人気ブログランキング |

<   2018年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

雨上がりの紫陽花

一日中、雨が降っていた。
職場もとても静かで、私の席からちょうど、窓越しに紫陽花が見えた。
ぼんやりと見ていた。
まだ、咲き始めたばかりで、緑と桃色のコントラストが遠目にもきれいだった。

********************

帰宅してから、庭に回った。
一昨日より、昨日より、色がどんどん鮮やかになっていた。
雨上がりの雫が、また美しかった。

c0352015_18242810.jpg

同じ株でも薄紫色も混じるから、不思議。


c0352015_18242913.jpg

今年は、何でも早いね・・と、話題が出た。
桜だって、真夏日だって、梅雨入りだって、なんだか急ぐね。
本当にそうだな。まだ5月なのに、もうすっかり梅雨の景色。


c0352015_18242877.jpg

***************

お弁当
昆布の煮物、胡瓜と塩昆布のオリーブオイル和え
昨日の残り物、雑穀米

お弁当とともに持参したのは、マスキュランというお茶
マカとルイボスティーのブレンド



c0352015_18242972.jpg



by pass8515 | 2018-05-30 18:24 | 暮らし | Comments(6)

ひらまめ

もう、梅雨入りしたと言ってもいいほど、どんよりとした一日だった。
しかし、この週末が晴れの予報だから、まだ近畿は梅雨入り宣言はできないらしい。
(夕方の天気予報より)

ひらまめを買った。
売り場で一人の年配の人が話しかけてきた。
「このお豆、おいしい?どうやって、食べるん?」

おいしい?と聞かれたら、特に美味しいというほどでもない。
「う~ん、美味しいこともないですよ。ゆがいて、バター炒めですかね・・」
と、とっさに、思いつつくまま答えた。
隣にあった、スナップえんどうを見て
「そら、こっちの方が甘みがあっておいしいですけどね・・・」とさらに答えた。
「そうか・・・。ごめんごめん、急に話しかけて・・」
と結局その人は、豆類は何も買わなかった。
正直すぎたコメントだったかな・・。

さて、少し青臭いひらまめを、ベーコンやひよこ豆と一緒に、にんにくと、オリーブオイルで炒めた。

c0352015_21453074.jpg
********************

晩ごはんの後は、「世界ふれあい街歩き」を見た。
去年、訪れたベトナム・ダナンだったから、夫婦揃って、ソファーに並んで旅の思い出に浸った。

c0352015_21440545.jpg

ベトナム戦争時、最前線だったダナン。
軍事関連産業に頼り切っていたために、戦後、町は荒廃。
他に目立った産業もなく、長らく発展が遅れていた。

そこで、目をつけたのがこの海。
ビーチリゾートで、近年開発めざましいダナン。
しかし、訪れてみるとまだまだ発展の途中。
工事中、建設中が、とても目立ったダナンだった。

そんなことを、懐かしくも思い、映像を見るとざわめきや、街の空気感が蘇ってきた。

c0352015_21424074.jpg

しかし、暑い旅だった。
汗だくになって、歩いた五行山が番組に登場した。
だんだん、旅の情景を思い出した。

c0352015_21422112.jpg

こうして、時々旅を振り返るのもいいですね。

c0352015_21433806.jpg




by pass8515 | 2018-05-29 22:44 | 暮らし | Comments(4)

花に囲まれて

なんだか、蒸し暑い。
週明けは雨かと思ったら、結局一日降らなくって、湿気をすごく感じる。
四国も梅雨入りしたらしい。
あと、数日したら近畿地方も梅雨入りすることでしょう。

c0352015_18330954.jpg

******************

日曜日の夕方に見ている「COOL JAPAN」という番組が面白い。
劇作家・鴻上さんの司会で、外国人目線で、日本という国を見つめ直すという番組。

昨夜のテーマは「フラワーパーク」だった。
わざわざ、花を育てて、手入れして、入場料を取っての「フラワーパーク」というものは日本特有という。
花はどの国にもあふれているだろうけれど、わざわざ育てて、理路整然と整備してという観点が日本らしいというのだ。

例えばチューリップの球根ひとつとっても、会期中に花が途切れないように、ち密に計算して、時期をずらして植え込む。
当たり前のように、そこにあるものが外国人にとっては、異質で非常に興味深いらしい。

番組で取り上げられた「国営ひたち海浜公園」のネモフィラは海のように青々として、息をのむほどの美しさだった。
いつか、ブログのお友達のところで見せていただいたネモフィラの海。
私も、いつか行ってみたいと思ったのだった。

さらに、今ではあちこちにある「フラワーパーク」の原型は、およそ30年前に開催された大阪・花博だったということに、いささか驚いた。



当時、花でこんなに人を呼べるとは思われていなかったらしく、間に合わせのプランターの花を置いただけだったのに、大盛況の大成功!
これなら、花で人が呼べる!と、立証できたらしい。

私も、2回行きました。

2回とも、まだ1歳にもならない下の子は留守番で、上の子だけ連れての花博だった。
楽しかった♪
子連れの大型イベントは初めてだったから私もとても楽しかった思い出がある。
特に記憶にあるのは、とにかく息子は着ぐるみにものすごく恐怖心が強くって、どんなに上機嫌でも着ぐるみが近づいて来たら、火がついたように泣きわめいた!(笑)のだった・・・。
私に、抱きついて泣いている写真が今もアルバムにある。

昭和45年の大阪万博がとても印象深かったので、こういう大規模イベント・博覧会に息子も連れていこうと思った。
しかし3歳と少し。
おそらく花博は、記憶にないだろう。
私だけの、遠い楽しかった記憶。それでよし。

********************

花は、いいなあ♪
あの頃はそうは思わなかったけれど、年を重ねるごとに花が人の心を揺さぶることを身をもって知る。

チェリーセージ

c0352015_18332154.jpg
松葉菊と薔薇

c0352015_18325790.jpg

******************

おべんとう
雑穀米、ベーコンじゃが、ひじき、スナップえんどう
ほうじ茶

c0352015_18322950.jpg


晩ごはん
昨夜の白いんげんとベーコンの煮込みをリメイクしてカレーに・・。
なすとにんじんと、ひよこ豆(まだ、まだ、あります)を加えて・・。

c0352015_19445605.jpg

by pass8515 | 2018-05-28 19:50 | 思い出ばなし | Comments(2)

軽い煮込み

九州地方も、梅雨入りした。
例年よりも、早く感じる。

c0352015_19074440.jpg

梅雨に入る前に、気になっていた台所や水回りのものを新調しておこうと思った。
スリッパ、ふろ桶、水切りかごそして・・まな板。

まず、スリッパ。
冬のスリッパに失敗したので、念入りに選んだ。
失敗しても、惜しげない程度の値段にして、コンフォートスリッパというのにした。

c0352015_19062502.jpg


ぴったりと足にあって、多少ヒールがあるにも関わらず、ぐらぐらしなくて履いていることを忘れさせた。
すごい!コンフォート!
いっぺんに気に入った。

c0352015_19071254.jpg

まな板は、檜の分厚いものを長年愛用していた。
しかし、いくらいい素材も黒ずむものは黒ずむ。衛生的にも悪い。
カンナで削ればいいと、よく言われているけれど・・・。
お手頃価格で、頻繁に買い替えようと思った。

小さめの水切りかごも、この際新調。
前の方が、品質は良かったけれど、真っ白な方がやっぱり気持ちいい。

c0352015_19064917.jpg

二人分の洗い物にぴったり。
ここで、ある程度乾かして、食洗へGO!(乾燥のみ)

c0352015_19070286.jpg
********************

昼ごはん
ビビンパ混ぜご飯
昨夜の残り物

c0352015_19061528.jpg


*******************

先日、実家に帰った時に母にもらった料理本を取り出した。
「フランス人が好きな3種の軽い煮込み」

c0352015_19072885.jpg

母は、さっと見た本を「あんた、持って帰るか」とよく言う。
この本も、一品は試しに作ってみたらしい。
80歳も超えてもなお、こうした洒落たものに目がいくということに、私は感心する。
好奇心というか、向上心というか、そのうち娘の私に譲ればいいと思っておそらく購入したであろう、この本を私はありがたく頂戴することにする。

しかし、私も最近、ばたばたしていてページをめくることなくそのままにしていた。
開いてみると、まさにフランスの家庭料理、お惣菜。
簡単にできそうなレシピが満載だった。

「白いんげん豆とソーセージの白ワイン煮」
という料理に目がとまった。
白いんげん・・今、我が家にあるじゃ~ないか!
トマト、玉ねぎ、白ワイン、あるじゃ~ないか!
ソーセージは、ベーコンを代用して、早速作ってみようと白いんげんをもどした。

c0352015_19022045.jpg

雑穀米と、鰆のピカタとワンプレートにした。
ポルトガルのワインもなかなか美味しかった。

しかし、ここで夫が機嫌を損ねた!(笑)
「何も、ワンプレートにせんでいい・・」
「魚をピカタにせんでいい・・」

ご飯はご飯で食べたいらしく、味が混ざりそうで嫌だそうです。
魚は、塩焼きや煮つけに限るそうです。
文句を言いながらも、完食してたけど、ワンプレートはもうやめます。

「COOL JAPAN」を見ながらの日曜日の夕餉だった。


by pass8515 | 2018-05-27 21:56 | おいしいもの | Comments(4)

彼女のチカラ

週末の夜は、職場の歓送迎会だった。
転勤して行った人と、また久しぶりに会って楽しいひと時だった。
年代も違うのに、な~んか合うんだよなあ。
感覚とか、笑いのツボとか・・・。
よく、笑った夜だった。

しかし、若い人らは良く食べるな~と、びっくりした。
食べるスピードが違うし、量も違うし・・・。
ぼやぼやしてたら、お肉も、ちぢみも、から揚げも・・あっという間に平らげていた。
気持ちいいほどだった。
私も、頑張って食べたけど、ご飯がもう満腹で、たくさん残してしまった。

いろんな事が日々あるけれど、やっぱり私は人に恵まれているなあと思った夜でもあった。

************************
休日は、ゆっくりした。
午前中のお茶
ホワイトサングリアという、柑橘系の香りのお茶

c0352015_21433108.jpg

今日のワイン
撮りためた番組を片っ端から見た。
見ておかないと、また次回がやってくる。

c0352015_21422435.jpg

週末のワインはささやかな楽しみ
今日は、ポルトガルワインを2本買った。
そして「暮しの手帖」を買った。

c0352015_21425353.jpg

「彼女のチカラ」という連載が好きなんだけど、今号が最終回。
とても、残念。
3~4年前。本当に仕事がしんどかった頃に、「彼女のチカラ」を読んではまさにチカラをもらっていた。
私なんぞ、本当に甘い。何がそんなにつらいのか・・・。
自営業の、商売の、苦労に比べたら・・己の頑張りが、直接、食べること・生活を左右すると思ったら・・・私なんぞ、本当に甘い。
そう、思ったものだった。

最終回は「クリーニング店」私と同い年の人の「彼女のチカラ」
明日、ゆっくりと読むことにしよう。

***************************

晩ごはん
ベーコンじゃが
スナップえんどう・ひよこ豆サラダ
久しぶりにピエトロドレッシングで・・・。

c0352015_21405294.jpg


by pass8515 | 2018-05-26 22:30 | 暮らし | Comments(2)

言った、言わない・・。

晩ごはんの後片付けをして、お風呂から上がって一息つく。
毎晩たいてい、10時前。

パソコンを開きながら、ニュース番組を見る。
前夜は、20歳の学生の会見を聞いた。
一言、一言、言葉を選びながら、そして誠意をもって、すべてを話した。(と、私ら夫婦は思う。)
20歳。しっかりとしているなと思った。
それは、真実を話しているから、もう覚悟を持って、何ら隠すこともない。
隠しようもない。という決意だったと思う。
何かが吹っ切れたのだろうなと思った。

そして、昨夜の同じぐらいの時間、大人二人が出てきた長い会見を聞いた。
30歳のコーチはもう見ていられないくらい、しどろもどろだった。
真横に、その筋の王様だったような男がいてるもんだから、もうビビッてビビッているように私には思えた。
そしてこの君臨していた王様は、実に淡々と「指示はしてません」と言った。

最近、私の周りにあったことも含めて、(一緒にしてはいけないけれど・・・)
「言った、言わない」の事があちこちで世間を騒がせている。
言った。言わない。言われた。言ってない!

しかし、まず!
聞いてないこと、言ってないことを、わざわざ言ったとは言わない。
しかし!言ったことを言わなかったということは、いくらでもできる。
そこには、言った事実があるのだから、いくらでもなかったことにはできます!
言った人は、都合が悪くなると、言わなかったとずっと言い続ける。
それは、もう見苦しいぐらいに捻じ曲げてでも自分を正当化して、言ってないと言い続ける。
絶対に言ったとは言わない。金輪際!この先も絶対に言わない。

そのうち、言った事実よりも、言ってないという不信感だけがひとり歩きしてますます事態を悪化させる。

************************

身近なところで、「言った、言わない」が続いた日常にほとほと嫌気がさしてしまったここ数日だった。
認めることができない人は、ますますしんどくなるのではないかなと思うのです。


c0352015_11230236.jpg


by pass8515 | 2018-05-24 07:29 | 暮らし | Comments(6)

コーヒーチケット

今夜は友人と、お茶をした。
さあ、どこに行こうと迷ったけれど、先日、県外に暮らす友人が私の誕生日にコーヒーチケットを送ってくれたので、早速ごちそうになった。

いつもは、ソイラテにするのだけれど、チケットは500円。
おつりが出ないらしいので、いつもより奮発して、今まで目に行かなかった「コールドブリューアップルシトラス」というのにした。

フレーバーコーヒーとジャムが二層になっている。
かき回して、飲むようだ。
さわやかな酸味と軽いコーヒーで、とても飲みやすかった。
ごちそうさまでした。ありがとう♪

しかし、こんなチケットがあるなんて・・・よく見つけてくるな~といつも感心する。
そのサイトを見ると、身近なお店で使えるチケットが盛りだくさん。
ちょっとしたギフトにこういう方法もありなのか・・・♪

********************

フリッジパスタ
茄子とトマトとズッキーニと鶏肉と。
緑がなかったので、豆苗を・・・。


c0352015_22493380.jpg


by pass8515 | 2018-05-22 23:07 | 暮らし | Comments(2)

うちの薔薇

五月晴れ。
少し、肌寒いくらいのいいお天気♪

うちの薔薇がたくさん咲き出したので、映したくてたまらなくって、庭に出た。

c0352015_11191822.jpg


義母がずいぶん前に一鉢に咲かせて持って来てくれた小ぶりの薔薇。
虫がついて、葉が食い尽くされて、それでも毎年きちんと咲いてくれた。

数年前から挿し木をした。
自信がないから、ダメ元であちこちに挿した。
庭のどこが、この薔薇に適しているのかわからないから、手探りで挿した。

c0352015_11232100.jpg

今のところ、3か所。
次々とつぼみをつけて、いっせいに咲き出した。
薔薇は難しいと思い込んでいたから、毎年増えるのがとても嬉しい。
私でも、増やせた!!
ささやかな喜び、自信につながった。

c0352015_11282782.jpg
というのも・・・
あれは、もう9年ぐらい前になるだろうか。
松山(最近、よく登場!)に行ったときのこと。
ちょうど、ドラマ「坂の上の雲」で街がたいそう盛り上がっていた頃だ。
「坂の上の雲ミュージアム」近くの洋館の庭で、薔薇フェアをやっていた。

たまたま立ち寄った洋館でたくさんの薔薇に囲まれて、思いもよらない出会いだった。
嬉しくって、勢いで薔薇を一鉢買った。
シャーベットのようなオレンジ色。
しかし2年ほど咲かせたけれど、その後手入れが行き届かぬ枯らしてしまった。
何が悪かったのだろう。と今でも思う。
無念・・。

その反省もあって、私なりに目を光らせて・・・薔薇を大切にしている。
去年、仲間入りした薔薇。
蕾をつけてくれたから、とっても嬉しかった。
2年目はまず成功!
さて、3年目ですよ~問題は・・・。

c0352015_11234352.jpg

わさわさのどくだみも満開!

c0352015_11230236.jpg
ふかふか絨毯の緑鮮やかな苔エリア

c0352015_11244701.jpg

**********************

コープの北海道・アスパラが立派で、とても美味しかった。


c0352015_11265515.jpg
イタリアのお手頃ワイン「キャンティ」と・・。


c0352015_11272403.jpg

今日のお昼は夫が初カレーを!
鶏肉とひよこ豆カレー

私、監修の元、無事に仕上がりました。

c0352015_12334430.jpg



by pass8515 | 2018-05-20 12:39 | うれしいこと | Comments(6)

自分の事は、自分で・・

昨日も今日も、とても暑かった。
梅雨時のような、蒸し暑さだったけれど週末は、肌寒くなるらしい。
10℃は気温が下がるらしい・・・。

c0352015_20214023.jpg

先日の旅の始まりは、ちょっと調子が狂った。
出かけに、私は最終の念のためのトイレに行った。
その間に、夫は車に荷物を積み込んだ。

そして、駅前のパーキングに停めようとした時、私の荷物がなかった。
新幹線の旅なので、極力荷物は最小限に。
夫はリュック。私はレスポートサックの小さめトート。
そのレスポのトートがない!
「え?積んでくれてへんの?リュックの横に置いてたのに~」
「そこまで、知らん。自分の事は自分で!」と急に、勝手な事を言い出した。
「え~。普通、積むやん!」

まあ、夫にしたらトイレから出てきたら私自身が持って出ると、思ったのであろう。
家までは車で5,6分。夫が引き返し取りに行ってくれた。
早く気づいたのが不幸中の幸い。


しかし・・・・これだけではなかった。

雨、一日傘を持ち歩き、施設から出る時、食事処から出る時。
夫は、自分の傘しか持って出なかった。

私ならね・・・。
傘立てに家族の傘があるとして、同じ枠の中に入れてるとしたら、いっぺんに持って出ますけどね!

なんだか、調子が狂った。
こんな人だったかな。
こんな偏屈だったかな。

まあ、これからの旅は気をつけよう。と思ったのだった。

まだまだ、道後の写真をいろいろ。
いよてつ・道後温泉駅

c0352015_20224327.jpg

からくり時計


c0352015_20230322.jpg

松山駅構内には、俳句ポスト


c0352015_20234752.jpg
雨が激しく降って来た。
しかし、明日はもうお天気回復するらしい。
掃除や、庭掃除を頑張ろう!と思う。



by pass8515 | 2018-05-18 20:51 | 旅を振り返って | Comments(6)

志ぐれ餅

大洲名物、「志ぐれ餅」を帰宅してからいただいた。
大洲藩の秘法菓子として、古くから伝えられている餅菓子だそう。

セイロで蒸し上げられた志ぐれ餅は、もっちりしてあっさりとした甘さで、とても美味しかった。


c0352015_22320797.jpg


こじんまりとした伊予の小京都・大洲
母に電話で「おはなはん」のテーマソングが時報で鳴っていたと話すと、「ちゃんちゃちゃちゃん♪・・・・やろ~」と懐かしそうに言っていた。


c0352015_22255624.jpg
戦前、銀行だったレンガ造りの建物ががそのまま残っていた。

c0352015_22341853.jpg

そこのお花がきれいだった。

c0352015_22281530.jpg

**********************

お昼の休憩時間。
テレビを見ていたら、突然入って来た西城秀樹さんの訃報に驚いた。
その番組の出演者たちも「え!」と驚きを隠さなかった。

若い頃の映像を見ると、本当にかっこいい。
歌がとてもうまかったんだな~いい歌だな~と、今更だけど思った。

小学生の頃から見ていたアイドルが、やがてはこうして亡くなるのだなと初めてリアルに感じた。
特にファンでも、追いかけていたわけでもないけれど、とても不思議な気持ちになって寂しい気持ちになった。
そして、その時代背景とともに懐かしい気持ちが湧き出た。

高校の時、ファンだった友人2人に誘われてコンサートに行ったことがある。
「行こうよ!絶対に、元気が出るから!YMCAやろう!」なんて、言われて・・・。
京都会館での、YMCA!一体感が、ものすごかった。

病と闘ったその姿に勇気をもらった人も多いでしょう。


c0352015_22311800.jpg



by pass8515 | 2018-05-17 23:19 | 旅を振り返って | Comments(0)