タグ:おかず ( 142 ) タグの人気記事

老眼鏡(本編)

その年になってみて初めてわかること。最近はその連続だ。

私は若い時ある人に、「老眼大丈夫なんですね?」と、言った事がある。
あれは失礼な物言いだったのではないかと、ようやく気づき始めた。

20年近く前のこと。
その人は、職場でお世話になり、とてもいい方だった。
優しくて、聡明で、謙虚で、芯が強くて、あーこんな人に、なりたいと思える人だった。

年齢は今の私くらい。そろそろ50代後半というくらいの方だった。
私が椅子に座っているとしたら、頭の上から指示をするのではなく、腰をかがめ、膝を折って、私の目線に合わせて、肩越しに、優しく語りかけるような人だった。

ふと、ある時「○○さんは、老眼大丈夫なんですね」と不思議そうに驚くように私は彼女に言った。
先を行く人の基準は母であり、その年代ではとっくに母は老眼鏡をかけていたので、ひどく驚いたように言ってしまった。とても狭い了見だった。

彼女は「私、全然大丈夫やねん。
これも見えるで、これも大丈夫。」と、いろんな仕草をしてくれた。

私が今、若い人に「老眼大丈夫なんですね」なーんて言われたら、どんな気持ちがするのだろう。
そんな事、人によって様々。
ずいぶん前から老眼鏡をかけている友人もいれば、私も含めて全然大丈夫な人もいる。

ひとくくりにしては、いけないなあと、今になって思う事だった。
お元気で、いらっしゃるかなぁ。

✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢✢
c0352015_22475774.jpg

しかし、私も眼鏡を持っている。
この眼鏡は七年前に作った。
遠くをよりクリアに見たい時、映画を見るとか、運転の時にかける。

七年前の3月12日が納品の日だった。
その前日のあの日。
あの日は、休日で午後からずっと家で映画を見ていた。
晩ごはんの時間までテレビはつけなかった。

七時頃。4月から就職する息子が研修先から帰宅する。
「東北、大変な事になってるやん」

私はテレビを急いで点けて、初めて知った。もう、言葉が出なくて、体がこわばった。

その時、電話が鳴った。
眼鏡店からだった。
「地震の影響で、流通がわからないので明日の納品はずいぶん遅れそうなんです。申し訳ありません」

そんな、眼鏡の事なんて…。
「私、今ニュースで知ったばかりなんです。
えらいことになりましたね」と、眼鏡店の人と話をして、泣きそうになっていた。

今はオリンピックに沸いているけれど、あの日が近づくにつれ、報道も増えて来て、また考える機会が増える事だろう。
出来る限り、現実を知りたいと思う。

********************
帰ってからだと、簡単なものになってしまうけど、今日はリクエスト通り、ジャガイモ入りオムレツを。
コブサラダ、きざみ昆布の煮物

c0352015_18394060.jpg


[PR]
by pass8515 | 2018-02-22 06:55 | 大切なこと。 | Comments(2)

今の自分

週末、何年か前の、映画「阪急電車を再見した。
友人が、せっかく地元を取り上げた映画だったから、急いで行って来たよと言ったので、私もぎりぎりに慌てて見に行った映画だった。
そのまた何年後、彼女と共にあの沿線散歩 を実現させた。
その時の思い出を共に、懐かしい思いでまた映画を見た。

短い一本の路線に交錯するそれぞれの人生。様々な悩みを抱えながらも、日々が過ぎて行く。
私が好きなシーンというか、必ず涙があふれる場面がある。
クラスメイトに嫌がらせをされた少女が、駅のベンチでさめざめと涙を流す場面だ。

「あなたと、私はなんだか似ている。きれいな女はね、これまた損するように出来ているのよ・・」と中谷美紀がそっとハンカチを差し出して励ます。

何度見ても、普通の人たちを描いたいい映画だなと思う。
こういう映画が私は好きだなと思った。

端役だったけど、「西郷どん」の鈴木亮平さんや、「ひよっこ」の有村架純さんが、関西出身者らしい、そのままの会話のような感じで出演していた。
芦田愛菜ちゃんも、まだ本当に小さくて、可愛らしかった。
時の流れを感じた。

