<   2017年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

グッバイ!

9月も今日で、おしまい。
朝からもう、泣いてしまった。

「ひよっこ」最終回。
谷田部一家がそろって、念願だった「すずふり亭」で食事をする。

まずは、秀さんが、みね子のハッシュドビーフを盛る時に、お父さんが優しいまなざしで、見守る場面。
ぐっと来て・・。

そして、宗男叔父が叫ぶ!
「勝ったんだ!今!悲しい出来事に、しあわせな出会いが勝ったんだ!」
もう、涙があふれ出た。

そして、そして・・。ずっとずっと気になっていた重箱。
無事に、お父さんが受け取ることができました。

誰もが心の隅っこにちょっこと芽生える感情を、でもわざわざ人に言うほどでもない、繊細な感情を、うまく引き出し、笑って泣いて・・。
楽しいドラマでした。
しばらく、朝が変な感じになると思う。

*******************

と言ってる間に、もう10月。秋本番。
今日は初めて一日、長袖で過ごした。

庭に出たいな~とうずうずしながら・・・。
もう少しのガマン、ガマン。
完璧に治してから、草をひきたいと思います。

弁慶草が咲きました。
c0352015_22451605.jpg

昨日は主人の誕生日で、今日のお昼は上の息子と食事に出かけ、夜は下の息子がケーキを買って帰って来ました。
二人とも、ありがとう。
ごちそうさまでした。
c0352015_22453945.jpg

主役は、小さい方のケーキがいいと言うので
私が、その倍ほどもあるフルーツ盛り盛りのケーキをいただきました。

いちぢく、いちご、マスカット、パイナップル、ラズベリー・・・・・。
お腹いっぱいになりました。
c0352015_22452918.jpg

せっかく、息子が帰って来たのに、出来合いのおかずになりました。
なすだけ炒めて、アスパラをゆがいて・・・・。
まだ包帯が取れないから、包丁がやはり怖いのです。

c0352015_22460040.jpg

いろいろあった・・9月。
秋が深まりゆく季節を心から楽しめますように・・・。





[PR]
by pass8515 | 2017-09-30 23:01 | 暮らし | Comments(2)

音楽があってよかった🎵

今日は休日で、午前中は病院に行った。
今日あたりで終わりかなと思ったら、膿を出し切るというのはなかなか厄介なようで、もうしばらく通院しなくてはいけない。

病院を出ると雨が降っていて、余計に気が滅入った。
せっかくの休日なのに、あちこち用事を済まそうかなと思ったけれど、スーパーだけ行った。

ゴム手袋をはめて、出来る範囲の家事をして、先日、途中まで見ていた「ラ・ラ・ランド」を観た。

鑑賞前は、ミュージカル色がとても濃い映画というイメージだったけれど、ストーリー性もしっかりしていて見ごたえがあった。

「あったかもしれない、別の人生」

なかなか、せつない物語でした。もちろん、音楽も良かったです🎵




最近、音楽にとても、助けられている。
音楽があってよかった。
そして、それを伝える、この場所があってよかった。

とても美味しかったので、またレモンパイを買いました。
あと、スイートポテトパイも🎵

c0352015_21345007.jpg




[PR]
by pass8515 | 2017-09-27 21:52 | 映画の日 | Comments(6)

夕暮れに・・。

夕暮れ時、自転車で病院へ行く。
また、痛い思いが待っていると、びくびくして、行ったけれど、膿も腫れもずいぶんひいていて、それほど痛くはされなかった。あ~良かった。
c0352015_20084164.jpg


日暮れが、本当に早くなった。家路を急ぐ人、塾へ急ぐ学生とか、夕暮れの道はどこかせわしなく、暗い上に、通り慣れない道はとても慎重になった。
あちこちから、自転車やバイクの人が飛び出して来る。包帯の手では、ハンドルも握りにくい。

けど、快方に向かったので少し足取りも軽く、本屋とドラッグストアに寄った。
いつもと違う本屋では、「暮しの手帖」を探すのに難儀した。
一筋目、二筋目。女性ファッション誌のあたりにあるはずなのに、ない!

