カテゴリ:おでかけ( 149 )

スープカップ

丹波の立杭焼の里に出かけた。
家を出る頃は晴れていたのに、段々雲行きが怪しくなって、時折小雨がパラパラした。

c0352015_21420668.jpg
昔ながらの窯元が立ち並ぶ中、最近ギャラリー風も増えて来た。
探したのは、スープカップ。
数年前に、金継ぎ教室で一部修復したスープカップが、また所々、欠けてきた。
欠けた部分が口に当たるのが気になる。
一つ、新調しよう。

持ち手と、容量と、やきものの手触りと・・・・。
以前のものをとても気に入っていたので、なかなか理想に近づくものがない。
数件回って、こちらの窯元のカップに決めた。
釉薬によって、微妙に違うので他のも出してきてくださっている間に、椿と選んだ器と、窓の外の風景を撮らせてもらった。

c0352015_21415223.jpg
本日の夫は、とても根気よく付き合ってくれた。
久しぶりに一緒に行ったけれど、位置関係も私以上に覚えていてくれた。

c0352015_21413990.jpg
***************************
途中、道の駅で、野菜いろいろと、ミモザを買った。
家に、ミモザがやってくるなんて、感激!
ふわふわの、毛糸玉みたいな黄色い花が、ぽろぽろ散った。

c0352015_21422747.jpg
一日、出かけて少々、疲れたけれど、花を生けると元気が出て来た。
ついでに、この前の花束をガラス瓶に生け変えた。
c0352015_21421770.jpg
花を生けると、パワーが出てきたけれど、晩ごはんは簡単なものにした。
道の駅で買ってきた、アスパラ菜(空心菜に似ていた)をゆがいて、トマトを切って。
フランスパンの人気店のガーリックパンとベーコンポテトパンを。
朝ごはんみたいな、晩ごはんになった。

c0352015_21454113.jpg

by pass8515 | 2019-03-24 22:31 | おでかけ | Comments(1)

円山の桜

今朝は、寒のもどりで、とても冷えた。
京都駅に着くと、一段と寒く感じた。
まずは、トイレだ。
京都駅のトイレ問題。まったくどうにかならないものか。
あの混雑ぶりにして、圧倒的にトイレが少ないと思う。
伊勢丹がまだ開いてない時間はどうしたらよいのか。
どこも外まで、はみ出して行列。

だから私は、北陸線のホームのいちばん東端にあるトイレをいつも使う。
サンダーバードに乗るために並んでいる人たちの後方を通り、人気の少ない方へと延々と歩くとトイレがある。
ここは、たいてい空いている。
時間に余裕のある時は、いいけれど、あそこまで、わざわざ行く人は、少ないかも知れない。

そんなことをぶつぶつ思いながら、バスに乗って、向かった先は父のお墓。
母たちと待ち合わせまでの時間、円山公園を一人で散策した。
あと、一週間は先だろうか。つぼみはずいぶん、膨らんでいた。
円山公園の枝垂桜。
c0352015_23024981.jpg
分枝にほんの少し、咲いているだけだった。

c0352015_23031040.jpg
八坂神社から円山公園を抜けて、お墓に行く。春のお彼岸のお墓参りは、何十年ぶりだろうか。
春休みに入るころの定番のおでかけだった。
わくわくした春もあったけど、憂鬱だった春もあったり、そんな感情が少しづつ蘇って来たような気がした。

早咲きの桜が、何本かあった。

c0352015_23034724.jpg
**************************
石段が、なかなかつらそうな母だった。
息が上がって、何度も休憩する。
折り畳み式の杖をつくと、ずいぶん違うと言っていた。

いつまで、一緒に来られるだろう。
一緒に行けるうちは、こうして待ち合わせをして行けばいい。
新しい習慣は始まったばかりだ。

c0352015_23033130.jpg
お墓のあと、河原町を歩く。それも、昔どおり。
ただ、人ごみは疲れた。私でさえこうだから、母はもっと疲れたことだろう。
バスがすぐ来て、すいていたことは、救いだった。
c0352015_23040377.jpg


by pass8515 | 2019-03-23 23:03 | おでかけ | Comments(2)