最初にこの映画を見た時と、沿線散歩をした時と・・。
その時の自分と、今の自分が違うような気がした。
冒険心や、好奇心が薄れているかな。
その時、出来て夢中だったことが今は、なおざりになっているかな。

きっときっと、寒い冬ごもりのせいだろうか。
春はそこまでやって来ている。
また、飛び出して行こうという気持ちが湧いて来るのだろうか。
きっとそう!

***************

お漬物を最近、この冬はひとつも漬けなかった。
野菜が高いのもあったのと、いつもならいただく畑の恵みが、届かなかった。
意欲が無かったのも大きな要因。

だから、こんな時にお漬物をいただくと本当にうれしい!
奄美大島のお土産をいただく。
にんにく黒糖漬
けいはんの素
先日、ブログに載せたのをどこかで見ていたのかな~♪(笑)
c0352015_18524527.jpg
雪国から野沢菜漬
ありがとう!ありがとう!
c0352015_18511856.jpg
晩ごはん
れんこんと豚肉の炒め物、ひじき
あとは、じゃがいも、せろり、にんじんのポトフ





[PR]
by pass8515 | 2018-02-19 18:30 | 映画の日 | Comments(2)

充電

朝、目覚めるとメダルラッシュだった。
なかなか、ゆっくり見れない競技。
その感動に出会いたいなと思うけれど、なかなかそうはいかない。

モーグルの原君のインタビューを見た。
世界選手権では食中毒で、スタートラインにも立てなかった。
「どん底」だった。
そこからの、努力、葛藤、苦悩ってものすごいものだろうな。
メダルという結果でしか、世間は評価しないのかも知れないけれど、
メダルを取って初めて、脚光を浴びるのだけれど。
「どん底」を味わったら後は、失くすものもないから、無心で臨めたとも言っていた。

********************

朝、出かける前に、着替えて、簡単に化粧をして、ハンドクリームを塗って、鞄の中に色々詰めて、そして充電中のスマホも入れる。

そこまで、頭で練っているのに、やっぱり今朝も充電中のスマホを忘れかけた。
イレギュラーのゴミ出しのせい。
そっちに気を取られて、途中まで歩いて、思い出した。
あわてて、家に戻った。

自分の頭でしばらく覚えられるのは、3つまでと最近思う。
今日は、4つをチャレンジした!
4つめにスマホを入れたのが間違いだった?

バタバタと出かけた週明けだった。

昨日からのおでん。

c0352015_18481086.jpg
あじの南蛮漬けと、牡蠣の佃煮
c0352015_18475346.jpg




[PR]
by pass8515 | 2018-02-13 18:54 | 日々の暮らし | Comments(2)

この先

一見、暖かそうな陽だまりだった。
でも、外はとても、とても冷たい風が吹いていた。
また、寒波が襲来する。
普段、めったに降らないという、九州や四国の平野部にも、雪が積もった日曜日だったけれど、当地はまだこの冬まだ一度も積雪はない。

*********************
週明け。
職場で「この先はどうするの?」
「どう、考えているの?」と聞かれた。

いつまで、仕事をするつもり?・・という意味で、あまりにも唐突だった。
こんな場合。私が持っている考えとしては、60歳までは行こうと決めている。
それは、絶対にそうしようと思っている。

でも、そのあとは自分の気持ち、からだの具合次第・・・・と言葉を濁している。
そんなこと、誰にもわからない。
自分でもわからない。

折しも、昨夜の寝入りばな・・・。
友人からLINEがあった。
彼女も「この先」の事で、非常に悩んでいた。
その答えがようやく出たようで、早朝、何度も読み返した。

60歳。定年。それまで、頑張る!と。
今朝の私の宣言を暗示したかのような内容だった。

この先。ずっと、今のままか。
8時25分に家を出て、徒歩通勤(自転車は手放しました。息子に譲る)
6時何分か前に帰宅。
一本道を毎日往復。
履き慣れたスニーカーでただひたすら、すたすた歩く。

