哲学の道

今日も、とてもいいお天気だった。
カラッとして、気温ほどには暑くはなかった。
歩くには、とても心地よい季節。

昨日も、どこまでも行けそうだった。
サントリー山崎蒸留所で、ウイスキーを飲んでから、京都駅に向かった。

緑の中を散策。静かで、それほど人がいなさそう・・・。そんな場所。
ぱっと浮かぶのが「哲学の道」である。もう、そこしか浮かばなかった。

c0352015_22114200.jpg

地下鉄東西線に乗って「蹴上」で下りる。
南禅寺からスタート!
私の記憶はとにかく切り貼りだ。
数年前に一人で歩いた時、母と歩いた時、40年程前に、友達や家族で歩いた時。
そんな、数々の記憶が断片的によみがえり、手繰り寄せながら、散策を楽しんだ。

c0352015_22153466.jpg

永観堂
この道の、人気の秘密は歩きながら、いつの間にか名所が次々と現れるところにあると思う。
終点は、なんてたって銀閣寺。(銀閣寺スタートでもいい)
そして、迷いようもないぐらいに、道しるべが丁寧。



c0352015_22141596.jpg
平日、木漏れ日のまぶしい昼下がり。
静かだった。実に静かだった。
すれ違う人は、8割がた外国人。自転車で颯爽と駆け抜ける人もいる。
それは、気持ちがいいだろうな。

c0352015_22125493.jpg

テラスカフェに入った。
以前、このお店で母とパスタを食べたなあと思い出した。
もう、何年前になるだろう。
ちょっと、お店の雰囲気が変わったような気もした。


c0352015_22163170.jpg

美味しい珈琲だった。
この一日で、何日分の充電ができただろう。
日々の雑事、しょうもないことがすっかりと頭や心の中から、拭い去られたようにすっきりとした。


c0352015_22172926.jpg


銀閣寺前に出た。ゴール!
と・・・バスがやって来た。京都駅行きの100番系統。
なんて、いいタイミング!小走りで停留所に向かい、飛び乗った。

*******************************

今夜は手巻き寿司にした。
具は、かんぱち・いか・サーモン・おくらツナマヨ・卵焼き、アスパラ・胡瓜
海苔が足らないかな~と危惧したけれど、半分に切ったらちょうどいいぐらいだった。

c0352015_22184454.jpg

テーブルクロスはしまい込んでいた、風呂敷をいくつか出して来た。
しまい込むほど、もったいないことはないと、最近テレビか何かで見たので、どんどん使っていこうと思った。




[PR]
by pass8515 | 2018-06-02 23:09 | おでかけ | Comments(4)
Commented by mi-san715 at 2018-06-02 23:44
木漏れ日が美しい景色に癒やされましたよ〜。昔懐かしんで旅?散歩?するのもいいですね〜。
哲学の道、ぱすさんのブログには何度か登場しますね。いいな〜、憧れの環境だわ〜(^^♪
サントリーの山崎蒸留所と竹鶴政孝氏が開発したニッカウヰスキー余市蒸留所。
ノンアルの私は、特にウヰスキーが苦手で毛嫌いしてたけど、環境や水に拘って製造するなど、これまた新しい発見でした!
だからと言って呑めるようにはなりませんけど•笑
使わない物をしまい込む。そして忘れて使わない。勿体ないよね〜。
私も母に服などをしまい込まないでどんどん着て!と言っています。が、そういう自分もしまい込んでる〜(*_*;
Commented by まる at 2018-06-03 10:58 x
やっぱり京都はいいでしね~。
ぱすさん、本当に羨ましい環境ですね~。
マッサン、懐かしい!
いつか是非、広島の竹原にもいらしてね。

銀閣寺は5~6年前に娘と行ったきり、又、行きたくなりました。
あの時は時間があまりなくて、急ぎ足で歩いたので、今度はゆっくり訪れたいです。
実は母が飼ってる愛犬が老衰で亡くなりました。
老犬がいたので、母はずっと旅行に行けていないので、今から旅行に行きたいと。京都に行きたいと言っています。
元気づける意味もあり、京都に連れ行ってあげたいなと思っています。
Commented by pass8515 at 2018-06-03 17:53
> みいさん
こんにちわ。
行こうと思えば、いつでも行けるのに、なかなか行かない。
そんなところがまだまだあるものですね。
山崎蒸留所はずっと、電車から見慣れた風景でした。
みいさんが、余市に行かれたのを拝見して、そうだ!行ってみよう!と、後押しされましたよ。
本当は、北海道で開発したかったけれど、大阪からも遠く、近くて適した環境が山崎だと
わかって・・・・とドラマでやっておりました。
いい所でした。ウイスキーも堪能しました。今度は、主人を連れて行ってあげたいな~と
思いました。

風呂敷をはじめとした、和箪笥のもの、もうどうしましょう~と思います。
出しては、考え、またしまい。母がそろえてくれたものだしと、思いだけが残るのです。
こうしたことも、考え始めて行動に移す頃ですね。もう、誰も使わないよね。
(うちは、特に・・娘もいないし)
こうして、ブログに書くと、やる気が出てきそうな気がするのです♪
Commented by pass8515 at 2018-06-03 18:02
> まるさん
こんにちわ。
マッサンの故郷、竹原もいいそうですね。
実家の酒蔵もいまだ、現存しているそうですね。
いつか、行ってみたいなあと、思っています。

ご実家の、ワンちゃんが。そうですか・・。
お母様、気落ちされていることでしょう。大切な家族だものね。
元気出して、いただきたいですね。

若い時は、そう感じなかったことも、京都ってやっぱりいいなあと今更ながら思います。
変わってきているけれど、昔のままの風情が、そこかしこにあって、あ、ここまだある!というところに出会うと、本当に懐かしい気持ちになるんです。
そのために、行っているようなところもあります。
観光地もまたいいし、町並みだけでも、またいいし。
お母様と、いい旅をしてくださいね♪

<< 梅酒 山崎へ >>