人気ブログランキング |

春よ来い

今日のお昼間は、少しだけ暖かく感じた。
夕方、母に電話をすると母もそう言っていた。

先日、ドラマ「夢千代日記」を録画したDVDを送った。
再放送をやっていたと言うと、「わあ~懐かしい!見たい、見たい!」と言うので、ダビングをした。
あんまり日頃、テレビ番組に頓着しない母が目を輝かせて、希望したので、これは何としてもダビングして送らねばと思った。

しかし、母は風邪をこじらせてしまって、今日ようやく家の事をする元気が出た。
おかずもあれも作ろう、これも作ろうと思っていたところ・・と言う。
そんなことで、まだ「夢千代日記」は見てないらしく、徐々にやる気が出てゆっくりとくつろいで見て欲しいと思う。

寒いと心が塞ぐと言うのは、誰もが抱く思いなのだろうか。
母も、同じような事を言っていた。
あ~早く、春が来て欲しいと、年々強く思うとも言っていた。

30数年前のドラマ「夢千代日記」を見ていると、頻繁に出てくるのが「表日本」という言葉だった。
今では、使わなくなったけれど・・。
確かに同じ国に裏も表もないなあ。
何故、昔はこういう言葉が発生したのだろう。
表側に行きたい、太陽が降り注ぎ、明るい表側に行きたい。
雪深い山陰の温泉町で、人々が口々に言う言葉だった。

春が待たれる。
しかし、まだ2月がある。
でも、日は少し長くなり、春が少しづつ近づいていることは確か。

今日は、写真を一枚も撮ってないので、お正月のお寺の緋寒桜を・・。

c0352015_19024685.jpg

1月もあと3日。
最後の一週間をまた頑張ろうと思う。



by pass8515 | 2018-01-29 19:07 | 暮らし | Comments(4)
Commented by hanamomo08 at 2018-01-29 22:40
こんばんは
夢千代日記 見ていました。
passさんのこの記事を拝見し改めて兵庫県の地図を調べ楽しかったです。
湯村温泉って日本海側なのですね。
鳥取というイメージがあったのですが舞台は兵庫県と書いてありましたね。
貝殻節覚えています。
なつかしいですね。
今日はこちらもプラスの気温でした。
たった1℃でもマイナスでないのがうれしくて♪また一週間頑張りましょう。
Commented by まる at 2018-01-30 09:35 x
おはようございます!
今朝も寒い朝ですね。
寒いと心が塞ぐとは、よくわかります。
うちの母もこの時期、何となく元気がなく、春に向かう頃にはムクムク元気に明るくなるのがわかるんです。
日射しって大事だな、と私も実感しています。
今日は午後から仕事で、帰りは真っ暗。
同じ時間働いても、明るい時間帯に帰れるというだけで気持ちが違います。

以前、湯村温泉に旅行した時に夢千代日記を知りました。テレビでは見た事はなくて。
湯村温泉は、それはもう!夢千代日記の温泉街でした。
今年、再放送があったのですね。
見たかったな~
Commented by pass8515 at 2018-01-30 22:13
> hanamomo08さん
こんばんわ。
夢千代日記、懐かしいですね。
吉永小百合は本当にきれいで、この先、あんな人はもう出てこないのだろうなと
思って見ていました。樹木希林も若いし、加藤治子など、豪華キャストですよね。
石坂浩二も出ていたと記憶にあったのですが、出ていたのは続・夢千代日記だったのですね。
湯村温泉は鳥取に近いですね。以前、この辺りを旅した時に、鳥取の生協の車が
走っていました。
兵庫県なのに、生活圏は鳥取なのだな~と家族と話したことを思い出しました。
貝殻節。私も、思い出しました。ひっそりと、何かを抱えながら寄り添って生きている姿。
改めて、いい作品だったなと思いました。

プラスでしたか・・🎵1℃、2℃、の違いでずいぶん暖かいと感じるのでしょうね。
少し、おひさまの光が変わってきたように感じますね。
Commented by pass8515 at 2018-01-30 22:22
> まるさん
こんばんわ。
寒いし、暗いし、家に閉じこもりになりますよね。
外に出ても、風邪をもらってもいけないし・・とか。
年々、寒さがこたえる・・ってなんだか私も、わかって来ました。

夕方の帰り道がずいぶん明るくなったね。
私は6時前に帰るから、だんだん日が長く感じる今頃、春が違づいて来たなと毎年思います。

湯村温泉。いいですよね。城崎はにぎやかで、その近くだけどちがった風情がありますよね。
夢千代像ありますよね。あの河原の石って、そんなに暖かいのか~ってドラマを見て
思いました。深夜に再放送をしていたのですよ。もっと、広く宣伝してほしいよね。
今、見ても色々感じることがあって、色褪せない名作だと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 小さな生活の変化 今日も終わった >>