タグ:庭にて ( 32 ) タグの人気記事

履きだおれ

今日から、半袖を着た。
綿チェック短めチュニックと、ガウチョパンツ。
半袖を着ても、アームカバーをつけて
自転車をこぐけれど、長袖とは違う清涼感が
ある。
朝の木陰は涼しいし、とても心地よい。

と、同時に今年も、エアコン攻防の
口火が切られた!負けるもんか!


c0352015_21193575.jpg

******************

今朝の「ひよっこ」は夏全開だった。
乙女たちは、水着を買いに行く。
今までの人生で一番高い買い物。
田舎の家族へのうしろめたさ。
自分たちだけ海で楽しむ申し訳なさ。

そんな思いが15分にぎっしり詰まっていた。

そして、私も初めて自分で買った水着の事を
思い出した。
学生時代の友人4人で水着を買いに行ったのは
神戸だった。その当時、4人のうちの誰ひとり
神戸在住でもないのに、なぜか神戸に買いに
行こうという事になった。

神戸プランタンの水着売り場。
誰かがみんなでお揃いにしよう!
と言った。女子はいつの時代もおそろ好き。
4人中、3人(私含む)が同じタイプの水着を選び
色違いにした。でも一人だけ「私はいいわ」
とまったく違うタイプの水着を選んだ。
あの年ごろに、自分の意見を貫き通した友人って
偉いなあと、今にして思う。

水着を買って、三宮センター街に初めて行った。
アーケード街には靴屋さんが何軒かおきにあった。
そして、安くて、おしゃれで、履きやすくて。
たちまち4人とも夢中になって選んだ。
私は、茶色のサンダルにした。
その夏は、そのサンダルばっかり履いていた。

家に帰って、神戸の靴屋さんについて話すと
父が「神戸は靴の街や。履きだおれや」
と教えてくれた。
「着だおれ」「くいだおれ」までは、
知っていたあの頃だったが
「履きだおれ」という言葉があるなんて
驚きだった。

そしてこの後、神戸の少し先に暮らすことに
なろうとは、思いもしなかったのであった。

***********************

薔薇が咲いた。
背景には、いちめんのどくだみ。
ひとつ、ふたつ、どくだみも咲いていた。


c0352015_21202085.jpg
どくだみの近くに薔薇の鉢を持って
来たのは、虫が来ないのではないかと
思ったから・・・。

目論み通り、確実に虫が少ない。

c0352015_21195742.jpg

苧環がまた咲いた。
終わったかと思ったら、またつぼみを付け出して、
今日、一輪咲いた。

c0352015_21193575.jpg
********************
*晩ごはん

にらたまご
ひじきと大豆のサラダ
鮭ほぐし

芋焼酎「黒伊佐錦」で。

c0352015_21201290.png

この時間が一日で、一番落ち着く。
ほっとする。


[PR]
by pass8515 | 2017-05-23 21:29 | 思い出ばなし | Comments(2)

夏仕様

日本全国、夏日のところが多かったようですね。

8時から、庭仕事開始!と庭に出たけれど
すっかり夏の日差しで、もう少し早くから
始めればよかったと後悔した。

c0352015_22054115.jpg

今日、やりたかったことはお隣にほんの少し
はみ出した植木を切ること。
ビオラと、ラベンダーの散髪と、
白いブラシのようになった十二単の刈り取り。
そして、ハートの種・フウセンカズラの
種まきを。

もう、蚊もいて虫よけスプレーをさっとひとふり。

十二単と入れ替わりのようにユキノシタが
咲き出した。

c0352015_22051671.jpg

ムラサキツユクサをガラスに生けて、
これで、今日はおしまい!

ちょうど、2時間。ぐったりした。

c0352015_22053308.jpg
ムラサキツユクサの長い葉は、いつも
人の手が伸びたようだなと思う。

夕方には一度、しぼむ花びら。
まだまだ、たくさんつぼみがついている。
順番に咲いて、くれるのかな🎵
c0352015_22052381.jpg
********************

午後から、昼寝をしていたら宅配便が届く。
母からだった。
すっかり夏仕様の、お菓子の詰め合わせ。
北山通「マールブランシュ」のマカロンと
パイナップルのケーキ。

マカロンに「夏」って書いてある!(笑)
色鮮やかで、いっぺんに目が覚めた。
c0352015_22050773.png
「だいぶん、遅れたバースデー菓子です。
皆さんで、召し上がってください」と
メッセージが添えられていた。

