人気ブログランキング |

無花果

9月になった。
もう、風がどことなく秋の風。すっきりとはしないお天気だが、蒸し暑さからも解放された。

父の法要の御膳でのこと。
先付に出て来た、無花果白味噌煮。
旬の味だった。無花果がお茄子のように、とろけそうだった。

c0352015_17144639.jpg
「無花果って、夏もあるね・・」と言うと、
無花果は、秋やろ・・・と母も、夫も言った。
私は、6月ごろに見かけることがあったような気がして、夏も秋も無花果はあると思っていた。
実家近くは、無花果の産地で、母は親戚に箱でよく送っているらしかった。
が、高速道路延長工事で、農地が次々と道路に変わる。
朝の散歩のときに、無花果が生っているのをみると、毎年秋が来たと思うらしい。

(ちょっと腑に落ちなかったので、さくっと調べてみると、やはり無花果は5月からのものらしい。
夏も秋もあるらしい。)
こんな時に助け舟を出してくれるのも、父だった。
ああ、一人で、すっきりした。

冬瓜饅頭も、いいお出汁の味だった。

c0352015_17291556.jpg
**********************
今日は、めったとない日曜日の映画の日。

見たい映画があったので、午前中に買い物とアイロンを済ませて、午後から行くはずだった。
予約を取るまでもないだろうと、念のため調べてみると、午前も午後も、予約でいっぱい。
購入不可だった。

レディースデーよりも、おそるべしの日曜日の映画の日だ。
また、日を改めるとして、午後からはのんびりと、過ごすことにした。




by pass8515 | 2019-09-01 23:04 | 暮らし | Comments(4)
Commented by まる at 2019-09-01 23:44 x
朝晩寒いくらいで、もうすっかり秋ですね。
我が家は毎朝、梨をいただいています。
今夜はサンマを食べましたよ。

無花果は子供のころ、ラジオ体操に行く途中に大きな無花果の木があって、よく採って食べながら行っていましたよ。
昔は無花果の木がたくさんあったよね。
なので夏もありました。

お父様の一周忌だったのですね。
早いですね。
一周忌の老舗のお店とお料理、さすが京都という感じで素敵ですね。
お父様が、皆さんのお話を聞きながら、微笑んでおられる事でしょうね。
Commented by pass8515 at 2019-09-02 07:44
> まるさん
おはようございます。
すっかり、秋めいてきましたね。
秋の味がどんどん美味しくなりますね。
そう言えば、梨は、まだ食べていません(笑)
サンマは不漁だと言われているけれど、口にはいるのかなあ~って思っていました。

そうですよね。夏も無花果できますよね。
木からもぎとって、食べる。それは、美味しいでしょうね!
まるさんの、夏休みの、懐かしい思い出なんですね。

早いもので、一年が経ちました。昨日が命日でした。
お墓からも近くて、外の喧騒とは、まったく違い静かなたたずまいでした。
毎度、毎度、母は同じ話を繰り返すのですが、思い出話は尽きないですね。
みんなが、集まると、とても嬉しそうでした。
Commented by hanamomo60 at 2019-09-02 21:55
無花果には夏果と秋果がありますね。
夏の無花果は数こそ多くありませんが、大きくて甘いのが特徴です。
私も知らなかったのですが、海辺の友人が送ってくれてしりました。
しっとりと京の白味噌で炊いた無花果の夏果は美味しかった事でしょう。
Commented by pass8515 at 2019-09-03 07:49
> hanamomo60さん
やはり、無花果って夏にもありましたよね。
以前hanamomoさんから、お聞きしたことがあるように思ったのです。
とろんとした、ふくよかな無花果でした。
白味噌と糸花かつおで・・・・。こんな食べ方もあるのだなあと、母とも話しました。


名前
URL
削除用パスワード
<< 日々 夏から秋にかわる頃 >>