人気ブログランキング |

落日

親戚のお通夜に行った。
日暮れも早くなって、久しぶりに見る夕日
だった。
c0352015_22290602.jpg
大きな大きなどっぷり暮れ行く夕日に向かっ
て車を走らせた。
c0352015_22290829.jpg
こんなことでもないと、会わない親戚たち。
主人のおじさん、おばさん、従弟たち。
しばらく会わないうちに、それぞれ年を
とったなあと思う。
内心思うけれど、そんなこと口には出さない。

c0352015_22291076.jpg
一人の従姉妹が、話しかけて来た。
どうも苦手な主人のこの従姉妹。
昔から、ずけずけとした物言いが気に障る。
「みんな、老けてしもて~びっくりした!」
「それは、お互いさまやん」と私は言った。

「ぱすちゃんも、苦労は何かとあると思うけ
れどまあ頑張って・・・」と彼女は言った。

やっぱり。一言が多かった。
あからさまに、私が老けたと言わんばかりに、
人に苦労があると決めつけている点が気にくわない。
c0352015_22291320.jpg

こうして、一日一日が暮れていく。
老いていくことが、怖くない人などいない。
どうしようもない不安や、いいようのない
虚しさが時々つきまとう。

そんな頃に、こんなことを言われると
やはり傷つくのですよ。

しかし、今日の夕暮れは美しかった。

もう、長袖でもいいくらいにすっかり
秋の夜風が吹いていた。
c0352015_22291553.jpg

by pass8515 | 2016-09-09 23:18 | 暮らし | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 秋晴れを愉しむ 寝跡 >>