嬉しいと言うより、なんだか申し訳ない
思いで、いっぱいになる。

というのは・・・・。
私の誕生日の夕方、私から電話をした。
GW中に一度して、それからしよう、しようと
思いながら、ちょうどその日になった。

いつものように、世間話。近況報告。
私はひそかに「誕生日」の事を母が
言うかなと思った。
「あんた、そういえば今日誕生日やな!」
と、言うかな、言うかなと思ったけれど、
結局、言わずに、電話は終わった。
自分から、言うのもなんだか変だし・・・。

母は、その晩か、翌朝か・・・。
思い出したにちがいない。
で、出かけたついでにデパートに寄って
送ってくれたと思う。

親はずっと親。娘はずっと娘。

夕方、かけたら忙しそうだったから、
また、明日の朝ゆっくりと電話をしようと思う。

********************
*晩ごはん
サーモンのカルパッチョ
いかとなすのにんにく炒め

c0352015_22045812.jpg


[PR]
by pass8515 | 2017-05-20 22:44 | 日々の暮らし | Comments(0)

雨あがりのつぼみ

ひと晩降り続いた雨は、朝には小雨になって、
花にはちょうどいい雨だった。

お昼前には、明るくなってきて、カーテンを
開けて庭を見ると庭全体が輝いているような
気がした。
黄砂も洗い流されたようで、庭のしずくと
緑が美しかった。

初夏の花のつぼみが次々と・・・。
もう、咲いているお家もあるけれど、
うちの薔薇はとてものんびり。

c0352015_22165671.jpg

どくだみのつぼみはこんなにも小さいのだな。
わさわさの中に、小さくかくれんぼ。
c0352015_22164391.png

紫陽花も、むくむくと膨れだした。
c0352015_22154424.jpg
こちらは、隅田の花火
今年も咲いてくれそうで嬉しい。


c0352015_22160275.png
一株が増殖して、庭を埋め尽くしている
初雪かづら


c0352015_22152747.jpg
雨あがりのしずくを楽しみ、その反面また
草が伸びるなと思いながらも庭仕事は
来週にしようと思った。
今日は、ゆっくりとしよう。

午後から主人は出かけ、晩ごはんは久しぶりに
ひとりだった。
スナップえんどうをゆがき、
長崎産のいかをゆでただけの
超簡単スピーディー料理。
いかは、わさび醤油で、シンプルに。

たまには、米焼酎で・・・
糖分ゼロという焼酎を見直そうと思った。

c0352015_22174661.png

新ドラマ「みをつくし料理帖」を見ながら
ちびちびとやりました。幸せ~🎵
ごはん時に、ちょうどいい美味しそうな~
ドラマでした。

明日は、少し遠出の小旅行です。
旅先で会う友人へのお土産も用意して。

c0352015_22162836.png

[PR]
by pass8515 | 2017-05-13 22:51 | | Comments(6)

ともしび

今朝の「ひよっこ」では乙女寮の若い歌声が
響いていた。

ロシア民謡の「トロイカ」
激しく、迫力があって馬そり(トロイカのことらしい)
を走らせる様子がよく出ているなと思った。
静かなフレーズもあるなんて、知らなかった。

c0352015_21525246.png

そして、ロシア民謡があの当時若者の間で
流行っていたことや、シベリアからの引揚者
が日本に持ち込んだ曲も多いということも
初めて知った。自分が生まれた頃の話って
知らないことがいっぱい。

増田明美さんのナレーションの中で、代表的な
ロシア民謡の紹介で、今朝の「トロイカ」
「カチューシャ」そして「ともしび」が出て来た。

「あ!ともしび!」と聞いて、またまた私は
中学生の頃の事を思い出した(笑)

昨日の続編ではありませんが・・・・(笑)
良かったら思い出話におつきあいを。

ともしび」(ダークダックスがまたいい)
中学校の頃の校内合唱コンクールの課題曲
だった。
あの頃の私たちには、なんだか暗くて、重くて
難しい歌だった。
それに対抗するように自由曲は「かぐや姫」の
とてもポップなユーモラスな曲になった。
(題名は忘れました・・・が歌えます。)

少し冷めた感じのクラスだったのに、
、練習して練習して、なんと優勝!
重厚な課題曲と、ポップで笑いも起こった
自由曲とのギャップが良かったのかも知れない。

卒業式の後の教室で、歌おうという事になって
クラス全員でもう一度歌った。
昨日のようなキュンとした思い出とはまた
違って、最後に一つになったクラスのことが
思い出された。

