仲人さん

今年の喪中はがきは少ない・・と職場の人が言っていた。
例年なら、10通は来るのに、今年は少ない。

私も、そう思っていた。
例年なら、帰宅するたびに、ポストを開けると届いていたのに、そうでもなかった。
でも、何通かは届いている。
そのうちの一通は、私たちの仲人さんのご遺族からだった。

父よりも、10ほど年上の仲人さん。
母も、毎年のように、仲人さんから届く年賀状の事を話題にした。
「お元気なんやな~。そして、まだまだ達筆。うちに来る年賀状で、一番達筆や」と、もうそれこそ、毎年言っていた。

義父の古くからの知人だった仲人さん。
結納の前に、あいさつに来たいと希望があった。
母たちにしてみたら、結納の日のおもてなしだけでも、気を遣うのに、その事前の訪問。
何しに見えるの?と、困惑していた。

私も、若かったし、全く他人事だったし。
その「プレ結納の日」の夜は、友人の結婚パーティーがあったし。
気は、もうそっちに向かっていた。ほとんど記憶にはないけれど、母たちはきっとドキドキしたことだろう。

が、33年間。ずっと、年賀状だけは欠かさなかった。
奇しくも、父と同じ年に亡くなり、互いの喪中はがきを最後に、やりとりは終わってしまった。

******************
今年の大根は豊作!
太い大根がスーパーに並び、そして安い!

ここ数週間のおでんの大根の皮をストックしていた。
新鮮で、きれいな大根の皮は、もったいなくて捨てられない。
刻んで、にんじんの千切りと一緒に、きんぴらにした。

c0352015_21470632.jpg

おだしがしみた「きざみあげ」を買ってみた。
このまま、つまんでみても甘辛くて、美味しい。
ひじきを煮るときに、味付けはほとんどしなくて、良かった。
c0352015_21472565.jpg

時短料理に、ちょうど良かった。

c0352015_21471651.jpg




[PR]
by pass8515 | 2018-12-06 21:33 | 思い出ばなし | Comments(2)
Commented by hanamomo60 at 2018-12-06 22:53
こんばんは。
喪中葉書、身近な人からのものは驚きますよね。
私たち夫婦の仲人さんは夫の会社の上司だったのですが、奥様と一回り以上の年の差でしたが、ご主人が逝って、数年でお若い奥様もなくなってしまいました。
ご家族がお見舞いに行って元気に見送った翌日だったそうです。
肺炎でまだ73歳で。

京都のお母様,結納の前の訪問、忙しかったでしょうね。
その前のご挨拶だったのでしょうか?
我が実家と夫の家も微妙に温度差があり、いろいろ大変だったな~と思い出しました。
ブログに書きたいけど時々夫が見るもので・・・・失敗!

フィンランドのふきん、Variって『いろどり』という意味ですってね。
いいですね~使い心地も教えてくださいね。
白雪ふきん、いろんな方から頂いているので、使おうと思いました。
このふきんって優れものですね。

冬の大根は美味しいですね。
私はきれいなので皮ごと刻んでお味噌汁に入れています。
この油揚げ、美味しいのですね。
今度買ってみようかな~。
普通の揚げはいつも相模屋のを食べています。
Commented by pass8515 at 2018-12-07 20:12
> hanamomo60さん
こんばんわ。
身近な人からの、喪中はがき。
年がお若いと、なおさら驚きますよね。
これから、ますます増えるのだろうかと思いますが、人との出会いのひとつだなと毎年この時期思う事です。
仲人さんは、会社の上司の方だったのですね。
いつ頃まで、仲人制度って、一般的だったのでしょうね。
いつの頃か、簡素化されて来ましたね。

結納は春だったのですが、その前に顔合わせをしたいと言われたのです。
2月の寒いころでした。
地域も違ったので、何でもが違い、本当に戸惑ったものでした。
と、私は、まったく他人事で(笑)・・・・親は大変だったと思います。
ぶつぶつ言ってました・・・(笑)
そうですか・・。ご主人様、みられているのですね。うちは、関心がないようです(笑)

「Vari」ってそういう意味なのですね♪
色がきれいで、デザインもバリエーションに富んでいて、使っていて楽しくなりそうです。
白雪ふきんとともに、新年に向けて、おろしたいなと思っています。
白雪ふきんは本当に、優れものです。お値段も、手ごろなところが、またいいのです。

相模屋のお揚げを使っておられるのですね。
このお揚げは、フリーズドライの甘いだしがしみています。
たまには、便利ですね。
今年の大根は久しぶりに、豊作で大きくて太いものがならんでいます。
嬉しくなりますね。皮ごと、お味噌汁に・・・・そうですね。新鮮な甘みのある大根。
まるごと、いただけますね♪


<< ボヘミアン・ラプソディ 12月の嵐 >>