タグ:野の花 ( 33 ) タグの人気記事

連続ドラマ

新年度がスタートして、新しい連続ドラマ
が始まった。
お昼の「やすらぎの郷」は、台詞に耳を傾けて
いたら、あっという間に20分が過ぎてしまう。

ゆっくりと物語はすすむ。
「テレビに貢献した人が無料で入れる
老人ホーム・やすらぎの郷」
厳しい高齢者問題を敢えて夢物語
を交えながらも、現実を描いていくようだ。

同じ日に始まった「ひよっこ」も素朴で
優しくて、なかなかいい感じ。
夜道を出稼ぎの父の安否が気になって電話を
借りに行く母子。
「みねこだよん。」父の声をただ聞いた
だけで、あとは言葉もなくって・・。
なんだか、じーんときてしまった。

******************
こんな、新年度のスタートを切ったの
だったが、ちょっとしたトラブルに見舞われた。
原因は、ポテトサラダ?
c0352015_22022098.png
昨夜、晩ごはん食べてくつろいでいたら、
両手に湿疹が出ていることに気がついた。
手の甲から、手首にかけて。
何が原因だろう?(不思議と痒くはない)
いろいろ、考えてもアレルゲンがわからない。
ただ、このポテトサラダはいつもよりも、手が
かかっている。(私にとっては・・)

「暮しの手帖」に載っていたポテトサラダ研究会
の、レシピを元に作った。
きゅうりと、玉ねぎを塩もみして、水気をよく
絞って、1センチ角のハムとマヨネーズで合える。

塩もみして、水気をよく絞るというひと手間が
一味も二味も違うポテトサラダに仕上がった。
美味しかった。
週末に作って、また作りたくなって昨夜も作った。

この、きゅうりと玉ねぎを塩もみして、素手で
絞る・・・野菜の汁がかぶれの原因ではないか?
と、主人が言った。

確かに、絞った野菜の汁が垂れる箇所が
きれいに?かぶれている。ぴったりと合う。
きゅうりか?たまねぎか?

今までは、大丈夫だったとしても疲れ・ストレス
がたまっているときに、症状が出る時もある。
このポテトサラダはまた作りたくなるけれど、
今度はゴム手袋をしよう・・。

2日目の今夜。まだ、湿疹がひかず・・・。
皮膚トラブルは私にとって一番のダメージ
なんだなあ。
c0352015_22024424.png
先日、フラワーセンターで
おだまきを買いました。
初めての花を育てるのは、とても新鮮な
気持ちがします。

c0352015_22012909.jpg
横顔も・・・どうぞ。
c0352015_22015171.jpg







[PR]
by pass8515 | 2017-04-05 22:27 | 日々の暮らし | Comments(8)

椿がぽとり・・・

日曜日、一番に花を見に行ったのは、
県立フラワーセンターだった。

フラワーセンターも隣の加西市にあり、
久しぶりに訪れた。
息子が産まれて、初めてのおでかけが
このフラワーセンターだった。

秋生まれ、首が座ったら、暖かくなったら・・。
4月のおでかけを私は心待ちにしていた。
こちらの土地勘にまだ疎く主人が
連れて行ってくれた。

ベビーカーで、連れまわるにも適度な
敷地と勾配と、込み具合。
あの時は、チューリップが盛りだった。

当時の写真を引っ張り出そうと思ったけれど
時間もなく、泣きそうになるのとでやめときます。

実に30年ぶりのフラワーセンター。
チューリップは、地植えはまだまだ小さくて、
おそらくGWに照準を当てて植え付けしたと
思われる。

c0352015_20424213.jpg
温室のチューリップがとても華やかだった。
温室の暖かさに救われた。
桜も咲かないはずである。
寒い・・・。寒い・・・。

c0352015_20425091.jpg

池のほとりを歩きながら「つばき園」
についた。

c0352015_20404633.jpg

写真を撮っていたら、ぽとん、ぽとんと
音がした。椿が丸ごと落ちる音だ。

c0352015_20403739.png
花びらがひらひらでもなく、それごと
ぽとんと落ちる椿。
精根尽き果てたけれど、美しい姿のまま
生涯を終える・・・。椿の潔さを思った。
c0352015_20411733.jpg

