当*

c0352015_21185457.jpg


にらたまご、肉団子、切り干し大根、もやしと豚しゃぶサラダ




[PR]
# by pass8515 | 2015-04-23 21:22 | 日々の暮らし | Comments(0)

最後のひとつ

昨夜、夕食後に紅八朔の最後のひとつを食べた。かっすかすだった。
大きいのをひとつ敢えて残していたのに水気はまったくなく、パサパサであんまりだ。

こういう場合、以前、りんごなり夏小夏なり発送元に連絡したことがある。すると前よりは明らかにできのいいものを送ってくれる。

息子が金比羅さんに行った時に買ってきた讃岐うどんは賞味期限が切れていた!
電話すると、すみませんもなかったが翌日には同じ品物が送られてきた。

クレームを、つけるとすぐに品物を送ってくれる。味をしめたような自分が嫌にもなるのだけどなんだか気持ちが納まらない。

なりものは難しいものだし、今回はそれまでは美味しくて最後のひとつがあたり外れのはずれだったわけだから、引き下がって連絡はしなかった。
最初に、このはずれに当たっていたら…

マーマレードもたくさん作らせてもらったから良しとしよう。

c0352015_19540601.jpg



************

ハーベスト
チョコメリゼ 宇治抹茶

いつものあっさりしたハーベストとは違い抹茶チョコをコーティングしてなかなか美味しかった。

c0352015_19540634.jpg



**********

*晩ごはん*

ねぎ焼き

c0352015_19540734.jpg


*お弁当*

c0352015_19540752.jpg



玉子焼き、ほうれん草のごま和え、牛肉のすき焼き煮、ラディッシュ浅漬け、焼売



[PR]
# by pass8515 | 2015-04-22 19:51 | おいしいもの | Comments(0)

夫婦旅

よく雨が降った4月も気が付けば下旬。
しばらく晴れが続きそう。

東京にご夫婦で旅行に行ってきた職場の人がお土産を携え帰って来た。
雨はそれほどではなかったがスカイツリーは強風で登れなかったそう。

この旅行に先立っていろんな事を相談された。独身時代に行ったきりの東京にどこに行ったらいいのか。新幹線のきっぶはどうして買えばお得か。何よりあんまりご主人とは旅行に行った事がない。あんまり行きたくない。今度の段取りも丸投げで彼女がホテルなど手配したらしい。聞けば聞くほど重い旅になりそうだ。

私が、いつも主人と旅行に行くから仲がいいね。と言ってくれる。

彼女の話をさらに聞くとご主人は皇居や国会議事堂に行きたいと言われたそう。
でも彼女は昔、修学旅行行ったし~。気がすすまない様子だ。

あっこれだな。と、思った。
彼女も特に行きたいところが見当たらなければご主人の提案にとりあえず乗って見たらいいんだ。
皇居もそれはそれは厳かでゆったり散策すればいいんじゃないかな。国会議事堂だって。でーんと正面から見たらそれなりの感慨もあるんじゃないかしら。

なんて事をもうひとりの職場の人と言ってみた。はなから、つまらなそうって思うから盛り上がらないし相手ものらない。
この人を旅行に連れて行こうと思わない。そんな悪循環が蔓延したのではないか。よそのうちの事だけど勝手にわたしは想像した。

うちが特に仲がいいわけでもなく、ただ主人の計画した旅に乗っかってるだけ。
だいたいの見所はおさえてくれてるからおまかせして満足して帰って来る。
道中、会話はほとんどない。
主人は黙々とハンドルを握り、私は写真ばっかり撮っている。気楽が何よりの旅だ。

皇居や国会議事堂と言われても、それもいいなと思う方だし、その土地の違った空気が吸えればまずは良しなのだ。

今日はゆっくり話ができなかったけど、おいおい旅の話を聞いてみよう。

************
帰り道
ずっと雨か、残業か。だったから久しぶりに夕焼けを見た帰り道だった。

c0352015_20430397.jpg



**********

晩ごはん

きゅうりと、ちくわの酢味噌あえ

どのうつわに盛ると映えるか?
それを考えるのも楽しいひととき。
伊万里で買った一輪の椿の絵付けが美しい中鉢
c0352015_20430304.jpg


高野豆腐の玉子とじ
丹波篠山、立杭焼の土ものの器
c0352015_20430369.jpg


卯の花

先月、北陸の旅で買った九谷焼の小鉢

c0352015_20430444.jpg


**********
*お弁当*

c0352015_20430484.jpg


ネギ入りオムレツ、ジャンボ焼売、卯の花、きゅうりといかの酢味噌あえ


[PR]
# by pass8515 | 2015-04-21 20:45 | おでかけ | Comments(0)

暮しの手帖

家事を終え、お風呂から上がって「暮しの手帖」を読む。少し気持ちが疲れたりざわざわした時は、とても心が落ち着くのだ。

c0352015_21100194.jpg


読む雑誌だ。広告は一切ない。紹介されてるお料理は、定番の献立。ハレの日のごちそうでもなく普段通りで基本に帰らせてくれる。凝ったものでなくても旬の素材を生かしたシンプルな定番料理が一番なのだよ。何かしらヒントをもらう。だって毎日のこと。

暮らしのヒント集とわたしの家のページが好き。暮らしのヒント集は何か心がつまづいたら開いてみる。

少しづつじっくりと向き合うから隔月がちょうどいい。
日々の暮らしは泣いても笑ってもずっとずっと続く。普通の人の普通の暮らしがいかに大切で尊いものか。そんな事を思い起こさせてくれる。

創刊は戦後まもなくのこと。
「二度とこんな恐ろしい戦争をしないような世の中にしていく」との思いで作られた。
巻末あたりの、この言葉を読むたびにぐっと来るのだ。

**********

今日は梅雨時のような蒸し暑さを感じた。
雨はずっと降り続いた。

朝は紅八朔をひたすら剥いた。
テレビを、見ながらあっという間に一人でまるごと食べていた。

c0352015_21100166.jpg



晩ごはん

昨日からことことカレーを煮込んだ。
先週、思わぬアクシデントでカレーを作れなかったから。
無性にカレーは食べたいよりも作りたくなる。

キノコ二種と玉ねぎで

c0352015_21100173.jpg



大好物のういろうをいただいた。
桜いろは苺の果汁が入って甘酸っぱい。

c0352015_21100113.jpg



************

*お弁当*

c0352015_21100181.jpg


にら卵、卯の花、いかの炒めもの、唐揚げ、もやしのナムル


[PR]
# by pass8515 | 2015-04-20 21:05 | 日々の暮らし | Comments(0)

