大洲へ

今週は道後の朝からスタート!
朝風呂は、地元の人が目立ち、「久しぶりに来たよ、5日ぶりぐらいかな〜」と脱衣所で話をしていた。
観光だけではない、生活の何気ない光景を目にするのも旅の楽しみ。

c0352015_20371949.jpg



c0352015_20383134.jpg
松山から予讃線に乗り、大洲に向かった。
海岸線すれすれを走り、日本で一番海に近い駅「下灘駅」は有名らしい。
が、この日は前日の雨のせいか一気に白い靄がかかり海がほとんど見えなかった。
晴れているのに、外は真っ白だった。

帰りに期待するとして。
坊ちゃん団子カラーの座席が心をくすぐる。

c0352015_20330290.jpg
大洲の代表的なものは、「おはなはん」だった。
50年前の朝ドラを今でも引っ張っているのもすごいけど、それだけ名作、一世を風靡した作品だと言うことなんだろうな。
母は今でも、「おはなはん」は面白かったと、絶賛している。
大洲の正午の時報は、琴の音が美しい「おはなはん」のテーマソングだった。

c0352015_20460065.jpg

おはなはん通り

c0352015_20472469.jpg
豪商の町として栄えた大洲は風情ある商家や蔵や別荘が昔の姿のまま残されていた。
臥竜山荘もその一つで、新緑が萌える風情ある佇まいだった。


c0352015_20494528.jpg

庭園の手入れが行き届き、雑草ひとつ見つけられなかった。
この時期、それだけで、もうすごい事だと思う。

c0352015_20510316.jpg

肱川(ひじかわ)沿いに伸びる庭園はかなり広かった。
茶室、崖から突き出た庵・・・・とても静かだった。
私ら夫婦。外国人男性二人。一人の男性。
出会った人は、そのくらいだった。

c0352015_20502279.jpg

緑が美しい季節に来れて良かったと思った。

c0352015_20492366.jpg
お昼は、おはなはん通りにある、かつての豪商の邸宅を利用したお店に入った。
この日の鯛めしは炊き込み風。
生姜がきいてとても美味しかった。
おすましに、小さな白魚(しらす)が入っていた。
こうして、小魚をいただいてもいいのだなと、目から鱗だった。

c0352015_20484815.jpg

電車の時間まで、カフェでくつろいだ。
開放された窓から、爽やかな風が入り込み、ゆったりとした時が流れた。


c0352015_20483154.jpg

大洲も、いい街だった。
また、予讃線で松山に戻る。
今度は、海がきれいに見えた。

c0352015_20513351.jpg

松山から、特急「しおかぜ」に乗り岡山を経由して岐路に着いた。

c0352015_20515294.jpg

*************************

そして、今日は誕生日。
旅に出てリフレッシュして、またしばらく頑張って、その繰り返しだなと思った。
「GO!GO!」で、また元気に暮らしていきたいと思います。




[PR]
by pass8515 | 2018-05-15 12:07 | おでかけ | Comments(2)
Commented by mi-san715 at 2018-05-15 22:11
お誕生日おめでとうございます!
私もすぐあと追いますね~♪
私、歳を取るのは嫌だけど、GO!GO!は楽しみなんですよ。
確か2年前、ご主人の誕生日の頃にGO1GO!について語ってたよね~(^^♪

息子さんを訪ねて松山に行って来られたんですね。
ご主人といい旅ができましたね。
今回もご主人のチョイス?
電車でゆっくり旅。いいですね~。
道後温泉、2年前に行ったことが思い出されました。
ぱすさんの好きな砥部焼があの商店街にあったんですね~。
あ゛~気づかなかったよ~(*´з`)
モヤモヤがあった先週だけど、ステキな旅ができて、また頑張ろうね(^^)/
Commented by pass8515 at 2018-05-15 22:29
> みいさん
どうもありがとう!
とうとう、50代も半分来ましたね~。
早い、早い・・・。でもちょっと楽しくなって来たね♪
私も、早速今度手続きに行ってこようと思います。
ゴーゴーでジージーだよね(笑)

そうです♪全部、おまかせでした(笑)
電車が最近、よくなって来ました。おまけに今回は船まで乗って・・楽ちんでした。
荷物も最小限で、お土産も最小限になってしまうけど、これもまた、いいかも知れません。
みいさんも、そうそう四国に行かれていましたね。
道後温泉の商店街、行かれましたか。
10年以上前に、あの商店街で砥部焼に出会い、好きになりました。
旅の間は、旅に集中して、楽しいひと時でした。いろんな事忘れていました。
気分転換になりました。また、明日から頑張ろう!って思います。

<< 呉へ 松山へ >>