人気ブログランキング |

カテゴリ:おいしいもの( 148 )

ガパオライス

初めて、「ガパオライス」を作った。
先日、息子が帰省した時にいくつかのシーズニングスパイスを置いて帰った。
作ろうと思ったけれど、少し飽きたか?開封したものもあった。

その中のひとつが、「ガパオ」
タイ風バジル炒めらしい。

c0352015_21305516.jpg

聞いたことがあるぐらいで、なんとなくこんな感じかなと思って、家にあるものでトッピングした。
シーズニングスパイスで炒めた鶏ミンチと、さっとお塩で炒めたキャベツ。
目玉焼きは、必須らしい。
どの作り方の写真を見ても目玉焼きがのっている。そして、赤いパプリカ。

なかなか、いい味だった。
ハムの味がした。
ほどよく、ピリッとしていた。
もう一袋あるので、今度はパプリカを入れて、作ろう。

*******************************
今朝の大阪空港での出来事。

水際で止められるべきところが止められなくて、後になって報告して大騒ぎになった。
どうして、そこで止められなかったのだろう。
通過してしまうことなんて、あるのか・・と不思議に思った。

多くの人が、旅や仕事のために飛行機を待っていたのに、足止めされて、気の毒なことだと思った。


by pass8515 | 2019-09-26 21:47 | おいしいもの | Comments(0)

ラグビーワールドカップ

夕方から雨になった。
いつもと同じ帰宅時間なのに、とても薄暗かった。

家に、帰ると思いがけなく飛騨牛が届いていて、近くに暮らす息子に夫がすでに連絡していた。

c0352015_21274823.jpg
焼いたお肉を、赤ワインと合わせて、今日開幕した、ラグビーワールドカップを見る。
が、誰もラグビーのルールをほとんど知らない。
高校にラグビー部はあったか?という話題に、私だけが母校にラグビー部があった。

ドラマにもなった伝説の強豪校・あの伏見工業の山口監督が試合に来ていてらして、グランド近くですれ違ったことを思い出した。
とても詳しい友人たちが、きゃっきゃっと言っていたことを思い出す。

ゴールデンタイム。
晩ごはんを食べながら見るラグビーは、とても豪快でアグレッシブで新鮮だった。
リーチ・マイケルが、息子と同い年らしく、本人もだけど、母としても驚いた。

食事を終えて、これ幸いと本の注文をネットで、息子にお願いした。
頼らないでおこうと思いつつ、断然早いから、ついつい甘えてしまう。
めんどくさいなあ~
きっと思っているだろうけれど、顔に出ないことに、ついつい頼ってしまう。

********************
食後は、巨峰を。

c0352015_21275765.jpg


by pass8515 | 2019-09-20 21:55 | おいしいもの | Comments(0)

塩糖水漬け

遅まきながら、「塩糖水漬け」をしました。

c0352015_19414093.jpg
お肉250gに対して、・塩:小さじ1杯弱 ・砂糖:大さじ1/2 ・水100㎖をビニールに入れるだけ。
(ただし、300gまでなら、同じ分量で大丈夫)
そして、冷蔵庫に3時間以上おくだけ。
調理の前に、キッチンペーパーで水気を取るのをお忘れなく。

まず、ささみ肉でやってみた。
スーパーによって、ささみ肉の柔らかさは、千差万別。
ぱさぱさで、歯にはさまって仕方がない時がある。

昨日、夕方に漬け込んだものを、オリーブオイルで焼いた。
カレー粉とネギを散らした。

c0352015_19464977.jpg
塩と砂糖で、下味がついているから、それだけでも充分。
とても、お肉が締まっていた。
そして、まろやかにもなっていた。


by pass8515 | 2019-09-09 19:59 | おいしいもの | Comments(8)

チョコレートケーキ

さわやかに、からっと晴れた日曜日だった。
朝は早いうちに、要るものだけの買い物に行った。

2か所、周っても帰って来たのは10時前。
たっぷりと休日の時間が使えると、嬉しくなった。

父の日
息子がケーキを買ってきてくれる。
抹茶の大きいケーキは自分へ。あとは、お好きに選んでください・・・と。
夫は紫いもを選んだ(小さい方を)
で、私は正方形のチョコレートケーキになった。


c0352015_17503330.jpg
チョコレートケーキを食べたのは、いつ以来だろう。
自分では、まず選ばないから、最初は珍しさもあり、食べ出したのだけれど。
中身には、ナッツとクッキーがちりばめられて、とても濃厚だった。
このケーキをペロッと完食できる人って、10代?20代?くらいの若い子なんだろうか。
・・途中で、無言になって来た。
ケーキが無くならない。食べても、食べても、無くならない。

