お茶の時間

天気予報は少し外れて、また雨が降った。
洗濯物が山のようである。

週末までのパンだけが足りないので
仕方なく、買い物に出かけた。
本当にパンだけを買った。

最近、パンの売り場で気になるのは
2枚入り、3枚入りというのが
目立つこと。
今日のパン屋さんでも少し上質の
パンを少量売りしていた。

少しだけという需要も多いのだろうと
思った。
全粒粉入り食パンと「おつとめ品」が
ちょうどあったので、ラッキーと思った。
おつとめ品は福袋と思っておこう!
何が入っているかはお楽しみ♪
c0352015_17223039.jpg
ウインナー巻き、塩パン、白ロールパン
さつまいもデニッシュ、ガーリックパン
紅イモパン・・・・わあ、お得です。

**************
買い物の途中で、友人からラインが来ていた。
三連休のうちで、お互いに時間が空けば
私も彼女と会いたいなと思った。
話がしたいなと思った。

でも、なんだか出かける用意をする
・・そのことが少し億劫に感じていた。
彼女とは、すごく会いたいのに・・。
連絡をしようと思いながらもそのままだった。

彼女もそうだったのか、年明けから
風邪をこじらせてしまっていたようで、
しばらくおとなしくしているわ。
という近況報告だった。

会いたい、話がしたい。
そういう気持ちが、お互いにぴたりと来るのに、
一歩が出ない。
そういう時が誰にもあるよね。

******************
雨がやんで、光が射してきた。
気持ちも心なしか晴れて来て
お茶の時間にした。

象彦の菓子盆に盛ってそのままどうぞ。
たまには、こういうのもいいね。
と、言った。
c0352015_17221059.png
お菓子はそこらへんにあるものだけど、
ちょっと、あらたまった感じになる。

c0352015_17215876.png
私は、スペースを作って
「タニタ食堂のおせんべい」を盛った。
初めて見かけたので、買ってみました。

c0352015_17212228.jpg
洗濯物はわりと乾いていた。
2日分、どっさりとたたみそれぞれに
振り分けた。
c0352015_17230690.png
西側の部屋に、夕陽が差し込む。
3連休もあっという間に過ぎた。
c0352015_17210284.jpg
さあ、晩ごはんを作ろう。


[PR]
# by pass8515 | 2017-01-09 17:53 | 日々の暮らし | Comments(6)

ストレッチの習慣

一日、雨が降っていた。
成人の日は明日だけれど、今日が成人式の
所も多かったようだ。
ニュースで見た、雨模様の中を晴れ着を
来ている人が気の毒だった。
けれど、若さがはじけていた。

*****************
夜寝る前に、「4つの最強ストレッチ」の
習慣が続いている。

4つの最強ストレッチ←こちらをクリックしてくださいね。

去年の秋にテレビ番組で見てから
毎晩、「欠かさず」にこのストレッチをしている。
欠かさずというのが、私には困難に思われた。

最初は、1か月続けると改善すると
番組で言っていた。
一か月は過ぎても、一日サボると・・
翌朝、起き上がるのに難儀して
立ち上がるのに、勇気が要って、
靴下を履くのに、前屈ができない。

だから、かれこれ2か月は続けていることになる。

ついつい、疲れているときはそのまま
眠ってしまったり、4つのうち
2つだけに短縮してしまうと、
やっぱりだめなのである。

**以前にも、記事にしましたが
もう一度載せます。
4つのストレッチ
これは、効き目がありますよ**


**************
*朝ごはん
美味しい食パンでの朝ごはんは
朝から気分が違うな。
c0352015_22050248.png
*晩ごはん
残り野菜のあとかたづけに
かき揚げ天ぷらと、レタスとわかめのサラダ
ハムをちらして・・。
c0352015_22052314.jpg
新しい大河ドラマ
「おんな城主直虎」が面白かった。
彦根城の井伊家が元々は浜松だったとは
知らなかった。
遠江から近江へ。
その流れが面白そうです。




[PR]
# by pass8515 | 2017-01-08 22:22 | 日々の暮らし | Comments(4)

飲み比べ

午前中、暮れにし残していた掃除をした。
まずは、冷蔵庫。
食材が少なくなったのを機会に
庫内、全部を除菌アルコールスプレーをかけて
ぬれ布巾で拭いた。

c0352015_21344525.jpg
ついでに、残り物も整理が出来て
すっきりとした。

*****************
お正月の実家で、お酒の飲み比べをした。
皆が持ち寄った、伏見のお酒、越後のお酒
「五郎八」のにごり酒。
私は、広島西条「賀茂鶴」のにごりを持参。

母は、にごり酒が飲みやすいと言って
お気に入りだ。
父は、お猪口二杯がちょうどよい量と
言っていた。
量がとても減ったことが、私は気になり
可哀想にもなったけれど、
母によると、これでも一時よりは飲み出した方
とのこと。

飲み比べの感想は、まあそれぞれの好みやな~に
落ち着くのである。


c0352015_21350085.png

*************
今夜は、ワインを飲み比べ
イタリアワインと、チリワイン。

値段は半分のチリワイン。
味はほぼ同じように思えた。
c0352015_21351459.png
鮭の香草焼き、アボガドのサラダ
久しぶりに好きな塩パンを買った。
土曜日限定のストライプのハードパン
も買ってみたら、これもとても美味しかった!
アンチョビーとアボガドサラダをのせて・・・♪


[PR]
# by pass8515 | 2017-01-07 21:51 | お酒 | Comments(2)

帰省みやげ

息子が職場の人の帰省みやげを
いつも持って帰って来る。

佐賀のお土産。
私たちまで、おすそ分けがいただける。

稲荷ようかん
「押出し糸切り」のサブタイトル通り
底から押し出してむにゅと出て来た
羊羹を糸で切る。
c0352015_22191549.png
花火?ダイナマイト?のような
糸のついた稲荷ようかん。
c0352015_22193646.png

*********************

帰省・旅のお土産の習慣は
どうもアジア特有のことらしい。

お正月に見た劇作家・鴻上氏の番組
「COOL JAPAN」
日本在住の外国人が日本について
ラフに討論する番組である。
日曜日の夕方、ご飯ができるまでに
主人が見ているのをちらちら見ながら
料理をしている。
そのお正月SPでのこと。

「旅に出ると職場や近所にお土産を買いますか?」

という問いに、アジアの人と
欧米の人の意見が真っ二つに分かれた。

アジアの人は、日本人の考え方とほとんど同じ。
「旅に行っていると言ってきているから
買わないわけにはいかない。」
「休みをもらってきているから、買うのは当然」

それに対して欧米の人は
絶対に買わない。お土産は自分か家族へ。
「プライベートなんだから、職場と切り離す。
お土産を渡すなんて何か企んでいると
思われる。」
「もらっても、気持ちが悪い。」

この考え方の違いに驚いた。

確かに、山ほどお土産を抱えて
いる人って、日本人を初め・・・
そうなんだな~。

また、他にも初めて知ったことは
「うがい」と「カルトン」は日本特有の事。

外から帰ってからの「うがい」
は予防好きの日本人特有の行為だそうだ。
「風邪をひいたって別にかまわない。
うがいで予防できるなんて、何の根拠もない。」
と、ほとんどの外国人は冷ややかだった。

そして、「カルトン」
コンビニなどにある、お金を置くお皿のことだが、
これも日本だけのもの。

多くの外国人は、そこにお金を置くことを
知らなかった。びっくりしたと言っていた。
お金を渡そうとすると、お皿がお金の下を
追いかけて来た。(笑)
お金は不浄のものという日本の古い考え方が
あるのではないか。
だから直接手で渡さないのではないか・・・。
と、深く掘り下げた意見が飛び交った。

日本人が考えもつかないこと、
当たり前と思っている事を外国人に指摘されることは
とても興味深いことである。

稲荷ようかん
糸でさくっと一口大に
切り分けて、3つも私はいただきました。
c0352015_22212660.png
**********************
*晩ごはん
コロッケを揚げて、年末にもらった
大根でまとめたおかず。

大根と焼き豚スライスのサラダ
大根皮と大根葉の炒め物
他に、大根と仙台麩の煮物
おせちの残り物も加えて・・・

c0352015_22202325.png
明日から三連休。
どうぞ、よい週末を!