エスパドリーユ

朝から強い雨の日曜日。友人とお茶するために大型ショッピングモールに行った。
待ち合わせの時間まで、ぶらっと洋服を見た。

春は過ぎ、もう初夏の装いのショップ。
小物はかごバッグにおしゃれな麦わら帽子が並んでいて、靴はエスパドリーユにウェッジソールが今夏も流行るらしい。

c0352015_19515501.jpg


息子が、去年エスパドリーユを買ってきた。
エスパやん!と私が言うと「なんで知ってるん?」「お母さん、昔持ってたもん。」
へえーと。びっくりしてた。

エスパドリーユと聞くと南仏の風を感じる。
時代は巡り流行も巡る。素足で履くと蒸れた感じがちょっといやだったエスパドリーユ。今のように中履きソックスなんてない時代。この夏、もう一度履いてみよっかな♪
中履きソックス履いて…

そんな事を思いだしながら約束の時間が来て友人と会う。

お孫さんが保育園に行きだし入園式の動画を見せてくれた。
2歳半。言葉が遅い事を少し心配していた。よそのお孫さんはもう文章を話してるのにー(笑)
悩みは尽きないものだな。際限ないものだな~。子供でさんざん心配したはずなのに、次は孫の心配か~。

どの友人も最初は私に遠慮してお孫さんの話はしない。でも必ず私から触れるようにしている。話題のきっかけをこちらから作る。
するとパッと顔が明るくなって写メや動画を見せてくれる。おばあちゃんの優しい顔になるんだ。私も嬉しい♪気遣いも嬉しい。

いつかうちにも孫が出来たならいっぱいいっぱい見てもらおうっと。

**********

晩ごはん

いかと、玉ねぎ、にら、椎茸の炒めもの

c0352015_19515504.jpg


唐揚げ
去年、宮崎で買った唐揚げの素がなかなか減らない。漬け込んで片栗粉でからっと揚がった。さくさくでとっても美味しかった。
c0352015_19515619.jpg


卯の花
にんじん、お揚げ、椎茸、青ネギを入れて。
c0352015_19515658.jpg


************

ミスドのブルックリンニューヨーク
c0352015_19515672.jpg


メープルシロップが別についていてかりかりのハードタイプのプレーンドーナツ。

2日の休みもあっという間に過ぎ去った。


[PR]
# by pass8515 | 2015-04-19 19:42 | 日々の暮らし | Comments(0)

はじまりのみち

昨日、お食事会に行く駅から久しぶりに夕日を見た。

c0352015_22131408.jpg


そして、今日はこの夕焼けが約束したような快晴だった。

午前中、早い時間から土をかりかりかいて草をむしり、花がらを摘み伸びた枝葉を剪定した。
ちょっとすっきりしたけれどまだまだやり足りない。

名前は知らない紫色の草花。
涼しげに咲きだした。

c0352015_22131436.jpg


親子のように咲いていた。
他のチューリップはもう終わったけど、この品種はまだまだ見頃。

c0352015_22131405.jpg


c0352015_22131519.jpg



庭仕事の時は考え事にもちょうどいい時間。
久しぶりにお日さまの光をたっぷり浴びて気がつけばお昼が来た。
さあ、お昼ご飯食べよう。

c0352015_22131576.jpg


今日はひとりだけのお昼ご飯でおむすびにした。

c0352015_22131542.jpg


壬生菜のおつけもの、ちりめん山椒のおむすび
のりのおむすびの中身は梅干し

さあ、ひとりの時間をどう過ごそうか。

録画していた「はじまりのみち」を観た。
映画監督の木下恵介の自伝的映画で、静かに戦時中の様子を、描いた秀作だった。病気の母を疎開させるためにリヤカーに載せて兄と雇った便利屋と山越えをする。
その時の経験、見た風景が戦後の映画づくりにつながって行くのだった。
戦意高揚の映画制作に嫌気がさして一時は映画から離れたけれど想像する事だけはやめられなかった。

便利屋が今何が食べたいって、カレーライスだなぁ。もう何年も食べてない。白魚のかき揚げもいいなぁ。それできゅっと一杯。戦時下の食糧難で、想像だけのささやかなごちそう。「人は戦争してるのに、山も川もそのままだ。」この、便利屋は随所でいい味を出していた。

ひもじい中でも人は寄り添い、思いやり、希望は捨てない。ラストシーンは、窮屈な統制から解き放たれた弾けたような木下映画のメドレーで。ああこの人もあの人も往年のスターが目白押しだった。

遠い事のように思っていた戦争がなんだか昨今の、出来事と重なる事があるなと思った。

**********
晩ごはん
アヒージョ

スーパーでマッシュルームを見ていたら、蛸とのアヒージョのレシピが置いてあった。
コジャレてるけど家にあるガーリックバターソースとオリーブオイルでできそうだ。

この、ガーリックバターソースがなかなか減らない。ちょうどいい。
蛸の代わりにほたるいかにしてみた。

c0352015_22131560.jpg



マッシュルームとほたるいかのアヒージョ


c0352015_22131517.jpg



空心菜の新芽のしゃきしゃきサラダ

c0352015_22131597.jpg



鮭フライ



[PR]
# by pass8515 | 2015-04-18 22:11 | 日々の暮らし | Comments(0)

紅八朔

広島・瀬戸田から紅八朔と清見オレンジが届いた。

箱が仕切ってあって二種類のおみかんをしばらく同時に味わい楽しむことができる。

c0352015_14060395.jpg


清見オレンジの方から昨夜剥いてみた。
熟していて果汁もたっぷり。

c0352015_14060476.jpg



今朝は紅八朔を朝ごはんのあとに食べた。
普通の八朔よりジューシーだし、甘酸っぱい。

c0352015_14060442.jpg


皮を剥いているとマーマレードが作りたくなった。皮を細かく刻みことこと煮込む作業が好きだ。下手は下手なりに、仕上がりはともかくこの、ことことが好きなんだろうなと自分で思う。