もう一周したけれど、探しきれず店員さんに聞いた。本の名前で、陳列場所をサクサクと機械で検索していた。その店員さんと一緒に、検索で紐解いた場所に行ったけれど、ない!

あれ?あれ?と彼女も焦りながら探していたら、高い雑誌の山と山の間に、10冊程度積まれた「暮しの手帖」を私が見つけた。
これは、わからないわ。

心に、少し余裕が生まれたのでゆっくりと、また読むとしましょう。包帯が少し小ぶりになりました。
c0352015_22270150.jpg
家に帰ると、もう7時前。
冷ややっこと、ピクルスをお皿に盛って、さつま揚げをパックから出して・・・。なんとか、いつもの晩ごはんの時間に間に合いました。
c0352015_22264999.jpg



[PR]
by pass8515 | 2017-09-25 20:09 | 暮らし | Comments(8)

お墓参り

秋晴れが続く、お彼岸。お墓参りに行きました。

義父母には、それぞれ何人か兄弟がいるけれど、今はもう、仏壇に参ってくれるのは、義母の妹である叔母だけになってしまった。
お供えを何らかの形で、用意してくれている。代が変わるってこういうことなのかなと思う。
c0352015_10312772.jpg


線路沿いに紫苑が咲いていました。
お墓にもお供えしている家が、多かった。
紫苑は、秋の花の中で好きな花です。
c0352015_21345491.jpg


庭の、草もひきたかったけれど、手の都合で勘弁してくださいね。
秋まつりまでには、きれいにしますからね。
c0352015_10314394.jpg

手はまだ、疼き昨夜も寝付けず、1時半ごろまで、音楽などを聞きながら気を紛らわしました。
眠ろうとするとき、指に神経が集中して、余計に痛く感じ、また週明け病院に行ったら痛い思いをするのかと思うと、もう怖ろしくて・・・・・。
つくづく小心者だな~。

で・・・。
気分を変えたかったので、ずっと見たかった「ラ・ラ・ランド」がレンタル出来たので、途中まで見ました。
(また、感想などは全部見た後で・・・・)

そして、音符と星座の刺繍が気に入って、秋物を2着、衝動買いしました。
カーディガンと組み合わせると、いいかなあ~と思って買いました。
c0352015_22063708.jpg

晩ごはん
こんな時は、スライサーが便利!
きゅうりと、にんじんとオクラのサラダ。
ざっくり切った、小松菜の煮びたし。
さばの西京漬け

たまねぎのピクルス・昆布煮
常備菜はこんな時、重宝します。

c0352015_22070739.jpg

明日は、病院の帰りに「暮しの手帖」を買おう!
それを励みに、嫌なことを乗り切ろうと思いました。



[PR]
by pass8515 | 2017-09-24 22:30 | 暮らし | Comments(4)

お彼岸

気がつけば、お彼岸。
この時期になると、ちゃんとそれなりに涼しくなるから不思議です。

家の中で靴下を履く。ちょっと長袖を羽織りたくなる。暖かい紅茶を淹れたくなる。
そんなことに、自然と季節の変わり目を感じる。

お昼ごはんの後に、パン屋さんで買ってきたレモンパイをいただく。やかんでお湯を沸かす間に、記念撮影を🎵丁寧に煮詰められたレモンのコンフィチュールの酸味がほどよくとても美味しかった。
c0352015_17080519.jpg

近所の人に「手、どうしたん?」と聞かれた。「不便やろ~。ぱすさんちはちゃんとご主人、手伝ってくれるんやろ~。」と言われ、なんか嬉しかった。そのお宅は、うちは、とても手伝ってはくれないわ。というニュアンスが、込められていたように感じた。

実際、すごく助かっている。水回りのことは、全面おまかせで、食事も焼いて終わり。簡単に切って終わりのもので、我慢してもらっている。
この一週間ほど、実は排水溝(台所・洗面所)など、気にするゆとりがなかった。男の人はそこまでは、なかなか気が回らなくても仕方がない。

今日、久しぶりに洗面所の排水溝をのぞく。ぎょっとした!一週間のほったらかしで、こんなに汚れているのか・・・。歯ブラシとスポンジで掃除した。

買い物に行くと、林檎がたくさん並んでいた。主人が食べたいというけれど、「私、今うまく、剥けないよ。」というと、「皮のままでもいいから・・」
と言う。

そんなに食べたいのならと、2つ買った。
主人は、林檎の皮を剥いたことがないと言う。
この機会に、教えてあげましょう。やってみましょう。

*********************

庭が気になりつつ、今はそっと見てまわるだけ。
ホトトギスがぷちんとした蕾をいっぱいつけていた。

シュウメイギクの蕾も、可愛かった。(うまく、写真で撮れませんでした。残念・・)
c0352015_17082507.jpg
七変化が、まだまだ次から次へと、花をつけていた。
c0352015_17081817.jpg
今日の、テレビ欄を見て今夜、「スマ・ステーション」が最終回と知った。かつて、中学生・高校生の頃の息子たちと週末の夜によく見ていた番組。
二階に上がっていても、なんだかあの時間になるとリビングに降りて来て、牛乳なんか飲みながら見ていたなあ~。

私は、「ツキイチゴロー」が好きだった。稲垣吾郎さんが、チョイスしたおすすめ映画を批評するコーナー。寸評が的を得ていて、とても参考になった。
16年も続いたのですね。ここ数年は、見ていなかったのに、いざ終わると知ると、そんなことを思い出した。


[PR]
by pass8515 | 2017-09-23 22:04 | 暮らし | Comments(2)

愛子さん

昨夜は、痛みで夜中に目が覚めてしまった。
そのせいで、寝坊して気がつけば8時前。びっくり!

仕事から帰って、病院に行った。傷口を消毒するぐらいかと思って、気楽にしていたら、まだ腫れて、膿も残っているという。

また、押されて、押されて、痛かった。しばらく通ってくださいね・・と言われ、またこんな痛い思いをしなくてはいけないのかと、がくんと来た。

看護師さんも色々で、この前の人は励まし、励まし、激痛に耐える私に言葉を精一杯かけてくれた。「もうちょっと、もうちょっと、頑張って!」
「痛かったね。痛かったね・・は~い、もう少しで終わりますよ」もう、子供みたいだけれど、こう言われると幾分、気持ちも落ち着く。

今日の人は、包帯を外す時も、荒っぽく、手をさっと引っ張る。この前の今日だから、こちらはまた何をされるか、ドキドキするわけである。

今夜は、買ってきたお惣菜で済ませました。
あと、とんかつとミンチかつを、温めて。
c0352015_20060521.jpg

**皆さま、お見舞いのコメントをいただいて、どうもありがとうございます**

*************************
そして、愛子さんです。
寝坊はしてもひよっこは、しっかり見ました。
ひよっこ談義

昨日から、何回「好き、好き、大好き🎵」という言葉を聞いたでしょう。
若い人の恋って、本当にいいものだなあ。
みねこ、おめでとう!・・・。

しかし、そのあとの、愛子さんの告白が、もうたまらなくて久しぶりに泣いてしまった。最近のひよっこは、コメディ路線をひた走っていただけに、今朝は、もう涙が止まらなかった。

「私に、こんな感情が残っていたなんて・・・もう嬉しくって」

絶望・悲しみ・孤独感・・・いろんな思いでただひたすら、戦後を一人きりで、生きて来て。だからどんな人をも暖かい陽だまりのように包み込む、愛子さんなのだな。そう思ったら、涙が止まらなかった。

もうすぐそこに、幸せが・・・愛子さん🎵



[PR]
by pass8515 | 2017-09-22 22:59 | 暮らし | Comments(2)

痛かった!

