『永遠のおでかけ』

益田ミリの「永遠のおでかけ」を読んだ。
実父の余命宣告から、別れ、父のいない世界。
その感情を、事細かに現実的に、そして気取らずに、ふんわりと描かれた秀作だった。

涙は出ない。
むしろ、くすっともする、しかし底知れぬ悲しさが伝わって来た。


c0352015_17455014.jpg
長年、同じ作家のエッセイを読んでいると、その家族をより身近に感じるものである。
ことに、益田ミリのエッセイには大阪のご実家の様子・ご両親がよく出て来ていた。
そのお父さんの死を私が知ったのは、新聞連載のエッセイだった。
「えっ・・・ミリさんのお父さん亡くなってたんやって」
風呂上がりの夫に思わず言った。(夫も新聞連載の一ファン)

前年の秋だったよう。
それが、数か月を経てようやくその事実を、書く気にもなったとそのエッセイには書かれていた。
仕事上、編集関係の人以外には父の死はしばらく言えなかったらしい。
「大丈夫?」と聞かれて、「大丈夫」と答えてはいたけれど、大丈夫と思えるまでにはずいぶん時間がかかったこと。
そんなことが書かれていた。

それに対して、反響があり「私も親の死を、人には言えなかった。悲しみを封印していた」などと新聞読者から投書が相次いであったと
紙面に紹介されていた。
いつまでも、悲しんでばかりもいられない。しかし、何かを見たその瞬間に父や母を想い、涙が止まらなかったりすること。
それは、自然なことで、自分なりに悲しみを整理していけばいいのだと、安心もしたと・・・。

これからの事だなと思った。
これから待ち受けていること、心構えにもなったミリさんのエッセイでもあり、投書でもあった。

叶わなかった最後の桜とケンタッキー・フライド・チキン。最後に買ってもらった物が、コンビニのおでん。父のいない大晦日。
いつだって、ミリさんは実に身近で、素直。
それだけに、胸につんと来るものがある。

************************
手巻き寿司をした。
久しぶりに、冷酒を飲んだ。
新潟の糸魚川のお酒
「大火からの完全復興を目指して」と、ラベルにあった。

すりおろしたわさびと一緒に。
c0352015_17302603.jpg


[PR]
by pass8515 | 2018-08-25 18:41 | | Comments(4)
Commented by まる at 2018-08-26 23:20 x
そういえば、私も父が亡くなった時、わざわざ連絡して知らせた人はいなかったです。
だから少しわかります。
もう結婚して子供たちが小学生だったから、他人に知らせる必要もなく。
10年くらい経って、幼なじみと食事してる時に父の事を聞かれて、話した記憶があります。びっくりしていましたけどね。
年賀状のお付き合いの人には、喪中ハガキで知らせた感じです。

先日、実家の犬が亡くなった時も、実家に行くまで母から連絡なくて知らなくて。
なかなか自分から連絡するまでには、気持ちの整理も含めて時間が必要な時もあるのかな、と思います。
自分が学生だったり、闘病生活が長かったりで、まわりに知らせないと困る状況だったら、知らせないといけないでしょうから、状況にもよりますね。
そんな母がね。昨日、ナント!スマホデビュー。
県外の孫たちとラインがしたいらしく、格安携帯をゲットして、昨日から頑張っています。

手巻き寿司と冷酒、いいですね~。
まだまだ暑いけれど、クーラーの中で美味しい食事とお酒で、気持ちも体も休めてリフレッシュしましょうね^^
Commented by pass8515 at 2018-08-27 19:16
> まるさん
こんばんわ。
お父様、亡くなれてもうずいぶんなるのですね。
ここ、数年幾度か、覚悟がありました。
後から、今度だけは・・・と、聞かされたこともありました。
ああ、あれが最後だったのかも知れなかったのだと思うと、充分に話ができたかと、自分に問いかけ、できるだけ悔いのないようにと思います。
この夏は、元気でした。久しぶりに元気に乗り切った夏でした。

お母様。気を落とされたことでしょう。
スマホデビュー!お孫さんとやりとりがあれば、気持ちが晴れますかね♪
誰かと話をするって、しみじみと大切で、心落ち着くものですね。
まるさんのお母様は、とてもパワフルですね!
今から覚えようというお気持ちが、もうあっぱれですね!
世界が広がりますね。知らない世界、若い人とのつながり。大切ですね♪
Commented by butanekoex at 2018-08-27 20:29
なんだかうるる~~~です。

「叶わなかった最後の桜とケンタッキー・フライド・チキン。最後に買ってもらった物が、コンビニのおでん。」
誰にも「最後の・・・」があるのでしょう。
私にもあります。
今でも、その「最後の・・・」の場所に行くと、
胸の奥から目頭にかけてぎゅうーーっと切なくなるんです。
もう、40年ちかくも前のことなのにね。
人はそう言う思いを持ちながら年齢を重ねて
親ての感謝の気持ちを永久のものにしていくのだと思います。

手巻き寿司、美味しそうですね。
すりおろしわさびが贅沢(^^)

エコバック、私もおしゃれなのが欲しいわあ( ´艸`)
Commented by pass8515 at 2018-08-28 08:26
> butanekoexさん
おはようございます。
益田ミリの本は、実に身近です。
それだけに、光景が浮かび、お父様が財布が出す様子までも、浮かんでくるのです。
読者の私でさえ、そうだから、実際に娘となると、そういうことがじんと来て
いつまでも、心に奥にしみこんでいくのでしょうね。
細かいことこそ、思い出すものなのでしょうね。
butanekoさんは、もっと早くにお別れがあったのだなと、お墓参りのご様子などで
思います。
こころの中に、思いを持ち続けること。それは永遠ですね。

すりおろしわさび。根元まで使い切りたくって、冷ややっこや、酢の物や
いつもつけないものまで、擦って使ってます。でもなくならない・・・・(笑)
こればっかりは、この辺では売ってないのでね~希少ですね。

エコバッグ。みなさんどんなの使っているのだろう~ってふと思いました。
いつも、必ず使うのに、それほど重要視してない・・・私は粗品、一辺倒でした。
おしゃれなのを、颯爽と持ちたいですね♪

<< エコバッグ 進言する >>