最近相次いで、友人たちはそれぞれにはまっているものについてのメールをくれた。

一人は籠づくり。野菜やパンを入れるのにちょうどいい籠を次々作っているらしい。
内布をかぶせて、どう?って写メも送ってくれた。

もう一人はスヌード作り。首はひとつしかないのにはまってはまって、気に入らない色はお風呂洗いにしてしまったり、厳しい冬ごもりをこれで乗り切ったらしい。

人がはまるものの話を聞くのが私は好きだ。
夢中になるその時の話はとても気持ちがいい。時間だけでなく気持ちの隙間も埋めているんだろうな。そういうものが私にはあるかなと、心の中で探してみる。針仕事のちくちくは私は、苦手だけど、台所ことことは好きだな。

隔週変わりくらいにブームが入れ替わるけど
明日からはしばらくマーマレード作り。
週末が楽しみだ。

**********

今夜はお食事会

夜は肌寒いからこの前買った大判スカーフを巻いていこう。

c0352015_18053656.jpg


**************

*お弁当*
c0352015_14060433.jpg


だし巻き、豚肉、玉ねぎ、椎茸の塩麹炒め、ちくわ炒め、焼豚、焼売、トマト

青空
裏山も新緑が目立ってきた。

c0352015_14060497.jpg







[PR]
# by pass8515 | 2015-04-17 14:06 | おいしいもの | Comments(0)

寄り添う

昨夜始まったDr.倫太郎はなかなか良かった。
やっぱり堺雅人が出ると期待を裏切らない。

最近のドラマはもう本当につまらない。
2つくらい、ピックアップして初回は見るけど後が続かない。もう続きなどどうでもいいやと、録画していても消してしまう。

しかし久しぶりに、見ようと思えるものだ。

Dr倫太郎


花子とアンと同じ脚本家らしく、あっちにもこっちにも関連の人が出ていた。
倫太郎は精神科医。患者に寄り添い共に悩み共に考え、こんな親身なお医者様がいるのかと思うが、当の倫太郎にも精神科医の主治医がいて病んだ心の慰めになっている。というお話。

昨夜の処方箋は患者に氷を握らせて最初は痛いほど冷たいけどだんだん解けてその痛みも和らいで行く。
心もその通り、やがてはほどけていくんだよ。たちまち病んだ心もほどけていく。
このようなドラマがこんな世知辛い世の中にやっぱり必要なんだ。


人の心は繊細で図太くて、ポキッと折れそうで、また思い直して、すくっと立ち上がる。
毎日、毎日、その繰り返しだ。

今日だって、今日だって、いろんなことがあって遅くに帰宅したけど、私の場合はチューハイ飲んだらそれで流せた。


**************

朝ごはん

c0352015_21442322.jpg



自家製ドレッシングのサラダと焼豚を挟んでがっつりサンド

*お弁当*

c0352015_21442406.jpg


壬生菜入りオムレツ、ひじき煮、焼豚、焼売
など


・晩ごはん・

遅くなってしまったからカルディの野菜カレーとパエリアの素で炊いたご飯
レトルトカレーもこんな緊急時にやっぱり助かる。

c0352015_21442460.jpg



ピクルスのせて。ライムのチューハイと。







[PR]
# by pass8515 | 2015-04-16 21:33 | 日々の暮らし | Comments(0)

だし巻き

雨はようやく上がり、久しぶりの青空。

出かける前に庭に出ると、風雨に耐えた花のしずくが、また綺麗だった。

見れば見るほど薔薇のようだけどチューリップ。

c0352015_20220236.jpg



c0352015_20220207.jpg


群生する、紫色式部がひょっこり姿を現した。近年やや勢力弱し。

c0352015_20220237.jpg


近年、どこからともなくやって来て苔の合間にひっそり咲く草花。
これから薄紫の花が一面に咲く。抜こうかどうか迷うのだけど草と見なして抜いてしまっている。

c0352015_20220334.jpg



短い時間でも庭に出ると心が落ち着く。

**********

お弁当は、だしが、残っていたからだし巻きを入れた。ふわふわで冷めてもとても美味しかった。
いつもの、卵焼きはお醤油を少し入れるだけ。子どもたちが小さい時はそこに少しお砂糖を、いれたりしてたけど、基本お醤油系が卵焼きの味だった。

以前、築地のテリー伊藤さんのご実家の卵焼きを、買って来たことがある。
新幹線で、持って帰り楽しみに一口食べると甘い!!濃い!!
長年刷り込まれた味の記憶と言うのはすごいものだ。卵焼きの味はだし巻きの味。京風だし巻きの味が、ずっとしみこんでいたものだから思わず何これ!っと叫んでしまった。

甘い卵焼きが卵焼きの味という地方もかなり多いと軽いカルチャーショック。
そう思って食べてみると、納得する美味しさなのだろうけど。

早朝、だし巻きを、焼きながら思い出した事だった。


**********

*お弁当*

c0352015_20220324.jpg


だし巻き、豚しゃぶサラダ、長ひじきの煮物、きゅうりの浅漬け

************

晩ごはん

汐いわしをパン粉を着けてオリーブオイルで焼いた。魚を売ってるおばさんに教えていただいた。

c0352015_20220391.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2015-04-15 20:21 | おいしいもの | Comments(0)

美容院にて

先日の美容院でのこと。

c0352015_13550135.jpg


鏡の前にいつも雑誌が何冊か置かれている。
私の年齢と雰囲気?に合わせて出迎えてくれるように並べてあるが、いつも読みたいと思うものがない。
この日は女性週刊誌4冊。オッジにLEE、そしてぽんと跳んで家庭画報の4、5月号だった。その中間がない!
年代で言えばエクラ世代(笑)せめてSTORYを置いてもらえればありがたいのだけど。

家庭画報はマダム過ぎるし、LEEは子育て世代応援的な内容だし、また見るものがないなあと思いながらもカラーの間、家庭画報とLEEを最後まで目を通した。

おにぎらず

書店にもいっぱい本が出てるけど、LEEにもやっぱり載っていた。
手巻き寿司の時しか海苔は買わないからわざわざは作らないけど、もし海苔が余ればやってみてもいいかなと思った。
私がする頃にはとっくに流行りも終わってるかな。

カットの時は、先生とおしゃべりする。
だいたい旅の話が多い。
毎年、店で海外旅行に行かれる。
このご時世に海外に社内旅行だなんて豪勢ですね~♪
これを励みにみんな頑張れるのよ~。

