タグ:日々のこと ( 764 ) タグの人気記事

彼女のチカラ

週末の夜は、職場の歓送迎会だった。
転勤して行った人と、また久しぶりに会って楽しいひと時だった。
年代も違うのに、な~んか合うんだよなあ。
感覚とか、笑いのツボとか・・・。
よく、笑った夜だった。

しかし、若い人らは良く食べるな~と、びっくりした。
食べるスピードが違うし、量も違うし・・・。
ぼやぼやしてたら、お肉も、ちぢみも、から揚げも・・あっという間に平らげていた。
気持ちいいほどだった。
私も、頑張って食べたけど、ご飯がもう満腹で、たくさん残してしまった。

いろんな事が日々あるけれど、やっぱり私は人に恵まれているなあと思った夜でもあった。

************************
休日は、ゆっくりした。
午前中のお茶
ホワイトサングリアという、柑橘系の香りのお茶

c0352015_21433108.jpg

今日のワイン
撮りためた番組を片っ端から見た。
見ておかないと、また次回がやってくる。

c0352015_21422435.jpg

週末のワインはささやかな楽しみ
今日は、ポルトガルワインを2本買った。
そして「暮しの手帖」を買った。

c0352015_21425353.jpg

「彼女のチカラ」という連載が好きなんだけど、今号が最終回。
とても、残念。
3~4年前。本当に仕事がしんどかった頃に、「彼女のチカラ」を読んではまさにチカラをもらっていた。
私なんぞ、本当に甘い。何がそんなにつらいのか・・・。
自営業の、商売の、苦労に比べたら・・己の頑張りが、直接、食べること・生活を左右すると思ったら・・・私なんぞ、本当に甘い。
そう、思ったものだった。

最終回は「クリーニング店」私と同い年の人の「彼女のチカラ」
明日、ゆっくりと読むことにしよう。

***************************

晩ごはん
ベーコンじゃが
スナップえんどう・ひよこ豆サラダ
久しぶりにピエトロドレッシングで・・・。

c0352015_21405294.jpg


[PR]
by pass8515 | 2018-05-26 22:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

言った、言わない・・。

晩ごはんの後片付けをして、お風呂から上がって一息つく。
毎晩たいてい、10時前。

パソコンを開きながら、ニュース番組を見る。
前夜は、20歳の学生の会見を聞いた。
一言、一言、言葉を選びながら、そして誠意をもって、すべてを話した。(と、私ら夫婦は思う。)
20歳。しっかりとしているなと思った。
それは、真実を話しているから、もう覚悟を持って、何ら隠すこともない。
隠しようもない。という決意だったと思う。
何かが吹っ切れたのだろうなと思った。

そして、昨夜の同じぐらいの時間、大人二人が出てきた長い会見を聞いた。
30歳のコーチはもう見ていられないくらい、しどろもどろだった。
真横に、その筋の王様だったような男がいてるもんだから、もうビビッてビビッているように私には思えた。
そしてこの君臨していた王様は、実に淡々と「指示はしてません」と言った。

最近、私の周りにあったことも含めて、(一緒にしてはいけないけれど・・・)
「言った、言わない」の事があちこちで世間を騒がせている。
言った。言わない。言われた。言ってない!

しかし、まず!
聞いてないこと、言ってないことを、わざわざ言ったとは言わない。
しかし!言ったことを言わなかったということは、いくらでもできる。
そこには、言った事実があるのだから、いくらでもなかったことにはできます!
言った人は、都合が悪くなると、言わなかったとずっと言い続ける。
それは、もう見苦しいぐらいに捻じ曲げてでも自分を正当化して、言ってないと言い続ける。
絶対に言ったとは言わない。金輪際!この先も絶対に言わない。

そのうち、言った事実よりも、言ってないという不信感だけがひとり歩きしてますます事態を悪化させる。

************************

身近なところで、「言った、言わない」が続いた日常にほとほと嫌気がさしてしまったここ数日だった。
認めることができない人は、ますますしんどくなるのではないかなと思うのです。


c0352015_11230236.jpg


[PR]
by pass8515 | 2018-05-24 07:29 | 日々の暮らし | Comments(6)

