人気ブログランキング |

<   2017年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

夏の終わりに

猛暑が続いた毎日も、昨日あたりから、夕方が違うなあと感じました。夕方、二階に上がると畳がひんやりとしている。あの嫌な、夕暮れ時の蒸れた感じがない。さすがにもう、9月です。

ようやく暑い、暑い夏から解放されるのかな。


c0352015_18521294.jpg



最近、私はすごく汗をかきます。
この夏はその症状を、ようやく実感しました。友人たちが、口々に言っていた、ひどい汗。遅ればせながら私も、実感しています。

エアコンがよく効いているのに、何分おきかに、暑くなって額に汗がにじんでます。ふぅ~ともなります。今、家にいてブログを書いてるこの時は、落ち着いています。

皆さんはいかがでしたか?


*************

ひよっこ談義

昨日の放送での、お米屋さんでの言い争いはまあ、さておき。お米屋さんで販売しているオイッシーに、とても懐かしさを感じました。

プラッシーという名のジュースを幼い頃、お米と一緒に配達してもらっていました。

日曜日と、親戚の誰かが来た時だけ許されたプラッシー!
ささやかな、贅沢。ジュースの箱を置いている小屋から、ジュースを取って来るのが、何とも言えず、嬉しかった事を思い出しました。


最近、主人も一緒に麦酒を飲むことが多くなりました。麦酒はやっぱり多少高くとも、美味しい方がいい!と。(主人は発泡酒は飲みません)
そんなことで、やっぱりエビスかな~と、いつもより大きな缶を開けました。
c0352015_18534521.jpg



おべんとう
c0352015_18574858.jpg

by pass8515 | 2017-08-31 19:42 | Comments(8)

本の注文

書店のない自治体が、増えているという記事を先日目にした。兵庫県は2つの自治体に書店がない(全体の4%)多いのか、少ないのかわからないけれど、存続していたとしても、経営はなかなか厳しいと想像できる。

こういう事態になったのは、やはりネット注文。私も時々ネットで注文する一人なので、身につまされてしまった。

街の書店。
我が家の近くに2つあるにもかかわらず、ついついネットで注文してしまう。
すぐにでも欲しい。あるのかないのかわからないのに、探しに行く手間と時間を考えてしまう。

しかし!
ネット注文で私はミスをした。
同じ本が2冊送られて来たのだ。数量「2」となっていたのに、気が付き「1」と直したはずが、直ってなかった。最終チェックの甘さ!痛恨のミスだ!

返品・返金手続きを取ったけれど、あれから一か月。いまだ、返金されていない。近くの書店で買っていたら、取り寄せてもらっていたら、こんな無駄なお金を使わずに済んだのに・・・・・。

便利さだけを追求したら、こういうこともあるという、教訓だった。

**************************

夏のおもいでを時々振り返りながら、秋の訪れを待ち焦がれながら、もう8月も終わりです。
田沢湖
c0352015_21380680.jpg
八幡平で出会った花
c0352015_21382434.jpg




by pass8515 | 2017-08-30 19:04 | 暮らし | Comments(4)

涼しくなったら

涼しくなったら会おうね。
今、友人たちと交わされている合言葉のような挨拶。週末に、ご無沙汰している友人たちにメールを打った。

それぞれに、仕事を持つ友人たち。私同様、いや私以上にお盆も土日もない(私はまだある方)いつもと変わらぬ毎日であるだろうなと想像はできるけれど、夜もまだまだ暑いので、会おうとはお互い言えずにいることは心得ている。

いろいろあったよ~と、ひとりの友人。
9月のシフトが決まったら連絡するね~とまたひとりの友人。

この夏、LINEデビューしたまたひとりの友人は、LINEが楽しくてたまらないらしく、13の吹き出しをいっぺんに送って近況報告してくれた。今までで最高記録!彼女らしさに大笑いした夏の夜だった。

さて、私は楽しかった夏の旅のあれこれを聞いてもらおうかしら。

お気に入りの写真
(鶴の湯のストーブ
c0352015_22010892.jpg


オリーブオイルが復活!
以前、母が日野原先生が言うてはった・・・とちょっと値の張るオリーブオイルを送ってくれたことがあった。
オリーブオイルが、とても体にいいらしい。ヨーグルトに、冷ややっこに、なんでもかけるといいよ。と教えてくれた。
しばらく、私も実践していたけれど、そのうちその習慣も遠ざかり、パスタや魚を焼くときに使うにとどまっていた。
c0352015_17001653.jpg

最新「クロワッサン」で見た腸のこと。
オリーブオイルを納豆にかけるといいという文章が目に飛び込み、早速実践しています。

****************
晩ごはん

なすと胡瓜と冷しゃぶ豚
かぼちゃと大豆とゴーヤサラダ
山椒昆布ちりめん(自家製)

c0352015_18593080.jpg

c0352015_21123991.jpg



by pass8515 | 2017-08-29 21:50 | 暮らし | Comments(0)

晩夏

週末辺りから、ようやく猛暑も落ち着いた。自転車の帰り道の風が違う。日暮れの光が違う。

晩夏
この時期に、思い出す歌がある。自転車こぎなから自然とハミングしてます!

荒井由実の晩夏~ひとりの季節~


ゆく夏に 名残る暑さは
夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭
秋風の心細さはコスモス

何もか捨てたい恋があったのに
不安な夢があったのに
いつかしら 時のどこかへ置き去り

空色は水色に 茜は紅に
やがて来る淋しい季節が恋人なの

~中略

藍色は群青に 薄暮は紫に
ふるさとは深いしじまに輝きだす
輝きだす

メロディーもさることながら、詩も叙情あふれる秀作だと思う。

葉鶏頭、薄暮。
この歌で知った言葉もありました。

確か、ドラマの主題歌だったなぁと遠い記憶にあり、調べてみると、山田太一脚本、竹下景子主演の銀河テレビ小説ふるさとシリーズ「夏の故郷 」でした。

1976年の8月放送

中学生の私はどんな気持ちでこのドラマを見ていたのだろう。ドラマの筋は全く忘れているけど、40年経っても音楽はちゃんと心に刻まれている。

音楽の力をまた思った。

*********************

*晩ごはん
サーモンのバジルソース焼き、ししとうの甘辛焼き、大豆・胡瓜・ゴーヤのサラダ
c0352015_21391270.jpg


いちじくは、白ワインと相性バッチリ!
c0352015_21392463.jpg

****************************
おべんとう
c0352015_18563110.jpg



by pass8515 | 2017-08-28 21:52 | 暮らし | Comments(4)

ソファー

新しいソファーが来ました。
c0352015_16591900.jpg

古くなった、ソファーを処分してから数年間、ソファーなしの暮らしでした。なかったら、なかったで・・・まあいいかと。でも座ることの体に対する大切さが身に沁みて来たので、また我が家にやってきました。
しかし、予想通り、主人が独占!(笑)

昨日の買い物の続きです。
ちりめん雑魚、めかぶ、納豆、豆腐、いわしの甘露煮、三角あげ、
あと、豚しゃぶ肉と、サーモン、そして奮発してうなぎを!(昨夜、美味しくいただきました)
これで、夫婦二人一週間分。
c0352015_16594526.jpg

初めてのワインを買ってみました。
どちらもイタリアの白ワインを。
最近、カルディでよく「どんなワインがいいですか?人に贈りたいのですが・・・・」と店の人に尋ねている人に遭遇します。私も、聞き耳を立てて、その人が薦めたワインを、買ってみます。なかなかよろしいんですよ🎵
c0352015_17001653.jpg

東北の旅で買ったお菓子をいろいろ。週末の楽しみで少しづついただいています。

八幡平の山頂レストハウスで、買った林檎ようかん
c0352015_16590847.jpg


ラグノオささきのパティシエのりんごスティック
冷すとまた美味しい🎵
c0352015_16593061.jpg
ラグノオって、酪農のことなんだなあ~って、気がつきました。

今日は、カラッとしてずいぶんしのぎやすくなりました。お昼もエアコンなしで過ごせました。


by pass8515 | 2017-08-27 21:56 | 暮らし | Comments(4)

残暑の休日

8月最後の週末は、夜中に降った雨のせいか少しだけ涼しくなった。本当に少しだけ。庭の草が、気になっていたので、早朝からはりきろうと思ったけど、また汗をかくなあと思ったら、気も失せてしまった。

別に、絶対やらなければいけないという事もないし、9月になったら庭に出よう!