いつかは、私が話した台湾の話を参考に行って来たよって言われた。半分お愛想だろうけど、そう言ってもらえたら嬉しいものだ。
で、調子に乗ってベトナムに行く話を早速してしまった。
ベトナムも、毎回候補に上がるらしく、またいろいろと教えてねーと言われた。
素直に気分がいい♪

本当に旅は励みだ。
張り合いだし、希望だし、夢だし、そこにたどり着くまでいろんな日々のゴタゴタがあっても、やって行ける。
まあ。どこでもいいのだけど今は、先にベトナムがあると思うと光がある。

カットとカラーで春らしく気持ちも軽くなった。楽しい会話もありがとうございます。

**********

・晩ごはん・

しゃぶしゃぶサラダ

c0352015_20304710.jpg


取り分けて、お皿と野菜の色合いを楽しんだ。

c0352015_20304796.jpg


長ひじきの煮物

c0352015_20304799.jpg


椎茸、にんじん、お揚げを入れた長ひじき

スーパーに、国産ひじきがないことに憤慨する!(笑)
なぜ?

唯一、長ひじきだけが国産だった。


**********

*お弁当*

c0352015_20304765.jpg


卵焼き、椎茸と新玉ねぎのすき焼き煮、ちくわのてんぷら、ハタハタの唐揚げ、キャベツ浅漬け、焼豚、ブロッコリー



[PR]
# by pass8515 | 2015-04-14 20:33 | 日々の暮らし | Comments(0)

ままどおる

週明けは、春の嵐になった。雨も風も強くて、徒歩で仕事に向かう。

朝、雨戸を明けたら薄桃のチューリップがしぼんで風雨に耐えて寄り添っていた。
かわいそう。

c0352015_14043649.jpg


ままどおる

めずらしい東北のお菓子をいただいた。
福島・郡山のままどおる

中は白餡で外皮もしっとりしていて、包みも可愛らしい。
まだまだ知らない、美味しいお菓子が全国にいっぱいあるんだな。

c0352015_14043657.jpg


************

晴れた休日は大修理を終えた姫路城へも行った。
桜と、白くお化粧したお城を見たかったがほとんど桜は散っていた。
白い姿は2年ほどしかもたないらしいから、そうそう機会はないわけだ。

着替えておめかししたお城はやっぱり堂々としていた。

c0352015_14043653.jpg


外国人の観光客も多くて、自撮り棒で楽しそうなグループが目立った。

c0352015_14043734.jpg


お土産屋さんの垂れ桜はまだ見頃で、遠くのお城を引き立てていた。

c0352015_14043759.jpg



**********


餅撒きのもちが配られた。
つきたての柔らかい紅白餅はさっとフライパンで焦げ目をつけてお醤油でいただいた。

c0352015_14043792.jpg


**********

・昨夜の晩ごはん・

ゆがいた筍は、煮物とてんぷら用と筍ご飯用などに、切り方を変えて小分けした。
まずは、煮物にしたが、主人は味が薄いと言った。私はこれくらいでちょうどいいと思うのだけど。

c0352015_14043774.jpg



筍の煮物、牛肉のしぐれ煮、ほうれん草のごま和え

c0352015_14043714.jpg


紫色の水菜とラディッシュでカラフルに♪

c0352015_14043802.jpg


いただきものの、焼豚も添えて。
思わぬごちそうになった日曜日の食卓だった。



************

すみれ色で華やかに

c0352015_14043846.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2015-04-13 14:09 | おいしいもの | Comments(0)

絵葉書

貴重な晴れ間の日曜日。気温もぐんと上がり庭仕事をしていると汗ばんで来た。


朝は、昨日買ったパンをすこしづつ切り分けて食べた。
いつものパン屋さん以外にもデパ地下のPAULでも買った。
こちらのパンは本当に美味しいが、値段も高級。少し大きめでもあるから、一人一個とは考えずに切り分けて、一人が何種類も食べられるようにと考える。

ブリオッシュ・アマンド だったと思う、ここでは必ず買うパン。

c0352015_14345301.jpg


エスカルゴ
その通り渦巻き状だ。たっぷりの洋酒でしっとりして美味しい♪


c0352015_14345330.jpg



昨日のおかずの残り物、エビぷりコロッケとざくざくに切った春きゃべつをはさんでトーストサンドにした。


c0352015_14345393.jpg


朝からボリュームたっぷりの三種盛モーニングが仕上がった。

c0352015_14345462.jpg


庭に出ると、また新しいチューリップが咲いていた。球根を植えたのは昨秋のことだからどんな品種だったのかすっかり忘れてしまっていた。

薔薇のような芍薬のような清楚な薄桃色したチューリップ。

c0352015_14345482.jpg


ほかよりはゆっくりじっくりと花は開き、見事に大輪の花を咲かせてくれた。
鉢植えしたものはやや八分咲きというところ

c0352015_14345493.jpg



自分で、植えておきながら意外に美しく咲いたものだから嬉しくて窓からも何度も見ている。
また、明日雨に打たれてしまうな。

c0352015_14345466.jpg


**********

昨日行った美術展の絵はがきを早速、飾って模様替えをした。

ジョルジュ・ブラック
「レモン、バナナ、プラム、グラス」

c0352015_14345417.jpg


ゴッホ
「タチアオイ」

c0352015_14345598.jpg



これからの季節に合うかなと、思って選んでみた。


************

野菜即売所へいくと、筍やクレソン、紅法師という紫色した水菜が珍しくて買って見た。
毎週違った野菜が満載。それだけ季節も先へ先へと進んでいるということだ。

午後から早速、筍をゆがいた。
小ぶりなかわいらしい筍だ。

c0352015_14345564.jpg


まずは、てんぷらにしよう。
クレソンもてんぷらにしよう♪


[PR]
# by pass8515 | 2015-04-12 14:29 | 日々の暮らし | Comments(0)

睡蓮

「チューリヒ美術館展」は、巨匠いっき見!!と言うコピー通りの見ごたえがあるものだった。

c0352015_21345602.jpg



遠くからでも、シャガールとわかるお馴染みのタッチの絵が、あるかと思えば目を引いたのは「戦争」という題の絵だった。
暗い色合いで、シャガールの夢の世界とはかけ離れた、破壊、絶望、悲壮。迫力があり引き付けるものがあった。

