くちなしの香り

帰宅してから、庭に回ると、甘い香りがした。
ココナッツ?ハワイの免税店のにおい・・・・と、とっさに思った。

くちなしの香りだった。
今年は、例年よりもたくさん、花が咲いている。
それだけ、香りも強い。

c0352015_21103818.jpg

額アジサイも当たり年。
ベランダから見ると、平らに整列して咲いているのが、きれいだった。

c0352015_21124774.jpg

c0352015_21132620.jpg






[PR]
# by pass8515 | 2018-06-21 21:16 | 日々の暮らし | Comments(1)

歓喜

昨夜は、爽快だった。
久しぶりに、おもしろいサッカーの試合を見た。
祈りながら、見た。

息子がいた頃は、何かしらサッカーの話題が出てきていたけれど、昨夜はまったく知らない、初めて見る選手もちらほら。
時の流れを感じた。

普段見ないサッカーだけど、ワールドカップだけは見ます。
世界のトップスターがそろう真剣勝負、必ず番狂わせがあって、何が起こるかわからない。

昨夜だって、まさか3分で、相手が10人になるなんて。
でも10人になっても、調子を崩さずに、最後まで見ごたえのある試合だった。

さあ、次はセネガル戦!
日曜日の深夜だけれど、頑張って起きて見ようと思います。


c0352015_21391147.jpg
*************************

昨夜の大雨は、ずっと降り続いた。
地震で、地盤がゆるんり、屋根にブルーシートをかぶせたおうちは、心配な夜だったと思う。
余震が続くから、避難所にとどまる人もいて、ニュースを見ると気の毒に思う。


c0352015_21382155.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2018-06-20 21:39 | 日々の暮らし | Comments(4)

静けさ

昨日の夕方、帰宅してからもう一度、母に電話をかけた。
お昼のニュースで、地震の被害がだんだんと明らかになっていたから・・・。

食器棚の中の器が倒れていた。
「2つ重ねたのは、どうもなかったなのに、3つ重ねたのは、こけていた・・」
と言っていた。

そして、母は地震の前、えらい静かだなと思ったらしい。
いつになく、し~んと、世の中がとても静かで、「お父さんに、今朝は、なんか静かやわ~と言おうとしたら、ガタガタと来た~」
と言っていた。

前触れ。
動物や鳥が、異変を察知して、いなくなることもあるらしい、そんな話を聞いたことがあるよ。
なんて、ことを話した。

****************************

ブロック塀が、こういう事になったからと、一斉点検が始まった。
市は違法と認めたけれど、そんなこと最初から、わからなかったのだろうか。
学校なのに、大事な子供を預ける場所なのに・・・。
早朝に、一人出かけた、女の子がかわいそうでならない。

先月訪れた、大山崎山荘美術館からの眺め

c0352015_21243531.jpg

c0352015_21211258.jpg
今夜は、日本代表の初戦!
どうかな~。でも、応援しよう!


追記
コロンビア戦、勝利!
やりました!



[PR]
# by pass8515 | 2018-06-19 18:47 | 日々の暮らし | Comments(2)

今朝

今朝の地震には驚いた。
朝、8時前。「こころ旅・月曜版」を見ていた。今週から兵庫県。

突然、携帯の不穏な音が鳴って、テレビの画面が「緊急地震速報」に変わった。
まもなく横に揺れ、少しおさまったかと思えばまた揺れた。
すぐに、実家に電話した。
母はベランダに出ていたらしく、「立ってられへんかった」と言った。
声がとても心細そうだった。
息子からもLINEが来て、祖父母の事を心配していた。

いつもと同じような、一週間の始まりだったのに、電車も止まり、職場にたどりつけない人で駅はあふれた。

そして、古いブロック塀が倒れて、亡くなった人もいる。
だんだんと被害が明らかになって、地震の怖さをまた改めて思った。

**********************
晩ごはん
ゴーヤの夏がやって来た。
ツナと炒めた。

c0352015_18332427.jpg
夏野菜ラタトゥイユ

c0352015_18324414.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2018-06-18 18:35 | 日々の暮らし | Comments(4)

窯焼きたまねぎ

梅雨の中休み。
海の見えるアウトレットに行った。
淡路島が見える。
淡路島へ渡る、明石海峡大橋が見える。

青空が広がって、海風も心地いい。

c0352015_15033136.jpg

ぶらぶらと、お店を見て、早めにランチを取った。
このアウトレットに、来れば、たいていテラス席に着く。
目の前の景色がまずごちそう!

c0352015_15033241.jpg
ピッツァを待ちながら、てんこ盛りのサラダビュッフェの野菜からいただく。
淡路産の野菜が、売りのお店のようで、プチトマトが甘かった。
そして、淡路産たまねぎ「窯焼き玉ねぎ」がもう、たまらなく甘かった。

ピッツァの窯で、焼かれたのだろう。
新玉ねぎがこんがりと・・・♪(遠くから見るとクロワッサンかと思った(笑))

飲み物は、ルビーグレープフルーツやレモンなどの果物が丸ごとタンクに入った、
フレーバー炭酸水!(はまりに、はまってます)

***鳥(すずめ)が、狙っているので、ビュッフェに取りに行くときは、一人ずつ取りにいくようにしてくださいと、最初に言われた。
私が、てんこ盛りで戻って来た頃には、夫のお皿は空っぽに・・・***

c0352015_15033245.jpg
メインのピッツァがやって来た。
生ハムとルッコラのピッツァ。適度な塩味で、とても美味しかった♪

c0352015_15033220.jpg

お腹が膨れて来たけれど、あの「窯焼き玉ねぎ」の甘さが忘れらず、お代わりを。
こんなに甘さが、引き出されるのか・・・。
周りの人も、口々に言っていた。「玉ねぎ、あまっ!」

c0352015_15033284.jpg

ランチの後、夏物を、少しだけ買った。
夏は、涼しさが何より!そんな素材とデザインのブラウスを買いました♪



[PR]
# by pass8515 | 2018-06-17 18:01 | おでかけ | Comments(0)

ワールドカップ

ワールドカップが始まった。
ブログを始めて3年の私は、初めてのワールドカップイヤーである。

語りたい。
我が家におけるワールドカップを語りたい。

野球好きに加えて、サッカー好きの夫の一面を知ったのは「ドーハの悲劇」に出くわした事だった。

たまたま、寝しなに、つきあいで見ていた私は事の重大さを始めて知る。
夫の落胆。何より世間の反応。えらいこっちゃ!
ワールドカップとは、それほど数奇で偉大な事なのか。
知らなかった。

ほどなく幼い二人の息子は、親が特にすすめたわけでもないのに、サッカーにのめり込んだ。
地域のたった小さなサッカークラブだったけど、意気揚々、二人の活躍が何よりも楽しみだった。
  
フランスワールドカップを経て、歓喜に湧いたあの日韓ワールドカップ。 
二人は中学生になっていた。

イングランド代表が淡路島に拠点を置き、神戸でカメルーンとの親善試合。
ベッカム見たさに一家で行った。
世界レベルのサッカーとは、こういうものか。
当時のスーパースター…ベッカムはただウォーキングアップだけの出場なのにスタジアムが湧いた。
だんだんとルールがわかり選手がわかり、わきに湧いたあの日韓ワールドカップだった。

・・・当時の同僚、男性社員は、ワールドカップですよ!
あのワールドカップを日本でやるんですよ!すっごい事なんですよ!
と、私に教えてくれた。
ひんしゅくも顧みず、有給とって必ずワールドカップ開催地に赴く彼は、今はロシアにいるのだろうか。

ドイツ、南ア、ブラジル、いつの時も夜中、明け方おかまいなくどっちかの息子・夫と固唾を呑んで観ていた。

さて始まった。
今期は、息子らはもういない。
それぞれの地で、観ている事だろう、ロシアワールドカップ

今夜は、フランス対オーストラリア。
ジダンもアンリもとっくにいない。
今のフランス代表って?という会話から、夫婦で観戦した。

19日は、日本代表初戦だ。
不安しかないと、どこかのMCが言ってたなあ~。
そんな時こそ、金星があるのですよ。
なんて、期待しながら応援したいと思います。

******************

百合が咲いた。
根本のどくだみを必死に刈っていたときに花粉が付いたのだろう。
家に入って、鏡を見ると、あごか黄色かったのにびっくり!

