カテゴリ:日々の暮らし( 521 )

彼女のチカラ

週末の夜は、職場の歓送迎会だった。
転勤して行った人と、また久しぶりに会って楽しいひと時だった。
年代も違うのに、な~んか合うんだよなあ。
感覚とか、笑いのツボとか・・・。
よく、笑った夜だった。

しかし、若い人らは良く食べるな~と、びっくりした。
食べるスピードが違うし、量も違うし・・・。
ぼやぼやしてたら、お肉も、ちぢみも、から揚げも・・あっという間に平らげていた。
気持ちいいほどだった。
私も、頑張って食べたけど、ご飯がもう満腹で、たくさん残してしまった。

いろんな事が日々あるけれど、やっぱり私は人に恵まれているなあと思った夜でもあった。

************************
休日は、ゆっくりした。
午前中のお茶
ホワイトサングリアという、柑橘系の香りのお茶

c0352015_21433108.jpg

今日のワイン
撮りためた番組を片っ端から見た。
見ておかないと、また次回がやってくる。

c0352015_21422435.jpg

週末のワインはささやかな楽しみ
今日は、ポルトガルワインを2本買った。
そして「暮しの手帖」を買った。

c0352015_21425353.jpg

「彼女のチカラ」という連載が好きなんだけど、今号が最終回。
とても、残念。
3~4年前。本当に仕事がしんどかった頃に、「彼女のチカラ」を読んではまさにチカラをもらっていた。
私なんぞ、本当に甘い。何がそんなにつらいのか・・・。
自営業の、商売の、苦労に比べたら・・己の頑張りが、直接、食べること・生活を左右すると思ったら・・・私なんぞ、本当に甘い。
そう、思ったものだった。

最終回は「クリーニング店」私と同い年の人の「彼女のチカラ」
明日、ゆっくりと読むことにしよう。

***************************

晩ごはん
ベーコンじゃが
スナップえんどう・ひよこ豆サラダ
久しぶりにピエトロドレッシングで・・・。

c0352015_21405294.jpg


[PR]
by pass8515 | 2018-05-26 22:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

言った、言わない・・。

晩ごはんの後片付けをして、お風呂から上がって一息つく。
毎晩たいてい、10時前。

パソコンを開きながら、ニュース番組を見る。
前夜は、20歳の学生の会見を聞いた。
一言、一言、言葉を選びながら、そして誠意をもって、すべてを話した。(と、私ら夫婦は思う。)
20歳。しっかりとしているなと思った。
それは、真実を話しているから、もう覚悟を持って、何ら隠すこともない。
隠しようもない。という決意だったと思う。
何かが吹っ切れたのだろうなと思った。

そして、昨夜の同じぐらいの時間、大人二人が出てきた長い会見を聞いた。
30歳のコーチはもう見ていられないくらい、しどろもどろだった。
真横に、その筋の王様だったような男がいてるもんだから、もうビビッてビビッているように私には思えた。
そしてこの君臨していた王様は、実に淡々と「指示はしてません」と言った。

最近、私の周りにあったことも含めて、(一緒にしてはいけないけれど・・・)
「言った、言わない」の事があちこちで世間を騒がせている。
言った。言わない。言われた。言ってない!

しかし、まず!
聞いてないこと、言ってないことを、わざわざ言ったとは言わない。
しかし!言ったことを言わなかったということは、いくらでもできる。
そこには、言った事実があるのだから、いくらでもなかったことにはできます!
言った人は、都合が悪くなると、言わなかったとずっと言い続ける。
それは、もう見苦しいぐらいに捻じ曲げてでも自分を正当化して、言ってないと言い続ける。
絶対に言ったとは言わない。金輪際!この先も絶対に言わない。

そのうち、言った事実よりも、言ってないという不信感だけがひとり歩きしてますます事態を悪化させる。

************************

身近なところで、「言った、言わない」が続いた日常にほとほと嫌気がさしてしまったここ数日だった。
認めることができない人は、ますますしんどくなるのではないかなと思うのです。


c0352015_11230236.jpg


[PR]
by pass8515 | 2018-05-24 07:29 | 日々の暮らし | Comments(6)

コーヒーチケット

今夜は友人と、お茶をした。
さあ、どこに行こうと迷ったけれど、先日、県外に暮らす友人が私の誕生日にコーヒーチケットを送ってくれたので、早速ごちそうになった。

いつもは、ソイラテにするのだけれど、チケットは500円。
おつりが出ないらしいので、いつもより奮発して、今まで目に行かなかった「コールドブリューアップルシトラス」というのにした。

フレーバーコーヒーとジャムが二層になっている。
かき回して、飲むようだ。
さわやかな酸味と軽いコーヒーで、とても飲みやすかった。
ごちそうさまでした。ありがとう♪

しかし、こんなチケットがあるなんて・・・よく見つけてくるな~といつも感心する。
そのサイトを見ると、身近なお店で使えるチケットが盛りだくさん。
ちょっとしたギフトにこういう方法もありなのか・・・♪

********************

フリッジパスタ
茄子とトマトとズッキーニと鶏肉と。
緑がなかったので、豆苗を・・・。


c0352015_22493380.jpg


[PR]
by pass8515 | 2018-05-22 23:07 | 日々の暮らし | Comments(2)

新緑の頃

連休明けのこの一週間は、肌寒い日が続いた。
けれど、不意に外に出たら、とても心地よかった。
新緑が鮮やかで、あ~いい季節の到来だ!と心から思った。

今日もまた、いろんなことがあった。

c0352015_21253957.jpg

今朝の朝刊の益田ミリさんのエッセイが良かった。
「わたしは、その夜、正しく空しかった。」
から、始まり映画の話、英会話の話、他界されたお父さんの話。
そのうち、
「もう空しくなかった。消えたのではなく、胸の奥の箱にしまわれただけ。またふいに顔を出すはずである。」
と結ばれていた。

c0352015_21272639.jpg

あ~とてもわかる。
とても、よくわかる感情だな~と思った。
*****************

誕生日が近いので、職場の人が私のために、ケーキを買って来てくれていた。
皆で、お茶を淹れていただいた。
とても、照れ臭かったけど、嬉しかった。
もしかしたら、私の昨日の怒りを察して、気を配ってくれたのかもしれない。
昨日の私の静かな怒りは、この場所だけに、吐き出していたのに・・。

まあ、それはともかく。
今日、一番うれしかったのは、以前職場にいた人が、子供さんを連れて訪ねてくれたこと。
私を「お母さん」のように慕ってくれ、私には娘がいないものだから「娘」のように、思っていた人。

職場の近くに越して来て、久しぶりに会うことができた。

いろいろとあった。
普段それほど、特筆すべきこともない事が多い中、今日は、普段にないことが一度にあった。
さて、週末。
お天気はどうだろう。



[PR]
by pass8515 | 2018-05-11 22:13 | 日々の暮らし | Comments(4)

怒りとむきあう

「暮しの手帖」93号を、食事のあと取り出した。
めくったページは114ページ。

「怒りとむきあう 怒りとつきあう」

小さなことでカッとする。
いつもついつい言い過ぎる。自分の「怒り」に振り回せて、困っていませんか?


c0352015_23403509.jpg

****************
今日、私は久しぶりに心から怒った。
私の怒り方は、静かに、黙って、その相手とは話をしない、目線も合わせない。
そして、相手に怒っていることをわからせて、焦らせて、おどおどさせる・・・・陰湿なやり方かも知れない。
夫婦なら、そのうち怒っていることにも疲れて、忘れて、そのうち何事もなかったようになるけれど、他人なら、職場なら、さて明日からどうしようと
今、考え中である。でも今、この時も、まだ怒りが収まらない。

仮にA件としましょう。
私はA件の確認を自分一人では不安だったので、Cさんにもお願いした。
Cさんは、それで大丈夫と言った。私は安心した。
が、その後で、そのA件が大丈夫だったという事が、他のB件に支障が出ると言うことがわかった。
そのB件に関与していたのが、先ほどのCさん。

A件を承認したことにより、B件がまずいことになる矛盾に苛まれ、A件の「大丈夫」という言葉を撤回したのだった。
まったく反対の事を言い出した。
自分の頭の中だけで、つじつまを合わせ、結果、私の確認不足と聞き間違いのせいに仕立て上げようした。

