カテゴリ:おでかけ( 139 )

お墓参り

今日も、からりと晴れて、過ごしやすかった。
両親に会いにでかけた。
その前に、一人で祖父母のお墓参りに行った。

お墓への、起点となる、八坂神社。

c0352015_23390708.jpg
朝まだ早く、観光客もまばらだった。

c0352015_23392190.jpg
八坂を抜けると、円山公園。
洒落た洋館が現れる。長楽館だ。

c0352015_23401864.jpg
お墓へ通じる、階段を上る。
ひたすら上る。
上には、水道があるのにバケツとひしゃくがなかった。
一番下の入り口に、それらはまとめて置いてあり、まずは空のバケツを持って上がらなくてはいけないシステムを忘れていた。
また引き戻す。さすがに汗ばんで来た。
しかし、いい眺めだ。

c0352015_23410253.jpg
車いすではもう来れない、父の代わりにという思いを込めて。
できるだけ、訪ねようと思った。

南座は改装中。

c0352015_23400690.jpg
四条大橋からの、鴨川の流れ

c0352015_23403174.jpg

高瀬川沿いは、風が通って、結構涼しかった。

c0352015_23404318.jpg
京都観光コースになりましたが、小さかった頃、お墓参りと言えば、このコースに加えて高島屋でした。

**********************
そして、両親たちと出会い、お昼ごはんを食べた。

鱧の押し寿司などの、口どり
c0352015_23420120.jpg
琵琶湖の鮎の塩焼き

c0352015_23394918.jpg
父の食欲が戻っていた。
食べるのがすこぶる早い!
私が写真を撮っている間に、もうほとんど平らげていた。
とても、よく喋って、元気になったことが何より嬉しかった。


[PR]
by pass8515 | 2018-08-18 23:37 | おでかけ | Comments(10)

うおんたな

秋がやって来たような、過ごしやすい一日だった。
カラッとして、しばらく数日、猛暑から解放される模様。

ちょうど、いい雲だった。
風も心地よい。
野菜を買いに行った。

c0352015_23075856.jpg
青空とぴったりだったので・・・・写した。

c0352015_23074420.jpg
広い、広い、産直市場。
この夏、まだ見たことのないものも、なかにはあった。
ことに、瓜の種類って本当にたくさんあるな。

タイガーメロン。フルーツとして、いただいてもいいし、漬物にしてもいいし。
加西のぶどう「ブラックビート」は濃厚で、とても甘かった。
緑のパプリカは、あるようでないような・・・スーパーでは、見かけないので、買った。

c0352015_23082172.jpg
他にもJA商品を、いろいろ買った。
週一のお買い物、これにて終了!

c0352015_23083685.jpg
*********************
産直市場の後は、久しぶりに明石の「魚の棚(うおんたな)」まで足を伸ばした。

名物は何と言っても「明石焼き(玉子焼)」
軒を連ねているなかで、いつか息子と明石天文台の帰りに入ったお店に行くことにした。
もう20年も前になろうか。
c0352015_23081111.jpg
今日も、大入り満員!
回転も早くて、一番奥の席に座った。
以前は、カウンター席だったと思い出した。
息子が「はよ、食べなあかんな・・・」と、熱いのに一生懸命に食べている。
「別に、ゆっくり食べたらいいよ」と、私がのんきに言うと、
「外で、たくさんの人が待ってるから・・」と答えた。
なんだか、じーんときた。
諭されたように、私もこころもち、急いで食べた。

今日も、明石焼きは熱かった。ふはふはしながら、食べた。
(やってきた私の明石焼きは、少しぺしゃんこでした(笑))

練り物や、天ぷらや、あらめを買った。
袋に魅せられて、いつもこのあらめを買います。

c0352015_23404982.jpg

********************
晩ごはん
うおんたなで、買って来たてんぷら(きす・ふぐ・とり天)
あらめの煮物、空芯菜のにんにく炒め、アスパラ

c0352015_23363743.jpg
帰って来たら、朝飾った、庭の植物たちが出迎えてくれた。
朝は、涼し気にと思って、ふうせんかずらをガラスに生けたんだけど・・。

c0352015_23092642.jpg
今日の気候は、すっかり秋の気配
初雪かずらの、こんな感じもいいなあと思った。

c0352015_23091139.jpg
北海道の山では、初雪観測したらしいですね。




[PR]
by pass8515 | 2018-08-17 23:51 | おでかけ | Comments(2)

ホリデー

初夏の頃、郵便受けに入っていた、鳥取にある自然牧場 のチラシがずっと気になっていた。
牧場直営、そこの牛乳と卵を使ったパンケーキが、絶品らしい。

牧場というから、広々した草原を想像していた。
到着すると、洒落たホテルのような建物が2つ隣接していた。
ひとつは、レストランとお菓子のショップ。

c0352015_18530848.jpg
もう一つは、パンケーキを主としたカフェ

c0352015_18514038.jpg
意表を突かれたけれど、目的であるブッフェとパンケーキのレストランに向かった。
まだ11時だけど、朝が早かったから、食べれそう♪

野菜がもりだくさん!
とくに、とろとろラタトゥイユと、ほくほくのポテトグラタンと、野菜のグリルが美味しかった。
とても薄味。素材本来の、味を引き出していた。
そして、卵、卵、卵!
目玉焼きのクリーム煮、アスパラのオムレツに、卵焼きの天ぷら!

c0352015_18543253.jpg
プラス料金で、オムライス。
これでもかと言うほどの、卵づくしだった。
オムライスは半分こ。

c0352015_18533492.jpg
話題のパンケーキも、半分こ。
とてもしっとりとしていて、食事で満腹なのに、もう少しいけるぐらいの美味しさだった。
はるばる来た甲斐もあるというもの。

c0352015_18540114.jpg
平日(昨日のこと)にもかかわらず、なかなかのにぎわいだった。

c0352015_18510891.jpg
帰り道は、久しぶりに戸倉峠を越えた。
雪深い、スキー場もある戸倉の峠。
なかなかの急坂だった。車も、つらそう(笑)
道路の温度計は28℃だった。

c0352015_18555279.jpg

ただ、食べに行っただけ。
岡山通って、鳥取へ、野菜とオムライスとパンケーキを食べに行っただけ。
パンと卵も買って帰り、ただそれだけなんだけど、たまにはこんな遠出もいいなあ。
気分転換になった。

c0352015_18561790.jpg
帰りは、道の駅で野菜を買った。

c0352015_18564534.jpg
********************
猛暑が少しだけ落ち着いたら、今夜は台風がやって来る。
逆走台風。東からやって来る。

よしずを直し、物干し竿を下ろし、雨戸を閉めた。
大した被害が、もうこれ以上、ありませんように。


[PR]
by pass8515 | 2018-07-28 21:50 | おでかけ | Comments(4)

祇園祭

祇園祭に6年ぶりに出かけた。
例年なら、祇園祭とともに、本格的な夏が訪れ、梅雨も明けて・・
というほぼ決まった順番だったのだけど、今年は早くも猛暑の中での見物となった。

鶏鉾
ちょうど、タクシーを降りたところがここら辺りだったので、室町通からスタート!
10時前だし、まだ人も少ないかなと思ったら・・・

c0352015_22241725.jpg
四条通に出ると、すでにものすごい人だった。
雑踏の中、母とはぐれないように気をつける。
横断歩道を渡ると、月鉾が見えた。
・・団扇が欲しいなあ。と母が言う。
祇園祭と言えば、オリジナルの各企業協賛の団扇だ。

c0352015_22241742.jpg

菊水鉾
団扇とマップを見つける。
すべての山鉾をそうは覚えられないので、このマップで位置を確かめるのがまた面白い。

粽を買うと、原則女人禁制の鉾でも誰でも上がらせてくれる。
ただし、一つの粽に対して、一人づつ。
母は、なんや~と残念そうだったけれど、私が代表で、上がることに。
そして、提灯の間からの光景を写す。
上では、係の人が「後祭が再開してから、人出はいくらか、分散されるようになりました・・」
と観光客と話をしていた。

母は「娘時代は、もう毎年行ってたんやで~。あの頃は、後祭もあってな~」
と、ずっと言っていて、その後祭が再開されたのもここ数年のこと。

c0352015_22241822.jpg

菊水鉾、霰天神山、放下鉾、蟷螂山・・・
人も増えて来たけれど、母の歩調に合わせてゆっくりゆっくりと、見ることができた。

c0352015_22241851.jpg
「杉本家住宅」
京のおばんざいの料理研究家・杉本節子さんが当主という杉本家
暑い京都の夏ならではの、しつらえ・屏風絵・生けられた花々・・・・・。
写真に収めたいものばかりだったけれど、撮影禁止だった。
貴重な文化財だから、仕方がないこと。

このお宅で出会った花と言いますと・・。
檜扇、カクトラノオ、センノウ、桔梗、夏椿・・・。
どのお花も、生き生きとしていた。

c0352015_22241831.jpg

伯牙山
杉本家住宅と一緒に撮りたくて、人が通り過ぎるのを待っていたら、ちょうど浴衣姿のご隠居風の人が通ってくれた。
いい感じと思ったのだけれど、私の手まで写り、ちょっと残念な一枚。

c0352015_22255222.jpg

全部の鉾を見て回るのは、なかなか困難。何せ、この暑さ。
お昼ごはんは、鱧づくしだった。

鮎の蓼みそ焼き、鱧と水ナスの葛よせ、鱧のおつくり、鱧の酢の物、鱧と野菜の揚げびたし
他にも、天ぷらがありました。

c0352015_22282858.jpg


悲しくて、つらい、災害が起きたばかりだけれど、天災・疫病・凶作・・・
古来からこうして人々は自然と向き合い、願いをこめて、祭りというものは受け継がれて来たのだなと思った。

****************************

さあ、今からワールドカップ決勝を見たいと思います。



[PR]
by pass8515 | 2018-07-15 22:20 | おでかけ | Comments(4)

山の花

海が近くにあるせいか、山の光景にものすごく憧れを持っている。
いろんな方のブログで、見せていただいている、雪が残る峰々、どこまでも連なる稜線。
そして、静かに咲き誇る、高山植物に出会えたら・・・・。

それらの、ひそかな願いを、昨日はすべて叶えてもらった。

チングルマ

c0352015_20572643.jpg
コイワカガミ
c0352015_20582588.jpg
シナノキンバイ

c0352015_21065443.jpg
千畳敷カールハイキングマップの道順通りに、ちゃんとそこに咲いていてくれた。
雪で滑らぬように気にしながら、小さな岩場に気を付けながら、小さな可愛らしい山の花たちを写した。

こんなに雪が残っているなんて、思っていなくて「靴を間違えた~」と家族で話す。

c0352015_21341984.jpg
滑り落ちたら大変!崖ではないけど、ここで滑ったら格好悪いなあなんて、思いながら慎重に歩いた。

c0352015_21350603.jpg



c0352015_21051739.jpg

いつまでも、見ていたい光景だけれども、麓の「養命酒駒ケ根工場」にも行きたかった。

c0352015_21043421.jpg
「養命酒」は、時々飲む。
体がほこほこして、体全体の循環がいかにもスムーズに・・・なるような気がする。
敷地内の自然の森では、花虎の尾の群生に出会った。

c0352015_20530494.jpg
緑の中のカフェで甘いものとお茶を飲む。

c0352015_20551706.jpg
自然豊かな、静かで、広大ないいところだった。

c0352015_21001861.jpg
c0352015_20561686.jpg
*****************

昨日の疲れが残るなか、ベルギー戦を見るために、早く寝ることにします。





[PR]
by pass8515 | 2018-07-02 22:02 | おでかけ | Comments(2)

木曽駒ケ岳へ

7月はじめの日曜日

木曽駒ケ岳 千畳敷カールに行った。

駒ケ岳ロープウェイに乗り、千畳敷に到着!
まだ雪残る、絶景が広がった。

c0352015_07172199.jpg


青空が現れたかと思うと、雲が湧き、真っ白に。
かと、思うとまた雲が晴れて、空が現れ。の繰り返しで慌ただしい。

雄大な山が現れる瞬間は、何度見ても素晴らしい!

c0352015_07252954.jpg


雪渓を歩く。
本格的な山装備でもないので、(靴はジョギング用)滑らないように気をつけて。

c0352015_07284143.jpg


尾根を歩く人たちが、小さく見えて、夏山シーズン到来だなぁ!と、麓で、私は何枚も山を写した。

日帰りではなかなか遠い信州。
一番、日帰りでぎりぎりの絶景ポイントかなぁと話し合い、はるばるやって来た。
久しぶりの、信州の旅だった。


c0352015_07314898.jpg

c0352015_07314970.jpg


********
ハプニング
帰り道、中央道が一部通行止めで、日付が変わる前にどうにか、帰宅できました。

また、旅のあれこれゆっくり綴りたいと思います。



[PR]
by pass8515 | 2018-07-01 23:58 | おでかけ | Comments(2)

窯焼きたまねぎ

梅雨の中休み。
海の見えるアウトレットに行った。
淡路島が見える。
淡路島へ渡る、明石海峡大橋が見える。

青空が広がって、海風も心地いい。

c0352015_15033136.jpg

ぶらぶらと、お店を見て、早めにランチを取った。
このアウトレットに、来れば、たいていテラス席に着く。
目の前の景色がまずごちそう!

c0352015_15033241.jpg
ピッツァを待ちながら、てんこ盛りのサラダビュッフェの野菜からいただく。
淡路産の野菜が、売りのお店のようで、プチトマトが甘かった。
そして、淡路産たまねぎ「窯焼き玉ねぎ」がもう、たまらなく甘かった。

ピッツァの窯で、焼かれたのだろう。
新玉ねぎがこんがりと・・・♪(遠くから見るとクロワッサンかと思った(笑))

飲み物は、ルビーグレープフルーツやレモンなどの果物が丸ごとタンクに入った、
フレーバー炭酸水!(はまりに、はまってます)

***鳥(すずめ)が、狙っているので、ビュッフェに取りに行くときは、一人ずつ取りにいくようにしてくださいと、最初に言われた。
私が、てんこ盛りで戻って来た頃には、夫のお皿は空っぽに・・・***

c0352015_15033245.jpg
メインのピッツァがやって来た。
生ハムとルッコラのピッツァ。適度な塩味で、とても美味しかった♪

c0352015_15033220.jpg

お腹が膨れて来たけれど、あの「窯焼き玉ねぎ」の甘さが忘れらず、お代わりを。
こんなに甘さが、引き出されるのか・・・。
周りの人も、口々に言っていた。「玉ねぎ、あまっ!」

c0352015_15033284.jpg

ランチの後、夏物を、少しだけ買った。
夏は、涼しさが何より!そんな素材とデザインのブラウスを買いました♪



[PR]
by pass8515 | 2018-06-17 18:01 | おでかけ | Comments(0)

哲学の道

今日も、とてもいいお天気だった。
カラッとして、気温ほどには暑くはなかった。
歩くには、とても心地よい季節。

昨日も、どこまでも行けそうだった。
サントリー山崎蒸留所で、ウイスキーを飲んでから、京都駅に向かった。

緑の中を散策。静かで、それほど人がいなさそう・・・。そんな場所。
ぱっと浮かぶのが「哲学の道」である。もう、そこしか浮かばなかった。

c0352015_22114200.jpg

地下鉄東西線に乗って「蹴上」で下りる。
南禅寺からスタート!
私の記憶はとにかく切り貼りだ。
数年前に一人で歩いた時、母と歩いた時、40年程前に、友達や家族で歩いた時。
そんな、数々の記憶が断片的によみがえり、手繰り寄せながら、散策を楽しんだ。

c0352015_22153466.jpg

永観堂
この道の、人気の秘密は歩きながら、いつの間にか名所が次々と現れるところにあると思う。
終点は、なんてたって銀閣寺。(銀閣寺スタートでもいい)
そして、迷いようもないぐらいに、道しるべが丁寧。



c0352015_22141596.jpg
平日、木漏れ日のまぶしい昼下がり。
静かだった。実に静かだった。
すれ違う人は、8割がた外国人。自転車で颯爽と駆け抜ける人もいる。
それは、気持ちがいいだろうな。

c0352015_22125493.jpg

テラスカフェに入った。
以前、このお店で母とパスタを食べたなあと思い出した。
もう、何年前になるだろう。
ちょっと、お店の雰囲気が変わったような気もした。


c0352015_22163170.jpg

美味しい珈琲だった。
この一日で、何日分の充電ができただろう。
日々の雑事、しょうもないことがすっかりと頭や心の中から、拭い去られたようにすっきりとした。


c0352015_22172926.jpg


銀閣寺前に出た。ゴール!
と・・・バスがやって来た。京都駅行きの100番系統。
なんて、いいタイミング!小走りで停留所に向かい、飛び乗った。

*******************************

今夜は手巻き寿司にした。
具は、かんぱち・いか・サーモン・おくらツナマヨ・卵焼き、アスパラ・胡瓜
海苔が足らないかな~と危惧したけれど、半分に切ったらちょうどいいぐらいだった。

c0352015_22184454.jpg

テーブルクロスはしまい込んでいた、風呂敷をいくつか出して来た。
しまい込むほど、もったいないことはないと、最近テレビか何かで見たので、どんどん使っていこうと思った。




[PR]
by pass8515 | 2018-06-02 23:09 | おでかけ | Comments(4)

山崎へ

6月最初の日。
所用で、前からお休みをもらっていて、
そのあと途中下車をして「大山崎山荘美術館 」に行った。

c0352015_21111841.jpg

ずっとずっと気になっていたけれど、いつもただ通り過ぎるだけの京都・山崎界隈。
植物画のウィリアム・モリス展が見たくて、ようやく実現した。
かなりの急坂を上り、光の漏れる緑をくぐりぬけ、洒落た山荘が現れる。

c0352015_21171728.jpg
ウィリアム・モリス展にぴったりの、その佇まいにすっかり魅了されてしまった。
(町内の掲示板のポスターを写す。)

c0352015_21140105.jpg


クロード・モネの絵もあって、こんな蓮池を描いたのだろうなと思わせる「睡蓮の池」が光を集めて、とても美しかった。

c0352015_21211258.jpg



c0352015_21162474.jpg

c0352015_21183394.jpg
テラスから見た景色がまた美しかった。
実家のある方向。川が見えて、いつも通る高速道路も見えた。

c0352015_21243531.jpg

***********************

せっかく、山崎に降り立ったのだからと近くの「サントリー山崎蒸留所」へも行った。
先ほどの大山崎山荘がアサヒビール所有のもの。
ちょっとごちゃごちゃになりながら、線路沿いを歩いた。

c0352015_21150304.jpg

「マッサン」の中島みゆきのテーマソングが今にも、聞こえてきそうな佇まい。
あの頃は、おそらくすごい人だったんだろうな。
ここで、日本最初のウイスキー作りの基礎を築き、独立して余市にウィスキー工場を作ったんだったな。
本当は、予約が必要らしいけど、団体も一段落したらしく、入れてもらえた。

c0352015_21084284.jpg
ウィスキーの試飲をした。
すごい数のラインナップから、ウィスキーを選ぶことは至難の業だった。
まったく、ウィスキーの事を知らないくせに、小さな文字のリストから選ぶんだから・・・。
もう、無難に「山崎蒸留所シングルモルト」「白州蒸留所シングルモルト」「知多、なんとか・・・・」
国内3か所の蒸留所のものにした。

15ミリリットル・100円ずつ。
ストレートで、いけるか?
と、少々不安だったけど、水を飲みながら、じっくりと香りを味わった。
わからないながらも、「白州・・」がじんわり甘くて、私好みだった。

c0352015_21193442.jpg

ウィスキーの量はと言えば・・・ちょうど良かった。
天王山の麓、緑の中の蒸留所。
やっと、やっと行くことができた。
今まで、何度、この線路の上を通ったことだろう。
思い切って、途中下車してみて良かった。

c0352015_21233351.jpg

少しだけほろ酔いで、いい気分で駅まで歩いた。
もう少し、緑の中を歩きたい。
続きは、また明日に・・。




[PR]
by pass8515 | 2018-06-01 22:29 | おでかけ | Comments(4)

呉へ

先日の母の日の旅。
松山に渡る前に、まず広島の呉の町に行った。

c0352015_07114098.jpg
呉港から松山行の高速ジェット船が出ていて、それまで「大和ミュージアム」で過ごした。

c0352015_22342949.jpg

雨がずっと降っていて、駅からほとんど屋根があったのが助かった。

映画「この世界の片隅に」の舞台で、呉の事を少し知った。
そして、「大和ミュージアム」に行ってもっと知ることができた。

c0352015_22342927.jpg


なんとなく、本当に私の偏った考え方かも知れないけれど、軍艦「大和」とか、
どうもカッコよさが全面に押し出されているような気がしてならなかった。
前から、夫は行きたくて、今回行く機会が訪れたけれど、私はどうも気が進まなかった。
悲しい歴史と勇壮な姿。
結び付けていいのかどうか・・釈然としなかった。

c0352015_22343036.jpg


10分の1のレプリカ。
をまず、一周してから、展示室に入った。
まず、ビデオ解説を時代ごとに、見る事にした。
これが、とてもわかりやすく、呉という街がどんなに近代日本にとって重要な街だったかがわかった。
静かな入り江という好立地条件で、呉が軍の重要な港に選ばれて、戦争が起きるたびに、景気がよくなって、
日本中から人々が集まり発展した。
しかし、時代の波に翻弄されてきた呉。

どんなことがあっても戦争という名の波にだけは、もう飲み込まれてはいけない、
突き進む時はもう誰にも止められないと言う事がひしひしと伝わった。
行ってみて、良かった。

軍艦カレー・海自カレー・・
さまざまな呼び方があるようだけれど、とにかく呉と言えばカレー!

夫は、タンシチューカレー。
私は、ナンでカレーを。


c0352015_07103634.jpg


ミュージアム横のカレー店
ガラス張りの明るいお店だった。


c0352015_07103633.jpg

雨だし、船の時間もあるし、呉はミュージアムだけで、たっぷり時間を過ごした。


c0352015_07103754.jpg


そして、呉を後にして松山に向かった・・・のでした。


c0352015_07103792.jpg


**************************

道後温泉で買った砥部焼のお皿たち

c0352015_22063724.jpg


今夜は近くに暮らす息子がケーキを買って来てくれた。
ダークチョコか、カシスか・・・・とても迷った。
迷って、迷って、チョコにした。
スパイスの利いた、苦みのある大人なケーキだった。
どうも、ありがとう♪

c0352015_22061741.jpg








[PR]
by pass8515 | 2018-05-16 22:15 | おでかけ | Comments(4)