c0352015_21211963.jpg
紫陽花を籠に盛る。

c0352015_21194950.jpg
フランスとイタリアのお手頃炭酸水♪


c0352015_21202939.jpg
久しぶりに、おかひじきをゆがいた。
しゃきしゃき。お醤油をかけていただいた。

c0352015_21180150.jpg
サーモンのお刺身、夏野菜グリル

c0352015_21190682.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2018-06-16 19:54 | 思い出ばなし | Comments(2)

すっかり、定番

昨日、映画の後はあまり時間がなかったので、慌ただしく買おうと思っていたものだけを求めた。

映画館から、ホテルモントレを経て、駅ビルへ、屋根付きの通路が出来上がっていてとっても便利だった。
駅から、映画館へ直結した。

映画館を出ると、雑貨店を通りかかった。
ちらっとだけ見た。
そしたら、とっても履きやすそうな、柔らかそうな靴が、私を呼んでいた(笑)
履いてみた。軽い、履いていることを忘れそうなフィット感。
5パーセントオフ。映画チケット提示でさらに5パーセントオフ!
惜しげない値段だったので、衝動買いをした。
夏に向けて、短めソックスを履いて、ワイドパンツでいい感じ♪
c0352015_17514898.jpg

友人宅に、近々お邪魔するので、手土産を♪
すっかり定番 になったモンロワールのチョコレートをと思った。
私が初めて、これらのチョコレートを知ったのは、息子がもらって来たバレンタインチョコ。
木の葉のチョコが可愛くて、とても美味しかった。
それから、職場でも何かというと、ここのチョコが誰かからの頂き物として、置かれており、今現在も休憩室にある。

c0352015_14122546.jpg

駅ビルの地下に出来てから、じわじわと来ていて、すっかり定番になったようだ。
でも、自分で買うのは初めて・・(笑)
木の葉のチョコもバリエーションがたっぷり。迷った。迷った。
あと、リンゴのチョコレートも買ってみました。
ホワイトチョコがとても美味しい!りんごの切り身に合わせた歪な感じがいい。

そして、「フィーカ」を楽しみました♪

c0352015_17534158.jpg

久しぶりに、ベーグルも買った。
いちじく、豆乳えだまめ、メープルウォールナッツ、ヴォルケーノ
朝の楽しみだ。

c0352015_14130704.jpg
お城の紫陽花をたくさん映した。


c0352015_17552728.jpg
c0352015_17544142.jpg
週末は、庭の咲き終わった部分の紫陽花やどくだみを、摘みたいと思います。


[PR]
# by pass8515 | 2018-06-15 18:23 | おいしいもの | Comments(4)

「あなたの旅立ち、綴ります」

せっかく、駅前に立派で、待ち望んだシネコンができたけど、これと言って観たいと思う作品にそうそう、出会わなかった。
アニメか、アクションか、近未来系か・・・・が、やはり大半を占めている。
いくつかあった映画館を、ひとつにして、それぞれの配給会社のそういうものを寄せ集めた感じ。

いつか、実話を基にした「ベトナムの風に吹かれて 」を神戸まで見に行った時に、たまたま舞台挨拶に出会い、大森一樹監督も言われていた。
「中高年の方、今、シネコンで見るものありますか?ないでしょう~だから、こういう映画を作りたかったんです。」

しかし神戸まで出れば、見てみたいな~と思う映画は結構ある。
ミニシアター系。おしゃれなフランス映画、考えさせる映画、見ごたえのある映画。
大作ではないけれど、見て良かった、いつまでも心に片隅に生き続ける映画。
しかし、そうは行けない。

c0352015_14135771.jpg

いつも素敵な映画を紹介してくださる、ユミさんのところで知った「あなたの旅立ち、綴ります
本日限定で、上映されるということで出かけた。
月に一度でも、なかなか見れない作品をこうして、近くで観れるのは嬉しい事。

80歳を過ぎた、広告会社の元女社長は、自意識が高く、傲慢、自分で何でもやらねば気が済まない。
レモンを切るのも、植木を刈るのも、自分の髪の毛さえも、人がやるのが気にくわず、やり直す始末。
当然、皆から疎まれている。元同僚も、元夫も、そして娘とも長らく絶縁状態。
ある日、新聞のお悔やみ記事に目に留まり、自分の訃報記事はどんなふうに扱われるのか気になった。
これこそ、自分がプロデュースしなければ!
自分の素晴らしかった人生。人まかせになんかしてられない!

こうして、新聞社の訃報記事担当記者と出会い、慈善事業で黒人少女と出会い。
孤独で傲慢だった老女は、変わっていく。

外国映画ではよく出てくる一般人でも訃報記事を載せる習慣。
その人となりや、足跡・功績を記事にするようだが、その時だけ取り繕っても、生きた証を、どの人の胸にもそっとしまわれていたなら
それでいいと思う。
人生の終わりに、あ~いい人生だったと自分で思えればそれが何より。
そして、そのために一度きりの人生を悔いなく、やりたいことをやっておきたい。
見た後、前を向いて歩いていけそうな、映画だった。

平日だったし、それほどかと思ったけれど、なんの、なんの!
中高年女性や、ご夫婦連れがとても多かった。
今、話題のカンヌ作品の方かな?と思ったけれど、意外にも「綴ります・・」も多かった。

気にはなった。どっちを見よか・・としばし迷った。
でも、前向きになれるなら、やっぱりこっち!と思ったので、本作を見た。
話題作の方は、レンタルでも、いつかは見てみよう。


c0352015_14113879.jpg
*********************

映画の時間までしばらくあったので、お城付近を散策した。

c0352015_14100025.jpg

朝早くにお城を歩くのは、初めてだな。
きれいに、晴れた朝なのでワイドで映した。

紫陽花がこんなに至る所に咲いていたなんて、気がつかなかった。
奥まで、行ってみたのは、いつかの職場のお城の清掃活動の時以来かな。
あの時は、真冬だったから気がつかなかった。

c0352015_14085026.jpg
桜の時期は、まあそれは、見事だけれど、紫陽花もそれはそれで、ひっそりと美しい。

c0352015_14105018.jpg

昨年の紫陽花の頃、この辺りに父の車いすを止めて、一緒にお城を見たことを思い出した。

c0352015_14150785.jpg

歩いたら喉が渇いて、炭酸水を買って、映画まで、また時間をつぶす。
映画館下のスーパーのイートインコーナーは、そういう人たちでにぎわっていた。
私も、一服。あ~幸せ♪

c0352015_14080025.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2018-06-14 15:38 | 映画の日 | Comments(6)

フィーカ

もう、夏のような雲だった。
ぬけるような青い空。あ~夏が来るなと思った。
梅雨は、少しだけお休み。
まだこの暑さは、大したことはないけれど、夕方になると疲れがどっと出た。

c0352015_21591633.jpg

庭にまわって、紫陽花を映す。
今年の額紫陽花は、今までになく、たくさん花をつけたなと思った。

c0352015_22022539.jpg

梔子も、ソフトクリームのような蕾をいっぱいつけて、次々と咲き出した。
梔子の花の命は短い。
もう次の日には、茶色くなってしまっている。

家を建てたころに、実家から株分けしたもの。
一時は、毛虫がついて、葉を食い尽くされたものだけど、あきらめないでよかった。

c0352015_22031326.jpg

ムラサキツユクサ
つぼみは、ずいぶん前から巻き付くようについていたのに、ようやく花が咲いた。


c0352015_22034628.jpg


あとかたづけをして、お風呂からあがり、夜はすてきな北欧スタイル という番組を観た。
ターシャ、ベニシアさん。次はこの方か?
サンナさん。スゥエーデンのフードスタイリストの暮らし。
長い長い北欧の冬。イースターの頃の、雪が解けて、湖に張った氷も解ける頃。
いっせいに彩り豊かな、自然が目を覚ます。