[PR]
# by pass8515 | 2017-01-06 22:55 | 日々の暮らし | Comments(6)

山茶花

花が少ないこの時期に彩りを添えて
いるのが山茶花。

お正月に訪れた善峯寺でも満開だった。

c0352015_23151829.png




c0352015_22034254.jpg

実家の山茶花もまた満開。
たくさんの花とつぼみが
出迎えてくれた。
c0352015_22143845.jpg

山茶花をしばらく撮影して、散歩に
出かけた。


c0352015_22055440.jpg


堤防までの畑の道は、人気もなく
昔からさみしい道だった。
あの頃は野犬も結構いたりして、
母が子どもだけで行ってはいけないと
口を酸っぱくして言っていたので、
今でも刷り込まれているのか、
どこにでもある畑の道なのになぜか寂しい。

本当に誰にも会わない。
主人と私だけ。
ひとたび、堤防に上がると
歩く人、走る人、自転車の人。
結構、人通りがあるからほっとする。

c0352015_22062909.png

土手沿いには水仙がもう咲いていた。
しばらく、3月並みの気温が続き
暖かったが、今朝からぐっと寒くなった。
c0352015_22031395.png
***************

帰宅してお茶を淹れた。
お茶菓子は「雲龍」で。

c0352015_22453393.png
c0352015_22051674.png

[PR]
# by pass8515 | 2017-01-05 22:33 | | Comments(4)

山寺

今日から、仕事始め。
家族みんなが平常通りで
今年もスタートした。

でも、ブログの中では
まだお正月気分に浸っていたい。
****************
お正月3日目は、実家に帰った。
少し朝早く、家を出ると車は
スイスイと進んだ。
いつも、この辺りでは渋滞に
巻き込まれることが多いけれど。


c0352015_22090588.png
実家に行く前に山寺に立ち寄った。
西国33か所・20番札所
善峯寺

京都の西山にある善峯山。
そのてっぺんにあるひっそりとしたお寺に
久しぶりに行った。

c0352015_22123971.jpg
子どもたちがずっと小さかった頃、
父が人が少ない、眺めがよい、松がすごい。
という理由で、初詣にすすめてくれた。

京都のお正月の神社・仏閣はそれは
すごい人。
人ごみを避けてひっそりとしたこのお寺に
あの頃、何年か毎年のように行っていた。

京都市内を一望。
今頃は、どこもすごい人だろうなと思いながら
し~んと静まり返った山寺に佇む。
c0352015_22102479.jpg
そのすごい松はやはり健在だった。
一本の太い幹から枝分かれした
長い枝ぶりの松は善峯寺の見どころのひとつ。
c0352015_22095062.png
主人の父が盆栽が好きで、一度
案内したことがある。
とても喜んでくれたので、嬉しかった。

c0352015_22093030.png

私もあの頃は若かったし、
子どもが小さかったのとで
この松と山頂からの景色ぐらいしか
見る余裕がなかったのかもしれない。

こんな、枝垂れ桜があったなんて
知らなかった。
気がつかなかった。

c0352015_22131104.jpg
思えば初詣にしか来ていなかったので
花の美しい時期を知らないはずだった。
秋は、秋明菊が咲き乱れるらしい。

枯れ木に花を咲かせましょう~。
花咲かじいさんを思い出すような
・・満開の頃はそれは綺麗だろうな
と、ようやく気がついた。
c0352015_22134269.jpg
******************
実家に到着すると、父に善峯寺の
事を話した。
私たちは車でお寺入り口まで
登ったけれど、以前父は下からずっと
徒歩で登ったらしい。

健脚だった父を思い、松を喜んで
くれた義父を思い、思い出の詰まった
山寺だった。

*****************
今年、最初のおべんとう。

ほとんど、おせちの残り物を詰めた。
今年も、ほぼ
・・・毎日おべんとうは作りたい。

c0352015_22114315.png


[PR]
# by pass8515 | 2017-01-04 22:43 | おでかけ | Comments(8)

山歩き始め

「食っちゃ寝」もせいぜい一日満喫したら
もう台所の雑然さが気になって来た。

食洗機には大晦日のお蕎麦の器が
まだそのままになっていた。
片付けよう。

事始め
息子は、ゴルフに出かけ私たちも
ウォーキングに出かけた。
近くの山のてっぺんのお寺に
ほぼ毎年、行っている。

c0352015_16005980.jpg

それほどの距離でもないけれど、かなりの
急坂。
だらだらしていた分、一生懸命体を
伸ばしながら歩いた。
腰も背筋もぴ~んと張って意識して
歩いた。

今日は少し霞んでいたけれど、
遠くに海の輝きが見えた。
c0352015_15592980.jpg
今年はどんな年にしたい?
と話をした。
主人は「そらもう、病院に行かへん年にしたい」
と言った。
もう、忘れていたけれど色々と行きましたね。
しょっちゅう行っていましたね。

健康第一

私はというと、それがなかなか思いつかない。
どんな年にしよう。

颯爽と。はつらつと!
この言葉しか思いつかなかった。

山から下りて桜の林を歩く。
今度来るのは、満開の桜の季節かな。


c0352015_15582817.jpg
さあ、帰ってからおせちの片づけを
しよう。
煮しめを刻んでちらし寿司にしよう。
そんなことを考えながら枯れ葉を
踏みしめた。
c0352015_15581044.jpg
いつもなら、見えている家島諸島
が今日は見えなかった。

c0352015_16151320.png

********************
主人は、プチ同窓会で出かけた。

お煮しめちらし寿司
おせちはお重から、お皿に盛り直した。

懐かしい酉のお皿セットを出してきた。
裏を返すと、知人の引き出物で名前入り。
今、注目の波佐見焼だった。

c0352015_15594932.png


[PR]
# by pass8515 | 2017-01-02 20:57 | 日々の暮らし | Comments(10)
あけましておめでとうございます。
暖かい年の始め。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

c0352015_21561251.jpg
風もなく、青空が広がって
暖房も一日つけなかった。

いつものように、氏神さんにお詣りに行き、
そのあと、お墓参りをした。
元日は、主人の父の命日。

ちょうど、10年経った。
あれから、母を見送り息子たちも巣立ち
ここ10年をゆっくりと振り返った。

c0352015_21562660.jpg
皆が、健康で暮らせますように。
そして、ご縁がありますように・・。
見守っていてください。
と、毎年同じことをお墓の前でも
となえている。

c0352015_21555241.jpg
食べて、呑んで、そしてゴロゴロ。
これぞ、寝正月を思う存分楽しんでいます。

息子からのおせちと家のお正月料理を
所狭しと並べて、ついつい迷い箸を
してしまう。
日本酒が合う、肴ばかりで、朝昼晩
呑んでいます。(笑)

c0352015_21542783.jpg
写真はお寺付近の風景。
鈴なりのみかんと、
ぽつんと残ったかりんが
対照的でした。



[PR]
# by pass8515 | 2017-01-01 22:28 | 日々の暮らし | Comments(6)