どこでも、こんな事なのだろうなあと思った。
自分の非を認められずに、相手のことなどまったく考えずに、瞬時に下手な言い訳や嘘を言える人はある意味、特異な才能だな。
その時の会話など、録音もしてないし、ビデオも撮っていない。
言った、言わないの事になった時、その人の本質が見えるのだなと思うしかない。

すったもんだの末、結局Cさんが軽~く責任を取る恰好で一件落着したのだけれど、私に言った捨て台詞に、一番私は怒っている。
ここでは、言えないけれど、ぼそっと言い放った言葉。私は忘れない。
それ以来、Cさんとは会話をしていない。

怒りとむきあう 怒りとつきあう

難しいものである。
無難に毎日を過ごしたいのに、過ぎるはずだったのに、まったくもってうまくいかないものである。







[PR]
by pass8515 | 2018-05-10 23:49 | 日々の暮らし | Comments(2)

家族のLINE

雨上がりの今日は、さわやかなお天気だった。
少し、肌寒いくらいのちょうどいい5月の風だった。

c0352015_18330383.jpg
「家族のLINE」
職場で、家族のLINEが話題になった。
この春から遠くで一人暮しをしている息子さんを持つ人に、
「連休は帰って来た?」「帰りは遅いのかな」
別に、私が心配しなくてもいいのに、よけいなおせっかい・・。

「連休は帰ってきてないの。どうしてるのかなと思うけど、家族のLINEは既読になってるし。」
と言った。
それで、まあとりあえず安心というニュアンスだった。

家族のLINE
友人たちとも話していると、ちょいちょい話題に出て来る「家族のLINE」だ。

なんか、私が偏屈なのだろうか。
どうして、どういうきっかけで、家族でグループを作ったのだろう。
誰が一番最初に、呼びかけたのだろう。
私だって、一人ひとりとはLINEでつながっている。
去年、スマホデビューをした夫も息子たちとはつながっている。
しかし、4人で・・・。
グループを作って、家族でLINE・・・。
30歳前後の息子たちと我が家は今更、できない感じだな。

一度、冗談めかしに息子に言ってみたけれど、「いいわ!」と一蹴された。
仲悪いわけでも、冷めた家族でも、全然ないけれど、なんだか気恥ずかしいと思ってしまう「家族のLINE」です。

家族のLINE、作っていますか?
******************

朝、木漏れ日の中で庭の片隅を映す。

たつなみ草と、十二単

c0352015_18313186.jpg

どくだみの蕾
また、わさわさになって、十文字の花が咲くでしょう。

c0352015_18321399.jpg

つぼみはいっぱいなのに、開くまでが時間がかかります。

c0352015_18323916.jpg









[PR]
by pass8515 | 2018-05-09 18:55 | 日々の暮らし | Comments(8)

免許更新

連休最終日は、免許更新に行った。
地元の警察署では、交付は2週間後なんだけど、即日交付で日曜日も空いている大きな警察署まで足を伸ばした。

30分の講習を終えて、新しい免許証を受け取って愕然とした。
写真が驚くほどブサイクだった。

免許証の写真は、変なものだと決まってはいるけれど、あまりにもブサイクすぎた。
・・・というのも、5年前。さらに5年前の写真はまんざらでもなく結構気に入っていた。

あれは、シャがかかるというのだろうか、色白に見えて、顔がほっそりしたように見えた。
友人にも見せた。最近の免許の写真って、加工技術が進歩した?
友人もそんな気がすると言っていた。

なのに・・5年経っているから、老けてはいるけれど・・。
それぞれの警察署の写真機によって違うのだろうな・・きっと。
そう思いたい。

帰宅して、夫に見せると、そこまで笑うか!というぐらい笑った。
これから5年。これを持つのか・・・。がっくり。

********************

晩ごはん
ひよこ豆と、野菜カレー(玉ねぎ、にんじん、新じゃが、ズッキーニ、トマト、ピーマン)
とりもも肉ソテー


c0352015_22413870.jpg

*********************

午後から、3月に録画していたドラマ「弟の夫」を一気に見た。
見よう見ようと思いながらも、後回しにしていた。
しかし、好評だったようで連休中に再放送されていたものだから、見てみようと思った。

見たあと、何か温かいものが心に残るほのぼのとした秀作だった。
主人公の双子の弟はカナダ人と同性婚をした。しかしその後、病気で亡くなる。
中学の時にカミングアウトされてから、兄弟関係がしっくりといかないままの別れだった。
そのカナダ人の「弟の夫」が、日本にやって来て、しばらく一緒に暮らす。

弟の夫役、元大関・把瑠都がとても良かった。
熊のように大きいけれど、優しくて穏やか。
そして、主人公の小学3年生の娘・かな役の子役がまた良かった。

無邪気で、素直で、嬉しいこと、哀しいこと、さみしいことを、体いっぱい表現していてとても良かった。









[PR]
by pass8515 | 2018-05-06 23:07 | 日々の暮らし | Comments(6)

豆の準備

こどもの日
とても、いいお天気の休日だったが、ほとんど家の中で過ごした。

白いんげん豆に続いて、ひよこ豆を煮る。
缶詰やパック詰めを使用することはあっても、乾燥豆から煮るのは初めてだ。
原産はトルコ。そのトルコのひよこ豆を見つけた。

c0352015_21445264.jpg

豆の準備が好きだ。
料理する時間を逆算して、ボールの水につけることから始まる。
あとはもどした豆をただ煮るだけ。
缶詰やパック詰めより断然経済的!
日本の豆も、トルコの豆も同じ要領で準備をするのだな~と当然のことを思い、昨夜遅くにこの作業をして寝た。

c0352015_21445266.jpg
昨夜は、その前に煮た白いんげんと、青豆(秘伝豆)と春野菜でミネストローネを作った。
大根サラダにも豆を入れた。
あとは、あさりのパター焼き
c0352015_21445384.jpg

そして、今夜はひよこ豆を足して、またサラダを作った。
さばの塩焼きとほうれん草のソテーとで、一つのお皿に盛る。

c0352015_21452546.jpg

連休最終日は、ひよこ豆でカレーを作ろうと思う。

***************************

今日は、プーアル茶で一服した。

c0352015_21445358.jpg
爽やかな風に誘われて、表のはき掃除のついでに庭にまわってみた。
特に、変わり映えはしなかったけれど、つぼみたちが順調に膨らんでいた。

c0352015_21431123.jpg


c0352015_21433201.jpg
この白い花の名前がいまだわからず・・。
でも、毎年確実に増えている。

c0352015_21435787.jpg


c0352015_21424201.jpg


[PR]
by pass8515 | 2018-05-05 22:23 | 日々の暮らし | Comments(4)

カーテン

連休前半。特に予定もなく、2日間が過ぎた。
まず、今朝目覚めてしたことは昨日洗いあがったカーテンの撮影。
以前、息子たちが使っていた部屋。
中学の時は上の息子が、そのあと下の息子が引き継ぎ、去年一人暮らしを始めるまでこの部屋で過ごしていた。
すっかり片付いたがらんとした部屋で、私は眠っている。
そこで、気が付いたことは、カーテンが汚い。
ようやく、気がついた。

洗濯機を一回、回すだけで、こんなにきれいになるのか♪
思わず、映した。


c0352015_16532634.jpg

自分の部屋にしてしまおうと思いついて約1年。
ぼちぼち、自分のものだけを持ち込んだ。
大好きなつばたさんや、ミリさんの本。
そして、押入れに収まらない、母から譲られたおひなさま。

