2018年 07月 09日 ( 1 )

梅雨明け

思いのほか、天気の回復は早くて、昨日のお昼から陽射しが照りつけた。

c0352015_18512745.jpg

美容院に行ったら、ガラス張りの店内に光が差し込み、
「ようやく晴れましたね。」
「晴れましたね~。」

「晴れても、なんだか気持ち重いですね」
「そうですね。これからですよね。被害に遭われた方は・・・・・片付け、もうそれは大変でしょうね。」

若い美容師さんと、会話する。

青空は嬉しいけれど、テレビやネットを見るたびに増える犠牲者の数に、気持ちが塞ぐ。

こんなに、暴れないと梅雨明けしないの?
これから、日本どうなるの?と、職場でも話しをした。

*****************

息子の心配をあーだこーだと言っていた私だって息子の事は言えない。
週末、雨が激しくなった頃、兄弟とはラインのやりとりをした。
だから、それで母に伝わると思っていた。

しかし、母は私の生の声が聞きたかったようだった。
土曜の夕方。ひどく、ふさいだ感じの声で電話をかけて来た。

「あんたとこ、大丈夫か~?まあ、めったなことはないとは思うけど、なんか心配でな~」
「大丈夫やで。ニュースで言うてても、あれは山間部やからな、川の端やからな・・・うちは大丈夫やで」

これだ・・・!
「めったなことはないと思うけど、息子のただ一言の返事が欲しかった・・・」
そんな、私の思いとまるで一緒だ。
あ~悪かったなあと思った。一言、電話をしておけば良かったと思った。

母は他にも、大雨で予定していたお出かけが相次いでキャンセルになったことが、心をへこませている様子だった。
「行けて行けんことは、ないけどな・・・・帰りに電車が止まっても嫌やろ~」
「そうやで、こんな時は、じっと家にいとき・・・な。」

来週、久しぶりに一緒に祇園祭に行く約束をしていた。
お昼ごはんの予約もしていてくれていて、私も楽しみにしている。
「そうそう、祇園祭があるやん!」
と私が言うと、パアっと母は、明るい声になった。

祇園祭は鴨川が暴れないこと、そして豊作の祈願で始まったそう。
この夏、諸事お参りしたいと思う。

c0352015_18522572.jpg




[PR]
by pass8515 | 2018-07-09 18:53 | 暮らし | Comments(4)