~夜霧のかなたへ 別れを告げ
雄々しきますらお、いでてゆく~
今、聞くとじ~んと来てとてもいい曲だなと
思った。
(ダークダックスだからなおさら)

おおしきますらおって、何?
今朝のみねこではないけれど、ずっと思っていた。
歌詞を改めて見て、ようやくわかった。
雄々しき、ますらお(男の人)ってことなんだな。
戦場へ恋人を送る、哀しい別れの歌なのだなと
ようやくわかった。


********************

夕方、雨あがりの庭に出た。

ハーブが今年も咲き出していた。
レモンゼラニューム
c0352015_21525246.png
オレガノケントビューティー
芽がたくさん出ました。
花はもう少ししてからです。

c0352015_21522884.png

晩ごはんは焼きそばを。
家で漬けた紅ショウガ。
紅ショウガを漬けると焼きそばを食べたくなる。
あると、ないとでは、もう大違いだな。

c0352015_22224890.png




[PR]
by pass8515 | 2017-05-10 22:31 | 思い出ばなし | Comments(6)

すずらん

休みが続くと曜日の感覚もなくなり、
思わず今朝は生ごみを出し忘れかけた。

一日、飛んでいるからえらいこと!
危なかった・・・。
しかし、二日まだ休みがあるという解放感
でいっぱいだった。

一日雨だという予報が一週間ほど前から出て
いた。
しかし、結果的に夕方まで一滴も降らなかった。
昨日、水やりをしていて良かった。

すずらんが、何年ぶりかに咲いた!

c0352015_17464212.jpg

北海道でしか咲かないと、思い込んでいた
すずらんを古い友人からもらったのは
ここに引っ越しをして来て間もない頃。

しばらくずっと、咲いていた。
実家にも株分けして、実家では今も毎年
咲いている。
アジュガの紫とのコントラストがきれいだった。

増えて、増えて間引き過ぎたのか・・・。
いつしか、芽は出るけれど花が咲かなくなった。

代わりにすずらんに似たあまどころで
すずらんの幻影を思った・・・・。

c0352015_17474004.jpg
願いが届いたのか、スズランが咲いた!
やっぱり、可愛いな~。

c0352015_17464212.jpg

紫陽花の赤ちゃんもたくさん生まれた。

c0352015_17471455.jpg

春から、初夏へ。
5月に入るとあっという間に庭は初夏に
模様替え。


c0352015_17585461.jpg


*******************

蕗は冷やすとまた美味しい。
冷たい蕗と、筍がなんか好きです。

少し、汗ばむころのこの頃に
冷蔵庫でタッパに冷やした蕗と筍を
母がよく出してくれた。

私も、冷やした蕗がいつの頃か
好きになった。
先日、友人がお土産にくれた「はなこさん」で
おかか和え。
味がぐっとしまった。


c0352015_17480703.jpg

*お昼ごはん

車麩と蕗の炊き合わせ
納豆
れんこんきんぴら
こんぶの煮物
ちりめん山椒をふりかけて・・。


c0352015_17482997.png

今日は、撮りためた番組をまとめて見た。

☆星野源の「おげんさんといっしょ」

☆Eテレ・ドキュランド
「エリザベス女王VSダイアナ王妃」

☆新にっぽん紀行
広島・神石高原の紙飛行機タワー

☆つばき文具店 第4話

ジャンルはいろいろだが、それぞれに、良かった。





[PR]
by pass8515 | 2017-05-06 18:11 | 日々の暮らし | Comments(4)

ひよっこ

絶好のお花見日和だった。
この週末も雨の予報なので、まだまだ盛りの
桜が各地できれいな事でしょう。

職場の人が、吉野の「一目千本桜」の写真を
見せてくれた。上中下の三段階の山。
今は下の山が満開で、徐々に上まで咲き進む
らしい。山全体が桜の玉手箱。桜の花束。
なんて、表現したらいいのだろう。
写真でさえ見事なんだから・・。
実際に見たらどうだろう。まさに桃源郷だった。