大晦日

大晦日

穏やかに過ごすはずだったけれど、
やはり我が家はただでは終らなかった。

台所とリビングのカレンダーを来年のものに変えた。
来年も花森さんの絵とともに日々を送りたい。

c0352015_16322064.png
12月の最後の一枚を剥がして、
台所の棚の隅に置いてあったはずの
今年11か月分のカレンダーを探した。

ない。11か月分のカレンダー。
好きな絵がたくさんあって、
そのうち眺めて、額に入れたり
引き出しの下に敷いてまた楽しもうと
折りたたんでしまっていた。

主人に聞くと、あっさり白状した。
「もう要らんやろ・・」
大切にしたいもの、
自分にしかわからない楽しみ。
誰にだってあるでしょう。
一言、聞いて欲しかった!

主人は主人で断捨離真っ最中で、
最近の潔さはあっぱれ!だった。

折しも、今日は「とと姉ちゃん」デー
らしく、たたみかけるように番組が続いた。
お昼ごはんの時に「日曜美術館」「美の壺」(再)
を見た。
・・・また無念さがこみあげてきた。

*****************
そうこうしているうちに、
息子からおせちが届いた。

白木の重箱に入った、彩りあざやかな
肴の数々。ありがとう。
いっぺんに機嫌も直った・・?かな。

c0352015_16315708.png
まあ、こうして来る年もいろいろ
あることでしょう。
小さな小さな暮らしの出来事。
来年も綴っていけたらと思います。
今年一年、読んで下さり
どうもありがとうございました。

穏やかな新年をどうぞお迎えください。

c0352015_16314770.png



[PR]
# by pass8515 | 2016-12-31 17:13 | 日々の暮らし | Comments(10)

ミルフィーユかつ

昨夜、久しぶりに「ミルフィーユかつ」を作った。
豚バラ肉を重ねて、パン粉をつけて焼き揚げる。
簡単・油のかたづけ要らず・お手頃価格
食べ盛り2人の時は、頻繁に登場した。

家族はとにかく揚げ物だと喜んでくれる。
帰宅して食卓を見る時の目が違う。
顔が輝く。

しかし、私は揚げ物はあんまりしたくない。
衣つけと、油飛びが主婦としては嫌なところ。

先日、牡蠣を箱一杯にもらった時も
息子は「牡蠣フライ」にしてと言った。
よくも、簡単に言ってくれる。
殻から牡蠣を取り出して、衣つけ・・。
どれだけ、手間がかかると思う?

換気扇の掃除をしたばかりだから(主人が・・)
年内は揚げ物はしない!と言い訳をした。

しかし、息子の望みもかなえてやりたい。
私も折れて、次の日ミルフィーユかつをした。
葉っぱが幾重にも折り重なった・・という
意味らしいミルフィーユ。(仏語)

それほど幾重でもないけれど年内最後の
揚げ物に、家族は喜んでくれた。
飛ぶように売れた!

**晩ごはんの様子は撮り損ねました。
今年最後のおべんとうに入れました**

ミルフィーユかつ・卵焼き
煮豆・ごまめ・蓮根のきんぴら
c0352015_22093957.png
こうして、365日。
食べてくれる人の事を思って、
そして作る自分の勝手な都合を
ちょいちょい入れつつ・・。

毎日、ごはんの事を考えてるな。

****************
今夜は煮しめを炊いた。
金時にんじん・椎茸・蓮根・こんにゃく
生麩

生麩の食感がたまらなく好きです。

c0352015_22072636.png
*晩ごはん
鶏肉細切れとキャベツを粉チーズと
トリュフソースで炒めた。

生牡蠣は、結局3日連続、蒸し焼きにした。

c0352015_23151941.png







[PR]
# by pass8515 | 2016-12-30 23:18 | 日々の暮らし | Comments(2)

年の瀬のある朝

今朝は、車も少なくお休みに入った
人も多いのだろう。
私は、自転車だけど心なしかすいすいと
通勤できたような気がした。


c0352015_22215132.png
朝ごはんの時にニュースを見る。
そのあとに、「にっぽん紀行」の
再放送をやっていた。

この番組が以前から好きで、内容も
もさることながら、
ウォン・ウィン・ツァンのピアノ曲が
とてもいい。

この曲を聞くと、オープニングから
涙が出そうになる。
しかし、この番組は不定期で、
以前と時間も変わり、よほど注意していないと
見逃すことが多かった。

だから、久しぶりにこのピアノ曲を聴いた。

今朝の「にっぽん紀行」は映画「聖の青春」
のモデルとなった、29歳で夭折したプロ棋士
についてだった。
つい先日、私の記事にコメントをくださった時に
話題になっていてとても興味が引かれた。

病気と将棋はセットのようなもの。
残された時間の中で、精一杯生きた29歳の
青年の生きざまに、深く感動した。

亡くなる日の朝、彼は担当の看護師に
「朝来た?」「僕、頑張った?」と
ただぽつんと聞いたそうだ。

年末、少し億劫な通勤前だったけれど
はりきって出かけられそうな気がした。
そして、エンディングのピアノ曲で
また、胸がきゅっとして気持ちが
晴れたような感じがするのだった。

********************
毎日、一品づつお正月料理の
準備をしている。

今夜は、ごまめ。
田作りともいうけれど、そういえば
ごまめと、母が言っていた。
地域によって違うのかな。

「まあ、いっぺん作ってみぃ。
ものすご、簡単やさかい。」
と、母に教えられて作り始め。
その通り、簡単である。
今年は、照りが良かった。
満足!満足!
これだけで、一杯やれますよ。


c0352015_22221693.png
明日は、煮しめを作ろう。
生麩を入れるのがまた楽しみ。
あわ生麩ってどうだろう・・。

こうして、大晦日はお蕎麦をこしられるだけで
「何もしない計画」でいこうと思っている。
大晦日ぐらい、の~んびりしたい。
c0352015_22220585.png




[PR]
# by pass8515 | 2016-12-29 23:01 | 日々の暮らし | Comments(4)

なます

今朝は、近畿地方は初雪が降りました。
こちらも、早朝ちらちらと粉雪が・・
舞ったらしいと後から聞きました。
(私は、まだ夢の中・・・)

御用納めのところも多い今日。
私は、まだまだ頑張りますよ。
なので、少しづつお正月料理を作りたいもの
だけ準備したいと思いました。
****************
なます
大根と金時にんじんに、秋にいただいた
干し柿を刻んで味をなじませました。

紅白と琥珀色。柚子も散らして・・。
昔から、甘酸っぱいなますに干し柿の
甘さが好きでした。
ありがとうございました。
c0352015_22220983.png

黒豆
今年は、なぜか黒くなりませんでした。
鉄くぎを入れなくても、毎年黒くなって
いたのに・・・。
調べると、豆が若いか、戻しすぎたか・・
柔らかさ、甘さはちょうどよかったのに。
奥が深い、やっぱり難しい黒豆です。