草木をモチーフにした北欧の食器。「フィーカ」というお茶の時間を大切にする文化。
職場で、日に二回もフィーカを楽しむなんて!ゆとりだな~と思った。

明日は、お休み。
少しおでかけして、帰って来たら私も「フィーカ」を楽しみたいなあと思う。
何か、美味しいお菓子を買って来ようと思う。


[PR]
# by pass8515 | 2018-06-13 22:35 | 日々の暮らし | Comments(4)

タリアテッレ

明け方は、雷の音で目が覚めた。
お昼間は、よく晴れて風も心地よかった。

職場の「朝のあいさつ」で、一言ずつコメントする。
仕事のことばっかりも何だし、時事問題もちょいちょいはさむ。
最近では、日大アメフト部のこと、西城秀樹の訃報のこと・・・・。

今朝は、ふと目をやった窓の外の紫陽花について話した。
先日から、文字だけでこちらにも登場する窓の外の紫陽花。

「ここから、ちょうど見える紫陽花がまた鮮やかです。ピンクのグラデーションが美しく、一つとして同じ色がない。
日々、忙しくて大変ですが、外をふと見て、心を休めるのもよいのではないでしょうか・・」と。

そしたら、わあ~きれい。ほんと、きれい~。と気がついてない人もいた。
紫陽花、タチアオイ、ムラサキツユクサ、きゅうりの花に、茄子の花・・・・。
心地よい風が入って来て、時々眺める畑の風景を眺めるのが好きだ。

***********************
「あの人」
このブログで再三登場していた「あの人」は4月から職場を去った。
平昌オリンピックの羽生君の中継見たさ に、お昼休憩を替わって!と言って来た「あの人」だ。
通勤途中で私が飛び出た靴下 を、拾いに行きたいと申し出た時「何分で帰って来れる?」と冷たく言い放った「あの人」だ。

世の中には、これほどに自己チューで、わがままで、言いたい放題で、自分勝手な人がいるのかと、初めて出会ったタイプだった。

これで、穏やかに静かに毎日を送れると思った。
実際、和やかな雰囲気は戻って来た。無駄な緊張感は必要なくなった。
よく感じていた、殺伐とした、無味乾燥な、そんな気持ちはなくなった。
朝の重たさもなくなった。
しかし、それでも、日々いろいろとある。
小さい摩擦やトラブルはあるけれど「お互い様」で助け合っていくしかないなあと思う。

新しい人たちとも、呼吸が合って来た。
一人の人は、前にも一緒に仕事をした、とても器の広い、信頼のおける人で、もうその日から、呼吸ぴったり!
ツーカーだ。
もう一人の人は、年代が違うし、元気でパワフルで最初、少々圧倒されたが、だいたい性格もわかって来た。
この人、誰かに似ている。もしかしたら、遠い日の私かも知れない・・と思ったら、なんだかわかったような気にもなった。
こうして、すぐにお互いの波長や歩調をつかみ取れる人同士は、うまくいく。

そうでない人もいるにはいる。何年経っても、合わない。仕事がしづらい・・
そういう人もいるにはいるんだけれど、そういう人とは時々腹を割って話して見ると、「案外、いい人なんだ」と思える時もある。
誰しも持っている感情をこの人は、うまく表現できないだけなのだな。
そのくせ、結構わかりやすくって、素直になればいいものをと思うこともある。
まあ、こうして毎日やっている。

窓の紫陽花を眺めるだけで、心安らぐ感性を忘れずにいたいと思う。
あと、もう数年。もうひと頑張りだ。

***************************
帰宅後、「タリアテッレ」を映した。
今夜の晩ごはんにと思って、映したけれどブログに張るとこんな横向けになる。
撮り直す時間もないので、このまま貼ります。

c0352015_19512972.jpg

きしめんのような、平たい麺
割と早く湯がけた。

c0352015_19501158.jpg

ピーマン、なす、ウィンナーと、ガーリックオイルで和えた。

c0352015_19505287.jpg

食事の後は、コープのネット注文をした。
カタログを見て、〇や折り目をつけておく。

今、はまっている炭酸水のボトルが可愛い!

c0352015_19491750.jpg
今回は、夫の要望、「カレーうどん」や「いわしの甘露煮」も取り入れた。
注文サイトが一新されて、とても見やすかった。
疲れた夜に、ネット注文する時が、結構楽しい。

[PR]
# by pass8515 | 2018-06-12 21:40 | 日々の暮らし | Comments(4)

新しい美容院

午後から、美容院に行った。
10数年ぶりに美容院を変えてから、3度目になる。

つくづく私は、無精だな~と思う。
前の美容院はちょっと遠いからと、迷って、迷って、すぐ近くにようやく変えたのに、
結局面倒くさいのは一緒だということがよくわかった。

月一度とは思ってみても、一か月なんてあっという間にやって来る。
次の週にしよう、もうちょっと我慢しようと、今日になった。

特に担当の人の希望はなかったけれど、聞かれたから一番最初にカットしてもらった人を指名した。
とても若くて可愛い人。
何を話そうかなと思うけれど、あちらから程よいタイミングで話しかけてくれた。

雑誌を読むべきか。でも、カットやブローの状況を私は見守りたい方なので、鏡を見つめることになる。
だから、あちらも何か話さなければと思うのだろうな。
美容院トーク。
楽に、楽に、フランクに。

しかし、この新しく開拓した美容院でも雑誌問題を書いておきたい。
今日、鏡の前に置かれたのは・・
ドマーニ(働くアラフォー世代向け)
クックパッドレシピ本
関西ウォーカー(関西近郊のお店の紹介本)
なんだかな~
買ってまでは読まないくせに、でもこれ、読みたかったんだ!と思える雑誌を置いて欲しいな。

例えば、クウネルとか、天然生活とか、婦人公論とか、クロワッサンとか・・・・。

***********************

お昼は、ねぎチャーハンと、きゅうりのピクルスを。
紅ショウガが、うまく浸かった。

c0352015_21220398.jpg

晩ごはん
塩さば
油揚げとわかめときゅうりの甘酢あえ
(暮しの手帖に載っていて、材料が全部冷蔵庫にあったから)
油揚げのふんわり感がポイントの一品です。

塩さばの大きさが、えらい違う!(笑)

c0352015_21211628.jpg

今日は、もっと雨が降るかと思ったら、全然降らなくて、洗濯物もよく乾いた。
梅雨独特の、すっきりしないお天気だったが、週末はやりたかったことがいろいろとはかどった。

また、新しい一週間をはりきっていきたいと思う。



[PR]
# by pass8515 | 2018-06-10 21:56 | 日々の暮らし | Comments(8)

炭酸水

梅雨の晴れ間で、ずいぶんと気温が上がった。
夏日。まぶしい夏の日差し。
しかし、台風がやって来ているらしく、明日は大雨らしい。

今日のうちに、今が盛りの額あじさいを写す。

c0352015_16274668.jpg

*********************

最近、「あさイチ」で炭酸水のことをやっていた。

果実酒や、ハイボールで割るあれ?と思ったのだけど、今その炭酸水がそんなに熱いことになっているとは知らなかった。

気泡がダイエットや血流促進にもいいらしく、美肌にもいいらしい。
どうせ飲むなら、炭酸水を!と、言われてみたら、安いものだし、騙されたと思って、飲んでいる。
レストランのお冷のサービスで、「水or炭酸水」のところが増えているらしく6割は炭酸水をチョイスするらしい。

c0352015_16263049.jpg
改めて売り場を見ると、種類が豊富。
強炭酸水というパンチの利いたパチパチとしたのも買ってみる。
今日は、レモン炭酸水も買ってみた。
今まで、当たり前にあったのものが、今さら脚光を浴びる!って、どういうことなんだろうって思いつつも、まずは乗っかってみようと思った。

隅田の花火も、貧弱ながら咲いた。

c0352015_16292019.jpg

もう一つの梅雨の庭の主役は梔子


c0352015_16282911.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2018-06-09 17:07 | 日々の暮らし | Comments(4)

梅雨入り

今日から、梅雨に入った。
一日中、強い雨で肌寒かった。
久しぶりにカーディガンを着た。

職場の窓から見える紫陽花は、サーモンピンクのグラデーションがとてもきれい。
ふと、見るとその鮮やかさに、心がほっとした。
写真に映せないのが残念!