でも、今更自分のこの生活をどう変えて行けようか。
変えられない。変わらない。
歩く道は、あの朝夕の一本道だけ。
来年の今頃もきっと、同じダウンジャケットを来て、同じスニーカーで歩いているのだろう。

このサイクルを、もう嫌だと思う自分と、このサイクルを平凡が何よりと、有り難く思う自分が週替わりに交互にやって来る。
どれも、自分。同じ、自分だ。

今週は、ありがたく思う自分でスタートできた。
心持ちが違うような気がした。

節分からこっち。
私たち夫婦の大好物が食卓に並んだ。

手巻き寿司
有明海の海苔はやっぱりうまい!

c0352015_18572886.jpg
昨夜はお好み焼き
お好み焼きにはビールを!とセオリー通りだったのだけれど、
赤ワインを合わせても美味しいな~と実感した。
道はひとつではない・・・。
c0352015_18571475.jpg
ワイングラスにうつる、お好み焼き
しあわせなひと時だった。

c0352015_18574323.jpg
そして、今夜はまた大好物の鍋料理。
具と、だしを用意して、夫の帰宅を待っています。
さてと・・・・。鍋を温めるとしましょう。




[PR]
by pass8515 | 2018-02-05 19:06 | 日々の暮らし | Comments(8)

雪の朝

今朝、出かける頃に雪が降っていた。
積もりはしなかったけれど、しんしんと降っていた。
傘を差して、歩く朝の道は冷たかった。

****************
お墓とか、仏壇とか、お寺の事とか。
そんなことを考える時、亡き人の事を毎日思い出していれば、それでいいのではないかなと思う。
心に生き続けていれば、それが一番ではないかなと思う。

昨年末の義母の7回忌の折に、お寺さんは言った。
「ご親戚はもう見えないのですね・・・」
「祥月命日だけでもお参りさせてくださいな・・」
その言葉の裏側にあることがもう見え見えなので、嫌~な感じのお寺さんである。

「毎日、思い出しておりますので、心で思っておりますので・・」
と、以前にも言ったことをまた私に言わせた。
「それは、まあいい心掛けですな~」と嫌味っぽく言ったお寺さんである。

私の両親は健在だが、義両親はここ10年のほどの間に相次いで他界。
お世話になった。本当にお世話になった。
だから、やっぱり毎日のように思い出す。ふと、何かの拍子で思い出す。
決して、お寺さんに方便で言ったわけでもなく、本当の気持ち。

最近、義母を思い出すキーワードはゴミ出しと水道である。
義母は、私が訪ねると必ずと言っていいほどゴミ出しの話をした。
「明日、生ごみ・・・」「明日、粗大ごみの日・・」
あの頃の私は、ふ~んそうか・・ぐらいのリアクションしかできなかった。
それ以上、話を広げることができなかった。

でも、今になってわかったことは、生活の区切り、リセットの日。
それがきっと義母にとってはゴミ出しの日だったのだな・・と。
その日のために、準備をする。早朝にゴミを出して、すっきりする。
変哲のない毎日で、それが気持ちの一区切りだったのだなと。

そして、水道。
義母は手荒れがひどかった。手が赤くいつも腫れていた。
なのに、お湯を使わずに水道をとても細く出して、ゆっくりゆっくりとお茶碗なんかを洗うのだった。
私がやるよと言っても、「いいから、いいから・・」と断るので、義母のやり方もあるらしく、私は敢えてやらなかった。
もっと水道、太く出せばいいのにとも思ったけれど、頑として義母はそのやり方を貫いた。
しかし、最近になってやっとわかったことは、義母はきっと手が痛かったのだろうと・・。
私も去年、手を患ってみてわかった。水圧が痛めた指に当たると痛い。トイレで手を洗うのもしばらく痛かった。
傷で痛いのではなく、水圧で痛い・・。あ~だから、義母は水道をちょろちょろといつも出していたのかな・・と初めて気がついた。