黒豆名人の母には、全然まだまだです。
c0352015_22232401.png
ホームセンターで、鉄玉子というものが
売っているらしい。
来年は、それを試してみようかな。

あとは、田作りと煮しめだけにして、
おせちらしいおせちは、もうなしにしよう
と思っていたら、上の息子から朗報。

「大晦日、おせち手配してます。」

旅に出るため、帰省できない代わりに
おせちだけがやって来ます。
すっごい、助かるわ~おおきに。

********************
今夜の晩ごはんはどうしようかなと、
日中ずっと考えていました。
そうしたら、生牡蠣をいただきました。

赤穂・坂越の生牡蠣
c0352015_22300942.png
早速、鋳物鍋とフライパンの二手に分けて
焼き牡蠣を・・・。
急な事で、レモンの代わりに柚子を絞って
オリーブオイルでいただきました。

磯の香り、潮の香り。
冬の瀬戸内の贈りもの、たっぷり
味わいました。
c0352015_22392175.png


[PR]
# by pass8515 | 2016-12-28 22:45 | おいしいもの | Comments(0)

お正月のみかん

あまり年末という感じがしない暖かさ。
急に、ぱあ~っと陽が射したかと思えば、
大粒の雨が落ちたり、変なお天気だった。

お正月用のみかんを実家に送った。
有田の生産者直送、無選別、無農薬、
で、母も以前美味しかったと言っていた。

しかし、昨日電話で母は
「美味しいけれど、お正月用のみかんにしては
小さいなあ~」という。
「何も、上等でなくてもいいけど、
ちょっと小さいわ~」とさらに言った。

お正月用のみかんはそう言えば
なぜかどんと大きかった。
いつもより、高い箱をはりこんだと
母はいつも言っていた。

無選別で無農薬だけれど、贈答用
お正月用には不向きな生産者直送
みかんだった。

失敗、失敗・・。

我が家の今ある有田みかん(Mサイズ)
デジタルマクロでちょっと練習。

c0352015_21172831.png
**********************
週末の食器棚の掃除の時に少し腰を痛めた。
棚から器を出すけれど、テーブルに載りきらなくて
床に新聞を敷いて並べた。

c0352015_22385431.png
器を並べるのは、大好きなので
喜々としてやっていたけれど
・・・後がいけなかった。
棚から出す、床に置く、高いところは
椅子に乗り、椅子から降りて床に置く。
この一連の動作が腰に来た。

昼寝の後、なかなか起き上がれなった。

次の日の、出窓掃除の時に遠くを拭く
作業でストレッチすると、これが
良かった。
伸びた、伸びた!固まった何かが
一気にほぐれた感じがした。

(写真の縦横が直りませんでした)

c0352015_22383705.png
*********************
*晩ごはん
焼きそば、お惣菜の残り物。
c0352015_21174501.png
焼きそばに紅ショウガを入れたかったのに
とうとう夏に漬けた紅ショウガはがなくなった。
赤紫蘇に紛れていないかと探したけれど
ひとかけらもなかった。残念だった。

ビールはサッポロ「冬物語」

[PR]
# by pass8515 | 2016-12-27 21:48 | 日々の暮らし | Comments(4)

ご近所さん

年の瀬。今日は久しぶりに冷たい雨だった。
しとしとと、一日中降っていた。

最近、気になった言葉に「隣保」というものがある。

「隣保(りんぽ)」ってご存知ですか?

私も、こちらに来て初めて知った言葉である。
義父が、「隣保の人がな~」とよく言っていた。

りんぽ!りんぽ!
何の事かなと思っていたら
「ご近所」という事だった。
隣同士の助け合い・・という意味合いらしい。

先日、映画「この世界の片隅で」も隣保まわりと
いう台詞が出て来て、広島でも言うのかと思った。

また、BS番組「わたしがニッポンに住む理由」
でも、但馬地方に暮らすドイツ人通訳の女性が
「隣保の人」と言っていて、兵庫が発祥の言葉と
言っていた。

そうなのか。

馴染まない言葉は、なかなか発することができない
けれど、もう何十年もその土地に暮らすと自然と
口をついて出るようになった。
(実家では使わない。)

*今日は特に写真を撮らなかったので、
いつかの初冬のお城を・・。
c0352015_22564432.jpg
*****************
隣保の人。
週末、実に久しぶりに隣保の人と立ち話をした。
12月の初めに、友人とランチしたときに偶然
同じ店にて出くわした人である。

出会ったらその時のことを声をかけようと
思いながら時が過ぎ、
買い物から帰って車を止めたら
ばったりと会った。

「あの時はひょんなところで・・
ヨガの集まりだったんですってね」

「そうなのよ。仕事を辞めたらあれもしたい
これもしたいで行き出したのよ。」

「ヨガいいですね~。いいなあと思う教室は
お昼間ばかりで・・」

「私も、働いてた時は、そう思てたよ。
仕事、行けるだけ頑張ってpassさんも
そのあと、いくらでも自分の楽しみが持てるよ~」

清々しい会話だった。子供たちの近況にも話が
及び、近くにいても知らないことがあった。

自分から、話しかけて良かったと思った。
挨拶だけで、終わることもできる。
気持ちと時間の余裕がある時は一声かける努力も
しようと思った。
*******************
*昨夜の晩ごはん
春巻き、アボガドと生ハムのマヨネーズ和え
煮豆
c0352015_22550051.jpg
*今夜の晩ごはん
簡単すきやき鍋(土鍋で)

うっかり、フラッシュがたかれたのですが
湯気がくっきりと映っていたので、
今宵はこの写真を採用しました。


c0352015_22551736.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2016-12-26 23:04 | 日々の暮らし | Comments(4)

我が家のクリスマス

昨夜、ブログを書こうと思ったら投稿画面が
なかなか開きませんでした。
何度か、試みましたが11時も過ぎたので断念しました。

いつも通りの一日でしたが、イブのブログが書けなくて
ちょっと、残念でした・・・。

それでも、ちょっと端折ってイブの一日を。

24日に洗濯を取り込んだ時の空がきれいだった。
澄んだ空気と青空と、飛行機が飛んでいった。
この後、もう灯りをつけた飛行機がまた行った。
どこへ、行くのだろう。
しばらく、見つめていました。

c0352015_22380163.jpg
そして、昨日の晩ごはん。
ハンバーグと、さわらのアクアパッツア。
最近、アラを見つけると買っている。
さばきたてのアラは、それは新鮮で柔らかい。

切り身も結構するので、アラでもごちそうが
できるな。白ワインとブイヨンでいい味が出た。

c0352015_22381629.png
************************
そして、今日もいいお天気だった。
陽射しがまた眩しくて、ベランダからぼ~っと
山を見る。
ついこの前まで、木々がオレンジだった。
雨戸を開けると、橙色が飛び込んできて
毎朝、わあーっと思っていたけれど
さすがに、だいぶん葉も落ちて色褪せた
山になった。

c0352015_14124503.png

お天気はありがたく、心ならずも掃除がはかどった。
昨日は、食器棚とシンク下とコンロ下。
そして、今日は台所出窓周り。
分割して、「1時間一本勝負!」と時間を決めた。
あとは、日常の炊事のついでにやるとして、
それでも出来なかったらまた来年!
c0352015_14121131.jpg
少々、遅れましたがメリー☆クリスマス!
c0352015_15141238.jpg
c0352015_14122852.png