桜のエッセンスをふりかけられたのか、
その人は、とてもいきいきとしていた。
また、日々をはりきろうと思ったことだろう。
共に、頑張ろう!ね。

4月からの朝ドラ「ひよっこ」が面白い。
そして、じんと胸に来る。

c0352015_18521875.jpg
あの実直なお父さんが出稼ぎ先で
消息を絶った。どうしたのだろう。
出した手紙が名宛人不明で帰って来て、
荷物を置いて宿舎から消えた。
そんなことを告げられたら、どれだけ
不安なことだろう。

子供たちに心配はかけまいと、
気丈にふるまう大人たちと、
その気配をどこか感じ取る
子供たち。
末っ子の男の子がジェスチャーで
雰囲気を盛り上げていた。

生まれた頃の話なのに、覚えている
はずもないのに、そこかしこに
懐かしさを感じる。
今朝は、炊飯器の内釜を木村佳乃が
セットするところ。
あの内釜のアルミの質感を思い出した。
私が物心ついたころでも、あのアルミの
内釜だった。細い持ち手がついて
いたと思う。
ごはん粒がすごくこびりついた。
母が水を張って、浮いたご飯で
お茶漬けをしていた。
軽く、一膳分はあった。

つつましく、懸命だったあの頃を
思い起こさせるドラマだなと朝が
楽しみになって来た。

c0352015_18523162.jpg
十二単も咲き出しました。

c0352015_18525588.jpg

*******************
*晩ごはん
あじの開き、小松菜の煮びたし、
にんじんソテー

青菜が瑞々しいですね♪
c0352015_18531815.jpg


[PR]
by pass8515 | 2017-04-13 22:08 | 日々の暮らし | Comments(8)

春はあけぼの

日に日に、暖かくなってきた。
昨日も今日も、コートは要らなかった。

伸びきったビオラを散髪した。
寒い所で咲くには咲いていたけれど、
葉もこげ茶色になっていて、バサッと
切ったら、根元には若葉がちゃんと育って
いた。
c0352015_22032414.jpg
春だな~。春が来るな~。

c0352015_22034836.jpg
昨夜、「アナと雪の女王」を久しぶりに見た。
録画して、後日に見ようと思ったけれど、
主人のお許しが出たので・・
(特に見たいものがなかった模様)
リアルタイムで夜・9時から見れた。
やっぱり良かった♫
CMが多いですけどね・・。

******************
今日のお昼は、主人がご馳走してくれた。
写真がうまく撮れず残念だったのだが
「あけぼの御膳」は春の食材が満載
だった。

あさり、菜の花、筍、木の芽、そら豆
桜海老・・・・文字で並べるだけでも
春があふれていた。

天然素材のだしの、おうどんがまた
美味しかった。

*晩ごはん
息子が帰って来て、久しぶりに3人で。

おでん、豚肉の野菜巻き、ポテトサラダ
白和え(春菊、こんにゃく、にんじん)

「サザエさん」を見ながら7時のニュースを
見ながら・・・
そして日々の話をたくさんした。

c0352015_22025574.jpg


[PR]
by pass8515 | 2017-03-05 22:24 | 日々の暮らし | Comments(4)

球根

今日は、また蒸し暑かった。夏日のところもあったようだ。
休日だったので、チューリップの球根を植えた。秋祭が終わると、球根を植える時期。毎年の恒例行事になった。

毎年、球根を買う所は様々だけれど、以前コープで注文した球根が一番良かった。それで、今年はコープの色も品種もおまかせの2箱、計70球を植えた。
チューリップの品種まではよくわからないので、とにかくわ~っと次々と咲くのが好きなので、おまかせに懸けてみることにした。
狭い庭ではあるけれど、70球を植えるのは、結構重労働だった。大きく分けて、3か所と、植木鉢とに植えた。
さて、どこからどんな色が、どんな品種が咲くのだろう。サプライズを楽しもう。

c0352015_23104382.jpg
このあと、買い物に行った。スーパーでは野菜ポイントという新たなシステムが現れていた。
野菜を買ったら、10ポイント加算。野菜高騰の中、少しでも買ってもらおうという狙いのようだ。しっかし高い!!大根298円、にんじん一袋298円。
ただ、もやしが残り5袋ほどだった。こんな時はもやしですね。
山口でだいたいの野菜は買って帰ったので、助かった。(道の駅・唐戸市場・・これよりは安かった)