大阪・フェルメール展

大阪市立美術館で開催されている「フェルメール展」に行った。

c0352015_16545110.jpg

c0352015_16432466.jpg
『日曜美術館』や『ぶらぶら美術館』で、予習はばっちり!
絵の素晴らしさは、言うまでもない。
女性の肌つや、服の生地のつや感、ふわふわ感、ファーの毛並み、ベルベットの立体感。

絵筆と絵具を用いて、どうしたらあんな風に描くことができるのだろう。
できるだけ、近づいて見た。
小さな双眼鏡で、観察するように見ている人も、中にはいた。

6点。一つのエリアに、2点づつ。
何度も、戻っては見た。

そして、そのほかのほぼ同時代のオランダ画家の絵も力作ぞろい。
混まないうちに、フェルメールのブースを先に見て、後戻りして、ゆっくりと見た。
が、フェルメール以外の、絵葉書は、一つもないのが残念だった。

c0352015_16425709.jpg
「恋文」は以前に神戸でも見ていた。
床の模様が印象的だった。
絵葉書も、その時に買っていた。

*************************
天王寺の大阪市立美術館へは、初めて行った。
天王寺は、「あべのハルカス」が開業した当時、上に登って、はるか彼方に京都タワーが見えて感激して以来のこと。
そのあべのハルカスと、通天閣と、天王寺動物園がすぐ近くにある美術館だった。

c0352015_16572478.jpg


2000年に、当美術館でフェルメール展が開催されて、日本におけるフェルメール人気の火つけ役のようなことがパンフレットに書かれてあった。
シャンデリアとステンドグラスが、とても綺麗だった。
c0352015_16571093.jpg


c0352015_16551956.jpg


by pass8515 | 2019-02-20 17:04 | おでかけ | Comments(4)

今年も、おつかれさま

春先に、移住した友人と会った。
毎年、この時期「お疲れさま会」として、忘年会ランチをする。
環境が変わっても、これは継続しよう♪っと、駅前で待ち合わせをした。

c0352015_16503571.jpg

それぞれの近況報告、職場の話、ベビー服の話、食パンの話、やっぱり老後の話。
話題は尽きなかった。

せっかく話題が出たから、今のベビー服事情を友人にたずねた。
我が家は、まったく未定だけれど、今後の参考のために、聞いてみた。
「赤ちゃんの城」というブランドがあるらしい。
へえ、面白い。
「お城」じゃなくって、「城」っていうのが、なんだか私は面白かった。
未知なる世界だった。

*********************
友人と会う前に、時間があったので、お城周りを一周した。
犬の散歩や、ランニングする人や、ひっそりとした中にも、行きかう人は、絶えなかった。

c0352015_16512253.jpg
朝焼けに染まる、市立美術館
垂れ下がる、ブルーシートがなんなのか、謎だけれど・・・・・・・。

c0352015_16504874.jpg
日の当たらない、お城の北西側のもみじが、最後の彩りを見せてくれていた。

c0352015_16514159.jpg
c0352015_16525132.jpg
師走だというのに、暖かい一日だった。

c0352015_16510647.jpg
今年も、おつかれさま。
そして、来年もよろしくね。お互いに頑張ろう!と締めくくって別れた。







by pass8515 | 2018-12-02 17:30 | おでかけ | Comments(4)

山を下って

前日の、久し振りの山登り。
それほどの距離でも高さでもないのに、体力の衰えを、ひしひしと感じた。
海も見えた。淡路島もうっすらと見えた。
振り向くと、眼下に広がる街の景色がだんだん、小さくなっていっている。
c0352015_16252543.jpg

岩場を、下りる時がまた、怖かった。
走って、下りる親子がいた。若者がいた。
なんで、こんなところを走って下りれるのだろう。
そして、少しショックだったのは、私よりは10歳は上?ぐらいのご婦人が、さっさと歩いて下りて来て、夫が「先に行ってもらおう」と
促したこと。
追い抜かれて、瞬く間に、見えなくなった。
トレーニングでもない。普通の服装だった。普通のスニーカーだった。普通の斜めかけバッグの人だった。
しかし、この道が慣れているかのようだった。
どの岩に足をかけて、次は、どこに、次はどこに・・・と心得ているようだった。
そうしなければ、あの岩場をすたすたと下りることなど、なかなか困難だ。

私はと言えば、二本の脚と、二本のストックをさて次は、どこに着地させようかと、おどおどしながら、下りていた。
自分の衰えが、身にしみて、少しこたえた。
毎日、気ばかり使って、神経擦り減らして・・・そうしているうちに、老化していくのか。

c0352015_16190515.jpg
いえいえ!
そう思っている暇があったら、そう気がついたのなら、歩こう!と思った。
ぶつくさ言わずに、身体を動かそう!と思った。
美しい季節。短い今だけの、彩りの季節をまだまだ、楽しもうと思った。

c0352015_16202814.jpg
円教寺境内で、猿回しをしていた。
私は、よく猿回しに出くわす。
確か、この夏。
千畳敷カールの帰りの宝塚SAでも、見かけた。
以前は、有馬温泉でも見かけた。

でも、可哀そうな気がして、あまり私は見る気がしない。

c0352015_16200612.jpg
三連休。お天気がずっと続いている。
今日は、ほとんど家の中で、過ごした。
さて、明日はどこに歩きに行こうかな。

c0352015_16194189.jpg




by pass8515 | 2018-11-24 16:55 | おでかけ | Comments(2)

古刹のもみじ

三連休の初日、書写山円教寺に出かけた。
山の上に上がるには、ロープウェイもあるけれど、岩のごつごつした山道を登ることにした。
以前は、若かったし、山登りに、はまった時期でもあったし、それほど長くも険しくも感じなかったけれど、また私はなめていた。
両手にストックを握りしめ、はあはあ言いながら、登った。

久しぶりの円教寺。
古い山寺は、どっしりと貫禄たっぷり!
お土産屋さんの右手からの、アングルがとても良かった。
大イチョウと、もみじに囲まれて、見た以上のものは、伝わらないけれど、私は正直、感動した。

c0352015_22475903.jpg
子供たちが小さかった頃、夫の両親とも来たし、私の両親とも来た。
子供たちの林間学校は、こちらの宿坊で。

c0352015_22405102.jpg
古刹を取り囲む、山の木々の色づきが、今まさに見頃だった。

c0352015_22401436.jpg

道が混むので、朝早くに出かけたので、まだそれほど人は、多くはなかった。

c0352015_22400620.jpg
「軍師官兵衛」のロケ地でもあって、撮影風景の写真パネルが食堂(じきどう)の中に展示してあった。
c0352015_22403630.jpg
奥の院まで歩いて、引き返すと、人が続々と上がって来た。

c0352015_22404337.jpg
風が冷たくなったと感じた。
たくさん歩いて、汗も少しかいたけど、途端に冷えて来た。
お土産さんで、甘酒を飲んで、また岩のごつごつした山道を下りた。
c0352015_22395687.jpg
近場の、名所。
再発見した思いだった。


by pass8515 | 2018-11-23 23:09 | おでかけ | Comments(2)

白にしよう♪

雲ひとつない、晴天の大阪。
地上27階のイタリアンのお店で友人と1年ぶりに再会した。

c0352015_16180668.jpg


今年はお互いに、いろいろあってなかなか都合がつかなかったけれど、秋のこんな青空の日に、会う事ができて、本当に良かった。

c0352015_19550308.jpg


まずは、乾杯!
メインが芽キャベツと帆立のペペロンチーノのパスタだから、友人が白がいいねと、言った。
私も、それがいいねと言った。

c0352015_16180600.jpg


友人とは、ランチにワインは暗黙の了解で、駅までちゃんと家族に送り迎えしてもらう私達だった。

メインのパスタ登場!
ガーリックと、塩かげん、ちょうどいいぐらいのペペロンチーノ。少し暗いけど芽キャベツが鮮やかだった。

c0352015_19593159.jpg


以前、別の友人たちと訪れて、眺望、雰囲気抜群のこのお店。
彼女も、とても喜んでくれていた。

今日も、飛行機がひっきりなしに飛んでいた。
観覧車も、ゆるりと回っていた。

c0352015_21331150.jpg


2時間が、あっと言う間に過ぎ、場所を変え、甘味処で、また2時間。
話題は、尽きなかった。

3年前に、19年ぶりに再会し、恒例になって来たこんなおしゃべりと食事の時間を、私もとても楽しみにしている。

「もっと早くに会えば良かったね」
と、今日も話をした。

子供たちも成長し、お互いにゆとりが生まれたから、ちょうどその頃がいいタイミングだったのかなとも話した。

暖かい日曜日だった。
雑踏の中、春の再会を約束して、それぞれの暮らしに帰った。



by pass8515 | 2018-11-18 21:45 | おでかけ | Comments(0)

輪島へ


翌日は朝から、いいお天気だった。
朝風呂に浸かり、宿周りを散歩した。

c0352015_06162976.jpg
c0352015_06161762.jpg
輪島へ、向かう。
金沢や和倉温泉までは何度か行ったとしても、なかなか輪島までは足を伸ばさなかった。
念願の輪島の朝市や千枚田。

c0352015_06160254.jpg
朝市は賑わっていた。
一夜干し、お漬物、海草類。活気があった。

c0352015_06154995.jpg
朝のコーヒーを飲まないと、一日が始まらないような気になる。
それで、いい香りに惹かれて、カフェに入った。
c0352015_06164281.jpg
夫が注文したカフェラテ。可愛いでしょ♪
c0352015_06212009.jpg
朝市と開放的なカフェ。意外に、溶け込んでいた。
c0352015_06212936.jpg
そして、輪島の白米千枚田
ずっと、ずっと来てみたかった。
c0352015_06131161.jpg
稲刈りはもうとっくに終わった棚田だけれど、海を背景に、ダイナミックだった。

c0352015_06153518.jpg
水が張られ、田植えのあと、やがて穂が実り、稲刈り前。
一枚一枚のそれぞれの光景を思い浮かべながら、ひとまわりした。

c0352015_06133092.jpg
なかなか、写真では伝わらないのが残念。どんな撮り方をしても、見たままを伝えられないもどかしさ。
一枚、一枚の田んぼが1004枚。
これを、作りあげることって、すごい事ではないか!と、人のチカラに感服した。

c0352015_06115868.jpg

一番下まで、降りると、ぎりぎりまで波が打ち寄せる。
昔は、波消しブロックなんてなかったんだろうな。
c0352015_06142070.jpg
夜は、ペットボトルのLEDライトアップで、美しいらしい。
著名人が、田んぼのオーナー。へえ~の連続だった。
c0352015_06134335.jpg


風は穏やかだった。
ついこの間、見た能登の旅の番組で、冬の間、海風で乾燥して、土の垣根が崩れる、
田おこしの前に、また一つ、一つ、垣根を固めていく作業が紹介されていた。
お米を作ること、景観を守ること。ものすごいご苦労なんだなと、思った。
c0352015_06135723.jpg
千枚田のお米で作ったポン菓子をトッピングしたソフトクリームが、売店で人気だった。
ただ、観光に来ただけ。私もその一人だけれど、そのご苦労をもう一度、思い返していた。

機会があれば、季節を変えて訪れたいぐらいだけれど、能登はなかなか遠い。
でも、せっかく来たからもう少し、奥能登を走ろう!
本当は、半島の先の珠洲まで、行きたかったけれど、かなり距離があるので、見附島(軍艦島)に行くことにした。

c0352015_06122839.jpg
軍艦だ。まさに、軍艦。岩の道をつたっていくと、かなり近づける。
しかし足元が、かなり険しくて、途中で断念。

軍艦島の先には、立山連峰が見える位置。
かすかに、山の連なりが、ほ~んのかすかに見えた。
富山県の氷見が真南・・・という位置である。
c0352015_06124742.jpg
自然豊かな、奥能登はもう晩秋のような、風景が広がっていた。
日本って広いなあ~とまた実感した旅だった。

c0352015_07123200.jpg


by pass8515 | 2018-11-07 07:15 | おでかけ | Comments(8)