今日やりたかったことは、明日新しいソファーが来るので部屋のかたづけと本棚の整理を・・・・。
c0352015_16252226.jpg


そして、一週間分の買い物へ。
野菜が高騰!かと思ったら、生産者直送の野菜はいつも通りに安かった。ふぞろいのきゅうりや、なすも、あったけれど、そろそろ夏野菜も終わりかな。
c0352015_16271747.jpg


地元ブランドの太子いちぢく
前日摘み取り&少々、訳ありで、まあまあお手頃価格だった。
c0352015_16263889.jpg

**********************
「おんな城主・直虎」
ブログのお友達のところで、教えていただいた20日夜の大河ドラマ「おんな城主・直虎」の再放送を午後から観た。敬愛するライター・島崎今日子さんもコラムで絶賛されていたので、必ず観ようと思っていた。

小野政次という人は、いったいいくつの顔を持っているのだろう。父から小野家を託された時、今川に忠誠を誓う時、亡弟嫁とともに過ごす時、そして
直虎と囲碁を打つ時。謀り、謀られ、欺き、欺かれ。とても複雑に糸が絡まり合って、時々、見ている方も、何が本意かわからなくなる。
それだけに、「辞世の句」には、ぐっとくるものがあった。直虎と碁盤を囲むそのひと時が、唯一心安らぐ時だったのだなと。

最期は衝撃的だった。この場面は、見た人の心にずっと焼き付くだろう。

しかし、腹が立つのは家康だった。
文のやりとりだけで期待を持たせて結局、見捨てた。

それだけに、徳川家と井伊家の関わりがこれから生きてくるのでしょうか・・・。

新緑の頃に、友人と彦根城に上がったことを思い出す。あの彦根城が出てくるのは、いったいいつなのだろう・・・と期待しながらまた見ようと思う。


by pass8515 | 2017-08-26 16:54 | 暮らし | Comments(4)

一雨くれば

昨日も、今日も夕方の空がだんだん黒くなって来たのに、一滴も降らなかった。少しざ~っとくれば、ずいぶんと違うだろうに。

今朝の6時台はまだいくらか涼しかった。ほんの少しだけ、秋めいて来たかな?と感じた。雲も、ほんの少し秋を思わせた。
c0352015_18480009.jpg

帰宅すると、郵便受けにタオルが入っていた。ご近所さんのリフォームのご挨拶のようで、工務店がやって来た様子。以前に、ブログのお友達のところでも話題になっていたのだが、いつの頃からか、この形式が定着したようだ。いつの頃からだろう、施主さんが直にあいさつに来なくなったのは・・・・。
いつも、違和感をいだいて、不思議に思うのである。・・・・・何かおかしい。

*******************
高校野球の決勝戦。
職場でも話題になっていて、テレビ見ながら仕事したいな~なんて皆、言っていた。私もそして、職場の大半の人が応援していた広陵は、残念だった。
高校野球が終わるとともに、夏がゆく。何故かさみしい気持ちにもなったものだけれども、今年の夏は本当に暑い!まだ終わる気がしない。

*おべんとう
最近、主人が自分用のふりかけを買って来て、ご飯のときにふりかけるのです。おかずはたくさんあるのに・・・お漬物もあるのに・・・。
そのふりかけをちょっと拝借。今日の私のおべんとうにふりかけました。
c0352015_18565916.jpg

by pass8515 | 2017-08-23 20:40 | 暮らし | Comments(4)

おみやげ

Oー157は怖いなあと、改めて思った。臓器をことごとく破壊する菌だと、ニュースで伝えていて、心配になったので気をつけるべきことを息子にLINEした。「生肉と野菜は分けて切ってな。まな板は一度洗ってください。加熱したら、大丈夫!」そうしたら「了解」とだけ返って来た。

三角コーナーを撤去しました。
c0352015_22225290.jpg

あのスペースが空いただけで、シンク全体が広々した感じがした。野菜を切る時だけ、袋を置いて、今のところ不便は特に感じてない。こういう袋がすぐにたまって来るので、利用価値も上がって良かったなと思う。

私が東北へ旅をしていた同じ時期に、北海道へ行った人からおみやげをもらった。小樽の「北一硝子」の醤油差し。キラキラと輝いて、お醤油を入れるのがもったいないくらい。
また一生ものが増えました。どうもありがとう🎵
c0352015_22220447.jpg

*晩ごはん
チーズソーセージ、野菜と大豆のサラダ、もやしのナムル

北海道の生ワイン・ロゼがとても美味しかった。
ごちそうさまでした🎵
c0352015_22223129.jpg

*おべんとう
週明けから、曲げわっぱのおべんとうを持っていく。
昨夜の残り物のおかずでも、何かが違うのです。
c0352015_22221876.jpg
おべんとうを開けるのが、にわかに楽しくなった。

by pass8515 | 2017-08-22 22:50 | 暮らし | Comments(4)

秘湯

秘湯には、混浴露天風呂というものがつきものである・・・。ということを、知ったのはここ10年くらいの事だった。最初は、とても驚いた!このテクノロジーの現代で、こんな世界があるのか~。

恥ずかしい、勇気が要る。そんな思いもありながら、でもいい温泉に浸かりたい!という欲望もあり、そのあたりの葛藤もまた、面白いと言えば面白い。
c0352015_23300714.jpg

温泉によって、バスタオル着用可のところと、不可のところがある。しかし、それぞれに、女性も気軽に楽しんでもらえるようにという配慮が、なされているように感じる。

この東北の旅で、岩手県藤七温泉(八幡平への記事に掲出済)は、必ずバスタオルを巻いてくださいというルールがあった。わざわざ私は売店にバスタオルを買いに行って、山肌に掘られた白濁の温泉に浸かって満喫したのだった。

次の日に訪れた、乳頭温泉・鶴の湯は、バスタオル不可だった。あ~、私は何度も旅番組で見たあの有名な露天風呂には入れないのか~。といったんは、諦めた。
c0352015_23294881.jpg
温泉成分を保ちたいから、禁止せざるを得ないのですよ~と料金を払う時に、鶴の湯の人が申し訳なさそうに言ってくれたが、「中の湯から、水路になっていて露天風呂へつながっています。肩まで浸かったら、白く濁ったお湯だから全然大丈夫ですよ~🎵」と教えてくれた。

あ~あのパターンだ!混浴初体験の別府・明礬温泉での、肩まで浸かると、全然見えない。あのパターンだ!
c0352015_23313707.jpg


すると、後ろに並んでいた人が、「私、混浴ってまったく初めてなんです・・・。一緒に、行ってもらっていいですか?」と声をかけて来た。
行きましょう!行きましょう!
こんな時の女性同士って、ものすごい同志感というか、連帯感というか。とっても強い、絆で結ばれたような気がする。
c0352015_23305121.jpg

青森にお墓参りに行った帰りだと言うその女性と世間話をしながらまずは、中の湯に浸かった。私とほとんど同年代の人だった。ここは女性ばっかりだから、気が抜けるエリアだ。一呼吸おいて、「さあ、行きましょか~」「行きましょう~」

ジャングルの探検隊みたいに、身を潜めて、体を沈めて、水路を伝って、大きな中央のあの有名な露天風呂まで、行く。大冒険だった。
20人くらい老若様々な男性、奥までびっちりだった。その中に、主人を見つけた。柱にもたれて、とても気持ちよさそうだった。女性は先客一人、そして、私ら二人。ぬるめの白いお湯に浸かった。しばらく、無言で浸かった。どちらからともなく、「戻りましょか~」「そうしましょうか~」と、安心エリアの中の湯に戻った。
c0352015_23310229.jpg

「ついて行かせてもらって、どうもありがとうございました。ごめんなさいね~」と、丁寧にお礼を言ってくれた。気がつけば、一緒に3つのお湯をまわっていて、私はちょっとのぼせて来たので、4つ目のお湯にもチャレンジするという彼女とそこで別れた。緊張もするけれど、やっぱり、楽しかった~。

************************

田沢湖で見た、天然記念物の秋田犬
c0352015_23320938.jpg

お漬物を、いろいろ買いました。
秋田のいぶりがっこ
岩手の金婚漬
あんずの紫蘇漬け
c0352015_23322198.jpg






by pass8515 | 2017-08-20 18:10 | 旅先にて | Comments(6)

lamp

お盆が過ぎて、ほんの少し朝晩がしのぎやすくなった。でもお昼は33℃・・・。残暑が厳しい。午後からはエアコンをつけて過ごす。

青森で宿泊した「青荷温泉ランプの宿」は実は、第一候補ではなかった。
c0352015_21541571.jpg

十和田湖畔宿泊を希望したけれど、キャンセル待ちの状態で、「ランプの宿」も有名だし、いいなあと思ったけれど、とにかく山奥、灯りはランプだけ、テレビなし、携帯電話圏外、トイレ・洗面所共同。せっかくの旅行なのに、そういうサバイバル生活(想像)ってどうなのかと不安にもなった。口コミを見ると、夜間はかばんの中をさぐるのも困難になるぐらい暗いということ。

c0352015_21432272.jpg

結局、ぎりぎりまでわずかな、期待もあったけれど十和田湖畔のホテルはキャンセルが出ず、「ランプの宿」に泊まることにになった。
どこまで行くのかというぐらいの、山奥だった。途中、青森弁(津軽弁?)の看板が随所に立てかけられて、「もうすぐだ!」「がんばれ!」の意味だろうと解釈して、車内は笑いも出て、とてもリラックスできた。

お風呂に入って、大広間でランプの下で、食事をした。日がだんだん暮れて来て、ずいぶんと暗くなって来た。
私のカメラではもう限界!(上の写真と同じ場所)
c0352015_21482536.jpg

まだ行っていない、別のお風呂に行ってみたり、売店をのぞいたり・・・。そのうち、廊下を歩く人がめっきり減って、宿全体が静寂に包まれて来た。まだ、9時。でもこの宿ではもう寝る時間のような空気が漂っていた。川のせせらぎと、虫の声と、ランプの火が燃えるチリチリという音だけ・・・。
夜、窓を閉めても、肌寒いくらいだった。

知らぬ間に眠っていた。
c0352015_21532806.jpg

ランプをこの際、撮っておこうといっぱい撮った。でも、意外にランプを撮るのって難しいものだなと思った。バランスと背景。
c0352015_21524963.jpg

c0352015_21533915.jpg
これらのランプを管理するランプ小屋。毎日、ここから宿中のランプを運ぶらしいです。
c0352015_21535249.jpg
夜明けとともに、目が覚めて、清々しい朝だった。
結果的に、この「ランプの宿」で、良かったな~と思った。
c0352015_22381104.jpg


c0352015_21525956.jpg
***************************

ようやく、旅の荷物を片付けた。角館で求めた、おべんとう箱とお箸も洗って干した。
c0352015_22270025.jpg
それぞれ、きれいな箱に入っていた。
c0352015_22271926.jpg
山ぶどうのゼリー羊かん「さなづら」
甘酢っぱくて、とても美味しかった。
一つ一つにピックがついていて、八等分に切り分けて、味わっている。
c0352015_22273014.jpg



by pass8515 | 2017-08-19 22:40 | 旅先にて | Comments(10)