ピカタ

最近、よくする料理は「ピカタ」である。
暮しの手帖 6-7月号に載っていた「いわしのピカタ」を見かけたことに始まる。

c0352015_22115807.jpg

ピカタで思い出すのは、学生時代のランチ。
友人が、注文したプレートランチを見て「それ何?」と、聞くと「ポークピカタ♪」と彼女は答えた。
その「ピカタ」という響きと彼女の言い方が、とても愛らしくて、印象に残っていた。

作り方は案外、簡単そうである。
家にある、小麦粉と卵さえあればなんとかなりそう。
味付けは、塩コショウと、ガーリックオイルで、整えた。

昨夜はイワシのピカタ
ブロッコリーと白いんげんのサラダ

c0352015_22135038.jpg

今夜は鶏ささみのピカタ
ささみと、わかめのサラダ

c0352015_22125607.jpg

私は、気に入っているけれど、やっぱり夫はいまいちの様子。
ここまでしたなら、おそらくフライの方がいいのだろう。
(パン粉つけの一歩手前で、焼くものだから・・・)


ポルトガルの孔雀のワインが、今お気に入り♪
ふくろうワインにも匹敵する、飲みやすさです。

c0352015_22144738.jpg

********************

花をいただいた。
職場へ行く道に、どの季節も花でいっぱいの畑がある。
そこのおばさんは「いつでも、切って持って帰ってや~」と言う。
そう言われても、そうそう切って持って帰れるものでもない。気がひける。

そしたら今朝、職場の人が「あの畑の人が切ってくれた。」とバケツいっぱいにもらってきた。
私には、切って欲しい~というビームが足りなかったのかな。

何人かで分けました。

アスター菊?
と、かすみそうのような、小さな水色の花

c0352015_22161746.jpg






[PR]
by pass8515 | 2018-06-04 22:37 | 暮らし | Comments(2)
Commented by hanamomo08 at 2018-06-05 21:15
こちらでも梅が出回ってきました。
でも地元の梅は7月にはいってからなのです。
今年は梅干が残り少ないのでたくさん漬けなくてはと思っています。
梅酒もね!

ピカタ簡単で大好きです。
海老やイカでやっても美味しいですよ。
暮らしの手帖はいい雑誌ですね。
今日の夕方前号を母に読んであげました。
私の家が好きなのです。
私も大好きなコーナーです。
Commented by pass8515 at 2018-06-06 18:20
> hanamomo08さん
こんにちわ。
こちらは梅雨入りしました。
今日はずっと雨でした。
秋田の梅は7月なんですね。
梅干しは、お天気の日を見つけて、漬けなければと思います。
梅酒。楽しみです。

いかのピカタ!美味しそうですね。
ぜひ、やってみたいと思います。
たまごで、まろやかになって、私は好きなんですが・・・(笑)

お母様も、「暮しの手帖」楽しみにされていることでしょう。
じっくり読む雑誌ですね。2か月、こつこつと時間があいたら読んでいます。
気持ちが、落ち着きます。
私も、「わたしの家」が好きです♪
毎号、あればいいのにと思います。家はその家族の歴史そのものですね。
<< 梅雨入り 梅酒 >>