ここで、思うのがなぜ野菜は高いと買えないのだろう。なんで、手が出ないと思うのだろう・・・。主人に問いかけると「お茶に行ったらコーヒー代の400円
は出すくせに~ランチも行くくせに~」と憎々しく言う。決まって言われる。
自分でも思う。しかし、理屈ではない。そういうものなんだ。刷り込まれたものなのだ。
「男の人は、渡されたメモをみて大根やったら、値段は考えんと、その通りに、絶対大根買うやろ・・」
「私らは、そんなことせえへん。そんな時は大根は買わない!ほかのものに、さっと切り替える!」と反論した。

毎度、野菜高騰の折の私たちの会話です。
****************
今夜の晩ごはん
かぶのポタージュ、かぶの葉の炒め物、かぼちゃの煮物、ひじき(にんじん、おでんの残りの練り物)、雑穀米。


c0352015_23104561.jpg
夜は、友人と会った。
豆菓子がいただける珈琲店に行った。今夜は暖かいココアにした。(520円)そうそう、これはためらいもなく出せますね~。
たまにはいいですよね・・・。
c0352015_23110567.jpg

[PR]
by pass8515 | 2016-10-26 23:42 | 日々の暮らし | Comments(6)

ホトトギス

夕方、山陰地方に台風が近づくと瀬戸内海側までも強い風が吹いた。髪の毛がものすごいことになりながら、自転車で帰宅した。

ホトトギスが咲いていた。強い風にあおられながら、まっすぐに、凛と咲いていた。3か所に植わっているがどれも蕾をたくさんつけている。
毛羽だったつぼみも、かわいらしい。

c0352015_19462989.jpg
実は、私はこの花の名前を知らなかった。義母がいつの間にか植えた花だが、聞く事もなく亡くなってしまった。
昨年の秋、ブログで「おどろおどろしい色をした花」と記事にしたらある方から「ホトトギスですよ。茶花でもありますよ」との
丁寧なコメントをいただいた。そんな、きれいな名前だったのか・・。忘れられない花となった。

あちこちから、花のお便りもまたブログの楽しみ。しばらく、我が家の庭はホトトギス一色です。

弁慶草も義母が植えてくれた花。星をちりばめたような、可憐な花です。
c0352015_19463258.jpg
カレンダーを注文した。来年も花森さんの絵で、毎日を彩りあるものにしようと思う。台所用とリビング用に・・・。

c0352015_19463310.jpg
*晩ごはん
根菜類をふんだんに
長いものグラタン(ジャガイモ・なす・たまねぎ・ソーセージ)、里芋の煮物

c0352015_19463689.jpg

[PR]
by pass8515 | 2016-10-05 20:58 | | Comments(8)

夏目漱石の妻

10月。とんと晴れない日が続いた9月だったが、また台風がやって来るかも知れない。
先週の休みは外出が続いたので、録画していた番組をいくつか見た。

c0352015_10241137.jpg

その中でも面白かったのはこちら。(こんな機能が出来たのですね)あまりにも有名すぎる文豪は、ロンドン留学から帰って来ると神経衰弱で、幻聴・幻覚・かんしゃく、家庭内暴力を繰り返すようになる。
その漱石を支える、妻・鏡子。実家に戻り、離縁も考えるけれど、「時々笑う顔を思い出すと・・」
「たくさんの本をあの人が読んでいる姿を思うと・・」
たった少しのいいことが思い出せれて、夫婦の縁を捨てきれないでいる。

そんな夏目家に野良の黒猫が迷い込み、大きな変化をもたらす・・・・。
小説「吾輩は猫である」の誕生で次週へ続くだった。

ここまでは、深刻ではないにしろ・・・夫婦の情とはどこもこんなものかとふと思った。
機嫌のよい時を思い出す。優しい言葉を思い出す。しょうもない冗談を思い出す。そして笑いあったことを思い出す。
そして、また何事もなかったように、日常に戻る。その繰り返し・・その繰り返し・・・である。

朝ドラ「カーネーション」以来、尾野真千子ファンなので、これは見逃せないと思っていた。
そして、また長谷川博己演じる、漱石の奇人変人ぶりもすごくいい。

****************
久しぶりにゆっくりとベランダから見下ろすと、庭が少しづつ変わっていた。
ホトトギスの蕾がたくさんついていた。赤マンマもわんさか増えていた。そして、弁慶草の細かなピンクが見えた。
c0352015_10060026.jpg
いつもの夏の名残の花と一緒に、ガラス瓶に挿した。
c0352015_10183041.jpg

[PR]
by pass8515 | 2016-10-01 22:47 | 日々の暮らし | Comments(0)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass