「ほっ」と。キャンペーン

タグ:家族のこと ( 28 ) タグの人気記事

デキャンタ

昨夜は、息子が今までの感謝をこめてと、
食事に誘ってくれた。
たった、一晩しか経ってないのに、息子を
玄関でいそいそと出迎えた。可笑しいな。

洋食屋、ビストロ、仏蘭西風田舎料理店。
どれに属するかわからないけれど、
そんな感じのこじんまりとしたお店。
ランチは何度か来たことがあるけれど、
夜の部の「黒板メニュー」が以前から
気になっていた。

ワインが絶対に合うお品書きの数々。
グラスワインを頼むと、お店の人が
「デキャンタ」の方がいいですよ。
と、教えてくれた。

デキャンタ。
c0352015_13110992.jpg
「デキャンタって何?」
おそらく、どこでも、どのグループでも
わからないことは、素直に聞くタイプの
息子が(知ったかぶりよりずっとよい)
聞いた。

う~ん。形態はすぐに思い浮かんだ。
三角フラスコ?腰がくびれたガラス瓶?
「まあ、来たらわかるわ・・」と説明が
うまくできなかった。

やって来たのは想像のどれでもなく取っ手のついた
デキャンタ。
透明感のあるワインがキラキラしていた。
ベリーの風味がよく聞いて、私の好きな味!
美味しいワインだった。

確かに、2人分のグラスワインをオーダーする
より、たっぷり入ってお得感満載だった。

セル牡蠣のオイル漬け

前菜・サラダ・メインを適当に頼んで、
シェアをする。
c0352015_13111190.jpg
蟹ジュレ・シュリンプのタルタル和え
前菜盛り合わせ

いつもあんまりしゃべらない主人もよく
話した。
「昨夜は寝られたか?」
「火災保険は入ったんか」
c0352015_13111568.jpg
サラダ
「野菜をたっぷり摂れよ~」

IKEAの組み立て家具に苦労したらしい。
英語、スゥエーデン語・中国語・・
の説明があるのに、なんと日本語がない。
簡単な絵だけの説明。

もう、4時間かかった・・・。
本棚はまた今度。
出来上がった室内の写真を見せてもらう。

c0352015_13111594.jpg

スペアリブのガーリックソテー

ほろほろと肉がはずれた。

「お兄ちゃんは、すごいな。
高校出てから、ずっとひとり暮らしやろ~」
と、早くも弱音っぽい本音を漏らす。


c0352015_13111816.jpg
薄焼きピッツア
しつこくない上質のチーズでとても
美味しかった。

静かな音楽が流れてとても落ち着いた。
酔いがまわって来た。


c0352015_13112087.jpg
苺のムースのデザート。

美味しかった。お料理もワインも
おしゃべりも。
今度は、4人で集おう!

ごちそうさまでした。
c0352015_13112352.jpg

[PR]
by pass8515 | 2017-02-27 13:10 | おいしいもの | Comments(2)

ワイン専門店

いいお天気になった。
引っ越しの手伝いの日は、どの日も晴れて
助かった。

今日は、主人も来て電灯の取り付けや
ベランダのそうじなどをしてくれた。

「わりに広いな~新婚さんでもいけそうやな」
と、まったく一言多い人である。
しかし、男手があるとやっぱり助かる。

c0352015_22095712.jpg

私は、食器などを洗った。
気になる排水溝も掃除した。
ここの汚れは、もうどうしようもなく・・。
毎日してもいいくらい。
すぐに、げとげとになるよ~と
何度も言っておいた。

******************
さてと。気にはなるけどキリがないので、
私たちは帰った。あとは、本人が気の済むまで
やることでしょう・・。

行きに通った「ワイン専門店」がとても
気になっていた。
帰りに寄ってみた。こんなお店があるのか🎵
店内、びっしりと世界のワインでいっぱい
だった。
お店のご夫婦もとても気さくで話やすく
私の好みを伝えた。

ミディアムで、ほのかな甘さもあって飲みやすい。
好きな味を伝えるのってとても難しい。
なら、値段も手頃でこちらから試されませんか
とイタリアのワインを紹介してくれた。