あちこちで、ぽとん、ぽとん・・・。

c0352015_20405919.jpg
c0352015_20410260.jpg

フラワーセンターは、なかなか広い。
かなり歩いた。
これからかき入れ時のお客様
を迎える花壇の準備が今まさに、始まった
というところだった。

c0352015_20420349.jpg
最後の主役は、白木蓮。
遠目からも、ひときわ目立ち、ここに
たどり着くのが楽しみだった。

c0352015_20413037.jpg
白木蓮を撮っている時、老夫婦の
会話が良かった。
ピンク色の木蓮が、木蓮というのに対し
この白い木蓮を白木蓮という。
とご主人が言った。
「白蓮?・・あ、違うかしら・・」
と奥さんが言った。たぶんあの白蓮を思って
奥さんは言ったのだろう。私も仲間由紀恵が
出てきたれど、とんだ勘違いだった。

「あ、あんまり花に顔を近づけたら
あかんで、蜂がおるかもしれんで・・」と
ご主人がさりげなく、注意されていた。
とても、微笑ましかった。
c0352015_20392192.jpg





[PR]
by pass8515 | 2017-04-03 20:54 | おでかけ | Comments(10)

ミモザに誘われて

隣の加西市に、さぬきうどんを食べに行った。
本場讃岐で修業をした人が、開業している
製麺所がある。

ここに行く前に、「北条鉄道」というローカル
鉄道の踏切を渡る。
「法華口駅」駅舎の前の、ミモザが見事だった。
ミモザシャワー!
帰りに寄ろうと、先にうどんを食べに行った。

c0352015_22220397.jpg
うどんを食べてから、
駅舎に立ち寄るとものすごい人だった。
小さな、小さな駅に人と車がいっぱいだった。

みんなあのミモザを見に来ているのか?
駐車を案内する人に聞いてみると、
「いえいえ違います(笑)
金曜日にテレビで取り上げられたんですよ
この駅が・・・・」

c0352015_22210346.jpg
その人によると、関西ローカル・午後からの
情報番組「ちちんぷいぷい」で、パン屋さん
の人が(兼女性駅長さん)
電車が見えなくなるまで
見送るシーンが話題になったらしい。

その見送りシーンを皆見に来ているらしいのだ。

もう一つ、ピンと来なかったので、私は
やっぱりミモザが気になった。

小さな駅舎内にあるパン屋さんも大盛況。

c0352015_22231900.jpg
c0352015_22212012.jpg
電車が来るまでの20分ほど。
ホームの向い側に廻ってミモザを
たくさん撮影した。

ミモザは青空がとても似合う。

c0352015_22223672.jpg

ミモザのシャワーを浴びてとても幸せな
気持ちになった。
c0352015_22222436.jpg
桜はまったくだったけれど、ミモザに
会えてよかった。
c0352015_22223474.jpg
桜が満開ならば、桜色と黄色が
とてもきれいだろうなと思った。
c0352015_22222041.jpg
さて・・・。電車が来た。
至近距離での「撮り鉄」は初めてだから、緊張した。
失敗は許されない・・・。
c0352015_22242428.jpg
あっという間に通り過ぎ、
そしてあの場面を見た。

電車が見えなくなるまで、腕をまっすぐ
ピンと上げて手を振っていた。
背筋がピンと伸びて気持ちが良かった。
c0352015_22234035.jpg

余談ですが、「サザエさん」のオープニングで
この駅が出て来ました。びっくりしました。
女の人が、同じように手を振っています。
こちらは、全国放送なので良かったらどうぞ。
(4月~6月は、兵庫県編)

うどんから、ミモザ。思いもかけない出会いだった。

今日は、この前にもたくさん花を見ました。
そのことは、また明日に。

c0352015_22205034.jpg






[PR]
by pass8515 | 2017-04-02 23:00 | おでかけ | Comments(6)

花を見つけに

4月になっても、桜がつぼみのままなんて、
こんな事、今まであっただろうか・・・。
満開ではないにしても、ちらほらしても
いい頃なのに・・・・。

土手の桜のつぼみは、いくらか開きかけて
いた。
あと、もう少し・・みんな待ってるよ。
c0352015_17551000.jpg

土手で写真を撮っていたら、小鳥が前を
ちょんちょんと、歩いていた。
c0352015_17544909.jpg
まるで、花案内をしてくれるように、私の
前をはねて行った。
c0352015_17545801.jpg
桜が、全然ですね~と、話をしていたら
そちらの山(私の家の裏山の事)の山桜
咲いてますね~と、情報を得た。
ベランダから、見える山なのに、まったく
気がつかなかった。ばたばたしてると
いけないな・・。