後で、考えてみると半分残して、次の日に食べても良かったのだ。
大好きなケーキなのに、年を感じてしまった出来事だった。

*******************
朝は、久しぶりに卵焼きを焼いた。
ふわふわに仕上がった。
炊きたてご飯と、納豆と・・。

c0352015_17505243.jpg
**************
毎週「いだてん」はあっという間に45分が過ぎるのだけど、今夜は特に、え?もう?終わり?っという具合だった。
9月1日は、そうか。夏休みが終わり、2学期が始まる日だったのだな。
そんなことを今さらながら、改めてまず思い、お昼に近づくにつれて、どきどきした。
落語で語られるその惨状が、ずっしりと伝わり、シマさんの行方がとても気になった。
そしてようやく、縦の時間がつながる。そういうことだったのだな。

それにしても、池波志乃と夏帆は輪郭が似ているなあ。うまい配役だなと、先週から思っていた。


by pass8515 | 2019-06-16 22:05 | おいしいもの | Comments(2)

桜づくし

土日に、出かけていたのと、週明けのあわただしさで、母が持たせてくれたものをようやく開けた。

塩芳軒のお干菓子「桜づくし」
初めて知った菓子店だった。
c0352015_21354065.jpg
母が言うには、最近「伊勢丹」の地下が少し変わった。
前は、「おんなじようなもんばっかり」だったのに、目新しいお店が入っている。
「あんたも、帰りに寄ったらいいわ・・」

私も、実はかねがね思っていた。京都の玄関口なのに、京都にしかないお店があまりにも少なすぎる。
たいていは、神戸でも大阪でも、出しているようなお店ばっかりで、新鮮味に欠けた。
ぶらぶらしては、買うものないなあ~これなら、どこにでもあるなあ。の連続だった。

祇園「亀屋清永」のきんつば
創業1617年 
いちご味のきんつばだった。
蕨の焼印が可愛らしい

c0352015_21352950.jpg
新しいお菓子のいろいろは、帰宅後の楽しみ。
先日は、寄る時間がなかったけれど、今度は母に言われたとおりに、ゆっくりとデパ地下めぐりをしてみようと思った。



***************************
「いだてん、面白いなあ」と母が言った。
意外だった。
朝ドラ「あまちゃん」は母は酷評だったから、おそらく「いだてん」も・・・と私は話題にずっとしていなかった。

が、戦国や幕末や、誰もが知っているような出来事よりも、知らなかったことが知れていい。
勘九郎は、さすがにうまい・・・などなど、話が盛り上がった。
ああ、良かった。

知らなかったこと。
本当にそうだ。主人公の金栗四三をまず知らなかった。箱根駅伝、毎年見ているのに、知らなかった。
三島弥彦や、天狗倶楽部。スウェーデンは瑞典と表記すること。
知らなかった事ばかり。
日本であまり知られていない金栗さんが、なぜスウェーデンの人たちの間では知られているのか。
これから先、興味深いことだなあと、母とも話をした。






by pass8515 | 2019-03-27 22:16 | おいしいもの | Comments(2)

塩パン

明け方、風の音で目が覚めた。
ぴゅーぴゅー、春の嵐が吹き荒れた。

目覚めて、台所に降りると、先に起きていた夫が、「ラジオで、聞いた・・知ってるか?」と言った。
・・・・「え?いだてん、出てるやん。」と、びっくりした。

いだてんの、足袋職人はぴったりで、これからも重要な役どころだと思われるのに。
テレビ版「64(ロクヨン)」でも、いい味をだしていたし、何と言っても「オラフ」だ!
どうして・・・・。どうしてなんだろう・・・。

***************************
週末、パン屋さんに行った。
ここ2,3年、「塩パン」のマイブーム(この言い方は、もう古いですか?はまだ続く。
いろんな、パン屋さんに言っては、まずは塩パンを購入するものの、やはりこのお店が一番!
それは、最初に「塩パン」と出会った、そのお店だった。
c0352015_18460274.jpg
皮はカリッと、パンの真ん中にバターの練りこまれた厚みがあって、そこに到達するまでがひそかな愉しみ。
お店の人に、「いろいろ、食べてみたのですが、やっぱりこちらの塩パンが一番美味しいですね」と言うと、「いつもありがとうございます。」
と、にっこりとしてくださった。

こちらのパン屋さんも、あの生食パンを意識してか、ちょっと贅沢なふわふわの生食パンがおいてある。
耳まで、柔らかのふわふわパンだ。
豪快に、レタスをのせて。

c0352015_18185862.jpg
また、ある日はおからサラダとチーズをのせて焼く。
赤ワインとよくあった。

c0352015_18331976.jpg
********************************
週明け、あの日から8年が経った。
3月に入ると、スペシャル番組が目立ち、できるだけ見ようと思った。