私の買ったワインの履歴も登録されて、
次に選ぶ参考にもなる。

早速開けて、「ヨーロッパ鉄道の旅
(イギリス編)」の録画を見ながら飲んだ。

c0352015_22363260.jpg

飲みやすかったけれど、やっぱり味を
伝えるのって難しい。

久しぶりにJAの野菜販売所にも行った。
めずらしい野菜がいろいろあった。
スイスチャードとヤーコンを初めて
買った。
スイスチャードはこちらでいう「とっちゃ」
という、菜っぱに似ている。
茎も葉もしっかりとしていて、ホウレンソウの
感覚で炒めたらかなり時間がかかるように
感じる。なかなかしなっとならない。


c0352015_22101132.jpg
スイスチャードは、卵と炒めて
ヤーコンはきんぴらにした。
あとは、冷蔵庫の残り物で週末の
晩ごはんにした。

c0352015_22104190.jpg








[PR]
by pass8515 | 2017-02-25 22:33 | 出会い | Comments(2)

語らい

今日は、またとても暖かかった。
お風呂上りも暖房が要らない。

c0352015_21345619.jpg
昨日の夕方、母が退院してきていると思って、
電話をした。出ない。
退院の予定が変更したかな。と思い、
また、次の日にでもしようと思った。

ふと、何か胸騒ぎがした。
先日病院で別れ際にベッドで手を振る母の
姿が浮かんだ。
私がカーテンを閉めるまでずっと手を振っていた。

不吉な想像だが、あの姿がもし最後だったら
どうしよう。とてもドキドキして胸が
詰まりそうになって、時間をおいて
8時頃にもう一度電話をした。

少ししんどそうな声で母は電話に出た。
「インフルエンザにかかってな~。
病院を追い出されたんや。もう病院という
所は薄情なもんやで・・・」とプンプン
していた。

母によると、術後の発熱はよくあることなので
大丈夫でしょうと、看護師さんは言ったけれど
咳も出るし、くしゃみも出るし風邪の症状と
違いますかと訴えたら、ようやく検査してくれて
インフルエンザとわかったらしい。
それで、一日早い退院となったらしい。

家の近くのかかりつけの病院に行ったら
熱も下がり、今週いっぱいは安静にしとくわ。
歩く練習は、ぼちぼちに・・・。
と、またよく喋る母だった。

良かった。インフルエンザは可哀想だけれど、
良かった。良かった。
なんで、あんな要らぬ想像をしてしまったのだろう。

春になったら食事に行こうと言っていた。
いつもよりも、うんと楽しみである。

***************
そんな、母の近況を息子に話ながら
揚げ物の指導をした。

「揚げ物を教えてほしい・・」
今日は、息子は休日だったので、
衣つけからやってもらった。
なかなかうまかった。
「子供の頃、時々やってたやん。」
と、息子は言う。
そんなこと、私はとっくに忘れていた。
料理をもっとさせておけばよかったと、
子育ての反省点の一つでもあったのだけど
やらせていたんだな・・。

カラッと揚がったチキンカツ。

c0352015_21353042.jpg

手前のたまご料理も息子が作る。
玉ねぎ入りの炒りたまご。

今頃になってこんな時間ができた。
料理をしながら、語らう時間。
今までだって、いくらでも取れたのにな。

c0352015_21351599.jpg









[PR]
by pass8515 | 2017-02-23 22:04 | 日々の暮らし | Comments(8)

ふたりからひとり

今日は、とても寒かった。
徐々に冬へ向かう寒さはそれはそれで寒い
けれど、一度春のような暖かさを経験した
あとの寒さは、ひときわ厳しい。
この冬一番寒いと、私は感じた。
がちがち震えながら、自転車で帰った。

帰宅して温かいお茶を淹れて、少しの間、
本を読んだ。
昨日、注文していた本がようやく届いた。

つばた英子・つばたしゅういち
「ふたりからひとり」


c0352015_21495958.jpg


去年の今頃ときをためる暮らしで、つばたさんご夫婦の
暮らしに触れた。
「ふたりからひとり」は
ご主人のしゅういちさんが他界された後のつばたさんの
暮らしと気持ち。
表紙には、つばたさんがおひとり。
それだけで胸がぐっと詰まった。