ムンクの「冬の夜」も、良かった。北欧らしいどこかデザイン的な風景が、印象に残った。

c0352015_21345716.jpg


目玉はモネの睡蓮で、ひときわ人だかりが目立つ。

睡蓮は、ハワイのホノルル美術館で見たり、パリのオランジュリー美術館では連作8枚が二部屋に分かれて展示された大作を見た事がある。微妙な陰影の違いが、見事に描かれていた。

睡蓮で、もうひとつ思い出す事は、倉敷の大原美術館だ。モネが描いた睡蓮を株分けした子孫の蓮が実際に美術館の池にひっそり咲いていた。去年の夏に訪れたが、真夏の暑さを忘れさせてくれた涼しげな光景で、モネの睡蓮の孫くらいの蓮です、という説明書に感動をおぼえた。

c0352015_21345723.jpg



**********
名画でお腹いっぱいになって、美術館を出たあとは、街を少し歩いた。
風は冷たいが久しぶりの晴れ間に気分も躍る。

c0352015_21345757.jpg


異国情緒たっぷりの旧居留地

c0352015_21345749.jpg


c0352015_21345816.jpg


いつものようにパンを買った。
そして、いつものようにお肉屋さんのコロッケを買った。今日はことのほか行列が長かったが食べ歩きのカップルが、ほとんどで回転も早い。

ソーセージと粒マスタードが入ったハードなパン。
ビールとよく合う♪

c0352015_21345848.jpg


クグロフを少しづつ切り分けて。




c0352015_21345825.jpg





[PR]
# by pass8515 | 2015-04-11 21:31 | アート | Comments(0)

週末は、どうしよう。

1日、また雨だった。こんな、4月も珍しいのではないかな。

明日からは久しぶりに晴れの週末になる模様。

週末はどうしよう。

今日は雨で暇だから、仕事中、そんな事ばかり考えていた。

まずは、美容院を予約した。
お昼までかかるとして、その足で美術館へ行こう。
「チューリヒ美術館展」に、ずっと春になったら行こうと思ってチケットは用意していた。名画と共にゆったりした時を過ごしたい。


c0352015_19420734.jpg


朝は、お弁当と朝ごはんの準備をあわただしく終えて、7時15分には、椅子に座る。

あまちゃんだ。

やっぱり、おもしろい。これから起きる事、出会う人。それはとっくに知った事だけど、そこへ向かう伏線を辿るのが再見の醍醐味だ。特にあまちゃんは、伏線が巧みで、何層にもなっていて奥が深い。
朝を迎える張り合いが、お弁当づくり、そしてあまちゃんだ。

************

*お弁当*

c0352015_19445278.jpg



パセリ入りオムレツ、コロッケ、焼売、つみれ、きゅうりと豆サラダ、トマト、ブロッコリー

**晩ごはん**

お好み焼きと、焼きそばと、餃子はいつの頃が主人が焼く。子供たちも、お父さんの方が断然上手いと言う。それは私も認める。
気をよくして、どんなに疲れても機嫌が悪くても主人の係だ。

今夜は、その焼きそばと餃子。
並行して、同時進行で手際が良かった。
そして美味しかった。

c0352015_19420895.jpg


残り物の野菜で。
にんじん、きゃべつ、もやし、ちくわの焼きそば。

c0352015_19420831.jpg


にんにくのよく利いた、カリカリの宇都宮餃子。



[PR]
# by pass8515 | 2015-04-10 19:39 | 日々の暮らし | Comments(0)

蚊帳生地ふきん

桜と雪。そんな風景も多かったようで寒いはずだ。今朝はマフラーをまた引っ張り出して来たけど、ちょっと暖かかった。

先日に見た「イッピン」は奈良の蚊帳生地ふきんだった。長年愛用してるけど、こうやって取り上げられるとその奥深さを改めて知った。 6枚の蚊帳生地を縫い合わせ、吸水性、通気性に優れている。一筆書で縫われているからとても丈夫!

うちにあるならまちふきんをよく見ると一筆書だ。ここまでは見なかったな。
ぼちぼち御用納めかと思っていた白雪ふきんもまだ使うことにした。丈夫だし色褪せないし、使いたおすのだ!

しかし、いつまでも引き出しに眠らしておくのも勿体ないし春らしい、ライムグリーンのならまちふきんをデビューさせた。

ならまちふきん

c0352015_20363357.jpg


先輩、白雪ふきん。ならまちをよろしくね。

c0352015_20363456.jpg


中川政七商店ふきんも若干薄いけど、まだまだがんばれ!

c0352015_20363490.jpg


ふきんひとつで、気分も変わる。

「イッピン」でのレポーターの若い女優さんは蚊帳を初めて見たとはしゃいでいた。
息子たちだって見たことないだろうな。
その蚊帳の端切れで縫ったのが蚊帳ふきん。蚊帳は廃れたけど見事に別の形で復活したわけだな。

蚊帳で、連想するのは私の場合夏休みのラジオ体操だ。

************

久しぶりに晴れた朝。
ずっと雨の桜の季節だった。
お花見気分はもう、どこかへ飛んでしまったけど、近所の桜はまだ頑張ってる。

庭の花たちもおひさまが、嬉しそう。

c0352015_20363484.jpg


c0352015_20363461.jpg


c0352015_20363568.jpg



************

*お弁当*

c0352015_20363563.jpg


パセリ入りオムレツ、豚肉の麹炒め、卯の花、ブロッコリー


[PR]
# by pass8515 | 2015-04-08 20:12 | 日々の暮らし | Comments(0)

チヂミ

今朝はまた寒かった。ゴミ出しも小走りになった。

お好み焼き粉を買うためにスーパーの小麦粉エリアに行った。いつもなら、それだけ買ってさっさと立ち去ってしまうのだけど時間があったからじっくり粉もん売り場を見てみた。関西ならではなのだろうか、今や全国でこれだけ粉もんのラインナップがあるのだろうか。いか焼き用、ネギ焼き用それぞれ専用の粉があり、たこ焼きやチヂミはいろいろな種類があって、驚いた。