コーヒーチケット

今夜は友人と、お茶をした。
さあ、どこに行こうと迷ったけれど、先日、県外に暮らす友人が私の誕生日にコーヒーチケットを送ってくれたので、早速ごちそうになった。

いつもは、ソイラテにするのだけれど、チケットは500円。
おつりが出ないらしいので、いつもより奮発して、今まで目に行かなかった「コールドブリューアップルシトラス」というのにした。

フレーバーコーヒーとジャムが二層になっている。
かき回して、飲むようだ。
さわやかな酸味と軽いコーヒーで、とても飲みやすかった。
ごちそうさまでした。ありがとう♪

しかし、こんなチケットがあるなんて・・・よく見つけてくるな~といつも感心する。
そのサイトを見ると、身近なお店で使えるチケットが盛りだくさん。
ちょっとしたギフトにこういう方法もありなのか・・・♪

********************

フリッジパスタ
茄子とトマトとズッキーニと鶏肉と。
緑がなかったので、豆苗を・・・。


c0352015_22493380.jpg


[PR]
by pass8515 | 2018-05-22 23:07 | 日々の暮らし | Comments(2)

うちの薔薇

五月晴れ。
少し、肌寒いくらいのいいお天気♪

うちの薔薇がたくさん咲き出したので、映したくてたまらなくって、庭に出た。

c0352015_11191822.jpg


義母がずいぶん前に一鉢に咲かせて持って来てくれた小ぶりの薔薇。
虫がついて、葉が食い尽くされて、それでも毎年きちんと咲いてくれた。

数年前から挿し木をした。
自信がないから、ダメ元であちこちに挿した。
庭のどこが、この薔薇に適しているのかわからないから、手探りで挿した。

c0352015_11232100.jpg

今のところ、3か所。
次々とつぼみをつけて、いっせいに咲き出した。
薔薇は難しいと思い込んでいたから、毎年増えるのがとても嬉しい。
私でも、増やせた!!
ささやかな喜び、自信につながった。

c0352015_11282782.jpg
というのも・・・
あれは、もう9年ぐらい前になるだろうか。
松山(最近、よく登場!)に行ったときのこと。
ちょうど、ドラマ「坂の上の雲」で街がたいそう盛り上がっていた頃だ。
「坂の上の雲ミュージアム」近くの洋館の庭で、薔薇フェアをやっていた。

たまたま立ち寄った洋館でたくさんの薔薇に囲まれて、思いもよらない出会いだった。
嬉しくって、勢いで薔薇を一鉢買った。
シャーベットのようなオレンジ色。
しかし2年ほど咲かせたけれど、その後手入れが行き届かぬ枯らしてしまった。
何が悪かったのだろう。と今でも思う。
無念・・。

その反省もあって、私なりに目を光らせて・・・薔薇を大切にしている。
去年、仲間入りした薔薇。
蕾をつけてくれたから、とっても嬉しかった。
2年目はまず成功!
さて、3年目ですよ~問題は・・・。

c0352015_11234352.jpg

わさわさのどくだみも満開!

c0352015_11230236.jpg
ふかふか絨毯の緑鮮やかな苔エリア

c0352015_11244701.jpg

**********************

コープの北海道・アスパラが立派で、とても美味しかった。


c0352015_11265515.jpg
イタリアのお手頃ワイン「キャンティ」と・・。


c0352015_11272403.jpg

今日のお昼は夫が初カレーを!
鶏肉とひよこ豆カレー

私、監修の元、無事に仕上がりました。

c0352015_12334430.jpg



[PR]
by pass8515 | 2018-05-20 12:39 | うれしいこと | Comments(6)