早速、見に出かけた。
わあ~咲いてる🎵咲いてる🎵
c0352015_17554284.jpg
c0352015_17553163.jpg

桜を追いかけるが、なかなかじっくりと
向き合える時間があるようでない。
今年は、お花見できるのかな~。

その代わり、群生している花を見つけた。
畳一畳分くらい・・・
群生と呼ばせていただきましょう。


c0352015_17555653.jpg
c0352015_17543830.jpg

*****************
今日は、午前と午後、2回花を見つけに
散歩に出かけた。

晩ごはんは、ほたるいかのかき揚げに
することにした。

c0352015_17540534.jpg
4月
カレンダーをめくると、花盛りでした。
c0352015_17534654.jpg




[PR]
by pass8515 | 2017-04-01 22:53 | 日々の暮らし | Comments(4)

二枚の絵

私の、4連休も最後の日になった。
毎日、お天気続きのお彼岸も珍しいのではない?

家の事も片付いた。
冬ものを洗ったり片付けたり・・・。

玄関先に飾る絵葉書を選んだ。
好きな時間・・🎵
春らしい淡い色あいを探すけれど思うような
ものがなくて、一枚はこの絵にした。

児島虎次郎
「睡れる幼きモデル」
大原美術館蔵

服装からしてきっと、春先にちがいない。
と、勝手に思っている。うとうとした
かわいらしさがなんとも言えない。
c0352015_17443341.jpg
もう一枚がなかなか見つからなかった。
ふと、一枚の絵に目がとまる。

エドゥアール・ヴェイヤール
「室内」
プーシキン美術館展にて

c0352015_17460780.jpg
二枚の絵は、同じ部屋ではないかと思う
ほどよく室内の様子が似ていた。
カーテンと、テーブルクロスの柄が似ている。
敷物は同じ柄ではないか・・・。

何度も見比べ、楽しくなった。
どちらも、1900年代初めの頃の作品

水仙をガラスに挿して・・。
飾りました。
c0352015_17450468.jpg
c0352015_17451969.jpg

ブログのお友達のお庭情報を見ていると、
うちの庭ももしかして・・と思って
庭に出たら、アネモネが咲いていました。
たった、一輪大きく開いていました。

c0352015_17444421.jpg


c0352015_17454731.jpg
明日は、久しぶりの雨の予報。
花たちにも、うるおいが大切ですね。


[PR]
by pass8515 | 2017-03-20 21:44 | 日々の暮らし | Comments(4)

淡路島

いっそう、暖かくなった。
春風に誘われて、散歩に行ったり、庭に出たり
・・そうして、午前中を過ごした。

アネモネのつぼみが、だんだん開いて来た。

c0352015_21550087.jpg

c0352015_21544930.jpg

昨日、お昼も晩ごはんも外食したせいか、
膨満感と、消化不良がハンパなく、
どうも調子が悪かった。

お昼は、水族館で「蛸・たこ定食」を食べた。
たこ焼きが浮かんだうどんと、蛸めしの
セット。

晩ごはんは、鯛の薄造りと、ネギトロ巻きを
ゆずハイボールで流しこむ。
どれも、そうしつこくもなく美味しかったのに、
どうも最近胃腸が弱っているようだ。

温泉の食事処で、男性のお客さんたちが、
大きな声でしゃべっていた。
お風呂上りのいっぱいで、上機嫌の様子。

先日、亡くなった渡瀬恒彦さんの事が
聞こえて来た。
「72歳は、若いわ~」・・で病気の話に
移った。

ふっと、窓の外を見ると、渡瀬さんの生まれ
故郷の淡路島が見えた。
渡哲也さんが淡路島ご出身は有名な話だが
渡瀬さんも当然、同様で今回改めてニュース
で、知った。

渡瀬恒彦さんと言えば、「ちりとてちん」
の落語師匠を思い出す。
「野辺へ出てまいりますと~ひばりがぴーちくぱーちく・・・」

淡路島を眺めながら、72歳は若いなと、
私たちも話をした。
c0352015_22065113.jpg
*******************
*晩ごはん
また、息子が帰って来た。
コロッケを携えて。