朝から、秋晴れの一日。
c0352015_20041714.jpg


昨日、小さな小さな手術をした。指先にバイ菌が入ったようで、連休前から皮膚の色が少し変わり疼き始めた。そのうち治るかなぁと、様子を見ていたら、みるみるうちに膿がたまり、ぶくぶくに腫れて来た。

これは、大変!
先生に「うわ~。ちょっと痛いよ~。」と、言われて麻酔をして、押さえて膿を出す。

覚悟はしたけど麻酔注射がまず、激痛!そのあと先生が指先を押す、押す、押す。注射の痛みよりはまだましだけど、なかなか痛い。

「痛ないやろ、痛ないやろ」と、繰り返すけど、そのうち、「押したら、そら痛いですよ!」と言ってしまった。

汗が吹き出て、久しぶりの激痛体験で、放心状態。しばらくベッドで休ませてもらった。

出血もかなりあって、血管がぴくぴく、どくどくして活発になっているのがわかる。またそれが恐ろしかった。

こんな痛い思いはもうたくさん!小さな、小さな手術だけれど、なんかもうくたくたになって、心がぺしゃんとなった。

E.T.
c0352015_20082994.jpg

なぜか、曲がったまま包帯をぐるぐる巻きにされて、病院から帰ったら主人が「E.T.みたいになっとるな~」と、ゲラゲラ笑った。私もほんの少し、心がほぐれた。

痛みと麻酔注射のせいか、すぐに眠たくなって10時前にはもう寝てしまった。


今夜は、玉ねぎだけを炒めて、カレーをどうにか作りました。
c0352015_20040101.jpg




[PR]
by pass8515 | 2017-09-21 12:36 | 暮らし | Comments(14)

嵐が去って・・・

昨夜は、10時ごろまで強風と大雨で、家がガタガタと揺れるほどだった。直撃は、久しぶりのこと。

一人で暮らす、息子たちの事が急に心配になる。
「物干し竿は下して、雨戸は閉めて・・・・」と、一応ラインをしておく。

一人は、しばらくしてから「わかった!」
もう一人は、嵐がおさまった頃に「ありがとう!」と一言づつ、返事が来た。

まあ、私の気は済んだ。


台風一過
写真では、わかりづらいが飛行機が西の方へ飛んでいた。

c0352015_16461386.jpg


秋草花
台風にも耐えた、庭の花を生けた。
気がつけば、犬蓼がそこら中にいっぱい咲いていた。
ホトトギスが、小さなつぼみをつけていた。
c0352015_16495982.jpg


三日分の洗濯をして、掃除をして、主人がマウスを買いに行きたいからと、電気店に一緒に行った。ここ、数か月私のマウスをずっと使っていたらしい。
別にいいのだけれど、「え~。無断で・・・」と冗談っぽく言ったら、「前に、言った!」と返って来た。私は、使っていいよとその時、言ったらしい。すっかりと忘れているものだなと思った。

真っ赤に染まった甲子園の試合を見ながら、ブログを書いている。もう、秒読み態勢です・・。


[PR]
by pass8515 | 2017-09-18 17:10 | 暮らし | Comments(10)

レバー

午前中は、晴れてもいたのに、だんだん薄暗くなって来て、家が揺れるほど風が強くなって来た。
いよいよ台風が近づいて来た。

やはり昨日のうちに、買い物に出てよかった。しかし、スーパーはものすごい人だった。雨も激しくて、立体駐車場も渋滞していた。
もうすぐ出そうな車の前でハザードつけて待っている車もある。だから、よけいに後ろがつかえる。

ぐるぐると回っているうちに、ちょうど上手い具合にひとつ空いているところを見つけた。それも、カート置き場やエレベーターのすぐ近く、長年このスーパーに通っているのに、こんな好条件の場所があったのか!と、嬉しくなった。ついている。最近、こんな小さな幸運が続いている🎵

食品レジも長蛇の列だった。こんな時、空いたレジに、日頃レジには入らない、男性社員風の人が助っ人でやってくる。こんな場合、少々不慣れな感じが多い中、昨日のその人は非常に手際がよかった。愛想もよかった。

しかし!
私が買った、はまちのお刺身と牛レバーをひとつのビニール袋に入れたのだった。ちょっと!ちょっと!

血の滴るようなレバーと、お刺身を一緒に入れないで!と心の中で叫びながら、会計が終わるや否や、その場でレバーを袋から出した。
嫌味な事は重々承知で、一刻も早く、二つを引き離したかった。

嫌な人。そのレジの男性も思っただろう。次に並んでいる人も思っただろう。しかし、これは許せなかった。


今夜は、主人の大好物。ニラレバ炒め。中華に行ったら必ず頼みます。
久しぶりに家で作った。
c0352015_17290081.jpg


他には、めかぶとピクルス
c0352015_17294177.jpg
台風は、列島を直撃しそうなコースを辿っているので・・
皆さん、どうぞお気をつけて。

[PR]
by pass8515 | 2017-09-17 17:33 | 暮らし | Comments(6)

ピッコロ

オーケストラの魅力に憑りつかれたあの日以来「久石譲inパリ」の録画を毎日のように見ている。音楽にこれほど夢中になったのは、いつ以来だろう。

若い時、擦りきれるほど聞いたカセットテープ。台詞を覚えるぐらいに何度も見たドラマのように・・。そのうち、冷める熱と自分でも知りながらも、そんなことがあることって幸せ🎵と思う毎日だ。もやっとした一日も、ダイナミックな演奏を聞くと、吹っ飛んでしまう。

なかなか、ぶっ通しで見れる時間が持てず、帰宅してから晩ごはんの用意をして、主人が帰って来るまでのわずかな時間に・・そして、夜更けに・・。
早く主人には、寝に上がってほしかったのもそれ由縁でした。

久石さんの音楽性もさることながら、オーケストラやコーラスのハーモニーが、とても良かった。

何度も見ているうちに、全く別次元の話だけれど、中学の時の吹奏楽部のことを思い出す。様々な楽器で、一つの曲を作り上げていく点では共通している。もう一度、やってみたいな~と思うこともある。

あの頃、私はピッコロという楽器を担当していた。フルートの半分以下ほどの長さの横笛で、決して目立つ楽器ではないけれど、小鳥のさえずりのような、高音のアクセントにはなくてはならないパートだった。部活自体はとても楽しかった。演奏も大好きだった。けど、私はピッコロに関しては、実は不本意だった。吹奏楽やってると言ってもあんまり楽器の事は聞かれたくなかった。

本当は、フルートがしたかった。でも、人気のパートで、ジャンケンで負けて、もう一人の友達とピッコロになった。フルートに決まった友達は皆、自分用のフルートを買い、マイフルート持参で部活に来ていた。うらやましかったけれど、私はピッコロをわざわざ買って貰うという所までは、情熱が持てず、学校のピッコロで3年間通した。

大人になって、様々な演奏場面でピッコロが目に留まる。自分がそうだったように、この人本当にピッコロをしたかったのだろうか・・・と余計はお世話だけど、卑屈な考えが頭に浮かぶ。しかし、だんだんと、どの楽器も、決してなくてはならない存在。どの楽器が欠けたとしても、その曲は成り立たない。というように考えられるようになった。

久石さんが指揮する、今回のオーケストラでもピッコロが随所でアクセントになっていた。たいてい、大柄な男性が手のひらサイズほどの、ピッコロを吹いていて、そのアンバランスさがまたユニークなのだけれど・・・。

そんなことを、考えながら音楽を聴くひと時は、今、私の癒しです。
そして、そこから波及して音楽が良くて、筋をはっきりと覚えていない、ジブリ映画をもう一度見ようと昨夜、久しぶりにDVDをレンタルしに行った。

紅の豚
c0352015_15033988.jpg

もう一つ、「魔女の宅急便」をと思ったら、全部貸出中だった。ジブリってやっぱり永遠に人気ですね。

**********************

「紅の豚」を見てから、買い物に行った。台風への備えと、雨と、三連休とで、ものすごい人だった。

その時の話は、また明日にとっておきます。


私も、たまねぎピクルスを漬けました。ついでに、パプリカ(オランダ産)も・・・・。
c0352015_15040625.jpg

若狭の、笹漬けをいただきました。
小鯛とのどぐろと・・。
c0352015_15042649.jpg





[PR]
by pass8515 | 2017-09-16 15:16 | 思い出ばなし | Comments(9)