今になって思う事。
謝りたい思いでいっぱいである。

*********************

久しぶりにりんごみりんを煮た。
火から鍋を離したとたんに、とろ~んと仕上がった。
c0352015_18561833.jpg
晩ごはん
白菜と岩津ねぎのミルク煮
野菜入りオムレツ
c0352015_18563428.jpg
今日から2月!
はりきって行こうとは思う・・・。
けれど、寒いなあ。
心がどんよりするなあ。



[PR]
by pass8515 | 2018-02-01 19:04 | 日々の暮らし | Comments(4)

小さな生活の変化

朝から、少しだけ楽しみだった。
近くに暮らす息子が平日なのに、帰って来る。
ごはんを食べて、世間話を少しして、ただそれだけなのに、朝から楽しみだった。

小さな生活の変化。
同じような毎日の中で、帰ってからのちょっとした変化が楽しみだな~と感じた。

息子の好きなバンドのライブの録画を頼まれていた。
そのために、有料放送に短期的に加入した。
録画予約はちゃんとできたか、DVDにダビングがちゃんとできたか。
とても、緊張した。

先だっての「夢千代日記」のダビングをする場合
地デジや、BSの番組では、10回ダビングすることができる(我が家のHDDの場合)
万一、もし失敗したとしても後がある。

しかし、某有料放送の場合
ダビングできるのは一回だけ。海賊版防止のためだとは思うけれど・・。
これが、とてもプレッシャーになる。
もし、失敗したらダビングできないうえに、HDDから、その番組は消える。
何も残らない。もう、緊張する。緊張する。

で・・・その録画したDVDを取りに帰って来たというわけです。
無事にミッションを終えて、安堵した。

******************
せっかく、加入した有料放送。
メリル・ストリープ主演
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を見た。

朝ごはん
ピザトーストと、ヨーグルトシリアル。
コーヒーのぬくもりでだんだんシャキッとしてくる。

c0352015_21503498.jpg
晩ごはん
牡蠣のソテー、そらまめとじゃがいものサラダ、
あとは、いわしのフライやれんこんきんぴらなど・・。

牡蠣のソテーがとても美味しかった。
3人だとあっという間になくなった。
c0352015_21494028.jpg

[PR]
by pass8515 | 2018-01-30 21:57 | 日々の暮らし | Comments(2)

今日も終わった

雪が舞い、一日どんよりとした曇り空だった。

私の寝る部屋の掃除をした。
暮れにしていなかった、窓回りを念入りに掃除した。
以前、息子が使っていた部屋。
自分だけの部屋をと思ってもみたけれど、寝るだけで精一杯。
結局、ほとんどリビングか台所で過ごしている。

天井の豆電球が切れていて、しばらく真っ暗のまま寝ていた。
電灯のリモコンやスマホを暗闇の中手探りするのに、慣れたけれど、やっぱり買いに行った。

豆電球2個セットで、105円!!
びっくりした。
めったに買うことがないので、その安さに驚いた。
物の値段って、どのように決められているのだろう。
この値段で、しばらく仄かな明るさが手に入る。
さっき、湯たんぽを布団の中に入れに行ったら、違う部屋のように感じた。

*********************
お昼からは、たっぷりと昼寝をした。
風邪薬のせいもあるのか、ぐっすり寝ていた。

そして、「暮しの手帖」も徐々に読み進んだ。
町のお豆腐屋さんを営む「彼女のチカラ」を一気に読んだ。
自営業。商売の工夫や苦労。
私なんて、本当に甘い、甘いと、元気をもらうのである。