週末見たのは、「崖っぷちでもがんばっぺ」
ラグビーワールドカップの開催地でもある岩手県釜石市の旅館の女将さんや、水産加工会社の社長の今、現実だった。
女将さんは、「鶴瓶の家族に乾杯!」で、ラグビーの五郎丸選手とともに、訪ねた方だった。


by pass8515 | 2019-03-13 20:58 | おいしいもの | Comments(2)

春の風物詩

週末、もういかなご漁が終わると、ラジオで聞いたと夫が言う。
そして、新聞にも「たった、3日の漁。最速で終了」と書いてあった。
年々、いかなご漁を取り巻く環境は切実、深刻。
でも、炊きたい!

半ば、諦めかけていた。
が、いつも行くスーパーでは、入荷していた。
どんなルートなのだろう。わからないけれど、私が行った頃は、この日2回目の入荷を皆が待っている状況だった。

空っぽの冷蔵の陳列ケースの周りに、何人か待っている。
今、パック詰めの最中とかで、その間私はすぐ近くの豆腐コーナーをのぞいていた。
すると、そこへ、いかなご登場!
カートに乗せられた、いかなごが登場!

が、その瞬間、陳列ケースに辿り着くまでに、たまたた通路を通りかかった人たちが、群がり、いかなごをかっさらって!行ったのだ。
ものすごい光景だった。
伸びる手を払いのけ、いかなごはあっという間に無くなった。

呆然!
当然、陳列ケースの周りで、今か今かと待っていた(私を含む)人たちは、買えなかった。
あの勢いに、圧倒されてしまった。

「せっかく、ここで待っていたのに!お店の人が言わなあかん!」とほかの人も、文句を言っていた。
そりゃそうだ。
整理券があるわけでもないけれど、「先に、こちらでお待ちです~」とか、店員がそうした厚かましい人たちをぴしゃっと制しないと!
が、そんな間もない、数秒の出来事だった。

店員は「すぐに次のパックが来ますから・・・」とすたすたと、鮮魚コーナー裏に戻って行った。

だったら、通路で待っている方がいいのか・・・と、私も策を練った。
まあとにかく、いかなごを運ばれるカートを見逃さないことだ。
5分ほどして、それらしきカートが目に入った。
あれだ!
すると、さっきと違う店員さんは、先程の人とは違う通路で運んでくれて、最初に陳列ケースで待っていた人たちは(私を含む)無事に買うことができたのだった。

グッジョブ!

前置きがとても長くなりましたが、こうして今年も無事に炊けました。
c0352015_18454312.jpg
*******************************
晩ごはんには、おからサラダを作った。
玉ねぎスライスをたくさん入れて。
きゅうりがなかったので、あとは刻みねぎで。


c0352015_18455358.jpg



by pass8515 | 2019-03-09 18:51 | おいしいもの | Comments(4)

最後の林檎

先日、長野の林檎とワインを買った。
りんごは、生産者直送の今季最後のりんごということだった。
少々難ありだったため、かなり安かった。

c0352015_18134841.jpg
親子らしき二人が、(50代?&70代?)ものすごく、厳密にりんごを選んでいた。
積み上げられた箱を、ひとつづつ取っては「あ~これはあかん。これはまだまし。小さい、白い・・・」といちいちケチをつけていた。
で、もう買うのをやめるかと思えが、やめなかった。
とことん、いいりんごを選びたくて、どこかに持っていく感じだった。

どこに持っていくかは知らないけれど、そこは「訳ありりんご」ではないか。
長野の生産者直送。このスーパーはまず、間違いはないから、信頼をおけるから、美味しいとは思います。
贈答用から外れて、傷があったとしても、家で剥いて、美味しかったらそれでいい。

いつ・・その人らの選別が終わるか、ひそかに私は待っていた。
箱入りで、あの値段。絶対にお得。
前日に「人生の楽園」で見た、千葉のパン屋さんのシナモン入り林檎ジャムを真似して作りたい。
むずむずしてきた。

あの人たちの、選別からもれたこの箱。
あの人らが言う、「白い」というりんごがどうやら、このくらいの事らしいのだけれど、大きくてまだ傷もほとんどなかったので、
私は、一目で見てこの箱にしました。
(再度、アップ!)

c0352015_18134841.jpg
瑞々しい、甘いりんごだった。
2個は、その「人生の楽園」のシナモンアップルジャムを煮るために、2個は朝食に剥きました。

c0352015_17402016.jpg

**********************
「EPA関税撤廃!」
という文字が飛び込んでくると、引き寄せられるようにワインを買いたくなる。
お得かどうかは、わからない。
今までの、値段を知らないから。

2本目を開けたところだけれど、なかなか美味しい!
風味が、香りが、いつものワインとは違った。
c0352015_18133545.jpg
春のはじめらしい、雨続きの毎日です。
そして、夕方は突風でした。
吹き飛ばされそうになりながら、家路に向かいました・・。

