人気ブログランキング |

タグ:庭にて ( 77 ) タグの人気記事

ホリデー

週末が近づくと、休日にやりたいことを、頭の中であれこれ考える。
今週これをやっておかないと、次週の休日にはできないから、2週間やらないことになる。
そうでないと、後で少々面倒なことになる。
なんてことを仕事の合間にずっと考えていた。

ひとつは、庭のこと。
もうひとつは、冬の衣類のこと。
晴天のおかげで、無事終了。
c0352015_18494809.jpg
先週は、まだ咲いていなかったすみれたちが、次々と咲き出していた。
c0352015_18532073.jpg
そして、心待ちにしていた「ボヘミアン・ラプソディ」のDVDを見ること。
ワインを飲みながら、ステレオにして、見ること。
c0352015_18535060.jpg
ワインオープナーが途中で、折れて!(折れることがあるのだ、びっくり)
やっさもっさしたけれど、古~いオープナーを出してきて、無事に鑑賞することができた。
良かった♪

c0352015_18533957.jpg
夕方、セロリ、トマト、豆苗でサラダを作って、パスタを、茹でるためにお湯を沸かしているところ。

c0352015_18542241.jpg
予想外のことがあった4月だったけれど、あと一週間になった。
そして、もうすぐ10連休がやって来る。
初めての10連休。
楽しみ?楽しくない?統計によると、ほぼ半々というらしいが、私は楽しみ。
10日も仕事をしない日がやって来るなんて、何十年ぶりだろう!

そのために、今の準備が必要なのです。



by pass8515 | 2019-04-20 19:50 | 暮らし | Comments(4)

本を売る

昨日から、一段と暖かくなった。
桜も、満開とまでは、いかないけれど、ようやく一気に咲き出した。

c0352015_13210298.jpg
早めに、家事を終えて、買い物に行った。
そのついでに、「本を売りに」行った。
ずいぶん前に行ったきりだ。
ネットも考えたけれど、手近なところに売りに行った。
以前、子供たちが中学生ぐらいの時によく行っていた書店が、中古本のお店になっていた。

持ち込んだ本は、実用書、エッセイ本、新書(ベストセラーが何冊か)、小説(結局、読まなかった)
キッチンの片付け本(ほとんど読まなかった)
20冊ほど。
以前の感触から言えば、パン屋さんでいくつか、パンを買うくらいにはなるかな~と思ったら、なんと査定金額は110円だった!

「え?」
我が目を疑った。

以前は、一冊30円くらいだと思っていたのが、今は10円。
買い取っても、もらえないものは、カバーが3ミリほど破れていたり、うっすら汚れていたり・・・。
自信作の600円ほどで買った文庫本エッセイ(全然、文章が心に入ってこなくて、3ページほど読んだだけ)も査定外だった。

110円・・・・
嫌なら、持って帰ってもらってもよい。
要らない本は、こちらで処分はできます。

110円・・・・
こんなことだけど、重大な選択を迫られたようで、しばし悩む。

一度、手放す覚悟をしたのだから、もう、持って帰っても仕方がないし。
110円で売りました。

c0352015_13204500.jpg
教訓
本は、吟味して買おう。

*****************************
手入れをしていない、庭の花が、次々と咲く。
暖かい、陽射しを受けて、秋に植えた球根花が咲いた。
嬉しい。

c0352015_13214345.jpg
c0352015_13213310.jpg
そして、クリスマスローズ
c0352015_13215346.jpg





by pass8515 | 2019-04-06 13:45 | 暮らし | Comments(2)

ベランダから

気温が5月並みのところもあったほど、とても暖かい春の日だった。
職場の暖房も切った。

今朝、洗濯物を干すときに、ベランダから庭を見下ろした。
ムスカリが咲いている。
あちこちに、とんがり帽子が顔を出していた。
白いクリスマスローズも、まだ咲いている。
あ、あれは?
貝母百合も、つぼみをつけていた。

洗濯物を干し終えて、身支度を終えたら、庭に出て写真を撮ろうと思っていた。
とてもお天気の良い、まぶしい朝。
早めに、用意をして撮ろうと思っていたのに、階段を降りる頃には、もう忘れていた。
せっかくのいいお天気だったのに・・・。

そんなことを、帰宅するころに、ようやく思い出した。
まだ少し、明るいから、庭に回って、写真を撮った。

c0352015_21305095.jpg
もう少し、早く帰れていたならなあ~。
まだ、少し陽が当たって、まだ明るさはましだっただろうに。

c0352015_21304174.jpg
明日の春分の日は、また雨の予報。
やはり、今夕のうちに撮っておこう。

c0352015_21313829.jpg
*****************
探していた、CDケースはありました。
息子の車に、載せていたそうです。
いつの間に?
こんなことばっかりです。



by pass8515 | 2019-03-20 21:37 | | Comments(0)

クリスマスローズ

今朝、雨戸を開けて、庭を眺めると、南天の根元に、白い花らしきものを見つけた。
もしや!
「クリスマスローズが咲いている!!」
喜び勇んで、デジカメ持って庭に出た。

c0352015_21133499.jpg
2株植えたのは、もう何年前でしょう。
まったく咲かず、ブログでぼやくと、「一度、移植してみてはいかがですか?」とブログのお友達のみいさんが教えてくださいました。

そして、2年目。
ようやく咲いてくれました。
うつむき加減の白い花。
写真を撮るのが、なかなか難しい!というのも、体験できました。

c0352015_21154141.jpg
嬉しいな♪嬉しいな♪
もう一つ、つぼみがついていたので、しばらく楽しめそうです。
c0352015_21145031.jpg
さあ、春だ。
寒い冬の眠りから、庭も一気に目覚めたかのよう。
雑草も目立って来た。またひとつ、忙しくなる。

****************************
新しいオーディオが来たから、その周りの紙類を整理した。
紙類は、どうしてこうも、次々たまるのだろう。
しまい込むと、しまったことを忘れてしまうので、目立つところに置いておくと、たまる。
山積みになる。

どうしたものか・・・。
引き出物のお皿が入っていた竹製?の箱の上下を並べた。
右側には、車のキー、眼鏡、マスク、体温計、他こまごましたもの
左側には、紙類を入れよう。

c0352015_21561413.jpg
紙類が発生したら、とりあえずこの箱に、放り込むことにした。
がっちりしたクリップで、重要度によって、分けて止める。

その中でも一番、重要度が高い、決してなくしてはいけないものは、トレイに乗せて一番上に置いた。
通りすがりに、のぞけるから、しばらくはこの方法で行こう。
部屋のあちこちに、できていた紙類の山が、まずは解消された。

ただ、この箱の中で「ごちゃごちゃ」にならないように・・・・。
目を光らせよう。


by pass8515 | 2019-03-02 21:58 | | Comments(8)

朝マック

今日は、休日だった。
朝から、雨が降っていたけれど、午後からは晴れの予報。

初めての「朝マック」をした。
「試乗」に引き続き、初めてする事って、結構あるものだな。

c0352015_16001174.jpg
朝、駅まで送ってもらうために、夫の出勤時に合わせるので、とんでもなく時間が余る。
今日は、映画を見るつもりで、その前の時間つぶしに、「朝マック」をしてみようと思ったわけだ。

思いの外、オーダーに手間取った。
350円のセットか、250円のセットの違いに戸惑った。
オーダーを二転三転させてしまい、迷惑なお客さんになってしまった。
内容は、同じようだったけれど、マフィンか、バンズでまた違いがあって、マフィンは粉がどうしてもパラパラするので、バンズに変更した。
「ベーコンエッグマックサンドイッチ」とホットコーヒーのセット。250円。
「すみませんね。慣れていなくて・・」と、お店の人に謝った。
私よりは、年上の中高年の方だった。
「いえいえ、大丈夫ですよ」とにっこりとしてくださった。

店内は、通勤前の人たちで、ほぼ満席だった。
カウンター席も、二人掛けのボックス席も、いっぱい。
平日の朝、7時台の朝の光景。ここで、コーヒーを飲んで、職場や学校に向かう人がこんなに多いのか~と驚いた。

「ベーコンエッグマック・・」は、たまごがふわっとしていて美味しかった。
コーヒーを飲みながら、本を読んで、映画までの1時間半近くを過ごした。

****************
で・・・何の映画を見たかと言うと「メリーポピンズ リターンズ」
ジュリー・アンドリュースの前作はずいぶん前に見た記憶はあった。
前作の子供たちが大人になって、親になって、その子供たちとメリーポピンズとのふれあいを描く。
メリー・ポピンズには、エミリー・ブラントが扮していて、気になっていた。
「プラダを着た悪魔」で、とてもつんとしたイメージが強かったから、意外な気もしたけれど、そのつんとした感じが、凛として、生真面目で、時には厳しいナニー役にぴったりとはまっていた。
もう一人、エミリー・モーティマーも好きな女優なので、見てみることにした。

ダンスも、音楽も夢のようなシーンの連続で、充分楽しめた。
前作のエピソードもちりばめられているので、もう一度前作を見直してもいいなあと思った。

そして、もう一本映画を見た。
その話は、また明日に・・。

予報通り、映画館を出るときれいに空が晴れていた。
速足で歩くと、汗ばむぐらいの暖かさだった。

庭の水仙が咲いた。
c0352015_17093462.jpg
ラベンダーもたくさん咲いていた。
c0352015_17094505.jpg



by pass8515 | 2019-02-06 19:26 | 映画の日 | Comments(2)

純銅たわし

今日は少し暖かい一日だった。
久し振りに、予定のない平日の休日。
少しだけ、足を伸ばして買い物に行った。

「白雪ふきん」を探した。
目についたら、買い置きを心がけていた。
やっぱり、白雪!
お気に入りのふきんだが、とうとう底をついてしまい、二枚を交替に使っていたら、さすがにくたくたになって来た。

秋口、どこかで見かけたのだが、その時はまた今度と思ってしまった。
目についた時には買っておくべきである。
軽くて、かさばらないものなのに。

結局、今日行ったお店では、置いてなかった。
あの時、どこで見かけたのだろう。
その代わり「道具屋」さんの市が立っていた。
そこで、見つけたものは、純銅のたわし。
やかんを磨こうと思った。魚焼き器を磨こうと思った。

c0352015_18582436.jpg
******************
久し振りに、レンタルショップにも行った。
大好きで、何度も見た映画を最近もう一度見たくなった。
かつて、DVDに置いていたのに、もういいだろうと消してしまった。(後悔)
探したけれども、もうレンタルにもなくって、取り寄せをしてもらった。

10年ほど前、映画がそれこそ「精神的支柱」だったころに見た作品の数々を、懐かしくなってついでに、何本か借りてみた。
また、感想はおいおいに、紹介します。

c0352015_16505131.jpg
気が付けば、山がいい具合に色づいていた。
車から見ると、なかなかのものだなと、うっとりとした。
庭の初雪かずらも、赤くなっていた。

c0352015_16511363.jpg
今日、買った大根が甘かった。
おでんにして、大根葉はかつおぶしと、ごまで炒めた。

c0352015_18571348.jpg
「ぶらぶら美術館・博物館」
藤田嗣治展を、今から見たいと思います。

by pass8515 | 2018-11-27 20:58 | 暮らし | Comments(4)

お茶の時間

先日、買って来た益田ミリの「お茶の時間」を読んでいると、最近お茶さえもゆっくり淹れていないことに、気がつき慌てた。
いけない、いけない、いけない・・・。

とっておきの、お茶を置いていることを思い出し、ようやく缶を開けた。
春に、転勤して行った人からいただいた、お茶のセット。
この缶だけになってしまい、夏が終わるまで、開けないでおこうと思っていた。

c0352015_18135094.jpg
ドライフルーツ、スパイス、ハーブのさまざまな香りがミックスされて、色はローズヒップ、そして香りはシナモンが強い。
さらに、乾燥リンゴの酸味もほのかに感じる。
写真を撮っている間に、ほどよく蒸らされ、とても美味しいお茶だった。
こういう時間を、おろそかにしてはいけない。

********************************
買い物に、行く。
秋祭りと、割引の日で、ごった返していた。
パーキングも、日頃、こんなところに、スペースがあったのかと思うほどの、奥の奥の、端っこがようやく空いていた。
カートをひいて、みんな買い物するから、売り場も大渋滞。
私は、一つのところにカートを置いて、品物を取りに行くようにした。
だけど意外と、レジはすいていた。
全レジフル稼働、総動員で、スムーズだった。

秋祭り
あちこちに、幟が立つ。今年はどの日も天候に恵まれて、良かったなあ。

*********************************
ぴったりと、この頃に庭のつわぶきが咲き出す。
10月20日頃に行った旅先(津和野)で、分けてもらったつわぶき。
今年も咲きました。
c0352015_18132520.jpg
長雨で、茎が少々頼りなげだったけれど、咲いた。
木陰で、ぱっとあかりが灯ったようだ。


by pass8515 | 2018-10-20 18:33 | 暮らし | Comments(4)

庭と本の時間

休日は、結局どこへも行かないことにした。
行けば、球根が植えられないし、帰ってからのおかず作りが面倒になるのが、自分でもわかっていたから。

c0352015_17315568.jpg

チューリップの球根を2年ぶりに植えた。
去年の今頃は包帯がなかなか取れず、焦りと不安でいっぱいだった。
庭には、出ることができなかった。

c0352015_17313410.jpg

だから、今年の春は寂しい庭だった。
やっぱりチューリップは咲かないと・・。
絡まったふうせんかずらやレモンゼラニュームなどを刈り取って、球根を植える場所にした。
何色がどこに咲くかは、後のお楽しみ♪

c0352015_17320511.jpg
***********************
本屋にふらりと立ち寄った。
どうしても探してしまうのは、益田ミリの本。
つばたさんと、ミリさんの本は、持っていない本があると、なんだか落ち着かなくて、ついつい連れ帰ってしまう。

c0352015_17322870.jpg

午後から、読む。
そして笑った。
「遠い将来、老人ホームに入ったとき、仕切る老人もいれば、仕切られる老人もいるのであろう。母親役と娘役とで、まるく収まることだってあるのでは?」
性格も、役割と思えば、気も楽になるのかも知れない。
と思った。

夏の終わりに買ったエッセイも、未読だけど、枕元に置いておくだけで、心が落ち着く。
秋の夜長の楽しみを、一冊、一冊、貯える。

お昼は、残り物で済ませた。
昨夜のしじみのお味噌汁の残りが、とても美味しかった。
一晩、お鍋においておくと、しじみのエキスがしみわたったように、いいだしが出ていた。
島根のしじみ。

c0352015_17321505.jpg
昼寝をしていると、夢で「荷物を下ろしに、ここへ来た」という言葉が聞こえた。
最近、見たドラマの台詞だったかなと、うとうとしながら考えた。
私も、荷物を下ろした感じ。
充実した、休日だった。

by pass8515 | 2018-10-16 17:37 | 暮らし | Comments(2)

さぼった庭

9月の半ばも、なかなか暑い。
雨上がりで、蒸し暑い。

さぼった庭では、いろいろな変化が起きていた。
猛暑のあとの、台風、長雨。
あらゆる雑草が伸び、地を這い、見慣れぬ新種の山草も登場していた。
この山草はなんだろう。
花が咲くのだろうか。しばらく見守ることにして、そのままにしたものもあった。
毛虫が大発生していた。一匹づつ、つまんで引っ越ししてもらう。

嬉しいことは、とうとう風船がついていた!
種まきも遅かったし、暑かったしと半ば諦めていた。
これで、命が繋がる。
c0352015_17380801.jpg

桔梗も、ひっそりと咲いていた。
ホトトギスに、覆いつくされているけれど、その根元にひっそりと咲いていた。

c0352015_17375989.jpg
萩も咲き、つわぶきも、新芽が次々と出ていて、祭りの頃の黄色いの花が楽しみだ。

ランタナと七変化も鮮やかに。
c0352015_17375172.jpg
c0352015_17381749.jpg
季節が早かった割には、遅い花の我が庭だが、季節が良くなってきたので、もう少し目を向けようと思った。

**********************
午後からは、ベトナムの番組 を見た。
かつて、この番組を見て、ベトナムという国に興味を持ち始めたと思う。
3日連続で、アーカイブスを放映するので楽しみ。
BSのドキュメンタリーはやはり、秀作がそろっているなあと思う。

晩ごはん
今日は、また暑かった。あっさりと、簡単なものを。
ホワイトコーン、ベーコンとおくらの炒め物、きゅうりと昆布のサラダ

c0352015_20573251.jpg



by pass8515 | 2018-09-17 18:03 | | Comments(2)

長い人生

ようやく、青空が見えた日曜日。
久しぶりに、庭に出た。

c0352015_17375989.jpg
さぼった庭は、さあ大変!
気がつけば2時間ほど、完全防備で雑草と格闘していた。

***********************

午後からは、本を読んだ。
母が、周りから勧められたという本を何冊か、またくれた。

「人生は、いくつになっても素晴らしい」
ダフネ・セルフ
イギリスの90歳の現役モデルの自伝

c0352015_17372945.jpg

一度、家庭に入って、専業主婦。
子供が成長してからは、モデルは片手間だったようだが、脚光を浴びて、多忙を極めたのはむしろ80代から。
くよくよせずに、常に楽しもうという心構えが、どのページからもあふれていた。


「107歳 生きるならきれいに生きよう!」
嘉納愛子
山田耕筰の一番弟子の声楽家。

c0352015_17373669.jpg

神戸の酒蔵分家に嫁ぎ、いったん音楽からは離れたものの、幼い子供を亡くしたことをきっかけに、戦後夫婦で音楽教育に捧げた人だった。
11歳で、亡くした息子の事を片時も忘れることはなく、その命を代わりに自分が生きているように感じていたと、あとがきにあった。

字がとても大きくて、川柳も趣があって、あっという間に、読めた一冊だった。


「103歳。どこを向いても年下ばかり」
笹本恒子
報道写真家

c0352015_17374421.jpg

ずいぶん前の「徹子の部屋」でお見かけした。
就寝前に、ワインをグラス一杯♪という習慣が心にずっと残っていた。
まだ、最初の方しか読んでいないが、秋の夜長の楽しみに・・・と思っている。

こういう方々の生き方を知ると、やはり元気をもらう。
それが、一時でも、今だけでも、むくむくと何かしら活力が湧いてきている。
長い人生。辛い事も、悔しいことも、それはいろいろあったでしょう。
それを、誰のせいにもせず、時代のせいにもせず、こうして自分の一生を一冊の本にできて、誰かの心に届ける。
最高の人生じゃないか!と読後に思ったことです。


そんなあと、ニュース速報で樹木希林さんの訃報を知った。
「モリのいる場所」を見たばかり。いい映画だった。
あんな役者さんは、もうこの先出て来ないのではないかと思った。


by pass8515 | 2018-09-16 17:43 | | Comments(6)