初雪

昨夜は、外で食事をした。
夫が、ご馳走してくれると言う。
時々行く、ビストロに予約をしてくれた。

昼間は初雪が降った。
一時吹雪になって、外が真っ白だったぐらい、寒い夜だった。

まずは、セル牡蠣のオイル蒸し
c0352015_12580497.jpg

チーズフォンデュ
海老や、林檎や、バゲットを溶かしたチーズにくぐらす。
濃厚で、とても美味しかった。

c0352015_12582925.jpg
シーザーサラダ

c0352015_12584932.jpg
牛肉の煮込み
とろとろ。
残った、ソースをガーリックトーストにつけると、また美味しかった。

c0352015_12591196.jpg
「今年も、おつかれさま」
ジャズが流れる、店内は喋り声もそう聞こえなくて、とても落ち着いて、料理を楽しむことができた。
いい夜だった。

*******************************
以前、「団塊スタイル」だったかな。
元NHKアナウンサーの村田幸子さんの暮らしを紹介されていて、その後の様子をまた見ることができた。

アナウンサー、新聞記者、カウンセラー、コピーライター、介護施設理事長、企業の広報・・・・
その道のエキスパートだった女性にも老後があって、それぞれ事情があって、現在おひとりさま。71歳~83歳。
10年前に、同じマンションの一室ずつに居を構え、「友だち近居」という形で互いに支え合って暮らしている。

体調が悪い、パソコンがわからない、留守中の水やり、料理の手助け、そして寂しさに耐えられない・・・・。
いつでも、たとえ夜中でも、お互いがヘルプし合って、ここまでやって来た。
一つの談話室で、集まって、話してお茶を飲むひととき。一番、癒されるという。

理想的なようで、なかなか難しいのではないだろうかと、私は一番に思った。
他人との距離の取り方、手や口を出すタイミングや、程合い。
揉めないのだろうか、嫌な思いをしないのだろうか、そして疲れないだろうか。
と、ネガティブなことばかりを考えた。
しかし、そこは長年、第一線で活躍した人たち。
いろいろなルールを決め、究極のルールは、「お互いの介護はしない。」
友だちのままで、最後までいい友達のままで。

しかし、「なんで、こんなことを始めたのだろうと思ったこともあった。」
思いをぶつけ合う場面もあった。
でも、ひとりよりはいい。
ひとりの寂しさ、不安から解放されたことは間違いないと、言う人もいた。

気が合い、価値観が合う友だち同士で、意図的に近くに暮らして、共生していく。
「友だち近居」
新しい試みを、興味深く見た。


by pass8515 | 2018-12-29 12:57 | おいしいもの | Comments(6)
Commented by まる at 2018-12-29 14:51 x
ご主人、優しいな。
素敵なお店ですね。料理も美味しそう。
何より仕事納め、ご主人の優しさが1番の和やかな夕食でしたね。

マンションでの老後のお友達との暮らし。
以前、朝の番組で取り上げていたのを見ました。
私の友達の間でもこの話題になりましたよ。
主人を亡くし、子供にもそれぞれの生活があり、頼ったり迷惑かけない暮らしの中で、自分も楽しむ暮らしには、この形もありだね!となりました。
若い時とは違い、距離感を大事に楽しく暮らす形には、年齢を重ねた人たちだからこそのやり方があるのではないかと思います。
その為の、今からの友達付き合いも、人を見極める上で大切だと。合わない人は合わないから。
と、それはそれは盛り上がったの。
私たちの20年後って、世の中どんな感じなのかな。
その時、自分がどんな気持ちになるのかは、その時になってみないとわからないかな〜。
Commented by pass8515 at 2018-12-29 16:13
> まるさん
仕事納めにふさわしい、いい夜でした。
静かなお店で、お料理も美味しいし、好きなお店です。
ワインは、赤と白を一杯ずつ。ほろ酔いでした。

まるさんも、見たことがありますか。
これからのことで、興味あることですよね。
年齢を重ねた人たちだからこそ、ある程度の距離感は学んでいるし、それぞれを尊重できて、価値観も似た人同士。
一人でいたい時は、楽でいいし、何かあった時は、頼れるし、ルールをきちんと守られていけば新しい形なのだなと、思いました。
よほどの覚悟と、ある程度の我慢・節度も要ることだなとも思いました。
盛り上がりましたか!合わない人とは合わない。それは、言えます!(笑)
今は、夫婦二人が気楽で楽しいです。それがいつまでも・・・とは、覚悟はしてるけど、まだまだ実感は持てませんね。
Commented by さえ at 2018-12-29 20:25 x
ご主人とお二人でディナー、いいですねえ♩
ゆったりとした雰囲気が伝わってきました。
ワインの夜ですねえ♩

シェアハウス、わたしは苦手かも。
でも、歳をとったら想定外のこともたくさん出てくるんでしょうね。先のことはほんと、どうなるかわかりませんね。

味噌漬け、味噌じゃないみたいにさっぱりした感じに見えます。美味しそう♡

どうぞよいお年をお迎えくださいね~♡
Commented by hanamomo60 at 2018-12-29 23:22
仕事納め、ご主人のねぎらいすごいですね。
お料理も美味しかったでしょう。

村田幸子さんは福祉ジャーナリストとして活躍中ですね。
昨日この番組見逃しました。
いつか再放送を見たいものです。
みんなお仕事を持っていたとは聞いていましたが、様々考えてしまいますね。
一人よりは安心かもしれないけど・・・・、今の段階では答えが出せません。
でもとても新しい形の共生ですね。
Commented by pass8515 at 2018-12-30 09:36
> さえさん
今年の最後をしめくくり、お互いに「おつかれさまでした」と乾杯しました。
静かなお店が気に入って、ワインもお食事も美味しいし、お気に入りです。

シェアハウスとは、また違い、同じマンションの部屋をそれぞれ買ってという形です。
階が違ったりもするのですけれど、密に連絡は取り合い、会わない時は会わない。
助けて欲しい時は、お願いする。
さすがに、元々自立した人たち同士だなあと思うところもありました。
でも、本音もいろいろあり、激論の場面もありました。ひとりでもそうでなくても、
老いて生きていくことって、並大抵なことではないなあと、しみじみ思いました。
私も、苦手です。気を使い過ぎるので、へとへとになりそうです(笑)

味噌漬けは、ちょうどいいまろみと、甘みがあるように仕上がります。
野菜から水が出るので、それでいい具合になるのでしょうか。
おすすめですよ。

さえさんも、どうぞよいお年をお迎えくださいね。
今日は、いいお天気です。きっと、八ヶ岳も、富士山も美しく見えることでしょうね。



Commented by pass8515 at 2018-12-30 09:48
> hanamomo60さん
無事に、今年も終わりほっとしました。
それだけに、お酒もお料理も美味しかったです。
牡蠣がとても美味しかったです。

村田さんは、福祉ジャーナリストをされているのですね。
そういった観点からも、自らこういう新しい共生の仕方を実践されているのでしょうか。
いろいろと、考えさせられました。
1人よりは、安心ですよね。さあ、何かあったら頼れる存在がそばにいる。
昔からのご近所づきあいではなくって、そういったことを前提とした、敢えて近所になる、
友だち近居。
でも、介護が必要になったら専門の施設に入る。それも取り決められたことでした。
どういう形にせよ、良し悪しはありますね。

しかし、参考になりました。これからのこと、考える機会にもなりました。
<< 最中 漬物名人 >>