[PR]
# by pass8515 | 2016-12-25 17:11 | 日々の暮らし | Comments(8)

今日は土曜日ではない

「今日は、土曜日ではない。」
朝から何度も思い直した。

ゴミの日?いえいえ、今日は土曜日ではない。
ハッピーゲート?夕方は「人生の楽園」・・
いえいえ、違う。ずっと、こんな調子だった。
調子が狂ったけれど、嬉しい連休。休日だった。
金曜日を休みにして週休3日制案。
国は、奨励・本格化してほしいなと
ちょっとだけ思った。

スイッチがなかなか入らない年末の掃除だけれど
水回りだけは、念入りにしようと思った。

c0352015_22014495.png
日常で、ササッとやってはいるけれど、
カランが曇っていると、いら~っとなる。
疲れている時の洗面所は特に気になる。
重曹磨きが一番いいな。輝きが違う。

c0352015_22013101.jpg
棚も取り外して、洗って拭いてすっとした。
歯ブラシはエビス歯ブラシ。
一家揃ってお気に入り。
**********************
今年最後の、庭仕事もした。
草も、枯れ葉も気にはなったけれど、冬の庭は
それはそれなりに、いいかなと思って30分ほど
掃いて、抜いてごみ袋に詰めた。
明日は、土曜日。ゴミの日だから。

**********************
そのあと、久しぶりに主人と一緒に
買い物に行った。
荷物の多い時はやっぱり助かる。
ここ2~3日分の食料と実家への
手土産の日本酒などを買う。

そこで、また私は迷子に出会った。
このショッピングモールでは
3回くらい、迷子を見つけている。

今日の男の子は「ママがいない、ママがいない」
と淡々とつぶやいていたところを気づいた。
「ママがいないの?」
「うん、ママがいない。」
泣くでもなく、騒ぐでもなく・・・
トコトコと、陳列棚の隙間を
歩いて行く。
あーほっとけない。

しばらく一緒に探したけれど、
それらしい、ママは見つからず。
薬売り場のレジの人に後を任せた。

******************
午後からは、ようやく年賀状にとりかかり、
昼寝をしてもう夕方になった。
雨が降ったり、大風が吹いたり、
だんだんと、また寒くなって来た。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
息子が今夜は忘年会なので、2人だけで
クリスマスイブ・イブの食事。

カナッペはトリュフクリームと生ハム。
カマンベールチーズと生ハム。
久しぶりにパーティっぽいことをした。
2人だけど。
c0352015_22015840.png

白ごはん大好きの息子がいない時だけ
炊き込みご飯を。黒米を少し入れて
美味しかった。

c0352015_22021220.png




[PR]
# by pass8515 | 2016-12-23 22:37 | 日々の暮らし | Comments(4)

装丁

今日はとても暖かくて、風が強かった。
まるで、春一番のような荒れ模様だった。
朝は、ダウンジャケットを着るのをうっかり
忘れるほどだったけれど、なくても全然平気だった。

12月に入って、畳を替えた時に本棚を移動した。
久しぶりに奥から取り出した本を隣の部屋に運ぶ。
ふと、ある本の装丁の美しさに見入ってしまった。

「あなたと読む恋の歌 百首」 俵万智

カバー裏側を見ると、安野光雅の装丁という
ことがわかった。
30代の頃、俵万智の歌集やエッセイ集を
よく読んでいた。
難しくない、親しみやすい三十一文字。
そんな感じが好きだった。

でもその頃は装丁までは印象には残って
いなかったと思う。
今頃になって、ハッとした。
うわ~と一人、声に出していた。
c0352015_22102433.png
「りんごの涙」 俵万智

子育ての時期に読んでいた本。
ほとんど忘れてしまっていたが
絵の素晴らしさにまた魅せられて
ページを思わずまた開きたくなった。

c0352015_22095594.png
「かすみ草のおねえさん」 俵万智

絵のタッチがそれぞれ違うけれど、
優しい柔らかな感じは共通しているなと思った。

10月の終わりに旅をした津和野に
「安野光雅美術館」があった。
建物は見えたのに、あまり時間もなくって
主人も興味はないだろうなと思い、言い出せなかった。

c0352015_22101276.png
今年の後悔したことの一つです。

c0352015_22104490.png

*************************
火曜の夜に終わったドラマのことが、
今朝の「天声人語」に取り上げられて
いた。
なぜ、このドラマが良かったのか。
私も思っていたことが、的を得たように
書かれていたから嬉しくなった。

生きていくことは一人でも二人でも面倒な事。
どっちにしても面倒臭いんだったら、
一緒にいるのも手じゃないでしょうか。

話し合い、時間を置いたり、
「だましだましでも」何とかやっていこうと。
人が一緒に暮らすとはきっとそういうことなのだろう。

と、結んでいる。





[PR]
# by pass8515 | 2016-12-22 22:58 | アート | Comments(8)

おでかけ納め

先週末、映画と映画の間にどうしても見たい絵が
あって美術館に再び行った。
今しかないという思いは、気持ちを奮い立たせるものだ。

絵葉書もまた買い足して、満ち足りた気持ちになった。
この絵葉書は、春先にぴったりだと思い季節が巡るのが
また待ち遠しい。

鈴木其一「立雛図」と「桜下花雛図」

c0352015_21515882.png

繊細な日本画を見た後、美術館の裏手から出た時の
風景。枯れた感じが良かった。

c0352015_21532468.png
美術館に行くまでの遊歩道を歩いていると
何故だか視線を感じた。
ふと、振り返るときりんだった。

お城の隣の、動物園の柵から
しゅっとした首の長い、顔の大きなきりんが
ぬ~っと顔を出していた。びっくりした。
気が動転して、カメラをもたもた出して
構えると、長い首をひっこめて意外に俊敏に
きりん舎?の中に「すたこらさっさ」と入って行った。

きりんも、見られることに疲れていたのかな。
せっかく一服していたのに、また人間に見られた~
てな感じかな。

c0352015_21572849.jpg
次の映画までまだ時間があるので、
手作りケーキが美味しそうなカフェに入った。
数組の20代・30代の女子は女子同士のグループ。
男子は男子同士のグループ。
男女カップルがいない。
見事にその組み合わせだった。

おばちゃん一人の私は、完全に浮いていた。
でも、いいや。
ラズベリーチーズタルトと珈琲が
美味しかったから。
素晴らしい絵を見た後、余韻に浸った。
c0352015_22200954.png

今年の、おでかけはもうこれで終わりだろう。
と、思ったので出かけたい所へ一気にでかけた。

**********************
昨夜、火曜日の10時のドラマが終わった。
最初は、録画で観ていたけれどそのうち
その10時が待ち遠しくて、テレビの前にスタンバイした。
毎週、本当によく笑わせていただいた。
そして、ふんわりとした気持ちになった。

こんな小さな楽しみだけど、こんな時間があって良かった。



[PR]
# by pass8515 | 2016-12-21 22:48 | おでかけ | Comments(2)

