家計

先日、Eテレ『人生レシピ』で、節約に関することをやっていた。
いろいろと、考える人々が世の中にはいるもので、はあ~すごい!と感心しながら、夫婦そろって番組を見ていた。
楽しみながらの節約、無理のない節約。

古い電話帳をハンガーにかけて、ちり紙替わり。
ティッシュの箱を半分に切って、ティッシュペーパーも半分に切って使う術。
次から次へとアイデアが浮かんで、とてもその人は楽しそうだった。

私が、実践しようと思ったのは、家計簿のつけ方。
かちっとしたものは、私も続かないけれど大学ノートに使ったお金は記録している。
残高がわかり、それだけで安心しているのだけれど、節約に結び付くかどうかはわからない。
ただの記録だけ。
いつも思うのは、まだまだ締めていけるはず。もっと、出費は削れるはず。
週一のまとめ買いがいいのか、悪いのか。無駄も多い。反省する。
の繰り返し。

番組で紹介された家計簿のつけ方は、絶対に必要なものと、それほど必要でないもの(なくても、生活できるもの)を分けて記録するというもの。
その人は、100均やなんかで、安いからいいか・・というものをちょこちょこ買っていた。
その安いものの積み重ねが馬鹿にはならないと気付いたそう。
月にして、4000円とすると、年単位では?とそこに無駄があると気付いた。

自分に今必要か、どうか。家に同じようなものは、なかったか。
ちょっといつもより、時間をかけて買い物をした。

**********************
久しぶりに、こんな分厚いティッシュペーパー5箱組を見た。
そう言えば、以前はこのぐらいの厚さだったな。
それが、どんどん薄くなり、コンパクトになっていった。
慣らされていたから、どんと!迫力がある。
結果的には、この方が割安なのかもしれない。

c0352015_20523468.jpg
夏野菜カレーと、ピクルス

c0352015_20510161.jpg






[PR]
by pass8515 | 2018-08-09 22:51 | 暮らし | Comments(2)
Commented by まる at 2018-08-09 23:25 x
若い頃は、それはきっちり家計簿をつけていた私ですが、ある時から「贅沢しない心のゆとりの範囲内」で支出を心がけて家計簿なしで生活しています。
まぁ、家計簿つけるのが面倒になっただけなんだけどね(^_^;)エヘヘ
光熱費も、うちは犬がいるから真夏は24時間クーラーだけど、これも割りきり必要。お陰で帰宅してすぐ涼しい(笑)ゆとりです。
ティッシュなんて孫が来るとあっという間に1箱なくなる。イライラしても仕方ないしね。要るものは要ると割りきり。
しかしその後、孫が帰ったあとの主人と2人の暮らしは、前より質素になるのは意識的かも~。
当分あるもので済ませ、買い物すら行きません。

ピクルスの野菜の色合いが綺麗ですね。
カレーも美味しそう。
私は今夜、お好み焼きを焼き、鉄板で食べながら1週間ぶりにアルコール解禁!ビール飲みました。
完全に復活したみたい~(^_^)v
パスさんも復活しましたか?
Commented by pass8515 at 2018-08-10 20:56
> まるさん
こんばんわ。
まるさんは、きっちりつけていたのですね。費目別とかかな?
贅沢しない心のゆとりの範囲内・・・それ、大事ですよね。
ぎすぎす、ぎりぎり、心にゆとりがないと、家族にも自分にも悪影響ですね。
見直す余地はありながらも、ずるずるの時があったなあ~と、私なんか思います。

光熱費はもう、仕方ないね。長年の生活の中で、必要なところとそうでないところと、
きっちり見極めて、それは家庭によってもいろいろですね。
二人だと、そうですね。野菜があれば、作り置きがあれば、それで一週間、まかなえてますね。で、たまに美味しいものを食べに行く♪

ビール解禁しましたか!ビールは酵母だし、少々のことは大丈夫!ワインはポリフェノールが体にいいし、大丈夫!と自分に言い聞かせて、ちびちび飲んでますよ(笑)
でも、本当に弱っているときは、欲しいとも思わない。飲みたい時は元気な時ですね♪
復活してよかったです。まるさん。
私は・・・・今日、病院に行きましたよ。油断するといけませんね。

<< 検査 やっぱり、立秋 >>