自分の事は、自分で・・

昨日も今日も、とても暑かった。
梅雨時のような、蒸し暑さだったけれど週末は、肌寒くなるらしい。
10℃は気温が下がるらしい・・・。

c0352015_20214023.jpg

先日の旅の始まりは、ちょっと調子が狂った。
出かけに、私は最終の念のためのトイレに行った。
その間に、夫は車に荷物を積み込んだ。

そして、駅前のパーキングに停めようとした時、私の荷物がなかった。
新幹線の旅なので、極力荷物は最小限に。
夫はリュック。私はレスポートサックの小さめトート。
そのレスポのトートがない!
「え?積んでくれてへんの?リュックの横に置いてたのに~」
「そこまで、知らん。自分の事は自分で!」と急に、勝手な事を言い出した。
「え~。普通、積むやん!」

まあ、夫にしたらトイレから出てきたら私自身が持って出ると、思ったのであろう。
家までは車で5,6分。夫が引き返し取りに行ってくれた。
早く気づいたのが不幸中の幸い。


しかし・・・・これだけではなかった。

雨、一日傘を持ち歩き、施設から出る時、食事処から出る時。
夫は、自分の傘しか持って出なかった。

私ならね・・・。
傘立てに家族の傘があるとして、同じ枠の中に入れてるとしたら、いっぺんに持って出ますけどね!

なんだか、調子が狂った。
こんな人だったかな。
こんな偏屈だったかな。

まあ、これからの旅は気をつけよう。と思ったのだった。

まだまだ、道後の写真をいろいろ。
いよてつ・道後温泉駅

c0352015_20224327.jpg

からくり時計


c0352015_20230322.jpg

松山駅構内には、俳句ポスト


c0352015_20234752.jpg
雨が激しく降って来た。
しかし、明日はもうお天気回復するらしい。
掃除や、庭掃除を頑張ろう!と思う。



[PR]
by pass8515 | 2018-05-18 20:51 | 旅を振り返って | Comments(6)

志ぐれ餅

大洲名物、「志ぐれ餅」を帰宅してからいただいた。
大洲藩の秘法菓子として、古くから伝えられている餅菓子だそう。

セイロで蒸し上げられた志ぐれ餅は、もっちりしてあっさりとした甘さで、とても美味しかった。


c0352015_22320797.jpg


こじんまりとした伊予の小京都・大洲
母に電話で「おはなはん」のテーマソングが時報で鳴っていたと話すと、「ちゃんちゃちゃちゃん♪・・・・やろ~」と懐かしそうに言っていた。


c0352015_22255624.jpg
戦前、銀行だったレンガ造りの建物ががそのまま残っていた。

c0352015_22341853.jpg

そこのお花がきれいだった。

c0352015_22281530.jpg

**********************

お昼の休憩時間。
テレビを見ていたら、突然入って来た西城秀樹さんの訃報に驚いた。
その番組の出演者たちも「え!」と驚きを隠さなかった。

若い頃の映像を見ると、本当にかっこいい。
歌がとてもうまかったんだな~いい歌だな~と、今更だけど思った。

小学生の頃から見ていたアイドルが、やがてはこうして亡くなるのだなと初めてリアルに感じた。
特にファンでも、追いかけていたわけでもないけれど、とても不思議な気持ちになって寂しい気持ちになった。
そして、その時代背景とともに懐かしい気持ちが湧き出た。

高校の時、ファンだった友人2人に誘われてコンサートに行ったことがある。
「行こうよ!絶対に、元気が出るから!YMCAやろう!」なんて、言われて・・・。
京都会館での、YMCA!一体感が、ものすごかった。

病と闘ったその姿に勇気をもらった人も多いでしょう。


c0352015_22311800.jpg



[PR]
by pass8515 | 2018-05-17 23:19 | 旅を振り返って | Comments(0)

