『我が家の芝生』

いただいた紅茶を淹れて、録画していたドラマを見た。
山本文緒原作「あなたには帰る家がある」を1話・2話まとめて一気に見た。


c0352015_22185004.jpg
平成版「金妻」という前評判だったし、薄幸な女を演じさせたら・・の木村多江さんも出ていたから、ドロドロ愛憎劇かと思ったら
これが、かなりコントのような面白いドラマだった。

ユースケ・サンタマリア扮する陰険で嫌味な夫が、これが本当に嫌な男で・・・。
しかし、世の中にはこんな人が結構、存在するのだろうなというリアル感がある。
「私はこれでも結構、幸せなんですよ。我が家の芝生は青い・・・てね」
その傲慢さに、ぞ~っとしてしまった。自分は幸せ。
それは妻の我慢の上に成り立っている・・・。
という事さえわかっているのに、それも当然のような・・。
本当に嫌な男だった。
こんな人でなくて良かったと(笑)、しみじみ思った。

c0352015_22211935.jpg

年代問わずに、夫も妻もそれぞれに言い分はあるし、元は他人だし。
客観的に見ると、少しのボタンの掛け違いなんだという事がよくわかる。
少しでない場合も、根が深い場合もあるんだろうけれど。
今一度、自分を顧みる機会にもなるなと思った。

余談ですが、「金妻」は第一シリーズがやはり一番好きでした。
「風に吹かれて」のテーマソングが印象的でした。

**********************

30種類あるうちの、はてさてどれから淹れようかしら。
あまりに迷うので、一番手前から順番にいただくことにした。

ダージリン・ザセカンドフラッシュ(インド)
パッケージの模様は、インドのトーラン(戸口飾り)だそう。

c0352015_22202211.jpg


夏日だったので、靴下を一気に短くした。
昨秋、買ったそのままの状態で箪笥にしまっていた。
はさみで、値札を取る・・・結構、面倒くさがり屋です。


c0352015_22202359.jpg

ようやく、今日値札を取ってひとつ選んだ。

c0352015_22202268.jpg

お昼は焼うどんを夫が作ってくれた。
もやしとレタスと、そしてかつお節をかけて。

c0352015_22202216.jpg


晩ごはん
きゅうりと鶏ささみバジルの和え物
あと、もやしのナムルとサーモンのお刺身

c0352015_22182126.jpg

[PR]
by pass8515 | 2018-04-21 23:26 | 暮らし | Comments(2)
Commented by koko at 2018-04-22 08:39 x
おはようございます。
この季節の砥部焼は殊更に素敵ですねぇ。
そして年代物らしいポットもおもしろくて!

とても嫌な男でも生まれた時はみんな天使だったはず。
どうしてこうしてそうなった?
こわいですね~
Commented by pass8515 at 2018-04-22 14:43
> kokoさん
こんにちわ。
砥部焼のカップは紅茶にもコーヒーにもよく使います。
ゆっくりとお茶をいただくとき、ほっとします。
この柄の赤絵のカップ&ソーサーがたまたま、ある番組で映っておりまして・・・。
取り出して来たわけです♪
年代物らしいポット・・・ノリタケのハネ品です(笑)
年代物に見えますか?嬉しいです。

昭和の化石みたいな男・・・とドラマではそういう扱いでしたが、まだまだこんな男いますね~。しかし、これが笑えるのです。不気味なぐらいに、可笑しくもなるのです。
世の中がどんどん変わる中、意識がまるで変わらない人。どの世界にも存在しますね。
こわいですね~

<< いつか 何でもないこと。 >>