今まで、ご主人のことをずっとやって来た。
そのご本人がもういないのだから・・・
どうやって生きていけばいいのだろう。
つばたさんは、とても不安になったけど、
「誰かのために、何かやれることをさがし、
人のためになることをやる以外、私の生きる道は
ない。」

「いままでどおり、ジャムや佃煮、いろいろなものを
つくってみんなに配ろう。同じように毎日をやって
いくよりしょうがないわ・・。」

つばたさんは、娘さん方にしばらく一人で
やっていきたい。そうでないと、何もできなく
なってしまう。3~4年はしばらくこのままで


しゅういちさんとの思い出の中で、これまで通り
、今まで通り・・・。

まだ、1冊の何分の1かの途中だけれど、
その中だけでも胸に刻みたい言葉がたくさん
あった。


c0352015_22170127.jpg
*晩ごはん
ローストビーフの残り。
豆腐の甘辛煮、韮たまご

c0352015_22173215.jpg



[PR]
by pass8515 | 2017-02-21 22:21 | 出会い | Comments(2)

梅ほろほろ

冬の京都に行った。
例年は、お正月に訪れるから春先までは
行くことはないのだけれど・・・。
2月の京都は、久しぶりかもしれないと思った。

c0352015_21565341.jpg
母が入院をした。
気になる症状があって、思い切って手術。
術後の経過もよく、いつものように明るかった。
「お父さんをショートステイに預け、
日々の家事から解放されて、避暑にでも行くような
気分で(そのくらいバカンス気分という事だろう)
病院に入ったんや~。のんびりできるわ~って思ったんや。」
と、この天真爛漫さには私はいつも救われる。

ところが・・手術の後はやっぱり痛くて
患部を固定する器具がガチャガチャして、
寝られんかった・・。やっと昨夜あたりから
熟睡できるようになったらしい。
やっと、元気が出て来た。食欲も出て来た。

早速、他の病室の人とともおしゃべりを
していて、そのあと私ともよく喋った。
3時間ぐらい、いろんな話をした。

バカンス気分で入院したものだから本も
この際、読もうと持って来たけれど、
その気分までには、なれないらしく
「あんた、先読むか?」
と、貸してくれたのが・・・

佐藤愛子
「九十歳、何がめでたい」

c0352015_22122645.jpg
新聞の宣伝で気にはなっていた。
活字が大きく帰りの電車の中だけでも
結構、読めた。
加齢を楽しもう、笑い飛ばそう・・・。

両親と会うのも、病院で・・・という事が
本当に増えて来たけれど、こうした日々を
懐かしく思う日がやがては来るのだろうな。

そんなことを思いながら、そのうち
居眠りをしていた。

*********************
病院の帰りに、「東福寺」に行った。
最寄りの古刹。
この際、一度行ってみようと思った。

紅葉の名所である東福寺。
今の季節、母も
「何にもないで~」と言っていたが、
季節はずれのしーんとした、名所を訪れるのも
私は好きなのです。

梅がほろほろと咲いていた。
こぼれ落ちそうに咲いていた。

c0352015_22240622.jpg
c0352015_22254338.jpg
方丈・八相の庭
c0352015_22270090.jpg
バームロール
c0352015_22272251.jpg
抹茶ショコラ
なんだかお菓子に見えたのです。
c0352015_22274067.jpg
c0352015_22281189.jpg


[PR]
by pass8515 | 2017-02-18 22:33 | おでかけ | Comments(10)

暮らすために・・・

息子の、新しい生活の準備のために北欧の
大型店に久しぶりに行った。

相変わらずに広く、品物が豊富であった。
例のリストに基づいて、品選びをした。
人ひとり、暮らすためにまたたくさんの
ものが増える。
こちらは、断捨離してるというのに・・(笑)

c0352015_21414148.jpg
しかし、私も楽しかった。
こういう時は金銭感覚が少し鈍り、
どんどんカートインしてしまう。

歩き回って疲れるとソファー売り場で
ちょっと、座ってみたり・・・。
デザイン的にはいいけれど、機能性は
やはり日本のホームセンターの方が
いい場合もあって・・・・。