金沢へ

能登半島の旅に出た。夫と息子と3人で行く。
兵庫、京都、福井を経て石川県へ。
長い旅路だったけれど、渋滞もまったくなくスムーズに金沢到着。

c0352015_06444962.jpg
季節は、ずいぶんすすんでいて、街路樹の色づきもとても美しかった。
もっと、ひんやりとしているかなと思ったけれど、この日はずいぶん暖かかった。

c0352015_06450826.jpg

長町武家屋敷をぶらりと歩いて、御寿司のお店を探した。
「金沢ではお寿司を!」それが、一番の目的で、行き当たりばったりでお店を探した。

c0352015_06452058.jpg
3人の嗅覚と言うのか、・・ぱっと振り返ると・・あった。
いい感じのお店が、金沢一番の繁華街・香林坊にささしかかる頃に見つかった。

c0352015_06553653.jpg
塗りの盆に並べられたお寿司たち。地酒も一緒に。
金沢は金箔だなあ。いくらの上に振りかけてあった。
目にも鮮やかで、美味しいお寿司だった。


c0352015_06441796.jpg
石川四高記念館近くでは、食のイベントが開催されにぎわっていた。

c0352015_06443553.jpg
街路樹が、見事に色づき、写真を撮りながら、21世紀美術館まで歩く。
c0352015_06442639.jpg
21世紀美術館
私は、以前に入ったことがある。
若い人たちには、圧倒的な人気で、この日もかなりにぎわっていた。
美術館外側だけを、見てまわり、近くの九谷焼のお店や、クラフトのお店や、細かいちりめん細工のお店を見たり、金沢工芸品の魅力も短かい時間の間で味わうことができた。

c0352015_06552310.jpg

千里浜なぎさドライブウェイを走る。
地元の神姫バスが通ってびっくり!

c0352015_06455172.jpg
そして、夕方和倉温泉に着いた。めずらしい、海水の温泉にまず浸かり・・。
秋の御膳が迎えてくれた。
「これは何?」のめずらしい季節の食材が盛りだくさんだった。

c0352015_06460556.jpg
次の日は、奥能登を走りました。



by pass8515 | 2018-11-06 07:00 | おでかけ | Comments(8)

秋桜

野菜を買いに行ったあと、コスモス畑に行った。
「毎年、おんなじ所・・・・。おんなじ写真を・・・」と夫は笑うけど、毎年こうして、同じところを訪ねられるっていいことだ♪
と、私は思う。
写真を撮る人、摘み取る人(100円で、10本まで)、結構人が集まっていた。
だから、あぜ道側付近は、かなり摘み取られていた。

c0352015_15530030.jpg
以前、家に持ち帰ったけれど、花粉があたりに飛び散るので、見るだけにしようと思った。

c0352015_15531210.jpg
そして、小高い山を越えるともう海だ。
空気が澄んで、小豆島もくっきり見えた。
静かな、静かな漁村。

去年、両親と一緒に訪れた。
常夜燈からのこの景色を、父にも見せたかったけれど、急な坂になっているから、車の中で待っていると言った。
あの日もよく晴れて、こんな海が見えたけど、漁村の大漁旗の写真を撮って、満足そうにしていたから、それで良かったんだと
思うことにした。

c0352015_15532724.jpg
道の駅にも寄った。
風がとても心地よかった。
サイクリング、オートバイ、オープンカーの人。
ここは、そういう仲間同士が集まる場所になっていて、とてもにぎわっていた。
特にオープンカーは、今の季節が一番いいだろうと、夫が言った。
それぞれの休日の楽しみ方。
近場の安上がりのお出かけは、充分、私にとって、気分転換になった。

c0352015_15533700.jpg

by pass8515 | 2018-10-14 16:25 | おでかけ | Comments(6)