新緑の頃

連休明けのこの一週間は、肌寒い日が続いた。
けれど、不意に外に出たら、とても心地よかった。
新緑が鮮やかで、あ~いい季節の到来だ!と心から思った。

今日もまた、いろんなことがあった。

c0352015_21253957.jpg

今朝の朝刊の益田ミリさんのエッセイが良かった。
「わたしは、その夜、正しく空しかった。」
から、始まり映画の話、英会話の話、他界されたお父さんの話。
そのうち、
「もう空しくなかった。消えたのではなく、胸の奥の箱にしまわれただけ。またふいに顔を出すはずである。」
と結ばれていた。

c0352015_21272639.jpg

あ~とてもわかる。
とても、よくわかる感情だな~と思った。
*****************

誕生日が近いので、職場の人が私のために、ケーキを買って来てくれていた。
皆で、お茶を淹れていただいた。
とても、照れ臭かったけど、嬉しかった。
もしかしたら、私の昨日の怒りを察して、気を配ってくれたのかもしれない。
昨日の私の静かな怒りは、この場所だけに、吐き出していたのに・・。

まあ、それはともかく。
今日、一番うれしかったのは、以前職場にいた人が、子供さんを連れて訪ねてくれたこと。
私を「お母さん」のように慕ってくれ、私には娘がいないものだから「娘」のように、思っていた人。

職場の近くに越して来て、久しぶりに会うことができた。

いろいろとあった。
普段それほど、特筆すべきこともない事が多い中、今日は、普段にないことが一度にあった。
さて、週末。
お天気はどうだろう。



[PR]
by pass8515 | 2018-05-11 22:13 | 日々の暮らし | Comments(4)

怒りとむきあう

「暮しの手帖」93号を、食事のあと取り出した。
めくったページは114ページ。

「怒りとむきあう 怒りとつきあう」

小さなことでカッとする。
いつもついつい言い過ぎる。自分の「怒り」に振り回せて、困っていませんか?


c0352015_23403509.jpg

****************
今日、私は久しぶりに心から怒った。
私の怒り方は、静かに、黙って、その相手とは話をしない、目線も合わせない。
そして、相手に怒っていることをわからせて、焦らせて、おどおどさせる・・・・陰湿なやり方かも知れない。
夫婦なら、そのうち怒っていることにも疲れて、忘れて、そのうち何事もなかったようになるけれど、他人なら、職場なら、さて明日からどうしようと
今、考え中である。でも今、この時も、まだ怒りが収まらない。

仮にA件としましょう。
私はA件の確認を自分一人では不安だったので、Cさんにもお願いした。
Cさんは、それで大丈夫と言った。私は安心した。
が、その後で、そのA件が大丈夫だったという事が、他のB件に支障が出ると言うことがわかった。
そのB件に関与していたのが、先ほどのCさん。

A件を承認したことにより、B件がまずいことになる矛盾に苛まれ、A件の「大丈夫」という言葉を撤回したのだった。
まったく反対の事を言い出した。
自分の頭の中だけで、つじつまを合わせ、結果、私の確認不足と聞き間違いのせいに仕立て上げようした。

どこでも、こんな事なのだろうなあと思った。
自分の非を認められずに、相手のことなどまったく考えずに、瞬時に下手な言い訳や嘘を言える人はある意味、特異な才能だな。
その時の会話など、録音もしてないし、ビデオも撮っていない。
言った、言わないの事になった時、その人の本質が見えるのだなと思うしかない。

すったもんだの末、結局Cさんが軽~く責任を取る恰好で一件落着したのだけれど、私に言った捨て台詞に、一番私は怒っている。
ここでは、言えないけれど、ぼそっと言い放った言葉。私は忘れない。
それ以来、Cさんとは会話をしていない。

怒りとむきあう 怒りとつきあう

難しいものである。
無難に毎日を過ごしたいのに、過ぎるはずだったのに、まったくもってうまくいかないものである。







[PR]
by pass8515 | 2018-05-10 23:49 | 日々の暮らし | Comments(2)

家族のLINE

雨上がりの今日は、さわやかなお天気だった。
少し、肌寒いくらいのちょうどいい5月の風だった。

c0352015_18330383.jpg
「家族のLINE」
職場で、家族のLINEが話題になった。
この春から遠くで一人暮しをしている息子さんを持つ人に、
「連休は帰って来た?」「帰りは遅いのかな」
別に、私が心配しなくてもいいのに、よけいなおせっかい・・。

「連休は帰ってきてないの。どうしてるのかなと思うけど、家族のLINEは既読になってるし。」
と言った。
それで、まあとりあえず安心というニュアンスだった。

家族のLINE
友人たちとも話していると、ちょいちょい話題に出て来る「家族のLINE」だ。

なんか、私が偏屈なのだろうか。
どうして、どういうきっかけで、家族でグループを作ったのだろう。
誰が一番最初に、呼びかけたのだろう。
私だって、一人ひとりとはLINEでつながっている。
去年、スマホデビューをした夫も息子たちとはつながっている。
しかし、4人で・・・。
グループを作って、家族でLINE・・・。
30歳前後の息子たちと我が家は今更、できない感じだな。

一度、冗談めかしに息子に言ってみたけれど、「いいわ!」と一蹴された。
仲悪いわけでも、冷めた家族でも、全然ないけれど、なんだか気恥ずかしいと思ってしまう「家族のLINE」です。

家族のLINE、作っていますか?
******************

朝、木漏れ日の中で庭の片隅を映す。

たつなみ草と、十二単

c0352015_18313186.jpg

どくだみの蕾
また、わさわさになって、十文字の花が咲くでしょう。

c0352015_18321399.jpg

つぼみはいっぱいなのに、開くまでが時間がかかります。

c0352015_18323916.jpg









[PR]
by pass8515 | 2018-05-09 18:55 | 日々の暮らし | Comments(8)

免許更新

連休最終日は、免許更新に行った。
地元の警察署では、交付は2週間後なんだけど、即日交付で日曜日も空いている大きな警察署まで足を伸ばした。

30分の講習を終えて、新しい免許証を受け取って愕然とした。
写真が驚くほどブサイクだった。

免許証の写真は、変なものだと決まってはいるけれど、あまりにもブサイクすぎた。
・・・というのも、5年前。さらに5年前の写真はまんざらでもなく結構気に入っていた。

あれは、シャがかかるというのだろうか、色白に見えて、顔がほっそりしたように見えた。
友人にも見せた。最近の免許の写真って、加工技術が進歩した?
友人もそんな気がすると言っていた。

なのに・・5年経っているから、老けてはいるけれど・・。
それぞれの警察署の写真機によって違うのだろうな・・きっと。
そう思いたい。

帰宅して、夫に見せると、そこまで笑うか!というぐらい笑った。
これから5年。これを持つのか・・・。がっくり。

********************

晩ごはん
ひよこ豆と、野菜カレー(玉ねぎ、にんじん、新じゃが、ズッキーニ、トマト、ピーマン)
とりもも肉ソテー


c0352015_22413870.jpg

*********************

午後から、3月に録画していたドラマ「弟の夫」を一気に見た。
見よう見ようと思いながらも、後回しにしていた。
しかし、好評だったようで連休中に再放送されていたものだから、見てみようと思った。

見たあと、何か温かいものが心に残るほのぼのとした秀作だった。
主人公の双子の弟はカナダ人と同性婚をした。しかしその後、病気で亡くなる。
中学の時にカミングアウトされてから、兄弟関係がしっくりといかないままの別れだった。
そのカナダ人の「弟の夫」が、日本にやって来て、しばらく一緒に暮らす。

弟の夫役、元大関・把瑠都がとても良かった。
熊のように大きいけれど、優しくて穏やか。
そして、主人公の小学3年生の娘・かな役の子役がまた良かった。

無邪気で、素直で、嬉しいこと、哀しいこと、さみしいことを、体いっぱい表現していてとても良かった。









[PR]
by pass8515 | 2018-05-06 23:07 | 日々の暮らし | Comments(6)