サーモンお刺身、あさりのバター蒸し
大根煮物、小松菜煮びたし・・。

調子が悪いといいながら、少しづつ
私も箸がすすんだ。
c0352015_21542266.jpg

[PR]
by pass8515 | 2017-03-18 22:18 | 日々の暮らし | Comments(2)

ひとりの時間

2月はやっぱり逃げる。
あっという間に過ぎ去りもう最後の週末。

日曜日はようやく家でゆっくりと過ごせた。
・・花も、少々ほったらかしで。
オレガノがいい感じのドライになっていたので、
切ってそのまま飾ってみた。

c0352015_16241012.jpg
久しぶりに庭に出るとあちこち芽吹いて
いた。窓を開けるたびに
部屋からも確認できたけれど、
スリッパを履いておもてに出ること
そのものが億劫で、見て見ぬふりだった。

その間に、ずいぶん芽も伸びていた。

チューリップ
70球、植えたから春には咲き乱れる!
の予定である。
c0352015_16232450.jpg
貝母(あみがさゆり)
名前そのものの、あみがさぶりに感激したものだった。

c0352015_16235780.jpg
津和野のつわぶきも新しい葉が出ていた。
c0352015_16231121.jpg
秋の主役のほととぎすも、もうこの秋に備えている。

すごいな~すごいな~。
吹きすさぶ寒風と、霜と、そして私の無関心
も、全然平気。
立派に芽吹いている。

c0352015_16244595.jpg
*******************
足りないものだけを買いにショッピングモール
へ行った。
本屋に寄って、桐島カレンさんの表紙の
雑誌を立ち読みする。

「ひとりの時間」をいかに過ごすか。
いかに大切にするか、巻頭特集を
さあ~っと読んだ。

50代は、家族のこと、仕事のこと、親のこと
そして、自分の体のメンテナンス。
考えることがいっぱいで・・。
こんな時期だからこそ、
自分だけの時間を手に入れられたらどんなに
楽しいことか。

行きたい場所にいく。おいしいものを
食べに行く。
目的も決めずに散歩する。

あ~。本当にそうだな。
ひとりの時間ってあるようでなかなか
取れないな。
その時間、気を休めることが
大切なんだな~と思いながら読み進める。

主人と別れて(ショッピングモール内で)
行動して、集合時間までの1時間半余りの
この本屋での時間も、「ひとりの時間」
たっぷりと立ち読みができた。

ひとりの時間は、やがて来る老後の
おひとりさまの練習、心の準備にもなるのです。
と、上野千鶴子さんの提言も合わせて読む。

******************
お昼ごはんは、昨日の残り物に
キムチと納豆を加えて。

2人分の分量調整を試行錯誤。
2日分と私のおべんとう用にすれば
今までの量で、いけるかな・・。

そして、録画していた今森光彦さんの
番組「オーレリアンの庭・冬編」を見る。
教えていただけなければ、見逃すところだった。

c0352015_16585390.png

「ひとりの時間」をもっと充実させる
ために、空いた息子の部屋を私の
PCの部屋にしようと、計画中。
うっしし・・・・。


[PR]
by pass8515 | 2017-02-26 21:21 | 日々の暮らし | Comments(4)

山茶花

花が少ないこの時期に彩りを添えて
いるのが山茶花。

お正月に訪れた善峯寺でも満開だった。

c0352015_23151829.png




c0352015_22034254.jpg

実家の山茶花もまた満開。
たくさんの花とつぼみが
出迎えてくれた。
c0352015_22143845.jpg

山茶花をしばらく撮影して、散歩に
出かけた。


c0352015_22055440.jpg


堤防までの畑の道は、人気もなく
昔からさみしい道だった。
あの頃は野犬も結構いたりして、
母が子どもだけで行ってはいけないと
口を酸っぱくして言っていたので、
今でも刷り込まれているのか、
どこにでもある畑の道なのになぜか寂しい。

本当に誰にも会わない。
主人と私だけ。
ひとたび、堤防に上がると
歩く人、走る人、自転車の人。
結構、人通りがあるからほっとする。

c0352015_22062909.png

土手沿いには水仙がもう咲いていた。
しばらく、3月並みの気温が続き
暖かったが、今朝からぐっと寒くなった。
c0352015_22031395.png
***************

