散髪

霜月
早いもので、今年もあと2か月になった。
朝、そろそろ手袋があってもいいなあと思うけど、まだ出していない。

c0352015_21393600.jpg
母に電話をすると、やっと落ち着いたと言っていた。
と同時に、ほっこりしたとも言っていた。
この2か月はとにかく慌ただしかった。千客万来。
電話をするたびに、私もすっかり忘れていた人の名前が次々と飛び出した。

そして、思うのは両親は、地域の人、とりわけ商店などの付き合いは長年、ずっと一つのところと決めているところがある。
スーパーや、大型店で今は、事足りるものも、越してきて以来、そのお店をずっと利用している。
酒屋さんもそうだったし(とうとう閉店したけれど)、お米屋さんも、そして散髪屋さんもそうだった。

「聞いて、びっくりしました!」とお米屋さんは、お花を持って来てくれた。そうそう、散髪屋さんも、来てくれた。
「ずっと、(父には)お世話になって、女の子も、来てもろてましたし・・・」
と、母は嬉しそうに話した。

女の子とは、私のことだ。
散髪屋さんに行っていたことを、あまりよく覚えていないのだけれど、アルバムを見ると、小2頃までは、毎度短く切られていて、かなりの頻度で散髪していたことを物語る。そう、よく男の子と間違われたから。
いつの頃か、美容院にシフトしたけれど、散髪は父と一緒に行ったのだろうか。一人で行っていたのだろうか。
遠い遠い日々の、記憶にはないけれど、また懐かしさを感じたのだった。

今日は父の祥月命日。

*********************
打ったとたん、ホームランだと夫はすぐわかる。
「お~」っと言って、打った瞬間、角度や球のとらえ方で、すぐにわかる!と言う。
「今の、わかった?」と聞くと、「わかった」と言う。

日本シリーズの広島を見て、この前もそうだったし、今夜もそうだった。
広島を応援しています。久しぶりに、セ・リーグに日本一になって欲しいなと思います。

晩ごはん
本場のさつまあげをいただいた。
どっしりとした、厚みのあるさつまあげで、一枚でもお腹がふくれた。
麦みそ漬けも一緒に。
さつまいものお味噌汁とともに、今夜は茶色の晩ごはんになった。

c0352015_21401691.jpg

[PR]
by pass8515 | 2018-11-01 21:48 | 思い出ばなし | Comments(4)
Commented by hanamomo60 at 2018-11-01 23:15
こんばんは。
ご実家のご両親、地域のお店を長年利用なさっていたんですね。
昔はそれがあたりまえのようなところがありましたが、いつしか大型店が進出してきて、個人の商店は大変になりましたね。

私はストーブなどは近所の灯油を配達して持っているところで買っています。
ストーブに異変があるとすぐに来てくれます。

お父様の祥月命日でしたか。
私も床屋さんの思い出があります。
洋館のような石造りで目鼻立ちが外国の人のようなきれいなおばさんがやっていた床屋でした。
娘さんが赤ちゃんを産んで亡くなってしまい、かわいい女の子がおりました。

本場の薩摩揚げ美味しそうですね。
Commented by koko at 2018-11-02 08:27 x
おはようございます。
私はもう2日前から手袋をしていますよ。
やはりあったかいんですね、ふふふ!

お母さまは座標軸があるぶれないお方ですね。
さすが京都の女性です。
できることなら1度お目にかかりたいです。
ちかごろは素敵に歳を重ねておられる方に、無性に親しみを覚えるのです。
そしてその逆に胸が潰れる気持ちの時も・・・

年をとると見えなかったものが見えてきて辛い部分もあります。
ごめんなさい、ちょっとぐちっぽくなりました。

Commented by pass8515 at 2018-11-02 19:46
> hanamomo60さん
こんばんわ。
昔ながらの付き合いを、ずっとしているのだなとつくづく思いました。
御用聞きの酒屋さんや、お米屋さんのことも、私が結婚して家を出てからも、よく聞いていました。昔は、そうだったですよね。私もよく覚えています。クリーニングもそうでした。
そういう付き合いを大切にしていました。船便ボジョレーヌーボーとか、店頭では販売していないとか言う、ポン酢とか・・。我が家の分まで頼んでくれていたりしました。
それが、母にとって耳よりな情報源だったのでしょうね。

床屋さんの思い出。hanamomoさんも、おありですか。レトロな雰囲気の洋風の床屋さんだったのですね。いつから、女の子って美容院に変わるのでしょうね。
灯油が欠かせない季節になりましたね。季節の変化が目まぐるしくって・・・。
このさつま揚げには、にんじんがはさんでありました。にんじんのパリパリした食感が、一味違いました。

Commented by pass8515 at 2018-11-02 19:56
> kokoさん
こんばんわ。
寒くなりましたね。朝は、もう冷たいです。手袋、出しておられますか。
もう、要るぐらいになって来ましたね。季節の移ろいが目まぐるしいです。

母の事、どうもありがとうございます。そう言っていただくと、母も喜びます。
人と話すことが大好きですから。
楽しみにしている、100歳クラブも、人様の生きざまを聞くのが楽しいと言っています。
次々と起こる出来事にどんどん上積みされて、ひと月、2週間ほど前の事は、完全に過去の事です。「そうやったかいな」と、よく言います。その分、昔話が多いですね。
何度も聞いていますが、私も、根気よく聞いています(笑)
恨み言ではないので、楽しくて面白い話は何度聞いてもいいですね。
<< 石見焼 寒くなりました >>