代わりに、「大山崎山荘美術館」の紫陽花を・・。

c0352015_18233854.jpg

昨夜は、「浜松餃子」を夫が焼いた。
餃子は、自分が焼くもの!焼かねばならぬ!と、張り切る。
焦げたけど、文句なく美味しい。

c0352015_18220665.jpg

クラウンメロン
昔のお見舞いの定番の、メロンの中のメロン!
箱も、昔懐かしい感じだった。

こちらも、文句なく甘くて、美味しかった♪

c0352015_18224929.jpg
****************************
朝ドラ(夕ドラ)カーネーション
やっぱり、おもしろいなあ。
DVDを全巻持っているにも関わらず、夕方の再放送を録画している。
7年間の映像技術の進歩はめざましい。
画像が、DVDよりも断然美しいので、しつこくも見ています。

90余年の女の生涯、世界にはばたいた三姉妹の人生、だんじり、洋服から見える世相や風俗、戦争中の暮らし、反戦、恋・・・。
よくぞ、ここまでまとめてくださった!
ひとつの無駄もない、細かい心の描写がやがて伏線となり、後にちゃんとつながっている。
同じところで笑って、そしてまた同じところで、泣いている。

しかし、休止が多い。
国会中継、大相撲・・・・この前は、サッカー代表発表。
あまねく公平の公共放送だから、それは仕方がない。
再放送の要望にもきっちり応えながらも、どうにでもできそうな時間帯に無理やり押し込んだ感じが否めない。

連続ドラマが、こんなに中断してよいのか~?
初めて見る人は、見る気になるか~?不安になる。

でも、多くの人に見てほしい。
根気よく見てほしいと思う。
結婚、出産、そして戦争の時代へ物語はすすむ。
ますます、深くなっていく。

二話ずつもしくは、四話(二日分)をまとめて見るのが、寝る前の楽しみだ。




[PR]
# by pass8515 | 2018-06-06 19:04 | 日々の暮らし | Comments(4)

ピカタ

最近、よくする料理は「ピカタ」である。
暮しの手帖 6-7月号に載っていた「いわしのピカタ」を見かけたことに始まる。

c0352015_22115807.jpg

ピカタで思い出すのは、学生時代のランチ。
友人が、注文したプレートランチを見て「それ何?」と、聞くと「ポークピカタ♪」と彼女は答えた。
その「ピカタ」という響きと彼女の言い方が、とても愛らしくて、印象に残っていた。

作り方は案外、簡単そうである。
家にある、小麦粉と卵さえあればなんとかなりそう。
味付けは、塩コショウと、ガーリックオイルで、整えた。

昨夜はイワシのピカタ
ブロッコリーと白いんげんのサラダ

c0352015_22135038.jpg

今夜は鶏ささみのピカタ
ささみと、わかめのサラダ

c0352015_22125607.jpg

私は、気に入っているけれど、やっぱり夫はいまいちの様子。
ここまでしたなら、おそらくフライの方がいいのだろう。
(パン粉つけの一歩手前で、焼くものだから・・・)


ポルトガルの孔雀のワインが、今お気に入り♪
ふくろうワインにも匹敵する、飲みやすさです。

c0352015_22144738.jpg

********************

花をいただいた。
職場へ行く道に、どの季節も花でいっぱいの畑がある。
そこのおばさんは「いつでも、切って持って帰ってや~」と言う。
そう言われても、そうそう切って持って帰れるものでもない。気がひける。

そしたら今朝、職場の人が「あの畑の人が切ってくれた。」とバケツいっぱいにもらってきた。
私には、切って欲しい~というビームが足りなかったのかな。

何人かで分けました。

アスター菊?
と、かすみそうのような、小さな水色の花

c0352015_22161746.jpg






[PR]
# by pass8515 | 2018-06-04 22:37 | 日々の暮らし | Comments(2)

梅酒

ここ数日、とてもよいお天気が続く。
ソファをのけて、カーペットを干す。
アイロンをかける。
そして、梅酒とらっきょうを漬ける。

以上、休日にやりたかったこと。

c0352015_16361871.jpg

まだ青い、小さな梅だった。
スーパーの青空市で、安かったので梅酒用にした。
らっきょうは、今年もオタフクの「らっきょう酢」で♪
なんだか、安心なのです。

c0352015_16354153.jpg

もうすぐ誕生日の友人へ、プレゼントの準備をした。
春にいただいた紅茶のおすそ分けと、お菓子を少し。
好きな時間に、ほっと一息してほしい。
ささやかな、プレゼント交換を大切にしていきたいと思う。

大山崎山荘美術館で久しぶりに、一筆箋を買った。
使いかけが、いくらでもあるけれど、目新しさも欲しい。
「柘榴あるいは、果実」
素敵・・・と、見とれていた作品が表紙になっていた。
友人に、一言お祝いメッセージを添えて封をした。

c0352015_16344313.jpg
モネの「睡蓮」のミニ缶は、出かけるときの錠剤入れにしようと思った。
これで、布袋の中でバラバラしない・・♪

庭の紫陽花と、額あじさいと、のこぎり草をガラスに生けた。

c0352015_16411957.jpg

晩ごはんは、開いた鰯で、ピカタにしようと思う。


[PR]
# by pass8515 | 2018-06-03 17:33 | 日々の暮らし | Comments(4)

哲学の道

今日も、とてもいいお天気だった。
カラッとして、気温ほどには暑くはなかった。
歩くには、とても心地よい季節。

昨日も、どこまでも行けそうだった。
サントリー山崎蒸留所で、ウイスキーを飲んでから、京都駅に向かった。

緑の中を散策。静かで、それほど人がいなさそう・・・。そんな場所。
ぱっと浮かぶのが「哲学の道」である。もう、そこしか浮かばなかった。

c0352015_22114200.jpg

地下鉄東西線に乗って「蹴上」で下りる。
南禅寺からスタート!
私の記憶はとにかく切り貼りだ。
数年前に一人で歩いた時、母と歩いた時、40年程前に、友達や家族で歩いた時。
そんな、数々の記憶が断片的によみがえり、手繰り寄せながら、散策を楽しんだ。

c0352015_22153466.jpg

永観堂
この道の、人気の秘密は歩きながら、いつの間にか名所が次々と現れるところにあると思う。
終点は、なんてたって銀閣寺。(銀閣寺スタートでもいい)
そして、迷いようもないぐらいに、道しるべが丁寧。



c0352015_22141596.jpg
平日、木漏れ日のまぶしい昼下がり。
静かだった。実に静かだった。
すれ違う人は、8割がた外国人。自転車で颯爽と駆け抜ける人もいる。
それは、気持ちがいいだろうな。

c0352015_22125493.jpg

テラスカフェに入った。
以前、このお店で母とパスタを食べたなあと思い出した。
もう、何年前になるだろう。
ちょっと、お店の雰囲気が変わったような気もした。


c0352015_22163170.jpg

美味しい珈琲だった。
この一日で、何日分の充電ができただろう。
日々の雑事、しょうもないことがすっかりと頭や心の中から、拭い去られたようにすっきりとした。


c0352015_22172926.jpg


銀閣寺前に出た。ゴール!
と・・・バスがやって来た。京都駅行きの100番系統。
なんて、いいタイミング!小走りで停留所に向かい、飛び乗った。

*******************************

今夜は手巻き寿司にした。
具は、かんぱち・いか・サーモン・おくらツナマヨ・卵焼き、アスパラ・胡瓜
海苔が足らないかな~と危惧したけれど、半分に切ったらちょうどいいぐらいだった。

c0352015_22184454.jpg

テーブルクロスはしまい込んでいた、風呂敷をいくつか出して来た。
しまい込むほど、もったいないことはないと、最近テレビか何かで見たので、どんどん使っていこうと思った。




[PR]
# by pass8515 | 2018-06-02 23:09 | おでかけ | Comments(4)