この世界の片隅に

週末に観たもう一本の映画は「この世界の片隅に」だった。

朝のニュースで見て以来、ずっと気になっていた。

昭和8年から物語は始まり、広島・呉を舞台に
戦前・戦中・戦後・・・の普通の人たちの暮らし。

人々の気持ちと暮らしは、いつの時代もそれほどに
変わらないものでいつも懸命で健気で、家族・親戚
近所の人たちと、寄り添って生きていく。

食べ物がなくても、上空に敵機が飛んでも、
その暮らしをただ守らなくてはいけない。
そこにしか居場所がないから。

「うちは、ぼ~っとしとりますけん」
という主人公すずさんののどかな声。
悲惨な時代の話ながらも、温かい
雰囲気でいっぱいだった。


c0352015_22193919.jpg
それでも大切な人をたくさん亡くし、
日本が負けたと知った時
のんびりとしたすずさんも、それは悔しく、情けなく
泣き叫ぶ。あの辛抱はいったい何だったのか。

ある日、すずさんは何の行列かもわからない
闇市の行列に並ぶ。
「なにかは、食べさせてくれるでしょう~」
ゴミが浮いた、進駐軍の残飯のシチューだった。
それでもすずさんは義姉と美味しいと言って頬張る。

人は、ここまで貶められなくてはならないのか。
胸が詰まった。

戦争はいつの間にか始まってすべてをめちゃくちゃにして
突然に終わる。
そういうことが身近な暮らしを通して、
とても細かく描いてあった。

観て良かったと思った。
観ておかないといけないと思った。

すずさんの声の「のんさん」がとっても良かった。







[PR]
# by pass8515 | 2016-12-19 22:52 | 映画の日 | Comments(2)

師走のこまごま

今日は、暖かい日曜日だった。
洗濯日和にお掃除日和。

家じゅうのタオルを新しくした。
そして、一年使ったタオルで拭き掃除をした。
窓と、窓のさん、玄関の戸、ポスト・・・
タオルは真っ黒になった。

c0352015_22085826.png
台所用、顔を拭く用、トイレ用、家族に説明をして
引き出しにしまった。
また、一年間よろしくね。
********************
買い物に行って、午後からはのんびりとした。
昆布の佃煮と豆を煮ながら・・・・
息子が借りて来てくれたDVD「64ロクヨン」後編を観た。

横山秀夫原作「64」は以前、NHK土曜ドラマでやっていて
映画版も見たかった。
永瀬正敏が秀逸だった。
娘を失った悲しみと怒りと絶望とそして執念と。
精も根も尽き果てたその表情に圧倒された。
年を重ねるごとに円熟味を帯びた役者だなと思った。

********************
一日掃除をするのはやはり疲れるので
半日、掃除・かたづけ、半日、好きな事で
この先も年内を過ごそうと思う。
昼寝をしていたら、あっという間に夕方になった。

*晩ごはん
大根と豆苗のサラダ、しめ鯖、昆布の佃煮
大根の煮付けと焼き魚はあともう少し。
撮影には間に合わず・・・・(笑)

c0352015_22084885.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2016-12-18 22:33 | 日々の暮らし | Comments(8)

君の名は

大ヒット映画、「君の名は」を観た。
ずっと気になっていながら、12月になり暮れも押し迫って
からようやくである。

c0352015_21512148.jpg
背中を押されたのは私もやはり「あさイチ」で昨日は
映画プロデューサーまで出てきた。
驚いたのはこのプロデューサーの映画は私は結構
過去に観ていたことだった。

「電車男」「告白」「悪人」・・どれも、見ごたえが
あって、印象に残っている。

そして、そしてもっと私をひきつけたのが
国内興行収益ランキングというものだった。

歴代ランキング
堂々1位は「千と千尋と神隠し」
2位「タイタニック」
3位「アナ雪」
どれも、映画館で観た。
そして、暫定4位がこの「君の名は」らしい。

それは、観なければ!・・・・
評価は分かれるところだと、友人から聞いていた。
私も、結構甘口で★★★★☆かな。
どうして、こうもヒットしたのか考えてみたが、
映像はとてもきれいだった。飛騨と東京。男子と女子。
その風景と気持ちの切り替えが、とても鮮やかだった。
はらはらもして、どきどきもした。
そして、再び巡り合って欲しかった。
その決定的な出会いを誰もが追い求めているから、
共感したのかな。

帰りのエスカレーターで、年配のご婦人二人が
「ほんで、あの二人どこで(男女)入れ替わった?
なんで、入れ替わった?」と話をしていた。
私も、そこは展開が早くて疑問は残るには残ったが・・

まあ、こういう映画は深く考えない方がよろしい。
そこは、ファンタジーなんだから。

**********************
この街にもようやくシネコンが出来た。
ずっとあこがれだったシネコンだ。

そりゃ、ここにも映画館はありましたよ。
でも、どれも小さかったり古かったり、なんだか息が
詰まりそうなのでわざわざ隣の隣の市のシネコン
や、神戸の単館系シアターまで映画を観に行っていた。

その小さな映画館が寄り集まって晴れて
シネコンができました。

でも、出来たら出来たで、あんまり見たい
映画が私にはなかった。

初めて、行った地元のシネコン。駅から、徒歩5分。
エレベーターから、お城も綺麗に見えた。
そして、もう一つ見たい映画があったので、
久しぶりにはしごをした。

その映画の話はまた後日に・・・。
c0352015_21513895.png
はしごをしたら、帰宅は風も冷たい夕暮れ時になった。

白ワインと、「ワインに合うラスク」で家族の帰りを待った。
ここのラスクは好きだけど、このワインに合うラスクを
初めて知った。
こくのあるトリュフのうまみがとても利いていた。
c0352015_21515574.png
そのうち、リンツのチョコレートも加わって。
クリスマスの雰囲気で。
c0352015_21520867.png
おかずは、鮭とブロッコリーとえのき茸のパスタ
他に、安納芋のポタージュ。

c0352015_21521851.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2016-12-17 22:35 | 映画の日 | Comments(4)

実りをいただく

今年も黒豆をいただきました。
袋には、大豆も黒米も一緒に入っていて大喜びです。

こうして、袋に入っているだけでもありがたい事なのに
さやから取り出して、干して・・・そんな手間を
思うと、さらにありがたみを思います。

c0352015_22283210.png

ブログ友さんのところで、柚子仕事の様子を拝見しました。
友人に、いただいたままの、柚子をそのままにしていたことを
思い出し、これはいけないと昨夜、たわしでこすって、
大雑把に刻んで、今夜、ジャムを煮ました。

c0352015_22275969.jpg
c0352015_22281260.png
台所中に、ゆずの香り。柑橘系の香りは春にひとっ跳び
したような、暖かな雰囲気がします。

*******************

ゆずジャムの横では、ルラクチュエをみりんで煮ました。
りんごみりんをこよなく愛してくださっているブログの
お友達がみりんで、りんごやお豆を煮たりしてられるので、
私も、ここはひとつ洋梨みりんを思いつきました。

c0352015_22282365.png
みりんで煮ると、本当に失敗が少ない。
失敗のしようがない・・・くらいに手軽です。
鍋底が、焦げないのが、ずぼらな私にはもってこいかしら・・。

c0352015_22294092.png
週末の夕食後。甘い匂いに包まれて
あ~今週も終わった~と解放感をかみしめました。

とても、寒い日が続いていますが、どうぞよい週末を!