チヂミ。そういえば、久しぶりに焼いてないな。
チヂミ粉も迷った。迷った。

c0352015_19260329.jpg


チヂミを久しくしてない理由は心当たりがあった。3年前に、友人と韓国に旅をした。
ソルロンタンのお店で、マッコリとチヂミを注文した。ソルロンタンは優しい味でマッコリもとても美味しかった。これぞ本番の味と、お酒の弱い友人も頬を赤くして、気持ちよさそうだった。しかしチヂミで一転した。普通のチヂミにすれば良かったのか、ちょっと変わっているそば粉のチヂミにしてしまったのだ。期待は大きく外れべちょべちょで、味もなく不味かった……
二人とも、顔を見合わせ、なんか違うね……
一口食べて、ほとんど残してしまった。

ノーマルにしておけばいいものを敢えてそば粉を選んだこと。日本で食べるもちもち、カリカリのチヂミが本場の味と勝手に思っていたのだろうか。友人にも悪かったなぁといつまでも引きずっていた。

たぶんそれ以降はチヂミはしてない。
なんか心のどこかで、引っ掛かっていたのかな。


久しぶりのチヂミは、もちもちで美味しかった。青ネギ、もやし、海鮮はたらこしかなかったから入れてみた。コチュジャンのたれをつけて食べた。

先日、紙類の整理をしていたらその韓国の旅で訪れた北村(プッチョン)の地図が出てきた。一番心に残っている韓国の思い出だ。韓国ドラマはただひとつ冬ソナしか見たことがないから(私の周りでは珍しいこと。)ここははずせなかった。

c0352015_20140571.jpg


見晴らしもよく風情ある韓屋が建ち並ぶ街並みは、忘れられない光景だ。


c0352015_13113093.jpg



**********

*お弁当*

c0352015_13113063.jpg



大根葉入りオムレツ、パプリカの肉巻き、
トマト、大根の煮物、もやしのナムル


[PR]
# by pass8515 | 2015-04-08 13:10 | 旅を振り返って | Comments(0)

折々のことば

3月初旬の気温らしく、お客さんの服装も今日は違った。花冷えは必ずやって来る。

一昨日の新聞の折々のことばは、身にしみるものだった。

アホになれんやつがほんまのアホや

作者の欄は、(関西での言い伝え)

c0352015_19221717.jpg


友人や親に物事を相談すると、アホになっとき~(なりなさい)と言う答えがよく返って来る。それが出来れば苦労はしないと、どうにも気がおさまらない時があるけどそんな時こそ!この言葉が、生きて来るわけだ。

ここ数年、職場の環境が目まぐるしく変わり、ストレスでやられてしまっていた。

軋轢の中で、ほとほとくたびれてしまった私だったが、去年くらいからだろうか。
人間はそういう環境にも慣れてくる。
急に、アホになっとこ。(なろう!)
アホになっといたらええねん。(なっておけばいいじゃない)の言葉が降りて来た。

心の中で呟けば、すごく気持ちが楽になる。
なんか、そんな取るに足らないことどうでもいいや。と、いう気持ちに落ち着いてしまう。

こんな魔法の言葉だったとは。


大根葉とラディッシュ

大根葉とラディッシュを甘辛く炒めた。
一夜、冷蔵庫でおくとラディッシュが桜色に
なっていた。

c0352015_19083307.jpg


*晩ごはん*

葱とたらこを入れたお好み焼きにした。
たらこが彩りよく焼けた。

c0352015_19083487.jpg


で、マヨネーズと青のりたっぷりでいただいた。

c0352015_19083450.jpg



**********

*お弁当*

c0352015_19083407.jpg


ほうれん草のオムレツ、豚肉とパプリカの炒めもの、もやしとラディッシュのナムル、ブロッコリー、卯の花



[PR]
# by pass8515 | 2015-04-07 19:16 | 日々の暮らし | Comments(0)

ひとてま

そろそろ散り始めの桜予報の週明けは、また雨になった。
久しぶりにアーモンドバターのトーストで朝ごはん

c0352015_07003582.jpg


昨日のこと。雨の日曜日のショッピングモールは、ごったがえしていた。屋内駐車場は満車の看板がすでに立ててあったが、運よく私は駐車することができた。

目指すは書店。朝の新聞で*茅乃舎の台所 おいしさのひとてま *の本の宣伝 が目についた。大人気の和風だしパック 茅乃舎だしを使ったレシピ集で、*ひとてま * のその文字が、飛び込んで来た。今まで私に足りなかったのはそのひとてまで、かけるか、かけないかで、違いがはっきりすることがようやくわかって来たところだ。

和風だしもこれではないが毎日使ってるものがあるから、レシピを取り入れたいと思った。残念ながら取り寄せのみだけで在庫はなく、先に発刊されていた関連本を立ち読みして、ひとてまを拝借した。

それにしても、こういう本の料理の撮影って、美味しそうに見える。青菜の煮浸しやちくわと長ねぎの炒めものなど、家でも簡単にできそうなものが撮影技術と、器ひとつでまあ、きらきら輝いて!なんかうちのとは違うなあ…

ジャーサラダのレシピ本もまだまだ前に出ていた。雑貨店もあのボトルが目につく。友人が、ご主人のお弁当のついでに自分のお昼用にはまっていると教えてくれた。自家製野菜が豊富な彼女の事だからオリジナルレシピ満載だろうな。

そして、書店に向かったもうひとつの目的は、ベトナムだ。
秋の五連休の旅の行き先がベトナムに決まった。もう、飛行機は満席で1日ずらすと、残りわずかながら、空いていた。
しかし、連休となるとみんな行動が早いなあ。うかうかしてたら、行きそびれるとこだった。

c0352015_16394796.jpg



************

c0352015_19365043.jpg


少し久しぶりに、ケーニヒスクローネのカップに入ったケーキを買った。抹茶のドレスデンを大抵選ぶのだけど、春だけ限定の抹茶ムースに桜餅とフルーツをほどこしたものにした。

抹茶ムースと抹茶寒天、そして可愛らしい小玉の桜餅。とても春らしい♪

c0352015_19365064.jpg



*晩ごはん*



c0352015_19365139.jpg


あらめの煮物、スティックセニョールのごま和え、焼きたらこ

c0352015_19365186.jpg


つぼみ菜の天ぷら、しめさば


**********

*お弁当*

c0352015_07003507.jpg


ちくわ天ぷら、ほうれん草のごま和え、あらめの煮物、春菊とにんじんの卯の花、ねぎ入り卵焼き




[PR]
# by pass8515 | 2015-04-06 19:20 | 日々の暮らし | Comments(0)