例えば、物干しのハンガー・コロコロなど。

お昼を食べようと思ったら、レストラン
スペースはものすごい人で、白木の
カウンター席の隅っこがちょうど
空いていてシナモンロールと飲み物だけの
ランチになった。
(フライドチキンは息子)

c0352015_21414327.jpg
息子の会計を待っている間に覗いた
食品売り場がまた面白かった。
スウェーデンのもの。
ちょっと珍しかったので、いっぱい
買ってしまった。

キャビアもどき。(ランプフィッシュの卵)
にしんの酢漬け、スモークサーモンなど
手前の平たいピザ生地のようなものは
トルティーヤみたいなものらしい。
サーモンを巻いて食べてみよう。
c0352015_21550311.jpg
息子が同僚の人に頼まれていたジプロック。
私も真似して買ってみました。
森のデザイン(大)と
赤いチェックのデザイン(小)

可愛いペーパナプキン

c0352015_21551374.jpg
キャビアもどきとにしんの酢漬けの
カナッペ

スモークサーモンは肉厚でとても美味しかった。

c0352015_21552877.png



[PR]
by pass8515 | 2017-02-11 21:41 | おでかけ | Comments(4)

わかったこと

花粉情報に怯える毎日。
今年の飛散は西日本で例年の3倍!!
毎年、言っているような気もするが
今のところ、症状なし。
マスクなしでも大丈夫。

昨夜、荷物を送るからと久しぶりに上の息子と
電話で話をした。
お正月も会わなかったから、本当に久しぶり。

先日、買って来たお菓子や、母からの預かったもの
お正月に録画を頼まれていたDVDなど・・
(旅に行っていたから見れなかったため)

送るというのに、そのうち帰るからいいと言う。
そのうちっていつ?結局半年近く帰って来てないやん。
お菓子の、賞味期限もあることだし、お正月の
色々なものをもう渡してしまいたい。

送料かかるやん。お母さん手間かかるやん。
と、息子なりに遠慮しているのか、気を使って
いるのか・・・結局、迷惑なのか・・・。
押し問答の末に、強引に送ってしまうことにした。

そして、今日ふっと思ったことがあった。
30歳。私も親の事が少し負担に思ったことが
あるにはあったな。
子育て中、自分なりに精一杯やっていたつもりでも
母にしてみれば口出ししたいことがいっぱいで、
私も都合よく頼る割には、疎ましく思ったこともあった。

いい大人。もうお菓子なんてどっちでもいいし、
別に、わざわざいいよ。てな気持ちだろうか。
遠慮でもなく、本当に嫌だったのなと悟った。
(遅い・・・)

もう、送らない。バレンタインも誕生日も、
もう知らない。ここらあたりで、ケリをつけよう。

*******************

danielの紅茶のフィナンシェ
金塊をイメージするフィナンシェ。
大きな金ののべ棒のようでした。

明日のお茶にとっておこう。
c0352015_20171328.jpg


[PR]
by pass8515 | 2017-02-07 20:19 | 日々の暮らし | Comments(8)

フルーツケーキ

今日は、息子の誕生日だった。
仕事の帰りに主人にケーキを頼んでいた。

いつも買うケーキは決まっている。
息子、モンブラン。(とにかく栗系)
主人、いちごショート。
私、林檎のシブースト。

しかし、今日はシブーストはなかった。
今日は作っていないとのこと。残念。
代わりに、フルーツがたっぷりのった
フルーツケーキを買って来てくれていた。
ぶどう、いちご、キウイ、
バナナ・パイナップル・・のケーキ。

c0352015_21464663.jpg
息子が産まれた時、父が自分の弟の話をした。
わずか2歳で早世した弟も同じ誕生日だった。

そして、また母の弟もこの若い叔父と
同じ年の同じ誕生日だった。
(この叔父は健在)
不思議なことだなと思い、息子がこの日に産まれて
いなければ、私は知らないことでもあった。

全く同じ日に産まれた人の兄と姉が結びつき、
その孫がまた同じ日に産まれた。

それから、父は毎年のようにこの話をしていた。
そして私もここ数年、1月19日は同じ話を
息子にしている。

***************
代わりに買ってきてくれた
フルーツたっぷりなケーキ。

真冬なのに、トロピカルなケーキだった。
たまには、違う感覚でいいかな。

レモンシロップを入れた紅茶で。
c0352015_21501764.jpg
*誕生日ディナー
買い物に行けなかったから、
ありあわせの餃子で・・・・ごめんね。
週末に、あらためてごちそうするね。

c0352015_21454764.jpg


[PR]
by pass8515 | 2017-01-19 22:21 | おいしいもの | Comments(3)