まあ、こうして、また春へと向かっていくのでしょう。




by pass8515 | 2019-03-07 16:58 | おいしいもの | Comments(2)

ギモーヴ

『ギモーヴ』を買った。
初めて、食べた。ずっと気になってはいた。
フランスでマカロンを初めて食べて、日本でもすぐに買えることがわかって、見つけると買っていた。

そして、同じくフランスのお菓子「ギモーヴ」
形、食感はある程度、想像はつくのだけれど、未体験だった。(かなり、遅れているとは思う・・)
カルディに、山積みされていた。
こんな庶民的な価格で手に入るのか~。
買わねば。

c0352015_17550776.jpg
思っていたとおりのマシュマロ感だった。
メレンゲの欠片がちりばめられて、時折さくさくとした食感も楽しめた。
シトロンをまず買ってみる。フランボワーズも次回、試してみよう♪と思う。

ところで、「ギモーヴ」って?
調べてみると、「ウスベニアオイ」というフランス語らしい。
英語では、「マーシュマロー」
昔は、「ウスベニアオイ」の根から取った澱粉を使って作ったお菓子だったそうだ。

***************************
先週、ブラタモリのパリ編を見た。
タモリは、あるパッサージュを歩いていた。
c0352015_17541378.jpg
私が以前に泊まったホテルから、ほど近いこのパサージュは、抜け道で何度となく歩いたから、懐かしかった。
このホテルから通じる地下道が、かつては地上の道だったなんて・・・。
馬をつなぐ金具が今も石壁に残されていた。

c0352015_17561010.jpg
今夜は、新聞の番組欄によると、オペラ座に行くらしい。
見ないと!

c0352015_17524065.jpg
晩ごはん
ささみのカレーソテー
菜の花(何もかけなくても、ほのかに甘い!)
ポルトガルワインと。
c0352015_18172061.jpg

***********************
暖かい週末。
午前中は、買い物に行って、少し昼寝をして「ベニシアさん」の2019年の冬の暮らしを見た。
少し、痩せておられたけれど、お元気そうだった。


by pass8515 | 2019-02-23 18:13 | おいしいもの | Comments(6)

ランチとお土産


美術館の後は、どうしようかと悩んだ。
暖かいけれど、どんより曇って風の強い日で、どこかへ足を延ばす気にもなれず、とりあえずは梅田に戻った。

まずは、カヌレを。
大阪=ダニエルのカヌレと、インプットされているぐらい、行かねば。

c0352015_16420764.jpg

平日のお昼。
わりあい、すいていた。
そして、カヌレは値上がりしていた。
一個・108円だったカヌレは120円になっていた。
それでも、お客さんのほとんどはカヌレを購入。
10個入りから、20個入りが売れ筋だった。

最近私は、10個だと物足りない。
買った当日、翌日のおやつ、その翌日のおやつと考えれば、10個では足りない。
だから、15個を希望した。

すると、不思議な現象が。
15個入りの箱はちゃんと決まっているらしい。
とてもおしゃれな楕円の箱と決まっていて、お箱代を含めると、16個をバラで買う方がお得だと、お店の人が教えてくれた。
簡易的な箱(それでも、可愛いカヌレの絵入り)に10個と6個に分けて詰めてくれた。
16個を2人で・・・・♪
なんて、贅沢!

c0352015_16423815.jpg
さあ、カヌレも買ったし、次はランチだ。
一人でランチ。座れて、コーヒーで一服できたらどこでもいいのだ。
とにかく、落ち着ける所を探した。
頭に、浮かぶのはファストフード&カフェ系。
しかし、探すとないものである。

ほんの少しだけうろうろして、ビストロを見つけた。
入口からすでにフランス田舎風。
「引く」も「押す」もフランス語で、結局どちらも私は反対の動作になった。

黒板の1、050円のランチに惹かれた。
豚肉のオレンジソースがけ、マッシュポテトを添えて・・・
お肉がホロホロとしていて、とてもやわらかく美味しかった。
ワインもつけて、コーヒーも食後につけて、一人でこんな贅沢いいのかしら。
と、自問自答しながら、たまにはいいよと自分を勇気づけた。


c0352015_16554274.jpg
1月も2月も、これと行って出かけなかったので、たまにはいいよと・・・
しつこくも、自分を励ました。

c0352015_16553149.jpg



by pass8515 | 2019-02-21 19:50 | おいしいもの | Comments(6)