思い出消去

c0352015_20145893.jpg


昨夜から、雨が降り続いている。夕方のうちに庭の花を見に出た。
せっかく開いても強い雨に打たれて花びらが落ちてしまうかも知れない。今のうちに記録しておこう。

ムスカリが巨大化してきた。つぼ状の花弁は集まっていると可愛いけど、大きくなって分離してしまって、違う花のようになってる。

c0352015_20151952.jpg


c0352015_10121839.jpg


つぼみをいっぱいつけて、次はこちらの出番だな。

c0352015_10121863.jpg


雪ノ下もこれから群生してくる。
一度、天ぷらをしようと思いながらまだ実行してない。今年は試みてみよかうかな。
同じく群生するどくだみと縄張り争い。

c0352015_10121880.jpg


*************

昨夜の晩ごはん

息子が、唐揚げ専門店の唐揚げを買って来てくれた。仕事帰りにずっと気になっていて、行列必至のようだからわざわざ電話して予約したのに、だーれも並んでなかったと、憮然として帰って来た。

こくがあって、さくさくの唐揚げだった。
串についてるのは食べ歩き用にもって事かな。串から抜いて食べた。

c0352015_10121975.jpg


メインは唐揚げを買って来てくれるというから私は私で副菜をいろいろこしらえて、待っていた。

c0352015_10121939.jpg


かぶらの煮浸し、ほうれん草のごま和え、わけぎとちくわのぬた。

*********

今朝のこと

目覚ましが、六時に鳴ってあっ!今日からあまちゃんだーと飛び起きた。あれ?でもお弁当、何も仕込んでない。と、我に返り日曜日であることにやっと気づいた。
二度寝はしたくないから、そのままスマホの中の写真の整理にとりかかった。ガラケー時代から移行した写真を含めると膨大な量。
ずっと気になっていた。子供たちか買って来てくれたおみやげなどの画像、思い出のある旅の写真は置いておくとして、晩ごはんや朝ごはん、夕日や朝日や桜や紅葉。まあ、どこでどう撮っても同じような写真ばかりだ。

日々の記録として今まで、大事そうに置いて来たけど、今はブログがその役目を担ってくれているから、惜しげなく消して行こうと思った。

気づけば、一時間半を画像消去に費やしていた!主人も起き出し、朝ごはんの支度をしなくては。

昨日野菜即売所で買ったパンの詰め合わせのおかずパン2種。

明太子パンとキーマカレーパン
主人と半分づつにした。

c0352015_10121909.jpg


まだまだ、雨は降りつづくのだろうか。





[PR]
# by pass8515 | 2015-04-05 10:07 | 日々の暮らし | Comments(0)

花びらひらひら

雨かと思えば、晴れて来た土曜日の午前。明日からしばらく雨らしいから、見納めの桜を見に行こうと外に出た。

近場で、楽しめるお花見スポットは、早くも誰かがシートで場所取りをしていた。

c0352015_14073026.jpg


c0352015_14100627.jpg



散歩に来ている人も多く、花びらのアーチを静かに歩いていた。

買い物から帰ってお昼までの時間、近所を散歩した。

住宅街の桜並木。
昨日の雨と風で、少し散ってしまったようだけど、まだまだ輝いている。
c0352015_13590793.jpg


c0352015_13590769.jpg


公園も花盛り。この公園に来るたび秋から冬に夕闇をバックに撮影していた桜の木もひときわ力強く花開いていた。


c0352015_13590861.jpg


去年の暮れの同じ桜の木を引っ張って来た。

c0352015_13590892.jpg


次は神社へと歩く。何も人混みに紛れなくても徒歩圏内でお花見ができる。

椿と桜の競演

c0352015_13590849.jpg



買い物は、野菜即売所に出かけた。
先日行った道の駅よりもっと種類が豊富だった。

空っぽになった野菜かごがまたいっぱいになった。

つぼみ菜、スティックセニョールなど珍しいものもあった。
ラディッシュやパプリカは野菜即売所に行くと、色鮮やかさに惹かれて買ってしまう。

c0352015_13590940.jpg




まれ

新しい朝ドラが朝の風景に馴染んできた。
子供時代の稚拙な感じやどたばた感が苦手で、見なくなった朝ドラは数知れず。

それはクリアして最初の三日ほどはながら見だったが、次第にじっくり見るようになった。あまちゃんに似ているところもあるけれど、思惑どおりの田中みんと田中裕子ががっちり肝だな。

そのあまちゃんが、来週から待ってました!
再放送。
新しい朝の風景がまたひとつ増える。

***********

お昼ごはん

先日の京都でのぎおん・やよいの惣菜が春の香りを届けてくれてご飯がすすむ。


c0352015_13590950.jpg


散歩から帰ってかきたま汁だけ作り、きざみすぐきと、筍の惣菜で簡単に済ました。

c0352015_13590907.jpg



秋の五連休の旅の計画を練り始めた。
もう、遅いかもしれないが。台風も気になるけどこんなチャンスはめったにない。
東北と、ベトナムのパンフレットをもらって来た。いまから旅がもう始まっている。












[PR]
# by pass8515 | 2015-04-04 13:54 | おでかけ | Comments(0)

花散らしの雨

朝から風が強く満開の桜も可哀想なこと。
雨も強く降ってきた。
耐えて、耐えて。まだまだ楽しませてと、思う。

c0352015_13454188.jpg



先日、京都で食事したお店は天ぷらの老舗。
海老や筍、さつまいもや旬の野菜のあつあつ・さくさくの天ぷらだった。

c0352015_13454226.jpg


他のお料理は、全部撮影していたのになんとメインの天ぷらだけ、撮影していなかった。
お待ちかねの天ぷらで、とにもかくにも頬張った様子がうかがえる。

せっかくの天ぷらを何か家庭で取り入れられないかと考えた。なかなか、家では旨くは揚がらないけれど、アイデアを拝借。

青じそで白身魚の擂り身を巻いたものが、美味しくて、取り入れてみた。
擂り身は無理にしても、はんぺんで代用出来そうな気がした。

はんぺんがふわりとし過ぎて、感触やや頼りないと言ったところだけど、簡単だしお弁当にもいけるなと思った。

********

お弁当づくり

人参、新たまねぎ、パセリのかき揚げとちくわを揚げた。

お返しのカタログから選んだ、野田ほうろうのミルクパンは、お弁当づくりにとても便利。少量の揚げ物の時も、重宝している。

c0352015_13454205.jpg



卯の花

にんじんと九条ねぎを入れて卯の花を炊いた。野菜のかたづけにもちょうどいい。


c0352015_18562990.jpg




*********

*お弁当*

c0352015_18562926.jpg


卵を、切らしたから卵焼きはなくてもかき揚げでスペースが埋まった。

野菜のかき揚げ、青じそとはんぺん揚げ、いかの炒めもの、卯の花




[PR]
# by pass8515 | 2015-04-03 19:00 | 日々の暮らし | Comments(0)