飲み比べ

午前中、暮れにし残していた掃除をした。
まずは、冷蔵庫。
食材が少なくなったのを機会に
庫内、全部を除菌アルコールスプレーをかけて
ぬれ布巾で拭いた。

c0352015_21344525.jpg
ついでに、残り物も整理が出来て
すっきりとした。

*****************
お正月の実家で、お酒の飲み比べをした。
皆が持ち寄った、伏見のお酒、越後のお酒
「五郎八」のにごり酒。
私は、広島西条「賀茂鶴」のにごりを持参。

母は、にごり酒が飲みやすいと言って
お気に入りだ。
父は、お猪口二杯がちょうどよい量と
言っていた。
量がとても減ったことが、私は気になり
可哀想にもなったけれど、
母によると、これでも一時よりは飲み出した方
とのこと。

飲み比べの感想は、まあそれぞれの好みやな~に
落ち着くのである。


c0352015_21350085.png

*************
今夜は、ワインを飲み比べ
イタリアワインと、チリワイン。

値段は半分のチリワイン。
味はほぼ同じように思えた。
c0352015_21351459.png
鮭の香草焼き、アボガドのサラダ
久しぶりに好きな塩パンを買った。
土曜日限定のストライプのハードパン
も買ってみたら、これもとても美味しかった!
アンチョビーとアボガドサラダをのせて・・・♪


[PR]
by pass8515 | 2017-01-07 21:51 | お酒 | Comments(2)

山寺

今日から、仕事始め。
家族みんなが平常通りで
今年もスタートした。

でも、ブログの中では
まだお正月気分に浸っていたい。
****************
お正月3日目は、実家に帰った。
少し朝早く、家を出ると車は
スイスイと進んだ。
いつも、この辺りでは渋滞に
巻き込まれることが多いけれど。


c0352015_22090588.png
実家に行く前に山寺に立ち寄った。
西国33か所・20番札所
善峯寺

京都の西山にある善峯山。
そのてっぺんにあるひっそりとしたお寺に
久しぶりに行った。

c0352015_22123971.jpg
子どもたちがずっと小さかった頃、
父が人が少ない、眺めがよい、松がすごい。
という理由で、初詣にすすめてくれた。

京都のお正月の神社・仏閣はそれは
すごい人。
人ごみを避けてひっそりとしたこのお寺に
あの頃、何年か毎年のように行っていた。

京都市内を一望。
今頃は、どこもすごい人だろうなと思いながら
し~んと静まり返った山寺に佇む。
c0352015_22102479.jpg
そのすごい松はやはり健在だった。
一本の太い幹から枝分かれした
長い枝ぶりの松は善峯寺の見どころのひとつ。
c0352015_22095062.png
主人の父が盆栽が好きで、一度
案内したことがある。
とても喜んでくれたので、嬉しかった。

c0352015_22093030.png

私もあの頃は若かったし、
子どもが小さかったのとで
この松と山頂からの景色ぐらいしか
見る余裕がなかったのかもしれない。

こんな、枝垂れ桜があったなんて
知らなかった。
気がつかなかった。

c0352015_22131104.jpg
思えば初詣にしか来ていなかったので
花の美しい時期を知らないはずだった。
秋は、秋明菊が咲き乱れるらしい。

枯れ木に花を咲かせましょう~。
花咲かじいさんを思い出すような
・・満開の頃はそれは綺麗だろうな
と、ようやく気がついた。
c0352015_22134269.jpg
******************
実家に到着すると、父に善峯寺の
事を話した。
私たちは車でお寺入り口まで
登ったけれど、以前父は下からずっと
徒歩で登ったらしい。

健脚だった父を思い、松を喜んで
くれた義父を思い、思い出の詰まった
山寺だった。

*****************
今年、最初のおべんとう。

ほとんど、おせちの残り物を詰めた。
今年も、ほぼ
・・・毎日おべんとうは作りたい。

c0352015_22114315.png


[PR]
by pass8515 | 2017-01-04 22:43 | おでかけ | Comments(8)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass