二都の旅


日曜日の朝、少しだけ雪が積もっていた。

家族揃って、私の実家にいく。
途中で息子を拾い、予約してくれていた四川料理のお店で、お昼を食べた。

c0352015_18205319.jpg

ランチョンマット替わりの、メニュー表。
珍しいメニューがたくさんあり過ぎて、迷ったけれど、庶民派の我が家は、定番メニューにした。

牡蠣の甘辛合え
真っ赤な大きな丸い唐辛子の辛味が程よく聞いて、牡蠣もサクサクでとても美味しかった。
器も、感じがいい。
c0352015_18165656.jpg



酢豚のつもりでオーダーしたらこんな感じで一同びっくり!
メニュー表を見返すと酢豚角煮だった。切り分ける。
ほろほろと肉がほどけた。クコの実がたくさん。

c0352015_18165114.jpg

麻婆豆腐
白ご飯が欲しいところ。
c0352015_18165344.jpg



干し貝柱炒飯
器に金継ぎがしてあった。
家ではなかなかできない、ぱらぱら炒飯。
それまでの濃い味からすると、あっさり味。

c0352015_18165466.jpg


生ビールと、二杯目の紹興酒ハイボールライチ味がよく合った。

来る途中、もうすぐあの日がやって来るなと話をした。
この街で、ビルが崩れ、高速道路が横倒しになったことなんて、今はまったく感じないことだけれど、このどんよりした冬空を見ていると、その日が近づいて来ると、決して忘れてはいけないなと思う。

c0352015_18211093.jpg

いつもなら渋滞に巻き込まれるところが、昨日は本当にスムーズに行った。
百人一首がテーマの小倉山荘でおせんべいや、甘いものを買い込み、定刻通りに実家に到着した。

初場所を見ながら、母が剥いてくれた甘いりんごを食べながら、ディサービスに行っている父の帰りを皆で待った。
母によると、降りる順番で1時間ぐらいの幅がある。
この日も、少し予定を過ぎて帰って来た。
なんだか、昔から父が帰宅すると、家がにぎやかになるというか、明るくなるというか、締まるというか・・。
別におしゃべりでもなんでもないのだけれど、そんな印象だ。

父は、一日外に出ていると、やっぱり疲れる。でも結構楽しい。と言っていた。
しかし、孫たちに「若い人たちの前で、なんやけど・・・長生きは、ほどほどで、ええで・・」と言っていた。
孫たちにはもちろんのこと、私にもまだその境地はわからないことだけど、またこうして顔を揃えることが出来ればいいなあと思う。

朝、10時に家を出て、夜の10時に帰って来た。
今日になって、ほどいてなかった荷物の片づけをした。

小倉山荘の「歌あはせ」と「宮廷ロマン」
久しぶりに行くと、おせんべいより、洋菓子風が目をひいた。

「歌あはせ」のチョコあられがとっても美味しかった。
カシューナッツチョコもやめられない美味しさだった。
c0352015_18204325.jpg


[PR]
by pass8515 | 2018-01-15 18:24 | おでかけ | Comments(2)
Commented by hanamomo08 at 2018-01-16 21:15
ご家族揃っての帰省はご両親がうれしかったでしょうね。
お父様やっぱり疲れたといっておりましたか?
母もとても疲れるらしくバタンキューです。
年をとってもやっぱり他人の前では気を使うのだと思います。
でもその適度な緊張感がいいのです。

小倉山荘のきれいなあられ美味しそう。
我が家はさくら餅を食べました。
Commented by pass8515 at 2018-01-16 22:38
> hanamomo08さん
こんばんわ。
ディサービスから帰って来て、車から降りて、玄関に上がって、部屋を横切り、ベッドに座ってひと息ついて、そして私たちがいる居間に来て、椅子に移って、ようやく「はい、皆さん、いらっしゃい」と言う茶目っ気たっぷりの、父でした。
たぶん、すぐにでも横になりたかったと思います。
でも、気を遣って、色々と話をしてくれました。

お母様も週二回ほど行っておられるのでしょうか。
父は、最初は気がすすまなかったそうですが、今は楽しみに行っているようです。
一つ、張り合いになっているとも言っていました。疲れるけど、今日、その用事があると思うだけで、変化があっていいのでしょうね。

小倉山荘。すっかり趣が変わっていました。定番商品も健在ですが、チョコあられ、美味しかったです。抹茶のコーティングが濃厚でした。
桜餅。気持ちだけでも春らしいですね。。こちらは、今日は少し暖かくなりました。

<< お菓子は癒し ハリハリ漬け >>