2015年 04月 28日 ( 1 )

邪馬渓

やばけい


奇岩が隆起した山々が次々と現れ、めずらしい光景だった。
中国の水墨画を連想した。

一目八景という場所から見た山

c0352015_18480537.jpg


青の洞門

洞窟の中を歩道を歩く。 車もびゅんびゅん通って行く。

c0352015_18480507.jpg


1日曇り空だったが輝く新緑がとてもきれいだった。

新緑のトンネルをくぐって、由布院に向かう。


c0352015_18480671.jpg



************

お昼ごはん

由布院で、大分名物とり天定食を食べた。

由布院は10年以上前に一度来たことがあるがお店も増えて、以前にも増してざわざわした感じが、居心地悪かった。

でも一歩、道や小川を隔てるとのどかな原風景が、広がりまったく別の場所のよう。
とても静かでこれが本来の由布院の良さだなぁと思った。

人ともすれ違わない。普段の地元の人の暮らしが、そこにはある。

c0352015_19014158.jpg


以前、朝の散歩をした川縁だ。

c0352015_18480689.jpg


微動だにしない鳥。
獲物を狙っている最中のよう。

c0352015_18480613.jpg


この近くの宿に泊まった記憶がある。
点と点が次第に繋がってきた。
しかし、残念ながらその宿は違うお店に変わっていた。

c0352015_20194569.jpg


実は由布院は、当初の予定に入れてなかった。先週の「旅サラダ」で、渡辺いっけいさんが訪れており、通り道なら由布院に行こうと急にわたしが言い出したのだった。
c0352015_18480716.jpg


ざわざわした由布院は、あっ失敗したかなと思ったが、自然な風景に触れるにつれやっぱり再訪して良かったと思ったのだった。

************

ティータイム

天井桟敷で、コーヒーとMout.・yufu (モン・ユフ)をいただく。
由布岳をモチーフにしたクリームチーズデザート

あいにく今日の由布岳の山頂は雲がかかっていた。

c0352015_18480752.jpg


天井桟敷は造り酒屋をリユースしたカフェ。
旅の最後にこの空間が待っていた。

c0352015_18480762.jpg



夜、大分港を出航し、目覚めるともう神戸だ。

旅はもうちょっとだけ続く。

[PR]
by pass8515 | 2015-04-28 20:26 | 旅先にて | Comments(0)