山崎へ

6月最初の日。
所用で、前からお休みをもらっていて、
そのあと途中下車をして「大山崎山荘美術館 」に行った。

c0352015_21111841.jpg

ずっとずっと気になっていたけれど、いつもただ通り過ぎるだけの京都・山崎界隈。
植物画のウィリアム・モリス展が見たくて、ようやく実現した。
かなりの急坂を上り、光の漏れる緑をくぐりぬけ、洒落た山荘が現れる。

c0352015_21171728.jpg
ウィリアム・モリス展にぴったりの、その佇まいにすっかり魅了されてしまった。
(町内の掲示板のポスターを写す。)

c0352015_21140105.jpg


クロード・モネの絵もあって、こんな蓮池を描いたのだろうなと思わせる「睡蓮の池」が光を集めて、とても美しかった。

c0352015_21211258.jpg



c0352015_21162474.jpg

c0352015_21183394.jpg
テラスから見た景色がまた美しかった。
実家のある方向。川が見えて、いつも通る高速道路も見えた。

c0352015_21243531.jpg

***********************

せっかく、山崎に降り立ったのだからと近くの「サントリー山崎蒸留所」へも行った。
先ほどの大山崎山荘がアサヒビール所有のもの。
ちょっとごちゃごちゃになりながら、線路沿いを歩いた。

c0352015_21150304.jpg

「マッサン」の中島みゆきのテーマソングが今にも、聞こえてきそうな佇まい。
あの頃は、おそらくすごい人だったんだろうな。
ここで、日本最初のウイスキー作りの基礎を築き、独立して余市にウィスキー工場を作ったんだったな。
本当は、予約が必要らしいけど、団体も一段落したらしく、入れてもらえた。

c0352015_21084284.jpg
ウィスキーの試飲をした。
すごい数のラインナップから、ウィスキーを選ぶことは至難の業だった。
まったく、ウィスキーの事を知らないくせに、小さな文字のリストから選ぶんだから・・・。
もう、無難に「山崎蒸留所シングルモルト」「白州蒸留所シングルモルト」「知多、なんとか・・・・」
国内3か所の蒸留所のものにした。

15ミリリットル・100円ずつ。
ストレートで、いけるか?
と、少々不安だったけど、水を飲みながら、じっくりと香りを味わった。
わからないながらも、「白州・・」がじんわり甘くて、私好みだった。

c0352015_21193442.jpg

ウィスキーの量はと言えば・・・ちょうど良かった。
天王山の麓、緑の中の蒸留所。
やっと、やっと行くことができた。
今まで、何度、この線路の上を通ったことだろう。
思い切って、途中下車してみて良かった。

c0352015_21233351.jpg

少しだけほろ酔いで、いい気分で駅まで歩いた。
もう少し、緑の中を歩きたい。
続きは、また明日に・・。




[PR]
# by pass8515 | 2018-06-01 22:29 | おでかけ | Comments(4)

雨上がりの紫陽花

一日中、雨が降っていた。
職場もとても静かで、私の席からちょうど、窓越しに紫陽花が見えた。
ぼんやりと見ていた。
まだ、咲き始めたばかりで、緑と桃色のコントラストが遠目にもきれいだった。

********************

帰宅してから、庭に回った。
一昨日より、昨日より、色がどんどん鮮やかになっていた。
雨上がりの雫が、また美しかった。

c0352015_18242810.jpg

同じ株でも薄紫色も混じるから、不思議。


c0352015_18242913.jpg

今年は、何でも早いね・・と、話題が出た。
桜だって、真夏日だって、梅雨入りだって、なんだか急ぐね。
本当にそうだな。まだ5月なのに、もうすっかり梅雨の景色。


c0352015_18242877.jpg

***************

お弁当
昆布の煮物、胡瓜と塩昆布のオリーブオイル和え
昨日の残り物、雑穀米

お弁当とともに持参したのは、マスキュランというお茶
マカとルイボスティーのブレンド



c0352015_18242972.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2018-05-30 18:24 | 日々の暮らし | Comments(6)

ひらまめ

もう、梅雨入りしたと言ってもいいほど、どんよりとした一日だった。
しかし、この週末が晴れの予報だから、まだ近畿は梅雨入り宣言はできないらしい。
(夕方の天気予報より)

ひらまめを買った。
売り場で一人の年配の人が話しかけてきた。
「このお豆、おいしい?どうやって、食べるん?」

おいしい?と聞かれたら、特に美味しいというほどでもない。
「う~ん、美味しいこともないですよ。ゆがいて、バター炒めですかね・・」
と、とっさに、思いつつくまま答えた。
隣にあった、スナップえんどうを見て
「そら、こっちの方が甘みがあっておいしいですけどね・・・」とさらに答えた。
「そうか・・・。ごめんごめん、急に話しかけて・・」
と結局その人は、豆類は何も買わなかった。
正直すぎたコメントだったかな・・。

さて、少し青臭いひらまめを、ベーコンやひよこ豆と一緒に、にんにくと、オリーブオイルで炒めた。

c0352015_21453074.jpg
********************

晩ごはんの後は、「世界ふれあい街歩き」を見た。
去年、訪れたベトナム・ダナンだったから、夫婦揃って、ソファーに並んで旅の思い出に浸った。

c0352015_21440545.jpg

ベトナム戦争時、最前線だったダナン。
軍事関連産業に頼り切っていたために、戦後、町は荒廃。
他に目立った産業もなく、長らく発展が遅れていた。

そこで、目をつけたのがこの海。
ビーチリゾートで、近年開発めざましいダナン。
しかし、訪れてみるとまだまだ発展の途中。
工事中、建設中が、とても目立ったダナンだった。

そんなことを、懐かしくも思い、映像を見るとざわめきや、街の空気感が蘇ってきた。

c0352015_21424074.jpg

しかし、暑い旅だった。
汗だくになって、歩いた五行山が番組に登場した。
だんだん、旅の情景を思い出した。

c0352015_21422112.jpg

こうして、時々旅を振り返るのもいいですね。

c0352015_21433806.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2018-05-29 22:44 | 日々の暮らし | Comments(4)

花に囲まれて

なんだか、蒸し暑い。
週明けは雨かと思ったら、結局一日降らなくって、湿気をすごく感じる。
四国も梅雨入りしたらしい。
あと、数日したら近畿地方も梅雨入りすることでしょう。

c0352015_18330954.jpg

******************

日曜日の夕方に見ている「COOL JAPAN」という番組が面白い。
劇作家・鴻上さんの司会で、外国人目線で、日本という国を見つめ直すという番組。

昨夜のテーマは「フラワーパーク」だった。
わざわざ、花を育てて、手入れして、入場料を取っての「フラワーパーク」というものは日本特有という。
花はどの国にもあふれているだろうけれど、わざわざ育てて、理路整然と整備してという観点が日本らしいというのだ。

例えばチューリップの球根ひとつとっても、会期中に花が途切れないように、ち密に計算して、時期をずらして植え込む。
当たり前のように、そこにあるものが外国人にとっては、異質で非常に興味深いらしい。

番組で取り上げられた「国営ひたち海浜公園」のネモフィラは海のように青々として、息をのむほどの美しさだった。
いつか、ブログのお友達のところで見せていただいたネモフィラの海。
私も、いつか行ってみたいと思ったのだった。

さらに、今ではあちこちにある「フラワーパーク」の原型は、およそ30年前に開催された大阪・花博だったということに、いささか驚いた。



当時、花でこんなに人を呼べるとは思われていなかったらしく、間に合わせのプランターの花を置いただけだったのに、大盛況の大成功!
これなら、花で人が呼べる!と、立証できたらしい。

私も、2回行きました。

2回とも、まだ1歳にもならない下の子は留守番で、上の子だけ連れての花博だった。
楽しかった♪
子連れの大型イベントは初めてだったから私もとても楽しかった思い出がある。
特に記憶にあるのは、とにかく息子は着ぐるみにものすごく恐怖心が強くって、どんなに上機嫌でも着ぐるみが近づいて来たら、火がついたように泣きわめいた!(笑)のだった・・・。
私に、抱きついて泣いている写真が今もアルバムにある。

昭和45年の大阪万博がとても印象深かったので、こういう大規模イベント・博覧会に息子も連れていこうと思った。
しかし3歳と少し。
おそらく花博は、記憶にないだろう。
私だけの、遠い楽しかった記憶。それでよし。

********************

花は、いいなあ♪
あの頃はそうは思わなかったけれど、年を重ねるごとに花が人の心を揺さぶることを身をもって知る。

チェリーセージ

c0352015_18332154.jpg
松葉菊と薔薇

c0352015_18325790.jpg

******************

おべんとう
雑穀米、ベーコンじゃが、ひじき、スナップえんどう
ほうじ茶

c0352015_18322950.jpg


晩ごはん
昨夜の白いんげんとベーコンの煮込みをリメイクしてカレーに・・。
なすとにんじんと、ひよこ豆(まだ、まだ、あります)を加えて・・。

c0352015_19445605.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2018-05-28 19:50 | 思い出ばなし | Comments(2)

軽い煮込み

九州地方も、梅雨入りした。
例年よりも、早く感じる。

c0352015_19074440.jpg

梅雨に入る前に、気になっていた台所や水回りのものを新調しておこうと思った。
スリッパ、ふろ桶、水切りかごそして・・まな板。

まず、スリッパ。
冬のスリッパに失敗したので、念入りに選んだ。
失敗しても、惜しげない程度の値段にして、コンフォートスリッパというのにした。

c0352015_19062502.jpg


ぴったりと足にあって、多少ヒールがあるにも関わらず、ぐらぐらしなくて履いていることを忘れさせた。
すごい!コンフォート!
いっぺんに気に入った。

c0352015_19071254.jpg

まな板は、檜の分厚いものを長年愛用していた。
しかし、いくらいい素材も黒ずむものは黒ずむ。衛生的にも悪い。
カンナで削ればいいと、よく言われているけれど・・・。
お手頃価格で、頻繁に買い替えようと思った。

小さめの水切りかごも、この際新調。
前の方が、品質は良かったけれど、真っ白な方がやっぱり気持ちいい。

c0352015_19064917.jpg

二人分の洗い物にぴったり。
ここで、ある程度乾かして、食洗へGO!(乾燥のみ)

c0352015_19070286.jpg
********************

昼ごはん
ビビンパ混ぜご飯
昨夜の残り物

c0352015_19061528.jpg


*******************

先日、実家に帰った時に母にもらった料理本を取り出した。
「フランス人が好きな3種の軽い煮込み」

c0352015_19072885.jpg

母は、さっと見た本を「あんた、持って帰るか」とよく言う。
この本も、一品は試しに作ってみたらしい。
80歳も超えてもなお、こうした洒落たものに目がいくということに、私は感心する。
好奇心というか、向上心というか、そのうち娘の私に譲ればいいと思っておそらく購入したであろう、この本を私はありがたく頂戴することにする。

しかし、私も最近、ばたばたしていてページをめくることなくそのままにしていた。
開いてみると、まさにフランスの家庭料理、お惣菜。
簡単にできそうなレシピが満載だった。

「白いんげん豆とソーセージの白ワイン煮」
という料理に目がとまった。
白いんげん・・今、我が家にあるじゃ~ないか!
トマト、玉ねぎ、白ワイン、あるじゃ~ないか!
ソーセージは、ベーコンを代用して、早速作ってみようと白いんげんをもどした。

c0352015_19022045.jpg

雑穀米と、鰆のピカタとワンプレートにした。
ポルトガルのワインもなかなか美味しかった。

しかし、ここで夫が機嫌を損ねた!(笑)
「何も、ワンプレートにせんでいい・・」
「魚をピカタにせんでいい・・」

ご飯はご飯で食べたいらしく、味が混ざりそうで嫌だそうです。
魚は、塩焼きや煮つけに限るそうです。
文句を言いながらも、完食してたけど、ワンプレートはもうやめます。

「COOL JAPAN」を見ながらの日曜日の夕餉だった。


[PR]
# by pass8515 | 2018-05-27 21:56 | おいしいもの | Comments(4)

彼女のチカラ

週末の夜は、職場の歓送迎会だった。
転勤して行った人と、また久しぶりに会って楽しいひと時だった。
年代も違うのに、な~んか合うんだよなあ。
感覚とか、笑いのツボとか・・・。
よく、笑った夜だった。

しかし、若い人らは良く食べるな~と、びっくりした。
食べるスピードが違うし、量も違うし・・・。
ぼやぼやしてたら、お肉も、ちぢみも、から揚げも・・あっという間に平らげていた。
気持ちいいほどだった。
私も、頑張って食べたけど、ご飯がもう満腹で、たくさん残してしまった。

いろんな事が日々あるけれど、やっぱり私は人に恵まれているなあと思った夜でもあった。

************************
休日は、ゆっくりした。
午前中のお茶
ホワイトサングリアという、柑橘系の香りのお茶

c0352015_21433108.jpg

今日のワイン
撮りためた番組を片っ端から見た。
見ておかないと、また次回がやってくる。

c0352015_21422435.jpg

週末のワインはささやかな楽しみ
今日は、ポルトガルワインを2本買った。
そして「暮しの手帖」を買った。

c0352015_21425353.jpg

「彼女のチカラ」という連載が好きなんだけど、今号が最終回。
とても、残念。
3~4年前。本当に仕事がしんどかった頃に、「彼女のチカラ」を読んではまさにチカラをもらっていた。
私なんぞ、本当に甘い。何がそんなにつらいのか・・・。
自営業の、商売の、苦労に比べたら・・己の頑張りが、直接、食べること・生活を左右すると思ったら・・・私なんぞ、本当に甘い。
そう、思ったものだった。

最終回は「クリーニング店」私と同い年の人の「彼女のチカラ」
明日、ゆっくりと読むことにしよう。

***************************

晩ごはん
ベーコンじゃが
スナップえんどう・ひよこ豆サラダ
久しぶりにピエトロドレッシングで・・・。

c0352015_21405294.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2018-05-26 22:30 | 日々の暮らし | Comments(2)

言った、言わない・・。

晩ごはんの後片付けをして、お風呂から上がって一息つく。
毎晩たいてい、10時前。

パソコンを開きながら、ニュース番組を見る。
前夜は、20歳の学生の会見を聞いた。
一言、一言、言葉を選びながら、そして誠意をもって、すべてを話した。(と、私ら夫婦は思う。)
20歳。しっかりとしているなと思った。
それは、真実を話しているから、もう覚悟を持って、何ら隠すこともない。
隠しようもない。という決意だったと思う。
何かが吹っ切れたのだろうなと思った。

そして、昨夜の同じぐらいの時間、大人二人が出てきた長い会見を聞いた。
30歳のコーチはもう見ていられないくらい、しどろもどろだった。
真横に、その筋の王様だったような男がいてるもんだから、もうビビッてビビッているように私には思えた。
そしてこの君臨していた王様は、実に淡々と「指示はしてません」と言った。

最近、私の周りにあったことも含めて、(一緒にしてはいけないけれど・・・)
「言った、言わない」の事があちこちで世間を騒がせている。
言った。言わない。言われた。言ってない!

しかし、まず!
聞いてないこと、言ってないことを、わざわざ言ったとは言わない。
しかし!言ったことを言わなかったということは、いくらでもできる。
そこには、言った事実があるのだから、いくらでもなかったことにはできます!
言った人は、都合が悪くなると、言わなかったとずっと言い続ける。
それは、もう見苦しいぐらいに捻じ曲げてでも自分を正当化して、言ってないと言い続ける。
絶対に言ったとは言わない。金輪際!この先も絶対に言わない。

そのうち、言った事実よりも、言ってないという不信感だけがひとり歩きしてますます事態を悪化させる。

************************

身近なところで、「言った、言わない」が続いた日常にほとほと嫌気がさしてしまったここ数日だった。
認めることができない人は、ますますしんどくなるのではないかなと思うのです。


c0352015_11230236.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2018-05-24 07:29 | 日々の暮らし | Comments(6)

コーヒーチケット

今夜は友人と、お茶をした。
さあ、どこに行こうと迷ったけれど、先日、県外に暮らす友人が私の誕生日にコーヒーチケットを送ってくれたので、早速ごちそうになった。

いつもは、ソイラテにするのだけれど、チケットは500円。
おつりが出ないらしいので、いつもより奮発して、今まで目に行かなかった「コールドブリューアップルシトラス」というのにした。

フレーバーコーヒーとジャムが二層になっている。
かき回して、飲むようだ。
さわやかな酸味と軽いコーヒーで、とても飲みやすかった。
ごちそうさまでした。ありがとう♪

しかし、こんなチケットがあるなんて・・・よく見つけてくるな~といつも感心する。
そのサイトを見ると、身近なお店で使えるチケットが盛りだくさん。
ちょっとしたギフトにこういう方法もありなのか・・・♪

********************

フリッジパスタ
茄子とトマトとズッキーニと鶏肉と。
緑がなかったので、豆苗を・・・。


c0352015_22493380.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2018-05-22 23:07 | 日々の暮らし | Comments(2)

うちの薔薇

五月晴れ。
少し、肌寒いくらいのいいお天気♪

うちの薔薇がたくさん咲き出したので、映したくてたまらなくって、庭に出た。

c0352015_11191822.jpg


義母がずいぶん前に一鉢に咲かせて持って来てくれた小ぶりの薔薇。
虫がついて、葉が食い尽くされて、それでも毎年きちんと咲いてくれた。

数年前から挿し木をした。
自信がないから、ダメ元であちこちに挿した。
庭のどこが、この薔薇に適しているのかわからないから、手探りで挿した。

c0352015_11232100.jpg

今のところ、3か所。
次々とつぼみをつけて、いっせいに咲き出した。
薔薇は難しいと思い込んでいたから、毎年増えるのがとても嬉しい。
私でも、増やせた!!
ささやかな喜び、自信につながった。

c0352015_11282782.jpg
というのも・・・
あれは、もう9年ぐらい前になるだろうか。
松山(最近、よく登場!)に行ったときのこと。
ちょうど、ドラマ「坂の上の雲」で街がたいそう盛り上がっていた頃だ。
「坂の上の雲ミュージアム」近くの洋館の庭で、薔薇フェアをやっていた。

たまたま立ち寄った洋館でたくさんの薔薇に囲まれて、思いもよらない出会いだった。
嬉しくって、勢いで薔薇を一鉢買った。
シャーベットのようなオレンジ色。
しかし2年ほど咲かせたけれど、その後手入れが行き届かぬ枯らしてしまった。
何が悪かったのだろう。と今でも思う。
無念・・。

その反省もあって、私なりに目を光らせて・・・薔薇を大切にしている。
去年、仲間入りした薔薇。
蕾をつけてくれたから、とっても嬉しかった。
2年目はまず成功!
さて、3年目ですよ~問題は・・・。

c0352015_11234352.jpg

わさわさのどくだみも満開!

c0352015_11230236.jpg
ふかふか絨毯の緑鮮やかな苔エリア

c0352015_11244701.jpg

**********************

コープの北海道・アスパラが立派で、とても美味しかった。


c0352015_11265515.jpg
イタリアのお手頃ワイン「キャンティ」と・・。


c0352015_11272403.jpg

今日のお昼は夫が初カレーを!
鶏肉とひよこ豆カレー

私、監修の元、無事に仕上がりました。

c0352015_12334430.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2018-05-20 12:39 | うれしいこと | Comments(6)

自分の事は、自分で・・

昨日も今日も、とても暑かった。
梅雨時のような、蒸し暑さだったけれど週末は、肌寒くなるらしい。
10℃は気温が下がるらしい・・・。

c0352015_20214023.jpg

先日の旅の始まりは、ちょっと調子が狂った。
出かけに、私は最終の念のためのトイレに行った。
その間に、夫は車に荷物を積み込んだ。

そして、駅前のパーキングに停めようとした時、私の荷物がなかった。
新幹線の旅なので、極力荷物は最小限に。
夫はリュック。私はレスポートサックの小さめトート。
そのレスポのトートがない!
「え?積んでくれてへんの?リュックの横に置いてたのに~」
「そこまで、知らん。自分の事は自分で!」と急に、勝手な事を言い出した。
「え~。普通、積むやん!」

まあ、夫にしたらトイレから出てきたら私自身が持って出ると、思ったのであろう。
家までは車で5,6分。夫が引き返し取りに行ってくれた。
早く気づいたのが不幸中の幸い。


しかし・・・・これだけではなかった。

雨、一日傘を持ち歩き、施設から出る時、食事処から出る時。
夫は、自分の傘しか持って出なかった。

私ならね・・・。
傘立てに家族の傘があるとして、同じ枠の中に入れてるとしたら、いっぺんに持って出ますけどね!

なんだか、調子が狂った。
こんな人だったかな。
こんな偏屈だったかな。

まあ、これからの旅は気をつけよう。と思ったのだった。

まだまだ、道後の写真をいろいろ。
いよてつ・道後温泉駅

c0352015_20224327.jpg

からくり時計


c0352015_20230322.jpg

松山駅構内には、俳句ポスト


c0352015_20234752.jpg
雨が激しく降って来た。
しかし、明日はもうお天気回復するらしい。
掃除や、庭掃除を頑張ろう!と思う。



[PR]
# by pass8515 | 2018-05-18 20:51 | 旅を振り返って | Comments(6)

志ぐれ餅

大洲名物、「志ぐれ餅」を帰宅してからいただいた。
大洲藩の秘法菓子として、古くから伝えられている餅菓子だそう。

セイロで蒸し上げられた志ぐれ餅は、もっちりしてあっさりとした甘さで、とても美味しかった。


c0352015_22320797.jpg


こじんまりとした伊予の小京都・大洲
母に電話で「おはなはん」のテーマソングが時報で鳴っていたと話すと、「ちゃんちゃちゃちゃん♪・・・・やろ~」と懐かしそうに言っていた。


c0352015_22255624.jpg
戦前、銀行だったレンガ造りの建物ががそのまま残っていた。

c0352015_22341853.jpg

そこのお花がきれいだった。

c0352015_22281530.jpg

**********************

お昼の休憩時間。
テレビを見ていたら、突然入って来た西城秀樹さんの訃報に驚いた。
その番組の出演者たちも「え!」と驚きを隠さなかった。

若い頃の映像を見ると、本当にかっこいい。
歌がとてもうまかったんだな~いい歌だな~と、今更だけど思った。

小学生の頃から見ていたアイドルが、やがてはこうして亡くなるのだなと初めてリアルに感じた。
特にファンでも、追いかけていたわけでもないけれど、とても不思議な気持ちになって寂しい気持ちになった。
そして、その時代背景とともに懐かしい気持ちが湧き出た。

高校の時、ファンだった友人2人に誘われてコンサートに行ったことがある。
「行こうよ!絶対に、元気が出るから!YMCAやろう!」なんて、言われて・・・。
京都会館での、YMCA!一体感が、ものすごかった。

病と闘ったその姿に勇気をもらった人も多いでしょう。


c0352015_22311800.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2018-05-17 23:19 | 旅を振り返って | Comments(0)

呉へ

先日の母の日の旅。
松山に渡る前に、まず広島の呉の町に行った。

c0352015_07114098.jpg
呉港から松山行の高速ジェット船が出ていて、それまで「大和ミュージアム」で過ごした。

c0352015_22342949.jpg

雨がずっと降っていて、駅からほとんど屋根があったのが助かった。

映画「この世界の片隅に」の舞台で、呉の事を少し知った。
そして、「大和ミュージアム」に行ってもっと知ることができた。

c0352015_22342927.jpg


なんとなく、本当に私の偏った考え方かも知れないけれど、軍艦「大和」とか、
どうもカッコよさが全面に押し出されているような気がしてならなかった。
前から、夫は行きたくて、今回行く機会が訪れたけれど、私はどうも気が進まなかった。
悲しい歴史と勇壮な姿。
結び付けていいのかどうか・・釈然としなかった。

c0352015_22343036.jpg


10分の1のレプリカ。
をまず、一周してから、展示室に入った。
まず、ビデオ解説を時代ごとに、見る事にした。
これが、とてもわかりやすく、呉という街がどんなに近代日本にとって重要な街だったかがわかった。
静かな入り江という好立地条件で、呉が軍の重要な港に選ばれて、戦争が起きるたびに、景気がよくなって、
日本中から人々が集まり発展した。
しかし、時代の波に翻弄されてきた呉。

どんなことがあっても戦争という名の波にだけは、もう飲み込まれてはいけない、
突き進む時はもう誰にも止められないと言う事がひしひしと伝わった。
行ってみて、良かった。

軍艦カレー・海自カレー・・
さまざまな呼び方があるようだけれど、とにかく呉と言えばカレー!

夫は、タンシチューカレー。
私は、ナンでカレーを。


c0352015_07103634.jpg


ミュージアム横のカレー店
ガラス張りの明るいお店だった。


c0352015_07103633.jpg

雨だし、船の時間もあるし、呉はミュージアムだけで、たっぷり時間を過ごした。


c0352015_07103754.jpg


そして、呉を後にして松山に向かった・・・のでした。


c0352015_07103792.jpg


**************************

道後温泉で買った砥部焼のお皿たち

c0352015_22063724.jpg


今夜は近くに暮らす息子がケーキを買って来てくれた。
ダークチョコか、カシスか・・・・とても迷った。
迷って、迷って、チョコにした。
スパイスの利いた、苦みのある大人なケーキだった。
どうも、ありがとう♪

c0352015_22061741.jpg








[PR]
# by pass8515 | 2018-05-16 22:15 | おでかけ | Comments(4)

大洲へ

今週は道後の朝からスタート!
朝風呂は、地元の人が目立ち、「久しぶりに来たよ、5日ぶりぐらいかな〜」と脱衣所で話をしていた。
観光だけではない、生活の何気ない光景を目にするのも旅の楽しみ。

c0352015_20371949.jpg



c0352015_20383134.jpg
松山から予讃線に乗り、大洲に向かった。
海岸線すれすれを走り、日本で一番海に近い駅「下灘駅」は有名らしい。
が、この日は前日の雨のせいか一気に白い靄がかかり海がほとんど見えなかった。
晴れているのに、外は真っ白だった。

帰りに期待するとして。
坊ちゃん団子カラーの座席が心をくすぐる。

c0352015_20330290.jpg
大洲の代表的なものは、「おはなはん」だった。
50年前の朝ドラを今でも引っ張っているのもすごいけど、それだけ名作、一世を風靡した作品だと言うことなんだろうな。
母は今でも、「おはなはん」は面白かったと、絶賛している。
大洲の正午の時報は、琴の音が美しい「おはなはん」のテーマソングだった。

c0352015_20460065.jpg

おはなはん通り

c0352015_20472469.jpg
豪商の町として栄えた大洲は風情ある商家や蔵や別荘が昔の姿のまま残されていた。
臥竜山荘もその一つで、新緑が萌える風情ある佇まいだった。


c0352015_20494528.jpg

庭園の手入れが行き届き、雑草ひとつ見つけられなかった。
この時期、それだけで、もうすごい事だと思う。

c0352015_20510316.jpg

肱川(ひじかわ)沿いに伸びる庭園はかなり広かった。
茶室、崖から突き出た庵・・・・とても静かだった。
私ら夫婦。外国人男性二人。一人の男性。
出会った人は、そのくらいだった。

c0352015_20502279.jpg

緑が美しい季節に来れて良かったと思った。

c0352015_20492366.jpg
お昼は、おはなはん通りにある、かつての豪商の邸宅を利用したお店に入った。
この日の鯛めしは炊き込み風。
生姜がきいてとても美味しかった。
おすましに、小さな白魚(しらす)が入っていた。
こうして、小魚をいただいてもいいのだなと、目から鱗だった。

c0352015_20484815.jpg

電車の時間まで、カフェでくつろいだ。
開放された窓から、爽やかな風が入り込み、ゆったりとした時が流れた。


c0352015_20483154.jpg

大洲も、いい街だった。
また、予讃線で松山に戻る。
今度は、海がきれいに見えた。

c0352015_20513351.jpg

松山から、特急「しおかぜ」に乗り岡山を経由して岐路に着いた。

c0352015_20515294.jpg

*************************

そして、今日は誕生日。
旅に出てリフレッシュして、またしばらく頑張って、その繰り返しだなと思った。
「GO!GO!」で、また元気に暮らしていきたいと思います。




[PR]
# by pass8515 | 2018-05-15 12:07 | おでかけ | Comments(2)

松山へ

母の日
「のぞみ」に乗って、広島に降り立ち、呉に向かった。
そして、呉港から松山行の高速ジェットに乗った。

一日、雨でせっかくの瀬戸内海航路も真っ白だった。
松山観光港には、息子が迎えに来てくれた。
暖かくなる少し前から、ここに暮らす息子に久しぶりに会った。
息子の車で、職場やマンションの前を通るだけ通って、新しい環境を確認しただけで・・・。
うん、それだけで心なしか安心した。

さあ道後温泉だ!
息子もまだ行ったことがないと言うので、界隈をぶらぶらした。

c0352015_22022141.jpg

道後温泉本館は蜷川実花さんプロデュースの花火の写真のライトアップがとてもきれいだった。
まさに、湯婆あ婆が、住んでいそうな様相を呈している。

c0352015_22033645.jpg

暗くなればなるほど、鮮やかで、撮影する人で、本館前はやっぱりにぎやかだった。

本館前から続く、道後温泉の商店街は、なかなか見ごたえがある。
ただの温泉街の商店街ではないような気がする。
今治タオルのお店「伊織」も来るたびに、洗練されている。

c0352015_22081476.jpg

そして、毎回立ち寄る砥部焼の「酔古堂」
これほどの品揃えは他ではないと思う。

c0352015_22085475.jpg

電車で帰るから、あまり重くならないように、小さなお皿だけ、数枚選んだ。

c0352015_22081446.jpg
職場や、もう一人の息子へのお土産選びに商店街を行ったり、来たり、根気よく付き合ってくれた。
甘いものだけでも、「一六タルト」に「坊ちゃん団子」にみかん関係のスゥイーツ。目移りする・・・。

c0352015_22025578.jpg

そうこうしているうちに、息子が予約してくれていた郷土料理のお店の予約時間が迫って来た。
タクシーで向かうが、運転手さんがとってもよく喋る人だった。
鯛めしの話だけで、ものすごく広げてくれた。
鯛めしと一口に言っても、中予の炊き込みごはん風と、南予の刺身をのせて、だしをかける食べ方と・・。

がぜん、鯛めしへの期待が膨らんだ。

創業400年という、そのお店は意外にリーズナブルで、味も抜群だった。
兜煮、鯛の天ぷら、お造り・・・・・
後は、ザンギ(鶏のから揚げの事を言うらしい)


c0352015_22081376.jpg

そして、締めは鯛めし。
3人とも、南予の鯛めしに意見が一致して、お刺身をのせてだしをかける方にした。
擦った山芋を出汁に入れ、鯛をくぐらせあつあつごはんにのせる。
または、薬味をのせて出汁をぶっかけ、かきこむのもよし。
これぞ、漁師飯だった。

c0352015_22081358.jpg

雨はまだまだ降り続き、路面電車でホテルまで戻った。
いい街だなと思う。
松山は、俳句と歴史と文化が充実していて、人も温和そうで、以前から私も好きな街。
ここに縁があるなんて、思いもよらなかった。
当の本人は、もう関西が懐かしいような事を言っていたけれど、まあこの際「四国」を漫遊するよ!と言っていた。
翌日、仕事の息子は自分の棲み処に帰り、私たちは温泉に浸かった。

今朝、本館の6時の太鼓の音で目が覚めた。
いいお天気だ。
朝風呂に行く。
思いのほか、空いていた。
そうか、月曜日か~。月曜日の朝から温泉に浸かる。
なんて、贅沢なんだ・・。
c0352015_22043373.jpg

********************

今日は、松山からまだ行ったことがない大洲まで、足を伸ばしました。
そして、呉でも様々な出来事がありました。
それらはまた、後日に・・。

こんな、母の日でした。

c0352015_22102805.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2018-05-14 23:25 | おでかけ | Comments(6)