寝るだけの部屋になってしまっているけれど、そのうち隠れ家になればいいのだけれど。
幸いなことに?リビングに台所に私の居場所は今のところ結構あるな~と夫に感謝♪


c0352015_16570294.jpg


洗濯機を2回回して、マットなどを洗った。
微動だにしない揚羽蝶を映す。
左右対称の、自然の造形美。
まずこんな模様描けないし、どうしてここに青色と橙色をのせてみようなんて、思いついたのだろう。


c0352015_16575556.jpg

************************

映画を見る前に、今夜の晩ごはんの下ごしらえをしておこう。
春キャベツと胡瓜の浅漬けと、まだまだ凝っているフリッジパスタ。
チェダーチーズソーセージと春野菜で、絡めよう。

c0352015_16563946.jpg

観た映画とは、録画していた「海街diary」
是枝監督の作品はたいてい、観ていてこの作品も気になりながらも、息子に勧められていながらも、そのままだった。
ようやく、やっと観た。

四人姉妹の心の機微を描いた秀作だった。

c0352015_16562075.jpg


鎌倉の四季折々の風景を背景に、祖母、母やそして父の良きも悪きも様々な思い出が紡がれる。
桜のトンネル、海、生シラス、梅酒、紫陽花、線香花火・・・。

「きれいなものを、まだきれいと思えることが嬉しい」
死期が迫った旧知の食堂のおばちゃんの言葉が良かった。
姉妹たちにその言葉を伝えたリリー・フランキーがまた良かった。

c0352015_16560449.jpg


今、金曜日に見ているドラマの舞台も鎌倉で、絵になる街だなとつくづく思った。
(画像は、映画のワンシーンより・・お借りしました)


c0352015_16554697.jpg

*****************

今日のお茶
アップルティー
パッケージの模様はドイツの19世紀小花模様布

c0352015_16573328.jpg
穏やかな休日だった。


[PR]
by pass8515 | 2018-04-29 21:52 | 日々の暮らし | Comments(4)

いいこと・・♪

昨夜から、どうも気持ちがぐずぐずしていた。
そのいくつかを、列挙。

美容院に、行こうと思っていたのに予約を取るのに遅れを取った。
前日でも大丈夫だろう。
でも、GW。でもそれほどでもないだろう。しかし、考えが甘かった。

希望の午前中や、お昼は詰まっていて3~4時の中途半端な時間しか取れなかった。
なんで、もっと早く予約をしておかなかったのだろう。

c0352015_21173932.jpg

そんなことをぐずぐず思い、夜中に目が覚め、なんだかまた寝付けなかった。
まったく、小さなことを引きずる。
そして、この時期が私の花粉症のピーク。
顔や目がくしゃくしゃして、鬱陶しい。

くしゃくしゃしたまま買い物に行った。
レジに並んだら、前にいた人が「これ、使ってですか?(使われますか?)」と割引券をくれた。
土日5%割引で、その日は何度も使えるという割引券。
もうその人は要らないらしいので、後ろに並ぶ私にくれた。
私は、持っていなかったので、とっても嬉しかった!

なんだか、欝々した朝がいっぺんに吹き飛んだ。
で、私も真似して割引後、次のレジにならんでいる人に渡した。
「これ、良かったら使ってください。私も、前の人に今もらったんです。」

そしたら、その年配の人は「もっとたくさん買った時やったらよかったけど・・・・まあ、ありがとう」と
微妙な受け取り方だった。
(5パーは5パーやけどね・・。)


***********************

美容院から、歩いて帰った。
歩いて行ける範囲に、思い切って変えて良かった!

今、ツルニチニチソウがどこも盛り!
増殖中・・・。
紫蘭、木香薔薇、山吹・・・花散策を楽しみながら帰った。

c0352015_21173932.jpg

我が庭の十二単
ブラシになって来たものもあるが、まだまだ増殖中。
そして、ユキノシタも、そのうち妖精のような花を咲かすことだろう。

c0352015_21174041.jpg

苧環も次々と咲いていた。


c0352015_21174069.jpg

フレンチラベンダーのうさぎの耳が立った!


c0352015_21174177.jpg

************************

今日のお茶

イングリッシュブレッド
パッケージの模様はイギリス・植物模様布

さすがに香り豊かだった。

c0352015_21251423.jpg

晩ごはん

三度豆の豚肉巻き、スモークサーモン、チェダーチーズソーセージ
あとは、春キャベツのスープ

c0352015_21242420.jpg

今日は、3人の晩ごはんでした。




[PR]
by pass8515 | 2018-04-28 21:16 | 日々の暮らし | Comments(3)