帰宅してお茶を淹れた。
お茶菓子は「雲龍」で。

c0352015_22453393.png
c0352015_22051674.png

[PR]
by pass8515 | 2017-01-05 22:33 | | Comments(4)

スウェーデン

昨日、一日中降っていた雨は朝には上がり、また寒さがすすんだような気がした。
旅に行っていた職場の人は、雨でさっぱりだったと言っていたけれど、晩秋の旅を
それなりに、満喫してきた様子。

私は、昨日は一歩も外に出ずに家で過ごした。午前中はPCとにらめっこで、写真
の整理をしたり、編集をしたり・・・・。
ついでに住所録をまとめようと思ったけれど、それは12月の暇~な日に
またするとして、午後からは録画していた関口知宏さんのスウェーデン鉄道の旅を見た。
(スウェーデン鉄道の旅をクリックしてくださいね。)↑色が同じですね・・。
*庭の崑崙花(コンロン花)
白い葉っぱ。夏の花だけどこれだけ花のように白かった。

c0352015_22063056.jpg
この人はいい仕事をしているなあと、主人といつも言っている。
今回もわずかな夏の時期・太陽の光を楽しむスウェーデンの人々との様々な出会いがあった。

とても印象に残ったのが「税金について」
世界で有数の福祉国家で、その分、税金も高いスウェーデン。
収入の半分が税金。しかし、医療・教育は無料。
関口さんが公園で出会った、子育て休職中のパパも国有アパート
に住んでいて、「僕たちは税金が大好きなんだ」と信じられない
ことを言っていた。
関口さんも、そんなこという日本人は誰もいないよ。
と、びっくりして笑っていた。

育児休職中でも、8割の給料は保証され夫婦合わせて480日まで
休暇が認められているらしい。
制度がしっかりとしているから、恩恵を約束されているから誰もが
税金を払うことを、当然のことと思っているのだろう。
必ず、見返りがあるから・・。未来の安心のために払う税金。

決して、取られる!とか、持っていかれる!とか・・。
無駄に使われる!とか・・。
そんな感覚はないんだろうな。

関口さんは、問いかけていた。
日本も同じ方向を向いているはずなのに、どこでどう間違えたのだろう。
年間の半分が雪に閉ざされた厳しい気候。
「備え」「準備」という観念が根強いから、社会制度もきっちりと
しているのだろう・・みたいなことを最後に結んでいた。

1時間半。私もまだ見ぬ北欧をともに旅をしたような気持ちになった。

*******************
*庭の千両の実


c0352015_22063471.jpg
*晩ごはん
お好み焼き
かつお節をたっぷり!
c0352015_22064080.jpg

[PR]
by pass8515 | 2016-11-28 22:52 | 日々の暮らし | Comments(8)

皇帝ダリア

週末、須磨離宮公園で私も皇帝ダリアに出会った。
駅に向かう住宅街でも、空に向かって紫の花を咲かせていた。

この晩秋の頃にこの花を見ると、いつも思う。
まるで、初夏の花、清々しくて、青空と太陽がとてもよく似合う。
c0352015_21575724.jpg
庭の垣根からにょきっと顔を出している皇帝ダリアは、違和感が少しありながらも秋から冬への景色になった。
一度、気になるとあそこにも、ここにも、とっても目立ちます。
c0352015_21561461.jpg
昨日、神戸でランチをした「ケーニヒス・クローネ」で、ひとつお土産を買ってきた。
「アルテナ」という、栗入りケーキ。
ずいぶん前に、子どもたちに母が京都のデパートから送ってくれた、この「アルテナ」とパイ菓子の詰め合わせ。
なんて、美味しいの?そして、ゴージャスなの?と感激して、しばらくこれはドイツのお菓子と思い込んでいた。
・・神戸発でした。
c0352015_21535881.jpg
チョコケーキと、抹茶ケーキのハーフ&ハーフで・・。
しっとりしていて、栗も柔らかい。
レモン・ジンジャーティ(ティーバッグ)と一緒に、お茶の時間。

c0352015_21571078.jpg
今宵はスーパームーンですが、こちらはずっと雨でした。

[PR]
by pass8515 | 2016-11-14 22:19 | | Comments(2)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass