人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

大晦日

大晦日

今年も、あと数時間。
今朝の天声人語に作家の津村紀久子さんが、エッセーで「一年でいちばん好きな日は、たぶん大晦日だと思う」と書いている、と紹介されていた。
なんだか、よくわかると、私も思った。
毎年、特別な日だなと思う。
元日が、ぴかぴかの真新しい日だとすれば、今日は、「もうこれで終います。」という幕が引かれるような日。
いったん荷物を下ろすような日。

そんな気がする。
だから、ほとんど何もしない。

晦日には、デパートに買い物に行った。
母への手土産。父へは、ラ・フランスを送っているので、軽くてコンパクトなものを求めに。

『両口屋是清』のひとくちお菓子の詰め合わせ
包み紙や箱もとてもきれいで、ぼちぼちとお茶を楽しんで欲しいと思う。
そして、白雪ふきん。
母には、椿と菊菱小紋を。

ついでに私も買い足しました。
菊菱小紋と、くるみ割り人形

c0352015_11305761.jpg

夫には、ヨックモックを!
あれこれ、買って帰るけど、やっぱりここのが好きといつも言うので・・。

c0352015_11320120.jpg
帰って来たら、仕込んで出かけた煮しめがちょうどいいぐらいに、味が浸み込んでいた。
あと、私が作ったものは、ごまめ、なますぐらいなもの。

c0352015_11314244.jpg
おせちは、ここ数年、息子が送ってくれている。
今年は、オードブル形式で届いた。
もう、てんこ盛りでびっくり!

c0352015_11312614.jpg
こうして、大晦日は楽をして、記念撮影を済ませてくつろいでいる。
食べるものが、いっぱいあって、お酒も何種類か揃えて、はあ~ゆっくりする。
身も心もくつろげる、これこそ一年に一回、大晦日だなあと思う。

*********************************

これで、今年のブログを終いたいと思います。
皆さまと、いろんなお話をさせていただき、今年も健やかに穏やかに過ごすことができました。
どうも、ありがとうございました。

来年は、三日から、お目にかかりたいと思っております。
どうぞ、皆さま良いお年をお迎えくださいね。



by pass8515 | 2018-12-31 11:50 | 暮らし | Comments(0)

最中

今年は、年末・年始休暇が6日間もあって嬉しい。
気持ちにゆとりがある。

昨日に、買い物はだいたい済ませた。
大方のものは、この日に買いそろえようと思っていた。
買って来たものを冷蔵庫に収めると、なんだか安心した。

************************
お祝い事で、東京に行っていた友人から、「虎屋」の最中をお土産にいただいた。
羽田空港にも「虎屋」を売っているらしい。

白あん入りとこし餡入りの「御代の春」と、小倉餡入りの「弥栄」
どれも、上品な甘さで、米粉の皮もしっとりしていた。
ごちそうさまでした。

c0352015_15020363.jpg
**********************************
今年も、あと2日になった。
振り返って毎年思うことだが、1年って本当に早い。
あっという間に、過ぎ去った。
どの日も、どの日も、同じようで、でも決して同じではない、日々が過ぎ去った。

息子がなお遠くに暮らすことになり、訪ねて旅に出たこと。
雨の呉、息子が暮らす松山、おはなはんの大洲。
新緑の頃の思い出深い旅だった。

c0352015_09152623.jpg

c0352015_09175053.jpg

秋の能登路もよかった。
紅葉は金沢から始まったことも、例年にないことだった。


c0352015_09190349.jpg

身近な友人が移住したことも、大きな変化だった。
人の生き方は、さまざま。
この年になって、環境を自ら変えることは、大きな決断だろう。
自分自身に置き換えて、いろいろと考える機会を与えられたような気もした。

そして、父との別れがあった。
それは、本当に突然だった。
今年、3月に入院先に見舞った時、父と二人きりで話した。
「おれは、ことっと逝くよ。えらい愛想がないけどな。」とぼそっと言った。
「そうか・・もう充分か」と私は言った。
「ああ、もう充分や、もうええわ」と父は心底、言ったように思えた。

結局、それから半年後。
本人が言い当てたように、本当に「ことっと・・」逝ってしまった。

日が経つにつれて、父の事を思い出さないことの方が多くもなって来た。
それは、生前も同じこと。
何かの拍子で、あの時の会話を思い出したり、聞いてみたいなと思うことが出て来たりする。
ああ、もう話すことはできないのかと、ふと思い知ると悲しくなる。

身内との別れに接すると、自分の生き方を見つめ直すことを突き付けられるような気がする。
これまでのこと、そしてこれからのこと。
頭の中で、ぐるぐるした。

このような1年だった。


by pass8515 | 2018-12-30 19:56 | おいしいもの | Comments(4)

初雪

昨夜は、外で食事をした。
夫が、ご馳走してくれると言う。
時々行く、ビストロに予約をしてくれた。

昼間は初雪が降った。
一時吹雪になって、外が真っ白だったぐらい、寒い夜だった。

まずは、セル牡蠣のオイル蒸し
c0352015_12580497.jpg

チーズフォンデュ
海老や、林檎や、バゲットを溶かしたチーズにくぐらす。
濃厚で、とても美味しかった。

c0352015_12582925.jpg
シーザーサラダ

c0352015_12584932.jpg
牛肉の煮込み
とろとろ。
残った、ソースをガーリックトーストにつけると、また美味しかった。

c0352015_12591196.jpg
「今年も、おつかれさま」
ジャズが流れる、店内は喋り声もそう聞こえなくて、とても落ち着いて、料理を楽しむことができた。
いい夜だった。

*******************************
以前、「団塊スタイル」だったかな。
元NHKアナウンサーの村田幸子さんの暮らしを紹介されていて、その後の様子をまた見ることができた。

アナウンサー、新聞記者、カウンセラー、コピーライター、介護施設理事長、企業の広報・・・・
その道のエキスパートだった女性にも老後があって、それぞれ事情があって、現在おひとりさま。71歳~83歳。
10年前に、同じマンションの一室ずつに居を構え、「友だち近居」という形で互いに支え合って暮らしている。

体調が悪い、パソコンがわからない、留守中の水やり、料理の手助け、そして寂しさに耐えられない・・・・。
いつでも、たとえ夜中でも、お互いがヘルプし合って、ここまでやって来た。
一つの談話室で、集まって、話してお茶を飲むひととき。一番、癒されるという。

理想的なようで、なかなか難しいのではないだろうかと、私は一番に思った。
他人との距離の取り方、手や口を出すタイミングや、程合い。
揉めないのだろうか、嫌な思いをしないのだろうか、そして疲れないだろうか。
と、ネガティブなことばかりを考えた。
しかし、そこは長年、第一線で活躍した人たち。
いろいろなルールを決め、究極のルールは、「お互いの介護はしない。」
友だちのままで、最後までいい友達のままで。

しかし、「なんで、こんなことを始めたのだろうと思ったこともあった。」
思いをぶつけ合う場面もあった。
でも、ひとりよりはいい。
ひとりの寂しさ、不安から解放されたことは間違いないと、言う人もいた。

気が合い、価値観が合う友だち同士で、意図的に近くに暮らして、共生していく。
「友だち近居」
新しい試みを、興味深く見た。


by pass8515 | 2018-12-29 12:57 | おいしいもの | Comments(6)

漬物名人

昨日、漬けた味噌漬けは、我ながらとても美味しかった!
一日も経っていないけれど、朝、お弁当に入れるために出して、つまんでみた。

かぶらがほんのり甘みを帯びて、すでにとても柔らかかった。

c0352015_18253665.jpg
今使っているお味噌は、フンドーキンの無添加合わせ味噌。
ほかのお味噌でも、試してみたいぐらいに、簡単で美味しい!
熟成されたお味噌に、一日浸かると、新鮮野菜はこうも「しんなり」となって、美味しくなるのだなあと、感服しました。

で・・・このことを絶対、ブログにしようと思っていたら、
思いがけなく、地元の「漬物名人」から、今年もお漬物をいただきました。

毎年、毎年、職場に人数分のお漬物をくださる方。
今年も、くださいました。

c0352015_18251699.jpg
今年、初めていただく若い人は、
「これだけの、大根を漬けるにはものすごい量の大根が要るはずです~」と感激した面持ちだった。

そのレシピを、毎年伺おうと思いながら、こういう人は謙虚にさっと置いて帰られるので・・・・・

今度は、ぜひ聞いてみたいなと思います。
*****************
明日は、こちらも寒波到来!
雪になるかも知れません。

そして、御用納め。


by pass8515 | 2018-12-27 18:48 | おいしいもの | Comments(2)

リップクリーム

今朝は寒かった。
ゴミ出しの時も、とても寒かった。
小雨が降って、雪になるかもしれないぐらい、どんよりとしていた。

しかし、職場の若い人は、「今日は昨日と、うって変わって暖かくて・・」と朝礼であいさつしたから、びっくり!
人の体感温度って、千差万別。

出掛ける前に、「あさイチ」を少し見た。
今朝のテーマは、「唇の荒れについて」だった。
(実は、華丸大吉の朝ドラ受けが私なりに面白くて、それ見たさ、聞きたさに「あさイチ」を数分間見るのである。)

c0352015_18511963.jpg
この季節、唇の荒れは深刻だけれど、リップクリームに対して、ものすごく誤解があることに驚いた。
リップクリームを塗るタイミングは、食後、歯磨き後、お風呂上り・・・とにかく、何かの後である。
私もそうである。
しかし、それがすでにアウト!
リップクリームは唇を防護するためのもの。
何かの、前にしなくては意味がない。

そして、リップクリームの消費期限は一か月!
その後は、酸化する一方で、唇は荒れるばかりだという・・・・。

私は、無印(写真上)
夫は、メンタム(写真下)

一か月で、リップクリームを使い切る人って・・・・いるのかな。
それほど、唇の荒れに対して悩んでいるわけではないけれど、誤解があったことは、間違いない。
参考になりました。

************************
お昼休憩にEテレを見ていると、長野の漬物名人・横山タカ子さんが出てらした。
「ラディッシュの味噌漬け」というお漬物を教えてもらった。

今、家には、大根と、かぶらがあるので、帰宅後、早速実行!

味噌をただ入れて、もんで、空気を抜いて、一日おくだけ。
明日が、楽しみです。

c0352015_18515246.jpg

おべんとう
自分のためのおべんとうも、あと三日。

大根づくしに、パストラミハム。
紫蘇漬けをのせて。

c0352015_18520934.jpg







by pass8515 | 2018-12-26 19:06 | 暮らし | Comments(6)

クリスマス・イブ

昨日までは、とても暖かったが、今日はずいぶん寒くなった。
一歩も外に出ずに家の事をした。

食器棚と、シンク下や水回り。
慌ただしい日々の中、ここらが散らかったり汚かったりすると、気持ちがそれだけで、ざわざわする。
半年に一度はと、思うけれどシンク下はやはり一年ぶりだった。
下に敷いたチラシが証明。

開けるたびに、ガチャガチャする。
ボールやざるが、ガチャガチャする。
取り出す頻度に合わせて、毎回位置を変えるのだけど、今回はこれでどうだ!

c0352015_17324588.jpg
この合間に、大根を煮た。

c0352015_17321546.jpg
梅昆布茶で、即席漬けを。

c0352015_17325675.jpg
大根葉を胡麻と炒めた。
c0352015_17315933.jpg
******************
特に、クリスマスらしい料理はしないけれど、かぶのポトフと、ポークピカタを・・
と思っています。

午後から「サウンド・オブ・ミュージック」を観る。
何度観ても、音楽や踊り、ストーリーもとってもいい。
また、引き込まれてしまった。
マイ・フェイバリット・ミュージカル映画です。
舞台となった、ザルツブルクへ一度は行ってみたいなと思った。

メリークリスマス!




by pass8515 | 2018-12-24 17:50 | 暮らし | Comments(6)

ミンチカツ

昨日、いろいろあって寝付けないかなと思ったが、意外によく寝て、寝坊までしてしまった。

美容院を9時に予約をしていたのに、起きたら8時を過ぎていてびっくり!
近くの美容院に変えて良かった。
慌てて厚切りトーストを焼いた。

c0352015_16411344.jpg
今年は、急な出費がいろいろあって、ようやくボーナス&12月のお給料で、帳尻合わせたところへの、またまた痛い出費だった。
もう、泣きそうだった。(しつこいが、昨日のこと)
真面目に、細々と暮らしているのに、なんでこんな目に遭うのかと、嘆いた。

でも、一夜明けたら、もうすっきりしていた。
美容院で鏡の前に座っている頃には、もうすっかり過去のことのように思えた。
まだ、払ってもないのに・・・(笑)

***********************
帰宅して、やかんを磨いた。
この前買った、純銅たわしで磨くとピカピカに!
やかんに、私が映る~♪
もっと、マメにしないといけないな。

お昼ごはんは、ミンチカツを。
昨夜、たくさんもらったと、息子が持って帰って来てくれた。
お肉屋さんのミンチカツは、やっぱり美味しい!

c0352015_16581923.jpg
息子を交えての昨夜の晩ごはんは定番、手巻き寿司
沖縄産のあかいか、サーモン、あじ、明太子、酢サバ、卵焼き
c0352015_16583975.jpg
*********************

午後からは、夫と映画「遥かなる山の呼び声」を観た。
私が、良かったというと、観てみたいというので、私も一緒に、もう一度観た。
自然豊かな北海道の風景と、人の情けが丁寧に描かれた1981年の映画。
赤電話をはじめ、大きな洗剤の箱や、リプトン紅茶や、生活の品々に懐かしさを感じた。

「ボヘミアン・ラプソディ」の前に、一緒に映画館で観た映画は健さんの「あなたへ」だったなあと思い出した。

平成最後の天皇誕生日
平成が終わるのか・・という実感が少しわいてきた。



by pass8515 | 2018-12-23 17:35 | 暮らし | Comments(2)

たてつづけ

冬至
雨は、止んだが朝から、どんよりとしていた。

今日は、嫌なことがいろいろと続いた。
「いい日」もあれば、こんな一日もあるか。

買い物に行く前に、着替えをしていたら、めまいがした。
くるくると、しばらく体を揺らされているような感じがした。
そのあと、耳の奥で「滝のような・・音」

夫に、言うと「水を飲め」と言う。
すぐに、冷蔵庫のペットボトルの水を一口飲んだら、その「滝のような音」は消えた。
なにかの予兆なのだろうか。

そして、そのまま出かけ、とある場所で、駐禁を貼られた。
ものの、10分足らずの事だった。
なんで、駐禁はあんなに高いのか。
そのあとの、買い物がまた陰鬱だった。
あのお金で、買い物三昧できるのに・・・・と、思ったら腹が立って来たけれど・・・仕方がない。
勉強!勉強!

交番に寄る。
優しいお巡りさんだった。
そんなこんなで、お昼もとうにまわって、遅い昼食をとっていた。

すると、電話が鳴った。
勧誘の電話とは思ったけれど、内容にとても嫌な気持ちがした。
「そちらの子供様で、ご結婚されていない方はおられませんか?」
私は、いつもより数段、くさくさしていた。
そこへ、こんな不躾で無遠慮な電話である。

「あの、この電話番号どうやって、知られたのですか?」
と、聞いてみた。
「皆さまに、お電話をしております」と空々しい。
「全戸に、この電話かけてるんですか?」
「はい、お宅様が〇〇番ですから、1から順番に・・・・」

「そんなこと、お答えすることはないので、切りますね。」と電話を切った。

気分が、なおさら悪かった。
「いい日」ばっかりでもないけれど、私、何をいったい悪いことしたんだろうって思う日もある。

************************
いつかの、冬のひざしがやわらかい美術館からの眺め
あれから、もう2週間も経ったのだなあ。
今年も、あと10日をきった。
c0352015_14223906.jpg
心落ち着く、風景を思い起こして、今日の事はもう忘れてしまおうと思った。
次から次へと、新しいことが降り積もる。
こうして、書き留めておくだけにしよう。さあ、先へいこう。

c0352015_14222673.jpg


by pass8515 | 2018-12-22 15:12 | 暮らし | Comments(6)

林檎

りんごの箱が、職場にやって来た。
王林、ジョナ、そしてふじ。

箱を開けると、とてもいい香りがして、皆で分けた。

c0352015_18431468.jpg
ごほうび
愛らしいりんごを袋に入れて、帰り道は満ち足りた思いだった。
月がとても輝いていた。
そして、そう寒くもなかった。
****************
今年もあと10日あまり。
遠くにいる方の息子は、帰ってくるのかな?と、12月に入ってから、気になっていた。
「お正月どうする?」って、ラインしようかなと言うと、こんな時、父親は決まって「ほっとけ」と言う。
「帰りたかったら、向こうからしてくる。」

そうなんだよな。
自分がそうだから、そう言うのだろうな。
おおよそ、その答えが正しいのだろうな。男側からすると・・・。
別に、用事も段取りもないけどさ、さしてご馳走もしないけどさ。
でも、気になるわけですよ。

言うとおりに「ほって」おいたら・・
今朝、ラインがあった。
どうやら、帰ってくるらしい。

ほっとしたし、嬉しかった。



by pass8515 | 2018-12-19 18:58 | 暮らし | Comments(4)

重曹

ここのところ、休日と言えば、そうじのための準備をしていた。
「そうじのための準備」だけでは、何も前にすすまない。
とにかく、気分がのらなくては!

「まんぷく」を見た後、曇っていた空がさあっと晴れて来た。
陽射しが、部屋に入って来たら、なんだかむくむくとやる気が出てきた。

「あさイチ」のサバ缶のコーナーに佐々木蔵之介さんが出ていたので、しばらく見て・・。
そのあと、古いふきんを取り出した。
ゴム手袋と重曹も取り出した。

白雪ふきんは、雑巾にしても優れもの。
ここまで使うか・・というぐらいくたくたになった。
もう、いいだろう。ほんとに、おつかれさまでした。

c0352015_18054771.jpg
洗面所にお湯をはって、重曹を入れる。
そのお湯で、ふきんをかたく絞って、洗面所、お風呂、冷蔵庫、収納棚・・・などを拭いた。

c0352015_18060389.jpg
ここまでやったら、窓も拭こうと、上下合わせて、7か所の窓がきれいになった。
頑張ったなあ。最後に、ベランダを掃いてすっきりした。

*********************
午後からは、録画していた邦画を見た。
山田洋次監督の特集で、何本か録画していた。
「遥かなる山の呼び声」と「学校」

どちらも、初めて見た。
日本の映画は、特にその当時の風俗や世間が見えるのもまたいいなあと思った二作だった。

晩ごはんは、おでんを。
今、ことこと煮ている途中。

c0352015_18053372.jpg


by pass8515 | 2018-12-18 18:29 | 暮らし | Comments(4)