[PR]
# by pass8515 | 2016-12-16 22:55 | 日々の暮らし | Comments(6)

小さなこと

先日のこと。
水道代の請求書を見ると、えらく上がっているのが
気になった。

上下水道2か月分で、だいたい7000円台のところ・・・
1万円を超えていたから、びっくりした。
思い当たることと言えば、お風呂?出しっぱなし?
それほど、生活が変わったわけでもないし・・・。
まずは、節水を心がけようと思った。

それから数日過ぎて、やっぱり解せないな。
そんなに上がるものやろか・・と主人と話をして
メーターを見てみることにした。

外にある、重い水道メーターの蓋を開けて数字を見る。
484・・・・。請求書は492!!
これは、おかしい!読み違え?書き間違い?だったのだ。
すぐに、水道料金センターに電話をかけて、翌日訂正にやって来た。

3000円ほど違っていた。ちゃんと見て良かった。
チェックはするものだなと思った。

と、冷静に考えてみると、数字の誤りだとしても次回の計測で、
相殺されるから、わざわざ電話することもなかったかな~なんて
思ったけれど、主人は「間違いは、間違い・・今後のためにも
言っておいた方がよい・・」と、言った。
そうだな。その人も今後、気をつけることでしょう。

小さなことである。ほんの小さなことの積み重ねで毎日が出来ている。
こうして、日々が過ぎていく。
今年もあと半月を残すのみとなった。

******************
新潟のルレクチェが届いた。
実家にも、同じものを送った。

私も、初めて食べるのだけど、母も洋梨と言えば
山形を思い出す、新潟のはめずらしいなあと
電話で言っていた。

ごつごつとした表面だけど、
c0352015_22034521.png
果肉はつるんとして、滑らかでほどよい甘さだった。
c0352015_22033400.png

*晩ごはん
鶏肉のカリカリ焼き、アボガドと柿のサラダ
白菜と肉団子スープ

c0352015_22035409.png
*おべんとう
c0352015_22040688.png

[PR]
# by pass8515 | 2016-12-15 22:31 | 日々の暮らし | Comments(3)

マッコリ

「赤穂の義士祭の日は、必ず寒くなる」
毎年のように、主人の母は言っていた。

そして、その通りに必ず、絶対に!寒くなるのです。
(討ち入りは、雪のシーンと決まってますね・・)
それまでは、暖かくてもこの日になると、本当に寒くなる。
今日も、やはり風が強くて、冷たくてこの冬一番の冷え込みだった。
*****************
昨日は一日雨で、夜は冷たい雨が降りしきった。
その中、今度は下の息子が焼き肉をごちそうしてくれると言うので
ご機嫌な夜だった。

さながら、韓国にいるかのような気分になる、韓国の調度品がそろったお店。
全室個室なので、とても落ち着く。

c0352015_21504940.png
お肉をサンチュに巻いて、コチュジャンをつけてかぶりつくのが
やっぱり美味しいな。
生ビールの後は、マッコリをたのんだ。

以前、カフェ・オ・レボールのような器で来たので、
その形を手で真似てオーダーした。
若いバイト風の人は「はい、わかりました。」と
言った。
当然、私は1人分のつもりで、オーダーした。

c0352015_21512755.png
ところが、やって来たマッコリは壺になみなみと入っていた。
うわ~。これは、とても1人分ではない。
どこで、どう間違えたのだろう。

手で、壺を表すかのようなジェスチャーをしたから・・・。
余計なことをするからだ・・・。とまた家族から猛攻撃にあった。

私は、カフェ・オ・レボールのつもりだったんですがね・・・。

c0352015_21515687.jpg
これは、どうしても飲めない。翌日がある。
でももったいない。
恥ずかしいけれど、容器をください~。持って帰りたいです~と、
申し出た。

******************
*晩ごはん
特にマッコリに合うような料理でもないけれど・・・

ぶりのアラ煮、豚肉の炒め物、大根とブロッコリーの茎のきんぴら
にんじんしりしりなど。

持ち帰ったマッコリはまだしゅわしゅわとしていました。

c0352015_18505229.png





[PR]
# by pass8515 | 2016-12-14 18:54 | おいしいもの | Comments(6)

シナモンスティック

昨日、ランチの前に神戸元町を歩いた。
南京街はそれは、すごい人だから並行している元町商店街をぶらぶらした。
昔ながらのお店もまだ多くて、私はこの通りが好きだ。

ファストフードのお店に混じり、懐かしい喫茶店も多い。
意識してみると、何軒かおきに木造りの風格のある純喫茶がある。

常連風の年配のおじさんグループに交じって、同時にお店に入った。
その人たちは、散り散りに何人かに分かれて座った。
主人は、こういう喫茶店に入ると必ず新聞を探す。

私は、聞こえてくるそのおじさんたちの話声に耳を澄ませた。
どうやら、競馬だ。すぐ近くに場外馬券売り場があって、その帰りの様子。
数字や、馬の名前が次々と出てきて、なんだかとても楽しそう。

楽しみは持てるだけ持たなくてはなあと思った。
庶民的な雰囲気の中、運ばれてきたのはクリームふわふわのカプチーノ。

c0352015_22060646.png
シナモンスティックが添えてある。かき回すとほのかなシナモンの香り。
とても、ぜいたくな気持ちがした。
朝ドラの市村正親さんが、ヒロインたちにふるまっていたな。

せっかくのシナモンスティックなので、紙に包んで持ち帰ることにした。
今日のお茶の時間は、小山ロールと一緒にシナモンティーを。
c0352015_22054289.jpg
***************************
昨日のランチのあとのデザートはマキアート

c0352015_22063623.jpg

c0352015_22115270.jpg
今日は、ずいぶん寒くなった。
暖かくして、さあ寝よう。




[PR]
# by pass8515 | 2016-12-12 22:51 | おいしいもの | Comments(4)

ルミナリエ

ここ数か月、顔を見せない息子。
ならば、こちらから会いに行こう!と主人が提案して一緒にランチを
することになった。
気がかりだったのは、何も私だけではなかった。

連絡すると、「何系がいい?」と早速予約を入れてくれていた。
もはや、庭のような界隈でもある。


c0352015_22121739.jpg
待ち合わせまで、時間があるので街を歩いた。

神戸ルミナリエ
規模は当初に比べてずいぶん縮小されたようだけれど、年末の恒例行事。
今夜が最終日である。

私は、昼のルミナリエも好きだ。
白い骨組みが、氷のお城のようで、それはそれできれいだ。
市役所の硝子に光が射して、またそれもきれいだった。

c0352015_22060215.png
人もまばらで、ゆったりとしている。
静かな東公園。
夜は、またすごい人でにぎわうことでしょう。

c0352015_22054908.jpg
少し風が冷たかったけれど、この時期の神戸の街は特にいいなあと思う。

c0352015_22053187.jpg
大丸や元町商店街などで時間つぶし。
予約してくれていたお店に向かう。
c0352015_22124954.jpg

***********************
お~久しぶり!
他愛もない会話、お互いの近況報告で食事とワインを楽しんだ。
イタリア人オーナーシェフ、スタッフもほとんどイタリア人の
ようでオーダーに苦戦した。

c0352015_22071769.jpg


ちゃんとオーダーが通っているか?心配になったけれど
ばっちりと合っていた。良かった。
ピリ辛のサラミのpizzaがもちもちでとても美味しかった。

c0352015_22070263.jpg
ここで、「チャーミートン」という言葉が行き交った。
オーダーするときに、息子と主人がやたらと「チャーミートン」と
言っていた。会話がちょっと途切れた時に、
「なあ、さっきからチャーミートンって何?」
と聞くと二人から、
「豚の名前や~。沖縄の茶美豚でチャーミートンって言うんや。」
と、そんなことも知らんのか!という感じで猛攻撃にあった(笑)
いつも、3対1で、こんな風な我が家だけれど、息子は元気だった。

そのチャーミートンの料理の画像が残念ながらないのだけれど、
この頃にはワインもお代わりして、私も上機嫌だった。

魚料理はすずきのソテー

c0352015_22073542.jpg
イタリア風に?ゆったりと時間をかけて食事をして、
店を出たら3時を回っていた。
ルミナリエで、だんだんと人が増えて来た街角で息子と別れた。

こちらから誘ったのに、ごちそうしてくれた。
ありがとう。ごちそうさまでした。


[PR]
# by pass8515 | 2016-12-11 23:06 | おでかけ | Comments(8)

またひとつ、すっきり

外から帰ると、畳のにおいが充満してよその家に来たような気がする。
息子は、かばんに畳のにおいが移っている。
職場のロッカーを開けたら、またそこに畳のにおい・・と言っていた。

主人は「畳となんとかは新しいほうがいい!って言うんや」
あはは~と笑っていた。
あ~そうですか。
c0352015_22115556.jpg
そんな、穏やかで暖かな土曜日の午前中。
私は、以前から気になっていた病院に行った。

夏の終わりに子宮がん検診を受けた時に、ある症状が見つかった。
市の検診だったが、その時の医者がものすごく感じが悪かった。
私のその症状に対して、大きな声で、まくしたて
「病院行かなあかんで~。病院行ったらすぐ治るから・・
絶対に行かなあかんで~」と、やいやい言うのだった。
デリカシーの欠片もない。
私がドアを開けて退室しようとしても、カーテンの向こうから
「病院やで!売ってる薬なんかあかんで~」と
外に何人も順番を待ってる人がいるのに、とても恥ずかしかった。

こういういきさつで、次に診察を受けるのに気が重かった。
伸ばし伸ばしになっていたけれど、年内にすっきりとさせたい。
友人が紹介してくれた病院に行ってみることにした。

その時の医者に言われたそのままに、その先生に言うと
「そんな言い方をされたの。それは嫌な気持ちがしたでしょう。」
と気持ちを汲んでくれた。

・・・・・で、結果は特に異常がなかったのだ。
顕微鏡で、丁寧に分析してくれたけど、結局異常は
見当たらなかった。なんだったんだろう。
しかし、まあ良かった。
そして、いい病院が見つかって良かったと思った。

*********************
*晩ごはん
お刺身盛り合わせ、野菜と豆とちりめん雑魚のサラダ
あと、粕汁

c0352015_22121469.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2016-12-10 22:43 | 日々の暮らし | Comments(8)

青畳

夕方、張り替えられた畳を持って来てくれた。
家じゅうがい草の香りに包まれて、新築のにおいがした。
最初は、こんなに青いんだな。

c0352015_22295104.jpg

先週末に、障子も張り替えた。
ほとんど、主人がやったようなものだけれど昔に比べたらとても張りやすくなったと
言っていた。

障子紙がプラスチック加工をしてあって、とてもしっかりとしている。
うっかりと、指先で「ぶすっ」と、という心配はなさそう。

c0352015_22300219.jpg
明日は、家具や本棚を退けたついでに、整理をしようと思う。
すっきりと、暮らそう。

*******************
今夜は、息子がゴルフ仲間と忘年会なので、私たちも2人で忘年会?をした。

お好み焼きが食べたい。
意見が一致して、出かけたけれどものすごく道が混んでいた。
そういう、時間帯?みんな忘年会?

いつもの倍くらいかかって、お店に到着して注文するのは決まって
広島風お好み焼き。
今夜はいか入りで!

c0352015_22302764.jpg
しなっとした、キャベツの千切りがなんともいえない。
甘口ソースも絶妙!
紅ショウガもたっぷりかけて、いただきます。
平日は、なんと生ビール10円!(一杯目)なので
とても嬉しかった。ご機嫌だった。
c0352015_22305367.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2016-12-09 22:46 | 日々の暮らし | Comments(4)

畳替え

畳を替えます。

この年末に唐突に主人が言い出した。
1階と2階に和室が一間ずつあって、両方とも替えるという。
今日、見積もりに来るというので朝から、ある程度の本や家具を移動した。

1階は2回目。2階は初めてだった。
特に、近々お慶び事があるわけではないけれど、そんなの待ってたら
いつになるかわからないので、替えることにしたらしい。

したらしい・・と他人事のようだけれど、我が家の場合はいつもこんな風です。

c0352015_22542134.jpg
見本帳がとてもきれいだった。
和の文様。
若い時はそんなに思わなかったけれど、色といい文様といい、
畳と縁とて、美しいものだなと思った。

c0352015_22544138.jpg
一応、これから長く暮らすかも知れない息子がちょうどお風呂から上がって
来たので意見を聞いてみた。
畳の縁はどれがよい?

そんなのなんでもいいよ。

c0352015_22550841.jpg

案の定、そう言ったけれど、私だってそんなものだった。

明るい色目で若草色に決定!
明日は早朝から畳やさんがやってきます。

**************************

c0352015_22561094.jpg
c0352015_22554314.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2016-12-08 23:18 | 日々の暮らし | Comments(4)

お昼休み

今日のお昼休みは都合によりいつもより早かった。
11時に休憩室に入る。
11時からなんて、お弁当はとても食べられない。
まず、テレビをつけた。情報番組が多いこの時間帯。
Eテレにチャンネルを合わせるとちょうど「きょうの料理」の時間だった。

栗原はるみさんの年末スペシャルで、メニューは鶏のから揚げとパスタ。
いつものように手軽にそして、美味しそうだった。
パスタは、アンチョビーとにんにくソースにキャベツを合えたもの。
粉チーズと黒コショウたっぷりで、これは絶対作ってみようと思った。
身近な食材で、楽しそうに歌うように料理する栗原はるみさん。
キャベツは少しは、安くなったかな。

c0352015_22134805.jpg

お昼休みと言えば、先日のランチで友人と話をしたことを思い出した。
友人も、職場にありあわせでお弁当を詰めていくらしい。
水筒には家で淹れたお茶。
それを彼女の同僚に、「よくそんな面倒くさい事をするわね」と
揶揄されてうんざりしていると言っていた。

その同僚は、コンビニで例えばカレーや例えばロコモコ丼や・・・・。
要するにコンビニの新メニューを次々と広げるらしい。
飲み物もついでにコンビニで購入。
それは、それでよろしい。

しかし、友人のお弁当をあれこれ言う筋合いなどなく、私まで
憤慨してしまった。
わかる~わかる~そう人いるよ。しゃくに触るんやろな。

私も、息子のお弁当のついでに自分のも詰める。
ありあわせのおかずの残り物。今日も昨日の残りのおでんを詰めた。
それでも無機質な休憩室で、お弁当箱を開ける時は少し楽しみ。
そんなおかずさえない時はラップおにぎり&みかんの時もある。

始末でもケチでもない。無駄なことはしたくない。
そんな話で盛り上がった。

写真は、雨上がりの週明けの庭。
コンデジに「デジタルマクロ」という機能があることを最近気づき
練習中です。(購入して約6年・・何してたんでしょうね~)

c0352015_22123660.jpg




c0352015_23200184.jpg



c0352015_22171688.jpg








[PR]
# by pass8515 | 2016-12-07 23:03 | 日々の暮らし | Comments(8)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass