西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」が面白い。
躍動感があって、新しい時代への夜明け前、民衆の苦労もよく描かれていて、あっという間の45分間である。

2012年3月に、初めて鹿児島に行った。
関西から、鹿児島まで、新幹線一本で行けるようになった。
その時の旅の写真を引っ張り出してみました。
良かったらどうぞ・・。

桜島は春霞に包まれていた。
穏やかだった。

c0352015_22140941.jpg
「西郷どん」を見ていると、どうしても「篤姫」を思い出す。
あの時の、出演者、瑛太や松坂慶子、沢村一樹も今回出ているから、重なる所がたくさんある。
ちょうど、この前の回から、篤姫が登場した。
下級武士の娘が、島津藩の当主、斉彬に見込まれて、徳川家との結びつきを確固たるものにするために、自分の養女として嫁に出す。
篤姫が生家を出る場面が、今でも心に焼き付いている。
自分の娘だけれど、もう身分も違う島津家の御姫様。
その無念と、寂しさと、でも藩のお役に立てたいうと名誉と。
両親の心の機微を、長塚京三と、樋口可南子がとてもうまかった。

徳川家に嫁いだ後の、家定(堺雅人)とのあれこれも良かった。
夫婦というのは、こうして夫婦になっていくのか、実に小さな真心の積み重ねなのだなとしみじみ感じた。

今回の「西郷どん」では篤姫をどんな風に描いていくのか・・。
そんなことも楽しみです。

c0352015_22382017.jpg
******************
さて、6年前の私の旅は・・

c0352015_22121787.jpg

春霞の桜島を横目に、知覧へと向かった。
c0352015_22114421.jpg

武家屋敷は「西郷どん」で、斉彬の行列の撮影に登場していた。
南国の陽射しが眩しくて、石垣と植木に囲まれたお屋敷を次々と見て回った。
c0352015_22120403.jpg

指宿で砂蒸しをした。
誰が誰を撮ったのだろう。
久しぶりに見たら、笑ってしまった。
砂蒸しをしている私です。

c0352015_22130760.jpg

噴き出す煙と、開聞岳
c0352015_22123707.jpg

黒酢の甕が圧巻だった。
ぜ~んぶ、黒酢です。果てしなく並んでいた。

c0352015_23194601.jpg
美味しかったものは、天文館での「白熊」
c0352015_22132334.jpg

鶏飯(けいはん)
具をのせて、だしをかけてお茶漬けのようにいただきます。

c0352015_22134279.jpg


そして、西郷どん
c0352015_22405173.jpg

ここから、新しい時代が開かれたのだなと、実感した。
こういう人たちがいなければ、いったいどうなっていたのだろうな。


[PR]
# by pass8515 | 2018-02-07 20:10 | 旅を振り返って | Comments(4)

スクエアカット

朝、出かける用意をしていたら足の親指の爪がポロッと欠けた。

その、爪の欠片は履いていた靴下の中から見つかって、寝ている間に欠けたのだろうか。
とても悲しかった。

去年の秋頃、足が痛くなって靴を見直し、爪の切り方を見直し、あまりにも自分が無頓着だった事に呆れた。

スクエアカット。
正しい爪の切り方の紙を皮膚科で渡され介護の仕事をしている友人にも満点!(笑)をもらった私のスクエアカット。

c0352015_21115294.jpg
なのに、その一端が何の前触れもなく欠けた。
手も足も、痛い思いをして以来毎日点検、ケアをしていたのに。
冬場は、乾燥するから爪にも保湿クリームを塗っていたのに。
悲しくて仕方がない。

で、今日は皮膚科に行く日だったので(いぼ取りの最終段階)ついでに爪も見てもらう事にした。

「爪が、欠けたくらいでなんで!」と、夫に言われたがあくまでも、いぼ取りがメイン。
そのついでに、「私の爪、何が悪いですか?」と聞くつもりだった。
星野源似のあの先生なら、何らかの答えを優しく、くれるだろうから。

しかし、あの病院の待ち時間は読めない。
同じ曜日、同じ時間に行っても全く待ち時間なしの日があるかと思えば最高一時間半待った時もあった。
今日は約40分待った。

結果は・・
スクエアカットの場合、角がどうしても弱くなる。
保湿クリームを塗ってください。
やっぱり、保湿クリームかあ~。
欠けた所は、深爪でもなく、欠けていない爪も長さもちょうどいいと言われたので安心した。
爪ひとつの事でもとても親身に聞いてくれる。
側にいる、看護師さんも、ニッパーが難しかったらやすりだけでも充分ですよ。
と教えてくれた。

小さな小さな事だけど、見過ごしてはいけない。
そんなことを去年は、つくづく学習したから。

追記
メインのいぼ取りは、あともう一回だそう。
窒素ガスのスプレーは、それなりに痛い。
きゅう~っと、片方の拳を握ってこらえるぐらいに痛い。
でも、耐えられる痛さ。その夜ぐらいは、チクチクと余韻が残る痛さです。
しかし、あんまり気に病んでいない。
次の日が来ると、もうすっかり忘れているから。
私にとっては、爪の方が小さなことなのに、深刻に考えてしまうのである。

c0352015_21231234.jpg

朝、どっきりとしたけれど、こうして一日が無事に終わった。
よく晴れた一日だったけれど、風がとても冷たかった。








[PR]
# by pass8515 | 2018-02-06 18:06 | 日々の暮らし | Comments(2)

この先

一見、暖かそうな陽だまりだった。
でも、外はとても、とても冷たい風が吹いていた。
また、寒波が襲来する。
普段、めったに降らないという、九州や四国の平野部にも、雪が積もった日曜日だったけれど、当地はまだこの冬まだ一度も積雪はない。

*********************
週明け。
職場で「この先はどうするの?」
「どう、考えているの?」と聞かれた。

いつまで、仕事をするつもり?・・という意味で、あまりにも唐突だった。
こんな場合。私が持っている考えとしては、60歳までは行こうと決めている。
それは、絶対にそうしようと思っている。

でも、そのあとは自分の気持ち、からだの具合次第・・・・と言葉を濁している。
そんなこと、誰にもわからない。
自分でもわからない。

折しも、昨夜の寝入りばな・・・。
友人からLINEがあった。
彼女も「この先」の事で、非常に悩んでいた。
その答えがようやく出たようで、早朝、何度も読み返した。

60歳。定年。それまで、頑張る!と。
今朝の私の宣言を暗示したかのような内容だった。

この先。ずっと、今のままか。
8時25分に家を出て、徒歩通勤(自転車は手放しました。息子に譲る)
6時何分か前に帰宅。
一本道を毎日往復。
履き慣れたスニーカーでただひたすら、すたすた歩く。

でも、今更自分のこの生活をどう変えて行けようか。
変えられない。変わらない。
歩く道は、あの朝夕の一本道だけ。
来年の今頃もきっと、同じダウンジャケットを来て、同じスニーカーで歩いているのだろう。

このサイクルを、もう嫌だと思う自分と、このサイクルを平凡が何よりと、有り難く思う自分が週替わりに交互にやって来る。
どれも、自分。同じ、自分だ。

今週は、ありがたく思う自分でスタートできた。
心持ちが違うような気がした。

節分からこっち。
私たち夫婦の大好物が食卓に並んだ。

手巻き寿司
有明海の海苔はやっぱりうまい!

c0352015_18572886.jpg
昨夜はお好み焼き
お好み焼きにはビールを!とセオリー通りだったのだけれど、
赤ワインを合わせても美味しいな~と実感した。
道はひとつではない・・・。
c0352015_18571475.jpg
ワイングラスにうつる、お好み焼き
しあわせなひと時だった。

c0352015_18574323.jpg
そして、今夜はまた大好物の鍋料理。
具と、だしを用意して、夫の帰宅を待っています。
さてと・・・・。鍋を温めるとしましょう。




[PR]
# by pass8515 | 2018-02-05 19:06 | 日々の暮らし | Comments(8)

立春

立春
いいお天気だった。
風は強かったけれど、一日青空だった。

ブログを開設してちょうど3年経った。
狙ったわけでもなく、ちょうど始めた日が立春で、今から思えば、覚えやすくて、区切りにもなって、なんだか良かったなあなんて思う。
始めるにあたっては、とても迷った。
ずっともやもやしていた。
誰がみているかわからない。
でも、誰が見てたって構わない範囲で自分の思いやその日の出来事を書くひそかな楽しみ。
その辺は割り切って、出来るようにもなって来た。

c0352015_17172584.jpg

行ったこともないところにお住まいの方々との語らい。
知らなかったことの数々。初めて聞く言葉。
世界が拡がった。了見が拡がった。
書きたいことがいっぱいの日もあれば、書くことも撮った写真の一枚もない日もある。
くたくたになって、今日はお休み・・と、眠ってしまう日もある。

自由。自由なんだ!!
自分のブログを夢中になって読み返す時もある。
何よりの記録となって、新しい発見もあったりする。

3年前の今頃のブログにこんなことを書いていた。
「婦人公論」を立ち読み。
50代、60代、70代を生きること。という見出しが気になった。
その中で、一般人の70代の女性の方のアドバイスが心に残った。

・心のうちを話せる友がいること
・文章にすること
・道はひとつだと思わないこと

これらの気持ちを持っていれば大丈夫。
と非常に端的に書いてあったのがまた良かった。
折々に、上記二つのことは思い出していた。
つくづくそうだなあと思っている。

3つめの「道はひとつとは思わないこと」
これは、忘れてしまっていた。
だから、物事のしょうもない事に拘る癖が抜けないのだろうか(笑)

道はひとつではない。
そう思って、日々を過ごそう。
そして、出来るだけ日々の出来事を書き留めよう。

いつも、読んで下さる方がおられるのは、本当に励みになります。
これからも、どうぞよろしくお願い致します🎵

********************

久しぶりにパン屋さんでパンを買った。
スーパーで、さっと買ってしまうことが多かった。
わざわざ立ち寄ることが、どうも面倒だった。
でも、ちょっとだけ寄り道したら、やっぱり美味しいパンに出会えた。

塩パン、コーヒークリームパン、シナモンロール
コーヒークリームパンの、しつこくない生クリームが美味しい🎵

c0352015_17132271.jpg
午後からは、旅のこれからを考えた。
行ってみたいところのパンフを旅行社で片っ端から、もらって来た。

c0352015_17133906.jpg
行くか行かないかは別にして、しばらく旅の時間を満喫した。
いい時間だった。
(付箋をすると具体化しているかのようですが、まだまだ願望の段階です。)

今夜はお好み焼きを。
キャベツをさあ、刻もう!

[PR]
# by pass8515 | 2018-02-04 17:52 | 日々の暮らし | Comments(6)

回顧録

節分
いいお天気だった。
そして、暖かかった。車の暖房は要らなかった。
洗濯もよく乾いた。

部屋の掃除の時。
必ず目に入る一枚の写真がある。

10年前に一家で行ったハワイの旅の写真だ。
4人で映っている。皆、とてもいい笑顔。
大好きな写真だ。
私は、日焼け予防のためにタオルマフラーをして、おばちゃんのような恰好で映っているけれど・・・。
でも、とてもいい写真だ。

c0352015_17032181.jpg
しかし、その写真がない。
PCに残して、プリントしたはずなのだ。
だから、写真立てに入れて、部屋に置くことができたのに。
この写真だけが、PCに何故かない。

到着すると、最初にダイヤモンドヘッドに行った。
夫、私、下の息子は2度目のハワイだったが、上の息子が前回は行けなかったので、もう一度登ろうということになった。

c0352015_17031091.jpg
こんな、3人の写真はいっぱいある。
組み合わせを代えて誰かが撮って、3人で映っている。

ダイヤモンドヘッドの頂上で、3人で撮ろうとしたら、前にいた日本人カップルが「撮りましょうか」と言ってくれた。
その貴重な、一家揃っての、たった一枚の記念写真。
前後の写真はあるのに、その一枚がない。
お気に入りの一枚がだんだんと色褪せて来たのだけれど、再度プリントをすることができないのである。

今回、この記事を書くにあたって初めて気づいた写真もあった。
3人が3方向に歩いている。トイレを探しに行ったのだろうか・・・。
なぜ、下の息子はこの写真を撮ったのだろう。
疑問がいろいろ、でも私なりに面白かった。
ちょっと、ローカルみたいでしょ🎵

c0352015_17044761.jpg

c0352015_17025788.jpg

朝の散歩
運河沿い

c0352015_17053567.jpg

サンセットと恋人たちと浮き輪のシルエット。
いつまでも、眺めていたい光景だった。

c0352015_17034928.jpg
旅はいい。
何年経っても、写真が色褪せたとしても思い出は永遠に心に焼き付いている。
4人そろっての海外旅行は、最初で最後と思って行った旅だった。

ワインを飲みながら、旅の写真を振り返った。
いい時間だった。
c0352015_17022641.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2018-02-03 17:34 | 旅を振り返って | Comments(2)

湯気

朝の湯気はほっとする。
コーヒーを淹れる。コーンスープにお湯を注ぐ。

コーヒーは10円玉を描くように・・。
ブログのお友達の所で教えてもらってから、丁寧に、丁寧にお湯を注ぐ。
ぽたぽたと滴る、コーヒーの雫にまた心が豊かになる。

さあ、週末。
今週は、なんだか疲れた。

c0352015_20204740.jpg

インフルエンザから、次々と復活して、また元通りの職場に戻った。
だから、疲れたのかしら。
しかし、私はここだけの話。勝者の気持ちに浸っている。
インフルエンザに勝った!あの人のインフルエンザに勝った!

勝因は、日々の栄養かな。バランスの取れた食事かな。
ふふふ・・。それに、毎晩早く寝た。ものすごく厚着をして、ぬくぬくでお布団に入った。
あの、猛威の中で、私はうつらなかった!しつこいけど、勝った!
しかし、まだB型がこれから流行するらしい。油断は禁物。

疲れたけれど、話題が楽しい時もある。
キムタクのドラマはいつの時も、話題に上る。
やっぱり、視聴率がいいですね~。朝ドラより、視聴率がいいですね~。なんて、話題になった。
前作のお医者さんは見なかったけれど、今回はボディガード。
江口洋介、上川隆也、石田ゆり子、このメンバーなら見てみたい!と思った。

なんか、頼りになるな~この人なら、託せるな~と、心強いものを感じた。
キムタクが中学生の子持ち。シングルファーザー。
それでもやっぱりかっこいい。
休日は、第3話の録画を見ようと思う。

この冬のドラマは、「anone」とこの2作品。
ささやかな楽しみです。

朝ご飯
十穀米に、じゃこ、梅干し、永楽堂の佃煮をのせて・・・。
c0352015_20211669.jpg

週末はまた寒波がやって来そう。
雪が初めて積もるのだろうか・・・。

皆さま、よい週末を!
そして、暖かくしておやすみなさい。



[PR]
# by pass8515 | 2018-02-02 20:41 | 日々の暮らし | Comments(2)

雪の朝

今朝、出かける頃に雪が降っていた。
積もりはしなかったけれど、しんしんと降っていた。
傘を差して、歩く朝の道は冷たかった。

****************
お墓とか、仏壇とか、お寺の事とか。
そんなことを考える時、亡き人の事を毎日思い出していれば、それでいいのではないかなと思う。
心に生き続けていれば、それが一番ではないかなと思う。

昨年末の義母の7回忌の折に、お寺さんは言った。
「ご親戚はもう見えないのですね・・・」
「祥月命日だけでもお参りさせてくださいな・・」
その言葉の裏側にあることがもう見え見えなので、嫌~な感じのお寺さんである。

「毎日、思い出しておりますので、心で思っておりますので・・」
と、以前にも言ったことをまた私に言わせた。
「それは、まあいい心掛けですな~」と嫌味っぽく言ったお寺さんである。

私の両親は健在だが、義両親はここ10年のほどの間に相次いで他界。
お世話になった。本当にお世話になった。
だから、やっぱり毎日のように思い出す。ふと、何かの拍子で思い出す。
決して、お寺さんに方便で言ったわけでもなく、本当の気持ち。

最近、義母を思い出すキーワードはゴミ出しと水道である。
義母は、私が訪ねると必ずと言っていいほどゴミ出しの話をした。
「明日、生ごみ・・・」「明日、粗大ごみの日・・」
あの頃の私は、ふ~んそうか・・ぐらいのリアクションしかできなかった。
それ以上、話を広げることができなかった。

でも、今になってわかったことは、生活の区切り、リセットの日。
それがきっと義母にとってはゴミ出しの日だったのだな・・と。
その日のために、準備をする。早朝にゴミを出して、すっきりする。
変哲のない毎日で、それが気持ちの一区切りだったのだなと。

そして、水道。
義母は手荒れがひどかった。手が赤くいつも腫れていた。
なのに、お湯を使わずに水道をとても細く出して、ゆっくりゆっくりとお茶碗なんかを洗うのだった。
私がやるよと言っても、「いいから、いいから・・」と断るので、義母のやり方もあるらしく、私は敢えてやらなかった。
もっと水道、太く出せばいいのにとも思ったけれど、頑として義母はそのやり方を貫いた。
しかし、最近になってやっとわかったことは、義母はきっと手が痛かったのだろうと・・。
私も去年、手を患ってみてわかった。水圧が痛めた指に当たると痛い。トイレで手を洗うのもしばらく痛かった。
傷で痛いのではなく、水圧で痛い・・。あ~だから、義母は水道をちょろちょろといつも出していたのかな・・と初めて気がついた。

今になって思う事。
謝りたい思いでいっぱいである。

*********************

久しぶりにりんごみりんを煮た。
火から鍋を離したとたんに、とろ~んと仕上がった。
c0352015_18561833.jpg
晩ごはん
白菜と岩津ねぎのミルク煮
野菜入りオムレツ
c0352015_18563428.jpg
今日から2月!
はりきって行こうとは思う・・・。
けれど、寒いなあ。
心がどんよりするなあ。



[PR]
# by pass8515 | 2018-02-01 19:04 | 日々の暮らし | Comments(4)

小さな生活の変化

朝から、少しだけ楽しみだった。
近くに暮らす息子が平日なのに、帰って来る。
ごはんを食べて、世間話を少しして、ただそれだけなのに、朝から楽しみだった。

小さな生活の変化。
同じような毎日の中で、帰ってからのちょっとした変化が楽しみだな~と感じた。

息子の好きなバンドのライブの録画を頼まれていた。
そのために、有料放送に短期的に加入した。
録画予約はちゃんとできたか、DVDにダビングがちゃんとできたか。
とても、緊張した。

先だっての「夢千代日記」のダビングをする場合
地デジや、BSの番組では、10回ダビングすることができる(我が家のHDDの場合)
万一、もし失敗したとしても後がある。

しかし、某有料放送の場合
ダビングできるのは一回だけ。海賊版防止のためだとは思うけれど・・。
これが、とてもプレッシャーになる。
もし、失敗したらダビングできないうえに、HDDから、その番組は消える。
何も残らない。もう、緊張する。緊張する。

で・・・その録画したDVDを取りに帰って来たというわけです。
無事にミッションを終えて、安堵した。

******************
せっかく、加入した有料放送。
メリル・ストリープ主演
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を見た。

朝ごはん
ピザトーストと、ヨーグルトシリアル。
コーヒーのぬくもりでだんだんシャキッとしてくる。

c0352015_21503498.jpg
晩ごはん
牡蠣のソテー、そらまめとじゃがいものサラダ、
あとは、いわしのフライやれんこんきんぴらなど・・。

牡蠣のソテーがとても美味しかった。
3人だとあっという間になくなった。
c0352015_21494028.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2018-01-30 21:57 | 日々の暮らし | Comments(2)

春よ来い

今日のお昼間は、少しだけ暖かく感じた。
夕方、母に電話をすると母もそう言っていた。

先日、ドラマ「夢千代日記」を録画したDVDを送った。
再放送をやっていたと言うと、「わあ~懐かしい!見たい、見たい!」と言うので、ダビングをした。
あんまり日頃、テレビ番組に頓着しない母が目を輝かせて、希望したので、これは何としてもダビングして送らねばと思った。

しかし、母は風邪をこじらせてしまって、今日ようやく家の事をする元気が出た。
おかずもあれも作ろう、これも作ろうと思っていたところ・・と言う。
そんなことで、まだ「夢千代日記」は見てないらしく、徐々にやる気が出てゆっくりとくつろいで見て欲しいと思う。

寒いと心が塞ぐと言うのは、誰もが抱く思いなのだろうか。
母も、同じような事を言っていた。
あ~早く、春が来て欲しいと、年々強く思うとも言っていた。

30数年前のドラマ「夢千代日記」を見ていると、頻繁に出てくるのが「表日本」という言葉だった。
今では、使わなくなったけれど・・。
確かに同じ国に裏も表もないなあ。
何故、昔はこういう言葉が発生したのだろう。
表側に行きたい、太陽が降り注ぎ、明るい表側に行きたい。
雪深い山陰の温泉町で、人々が口々に言う言葉だった。

春が待たれる。
しかし、まだ2月がある。
でも、日は少し長くなり、春が少しづつ近づいていることは確か。

今日は、写真を一枚も撮ってないので、お正月のお寺の緋寒桜を・・。

c0352015_19024685.jpg

1月もあと3日。
最後の一週間をまた頑張ろうと思う。



[PR]
# by pass8515 | 2018-01-29 19:07 | 日々の暮らし | Comments(4)

今日も終わった

雪が舞い、一日どんよりとした曇り空だった。

私の寝る部屋の掃除をした。
暮れにしていなかった、窓回りを念入りに掃除した。
以前、息子が使っていた部屋。
自分だけの部屋をと思ってもみたけれど、寝るだけで精一杯。
結局、ほとんどリビングか台所で過ごしている。

天井の豆電球が切れていて、しばらく真っ暗のまま寝ていた。
電灯のリモコンやスマホを暗闇の中手探りするのに、慣れたけれど、やっぱり買いに行った。

豆電球2個セットで、105円!!
びっくりした。
めったに買うことがないので、その安さに驚いた。
物の値段って、どのように決められているのだろう。
この値段で、しばらく仄かな明るさが手に入る。
さっき、湯たんぽを布団の中に入れに行ったら、違う部屋のように感じた。

*********************
お昼からは、たっぷりと昼寝をした。
風邪薬のせいもあるのか、ぐっすり寝ていた。

そして、「暮しの手帖」も徐々に読み進んだ。
町のお豆腐屋さんを営む「彼女のチカラ」を一気に読んだ。
自営業。商売の工夫や苦労。
私なんて、本当に甘い、甘いと、元気をもらうのである。

あっという間に、5時半が来て、夕食の支度にとりかかった。
c0352015_22040806.jpg

根菜でカレーとサラダを作った。
岩国れんこんはきんぴらと、そしてサラダにも使った。
そら豆は見ているだけでも、春を思わす。

c0352015_22050400.jpg

仕事の後だと、このくらいのカレーはへっちゃらなのに、昼寝ばかりの休日にはちょっとこの量は重かった(笑)

c0352015_22035057.jpg
さて、また新しい一週間が始まる。
どうやら、インフルエンザは私にはよりつかなかった模様。
1月がこうして過ぎ去る・・。


[PR]
# by pass8515 | 2018-01-28 23:05 | 日々の暮らし | Comments(2)

心を整える

朝から、どうも調子の狂った週末だった。
せっかくの休み。
あれもしたい、これもしたいと心待ちにしていたのに、目が覚めたとたんに急に言い知れぬ不安にかられた。

インフルエンザは、大騒ぎしたけれど、未だ感染の兆しはない。
熱もない。頭痛もない。
家族に言わすと、うつるなら、もうとっくにうつっていると言う。

なら、その不安は何?
こんな時に限って、夫の機嫌が悪かった。
・・聞いてください。

ゴミ捨ての後、手を洗う。そして、ハンドクリームを塗る。その手で朝食を食べるのが気に食わないと言う。
「手荒れを気にするより、その手でものを食べる神経がわからない!」と言う。

そして、そのあと、欠けたコーヒーカップを「これこそ、捨てたら・・」と言う。
そのコーヒーカップは、伊万里で求めたもの。
私たち夫婦が数年前に、九州の旅に出かけると言うので、お小遣いを息子がくれたのだった。
で、そのお金で買った伊万里のコーヒーカップ。

だから、捨てられない。使い続ける。思い出の品。
それを、何故捨てろと言う?その神経こそわからない。
お互いの波長がどうも合わない朝だった。
言わなかったらいいことなのに、言われた私も、そんなに気にせず流せば良かったのに。
どうにも、こうにも、なかなか心を整えることが出来なかった。

しか~し!
せっかくの休日。やれねばならないことがいろいろある。
仕事の合間に、買いたいものを2回もメモしたぐらい、買いたいものがあった。
歯医者の予約の時間の前に、買い物にも行っておきたい。
心が整わないまま出かけた。

こんな時は、とても嫌だ。
精神がバラバラになる。久しぶりにこういう感情に襲われた。

買いたかったものは・・。
薬局で・・・
やっと買った、爪切りニッパーと風邪薬
この風邪薬で乗り切れるか~?
c0352015_22435320.jpg
スーパーの本コーナーで・・・
c0352015_22415933.jpg
そして、ふくろうラベルのワインを🎵
c0352015_22421398.jpg
お肉をいただいていたので、すき焼きをした。
柔らかいお肉に、このワインがとてもよく合った。

そして、少し遠くに行ってしまった息子にラインをした。
めずらしく、すぐに返信が来て、新しい暮らしにも慣れてきた様子。

そういうことが不安だったのか。
寒いからか。
わからないけれど、夜には上機嫌になった。

元々、インフルエンザ感染疑惑で、寝て過ごそうと思っていたから、特に何もしない一日でよかったのだけれど・・。
特にぐっすり寝るでもなく、撮りためた映画を見るでもなく、「暮しの手帖」をじっくり読むでもなく。

しかし、夜更けにつれ、次第に元気になって行った・・週末だった。


[PR]
# by pass8515 | 2018-01-27 23:01 | 日々の暮らし | Comments(6)

燗酒

帰り道は、風が強くてとても冷たかった。
冷凍庫に居るようだった。

インフルエンザ・・インフルエンザ・・。
今、その予防で頭がいっぱい!
今日も一番近いところにいるね~と言われ、俄然ファイトが湧いてきた。
なにくそ!ですよ。

こんな時に病院に行くのも、菌をもらいに行くようなもの。
家にあった、のど・熱の薬が切れて来たので、薬局に買い足しに行った。

そして、温まりたくてお酒も買った。
昔、風邪をひくと母が卵酒を作ってくれた。
からだの芯から温まった。

c0352015_21272401.jpg

明日こそ、雪が積もるのだろうか。
今夜も早く休もう。

**********************

おべんとう
あるものを、いろいろ詰めて・・・。
c0352015_21313698.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2018-01-24 21:33 | 日々の暮らし | Comments(6)

なにくそ!

大寒波。群馬の草津白根山の噴火のニュースにも驚いた。
そして、アラスカ沖の大地震。日本にも影響があるのだろうか・・。

ここのところ、私はひやひやしている。
周りの人が次々とインフルエンザに倒れている。
家族よりも日中、長い事一緒に過ごしている人たち。

次は、私。
え~私?・・・皆が言うから、絶対かかってなるものか!と、毎日もりもり食べている。
そして、早くに眠るようにしている。
何のために11月の中旬から、毎日がっちりマスクをしていたのか。

************************
上の息子が新しい土地に、暮らすことになった。
ずっと離れて暮らしているけれど、遠くに行ってしまったな~と夜になったら思う。
天気予報も、その地域を自然と気にするようになった。

乗り心地が悪いとさんざん言っていた私のあの自転車。
車を買うまでの移動手段として欲しいというので、譲った。
引っ越しの荷物に間に合うように、先日夫が急いで持って行った。
今までは、それほどの距離だった。

新しい土地。新しい人間関係。
しばらくは、大変だろうなと思いつつ。
・・・旅行がてらに、いつか訪ねる事を、楽しみにしている。

で・・・しばらく、通勤は歩きになった。
歩こう。歩こう。インフルエンザになんか絶対にかからない!

********************
昨夜の晩ごはん
春巻き、きざみ昆布煮、こんぴらのしょうゆ豆

大雪のニュースを見て、10時過ぎに就寝。

c0352015_21263262.jpg


今夜の晩ごはん
カレイのから揚げ、にんじんしりしり、切干大根
粕汁、十穀米
c0352015_21282100.jpg

今夜も暖かくして早くに床に着こう。
絶対にインフルエンザにはかからない!!

※今日の記事のタイトルをとても迷いました。
ふと、母が昔から「なにくそ!と思って頑張るんや!」とよく言っていたことを思い出しました。
「なにくそ!」今の気持ちにぴったりなので、そうしました。


[PR]
# by pass8515 | 2018-01-23 21:55 | 日々の暮らし | Comments(4)

出かけてみる

日曜日は、家に籠ろうと思っていた。
でも、そう決めた時に限って、足りないものが見つかったり、暖かくて、お天気も良かったりする。

気分転換にちょっとだけ出かけてみた。

本屋へ
「クウネル」の最新号をめくって見たかった。
石田ゆり子さんが載っていた。あのドラマ以来大ブレイク。
瑞々しくて、ほんとに綺麗だな~と思う。
私は、石田ゆり子さんを見ると「納豆オムレツ」を思い出す。
ずいぶん前、朝のトーク番組で「納豆オムレツ」の事を語っていた。
ポン酢を必ずかけると言う石田さんに対して、司会のやっくんが意外そうに「ポン酢をかけるんですか?」と言った。
「ポン酢でなきゃ・・」と石田さんは返した。
その時の凛とした、言い切った感じがとても良かった。

「クウネル」を大まかに見終えて、つばたさんの本を確認しに行った。
あるある・・・ちゃんとある・・・・。
ほとんどの種類が揃っている。ただそれを確認するだけ。
でも、ここで違和感を覚える。
以前、まだ数冊しかこの本屋につばたさんの本が揃ってなかった頃。
「老年の本」という棚に分類されていた。
その棚は、佐藤愛子さんとか、篠田桃紅さんとか、そういう方たちの本が並んでいた。

しかし、今。
「かたづけ上手の人」「おそうじのコツ」「時間をうまくつかう」そういう生活のノウハウ本の棚に移されているのだ。
違う、違う。
なんか、テイスト違うんだよな~。
と、いつも違和感を覚えるのである。

「MUJI」にも行った。
靴下の掘り出し物に出会った。
c0352015_22215664.jpg
丈の短いソックスが脱げる、脱げると再三、ブログで書いて来たけど、このタイプなら大丈夫。
一足200円で、さらにレジにて2割引きだった。
春を先取りしたような気持ちになって、やっぱり出かけてみて良かったと思った。

*****************

衣類の整理をして、掃除用のぼろ布をストックした。
はさみを入れる時、少しだけ立ち止まってしまうけど、えい!
おつかれさまでした。
c0352015_22225981.jpg
毛玉とりが出てきた。
今頃、出てきた。
30年も前のもの。単三電池を取り替えると、まだまだ働いてくれそうだ。
また、今日も毛玉とりをした。

c0352015_22232786.jpg

*********************
晩ごはん
山芋のふわふわ焼き、かぶとベーコンのポトフ、カラスカレイのみそ煮付け

c0352015_22222765.jpg
大寒波がやって来る。
週明けの雪が心配だけど・・・。
暖かくて、おやすみなさい。



[PR]
# by pass8515 | 2018-01-21 22:52 | 日々の暮らし | Comments(6)

毛玉とり

大寒
でも、まだ暖かい方だった。
こんな時、車だと、ダウンやコートは着ずにカーディガンを羽織るのだけど、そのたびに毛玉が気になっていた。

c0352015_21470163.jpg

先日、出かける前に少し見た「あさイチ」で毛玉とりの事をやっていたので、早速実践してみた。

布テープで毛玉を起こして、スポンジでこすって毛玉を削いでいく。もっと頑固だと紙やすりで・・・。
紙やすりは家には、そうそうないので、あるものでやってみた。
※紙やすりに(粗さの基準の)番号があるなんて、知らなかった。
c0352015_21463230.jpg
まあまあ、取れた。
ボロボロ、ボロボロ、取れた。
いつも気になっていたのは、目につく袖まわり。
しかし、全体を見れば見るほど、果てしなく毛玉ができていた。

録画していた、坂元裕二脚本のドラマ「anone」を見ながらの作業。
そうでもしなければ、やってられない。
そのうち、疲れて来て適当な所でおしまいにした。
毛玉とり・・どうしていますか?

**********************
野菜はまだまだ高騰中。
今日も比較的安定している野菜を、選んだ。
やっぱり、もやし!2袋買った。
水菜も100円ほどで安かった。えのき、78円。
他に、山芋・蕪を買った。

c0352015_21470966.jpg
蕪を買ったのは、山梨のブログのお友達の所で見せていただいた、カリカリベーコンと塩もみした蕪を和えたサラダがとても美味しそうだったから。

ワインに合うな~と思いながらも、冷酒にもよくあった。
さっぱりとした塩気で、やめられない。
サラダに使ったベーコンブロックと蕪の半分は残して、明日はポトフを作ろうっと🎵

お正月の残りのお餅も投入して、水菜・もやし・豆腐・鶏団子でハリハリ鍋。
お餅もお酒も、お正月の名残はこれにて終了。

c0352015_21462131.jpg

久しぶりに、こんぴらのしょうゆ豆を買った。
甘さと、しょうゆのダダ辛さと、不思議な味だけど、なぜか箸がすすむのです。
c0352015_21484754.jpg




[PR]
# by pass8515 | 2018-01-20 22:21 | 日々の暮らし | Comments(2)

相談事

ここのところ、しばらく暖かかった。
春が来たような暖かさ。気持ちも心なしか軽くなった。

でも、来週からまた寒波がやって来る。
ロシアに−67℃をもたらした、その大寒波がこちらにやって来るらしい。

***************
友人と会った。
彼女はずっと転職の事を悩んでいた。もうずっと・・・何年越しだろう。
聞くたびに、彼女が言うのは、「自信がない。失敗するのが怖い。でもずっとやりたかったこと。やってみたい気持ちもある。
でも、自信がない。失敗するのが怖い・・・・・・」
堂々巡りである。

気持ちはわかる。
私も同じ立場だったら迷うことだろう。
でも、一度きりの人生。やりたかったことなら、やってみるかも知れない。

私は、彼女に言ったことは。
失敗はするもの、覚えられないもの、理解力も衰えている事。
この年になって、新しい事をするのだから、そのくらいは覚悟しておかなくては。
でも、この年になって新しい仕事を始めた人を私は何人か知っている。
そんなおとろえを受け入れ、乗り越え、頑張っているよ。

そりゃ~、私だって・・・・。
慣れた仕事、ずっと同じ、この先も、ずっと同じ。
だ・け・ど、間違いはするよ。
ミスは、魔物のように滑り込んでやって来る。
小刻みに、小気味よく、私を試すように、陥れようとするかのように、スキをついてやって来る。

気づくタイミングで、とんでもないことになることもある。
しかし、今までなんとかなって来た。
そこは、運がいいのか、縁もあるのか。
周りの人も、こんな時はみんなとても優しくて、一生懸命フォローしてくれる。
そして、二度と間違いはしない。と肝に銘じる。

で・・・またほとぼりが冷めた頃、また魔物はやって来る。
その繰り返しである。

彼女へのアドバイスどころか、自分への戒めを熱く、私は語っていた。
彼女は、いろんな人の意見を聞きたかった。
どの意見も今は、とても心にしみるとも言っていた。
変わりたいと思う事。
でも、やっぱり今の場所に留まる事。
どちらにせよ、お互いにもうひと頑張りしよう!と別れた。

***********************

永楽屋の「琥珀」
紅茶にウイスキーを一滴。

琥珀をチョココーティングした、琥珀ショコラもとっても、美味しかった。

c0352015_23064568.jpg

どうぞ、よい週末を!



[PR]
# by pass8515 | 2018-01-19 23:12 | 日々の暮らし | Comments(4)

そうじ

昨日から、少し寒さもゆるみ、湯たんぽはしなかった。

年末の少し前から、ゴミの日は、掃除を少し念入りにする日にした。
早朝、掃除機をごそごそかけるのは、大そうなので、古いタオルやふきんであちこち拭き、最後は玄関・トイレの床を拭いてごみに出す。
ゴミ出しの時に、使い捨てゴム手袋を使用するようになったので、その前に手袋をはめて、お風呂やトイレや洗面所を掃除する。

週末プラスゴミの日。
その一日だけを増やすこと、ただそれだけ。
今日帰宅したら、洗面所のシンクが光っていた。
今朝、磨いて出かけたおかげだ。とても気持ちが良かった。
このきれいな状態を保つために、また掃除に励もうと思うのだ。

*******************

ところがである。
職場では、正反対の事態になっていた。
以前、居た人たちは水回りの掃除をまめにする人たちだった。
トイレ、トイレの水道、流し・・。
自分の家以外の、排水溝なんて、やっぱりやりたくない。
でも、そんな気持ちを誰もが抑えて、気がついた人がやっていた。
私も、この前は誰かがやってくれてたから、今度は自分がと、申し訳ない気持ちが自然と湧いて、出来るだけやるようにしていた。
水回りは、きれいな状態で長らく保たれていた。
いい相乗効果だった。

しかし、そういう人たちが相次いで、職場を去り、残された人の何人かは水回りの掃除をしない人たちだった。
私も、しばらく以前のようにやっていた。
気がつけばやっていた。
でも、実際私はお弁当とペットボトルを持参しているので、流しは使わない。
だから、排水溝は私の何かで汚れはしない。
でも、人によってはカップラーメンを作って具を流す人、そこで歯を磨く人。
段々、なんで私ばかり、掃除をしなくてはいけないのかという気持ちが湧いて来た。

しばらく放っておこう。見るに見かねてやる時もあったけれど、明らかに掃除の頻度が落ちた。
汚れていても、見て見ぬふり。汚れれば汚れるほど、手をつけたくない。
悪い相乗効果が生まれた。

ある日、トイレの手洗い場の汚れに愕然とした。
毎日、見ているのに、改めて見てみると、ものすごいことになっていた。
誰もやらない。なら、私がやらねば!

使い捨て手袋と割りばしを持参して、割りばしで古い布やスポンジを挟んで、ごしごしこすった。
結構、きれいになった。
きれいになったら、このきれいを保とうと、自分の役目のように思えて来た。(やらない人は、分担してもやりません)



あれから23年
今からNHKスペシャルを見たいと思います。
*******************

おべんとう
鮭のフライ、ハリハリ漬け、ゆがき大根、もやしと豚肉炒め
c0352015_21515106.jpg
晩ごはん
山芋のふわふわ焼き
粕汁

c0352015_21523850.jpg

山芋とたまごを混ぜただけの、ふわふわ焼きが最高!
オタフクソースとたっぷりのカツオ節を。



[PR]
# by pass8515 | 2018-01-17 21:55 | 日々の暮らし | Comments(4)

お菓子は癒し

陽射しが柔らかい一日だった。私の席から外が見える。
ぽかぽかと、もう春が来たような陽射しに見えた。

c0352015_21461772.jpg

先日、実家を訪れた時に気になったのが、父の歯の事だった。
昨年秋の初め頃、一緒に食事をしたときは私たちと同じものを食べていた。少々、ゆっくりになって来たけれど、完食。
食べることは、変わらずにいた。

晩秋。少しだけご厄介になったショートステイ先を訪ねた時には、「お菓子が楽しみ。お菓子が癒し・・」と言っていた。
母によると、お酒を飲まなくなった代わりに、父はお菓子が好き。
「お父さん用に、何か置いとくと、いつの間にかなくなっている・・」と言っていた。

だから、この前も父用に駄菓子を色々買って行った。
かりんとう・おせんべい・甘納豆・・・。癒しにしてね、と思いを込めて、なんでも食べられると思い込んで持って行った。

ところが、最近、歯がぐらぐらする。
にぎり寿司も半分に、母に切ってもらい、ディサービスの食事も、細かく刻んだものになっていると言う。
わずか、数か月の間に、食生活に変化が起きていることを私は全然知らなかった。

いつも、そばで、よくしてくれている兄弟に、歯医者に来てもらった方がいいと私は言った。
訪問診療もあるから、早く診てもらった方がいいと・・・。
近くになくても、広範囲で出張診療してくれるよ・・・。と私はしつこく言ってしまった。

いつも本当によくしてくれているのに、両親の事を本当によく面倒見てくれているのに、日々何にもしていない私は、責めているように言ってしまった。そのことを帰りの車の中で、初めてはっと気がついた。
夫にも怒られた。

ここ数年、両親は代わる代わるに入院した。父が入院すると、母が介護。母が入院すると、父はショートスティ。
その手配や手続きや入退院の諸々や身の回りのこと。
すべて、近くに住む、兄弟がやってくれていて・・・私は、一時的に、お見舞い程度。
一時的に都合のよい時だけ、実家に顔出し。
なのに、恨み言ひとつ言わずにやってくれていた。
とても、感謝している。

直ぐに電話で謝ると、全然気にしてないとは言ってくれたが、とても反省した。
こうして文にすると、また猛省。
そして、感謝の気持ちが、より強くなった。

**********************

母が持たせてくれた「永楽屋」の菓子と佃煮の詰め合わせ
c0352015_22172676.jpg

一と口椎茸は、向田邦子が京都を訪れると必ず求めていたとある日の新聞に載っていた・・・と母から聞いた。

「お菓子が癒し・・」は私も同じ。
楽しみに、ゆっくりといただきます。
c0352015_21464219.jpg

ありがとう。


[PR]
# by pass8515 | 2018-01-16 22:22 | 日々の暮らし | Comments(2)

二都の旅


日曜日の朝、少しだけ雪が積もっていた。

家族揃って、私の実家にいく。
途中で息子を拾い、予約してくれていた四川料理のお店で、お昼を食べた。

c0352015_18205319.jpg

ランチョンマット替わりの、メニュー表。
珍しいメニューがたくさんあり過ぎて、迷ったけれど、庶民派の我が家は、定番メニューにした。

牡蠣の甘辛合え
真っ赤な大きな丸い唐辛子の辛味が程よく聞いて、牡蠣もサクサクでとても美味しかった。
器も、感じがいい。
c0352015_18165656.jpg



酢豚のつもりでオーダーしたらこんな感じで一同びっくり!
メニュー表を見返すと酢豚角煮だった。切り分ける。
ほろほろと肉がほどけた。クコの実がたくさん。

c0352015_18165114.jpg

麻婆豆腐
白ご飯が欲しいところ。
c0352015_18165344.jpg



干し貝柱炒飯
器に金継ぎがしてあった。
家ではなかなかできない、ぱらぱら炒飯。
それまでの濃い味からすると、あっさり味。

c0352015_18165466.jpg


生ビールと、二杯目の紹興酒ハイボールライチ味がよく合った。

来る途中、もうすぐあの日がやって来るなと話をした。
この街で、ビルが崩れ、高速道路が横倒しになったことなんて、今はまったく感じないことだけれど、このどんよりした冬空を見ていると、その日が近づいて来ると、決して忘れてはいけないなと思う。

c0352015_18211093.jpg

いつもなら渋滞に巻き込まれるところが、昨日は本当にスムーズに行った。
百人一首がテーマの小倉山荘でおせんべいや、甘いものを買い込み、定刻通りに実家に到着した。

初場所を見ながら、母が剥いてくれた甘いりんごを食べながら、ディサービスに行っている父の帰りを皆で待った。
母によると、降りる順番で1時間ぐらいの幅がある。
この日も、少し予定を過ぎて帰って来た。
なんだか、昔から父が帰宅すると、家がにぎやかになるというか、明るくなるというか、締まるというか・・。
別におしゃべりでもなんでもないのだけれど、そんな印象だ。

父は、一日外に出ていると、やっぱり疲れる。でも結構楽しい。と言っていた。
しかし、孫たちに「若い人たちの前で、なんやけど・・・長生きは、ほどほどで、ええで・・」と言っていた。
孫たちにはもちろんのこと、私にもまだその境地はわからないことだけど、またこうして顔を揃えることが出来ればいいなあと思う。

朝、10時に家を出て、夜の10時に帰って来た。
今日になって、ほどいてなかった荷物の片づけをした。

小倉山荘の「歌あはせ」と「宮廷ロマン」
久しぶりに行くと、おせんべいより、洋菓子風が目をひいた。

「歌あはせ」のチョコあられがとっても美味しかった。
カシューナッツチョコもやめられない美味しさだった。
c0352015_18204325.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2018-01-15 18:24 | おでかけ | Comments(2)

ハリハリ漬け

ここのところ、土曜日は歯医者。
他の2本の歯は、一回づつで良かったのに3本目は、複雑であと2回の予約を一度にした。

歯医者に行く前に、今季初めて、ハリハリ漬けを作った。
突然思いついたものだから、塩して一晩置くとか、生姜を切らしていたりとか、友人からもらったレシピ通りにはできなかったけれど、思いのほかうまく仕上がった。もらったレシピは大根2キロに対しての調味料。
その都度大根のかさが違うから、調味料の分量の計算の落書きで、ぐちゃぐちゃになってきた。
今日は、細い大根の約半分を使ったから、大根200グラム。
計算しやすかった。

c0352015_22164763.jpg

野菜が相変わらず高い。
白菜もキャベツもブロッコリーもとんでもなく高かった。
ブロッコリー398円。売れるのかな~。
どうしても必要なものでもないし。

まだ手が届く野菜を厳選して買った。
本当に、普通の買い物。
特に珍しいものはないけれど、写真を撮った。

c0352015_22171864.jpg
強いて言えばジャムは初めて手にするものだった。
ブルーベリー100%・砂糖なし
信州須藤農園という農園のもの。
珍しいと思ったのだけど、家に帰ってよくよく見るとあの、「スドージャム」の事だった。
ここのところ、パンには蜂蜜ばかりだったので、ジャムは久しぶり。
明日の朝が楽しみです。
c0352015_22162891.jpg
所用で、めったに行かない、コンビニにも行った。
せっかく入ったから、スゥイーツコーナーをのぞいた。
紙袋に入れてくれたのが、ちょっと新鮮だった。
c0352015_22170918.jpg

スーパーで千切大根を買って来たのに、コープで「ゆがき大根」を頼んでいた。
こうして、かぶることもしばしば。
長崎産と宮崎産

c0352015_22165830.jpg
ゆがき大根から使おうと思った。
ザクザクの大ぶりカット。これがとっても柔らかくて、ジューシーになる。
にんじんと、ほうれん草も入れて。

きんぴらと、ほうれん草のおひたし
c0352015_22180481.jpg

ここの所、肩がスースーしてなかなか寝付けなかった。冬場は毎年そう。
その睡眠不足が少しづつたまっていたのか、午後からたっぷりと昼寝をした。
気持ちよかった~🎵

こうして、寒い休日は過ぎ去った。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡
「おため」です。
右の袋にお祝いの一割が・・。
左はご祝儀袋セットです。
なぜ、ご祝儀袋を添えるのかはわかりません。
c0352015_22161973.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2018-01-13 22:53 | 日々の暮らし | Comments(4)

凍てつく夜に

昨日はいつも温暖な淡路島でも雪が積もったというのに、瀬戸内海側のこちらは、積もらなかった。

朝の、最低気温は−4度の予報で、びっくりした。
昨夜、お茶を一緒にした友人とも、そこまで冷えることって今までなかったね、と震えながらお店に入った。

c0352015_13142090.jpg


しばらくコートを脱がずにオーダーを迷う。
とにかく温かいコーヒーと、甘いものを。

昨日は大安。
オーダー後、ひと呼吸おいて、改まって、無作法ながらこんな場所で、娘さんの御結婚祝を渡した。
夜ぐらいしかなかなか、お互いに時間が取れず、暮れからずっと気になって。

段々、簡素化するお祝い事。
以前は、日を決め、お家にお邪魔して、お茶やお茶菓子をいただいて、そして、「おため」をいただく。
もっと、以前。私たちの頃は嫁入り道具一式を見てもらい、タンスの開きや引き出しやらを、勝手に開けられる。
違和感を感じつつも、それが当たり前の儀式だったなあ~と友人とも話をした。
c0352015_18342384.jpg
簡素化しているといいながらも、外で渡したにも関わらず、友人はきちんと「おため」を用意してくれていた。
さすがである。
地域によって呼び方様々だろうけれど、「おため」とは、お祝いの一割をお車代として熨斗袋を添えて、その場で返すこと。
京都でもあったし、こちらでも同じような慣習がある。

ご祝儀袋は、我が家の場合
息子たちに頼まれて、男性向けのブルー系、もしくはグリーン系がほとんどだけど、娘さんの雰囲気を思い出して、早春らしい薄桃色にした。
選ぶのも新鮮で、楽しかった。
ご結婚、おめでとう🎵

*******************
晩ごはん
ミモザ・ポテトサラダ
c0352015_19001554.jpg

簡単に、蒸し物を。
蓬莱の焼売と、三田屋のフランクフルトソーセージ

c0352015_19003565.jpg

コーヒーを飲んだせいと、よく冷えたせいか、昨夜は寝付けなかった。
今朝は、水道がしばらく出なくて、給湯器のお湯も、全然でなかった。
ひげ剃りの夫が、朝から大騒ぎ。
湯たんぽの残り湯と、やかんのお湯で、切り抜けた。
慣れない寒さや雪。しばらく続きそうです。

皆さま、よい週末を!



[PR]
# by pass8515 | 2018-01-12 18:57 | 日々の暮らし | Comments(6)

自転車とスリッパ

年末にうっかり買ってしまったスリッパに頭を悩ましている。
ショッピングモールのメインストリートのワゴンに並べられたモフモフのスリッパ。
とても、ふかふかで暖かそうだった。
足先が冷えるから、ちょうどいい。冷え対策は万全に!
c0352015_21420064.jpg
しかし、とても安定感のないスリッパだった。
右はまだいい。左だ!
底と、布地の縫い合わせが悪いのか、足が外側に沈む。偏る。
腰痛に悩まされているのに、これでは悪影響!
お正月の間、耐えたが、苦肉の策として、テーブルに座る時だけ、足を入れることにした。
履いて歩くのは、それまで履いていたスリッパを・・・・(笑)

はあ~失敗、失敗!暖かさだけが取り柄だった。
あれほど、足に合う靴を慎重に選ぶことを少し学んだところなのに、スリッパを軽く見ていた。
スリッパも試し履きが出来ればいいのに。

そして、もうひとつ後悔した買い物は自転車。
昨年、夏ごろに、ファッション性を重視した自転車は乗り心地が悪かった。
重い。こぐとき、変速の一番軽い「1」にしたら、まあまあ軽いけど、
夜間、ライトをつけると、たちまち重くなって、疲れるったらない。
おまけに、コーナリングが悪い。
横断歩道から歩道へと曲がる時、大回りしないと曲がり切れない。
なんだ、この自転車!
そのうち、慣れるか、慣れるかと思ったけれど、憤懣が募るばかり。

なんで・・・。もっと試し乗りということをしなかったのだろう。
そもそも、自転車を購入するとき、何分か道路などで、試し乗りができる制度ってあるのかな。
ないなあ~。
3回払いが、ようやく終わってほっとしたのに、もう買い替えたい気持ちでいっぱいである。

**********************

早朝、5時のお寺の鐘で目が覚めた。

今朝の、おべんとう


c0352015_22081336.jpg



[PR]
# by pass8515 | 2018-01-09 22:16 | 日々の暮らし | Comments(4)

お昼のニュース

朝、目覚めるともう雨が激しく降っていた。
成人式が行われているところも多いだろうに・・。

お昼のニュースを見ていたら、とんでもないことを知った。
着付けの会場に、晴れ着が来ない。
業者は、なしのつぶて。
なんということ!
怒りに震えて、何の関係もない私まで泣きそうになった。

一生に一度のこと。人生の節目。晴れの日。
人の気持ちや、仕事や人としての責任とか。
そんなことをいったい、どう思っているのだろう。


********************

お昼のニュースを見ようと思ってテレビをつけたら、夢千代日記のエンディングが流れていた。
暗い、重い、でも印象に残っているドラマだった。母と一緒に見ていた。高校生の頃だっただろうか?

湯村温泉、余部鉄橋。
あの頃は、遠いところだと思っていたのに、縁あってわりと近くに暮らすことになるなんて、想像もしてなかった。

c0352015_18572940.jpg

c0352015_18575130.jpg

c0352015_18574078.jpg
数年前に行った時のことも思い出した。
一話は見逃したけれど、深夜に、再放送をするらしく、見てみようかなと思う。

***********************

晩ごはんはカレーにした。
お正月のあと、やはりカレーが食べたくなる。

c0352015_18545116.jpg
さあ、いただきます🎵

c0352015_18560441.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2018-01-08 19:12 | 日々の暮らし | Comments(2)

牡蠣の佃煮

年末に牡蠣を食べに行った船宿に、牡蠣の佃煮を買いに行った。
コクがあって、味がしまり、白ワインにも日本酒にもよく合った。

今度、実家へ帰るので両親へのお土産にと思った。
干物やじゃこやら、日持ちのする海産物も一緒に買った。

c0352015_21190044.jpg

こんなに海が近いなんて・・
「ほんま、いいところに住んでるな~うちらでは考えられへん」と、半年前に同じ道を通った時に、母はしきりに言っていた。

c0352015_21204282.jpg

今年、結婚してからお正月に初めて実家に帰らなかった。
私も、うすうす感じていたけれど、お正月に大勢で押しかけられるのに、どうやらしんどくなってきた様子。
昔から、もてなし上手で、感心するくらい、てきぱきとしていたけれど、私にも甘えがあった。

「お正月を外してゆっくりと来たらどうやろ・・」と初めて母から提案があった。
大渋滞を毎年気にして、三が日に帰らなければいけないという事もない。

新しい年が明けて、日常が戻ってきた頃に、ゆっくりと・・・それもいいか、という事になった。
すると、息子たちも来ると言う。
結局、大勢で押しかけることになった。

海のもの以外に地酒や父の好きなお菓子も買った。

*********************
晩ごはん
大根の炊き合わせ、ひじき、切干大根、粕汁
牡蠣の佃煮
c0352015_21423132.jpg
新しい大河ドラマ「西郷どん」が面白かった。
「篤姫」・「龍馬伝」の最初の方にとても似ていて、ちょっと頭の中がごちゃごちゃしたけれど、新しい時代の息吹、変化、この先にいろんなことが待ち受け、そして今につながるのか~と、幕末物を見るといつもそう思う。長い歴史からすると、ほんの少し前の出来事なんだと。

明日の成人の日は、全国大荒れのようだ。
我が家では、インフルエンザの嵐が吹き荒れ、私もびくびくしている。
でも、明日もお休み!何して過ごそうかなあ🎵



[PR]
# by pass8515 | 2018-01-07 21:56 | 日々の暮らし | Comments(2)

無知と期待値

昨夜、早くに寝ようと思ったらジブリ映画「魔女の宅急便」をテレビで放送しているのに気がついた。
見たかったのに、音楽が聞きたかったのに、結局ずっとT店では貸出中で、見ることが叶わなった。

半分見れた。
久石譲INパリで、「魔女の宅急便」の曲、とりわけ「かあさんのほうき」のバイオリンソロがとても良かったので、聞きたかった。
その場面をちょうど見ることができて、満足して眠りについた。

************************

大晦日のコンサートの話をもう少し。
で・・・その流れで、楽しみにしていたコンサート。
どんなジブリ音楽が聴けるのだろう。
しかし、私はどうも勘違いしていたようだった。

c0352015_18113911.jpg

会場の入り口で渡されたパンフレット。
開くとカール・オンフ/世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」という歌曲の歌詞が延々と、たっぷりと掲載されていた。
なんだか、嫌な予感がした。

この曲が予定されているとは知っていた。
それは、いくつか演奏される曲のほんの一部だと思っていた。

時間があったのでワインも飲んだ。
一人立ち飲みをしていたら、初老の男性がコーヒーを持って、「ここ、いいですか?」と言った。
「どうぞ・・。大晦日でもすごい人ですね。あの・・・私、ジブリ映画から入って、今日来たんですが・・・。なんか様子が違うような・・」
「私は、カルミナが好きでね~何度か来ているんですよ」

「あの、第九みたいな感じですか?」
「う~ん第九とはまた違うんです。なんと言ったらいいのかな~昔から宗教曲が好きでね~」

あ~そっちか~
なんか、わからないけれど、雰囲気的にわかった。
すごすごと・・・ワインも飲みほしていたので・・・「ありがとうございます。」とその場を去った。

c0352015_18153865.jpg
そして、コンサートが始まった。
一曲目の「風の谷のナウシカ」交響曲は良かった。
とても、良かった。
久石さんも、全部好きだけどあえて選ぶなら、この曲が一番好きとパンフレットにも書いてあった。

ナウシカ一曲が終わって早くも、20分の休憩。
ピアノが2台に増え、椅子も増え「カルミナ」の準備が着々と舞台では行われていた。

そして、壮大な「カルミナ」が始まった。
1時間ほど・・・。
これほど自分の無知さを思い知らされたこともそうそうなかった。
さっきの男性のように、この曲を大晦日に聞きに来る。
そういう人にとったら極上の時間だっただろう。
意味が分かる人だけに、滑稽そうな楽章では笑いも生まれていた。
しかし、私の斜め前の人、その前の人、通路を挟んで斜め前の人・・・・。
あちこちで、こっくり、こっくりしている。
あ~私だけではないのだと思えたのがせめてもの救い。

「いろいろあったけどさ~飲んで騒いでまあ新年頑張ろう」というポジティブな人間賛歌らしい「カルミナ・ブラーナ」
暮れは第九だけではないよ。という久石さんのここ数年の取組みらしい。

アンコール曲は「千と千尋の神隠し」の久石さんのピアノソロ
場内すごい拍手を繰り返したけれど、アンコールはこの曲のみ。
消化不良だった。
でも、知らなかった事を知ることはできた。
もし、街角で「カルミナ・ブラーナ」を聞いたとしたら、「あ!」と思えるぐらいサビ部分は覚えられた。
いい経験ができたのかなあ~。

コンサートホールの雑貨店でセールをしていた。
帽子と手袋を買いました。
写真を撮っていたら、初めて、左右柄違いに気がついた。
左右の見分けがつくようにかな?


c0352015_18443356.jpg


✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢
今日のランチはワインが合うような料理ばっかりで、もうお腹いっぱいだった。
みんな、車だし飲めなかったけれど、嬉しい話、心配な話、精一杯日々を、頑張っている。
誘ってくれて、ありがとう。




[PR]
# by pass8515 | 2018-01-06 21:04 | 出会い | Comments(4)

年賀状

小寒
またまた、この冬一番の寒さになった。
霙が降り、どんよりとしていた。


c0352015_18102740.jpg

今年も年賀状が届いた。
今日あたりで出揃った感じ。
もう、出さなくてもいいかなあと言う人から元旦にいただいては、慌てて出しに行く。

今年、少し寂しさを感じたのが「お元気ですか?」一言の旧友が何人かいたこと。
毎年、私も書く事に困る。
でも一言、二言、2行ぐらいは書くようにしているが、何せ家族に変化がない。
そうそう、書く事もない。
もしかしたら、私の昨年の賀状の一言コメントも「お元気ですか?」だったかもしれない。

今年の一言コメントは、体調が不調だったこと、老いを感じたこと・・・など、ネガティブながらも(笑)マークで、しめくくった。

会いたいな~でも、今更なあ~。それはお互い様。
一年、一度のやりとりぐらい、自戒もこめて私も心を入れようと思った。

一番、笑ってしまったコメントは「私、姑になりました。」
良かったね、良かったね。
留袖姿だって、学生時代と全然変わってなかった。

微笑ましかったのは、「もうすぐ娘の成人式!33年前の私の振袖着ます!」
いいねえ~いいねえ~🎵
かつて一緒に、写真におさまった事を思い出した🎵

ほんのひととき、タイムスリップさせてくれるのも年賀状。
もう一度、読み返した。

*************************

帰って来たら、立ち込めるごはんが炊けたにおい。
十六穀米。
これだけでも、充分栄養が補えそう。
c0352015_18104820.jpg
そして、粕汁を。
具材は、さつまいも、白菜。
白ネギいりこだしで。
お腹の底から、温まる。
c0352015_18101209.jpg
お正月、たっぷり休んだけれど、また三連休。
久しぶりの人たちからランチのお誘いが。
ランチ初め。行って来ます。


[PR]
# by pass8515 | 2018-01-05 18:35 | 日々の暮らし | Comments(0)

煮込みハンバーグ

早朝、まだ月が出ている頃に資源ごみを出しにいく。
いつもどおりの生活がまた始まった。

洗濯を干して、お弁当を入れて、自転車で出かけた。
今年、初めの滑り出しは順調!

昨日、デパ地下で買った煮込みハンバーグを昨夜食べた。
レンジでも温められるけれど、鍋に移し替えて、ひと煮立ちさせた。
トマト味がよく利いた、濃い味付けの煮込みハンバーグだった。

「三田屋」の煮込みハンバーグ
c0352015_18531899.jpg

私が初めて「三田屋」を知ったのは、20数年前の料理教室だった。
下の子が幼稚園に行ったのをきっかけに、友人が教室に誘ってくれた。
でも曜日が合わなくて、その友人とは別々に通うことに。
公共施設の月謝もお手頃な教室。
レシピは、藁半紙にガリ版で刷られたもの。
実に庶民的な教室だった。

家庭料理のいろはをそこで、習ったような気がする。
年齢層も様々で、同じテーブルのベテラン主婦さんが、野菜の切り方の基本を教えてくれた。

ある日の試食の時。
話題にのぼったのが「三田屋」だった。
「三田屋、美味しいですよね~」
「本店はやっぱり違う。味もなんだか違うような気がする・・・・」

どうやら、話題について行けてないのは私だけの様子。
この街にも支店がある、ステーキ・ハンバーグ・生ハムがとても美味しいお店らしかった。

で・・・聞いたからには行ってみたい!
小さい子供たちには、ちょっともったいないくらいだったけれど、美味しかった~。
三田屋は美味しかった。いつの時も裏切らなかった。
でも、いつの頃か、この街から撤退した。

「なんで、なくなったのだろう・・・」と夫婦で煮込みハンバーグを食べながら話をした。
あふれるほどに、いくらでも美味しいお店がある今。
でも、あったら良かったのになあと、懐かしく思う。

おべんとう
おせちの残りを詰めて、今年初めてのおべんとう。
なますと、田作りだけ自家製。

c0352015_18522632.jpg

[PR]
# by pass8515 | 2018-01-04 20:36 | おいしいもの | Comments(6)

初ショッピング

三日目の朝も、箱根駅伝から始まった。
芦ノ湖前からの、時間差スタートはいつもドキドキする。
それでも抜かれて、差をつけられて、何校かはタスキを待たずに、繰り上げスタート。

まるで、人生の縮図のようなレース展開に、悲喜こもごもを見るのである。
往路を制したとしても、復路で優勝したものが、総合優勝。
なんだか、腑に落ちないような・・・しかし、これが総合的な結果なのか。順当なのか。

********************

デパートに出かけた。
地元のデパートは年々さびれつつある。
息子がデパートの商品券をもらったけれど、使わないのであげる・・とくれた。

せっかく息子がくれたから、しょうもない事に使いたくはないと、ずっとおいていた。
でも、これと言って欲しいものがない。
いつ、使おう。いざとなったら何を買おう。

で・・思いついたのがバスマットだった。
丈夫で、洗いやすくて、カラッと乾く、バスマットにしよう。

コットン100%、もうひとつはケナフ綿と書いてあった。
あと、同じ売り場で、綿の泡立ちタオルと、トイレ用ブラシも買った。
トイレ用ブラシは、優れものだった。
写真は敢えて撮ってないけれど、かゆいとこにも手が届きそうな、猫の手のような曲がり具合とほどよい細さだった。
c0352015_16431620.jpg

あと、地下食品売り場で買ったものは。
お茶類
c0352015_16430513.jpg


久しぶりに「三田屋」で、煮込みハンバーグとフランクフルトソーセージと、カツサンドを。
カツサンドは、ルピシアの紅茶とともに、お昼にいただきました。

c0352015_16425516.jpg
ルピシアの「生姜な紅茶」
ドライ生姜はザクザク入っているのに、生姜の香りがしなかった。なぜ?
他の紅茶の空き缶に入れ替えた。
c0352015_16433234.jpg
こうして、商品券を有意義に使うことができた。
あと、半分残っている・・・。
こうした日用品に、必需品に使わせてもらうことにしよう。

さびれたデパートも、地下だけは活気に満ちていた。
三が日、家でゆっくりと決め込んでいたけれど、出かけてよかった。

さあ、明日からは平常通り。
また、今年も頑張ろう!








[PR]
# by pass8515 | 2018-01-03 18:34 | おでかけ | Comments(4)

平穏に

お正月の二日目は、毎年箱根駅伝を見ることから始まる。
新春の道を颯爽と走り抜ける若い力。
富士山もくっきりと見えて、また今年も清々しい力走を見ることができた。

c0352015_14203899.jpg

しかし、夫婦そろって、新年早々「持病」に見舞われた。
夫は昨夜。私は今朝、起き抜けに。
持っている病気。付き合っていかなければいけない病気。
お互いにまたか~と思いながらも、油断禁物と肝に銘じた。
たまった疲れからか?慣れないごちそうのせいか?少々、飲み過ぎたお酒のせいか?
薬を飲んで、いつ頃治まるかがだいたいの見当がつく・・・なんてお互いに余裕もある。
回復してそれぞれに、まずは平穏なお正月休みを過ごすことができた。

*******************

箱根駅伝が気になりながらも、大好きなドラマの再放送も見ていた。
本日は、一挙5話放送!録画もしているものの、やはり見出したら止まらない。
しかし、この再放送に関しては、苦情も殺到しているらしい。
それもそうだろう・・・私も危うく見損ねるところだった!!

🔔クリスマス🔔
息子から再放送の情報を得、番組表で録画予約をしていた。
番組ホームページでも、確認していた。
しかし、告知通りの日時だと、関西の番組表ではどうしても3話・4話からしか始まらない。
その日の番組表は、吉本に次ぐ吉本の番組オンパレードだった。
1話と2話はどうなるの?と前日の番組表をひょいと見ると、ホームページの告知より1日早い始まりで、1話から始まるようになっていた。

ホームページの告知!
ちょっと、違うのではないでしょうか。
一部、地域を除くと、但し書きはしてあるものの、これはもはや一部ではないのでは?
大半の地域がホームページの告知と異なっているのではないか。
かねがね思う。
関東地方・ことに東京だけが日本の中心ではない!
もう少し、親切な告知があってもいいと思う。

皆が待ち望んでいたと思うから、暮れやお正月に皆でくつろいで見れるように、再放送を組んだのでしょう。
それに値するドラマだと私も思うから・・。
見逃した人が多いとのこと・・・。
残念です。

************************
追記
大晦日のコンサートが行われた「大阪フェスティバルホール」
リニューアル後に初めて行った。
ひとつの街のようになっていて、飲食店もたくさん入っていた。
c0352015_14500560.jpg
このホールは、今の私の暮らしにつながる一つの扉が開かれた場所でもある。
公演中、あ~あの時、あの辺りに座ったなあ~なんて、思いを馳せた。

c0352015_14511684.jpg
毎日、読んでる新聞もここから発信されているのだな~と初めて知った。
地下鉄通路に、ミリさんのコラムが・・・🎵

c0352015_14555908.jpg


[PR]
# by pass8515 | 2018-01-02 20:16 | 日々の暮らし | Comments(0)

新しい年に

新年あけましておめでとうございます。
お正月、皆さまどのようにお過ごしでしょうか。

今年も、どうぞよろしくおねがいいたします。

c0352015_13194444.jpg

2018年
いつものように、氏神様に詣り、お墓参り。
お寺では緋寒桜(ひかんざくら)が咲いていた。
彼岸桜と間違えやすいので、寒緋桜とも言われるらしい。

元日の空は澄み渡り、今年もどうぞ穏やかに暮らせますように・・とお願いした。
お墓では、一家でお参りに来ていたある家族とすれ違った。
兄弟だろうか。学生だろうか。
戦没者のお墓のしるしである、☆印と先の尖った墓標を見て、何か話していた。
一つ一つ、没年を見ては二人で何かを話していた。
お若い人が、こうして興味を持つこと。知ること。そして、知っている限りのことを私らが伝えること。
新しい年の始めに、心新たに思ったことだった。

穏やかに、平穏に、皆が健やかに平和の下に暮らせますように。
願いはそれ一点のみである。

c0352015_13321784.jpg
**************************

昨夜、息子からおせちが届いた。
当の本人は東へと旅の途中。
いつも、ありがとう。
お昼に、お父さんと一緒にいただきました。
お酒がすすむ。すすむ。すすむ。
喰っちゃ、喰っちゃ。
辛いものから甘いものへ、そしてまた辛いものへ。

c0352015_13320457.jpg
🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶🎶

🎵紅白談義🎵
コンサートから帰り、後半の紅白を見た。
じっくりと、聞かせる歌は後半に集中すると、思っていた。
ちょうど、坂本冬美あたりからゆっくり、おでんとお酒を傾けながら見れた。
「やっと、紅白らしくなったな~」と私が言うと、
曲が終わると、ウッチャンも同じようになことを言っていた。

紅白らしさ。
そこから脱却をしたいのか、したくないのか、どうにもわからないから、右往左往しているのか?
ばたばたしているのが、近年の紅白である。
その年の話題・流行りを詰め込んだ、ごった煮。てんこ盛り。

しかし黒柳徹子が草創期の逸話を話し、平尾昌晃さんの追悼の曲として、五木ひろしが「夜空」を歌い、そしてラストの「蛍の光」で都倉俊一登場!
やっぱり、紅白だな~とほっとも少しするのだが・・。

なんだかんだ言って、見てしまうのが、紅白なんですね。



[PR]
# by pass8515 | 2018-01-01 20:17 | 日々の暮らし | Comments(8)