あっという間に、5時半が来て、夕食の支度にとりかかった。
c0352015_22040806.jpg

根菜でカレーとサラダを作った。
岩国れんこんはきんぴらと、そしてサラダにも使った。
そら豆は見ているだけでも、春を思わす。

c0352015_22050400.jpg

仕事の後だと、このくらいのカレーはへっちゃらなのに、昼寝ばかりの休日にはちょっとこの量は重かった(笑)

c0352015_22035057.jpg
さて、また新しい一週間が始まる。
どうやら、インフルエンザは私にはよりつかなかった模様。
1月がこうして過ぎ去る・・。


[PR]
by pass8515 | 2018-01-28 23:05 | 日々の暮らし | Comments(2)

なにくそ!

大寒波。群馬の草津白根山の噴火のニュースにも驚いた。
そして、アラスカ沖の大地震。日本にも影響があるのだろうか・・。

ここのところ、私はひやひやしている。
周りの人が次々とインフルエンザに倒れている。
家族よりも日中、長い事一緒に過ごしている人たち。

次は、私。
え~私?・・・皆が言うから、絶対かかってなるものか!と、毎日もりもり食べている。
そして、早くに眠るようにしている。
何のために11月の中旬から、毎日がっちりマスクをしていたのか。

************************
上の息子が新しい土地に、暮らすことになった。
ずっと離れて暮らしているけれど、遠くに行ってしまったな~と夜になったら思う。
天気予報も、その地域を自然と気にするようになった。

乗り心地が悪いとさんざん言っていた私のあの自転車。
車を買うまでの移動手段として欲しいというので、譲った。
引っ越しの荷物に間に合うように、先日夫が急いで持って行った。
今までは、それほどの距離だった。

新しい土地。新しい人間関係。
しばらくは、大変だろうなと思いつつ。
・・・旅行がてらに、いつか訪ねる事を、楽しみにしている。

で・・・しばらく、通勤は歩きになった。
歩こう。歩こう。インフルエンザになんか絶対にかからない!

********************
昨夜の晩ごはん
春巻き、きざみ昆布煮、こんぴらのしょうゆ豆

大雪のニュースを見て、10時過ぎに就寝。

c0352015_21263262.jpg


今夜の晩ごはん
カレイのから揚げ、にんじんしりしり、切干大根
粕汁、十穀米
c0352015_21282100.jpg

今夜も暖かくして早くに床に着こう。
絶対にインフルエンザにはかからない!!

※今日の記事のタイトルをとても迷いました。
ふと、母が昔から「なにくそ!と思って頑張るんや!」とよく言っていたことを思い出しました。
「なにくそ!」今の気持ちにぴったりなので、そうしました。


[PR]
by pass8515 | 2018-01-23 21:55 | 日々の暮らし | Comments(4)

出かけてみる

日曜日は、家に籠ろうと思っていた。
でも、そう決めた時に限って、足りないものが見つかったり、暖かくて、お天気も良かったりする。

気分転換にちょっとだけ出かけてみた。

本屋へ
「クウネル」の最新号をめくって見たかった。
石田ゆり子さんが載っていた。あのドラマ以来大ブレイク。
瑞々しくて、ほんとに綺麗だな~と思う。
私は、石田ゆり子さんを見ると「納豆オムレツ」を思い出す。
ずいぶん前、朝のトーク番組で「納豆オムレツ」の事を語っていた。
ポン酢を必ずかけると言う石田さんに対して、司会のやっくんが意外そうに「ポン酢をかけるんですか?」と言った。
「ポン酢でなきゃ・・」と石田さんは返した。
その時の凛とした、言い切った感じがとても良かった。

「クウネル」を大まかに見終えて、つばたさんの本を確認しに行った。
あるある・・・ちゃんとある・・・・。
ほとんどの種類が揃っている。ただそれを確認するだけ。
でも、ここで違和感を覚える。
以前、まだ数冊しかこの本屋につばたさんの本が揃ってなかった頃。
「老年の本」という棚に分類されていた。
その棚は、佐藤愛子さんとか、篠田桃紅さんとか、そういう方たちの本が並んでいた。

しかし、今。
「かたづけ上手の人」「おそうじのコツ」「時間をうまくつかう」そういう生活のノウハウ本の棚に移されているのだ。
違う、違う。
なんか、テイスト違うんだよな~。
と、いつも違和感を覚えるのである。

「MUJI」にも行った。
靴下の掘り出し物に出会った。
c0352015_22215664.jpg
丈の短いソックスが脱げる、脱げると再三、ブログで書いて来たけど、このタイプなら大丈夫。
一足200円で、さらにレジにて2割引きだった。
春を先取りしたような気持ちになって、やっぱり出かけてみて良かったと思った。

*****************

衣類の整理をして、掃除用のぼろ布をストックした。
はさみを入れる時、少しだけ立ち止まってしまうけど、えい!
おつかれさまでした。
c0352015_22225981.jpg
毛玉とりが出てきた。
今頃、出てきた。
30年も前のもの。単三電池を取り替えると、まだまだ働いてくれそうだ。
また、今日も毛玉とりをした。

c0352015_22232786.jpg

*********************
晩ごはん
山芋のふわふわ焼き、かぶとベーコンのポトフ、カラスカレイのみそ煮付け

c0352015_22222765.jpg
大寒波がやって来る。
週明けの雪が心配だけど・・・。
暖かくて、おやすみなさい。



[PR]
by pass8515 | 2018-01-21 22:52 | 日々の暮らし | Comments(6)

毛玉とり

大寒
でも、まだ暖かい方だった。
こんな時、車だと、ダウンやコートは着ずにカーディガンを羽織るのだけど、そのたびに毛玉が気になっていた。

c0352015_21470163.jpg

先日、出かける前に少し見た「あさイチ」で毛玉とりの事をやっていたので、早速実践してみた。

布テープで毛玉を起こして、スポンジでこすって毛玉を削いでいく。もっと頑固だと紙やすりで・・・。
紙やすりは家には、そうそうないので、あるものでやってみた。
※紙やすりに(粗さの基準の)番号があるなんて、知らなかった。
c0352015_21463230.jpg
まあまあ、取れた。
ボロボロ、ボロボロ、取れた。
いつも気になっていたのは、目につく袖まわり。
しかし、全体を見れば見るほど、果てしなく毛玉ができていた。

録画していた、坂元裕二脚本のドラマ「anone」を見ながらの作業。
そうでもしなければ、やってられない。
そのうち、疲れて来て適当な所でおしまいにした。
毛玉とり・・どうしていますか?

**********************
野菜はまだまだ高騰中。
今日も比較的安定している野菜を、選んだ。
やっぱり、もやし!2袋買った。
水菜も100円ほどで安かった。えのき、78円。
他に、山芋・蕪を買った。

c0352015_21470966.jpg
蕪を買ったのは、山梨のブログのお友達の所で見せていただいた、カリカリベーコンと塩もみした蕪を和えたサラダがとても美味しそうだったから。

ワインに合うな~と思いながらも、冷酒にもよくあった。
さっぱりとした塩気で、やめられない。
サラダに使ったベーコンブロックと蕪の半分は残して、明日はポトフを作ろうっと🎵

お正月の残りのお餅も投入して、水菜・もやし・豆腐・鶏団子でハリハリ鍋。
お餅もお酒も、お正月の名残はこれにて終了。

c0352015_21462131.jpg

久しぶりに、こんぴらのしょうゆ豆を買った。
甘さと、しょうゆのダダ辛さと、不思議な味だけど、なぜか箸がすすむのです。
c0352015_21484754.jpg




[PR]
by pass8515 | 2018-01-20 22:21 | 日々の暮らし | Comments(2)

毎日を丁寧に過ごしていきたいから自分の暮らし、想いを綴ります。


by pass