みかんの季節

今週の、「あさが来た」は、みかんの甘酸っぱい香りが漂う、
和歌山でのはつさん一家の暮らしをようやく見ることができた。

「おみかんをつくる、この道があんたの道より負けてるとは
どうしても、思われしまへんのどす。」

たまに出て来ては、はつさんは本当にいいことを言うな。
拍手を送りたかったし、じ~んと来た。
芯の強い、一本筋の通った・・こんな人でいたい。

週末に、ちょうど買った和歌山の八朔とおみかん。
甘くて、水分がたっぷり。

c0352015_22200536.jpg

八朔はマーマレードにしようと、皮をゆがいた。
一晩寝かせて、明日煮詰めるつもりです。

c0352015_22230964.jpg

昨日の「あさが来た」のワンシーンで、和歌山の子供たちが○○じょ~と
言っていた。あさのいでたちを見て、みのむしみたい・・というシーン。
○○じょって、以前「カーネーション」で、
よく出てきた岸和田の言葉でも耳にして
まだ知らない関西の言葉もあるのだなと思ったのだが、
和歌山とつながっているんだな
と、これまた初めて知った。
本当に、言葉って面白い。言語って面白い。

************
*晩ごはん*
鶏つくね、肉団子ポトフ風、菜の花胡麻和え
(一晩おくと苦みが出てわさび菜のようだった。)
白菜即席漬け
c0352015_21514296.jpg
*おべんとう*
ゆでたまご、鶏肉塩麹焼き、にんじんしるしる、切干だいこん


c0352015_21514671.jpg


[PR]
by pass8515 | 2016-02-09 21:48 | おいしいもの | Comments(4)
Commented by iyim2012 at 2016-02-09 23:11
passさん、こんばんは!
何気なく今朝も「あさが来た」見てたけど、私の所でも〇〇じょ~って言います。
でもそれもちょっと昔の言葉で、最近の若い人はあまり使ってない感じです。
私の所、岸和田の隣なんですけどね、大阪でも和歌山に近いせいか、大阪市内の言葉ともちょっと違うんですよ。
どちらかというと和歌山弁に近いのかな。
ほんとに言葉って、面白いです。奥が深いですね~
Commented by まる at 2016-02-10 00:05 x
私も、はつの芯の強いしっかりしたところ好きです。
深い情のある微笑んだ顔は、可愛らしさも交って、胸がじーんとなります。
久しぶりに登場してきた時は、やった!と思いましたよ。
○○ロス…私は、はつロスでした。笑

菜の花はカラシのような辛みがあり苦手です。
でもぱすさんのお料理見てたら、ちょっとつまんでみたくなりましたよ(*^^*)
Commented by pass8515 at 2016-02-10 07:57
**ユミさん**
おはようございます。
やっぱり、ユミさんのところも、言われるんですね。
昔の言い回し。だんだん変化してきてるんですね。
でも泉州から和歌山、やはりつながってるんですね~。
○○しちゃーる。っていうのも「カーネーション」でも
よく出てきましたが・・今朝の「あさが来た」でも
出て来ましたね・・この言い方も初めて耳にしました。

言葉の上がり下がりは同じにしても、語尾につく言葉が
様々なのは、また面白いですね。
本当に奥が深いです。
Commented by pass8515 at 2016-02-10 08:03
**まるさん**
おはようございます。
はつさん、いいですね。
出て来ては、グッとくるようなことを言ってくれるので・・
私も、いっこうに出てこない時は気になって・・気になって・・
これが、はつロスですね!

どんな道も、選んだ道が最良の道。
人生にもいろんな分かれ道がありますが、そうやって
誇りを持って今が良かったと思える。
はつさん一家を見て、こちらもほっとしました。

菜の花は実は、ゆがきすぎました。
ちょっとぼやっとしてたら、くたくたになっていて!(笑)
さっとで、いいのにね!緑と黄いろが台無しでした。(*_*)

<< 気になっていたこと。 農家さんの野菜 >>