土手桜と山桜

明日から、週末にかけてまた雨らしい。
お天気がくるくる変わるこの時期。
桜は満開だった。

三日見ぬ間の桜、まさに満開だった。

c0352015_20284387.jpg


土手沿いの桜のトンネルをくぐり自転車で帰った。

c0352015_20284401.jpg


朝は朝で洗濯物を干していると山桜が、満開。


c0352015_20284447.jpg


しばらく、晴れ間は期待できないから今楽しんでおかなくては。

誰に対しての晴れ間か、それはより好みはできないにしろ週末の度の雨は、働いてるものにしてはがっかりこの上ない。

お疲れ様のご褒美ください。と思う。
特にこの時期は。

先日の週末のこと。

録画していたクレアモントホテルをみていた。神戸の映画館で、観たのは二、三年前だったかな。

ユーモア、アイロニーたっぶりな黄昏のおしゃれな映画で、また観たくなった。

その最中に、友人からお茶のお誘いが、あった。予感はあった。なんだか人寂しくもて甘し気味だったからクレアモントホテルを見るに至ったわけだから、願ってもないお誘いだった。映画は中断して珈琲を飲みに行った。嬉しかった。人寂しいときに誘われる。そうは、ぴったり来ないのが世の常だけど、彼女は私の気持ちを見透かしたように絶妙のタイミングで機会を与えてくれる。

語らう場は、珈琲の美味しいチェーン店と決まっている。何も言わなくても足がその方向に向いている。

彼女も料理をことことしている時が、心休まる癒しの時と話していた。私が日頃感じている事と通じていた。くよくよ、うつうつしている時でも食べていかなくては生きてはいけない。
そのうつうつを日々の暮らしにぶつける。

その姿勢、気概が似ているから彼女と会うと何かしらの刺激を受ける。

彼女と会ってからのこの一週間はまた頑張ることが出来た。

新緑美しい来月に阪急沿線を散策しようと約束した。

おしゃれなカフェや雑貨店。なにより輝きの季節と彼女とのやさしい会話が素敵な町歩きになること間違いないだろう。


********

晩ごはん

週末に近づくにつれワインが無性に飲みたくなった。
あるものの野菜、ブロッコリー、新たまねぎ、豆といかを炒めたパスタ

オイルサーディンと青じそ、ゴルゴンゾーラのブルスケッタ

c0352015_20284444.jpg


カルディのお手軽ワインで。

**********

*お弁当*

c0352015_20284406.jpg



九条ネギ入りオムレツ、肉巻き、きゅうりと金山時味噌、など


[PR]
# by pass8515 | 2015-04-02 20:27 | 日々の暮らし | Comments(0)

木の芽どき

新年度のスタートは、朝から小雨が降っている。あまり強く降らないうちに庭に出た。

チューリップが、開いていた。
おまかせ色々のセットの球根を去年の秋に植えたけど、本当にさまざまな色が花開いた。
全部違うのかな♪

c0352015_13492137.jpg


裏山の山桜も真っ盛り今日みたいな雨の日は薄墨みたいななかなか味わい深い風景なんだけど撮影してもうまい具合に映らなかった。

c0352015_13492227.jpg


木の芽どきは、体や心の調子を崩しやすい。
職場でも、咳のひどい人、マスクしてる人。調子が悪そうだ。私は体はいたって元気。だけど、心が少し疲れている。
そんな時は、無心になるため台所に向かっている。野菜をただひたすら刻む。菜箸で合えて、炒めて、盛り付けて。いい相乗効果で、いいではないか。

c0352015_13492286.jpg


折々のことば

新聞の新しい連載のひとつに春のスタートにふさわしい折々のことばが、目についた。

涯は涯ない(はてははてない)

人生も旅のようなもの涯はありません。

連載に向けて、ことばはひとの体験をまとめなおしてくれるもの。
別の角度から見るよう促してくれるもの。
凝り固まった心をほぐし、ときにはふわりと別の場所へと異動させてくれる。
そんなきっかけになればとあった。

10センチ四方ほどのスペースで、忙しい朝でもさっと目を通せそう。切り抜いて、貼り付けられる日めくり手帖なるものが販売所で購入できるらしい。
買わないけど、トイレにかけたりもしないけど(笑)こういう心に沁みる言葉が必要な時が誰にでもある。

新しい朝の日課がまた増えた。

********

職場で、ごあいさつのお菓子をいただく。

c0352015_13492244.jpg



去る人、来る人、一期一会。

********

ちりめん山椒

c0352015_19315322.jpg


母からもらったぎおん・やよいのちりめん山椒。お徳用はたっぷり入っていてしばらくごはんの友だ。あつあつご飯にのせて、何杯でもいける。

母は、以前の生活を取り戻した。
歩調が他の人に連いていくのがやっとといいながらも、マッサンの山崎蒸留所に行きウイスキーを堪能して来たらしい。
100円で試飲したウイスキーはとても美味しかったと、嬉しそうに話してくれた。


ウイスキーの話を聞いたら、飲みたくなったハイボール。
肴を3種、用意した。

c0352015_19315419.jpg


九条ねぎの味噌炒め、きゅうりと鳥取の金山寺みそ合え、筍とふきのとうの佃煮

*********

*お弁当*

c0352015_19315404.jpg



九条ねぎとちりめん山椒入り卵焼き、ブロッコリーとにんじんの肉巻、さといもとちくわの煮物、ブロッコリー













[PR]
# by pass8515 | 2015-04-01 19:28 | 日々の暮らし | Comments(0)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass