タグ:季節のもの ( 67 ) タグの人気記事

涼しくなったら

涼しくなったら会おうね。
今、友人たちと交わされている合言葉のような挨拶。週末に、ご無沙汰している友人たちにメールを打った。

それぞれに、仕事を持つ友人たち。私同様、いや私以上にお盆も土日もない(私はまだある方)いつもと変わらぬ毎日であるだろうなと想像はできるけれど、夜もまだまだ暑いので、会おうとはお互い言えずにいることは心得ている。

いろいろあったよ~と、ひとりの友人。
9月のシフトが決まったら連絡するね~とまたひとりの友人。

この夏、LINEデビューしたまたひとりの友人は、LINEが楽しくてたまらないらしく、13の吹き出しをいっぺんに送って近況報告してくれた。今までで最高記録!彼女らしさに大笑いした夏の夜だった。

さて、私は楽しかった夏の旅のあれこれを聞いてもらおうかしら。

お気に入りの写真
(鶴の湯のストーブ
c0352015_22010892.jpg


オリーブオイルが復活!
以前、母が日野原先生が言うてはった・・・とちょっと値の張るオリーブオイルを送ってくれたことがあった。
オリーブオイルが、とても体にいいらしい。ヨーグルトに、冷ややっこに、なんでもかけるといいよ。と教えてくれた。
しばらく、私も実践していたけれど、そのうちその習慣も遠ざかり、パスタや魚を焼くときに使うにとどまっていた。
c0352015_17001653.jpg

最新「クロワッサン」で見た腸のこと。
オリーブオイルを納豆にかけるといいという文章が目に飛び込み、早速実践しています。

****************
晩ごはん

なすと胡瓜と冷しゃぶ豚
かぼちゃと大豆とゴーヤサラダ
山椒昆布ちりめん(自家製)

c0352015_18593080.jpg

c0352015_21123991.jpg



[PR]
by pass8515 | 2017-08-29 21:50 | 日々の暮らし | Comments(0)

晩夏

週末辺りから、ようやく猛暑も落ち着いた。自転車の帰り道の風が違う。日暮れの光が違う。

晩夏
この時期に、思い出す歌がある。自転車こぎなから自然とハミングしてます!

荒井由実の晩夏~ひとりの季節~


ゆく夏に 名残る暑さは
夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭
秋風の心細さはコスモス

何もか捨てたい恋があったのに
不安な夢があったのに
いつかしら 時のどこかへ置き去り

空色は水色に 茜は紅に
やがて来る淋しい季節が恋人なの

~中略

藍色は群青に 薄暮は紫に
ふるさとは深いしじまに輝きだす
輝きだす

メロディーもさることながら、詩も叙情あふれる秀作だと思う。

葉鶏頭、薄暮。
この歌で知った言葉もありました。

確か、ドラマの主題歌だったなぁと遠い記憶にあり、調べてみると、山田太一脚本、竹下景子主演の銀河テレビ小説ふるさとシリーズ「夏の故郷 」でした。

1976年の8月放送

中学生の私はどんな気持ちでこのドラマを見ていたのだろう。ドラマの筋は全く忘れているけど、40年経っても音楽はちゃんと心に刻まれている。

音楽の力をまた思った。

*********************

*晩ごはん
サーモンのバジルソース焼き、ししとうの甘辛焼き、大豆・胡瓜・ゴーヤのサラダ
c0352015_21391270.jpg


いちじくは、白ワインと相性バッチリ!
c0352015_21392463.jpg

****************************
おべんとう
c0352015_18563110.jpg



[PR]
by pass8515 | 2017-08-28 21:52 | 日々の暮らし | Comments(4)

残暑の休日

8月最後の週末は、夜中に降った雨のせいか少しだけ涼しくなった。本当に少しだけ。庭の草が、気になっていたので、早朝からはりきろうと思ったけど、また汗をかくなあと思ったら、気も失せてしまった。

別に、絶対やらなければいけないという事もないし、9月になったら庭に出よう!


今日やりたかったことは、明日新しいソファーが来るので部屋のかたづけと本棚の整理を・・・・。
c0352015_16252226.jpg


そして、一週間分の買い物へ。
野菜が高騰!かと思ったら、生産者直送の野菜はいつも通りに安かった。ふぞろいのきゅうりや、なすも、あったけれど、そろそろ夏野菜も終わりかな。
c0352015_16271747.jpg


地元ブランドの太子いちぢく
前日摘み取り&少々、訳ありで、まあまあお手頃価格だった。
c0352015_16263889.jpg

**********************
「おんな城主・直虎」
ブログのお友達のところで、教えていただいた20日夜の大河ドラマ「おんな城主・直虎」の再放送を午後から観た。敬愛するライター・島崎今日子さんもコラムで絶賛されていたので、必ず観ようと思っていた。

小野政次という人は、いったいいくつの顔を持っているのだろう。父から小野家を託された時、今川に忠誠を誓う時、亡弟嫁とともに過ごす時、そして
直虎と囲碁を打つ時。謀り、謀られ、欺き、欺かれ。とても複雑に糸が絡まり合って、時々、見ている方も、何が本意かわからなくなる。
それだけに、「辞世の句」には、ぐっとくるものがあった。直虎と碁盤を囲むそのひと時が、唯一心安らぐ時だったのだなと。

最期は衝撃的だった。この場面は、見た人の心にずっと焼き付くだろう。

しかし、腹が立つのは家康だった。
文のやりとりだけで期待を持たせて結局、見捨てた。

それだけに、徳川家と井伊家の関わりがこれから生きてくるのでしょうか・・・。

新緑の頃に、友人と彦根城に上がったことを思い出す。あの彦根城が出てくるのは、いったいいつなのだろう・・・と期待しながらまた見ようと思う。


[PR]
by pass8515 | 2017-08-26 16:54 | 日々の暮らし | Comments(4)

lamp

お盆が過ぎて、ほんの少し朝晩がしのぎやすくなった。でもお昼は33℃・・・。残暑が厳しい。午後からはエアコンをつけて過ごす。

青森で宿泊した「青荷温泉ランプの宿」は実は、第一候補ではなかった。
c0352015_21541571.jpg

十和田湖畔宿泊を希望したけれど、キャンセル待ちの状態で、「ランプの宿」も有名だし、いいなあと思ったけれど、とにかく山奥、灯りはランプだけ、テレビなし、携帯電話圏外、トイレ・洗面所共同。せっかくの旅行なのに、そういうサバイバル生活(想像)ってどうなのかと不安にもなった。口コミを見ると、夜間はかばんの中をさぐるのも困難になるぐらい暗いということ。

c0352015_21432272.jpg

結局、ぎりぎりまでわずかな、期待もあったけれど十和田湖畔のホテルはキャンセルが出ず、「ランプの宿」に泊まることにになった。
どこまで行くのかというぐらいの、山奥だった。途中、青森弁(津軽弁?)の看板が随所に立てかけられて、「もうすぐだ!」「がんばれ!」の意味だろうと解釈して、車内は笑いも出て、とてもリラックスできた。

お風呂に入って、大広間でランプの下で、食事をした。日がだんだん暮れて来て、ずいぶんと暗くなって来た。
私のカメラではもう限界!(上の写真と同じ場所)
c0352015_21482536.jpg

まだ行っていない、別のお風呂に行ってみたり、売店をのぞいたり・・・。そのうち、廊下を歩く人がめっきり減って、宿全体が静寂に包まれて来た。まだ、9時。でもこの宿ではもう寝る時間のような空気が漂っていた。川のせせらぎと、虫の声と、ランプの火が燃えるチリチリという音だけ・・・。
夜、窓を閉めても、肌寒いくらいだった。

知らぬ間に眠っていた。
c0352015_21532806.jpg

ランプをこの際、撮っておこうといっぱい撮った。でも、意外にランプを撮るのって難しいものだなと思った。バランスと背景。
c0352015_21524963.jpg

c0352015_21533915.jpg
これらのランプを管理するランプ小屋。毎日、ここから宿中のランプを運ぶらしいです。
c0352015_21535249.jpg
夜明けとともに、目が覚めて、清々しい朝だった。
結果的に、この「ランプの宿」で、良かったな~と思った。
c0352015_22381104.jpg


c0352015_21525956.jpg
***************************

ようやく、旅の荷物を片付けた。角館で求めた、おべんとう箱とお箸も洗って干した。
c0352015_22270025.jpg
それぞれ、きれいな箱に入っていた。
c0352015_22271926.jpg
山ぶどうのゼリー羊かん「さなづら」
甘酢っぱくて、とても美味しかった。
一つ一つにピックがついていて、八等分に切り分けて、味わっている。
c0352015_22273014.jpg



[PR]
by pass8515 | 2017-08-19 22:40 | 旅先にて | Comments(10)

お盆休み

今日から、お盆休みに入った。まずは、髪を切りに行った。暑い時は、なかなか億劫なものだけれども、さっぱりもしたい。思い切って予約して出かけた。
美容院の帰り、駅に行くと、ホームからたくさんの人が降りて来た。ものすごい観光客の波だった。今から、この炎天下にお城に向かう人がこんなにも多いのか・・・。と驚いた。
でも、自分の住む街にこれだけの人が訪れてくれることって、嬉しい事だなとも私は思う。

そのあと、お墓参りに出かけた。
お寺近くの、芙蓉のお花がとてもきれいだった。
どの花も、空に向かって太陽に向かって、
咲いている。

c0352015_18370165.jpg

家に帰って、お昼を作るのが(火を使うのが)面倒になったので、外で冷麺を食べた。私は、ごまダレを・・・・。クラゲや、焼き豚までトッピング。
家では、なかなかここまで具材を準備できないな~と、フードコートながら、なかなか美味しくいただきました。


c0352015_18370399.jpg

美容院の近くで、宍粟の野菜を買う。
たくさん詰まって、とても安かった。

c0352015_18585355.jpg

ちくさの新鮮なたまごも買った。

c0352015_19002244.jpg

************************

帰宅してから、冷たい紅茶ゼリーでひと息つく。
昼寝も、たっぷりした。

c0352015_18584419.jpg

*晩ごはん
まぐろのお刺身、たまごのサラダ、万願寺とうがらし、なすの揚げ焼き、めかぶ


夏ばて気味だが、スタミナをつけるために、簡単な料理で、たっぷりと食べようと思う。

c0352015_18583034.jpg

*********************
待ちに待った、お盆休み。
少し、留守にします。
ブログも、お盆休みにしたいと思います。
お盆が明けたら、また再開します。

暑い時、皆さまどうかお元気でお過ごしくださいね。

★このあと、モンサンミッシェルの番組を見たいと思います。

[PR]
by pass8515 | 2017-08-11 21:40 | 日々の暮らし | Comments(4)

わらび餅

昨日は土用の日。デパートの食品売り場も、鰻を買う人、土用餅を買う人が
列をつくっていた。

土用餅は、お店によって列の長さが全然違う。どう違うのだろう。
列の隙間をちらっとのぞいてみた。違いがわからない。
迷って、迷ってデパ地下を何度も一巡りした。

やっぱりわらび餅にしよう。冷やして、水出し煎茶でいただこう!
急に、路線変更して今度はわらび餅を迷った。

宇治・辻利兵衛本店のわらび餅大福(抹茶・焙じ茶)
高台寺・洛匠の草わらび餅

大福を二つだけって、言いにくいけど「本日中にお召し上がりください」
の場合は、致し方ない。他にも食べてみたいのがいっぱいだ。

c0352015_18333324.jpg

和菓子が決まったら、今度は洋菓子編へ。
またとんでもなく迷う。
1000円近くする、旬の桃のショートケーキや
700円くらいのパリのエクレア。(一個が・・)
ため息がでるほど美味しそうだけれど、遠路はるばるの帰り道。
生クリームがぐちゃとなるのも嫌だし、やはりお手頃な日持ち
のするもの中心に選んだ。

ダニエルのカヌレ(大阪に来たらやはり買う)
ねんりん家のバウム・もっちり芽

週末に、ゆっくりといただきましょう♪
c0352015_18271575.jpg


美味しいものを選ぶその時間は幸せなひと時だった。
そして、少々疲れた。
高層ビルを眺めながら、桃のシフォンケーキで一服した。


c0352015_18275685.jpg

*************************
夏祭り
美術館に行く途中、お囃子に誘われて夏祭りに出会った。
大阪は天神祭の日。
先日、鶴橋でも出会ったし、大阪は、夏祭りたけなわのようです。
c0352015_18281523.jpg

庭のふうせんかずらに風船がついた。
今年、一番めの風船。見つけた時はやはり嬉しい。

c0352015_18334541.jpg
そして、黄色の薔薇もまた咲いた🎵
暑いのに、咲いてくれて本当に嬉しい🎵

c0352015_18273312.jpg





[PR]
by pass8515 | 2017-07-26 21:26 | おいしいもの | Comments(2)

朝顔

梅雨が明けて、本格的な夏がやってきた。出会う人、出会う人、暑い暑いと連発。
暑さが苦手な私は、先が思いやられるなあ。

母が祇園祭に行って来たと電話で言っていた。数年前に体調を崩す前は毎年2人で行っていた。
立ち並んだ鉾を見て、開放された町家をのぞき、調度品を拝見。
そのあとビールを飲んだ年もあれば、甘味処で一服した年もあった。

体調が回復した後も、暑い時と人ごみで「もう私はよう行かん。テレビで見てる方がいい」
毎年そう言うので、私もよう誘わずにいたけれど、連れて行ってくれる人がいて
思い切って行ったそうである。良かったなあと思った。
そして、来年は一緒に行こうと約束した。

ただ、少し気になることがあった。
母は「去年あんたと行ったなあ(祇園祭に)メモに書いてあるから間違いない」
という。
「去年は行ってへんよ。ここ何年かは行ってへんよ。それだいぶん前の話やで」
母は「そうか~そうやったか~」とようやく勘違いだったことに気づいた。

少し、心に引っかかった事だったが、ずっと行きたかったんだな~と思った。
来年は、絶対に行こうと思う。

***********************

自転車で家路に着き、玄関を開けると3つの夏の花たちが出迎えてくれる。
むっとした部屋の中に、窓を開けて風を通す。


c0352015_22035330.jpg
去年の晩秋に行った美術展の絵葉書。
夏本番に向けてようやく出して立てかけた。

c0352015_22075165.jpg
久しぶりの友からの便りがとても嬉しかった。
今日も、いい一日でした。


[PR]
by pass8515 | 2017-07-19 22:14 | 日々の暮らし | Comments(4)

にしにし

新しい自転車で颯爽と!出かけた。
雨が降るかな~歩いて行こうかな~と思案したけれど、晴れ間が出て来たからやっぱり自転車で!
毎朝出会う散歩の人に「おはようございます」
すれ違いざまに、新しい自転車をウキウキとこぐのが少し照れくさかった。
人は、人の自転車など見ていないのに・・・・な。

しかし、朝から何とも言えず蒸し暑かった。
こういう日の事をまさに「にしにしする」というのだろうなと思った。

「にしにしする」
もう亡くなった義母が「にしにしする」とよく言っていた。こちら特有の言葉?しかし、義母以外からは聞いたことはない。
でも、なんとなくわかる。じめじめする。じとじとするを通り越して、「じとっとする」プラス「暑苦しい」感じ。
汗が流れるでもなく、首筋にまとわりつくような「じと~」という感じ。
まさに今日は、「にしにしデー」だった。

同じ関西でも、生まれて初めて聞く言葉でいっぱいだった30数年前のあの頃。
義父の「べっちょうない」(大丈夫、大丈夫)
義祖母の「目がいんでもと~」(私の息子が眠りに陥るのを見て・・)

いたらぬことばかりの私だったけれど、もう会うことは叶わない人たちだけど、折々に思い出している。

****************************

大好きなチーズが増量に加えて、セールだった!
ワインがまた美味しく、チーズとのマリアージュでワインの味が変わる瞬間がたまりません。


c0352015_18250085.jpg


*晩ごはん
いかのボイル、なすのみそ炒め、いか天、あらめ、大根と名荷サラダ

c0352015_18244796.jpg
少し気持ちにゆとりができた。
ささやかなことの楽しみを、考えられる余裕が生まれた。しばらく忘れていたことだった。
さて!新しい一週間をまた頑張ろう。

[PR]
by pass8515 | 2017-07-10 21:10 | 日々の暮らし | Comments(6)

南瓜

台風は、通り過ぎて夕方には雨も上がった。
静かな夜。暑さもいくらかましになった。

たくさん、夏野菜をいただいた。
この季節は、いろんな方から畑の恵みを
いただく。本当にありがたいこと。
c0352015_21144971.jpg
かぼちゃは、どん!と丸ごと一個。
さあ、どうやっていただこう。
かぼちゃは、「かぼちゃ」という呼び方しか
知らなかった。
若い時、こちらに来てから、年配の人を中心に
「なんきん」と呼ぶ事を知った。
南瓜と書くから、その通りに呼ぶのか~と
思った。
あの頃、年配の人と思っていた年頃に自分も
なって来たけれど、やっぱり「かぼちゃ」と
呼んでいる。

今夜は、煮物とソテーにした。
そして、スープストックにして冷凍した。
ミキサーにかけるだけで、冷たいかぼちゃ
スープがいつでも飲める。

c0352015_21150770.jpg
二人暮らし、食べきれるか・・。
思いをめぐらすのも、また楽しい。

*晩ごはん
鶏ささみのソテー
きゅうりとちりめん雑魚の酢の物
ちりめん山椒
(少し、チリチリになりました)
冷製ラタトゥイユ

c0352015_21150015.jpg


[PR]
by pass8515 | 2017-07-04 21:28 | おいしいもの | Comments(6)

日傘

昨夜は、今年初めての熱帯夜だった。
窓と部屋の戸を開けてうとうとしていたら
ご近所さんの車の音で、目が覚めてしまった。
それから、寝付けず、団扇で仰いで本を読み
ようやく1時過ぎに電気を消した。
この暑さと、外の物音にそのうち慣れるのかな。

少し寝不足のまま、我が家も選挙に行った。
県知事選挙。
いつも、散歩がてらに歩いて行くけど、
暑かった~。

*********************

昨日、美術館に行く前に日傘を買い求めた。
細かな透かしとレースの刺繍が気に入った。

c0352015_21234947.jpg
もう10年ぐらい前のこと。
とてもお気に入りだった日傘をなくした。
それがとても不可解だった。
主人と、買い物に出かけて食事をした。
その食事をした場所に忘れたのだ。

建物と建物を結ぶ炎天下の連絡橋を
渡ろうとした所で日傘がないのに気が付いて
その場所に戻ったらもう無かった。
ものの、10分ほどの事である。

インフォメーションで、届けられてないか
聞きに行き、翌日にも電話で問い合わせたが
そんな忘れ物はなかったという。
口惜しくて、諦めきれなかった。
誰かが持ち去ったとしか考えられない。

その後は、少し安い日傘で済ませた。
またもし、忘れてしまったら・・・。
気をつければ済むことなのに・・・。

早速、買ったばかりの日傘を差して、
お城を通って美術館に行った。

c0352015_21413450.jpg

先日、両親とこの坂道を通った。
父の車いすを押して、駐車場へ向かった。
母が、この坂道を登るのをとても
しんどそうにしていた。
何度か振り返り、母を待った。

c0352015_21422038.jpg
「石段に腰かけて、少し休む?」と
声をかけたら、「大丈夫、大丈夫」
と、踏ん張りを見せてくれた。
この先、ここを通るたびに
思い出すことだろうなと思った。


c0352015_21420557.jpg
**********************

帰りにデパ地下で、冷たくて甘いものを
探した。
しばらく来ないうちに少しだけ様変わりしていた。
宇治の「中村藤吉本店」がこちらにも
新しく出店していた。

定番・生茶ゼリィと、
限定品という、伊予柑餡入り生茶ゼリィ
伊予柑餡が少し甘すぎた。
しかし、白玉と渋い抹茶寒天があればそれだけで、
ご機嫌🎵
c0352015_21422816.jpg

*晩ごはん
久しぶりにビールを飲んだ。

かつおのたたき
なすの酢味噌炒め
ピーマンのおかか和え
c0352015_21424008.jpg
台風が接近しているらしく、
また、今夜も熱帯夜のようだ。







[PR]
by pass8515 | 2017-07-02 22:03 | 日々の暮らし | Comments(5)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass